SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Apple

iPhoneはめればMacBookに? アップルが特許出願

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/24(金) 11:41:14.49 _USER
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/23/iphone-apple-patent_n_15571568.html
no title

アメリカ特許商標庁(USPTO)は3月23日、Appleが新たに申請した特許を公開した。iPhoneやiPadのような
モバイル端末をはめ込むと、MacBookのようなノートブックのようになるというアクセサリ端末だ。



この拡張アクセサリにはCPUなどは付いておらず、「電子ホスト端末」と呼ばれるiPhoneやiPadのような機器をセットしなければ動かない。
アクセサリ側には追加バッテリーやキーボード、スピーカー、電子ホスト端末を冷やす装置などが搭載される。
はめ込む電子ホスト端末に応じて、グラフィックチップを搭載したものや、タッチパッドが付いているものなど、複数の種類が用意される格好だ。

USPTOはまだ、この特許を認めていない。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490323274/


続きを読む

ジョブズ氏が見たら怒りそうなアップルの現状

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/22(水) 11:41:42.82 _USER
001_00
https://japan.cnet.com/article/35098136/

「AirPods」
 「Bluetoothヘッドホンの問題は、『iPod』を充電するだけでなく、ヘッドホンも充電しなければならないことだ。
そんなことは誰もしたくない。それに音質の問題もあり、帯域の高さが足りない。音質はいつか改善されるとしても、ヘッドホンを充電するのは面倒だろう」(Steve Jobs氏)
 現在のBluetoothの音質が十二分に明瞭であることに議論の余地はほとんどないが、Appleが考え出したAirPodsの
充電方法にJobs氏が怒りを覚えるであろうことは間違いないと言える。AirPodsをケースに入れて充電する必要があるばかりか、
ケース自体も忘れずに充電しなければならないのだから。

使いにくくなった「iOS」
 「シンプルにするのは、複雑にするより難しいこともある。努力して思考を研ぎ澄ませないと、
シンプルにはできない。だが、そこに至ることができれば何だってできるのだから、目指す価値はある」(Steve Jobs氏)


焦点がぶれている
 「的を絞るときに大切なのは、『ノー』と言うことだ」(Steve Jobs氏)
iPhoneの出発点になったのは、スマートフォンを再発明するデバイスというシンプルなアイデアだった。購入時に検討するのは、
ストレージ容量を4Gバイト、8Gバイト、16Gバイトのどれにするかだけ。それでiPhoneユーザーになれたのだ。
 それから10年たった今、本体のサイズや色など、選択肢があまりにも増えてしまった

iPadの急激な失速
 「われわれがやりたいのは、信じられないほど高性能なコンピュータを自由に持ち運べるブックに収め、20分もあれば使い方がわかるようにすることだ」(Steve Jobs氏)


古いテクノロジがあふれるApple Store
 「世界最高の製品を作っていても、ゴミのような製品も大量にできてしまう。クズ製品は一掃しなければならない」(Steve Jobs氏)
 Appleが販売している一部の製品は、まさに骨董品だ。「iMac」「Mac mini」「Mac Pro」、MacBook Air、「Apple TV」、そしてiPodの全モデルは、待ったなしで刷新する必要がある。

何でもない問題に、ばかげた解決方法
 「とても美しいケーキを焼いて、飾り付けに犬の糞を使うようなものだ」(Steve Jobs氏)
 Appleは世界有数の人材を雇用しており、素晴らしいことを実行できる能力がある。
 だが、同社が発表する製品にはばかげたミスも混ざっている。たとえば、iPhone用のバッテリケースは
充電インジケータが内側にあって、iPhoneを装着すると見ることができない。また、充電可能なマウスは、
底面に充電ポートがある。充電可能なスタイラスは、キャップが小さくてすぐになくなってしまう。
 どれもこれも、Appleらしくないと思えるような設計上のミスだ。

アダプタ、アダプタ、またアダプタ
 「自分たちがやることを誇りに思うのと同じくらい、やらないことにも誇りを持っている」(Steve Jobs氏)
 Appleは明らかに、Macのラインアップを簡素化するという使命を帯びており、その手段の1つとして、できるだけポートの数を減らし、可能であれば1つのポートで統一しようとしている。新しいMacBook Proがその一例だ。
 だが、iPhoneやiPadならいざ知らず、コンピュータでポートを1つにするというのは苦痛でしかない。多くのユーザーは、
何種類ものアダプタやアクセサリ(Satechiの「Type-C USB 3.0 3-in-1」コンボハブなど)を持ち運ばないと、作業ができないという状況だ。

「Siri」がまだ賢くならない
 「大切なのは細部だ。細部がきちんとするまで、待つ価値はある」(Steve Jobs氏)

イノベーションを忘れ、他社(とりわけサムスン)に追随
 「他人の意見という雑音に、自分の内なる声をかき消されるな」(Steve Jobs氏)
 かつてのAppleは前を向いていたが、今では横に目をやり、競合他社が何をしているのか、気にすることが増えているように思える。
同社が特に気にしているのは、韓国のハードウェアメーカー、サムスンだ。

次の主力製品が一向に出てこない
 Steve Jobs氏は、iPodでAppleをメインストリームへと押し上げ、iPhoneでその土台を固め、iPadで頂点に達した。
 だが、ストーリーはそこで終わっている。
Jobs氏亡き後のAppleが新たにリリースしたデバイスは「Apple Watch」だけで、Apple Watchが次なるiPhoneのような製品になる気配は見えない
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490150502/


続きを読む

アップル、4万円を切る9.7インチの新型iPadを発表

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/21(火) 22:55:24.84 _USER
http://iphone-mania.jp/news-162184/
no title


Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

容量は32GBと128GB、カラーは3色
9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、ストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。

搭載しているのは2,048 × 1,536ピクセル解像度の9.7インチRetinaディスプレイで、9.7インチiPad Proと同じです。
ただし安価版だけあって、フルラミネーションディスプレイではなく、反射防止コーティングは施されていません。
プロセッサはA9、コプロセッサはM9を搭載しています。カメラはiPad mini4と同じ8メガピクセル、スピーカーも2スピーカーオーディオとなっています。
各iPadのスペックの比較については、Appleの「iPadのモデルを比較する」ページを参照してください。

最大の魅力は価格
最大の魅力は何といっても37,800円からという手頃な価格設定です。32GB版のWi-Fiモデルは37,800円、
Wi-Fi + Cellularモデルは52,800円。128GB版のWi-Fiモデルは48,800円、Wi-Fi + Cellularモデルは63,800円となっています。

なお注文の受付は3月25日午前0時01(日本時間)からとなっています。
結局10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされず
3月には例年Appleのスプリングイベントが開催されており、今年はベゼルレスの10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、
そして9.7インチiPadが発表されるのではないかと噂されていました。

しかし実際にはDigiTimesなどが報じていたように、10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされないという結果になりました。
イベントが開催されず、Webサイトでの発表のみになったのも、目玉商品のリリースがなかったためと見てよさそうです。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490104524/


続きを読む

「有機EL版Xperia」発売は困難か、アップルやサムスンなどがスマホ向け有機ELを独占へ

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/16(木) 22:26:38.30 _USER
Buzzap_41639_1_s
http://buzzap.jp/news/20170316-smartphone-oled-panel-shotage/


有機ELディスプレイ搭載の新型iPhoneが今年発売されるのを皮切りに、スマホメーカー各社が
深刻な有機ELパネル不足に陥ることが明らかになりました。詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、2017〜2018年のスマホ向け有機ELパネルの生産量の約70%
をSamsungとAppleが消費(Samsungは56%、Appleは14%)するため、他のメーカーへの供給が制限されることになるそうです。

スマホ向け有機ELパネルはSamsungが最大手で、他社も参入する予定ではあるものの、
LGディスプレイは2018年、BOEテクノロジーは2020年まで出荷できない可能性があるとのこと。つまり当面、供給不足は解消されない見込みです。

なお、残り30%のスマホ向け有機ELパネルについては、Oppoが13%、Vivoが10%、Huaweiが8%前後の割合で
消費するとされているため、ソニーやHTC、LGなどスマホシェアトップ5以外のメーカーから有機ELスマホが出ることはほとんど無さそうです。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489670798/


続きを読む

アップル、自分で「修理する権利」に反対を表明

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/11(土) 12:17:17.43 _USER
2
http://iphone-mania.jp/news-161251/


事前の見通し通り、アメリカのネブラスカ州で審議中の法案「修理する権利(right to repair)」について
反対意見を唱えるため、公聴会にAppleが代表を送り込んだことが分かりました。
ハッカーがネブラスカ州になだれ込んでくるだろう

Appleが反対するのはもっともで、法案にしたがってサードパーティーのショップにまでマニュアルを一般公開すれば、
ユーザーはApple Storeや認定ショップに頼らずに修理が可能となるかも知れませんが、安全上の観点からは様々なリスクが増大するからです。

事実、リンカーンで開かれた公聴会に現れたAppleの代表スティーブ・ケスター氏は以前、
法案に賛成するネブラスカ州の議員と会談した際、もしこの法案が通過すれば、ネブラスカは「悪人のメッカ」と化し、
ハッカーが州になだれ込んでくるだろう、と警告してきたそうです。
また、Appleは「顧客が自分のiPhoneなどを修理できるようにすると、リチウムイオン電池による火災の危険性が生じる」とも述べています。

ただし、この議員の話では、Appleは「修理する権利」の対象から電話が外れるなら認めてもいいとの譲歩もみせているようです。
対象となるのは、あくまでも電子デバイスのため、現法案では電話以外にもタブレットやコンピュータ、プリンターはもとより、
農業向けのコンピュータ化された工作機械までもが含まれています。

「修理する権利」はありかなしか?
もっとも、所有しているはずの端末をなぜ自分で修理できないのかとう疑問は誰もが持つところでしょう。
仮に技術的な問題から正規店に頼むという選択肢はあっても、原則として自分でも修理できる手立てがあってもいいだろう、
というのが「修理する権利」賛成派の言い分です。

しかし、非正規の修理屋でディスプレイをTouchIDセンサーごと交換すると、端末が文鎮化する「エラー53」問題で取り沙汰されたように
、AppleとしてはApple Storeか認定ショップ以外を利用させたくない、と思っているのは明らかです。
そもそも、こうした一連の問題は正規の修理代金が決して安いとは言えないことに由来するのでは、とも言えそうですが
、仮にネブラスカ州をクリアしても、同様の法案はイリノイ州、カンザス州、マサチューセッツ州、ミネソタ州、
ニューヨーク州、テネシー州、ワイオミング州と各地で提出されており、もはや一種のムーブメントと化しています。
Appleとしてはどこかで折り合いをつけるしかなさそうです。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489202237/


続きを読む

バフェット氏、アップル株を大量購入 保有額が2兆円に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/28(火) 11:10:10.71 _USER
9index
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H18_Y7A220C1EAF000/

 【ニューヨーク=山下晃】米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は27日、米経済テレビCNBCに出演し、
アップル株の保有分を昨年末比で2倍あまりに増やしたことを明らかにした。
同氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイによる保有時価総額は約180億ドル(約2兆円)にのぼり、アップルの第5位株主となる規模だ。
 バークシャーが25日に発表した年次報告書では、昨年末時点でアップル株を約6100万株保有していた。
バフェット氏は今年も株を買い増し、保有株数は1億3300万株になったと説明。QUICK・ファクトセットによるとアップル株の約2.5%に当たる。

 バフェット氏は「アップル製品は利用者の定着性が高い」などと評価。アップルのティム・クック
最高経営責任者(CEO)についても「資本の使い方が賢明」と積極的な株主還元策に好感を示した。
ハイテク株への投資を「理解できない物には投資しない」と避けてきたバフェット氏の投資姿勢も変化している。

 株式の追加購入は1月に実施した。1月31日のアップルの決算発表以降は、株価が割安と判断する
水準を超えたため購入を控えているという。アップルは決算発表以降、
主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が再加速するとの思惑から株価が上昇している。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488247810/


続きを読む

iPhone 7 Plusが突然爆発、衝撃映像が公開される アップルが調査へ

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/28(火) 16:40:53.72 _USER
7index
http://forbesjapan.com/articles/detail/15376

https://twitter.com/briannaolivas_/status/834556234166448128/video/1

iPhone 7 Plusに発火問題が浮上した。先日、Brianna Olivasと名乗る米国の10代の女性が、
破損したiPhone 7 Plusのボディの側面から煙があがる模様を収めた動画を公開した。
Olivasによるとその端末は2月22日朝に爆発し、彼女のボーイフレンドが動画を撮影したという。動画は既に130万回以上再生されている。
原因は特定されていないが、バッテリーが原因だとの説が有力だ。充電にはアップルの純正ケーブルが使われていたという。
過去にもiPhoneが発火したケースはあるが、その際は非正規のケーブルが使用されていた。
動画を見たユーザーからは彼女が使用していたケースに問題があるとの声もあがっている。アップルはMashableの取材に、
「顧客と連絡をとり、現在調査を行っている」と述べた。

Olivasによると、彼女は今年1月にこの端末を購入したという。最近になり充電が出来なくなり、
発火する前日の21日にアップルストアを訪れたという。その際は従業員がいくつかのテストを行ったところ
問題なく動くようになった。しかし、その翌日に彼女のiPhoneは発火した。
Olivasは当日の模様を次のように述べている。「その朝、私はベッドの枕元でiPhoneを充電中だった。
私のボーイフレンドがトイレに行く際に端末をドレッサーの上に置いた。
その後、端末から蒸気があがりキーンと鳴っているのに彼が気づいた。端末はすぐに炎を噴き出し、
彼はそのiPhoneをつかむとトイレの室内に投げた。すると、端末は爆発しさらに多くの煙が噴き出した」

iPhone 7の発火問題は他にも報告されている。昨年10月にはオーストラリアのサーファーの車にあっ
たiPhone 7が加熱して破損した。掲示板のReddit ではKroopthesnoopと名乗るユーザーが、同僚のiPhone 7 Plusが発火した画像を昨年9月に投稿した。
Olivasは破損したiPhone 7 Plusの代わりに新品の端末を即座に提供されたという。アップルの従業員は破損した端末を見て
「こんな状態になった端末を初めて見た」と述べたという。アップルは調査結果を近日発表するものと見られている。
編集=上田裕資
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1488267653/


続きを読む

次期iOSで32ビット版のアプリが動作できなくなる事が確実に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/18(土) 19:45:36.69 _USER
36index
http://gigazine.net/news/20170218-app-store-32-bit-ban/

2017年内にもリリースされるとみられる次期iOS「iOS 11」からは、旧来の32ビット環境で作られた
アプリケーションが動作できなくなることが確実視されています。これによりiOSアプリの登場から続いてきた
32ビット版アプリの時代は終焉を迎え、数々の名作とされるアプリが姿を消す危機に瀕しています。
Appleでは2013年9月に初の64ビットアーキテクチャプロセッサを採用したiPhone 5sをリリース。
その後、2015年2月以降にApp Storeで提供されるアプリに対しては64ビット版をデフォルトでサポートすることを必須としていました。
これらの施策から、Appleは段階的に完全64ビット環境へと移行していく姿勢を示していることが確実視されていました。

そしてその姿勢がさらに明確になっています。開発者向けに提供されているiOS 10の最新ベータ版では、
32ビットアーキテクチャのアプリを起動すると、以下のように「このアプリは将来のバージョンのiOSでは動作しません。
このアプリの開発者は、アプリの互換性を改善するためにアップデートする必要があります」というメッセージが表示されるようになったとのこと。

ちなみに、iOS 10.2.1の端末で32ビット版アプリを起動すると、「"(アプリ名)"によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります 
開発元によるAppのご完成か以前のアップデートが必要です」というメッセージが表示されます。
これはつまり、iOS 11からは32ビット版アプリへの対応が打ち切られる可能性が極めて高くなったことを示しています。
それでは、果たしてどのぐらいのアプリが32ビット版のまま放置されているのかが気になるところですが、
それを効果的に統計をとるのは非常に困難な状況です。そこでヒントになってくるのが、「64ビット版への移行が促され始めたタイミング」と
いうことになるとのこと。64ビットアーキテクチャに対応したiPhone 5sが登場したのが2013年9月で、
Appleがデベロッパーに対して64ビットへの移行を具体的に強制し始めたのが2015年2月。ということは、
この間に開発されたままアップデートされていないアプリは、64ビット版への移行が行われていないであろう、と考えることができます。
アナリティクス企業のSensor Towerによるレポートでは、2016年9月現在、App Storeで公開されてアクティブ状態にある
約210万アプリのうち、およそ51%にあたる約108万アプリは1年以上・2年未満の間アップデートされていないことが判明しています。
さらに1年間以上アップデートされていないアプリを全てカウントすると全体の95%にものぼるという結果が判明しています。
なお、その後App Storeからは4万7000アプリが削除されているとのこと。
これらアップデートされていないアプリの中には、Mashableが選ぶ過去全てのiPhoneアプリから選ぶベスト100に含まれる、
iPhoneでオカリナが演奏できるOcarina(日本未提供)や、端末を振るとスターウォーズのライトセイバー気分が味わえるGreat Lightsaberなどの
アプリが含まれており、このまま対策が取られないと人気を集めたアプリが軒並み消滅してしまうことに。

また、海外で人気の高い釣りアプリRidiculous Fishingや計算ゲームHundreds、以下のムービーのようにパチンコの要領で玉を落として
ドットを消して行くPeggle Classicなどのゲームも影響を受けざるを得ないとのこと。

このように多くのアプリが消滅の危機に瀕しているわけですが、事態の解消には大きな壁が立ちはだかっているとのこと。
アプリの提供を継続するためには、Appleが方針を展開しない限りは64ビット版へと改修する必要があります。
しかし、これらのアプリが1年以上もアップデートされていないという状況は、アプリベンダーが他のアプリにリソースを費やしてしまっているということに
他なりません。さらに、古いアプリともなると以前ほどの収益性を見込むことができないというのも悪影響に拍車をかける要因となります。
つまり、開発者にとっては、収益が見込める最新版の64ビット版アプリの開発にリソースを割くことのほうが、
古くてコストを回収できるかどうかもわからない32ビットアプリにリソースを割くということよりも優先されるという事態となっているというわけです。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487414736/


続きを読む

アップルの次期iPhone、サムスンの有機EL搭載で液晶モデルよりバッテリー持ちが50%改善

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 18:47:01.43 _USER
18420792-s
http://iphone-mania.jp/news-154937/

Apple関連の情報の正確さで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、「iPhone8」は4.7インチモデル
と同等の本体サイズで、5.5インチモデル並みのバッテリー容量を確保する、と予測しています。
iPhone8は基盤の高密度化でバッテリー容量拡大か

クオ氏は、バッテリー技術は向こう数年間、大きく進化しないと見ており、iPhone8ではバッテリーサイズの拡大のために、
基盤を従来の10層から20層へと高密度化する手法が採用される、と予測しています。

空いたスペースにバッテリーをL字型に配置することで、4.7インチモデルと同等の本体サイズながら2,700mAhのバッテリー容量を実現するだろう、と述べています。

ちなみに、4.7インチのiPhone7は1,960mAh、5.5インチのiPhone7 Plusは2,900mAhのバッテリーを搭載しています。
バッテリー持続時間50%アップか

「iPhone8」は、バッテリー消費量の少ない有機EL(OLED)ディスプレイの採用が見込まれており
、バッテリー容量の拡大との相乗効果で、従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上する効果が見込まれる、とクオ氏は予測しています。

なお、「iPhone8」はOLEDディスプレイの採用、ワイヤレス充電による発熱対策などの影響でコストがかさみ、
アメリカでの販売価格が1,000ドル(現在のレートで約11万4,000円)を超える、と予測されています。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487238421/


続きを読む

米アップル、日本で長年にわたり大規模な「税逃れ」の疑い…15年度で2000億円

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/11(土) 13:24:35.92 _USER
apple-ceo-cook
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-11/2017021101_04_1.html

スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などを販売する米国企業アップルが、日本でも長年にわたり大規模な税逃れを行っている疑いが濃厚になりました。
アップルの年次報告書のデータから本紙が試算したところ、
同社は2005〜15年度の11年間、米国を除く全世界で得た利益に対し、
わずか1〜6%の税金しか負担していませんでした(グラフ)。日本での販売利益もこの中に含まれ、
同社が15年度に日本で逃れた税金は2000億円前後に達する可能性があります。

アップルは07年に初めてアイフォーンを発売して以来、米国以外の外国での利益を急増させました
。しかし外国での税負担率は逆に低落。10年度には1・2%に落ち込みました。
アップルの税逃れが欧米で批判を浴びた13年度以降、徐々に上昇したものの、それでも6・2%(15年度)という低水準です。

 アップルの主要な市場である日本や欧州諸国、中国などの大多数は法人実効税率が20〜30%以上であり、
1〜6%という低さは異常です。アップルの税逃れを調べた米国上院常設調査委員会の報告書(13年5月)によれば、
南北アメリカ大陸を除く諸外国で得たアップルの利益はアイルランドに移され、複雑な税逃れ工作でほぼ無税となっています。

 日本ではアイフォーン・シリーズが携帯電話の出荷台数の4割を占めます(16年度上期、MM総研調べ)。
こうした日本での販売利益も大部分がアイルランドに流出し続けていると考えられます。

 一方、南北アメリカ大陸で得たアップルの利益は米国本社に移され、米国で課税されています。
本紙の試算では米国でのアップルの税負担率(09〜11年度)は20%を超えます。

 アップル本社とアップル・ジャパンは本紙の問い合わせに回答しませんでした。(解説)


続き
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-11/2017021104_01_1.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486787075/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ