SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Apple

ジョブズ亡きアップルが犯した「最大の過ち」とティム・クックの限界

1: ノチラ ★ 2017/06/24(土) 12:28:15.13 _USER
d40beeb6a852b49cb45bddb9bba68115
ジョブズを失ったアップルが犯した最大のミスは何だろう──。質問サイト「Quora」に寄せられた疑問にテクノロジーライターのGlyn Williamsが回答した。

スティーブ・ジョブズ亡き後、アップルが犯した最大の過ちは、パワーユーザーの取り込みに失敗したことだろう。アップルの製品には、ハイエンド・ワークステーションと呼べるマシンがもはや存在しない。

その形状からゴミ箱と揶揄されるMac Proは、拡張性に乏しくユーザーから不評を買っている。iMacは最もパワフルなモデルですらデスクトップクラスのGPU性能を実現できていない。アップルのロイヤルユーザーの中にはVFX(視覚効果)やゲーム開発、VRなどの関係者が多く居るが、彼らの需要に応えるマシンが無いに等しいのだ。

一般的なソフトウェアの開発者の間でも、ハイエンドマシンに対する需要は大きい。これらのパワーユーザーは、裕福で影響力も大きいが、アップルは彼らのニーズに合ったマシンの開発を止めてしまったのだ。

短期的な収益を考えるとアップルの判断は決して間違っていない。ハイエンド・ワークステーション事業がアップルの業績に与える影響は軽微で、ROIもスマホや一般コンシューマ向けPC、スマートウォッチなどと比べて遥かに低いのが実情だ。また、エンジニアたちは最も収益に影響を及ぼすマス市場向けマシンの開発にリソースを集中することができる。

しかし、自動車メーカーがF1に参戦する理由を考えれば、アップルの戦略が大きな誤りであることがわかる。

記事の続きを読むには無料会員登録が必要です。
https://forbesjapan.com/articles/detail/16691
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498274895/


続きを読む

スティーブ・ジョブズ氏は「スマホがオタクにしかウケない」と思っていた

1: ノチラ ★ 2017/06/19(月) 00:04:49.30 _USER
02c51_1459_c0edf2e6c42d020f966eab4908a19378-cm
今となっては考えにくい話ですが、スティーブ・ジョブズ氏は当初、Apple独自のスマートフォンをリリースすることに前向きではありませんでした。当時Appleの事業の中核であった、iPodの売れ行きが鈍ることを恐れていたのです。
オタク以外にはウケないと考えていたジョブズ氏

iPhone誕生にまつわる物語を明かしているのは、6月20日に発売予定のブライアン・マーチャント氏による「The One Device: The Secret History of the iPhone(たった1つのデバイス:iPhoneの知られざる歴史)」という書籍です。

スマートフォン業界はiPhoneを中心に周っていると言っても過言ではないほど、爆発的な売れ行きをみせている同端末ですが、この書籍によると、スティーブ・ジョブズ氏は当初、Apple製のスマートフォンがここまで売れると思っていなかったようです。

「彼はスマートフォンが、我々が呼んでいたところの『ポケットプロテクターたち(=オタク)』以外に行き渡るとは考えていなかった」と語るのはAppleの元幹部です。またジョブズ氏は、iPodの売り上げを自社開発のスマートフォンが潰しかねないことについても恐れていたそうです。「iPodの父」として知られるトニー・ファデル氏も「当時の我々の考えはこうだった――iPodを侵食することはできない。なぜならiPodは売れているからだ」と述懐します。

さらに当時は、VerizonやAT&Tといったキャリアが絶対的な発言権を持っており、「携帯はこうでなくちゃならない」という彼らの意見に、メーカー側は粛々と従わざるを得ない状況でした。事実、「エンドユーザーにたどり着くことが難しいのが、スマートフォンの問題だ」と、2005年にスティーブ・ジョブズ氏も認めています。
Motorolaとの業務提携という苦肉の策

そこでAppleが考えだしたのが、Motorolaと業務提携することで、iTunesを搭載した携帯端末をMotorolaに販売させるというものでした。こうすることで、iPodへの脅威を削ぐことができる、と考えたのです。
no title


しかし最終的に、AppleはMotorolaとの提携を止め、2007年に独自スマートフォンであるiPhoneをリリースします。確かにジョブズ氏の見立てどおり、iPhoneの売れ行きと反比例するように、iPodは衰退していきましたが、iPodの売り上げ減によって失った分以上を、iPhoneで取り返したことは言うまでもありません。
iPhoneで家庭が犠牲になった社員が多数

ブライアン・マーチャント氏の書籍については、先述したトニー・ファデル氏や、Appleの副社長を務めるフィリップ・シラー氏などから、記述が正確でないという指摘も受けていますが、Appleの舞台裏をうかがい知ることができるだけでもワクワクさせられますね。

なお、この他にも書籍では、社運を賭けたプロジェクトであるiPhoneの開発に心血を注ぐがあまり、家庭が犠牲となり、離婚する羽目になった社員が複数いたことなども明かされています。
http://iphone-mania.jp/news-172246/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497798289/


続きを読む

iMac Pro、最上位構成のお値段は190万円!?米メディアが推計

1: ノチラ ★ 2017/06/14(水) 09:32:51.05 _USER
55index
Appleは、12月に発売を予告しているiMac Proについて、4,999ドル(約55万円)から、と最低価格しか公表していませんが、最上位構成にした場合の予想価格は約17,000ドル(約190万円)になる、との推計が公開されました。
ベースモデルの価格だけ公開されているiMac Pro

WWDC 17の基調講演で「史上最高にパワフル」のフレーズとともに発表されたiMac Proは、プロのニーズに応える高性能が特徴で、最大18コアのXeonプロセッサ、GPUはRadeon Pro Vega、最大128GBのメモリ、最大4TBのSSDストレージというハイスペックが特徴です。

AppleはiMac Proの価格を「4,999ドル(約55万円)から」とベースモデルについてだけ発表しており、構成をカスタマイズした場合の価格は公表していません。米メディアZDNetが、iMac Proを最上位構成にした場合の価格を推計しています。
18コアプロセッサが44万円、128GBメモリが30万円、など

ZDNetは、最上位構成にした場合の価格を、各パーツの市販価格と、カスタマイズ構成した場合にAppleが追加しているオプション料金の比率をもとに推計しています。

ベースモデルの4,999ドルに、追加したオプションと料金は以下のとおりです。

18コアプロセッサ:4,000ドル(約44万円)
128GBメモリ:2,700ドル(約30万円)
Pro Vega 16GB HBM2 GPU:2,000ドル(約22万円)
4TB SSDストレージ:3,600ドル(約40万円)

総計:17,299ドル(約190万円)
iMac、購入後のメモリ増設は不可

もちろん、この計算はあくまでも推測であり、実際に販売される価格は異なると思われます。ただ、最上位構成のiMac Proの購入を検討している方は、予算の確保について検討しておいた方が良さそうです。

なお、iMac Proのメモリは後から変更することができないため、上位構成での利用を考えている方は、購入時にカスタマイズが必要です。

先日、iMac Proと同等のスペックのWindowsパソコンを自作した場合も、ほぼ同程度の費用がかかるとの計算も話題となりました。
http://iphone-mania.jp/news-171633/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497400371/


続きを読む

逆転したコピーキャット…「今はアップルが中国企業を模倣」

1: ノチラ ★ 2017/06/13(火) 09:59:02.76 _USER
20170613094521-1
中国情報技術(IT)企業はこれまで「コピーキャット(copycat)」という汚名を払拭できなかった。海外で人気がある製品やサービスをそのまま模倣する事例が少なくなかったからだ。しかし今では米国のIT企業が中国企業を模倣する技術逆転現象が表れている。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は11日(現地時間)、シリコンバレーベンチャー投資家コニー・チェン氏の言葉を引用し、「米国のテック企業はもう中国企業のコピーキャット」とし「アップル、ライムバイクなど米国企業が中国の事業モデルをそのまま模倣している」と指摘した。

アップルは先週、米サンノゼのマッケナリーコンベンションセンターで開催された世界開発者会議(WWDC)で、モバイルメッセージサービス「iMessage Chat」に決済機能を追加すると発表した。これは中国インターネット企業テンセントの「WeChat」と似ている。チェン氏は「中国と米国が逆転する『パラダイムシフト』が起きている」と解釈した。

米スタートアップ(新生ベンチャー企業)ライムバイクは中国の自転車シェア企業Ofo(共享単車)のサービス方式を模倣した。Ofoはスマートフォンのアプリで周辺の自転車を探した後、QRコードをスキャンし、ロックを解除して利用できるサービスを出した。返却する時は目的地周辺の安全な空間に置いておけばよい。料金はWeChatなどモバイル決済システムを利用できる。チェン氏は「ライムバイクはOfoのモデルをベンチマーキングしてサービスを開発した」と説明した。

ベンチャーキャピタル会社マトリックスチャイナパートナーズの共同創業者デビッド・スー氏は「中国では代表的なIT企業のテンセント、バイドゥ、アリババなどが新生企業の資金問題を解決する形で生態系が整っている」とし「巨大IT企業はベンチャーキャピタルの役割もしている」と分析した。また「中国の次期成功モデルはモバイル少額決済市場で出てくるだろう」とし「中国では従来の市場でもモバイル決済が普遍的に行われている」と伝えた。
http://japanese.joins.com/article/089/230089.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497315542/


続きを読む

Appleが進む道に屍あり 2017年版 Appleが殺そうとしてるものリスト

1: 2017/06/11(日) 06:29:12.62 _USER9
7e82bcb0-s
Apple(アップル)が進む道に屍あり?

Appleは世界一リッチなテクノロジー企業の強みを活かして、同じテクノロジーを推進する(Appleより)小さな競合企業に堂々と類似のアイデアをぶつけ、潰しにかかります。たとえばApple Musicを後出しして、Spotifyを潰しにかかっているのがパッと思いつきますね。

この戦略は「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む(Good artists copy, Great artists steal)」という、故スティーブ・ジョブズの名言にも合います。今のAppleは、誰より最初にイノベーティブなアイデアを生み出して製品化する必要はありません。二番煎じ、三番煎じのアイデアを乗せてアップデートすることで、世界中のAppleユーザーを満足させることができるのです。2017年のWWDCから見えてきた、今年のAppleが殺そうとしているサービスや技術をまとめてみました。


すべてのウェブブラウザ

Chromeの登場後、Google(グーグル)はMicrosoft(マイクロソフト)やその他事業者からウェブブラウザのシェアをじわじわと奪いました。しかしAppleもエンドレスのブラウザ戦争の渦中で戦う気満々のようです。Mac OSの最新アップデートでSafariを改良、Intelligent Tracking Prevention機能により、Webサイトが勝手に「何か」を追跡するのを阻止して迷惑な広告を表示できないようにしたり、自動再生動画広告をブロックすることも発表しました。

VenmoとSquare Cash

Screenshot: AppleVenmoの画面
no title


日本ではまだ馴染みがありませんが、Venmo(ベンモー)とは、アメリカの若者の間で人気急上昇の個人間送金アプリ。決済サービスPayPal(ペイパル)傘下の企業です。そして今回、Apple Payに「P2P」の送金サービス(個人間送金)が実装されることが明らかに。iOS 11のiMassageでは、Apple Payで直接送金することが可能になります。

no title



VenmoやSquare Cashやその他のP2P送金サービス事業者は、この領域にAppleの進出してきたことに震えているかもしれませんな。

関連記事:
「iOS 11」ではApp StoreやiMessageがリニューアル、Apple Payの個人間送金、Siri翻訳が可能に





https://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_120311/
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497130152/


続きを読む

新しい「iMac」、RAMとCPUが(物理的には)換装可能──iFixitの分解で明らかに DDR4 SDRAM

1: trick ★ 2017/06/09(金) 08:11:40.90 _USER9
新しい「iMac」、RAMとCPUが(物理的には)換装可能──iFixitの分解で明らかに - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/09/news048.html

 米Apple製品の分解マニュアルで知られるWebサイトiFixitが6月7日(現地時間)、AppleがWWDC 2017で発表した新しい「iMac」の4K 21.5インチモデルの分解レポートを公開した。

 iFixitが分解したのは、3.0GHzのi5/8GBメモリ搭載の14万2800円のモデル。

 この分解での最大の“発見”は、RAMもプロセッサも従来モデルのようにロジックボードにはんだ付けされておらず、物理的には換装可能だという点だろう。

 ディスプレイやスピーカー、ロジックボードを外した奥に、2枚のSO-DIMMがスロットに刺さっていた。分解したiMacのメモリは韓国SK hynixだった。
no title


 ロジックボード上のプロセッサは標準的なIntelのLGA 1151ソケットに取り付けられており、これも取り外せる。

 RAMとプロセッサにたどり着くには特殊なツールが必要で、そもそも自分で分解すればAppleの保証はなくなるので、ユーザーが自分で換装するのは現実的ではない。それでも、iMacがアップグレード可能になったのは注目に値するとiFixitは評価する。

 恒例の“修理しやすさ”判定は、10点満点中3点。ディスプレイ部分を外すのは特別なツールを使えば難しくはないが、テープを切らなければならないことや、SSDの追加ができないこと、RAMとCPUは脱着可能だがそれらにたどり着くまでが難しいことなどが減点対象になった。

 豊富な写真や部品のメーカー名なども掲載されているiFixitのレポートはこちら。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496963500/


続きを読む

「iOS 11」にアップデートできないのは「iPhone 5」他2モデル

1: ののの ★ 2017/06/07(水) 15:17:52.34 _USER9
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/07/news048.html

Appleが、今秋リリースする次期モバイルOS「iOS 11」にアップデートできる端末一覧を発表した。ここから抜けているのは2012年発売の2モデルと2013年発売の「iPhone 5C」の3モデルだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]2017年06月07日 06時44分 更新


 米Appleは6月5日(現地時間)、WWDC 2017の基調講演で次期モバイルOS「iOS 11」を発表し、プレビューサイトを公開した。

 このサイトで、iOS 11にアップデートできる端末一覧が確認できる。

no title


 現在iOS 10搭載可能で、この一覧に載っていないのは、2012年発売の「iPhone 5」、2013年発売の「iPhone 5c」、2012年発売の「iPad(第4世代)」の3モデル。いずれも64ビット化した「A7」以前のプロセッサ搭載端末だ。

no title

no title

no title


iOS 11では32ビットアプリが起動しないことも明らかになっている。

 iOS 11の一般向けリリースは“今秋”の予定だ。

Copyrightc 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496816272/


続きを読む

後追いアップル、看板頼み AIスピーカーの価格7倍・高音質

1: ノチラ ★ 2017/06/07(水) 09:20:39.03 _USER
339683078-1496787781_l
【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルは5日、人工知能(AI)で音声に自動応答するスピーカー端末を発表した。先行するアマゾン・ドット・コムやグーグルとの違いを高級感と音質に置き、価格をアマゾンの普及品の7倍に設定。AIの応答の精度で劣るとの調査もあるが、高級イメージを世界のアップルファンに訴える戦略だ。ブランド頼みの後追いは通用するのか。

 アップルがカリフォルニア州サンノゼ市で開いた開発者向け…
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17392980W7A600C1TI1000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1496794839/


続きを読む

iCloudストレージが価格改定、最大容量の2TBが約半額の値下げ!

1: ノチラ ★ 2017/06/07(水) 09:44:22.98 _USER
Appleが提供するクラウドストレージサービス、iCloudストレージの料金が変更されました。1GBプランが廃止され、従来の1TBの料金で2TBが利用可能になっています。
iCloudストレージプラン、2TBの料金が2,500円→1,300円に!

AppleがiCloudストレージの有料プランの料金体系を変更した、と米メディアMacRumorsが伝えています。

これまでの容量と月額料金(いずれも税込)は、5GB(無料)、50GB(130円)、200GB(400円)、1TB(1,300円)、2TB(2,500円)の5段階でした。

以下が変更後の料金プランです。1TBプランが廃止され、2TBが月額1,300円となっています。それ以外のプランに変更はなく、合計4段階になりました。
no title


iCloudは、iPhoneをはじめApple製品のデータをクラウドに保存・バックアップできるサービスです。Apple純正アプリのデータだけではなく、LINEのトーク履歴も保存できます。

無料で利用できる5GBの残り容量をチェックして、残量が少なくなっている場合、大容量の有料プランの購入を検討しても良いかもしれません。購入後、不要になれば少ない容量へのダウングレードも簡単です。

iCloudの月額料金は、クレジットカードのほか、アカウントにチャージしたiTunesカード、キャリア決済で支払うことができます。
http://iphone-mania.jp/news-170608/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1496796262/


続きを読む

Apple、VR対応の次期macOS「High Sierra」を今秋提供 APFS採用、外部GPUボックス(Radeon RX 580)対応

1: trick ★ 2017/06/06(火) 06:22:15.96 _USER9
03_s
Apple、VR対応の次期macOS「High Sierra」を今秋提供 〜新ファイルシステム採用、外部GPUボックス対応 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1063635.html
〜新ファイルシステム採用、外部GPUボックス対応

若杉 紀彦2017年6月6日 05:21

 米Appleは5日(現地時間)、WWDC 2017にて次期macOS「High Sierra」を発表した。本日より開発者向けベータ、6月後半にパブリックベータを公開し、今秋より無償アップグレードを提供する。対応ハードウェアは2009年以降のMacBook、iMacおよび2010年以降のMacBook Air、MacBook Pro、Mac mini、Mac Pro

 大きな改善点として、30年にわたり利用されてきたファイルシステム「HFS」を刷新し、APFS(Apple File System)を導入。最新のストレージに対応し、データ構造は64bit化。特にファイルコピーが高速化され、デモでは大きなサイズの動画ファイルを瞬時にコピーできる様子が披露された。HFSとの下位互換性も保つ。

 グラフィックスAPIの「Metal」も「Metal 2」へと進化し、機械学習やVRへの対応を盛り込んだほか、Thunderbolt 3による外部GPUに対応。これに併せて、Radeon RX 580搭載の外付けGPUボックスも提供し、ノートPCでも高度なグラフィックスや機械学習処理を行なえるようになる。また、Steam VR、Unity、Unreal Engineへの対応も表明された。

 このほか、Safariの高速化、動画の自動再生ブロック、インテリジェントな追跡防止、機械学習によるプライバシー保護や、Mailの保存容量35%削減、Photoの検索・編集強化など標準搭載アプリも強化されている。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496697735/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ