SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Apple

次期iOSで32ビット版のアプリが動作できなくなる事が確実に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/18(土) 19:45:36.69 _USER
36index
http://gigazine.net/news/20170218-app-store-32-bit-ban/

2017年内にもリリースされるとみられる次期iOS「iOS 11」からは、旧来の32ビット環境で作られた
アプリケーションが動作できなくなることが確実視されています。これによりiOSアプリの登場から続いてきた
32ビット版アプリの時代は終焉を迎え、数々の名作とされるアプリが姿を消す危機に瀕しています。
Appleでは2013年9月に初の64ビットアーキテクチャプロセッサを採用したiPhone 5sをリリース。
その後、2015年2月以降にApp Storeで提供されるアプリに対しては64ビット版をデフォルトでサポートすることを必須としていました。
これらの施策から、Appleは段階的に完全64ビット環境へと移行していく姿勢を示していることが確実視されていました。

そしてその姿勢がさらに明確になっています。開発者向けに提供されているiOS 10の最新ベータ版では、
32ビットアーキテクチャのアプリを起動すると、以下のように「このアプリは将来のバージョンのiOSでは動作しません。
このアプリの開発者は、アプリの互換性を改善するためにアップデートする必要があります」というメッセージが表示されるようになったとのこと。

ちなみに、iOS 10.2.1の端末で32ビット版アプリを起動すると、「"(アプリ名)"によりiPhoneの動作が遅くなる場合があります 
開発元によるAppのご完成か以前のアップデートが必要です」というメッセージが表示されます。
これはつまり、iOS 11からは32ビット版アプリへの対応が打ち切られる可能性が極めて高くなったことを示しています。
それでは、果たしてどのぐらいのアプリが32ビット版のまま放置されているのかが気になるところですが、
それを効果的に統計をとるのは非常に困難な状況です。そこでヒントになってくるのが、「64ビット版への移行が促され始めたタイミング」と
いうことになるとのこと。64ビットアーキテクチャに対応したiPhone 5sが登場したのが2013年9月で、
Appleがデベロッパーに対して64ビットへの移行を具体的に強制し始めたのが2015年2月。ということは、
この間に開発されたままアップデートされていないアプリは、64ビット版への移行が行われていないであろう、と考えることができます。
アナリティクス企業のSensor Towerによるレポートでは、2016年9月現在、App Storeで公開されてアクティブ状態にある
約210万アプリのうち、およそ51%にあたる約108万アプリは1年以上・2年未満の間アップデートされていないことが判明しています。
さらに1年間以上アップデートされていないアプリを全てカウントすると全体の95%にものぼるという結果が判明しています。
なお、その後App Storeからは4万7000アプリが削除されているとのこと。
これらアップデートされていないアプリの中には、Mashableが選ぶ過去全てのiPhoneアプリから選ぶベスト100に含まれる、
iPhoneでオカリナが演奏できるOcarina(日本未提供)や、端末を振るとスターウォーズのライトセイバー気分が味わえるGreat Lightsaberなどの
アプリが含まれており、このまま対策が取られないと人気を集めたアプリが軒並み消滅してしまうことに。

また、海外で人気の高い釣りアプリRidiculous Fishingや計算ゲームHundreds、以下のムービーのようにパチンコの要領で玉を落として
ドットを消して行くPeggle Classicなどのゲームも影響を受けざるを得ないとのこと。

このように多くのアプリが消滅の危機に瀕しているわけですが、事態の解消には大きな壁が立ちはだかっているとのこと。
アプリの提供を継続するためには、Appleが方針を展開しない限りは64ビット版へと改修する必要があります。
しかし、これらのアプリが1年以上もアップデートされていないという状況は、アプリベンダーが他のアプリにリソースを費やしてしまっているということに
他なりません。さらに、古いアプリともなると以前ほどの収益性を見込むことができないというのも悪影響に拍車をかける要因となります。
つまり、開発者にとっては、収益が見込める最新版の64ビット版アプリの開発にリソースを割くことのほうが、
古くてコストを回収できるかどうかもわからない32ビットアプリにリソースを割くということよりも優先されるという事態となっているというわけです。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487414736/


続きを読む

アップルの次期iPhone、サムスンの有機EL搭載で液晶モデルよりバッテリー持ちが50%改善

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 18:47:01.43 _USER
18420792-s
http://iphone-mania.jp/news-154937/

Apple関連の情報の正確さで知られるKGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が、「iPhone8」は4.7インチモデル
と同等の本体サイズで、5.5インチモデル並みのバッテリー容量を確保する、と予測しています。
iPhone8は基盤の高密度化でバッテリー容量拡大か

クオ氏は、バッテリー技術は向こう数年間、大きく進化しないと見ており、iPhone8ではバッテリーサイズの拡大のために、
基盤を従来の10層から20層へと高密度化する手法が採用される、と予測しています。

空いたスペースにバッテリーをL字型に配置することで、4.7インチモデルと同等の本体サイズながら2,700mAhのバッテリー容量を実現するだろう、と述べています。

ちなみに、4.7インチのiPhone7は1,960mAh、5.5インチのiPhone7 Plusは2,900mAhのバッテリーを搭載しています。
バッテリー持続時間50%アップか

「iPhone8」は、バッテリー消費量の少ない有機EL(OLED)ディスプレイの採用が見込まれており
、バッテリー容量の拡大との相乗効果で、従来型液晶ディスプレイモデルよりも持続時間が約50%向上する効果が見込まれる、とクオ氏は予測しています。

なお、「iPhone8」はOLEDディスプレイの採用、ワイヤレス充電による発熱対策などの影響でコストがかさみ、
アメリカでの販売価格が1,000ドル(現在のレートで約11万4,000円)を超える、と予測されています。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487238421/


続きを読む

米アップル、日本で長年にわたり大規模な「税逃れ」の疑い…15年度で2000億円

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/11(土) 13:24:35.92 _USER
apple-ceo-cook
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-11/2017021101_04_1.html

スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などを販売する米国企業アップルが、日本でも長年にわたり大規模な税逃れを行っている疑いが濃厚になりました。
アップルの年次報告書のデータから本紙が試算したところ、
同社は2005〜15年度の11年間、米国を除く全世界で得た利益に対し、
わずか1〜6%の税金しか負担していませんでした(グラフ)。日本での販売利益もこの中に含まれ、
同社が15年度に日本で逃れた税金は2000億円前後に達する可能性があります。

アップルは07年に初めてアイフォーンを発売して以来、米国以外の外国での利益を急増させました
。しかし外国での税負担率は逆に低落。10年度には1・2%に落ち込みました。
アップルの税逃れが欧米で批判を浴びた13年度以降、徐々に上昇したものの、それでも6・2%(15年度)という低水準です。

 アップルの主要な市場である日本や欧州諸国、中国などの大多数は法人実効税率が20〜30%以上であり、
1〜6%という低さは異常です。アップルの税逃れを調べた米国上院常設調査委員会の報告書(13年5月)によれば、
南北アメリカ大陸を除く諸外国で得たアップルの利益はアイルランドに移され、複雑な税逃れ工作でほぼ無税となっています。

 日本ではアイフォーン・シリーズが携帯電話の出荷台数の4割を占めます(16年度上期、MM総研調べ)。
こうした日本での販売利益も大部分がアイルランドに流出し続けていると考えられます。

 一方、南北アメリカ大陸で得たアップルの利益は米国本社に移され、米国で課税されています。
本紙の試算では米国でのアップルの税負担率(09〜11年度)は20%を超えます。

 アップル本社とアップル・ジャパンは本紙の問い合わせに回答しませんでした。(解説)


続き
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-02-11/2017021104_01_1.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486787075/


続きを読む

アップル、超小型のコネクタ規格「UAC」を採用か

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/07(火) 14:54:24.65 _USER
http://touchlab.jp/2017/02/apple_uac_connector_preview/

2index



ップルが、新しいコネクタ規格「Ultra Accessory Connector (UAC)」を導入する準備を進めているようです(上の画像はイメージ)。

9to5Macの記事によると、この新しいコネクタはヘッドフォン・ヘッドセット製品向けで、アップルのライセンス・プログラム
「Made for iPhone (MFi)」に採用すべく、製造メーカーに対する「デベロッパー・プレビュー」を行った模様。

「UAC」のピンは8本で、先端のサイズが2.05 x 4.85 (mm)と、Lightningコネクタよりやや薄く、幅はLightningの約半分程度しかない超小型とのこと。

よって、ヘッドフォン・ヘッドセットのメーカーは、製品の内部に占めるコネクタ(メス)の空間を節約できると考えられます。
Lightningコネクタの場合は、導入当初は独自規格ゆえに波紋を呼びましたが、現在ではサードパーティーによる対応製品も増え、広く受け入れられている感があります。

UACが、今後どのような製品に採用され、また普及するのか否か注目されます。
【追記】ArsTechnicaの記事によると、このコネクタはアップル独自の新規格ではなく
既存の「Ultra Mini USB Connector」または「UC-E6」と呼ばれているものに、「UAC」という呼称を付けたもの、とのこと。

アップルによると、MFiプログラムでライセンスを受けているメーカーがこのコネクタを使用できるようMFiの仕様に追加しただけで
、UACへの置き換えや普及の意図はない、とのこと。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486446864/


続きを読む

アップル、原発推進する企業は下請契約を切ると発表 JDI死亡、シャープ大勝利か

1: 超竜ボム(北海道)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/02/03(金) 11:45:17.61 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
index
アップルが“再生可能エネルギー100%クラブ”へ、部品メーカーにも要求

米国Apple(アップル)は、事業活動の電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す「RE100」に参加したことを発表した。
米国ニューヨーク市の「Climate Week」の場で、アップルの環境、政策、社会イニシアチブ担当のバイスプレジデントである
リサ・ジャクソン(Lisa Jackson)氏が明らかにした(図1)。
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1609/21/news025.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486089917/


続きを読む

米アップル、売上高が過去最高に 日本で20%増

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/01(水) 09:02:40.88 _USER
5d7ca0d2-1-2-1-1-1-1-1-1-1-2-2
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN01H0T_R00C17A2000000/

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルが31日発表した2016年10〜12月期決算は、
売上高が前年同期比3%増の783億5100万ドル(約8兆8400億円)となり過去最高を更新した。
増収は1年ぶり。単価の高いスマートフォン(スマホ)「iPhone」の大画面モデルの好調な販売が寄与した。
 競合の韓国サムスン電子のスマホが発火し、販売中止になった「敵失」も生かした形。ただ、販促費や研究開発費がかさみ最終利益は3%減の178億9100万ドル。

 決算発表後の電話会見でティム・クック最高経営責任者(CEO)は「大画面モデルに人気が集まっている」と語った。
 実質的な1株利益は3.36ドル(前年同期は3.28ドル)となった。
 地域別では、中国の売上高が12%減と4四半期連続の減少となった。一方、米州が9%増、欧州は3%増、日本は20%増だった。

 製品別ではスマホ「iPhone」の販売台数が5%増の7829万台。パソコン「Mac」は1%増の537万台。
タブレット「iPad」は19%減の1308万台だった。腕時計型端末「アップルウオッチ」や「アップルTV」などを含む
「その他」の売上高は8%減だった。ソフト・サービスの売上高は18%増と好調を維持した。
 1〜3月期の売上高見通しは最大で約6%の増収とした。
 売上高、利益ともに市場の予想を上回ったことから、31日の米株式市場の時間外取引で同社の株価は一時、同日終値と比べ2%あまり上がった。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485907360/


続きを読む

アップルウォッチの悲惨な現状…出荷7割減との調査も ただの重いリストバンド、バカ高いのに使いにくい

1: Toy Soldiers ★ 2017/01/29(日) 09:13:30.32 _USER9
 post_17851_1
2016年9月に「Apple Watch」(アップルウォッチ)のシリーズ2が発売されてから、およそ4カ月。
圧倒的なブランド力を持つアップルが投入したスマートウォッチの新モデルにもかかわらず、販売数は低迷し、今や話題に上ることすら少ない。

 昨年10月にIT専門調査会社のIDCが公開したデータによると、アップルウォッチの16年度第3四半期の出荷台数は前年比71%減の110万台になったという。
一方、昨年11月には市場調査会社Canalysが同時期のアップルウォッチの出荷台数を280万台と発表するなど、正反対の調査もある。
しかし、いずれにせよ、シリーズ2の販売は意外に盛り上がっていない感が否めない。
 1年半あまり前に初代モデルが登場した際は、それなりに注目を集めたアップルウォッチだったが、なぜこんな苦境に陥っているのか。

初代の反省点を生かした「2」、実は好評?

「確かに、初代モデルは反応が鈍く頻繁にフリーズするなど、評判も最悪でした。しかし、シリーズ2はその初代モデルの反省点を生かし、動作も機能性も格段にアップしています」
 そう話すのは、アップル製品やウェアラブル端末などに詳しいガジェットライターの熊山准氏だ。
売れ行きとは対照的に、ガジェット好きの人たちから見ればシリーズ2の機能面は悪くなく、むしろ評判のいい端末だという。
「初代モデルは、価格200万円前後の18金モデルを設定するなど、高級志向の端末としてブランディングしている印象がありました。
その点、シリーズ2ではナイキとコラボしたカジュアルモデルを用意し、誰でも気軽に身につけられるイメージを打ち出しています。
 耐水性能や内蔵GPSの導入によって、iPhoneがなくても水泳やランニングなどの運動をワークアウトアプリに記録できたり、目標達成のためのコーチングをしてくれたりと、機能性も向上しています。
日常的にワークアウトを行う人にとっては、非常に使い勝手のいい端末になったと思います」(熊山氏)

 さらに、熊山氏が評価するのは、ウェアラブル端末ならではといえるアップルウォッチの小ささだという。
新モデルが出るたびに大型化する傾向のあるiPhoneは、もはやランニングの際にポケットに入れたり腕につけたりできる端末ではなくなった。
しかし、アップルウォッチなら腕につけても邪魔にならず、走るルートやペースも記録することができ、心拍数もわかる。もちろん、音楽を聴くことも可能だ。
「特に、シリーズ2はFeliCa(フェリカ)にも対応するので、軽く腕をかざすだけで改札を通れるのは移動の多いビジネスパーソンにとっては利便性があります。
オートチャージで手間もはぶけますし、普段のちょっとした買い物にも使えるので、これからはフェリカ目当てでアップルウォッチを購入する人が増えると思いますね」(同)

 とはいえ、シリーズ2がさほど注目を集めていないのも事実。なぜ、シリーズ2の人気が低迷しているのだろうか。
熊山氏は、その理由を「一般ユーザーが日常的に利用するイメージを抱きにくいことが原因」と語る。
「シリーズ2は初代モデルに比べて使いやすくなったとはいえ、デザイン面を含めて、まだ日常やビジネスシーンでの活用法が見えにくい。それが、一般ユーザーにウケが悪い一番の理由でしょう」(同)

>>2に続く

http://biz-journal.jp/2017/01/post_17851.html

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485648810/


続きを読む

Apple Watchを専門に扱う店舗、フランスでも閉鎖・・・残るは日本だけに

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/24(火) 13:00:51.03 _USER
42cdc28e-s
http://iphone-mania.jp/news-152352/

Apple Watchを専門に取り扱う店舗がフランスで閉鎖されたことが判明しました。これで、日本の新宿伊勢丹に入っているポップアップショップが、
世界で唯一の同型店舗となります。
すでに公式サイトからは削除

すでにAppleの公式サイトからは、フランスのパリにあった同ストアの名が削除されています。
ただし、ロンドンの高級デパートSelfridgesに続き、パリのGaleries LafayetteでもApple Watchのポップアップショップが
閉鎖されるのではないか、という噂は以前から伝えられていました。

新宿伊勢丹はどうなる?
閉鎖の理由としては、店舗を存続しても採算が取れないことに加え、ファッションアイテムとしてApple Watchを売り出すという
戦略をAppleが改めたからだとも言われていますが、そうなると、残る新宿伊勢丹のポップアップショップについても動向が気になるところです。
事実、リリース当初は、128万円以上する純金製のApple Watch Editionや、シーンによって付け替えを意図したと思われる多種多様なバンドの
展開などで注目を集めたApple Watchですが、最近ではコマーシャルからも分かるとおり、Appleはファッション性よりも性能の高さを推す傾向にあります。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485230451/


続きを読む

「ティム・クックがAppleを退屈な会社にした」 アップル元社員が暴露

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/19(木) 21:19:03.95 _USER
e7d13_88_5197fd7a109e1c501435efc388787957
http://gigazine.net/news/20170118-tim-cook-made-apple-boring/

スティーブ・ジョブズは革新的なアイデアをさまざまな製品として世に送り出し、Appleという会社を世界有数の
企業へと発展させましたが、ティム・クックCEOに替わってから「Appleは退屈な運営の会社になった」と元従業員が話しています。

Tim Cook made Apple 'boring operations company' - former engineer
http://www.cnbc.com/2017/01/17/tim-cook-made-apple-boring-operations-company--former-engineer.html

スティーブ・ジョブズが存命だったころの2007年からAppleで働いていた経験を持つバロウ氏は、
「当時のAppleという組織は西部の開拓時代のようでした。私はマネージャーとして雇用されましたが、
最初の2年間はマネージャーとしての管理業務は行っておらず、複数の開発プロジェクトに携わっていました」とCNBCに語っています。
当時のAppleの最優先事項は「組織」ではなく「プロジェクト」であり、役割や肩書きなどに関わらず、
それぞれが可能な限り解決できるあらゆる問題に取り組んでいたそうです。バロウ氏は「まさに野生状態でしたが、
自分のしたことの全てが最大限に製品に反映されるため、とてもやりがいを感じていたのも事実です」と話しています


現在はヒューレット・パッカードの子会社・Palmで働くバロウ氏は、
「Palmのチームはとても組織的で、働く上で自分の属する部署以外に対する責任を負う必要はありません。
それぞれが自分の持つ責任を明確に把握しており、わからないことを他部署の人に尋ねても『それは私の仕事ではありません』
と言われるのが一般的でした」と話します。そしてバロウ氏はティム・クックCEO率いるAppleは大胆さがなくなり、
Palmと同じような業務になっていると指摘しています。

2011年からAppleのトップに立ったクックCEOはAppleを経済的に成長させ続けており、2011年に1082億ドル(約12兆2300億円)
だったAppleの年間売上高は2016年に2157億ドル(約24兆3800億円)と2倍に達しています。一方で、Apple Watchという新製品が出てからも、
Appleの売上の大部分を占めているのは依然としてiPhoneという状況であり、Appleは自動運転カー、
テレビ、ビデオ、インターネットなどの分野に多額の投資を行っていますが、イノベーションは起こっていません。
起業家のスティーブ・ブランク氏は、ティム・クック氏のリーダーシップについて、
「ビル・ゲイツの後を継いでMicrosoftの売上を3倍にしたスティーブ・バルマーに通じる」と称賛しています。
しかし、バルマー氏率いるMicrosoftは、Apple・Google・Facebook・Amazonのような企業にモバイル・検索・ソーシャルメディア・クラウドなどの
分野で主導権を握られるなど、ソフトウェアの支配力を維持できなかったとも言われています。
バロウ氏はクック氏率いるAppleについて「クックはAppleをダイナミックな変化を起こす『チェンジメーカー』
から退屈な運営の会社に変えてしまった」とツイートしています。

また、IoT機器メーカー・Nestの創始者でAppleではトップ・エンジニアとして働いていたトニー・フェデル氏は、
「当時のAppleには競争というものがなかった。みんなで一緒に最高の解決策を模索すると、スティーブは全部試すように指示していたんだ」
と話しています。一方でBloombergのマーク・ガーマン氏は「近年のAppleのMac部門は2つ以上のアイデアを競争させるようになってきている。
『デザイナーとエンジニアがひとつのコンセプトに同時に取り組むべき』という考えの元だ」と話しており、クック氏率いるAppleは賛否両論状態で、
今後の手腕が期待されます。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484828343/


続きを読む

「アップルの時代は終わった」、ピーター・ティール氏

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/16(月) 08:54:44.80 _USER
peter-thiel-says-the-age-of-apple-is-over-w640
https://www.businessinsider.jp/post-264

シリコンバレーを代表する投資家で、トランプ氏の政権移行チームのメンバーであるピーター・ティール(Peter Thiel )氏は「Appleはすでにピークを過ぎた」と語った。
The New York Timesのモーリーン・ダウド(Maureen Dowd)氏とのQ&Aの中で、「Appleの時代は終わったのか」という質問に対して、同氏は「その通りだ」と答えた。
「スマートフォンを取り巻く状況は皆さんもご承知の通り。ティム・クック(Tim Cook)氏が失敗したわけではないが、スマートフォンに関しては、 もう新しいイノベーションは生まれないだろう」

ティール氏は、Facebookに初期の段階から投資したことでも知られるシリコンバレーでもっとも有名な投資家だ。彼はFacebookの役員でもあり、秘密の多いビッグデータ分析会社Palantirの共同創立者でもある。

Appleは、iPhoneの売上が落ち込み、売上予想が下回っている。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484524484/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ