SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Apple

セブン、アップル純正品の販売開始 コンビニで国内初

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/16(木) 18:13:22.62 _USER
3232242
セブン―イレブン・ジャパンは16日、米アップルの純正品の取り扱いを始めると発表した。「iPhone(アイフォーン)」の充電などにつかうケーブルやイヤホンなど9品を22日から順次販売する。セブンイレブンによると、アップルの純正品の取り扱いは国内のコンビニエンスストアで初めてという。

まずは東京都と北海道、長野県、山梨県で販売を始め、全国に拡大する。これまでは互換性のある別企業の商品を取り扱っていた。安心感の高い純正品を身近なコンビニで提供することで、利用客を取り込む。アップルの純正品はこれまで家電量販店やインターネット通販などで取り扱われていた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44890030W9A510C1HE6A00/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557998002/


続きを読む

Adobe CC「今後は最新2バージョンしかサポートしません」でユーザー大混乱

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/13(月) 08:39:13.70 _USER
01_top
アドビのCreative Cloudが、今後は2つの最新メジャーバージョンしかサポートしないことを表明し、ユーザーの間で大きな波紋を呼んでいる。

 新しいバージョンのリリースによって旧バージョンのサポートが終了するのはよくある話だが、PhotoshopやIllustratorでは作成時のバージョンで印刷を行うために旧バージョンのソフトを必要とする場合があること、また、同社も店頭で配布していたパンフレットなどで旧バージョンのサポートを約束していたため、事前の告知なくダウンロードが突如不可能になったことで、ユーザーから怒りの声が上がっているというわけ。ちなみに同社による日本語版のアナウンスには「認定外のバージョンの使用またはインストールを継続した場合、第三者に権利侵害を主張される可能性がありますのでご留意ください」とあり、旧バージョンには同社との契約が終了した第三者のプログラムが含まれていることが今回の見直しにつながったのではと見る向きもある。海外でも日本でも、この問題に抗議するハッシュタグがそれぞれ活発な動きを見せており、今後さらに大きな問題に発展する可能性はありそうだ。
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1184042.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557704353/


続きを読む

Mac Bookなんて昔からそんなにユーザーいないよ

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [FR] 2019/05/12(日) 10:15:49.00 BE:194767121-PLT(12001)
Macbookair-2018-Review-1024x678

「BCNランキング」2019年4月29日から5月5日の週次集計データによると、ノートPC(メーカー別)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 NEC
2位 富士通
3位 レノボ・ジャパン
4位 Dynabook
5位 アップル

https://www.bcnretail.com/research/detail/20190512_118305.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1557623749/


続きを読む

Qualcomm、Appleとの和解で47億ドルのもうけ

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/02(木) 20:22:55.79 _USER
 yu_qualcomm
米Qualcommは5月1日(現地時間)、第2四半期(1〜3月期)決算発表の中で、米Appleとの特許紛争の和解により、第3四半期にAppleからキャッシュで45億〜47億ドルの支払いを受ける見込みだと発表した。

4月の和解発表の時点では、和解金などの額は公表していなかった。この金額は、和解金とライセンス契約のライセンス料の一部を含むという。

 第2四半期の売上高は5%減の50億ドル、純利益は101%増の7億ドル(1株当たり55セント)だった。

 第3四半期の予測は、売上高は92億〜102億ドル。ただし、Appleからの収入を除く非GAAPベースでは47億〜55億ドルとしている。

 Qualcommのスティーブ・モレンコフCEOは発表文で「われわれは、またAppleとの複数年の合意に達したことを嬉しく思い、Appleを顧客としてサポートしていくことを楽しみにしている。5Gの商業化が世界で始まっており、われわれは戦略的なプライオリティを効果的に実行している」と語った。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/02/news022.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556796175/


続きを読む

Apple Watchの登場から4年--スマートウォッチの勝者はアップルとなったのか?

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/01(水) 19:35:02.15 _USER
 20190501-35136244-cnetj-000-1-view
2015年にApple Watchが発売されたとき、筆者はその年がスマートウォッチ元年になる、と記した。2015年4月24日の発売から4年、スマートウォッチ市場の覇者はAppleとなった。成功の理由は明確である。プロダクトとしての完成度が高く、相対的にソフトウェアの出来も良く、しかも、質を考えればお買い得だったのである。

 その評価を決定づけたのは、2017年に発表された第3世代のApple Watchだった。iPhoneなしでも単独で通話やメッセージ、音楽のストリーミング再生などが使えることは、消費者以上に、コンペティターにとっては驚きだった。その後、ある時計メーカーのCEOは筆者にこう漏らした。「これで、スマートウォッチの世界標準はApple Watchになるだろう」。

Appleはマーケティングも巧みだった。スマートウォッチの機能を羅列する他社に対して、アップルは、それを手にすると何が変わるかを語ったのである。発表当初、Appleはハードの良さを強調していたし、その完成度は、確かに語るに値した。

 しかし、第3世代以降、同社はApple Watchの機能や作り込みよりも、腕に着けると、どんな変化が起こるかを語るようになったのである。それはいささか大げさだったにせよ、スマートウォッチは何もない、という世評をアップルは巧みに覆したし、事実Apple Watchは、スポーツとヘルスケアとの連動において、大きな成功を収めた。Garmin(ガーミン)のユーザーほどプロフェッショナルではない、しかし、運動や健康に無関心ではない層に、Apple Watchは強く響いたのである。

現時点におけるスマートウォッチの世界標準はApple Watch
 良いか悪いか、好きか嫌いかはさておき、現時点におけるスマートウォッチの世界標準はApple Watchとなったことは間違いない。もちろん他にも優れたスマートウォッチは存在するが、消去法で選ぶと、残念ながらこれしか残らない。少なくとも、ハードウェアとしての完成度は、SamsungやASUS、Fossilなどのスマートウォッチに大きく勝るし、装着感においてなおそうだろう。時計の形を作るのは容易だが、時計として使えるものを作るのとは、話が違う。Appleは、まず「腕から外されない時計」を作るために努力を傾け、大きな成功を収めたのである。

 高名な独立時計師であるフィリップ・デュフォーが嘆いたように、今や「時間を見るなら携帯電話で十分、と思うようになった人たちに、時計を着けさせるのは難しい」。多くの時計メーカーは装着感の改善に気を配るべきだったが、ステータス性を上げることに気を取られ、この20年、着け心地という概念を失念していたか、うがった見方をすると、積極的には考えなかった。もっとも着け心地に対する配慮の不足は、スマートウォッチを作るテック系の企業でいっそう顕著だった。時計を着けたことのない人たちが作るスマートウォッチは、形こそ腕時計だったが、時計として使えるものではなかったのである。

 ちなみに最近は、Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン)やKnot(ノット)といった、着け心地に優れる時計を買う人が増えてきたし、多くの時計メーカーも、遅ればせながら、装着感を真剣に考えるようになった。景気が悪化し、消費者が保守的になった結果として、各メーカーは、できるだけ長く使える時計を作ろうと考えるようになったのである。対して、スマートウォッチメーカーの装着感に対する認識は、今なお改善を見ていない。スマートウォッチの作り手たちが、装着感に関する認識を改めない限り、Apple Watchの地位は当面安泰だろう。時計を着けなくなった人たちに、時計を着けさせるのは、多くの人たちが想像する以上に難しいのである。

https://japan.cnet.com/article/35136244/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556706902/


続きを読む

クアルコム、アップルから5千億円 和解で大幅増収に

1: ムヒタ ★ 2019/05/02(木) 07:22:20.82 _USER
757
【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手のクアルコムは1日、4〜6月期の売上高が前年同期を6〜8割上回る92億〜102億ドル(約1兆300億〜1兆1400億円)になりそうだと発表した。知的財産の対価をめぐる米アップルとの法廷紛争での和解に伴って45億〜47億ドル(約5000億〜5200億円)の一時収入を得るほか、2年あまり中断していた特許料の支払いも復活する。

クアルコムはアップルと4月16日に和解。アップルがクアルコムに対して6年にわたりライセンス料を支払い、複数年の半導体供給を受けることで合意した。スティーブ・モレンコフ最高経営責任者(CEO)は「アップルとの合意に達し、彼らを顧客として支援し続けられることを楽しみにしている」と話した。

1〜3月期の売上高は5%減の49億8200万ドルで、事前の市場予想(48億ドル)を上回った。中国などでスマートフォンの販売が振るわなかったため半導体の販売部門の売上高は4%減の37億2200万ドル、知財ライセンス部門の売上高は8%減の11億2200万ドルだった。リストラ費用の減少などで純利益は2倍の6億6300万ドル。

クアルコムは華為技術(ファーウェイ)とも一部の係争を続けているが、モレンコフ氏は「アップルとの和解が(この件にも)解決をもたらすと信じている」と話した。米連邦取引委員会(FTC)との独占禁止法違反をめぐる裁判の結果はまだ出ていない。
2019/5/2 7:09
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44404980S9A500C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556749340/


続きを読む

米アップル決算 2四半期連続の減収減益 中国経済減速が影響

1: ムヒタ ★ 2019/05/01(水) 07:30:52.48 _USER
635ff8b9bc56bc01c50cfd89b383b8a0_1556669091_l
アメリカの大手IT企業アップルは、ことし3月までの3か月間の決算を発表し、中国の景気減速の影響で主力のiPhoneの販売が大きく落ち込んだことから、売り上げも最終的な利益も去年の同じ時期に比べて減りました。

アップルが30日に発表した、ことし1月から3月までの3か月間の決算によりますと、売り上げは580億ドル(日本円で約6兆4000億円)となり、去年の同時期に比べて5%減りました。

これは主力のiPhoneの販売が17%の大幅な落ち込みとなったことが主な要因です。

地域別の売り上げについては、アメリカと日本では伸びを確保しましたが、中国では景気減速の影響を受けて、22%の大幅な減少となりました。

また、最終的な利益は115億ドル(日本円で約1兆2000億円)で、去年の同時期に比べて16%の減少となりました。減収減益は2四半期連続です。

ティム・クックCEOは、電話による会見で「中国については米中関係が落ち着きを取り戻していることで消費者の間でポジティブな雰囲気が出ていると聞いており、私自身、以前よりも中国経済を前向きに見ている」と述べ、ことし4月から6月までの3か月間の決算については市場予想を上回るという見通しを示しました。
2019年5月1日 7時22分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190501/k10011902631000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556663452/


続きを読む

「iPhoneを使い過ぎないで」とティム・クックCEOが忠告

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/28(日) 00:28:09.55 _USER
08ac8b6381f64426042571cb6c585f45_large
「人々はiPhoneを置き、アプリの使用を減らすべき」とApple(アップル)のCEOであるTim Cook(ティム・クック)氏は考えている。今日TIME 100サミットに登壇した同氏は、モバイルデバイスの中毒性や、この問題におけるAppleの役割について言及した。「人々が絶えずiPhoneを使うことをAppleは意図していなかった」と彼は述べた。そして彼自身ここ数カ月、プッシュ通知をオフにしているとも語った。

「Appleは決して使用時間を最大にしたいわけではなかった。そうしようともしていない」とクック氏は説明した。

ソーシャルアプリでの新規フォロワーの獲得から、買い物アプリのセール、ゲームへの新レベルの追加など、アプリデベロッパーが絶えずユーザーに意味のない通知(ノーティフィケーション)を送っているのを許しているプラットフォームをAppleがデザインしたことを考えたとき、これはもちろんおかしな主張だ。

通知プラットフォームというのは、デベロッパーが積極的に、そしてリアルタイムにユーザーの注意をとらえ、アプリに向かわせることを意図している。これは、アラートメカニズムがそのようにデザインされるべき、というものではない。

アプリにおけるノーティフィケーションプラットフォームはその代わり、ユーザーがコントロールできる適度な間隔でアプリデベロッパーが特定のユーザーにお知らせできるように作られるべきだった。例えば、自身が使用するアプリからの最新のお知らせを毎日正午にチェックできるようにユーザーが設定できるといった使い方だ。

または、ユーザーがインストールしたアプリから最新のニュースをチェックすることを選択できるニュースフィードのようなものをAppleがiOSアプリストアで提供するというのもありかもしれない。

あるいは、ユーザーが異なる集合の通知の中から選べるようにするノーティフィケーションプラットフォームをAppleが構築するというのも考えられる。この場合、セキュリティ流出についてのアラートのような緊急メッセージはトップに表示される一方で、通常の情報は異なる種の通知として送られるようにする。そしてアプリの重要度に基づき、ユーザーはどんな種のアラートを受け取りたいのかを選べるようにする。

これらは、多数ある可能な繰り返しのいくつかにすぎない。Appleのような企業は容易にさらなるアイデアを思いつくことができるだろう。しかし実際のところ、Appleのノーティフィケーションプラットフォームは端末の使用を増やすことを念頭に構築されている。そうではなかったというのは不誠実だ。

少なくともAppleは、当時の状況は違ったとか、頻繁にアラートが鳴るiPhoneが精神面でダメージを与えることがあるかもしれないと認識していなかったと認めることができたはずだ。そしてユーザーがコントロールできるようにすることでこの問題を解決するのにいかに取り組んでいるか、将来どうした取り組みを展開しようとしているのかを示せたはずだ。

その代わり、ユーザーがプッシュ通知を完全オフにするという防衛手段のみを選ぶしかない状況をつくった。今日では、ユーザーが新たなアプリをインストールするとき、ユーザーの大方はプッシュ通知に「ノー」と言う。通知をコントロールするAppleの新たなツールでは、ユーザーはどのアプリの通知を受け取るか積極的に分類している。

実際、これはクック氏が「実行している」といったことでもある。「もしあなたたちがこのようにしていなければ、つまりiPhoneを持っていながらプッシュノーティフィケーションのモニターをしていなければということだが、モニターすることを私は強く勧める」とクック氏は聴衆に提案した。

「個人的な体験だが、私はノーティフィケーションに夢中になり、そしてその数にうんざりした」と語った。「それは、自分自身に『1日に何千ものノーティフィケーションを受け取る必要が本当にあるのだろうか』と問い正したからだ。それは、私の生活に価値を付加するものでもなければ、私をより良い人間にするものでもなかった。だから私は使用をやめることにした」。
以下ソース
https://jp.techcrunch.com/2019/04/24/2019-04-23-tim-cook-wants-you-to-put-down-your-iphone/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556378889/


続きを読む

海でなくしたApple Watchが半年後に動く状態で見つかる

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/25(木) 12:39:51.53 _USER
00
サーフィン中に手首からするりと外れてなくなってしまったApple Watchが、6カ月後に無事動く状態で発見されたことが報じられています。

Apple Watch Lost at Sea Washes Up 6 Months Later and It Still Works | KTLA
https://ktla.com/2019/04/24/lost-apple-watch-ocean-still-works-6-months-later/

ロサンゼルスを中心とした地方ニュースを扱うKTLAによると、Apple Watchをなくしたのはサーファーのロバート・ベインターさん。ベインターさんは、サーフィンの名所として知られるハンティントンビーチでいつもApple Watchを使い速度の計測などを行っていたとのこと。

ニュース映像には、実際にベインターさんがApple Watchで取ったログがどういったものなのかも登場しています。

半年前、いつものようにApple Watchをつけてサーフィンをしていたベインターさんは、大波を越えたあとにApple Watchがなくなっていることに気付いたそうです。現地で1時間ほど探し回ったものの見つからず、ベインターさんは「iPhoneを探す」アプリでApple Watchの「紛失モード」をオンにしました。紛失モードになると、端末はロックされて操作できなくなり、ロック画面には拾った人向けのメッセージと連絡先を表示することができます。

ベインターさんはその後、半年にわたりビーチを訪れるたびにApple Watchを探しましたが、まったく見つけることができませんでした。ところが、「海岸で貝殻を探していた」という男性がApple Watchを発見し、紛失モードの画面を見てベインターさんに連絡。無事、Apple Watchはベインターさんの手元に戻ってきました。この男性がApple Watchを見つけたのは、ベインターさんが紛失した場所よりも北に3マイル(約4.8km)離れていたそうです。

すでに新しいApple Watchを購入済みだったベインターさんは、帰ってきたApple Watchがディスプレイこそ多少濁りがあったものの、問題なく動作する状態だったことに驚いたとのことです。
海でなくしたApple Watchが半年後に動く状態で見つかる - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20190425-apple-watch-lost/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556163591/


続きを読む

東プレ、キーボード「REALFORCE」シリーズに初のMac向けモデルを追加

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/04/15(月) 14:16:08.82 _USER
 東プレはこのほど、同社製キーボード「REALFORCE」シリーズのラインアップMac対応モデル「REALFORCE for Mac」計4製品を追加、販売を開始した。価格はいずれもオープンだ。

20190415-00000038-zdn_pc-000-1-view

REALFORCE for Macシリーズ

 静電容量無接点方式キースイッチを採用するキーボード「REALFORCE」シリーズのバリエーションモデルで、Mac標準のキーボードとほぼ同じ日本語配列(JIS)を採用しているのが特徴。またBoot Camp利用時向けに“半角/全角”キーを左上に備える他、切り替えによってWindowsキーボードと同じ操作が可能になるWin Mode機能も装備した。

 製品ラインアップは、変荷重(30g/45g/55gの3種)キースイッチを採用したスタンダードな「REALFORCE for Mac」シリーズと、全キー30gのキースイッチを用いた静音仕様の「REALFORCE SA for Mac」シリーズの2タイプを用意。それぞれカラーバリエーションとしてスーパーホワイトとブラックをラインアップした。

 またREALFORCE SA for Macシリーズは、キースイッチの反応位置を3段階にカスタマイズできる「APC(Actuation Point Changer)機能」を備える他、キーストロークの深さを調節できるキースペーサーを付属するなど、好みに応じたカスタマイズが可能となっている。

https://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1904/15/l_yk30028_02_rf.jpg
専用ユーティリティーを用いることで、CAPSLOCKとCONTROLキーの入れ替えやLED発光色の調節、任意のキーを無効化できる“キーロック”機能などを利用できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク
製品情報
http://www.realforce.co.jp/products/index_office_mac.html
REALFORCE
http://www.realforce.co.jp/

2019年04月15日 11時20分 公開
ITmedia PC USER
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1904/15/news073.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555305368/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ