SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:その他

SSD全盛時代でもHDDは死なず 。容量拡大は続きニアラインストレージとして生き残る

1: ノチラ ★ 2018/03/08(木) 18:29:52.59 _USER
 p1
「HDDはNANDフラッシュメモリーに駆逐されるんじゃないか。しばらく前には、そう思っていた。今は、当面はすみ分けられるだろうと考えている」。HDDメーカーから、こうした声が漏れ始めている。2016年から17年にかけて、NANDフラッシュメモリーの供給不足でHDDの需要が持ち直したことが一因だ。もう一つの理由は、HDDでなければならない用途が、少なくとも今後5〜10年は継続するとの予測である。

各社が期待するのは、「ニアラインストレージ」と呼ばれる使い方だ(図1参照)。コンピューターの記憶階層では、主記憶や外部記憶よりもさらに下に位置する。従来HDDが担ってきた外部記憶装置の座は、幅広い機器でNANDフラッシュメモリーや、それを内蔵したSSDに奪われつつある。

 ニアラインストレージは、SSDに格納しきれなかったデータを、その1つ下の階層で保存する。主にクラウド環境や企業の情報システムで活用される記憶装置である。

 日本HDD協会(IDEMA JAPAN)が17年1月に公表した予測によると、稼働中のストレージ装置の全容量のうちHDDが占める割合は15年に83%だったが、20年でも79%を維持するという。この5年に最も容量が拡大するHDDの製品分野がニアライン向けであり、今後はこの用途向けにHDDの大容量化が進みそうだ。課題は、より大容量の製品をこれまでと大差ない価格で提供できるかどうかである。

現在、ニアライン向けの3.5インチ型HDD 1台当たりの容量は最大14テラ(テラは1兆)バイト。米ウエスタンデジタル(WD)とシーゲート・テクノロジーが競い合うように、サンプル品を出荷している。両者の後塵を拝してきた東芝は、18年に14テラバイトの製品を量産する計画だ。HDD業界では、同クラスの製品の最大容量は20年ごろに20テラバイトになるとみられていた(図2)。

ところが、WDが頭ひとつ突き抜ける成果を17年10月に発表した。同社は、HDDの記録密度を大幅に高めるマイクロ波アシスト磁気記録(MAMR:Microwave Assisted Magnetic Recording)方式の実用化にめどをつけたという。この技術を適用した製品を19年に出荷し、25年までにデータセンターなどに向けた3.5インチ型HDDで40テラバイト以上を実現すると表明した(図3)。

 HDDの記録容量は既存の方式では頭打ちとなっていた。記録密度向上の原動力だった垂直磁気記録方式の効果が薄れてきたからだ。最近では装置に内蔵するディスクを増やしたり、装置の使い勝手が変わるSMR(瓦磁気記録)方式を導入したりして、装置当たりの容量を1年で2テラバイト程度増やすのが精いっぱいだった。

 この状況が変わる。WDはMAMR方式の導入で面記録密度を年率約15%増で増やし続けられると主張する。28年には60テラバイトを実現できる計算だ。WDはMAMR方式で面記録密度4テラビット/インチ2以上を達成できるとも表明している。現在の14テラバイト品がちょうど1テラビット/インチ2程度なので、容量に換算すると56テラバイト以上に相当する。

この発表がHDD業界にとって朗報なのは、競合するSSDとの価格差を長期間、維持できると見込めるからだ。記録密度が上がれば部品コストを変えずに容量が増えるため、容量当たりの価格は下がる。この結果HDDとSSDの価格差は28年ごろまで約10倍のままだという(図4)。NANDフラッシュ大手の米サンディスクを買収したWDの予測だけに、信ぴょう性は高いといえるだろう。
以下ソース
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/022800225/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1520501392/


続きを読む

おまえらNAS用にUPS導入してる?

1: 【東電 71.2 %】 (帝国中央都市) [EU] 2018/02/18(日) 01:09:31.46 BE:416336462-PLT(12000)
20170106220153_DSC-RX100M4

16日にメキシコで発生した地震のあと停電した建物の数はおよそ100万棟に上ると、同国の電力公社「連邦電力委員会(CFE)」のハイメ・エルナンデス社長が明らかにした。
16日夕方、メキシコ南部オアハカ州で地震が発生した。
​確定したデータによればマグニチュードは7.2、震源の深さは12キロ。
この地震後の余震の回数は200回近くに達し、最大の余震のマグニチュードは5.9となっている。
​この強い地震による犠牲者はいないものの、物的損害は出ていると州政府は発表している。

https://jp.sputniknews.com/incidents/201802174589555/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518883771/


続きを読む

2.5インチSSDが在庫販売中 実売価格は20万円

1: trick ★ 2018/02/15(木) 18:50:01.99 _USER9
実売価格は20万円、4TBのSamsung製2.5インチSSDが在庫販売中 (取材中に見つけた○○なもの) - AKIBA PC Hotline!
https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1106506.html
860 EVOシリーズ
森 篤司2018年2月15日 08:05
no title


 Samsungの最新SSD「860 EVO」シリーズの4TBモデル(型番:MZ-76E4T0B/IT)が、パソコン工房 秋葉原BUYMORE店で在庫販売中。店頭価格は税込198,000円で、在庫は1個。

 MZ-76E4T0B/ITは、64層V-NAND技術やSamsung MJXコントローラを採用したSATA 6Gbps対応のSSD。同シリーズ最大容量の4TBモデルで、耐久力の高さがウリとされています。主な仕様は最大リード速度が560MB/s、ライト速度が530MB/s、総書き換え容量(TBW)が2,400TB。

 このクラスの大容量SSDが店頭で在庫販売されることは珍しいので、興味がある人は店頭で確認してみてください。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518688201/


続きを読む

顔認証技術で容疑者発見、中国の警察がスマートグラスを導入

1: みつを ★ 2018/02/09(金) 08:42:22.45 _USER9
http://www.afpbb.com/articles/-/3161548?cx_position=13

2018年2月8日 23:35 発信地:北京/中国
【2月7日 AFP】中国の警察当局が、最先端の顔認証技術を用いて人混みなどで容疑者を発見できるハイテクのサングラスを導入している。

 このスマートグラスを導入したのは、中国中部・河南省(Henan)鄭州市(Zhengzhou)の警察当局。帰省客で交通機関が1年で最も混雑する旧正月に合わせて導入した。現在は鄭州駅の入口で警備に就いている警官4人が装着している。

 中国共産党の機関紙「人民日報(People's Daily)」によると、これまでに人身売買やひき逃げなどの容疑者7人の身柄を確保した他、偽の身分証明書を保持していた26人を摘発した。

 中国当局はデジタル技術を利用した監視システムの構築に力を入れており、このスマートグラスもその一環。そうした監視技術には、虹彩や指紋認証などさまざまな生体認証が使われている。こうした技術は急速に発展し、顔認証に関してはレストランやスポーツジムなどの商業施設や、公衆トイレなどにおいても需要がある。

 このサングラスにはスマートフォンに似た装置に接続されたカメラが付いており、容疑者と思われる人物の顔を撮影すると、警察本部のデータベースと照合されるようになっている。データベースは容疑者の氏名や民族、性別、住所といった個人情報を提供する他、撮影された人物が逃亡中の身なのかどうか、さらには宿泊しているホテルやインターネットの使用に関する情報も提供する。

 一方でこのプロジェクトに対しては、プライバシー侵害などを懸念する人権団体などから厳しい批判の声が上がっている。(c)AFP

https://cdn.vox-cdn.com/thumbor/zpHiHujpohfUk4PTCe8hocS2XJQ=/1200x0/filters:no_upscale()/cdn.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/10181619/0__2_.jpeg
no title

no title

no title

no title
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518133342/


続きを読む

cheero、5万mAhの大容量モバイルバッテリー発売

1: ノチラ ★ 2018/02/08(木) 17:12:02.79 _USER
no title

 ティ・アール・エイは2月8日、モバイルバッテリーブランド「cheero」で容量5万mAhのモバイルバッテリー「cheero Power Mountain 50000mAh」を発売した。価格は1万9800円だが、発売を記念し、Amazon、楽天、Yahoo!直販の価格は1万4500円(税込)。

 急速充電規格「USB Power Delivery」(100Wまでの給電を全てUSBケーブルで行える)に対応し、USB PDに対応した機器への高速充電が可能(最大40W)。3つの出力ポートを備える。本体もUSB PD対応アダプターを使い、約8時間で充電できるという。

本製品は三角形のおにぎり型で、タブレットなどを立てかけられる。衝撃に強いアルミケースで、LEDライトを搭載。アウトドアや非常時にも活用できるとしている。

 本体サイズはは100(幅)×100(奥行き)×90(高さ)ミリ、重量は860グラム。本体充電用USB Type-Cケーブル、デバイススタンド、防滴カバーが付属する。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/08/news095.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1518077522/


続きを読む

「電磁波は危険」電磁波過敏症の方がワイヤレスマイクをギュaッと握りしめ電磁波の危険性を訴える

2: (埼玉県) [US] 2018/01/24(水) 21:55:21.78 BE:241972511-2BP(1000)

https://twitter.com/itallmatuzaki/status/955969152224706560
no title

「電磁波過敏症」の著者・大久保貞利さんがワイヤレスマイクで電磁波問題の講演。言っていることとやっていることが…。
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1516798513/


続きを読む

充電機に大革命!10メートル圏内を無線充電するデバイス登場

1: ニライカナイφ ★ 2018/01/19(金) 19:16:53.57 _USER
◆充電機に大革命!10メートル圏内を無線充電する凄いデバイス

充電機に大革命が起きそうだ。
アメリカの無線充電技術会社オシア(Ossia)が9日〜12日までラスベガスで開催された世界最大IT家電博覧会CES2018にて凄いバッテリーを披露した。
「フォーエバーバッテリー」という名前で、CESで各賞を受賞したこの製品は独自のRF充電技術(コタ/Cota)を利用して、スマートフォンっやノートパソコンなどのバッテリーを遠隔から充電可能だという。

このバッテリーはWi-Fiと同じ2.4Ghz帯域の電波を使用しており、10メートルまでなら無線充電可能。
これはこれまで出てきたリモート充電技術の中で最も遠く広い距離だ。

今後は5.8Ghz帯域の電波を使用できる技術も研究しており、より広範囲を同時に充電できるようになる。
このフォーエバーバッテリーそのものは持ち運んで外出先で充電も可能。
ほかのワイヤレスデバイスとの干渉は一切ないという。
オシアはこの技術は監視カメラやスマートロック、温度調節装置、全ての機器に電源が供給できるという。

更にCotaCloud(コタクラウド)と呼ばれるプログラムを利用して、各種機器を監視し、制御も可能。こ
れは普通の電子機器をスマート機器に変えることができるのだという。

写真:
no title


ゴゴ通信 2018/01/19 11:31:13
http://gogotsu.com/archives/36357
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1516357013/


続きを読む

メモリ―価格下落で市場は戦々恐々

1: みつを ★ 2018/01/19(金) 08:48:32.66 _USER
free_m
https://jp.reuters.com/article/memory-chip-idJPKBN1F60TZ

2018年1月18日 / 05:48 / 26分前更新
[ソウル 15日 ロイター] - 足元で一部のフラッシュメモリー価格が突然下落したことなどから、半導体メモリーの好況が少なくともあと1年は続くと見込んでいた投資家を不安に陥れている。

半導体メモリー市場は2016年半ば以降空前の好調が続いてきた。より多くのデータを蓄積できる強力な半導体を必要とするスマートフォンやクラウドサービスの需要が力強い成長を続けたおかげで、昨年だけで70%近く市場が拡大。供給面でも、長年にわたる業界再編を経て1990年代半ばに20社前後あったサプライヤーがごく少数に絞られ、抑制が効くようになった。

ただ昨年第4・四半期にはスマホに広く使われているハイエンドのフラッシュメモリーの価格が約5%落ち込み、一部のアナリストは現在、半導体業界の今年の成長率は前年の半分未満の30%まで下振れると予想している。

こうした状況を受け、先週にはサムスン電子(005930.KS)の株価が7.5%下落し、ライバルのSKハイニックス(000660.KS)も6.2%値下がりした。

もっともアナリストによると、半導体市況が急に暴落する公算は乏しく、今年は比較的安定的に推移するはずだ。30%というのは、変動が激しいことで知られるこの業界としてはなお力強い成長率で、過去最長の拡大局面自体は続いている。

韓国ユアンタ証券のアナリスト、Lee Jae-yun氏は「需要が引き続きしっかりしていて、サーバーからの買い意欲が維持されるなら」今年のフラッシュメモリーの価格下落は緩やかにとどまりそうだと予想する。
(リンク先に続きあり)
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1516319312/


続きを読む

Razer,ワイヤレスマウスを充電から解放するシステム「HyperFlux」発表。マウス側にはバッテリーを搭載せず軽量化

1: ノチラ ★ 2018/01/11(木) 02:38:10.73 _USER
no title

 北米時間2018年1月9日,Razerは,ワイヤレスマウス「Razer Mamba HyperFlux」(以下,Mamba HyperFlux)と,Mamba Hyperfluxへワイヤレス給電できるマウスパッド「Razer Firefly HyperFlux」(以下,Firefly HyperFlux)のセットと発表した。価格は249.99ドル(税別)で,世界市場では2018年第1四半期中の発売予定となっている。

両製品は,ワイヤレスマウスを常時給電できる技術「Razer HyperFlux Wireless Power Technology」(以下,HyperFlux)を利用して,Mamba HyperFluxをケーブルによる給電から解放する。この説明でピンときた人もいると思うが,要するに今回の新製品は,Logitech G(日本では「Logicool G」)の「POWERPLAY Wireless Charging System」(以下,POWERPLAY)と対応マウスからなるシステムの,Razer版というわけである。

ただし,POWERPLAYと一点大きく異なるのは,Mamba HyperFluxがバッテリーを搭載しない点だ。POWERPLAYのように「操作が止まっている間に充電する」のではなく,HyperFluxでは常時給電を行うため,Mamba HyperFluxの本体公称重量は約96gと,Mamba 2016の同125gと比べて,圧倒的な軽量化を実現できている。

右手用形状で,第5世代とされるレーザーセンサー「16000 DPI 5G Laser Sensor」を搭載し,メインボタンのクリック感を調整する機能「Click Force Technology」を採用するのは,ワイヤレス&ワイヤード両対応マウスで,Mamba HyperFluxのオリジナルと言っていい「Razer Mamba」2016年モデル(以下,Mamba 2016)と同じ。ただし,バッテリーを省略する過程でデザインの変更が入ったのか,Mamba 2016にあった側面のLEDはなくなり,左右メインボタン周りのデザインが変わり,本体左側面にはワイヤレスモードとワイヤードモードを切り換えるためと思しきスイッチも追加になっていたりする。
 公称サイズも70.1(W)×124.7(D)×43.2(H)mmとMamba 2016の同70(W)×128(D)×42.5(H)mmから変わっているので,形状は従来モデルと比べて新しくなったという理解でいいだろう。
http://www.4gamer.net/games/023/G002318/20180110005/TN/006.jpg
http://www.4gamer.net/games/023/G002318/20180110005/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1515605890/


続きを読む

SDカード、小型品の販売が拡大

1: ノチラ ★ 2018/01/09(火) 20:19:26.45 _USER
125d4263-a28b-4a1f-bf7e-d1aa271c117d
画像データの保存に使うSDカードのうち、大きさが通常の半分以下の小型品(マイクロSDカード)の売れ行きが伸びている。スマートフォン(スマホ)で画像や動画を写す機会が増え、データを保存する小型媒体の需要が高まっている。

 売れ筋は容量が16ギガ(ギガは10億)バイト〜32ギガバイトのカードが中心だ。都内の家電量販店には高画質な動画撮影に対応できるタイプの32ギガバイト品が1個2700〜6400円で並…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25463900Z00C18A1QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1515496766/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ