SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:サムスン

インドのスマホ市場--シャオミがサムスンから首位の座を奪うまで

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/13(月) 12:57:12.64 _USER
 5年前には、世界的大手でインドでも人気を博していたサムスンが、インドのスマートフォン市場でトップの座から陥落するとは想像もできなかっただろう。サムスンのブランド認知は見事だった。流通は巨大で、製品は意欲的だった。にもかかわらず、当時はほとんど知られていなかった小米科技(シャオミ)という中国企業が静かにインド市場に入り込み、2016年には市場の基盤を確保したのだ。それまでインドでは、シャオミの存在は中国でほど注目されておらず、実際、「貧乏人の『iPhone』」という呼び名が広まるほどだった。

no title

スマートフォンを利用する人

 シャオミの戦略で肝になったのが、オンラインでのフラッシュセールだ。
Xiaomi's Mi3 sold out in 5 seconds, says Flipkart - The Economic Times(英文)
https://economictimes.indiatimes.com/tech/hardware/xiaomis-mi3-sold-out-in-5-seconds-says-flipkart/articleshow/39250575.cms
その戦略は実に見事で、廉価モデル「Redmi」はインドの消費者の間で大歓迎された。
These 4 Xiaomi mobile phones account for 26% of all smartphone sales in India(英文)
https://www.livemint.com/Technology/a2j0Jdan6FDbWWcCzpn27O/These-4-Xiaomi-mobile-phones-account-for-26-of-all-smartpho.html
100〜200ドルという価格でありながら、500ドルクラスの人気スマートフォンに搭載されていそうな機能をすべて備えていたため、インド市場でたちまちセンセーションを巻き起こすことになった。
Xiaomi: The Chinese brand dominating India's smartphone market - BBC News(英文)
https://www.bbc.com/news/world-asia-india-50135050
市場シェアも増え始めて2016年には3%に達したが、それでもシェア25%を占める巨鯨サムスンの前には、まだ小魚にすぎなかった。インドでは、ごく一部でしかオンライン化が進んでおらず、まして、インターネットで買い物をする消費者は少なかったため、オンライン限定だったシャオミは、変わった企業としか認識されなかった。型破りでやや安く、そしてサムスンと同じ土俵に立ってさえいないという印象だ。

 そんな状況が、明らかに一変した。しかも急速に。現在、シャオミはインド市場のおよそ28%を飲み込み、シェア25〜26%のサムスンを抜いている。もちろん、どこがどこより上位か、などと計算するのは、目まぐるしく変化するコモディティー製品の世界ではあまり意味がない。コモディティー化が進んでいる製品の大半は、カメラ、プロセッサー、ゴリラガラスなど、すぐに調達してそのまま使えるパーツで組み立てられている。市場の専門家は、スマートフォン市場を評価するときに出荷台数を基準にするが、一般の人が基準にするのは、スマートフォンの価値だ。今日のトップが、明日には後れをとっている可能性はある。それでも、シャオミは容赦のないマシンのように市場シェアを着実に伸ばしつつあり、一方のサムスンは、数パーセントの上下を繰り返しながら、おおむね同じシェアにとどまっているというのが現状だ。これほどの短期間に、ここまでの大変動が起きたのは、いったいなぜなのか。

 すぐに思いつく答えは、価格だろう。今では、インド市場の66%以上が中国メーカーのスマートフォンで占められている。だが、インドの消費者も目を疑うほどの低価格で、魅力的なスマートフォンを最初に投入したのは、シャオミだ。消費者は、Flipkartなどのサイトに殺到し、早い者勝ちのクリック合戦を運よく勝ち抜いてシャオミのスマートフォンを手に入れようとした。なにしろ、わずか8秒間で、オンライン店舗から数万台が消えたのだ。
India Smartphone Market Share: By Quarter - Counterpoint Research(英文)
https://www.counterpointresearch.com/india-smartphone-share/
75,000 Redmi Note Units Go Out of Stock in 8 Seconds, Says Xiaomi | Technology News(英文)
https://gadgets.ndtv.com/mobiles/news/75000-redmi-note-units-go-out-of-stock-in-8-seconds-says-xiaomi-632140

>>2 へ続く

2020年01月13日 07時30分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35147636/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578887832/


続きを読む

サムスンが開発した「人造人間」公開へ

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/07(火) 21:34:47.27 _USER
サムスン電子が世界最大の家電見本市「CES2020」で「人造人間(Artificial Human)」プロジェクトを公開する。

5日(現地時間)の関連業界によると、サムスン電子の子会社STARラボズは7日、米ラスベガスで開幕するCES2020で人造人間プロジェクト「NEON」を紹介する予定だ。

NEONプロジェクトは天才科学者として知られるインド出身のプラナフ・ミストリー・サムスンリサーチアメリカ専務が主導している。サムスンリサーチアメリカはサムスン電子の米国研究開発(R&D)組織。

ミストリー専務は4日、ツイッターを通じてNEONに活用されたソフトウェア「コアR3」を紹介した。コアREは映画、テレビ、インターネットなどで活用できる仮想キャラクターを創作、編集、操縦するソフトウェア。コアR3で制作したNEONのキャラクターを公開し、「キャラクターが自ら感情を表現して動き、対話などをする」と説明した。「我思う、ゆえに我あり」という意味のラテン語(Cogito,ergo sum)をツイッターに載せたりもした。NEONが人工知能(AI)アルゴリズムを適用した人造人間であることを示唆したという分析が出ている。
no title

https://japanese.joins.com/JArticle/261250
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578400487/


続きを読む

韓国・サムスン 『日本が泣いて謝って来ても、もう遅い』

1: オセロット(大阪府) [US] 2020/01/02(木) 17:14:23.62 BE:784885787-PLT(15000)
53528f22-s

サムスン、脱日本スピード戦 「謝って来てももう遅い」

http://www.gasengi.com/main/board.php?bo_table=commu&wr_id=1086422
サムスン電子高位関係者
「脱日本化」は取り返しのつかないほど具体的に進んでいる。
日本企業が謝って来てももう遅い状況だ。
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577952863/


続きを読む

黒枠のないテレビ登場…サムスン、ベゼルないQLEDテレビ公開

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/30(月) 20:08:58.11 _USER
サムスン電子が来年初めに米ラスベガスで開催される消費者家電見本市CES2020で枠(ベゼル)がないテレビを公開する。固定型部品が必要ないよう液晶(LCD)パネルと本体を強力にくっ付けた形態だ。来年、サムスン電子のQLEDテレビラインナップにも含まれて販売される予定だ。

◆枠なしテレビ、2020年のサムスン新商品

家電業界によると、サムスン電子映像ディスプレー(VD)事業部は、枠のないテレビをキム・ヒョンソク消費者家電部門長(社長)をはじめとする主要経営陣に見せた。2020年のサムスンテレビのラインナップのうち最高仕様の「Q9」シリーズ、マージンが多い65インチ以上の製品から順に枠なしテレビを生産する計画という。画面上段の枠にカメラを内蔵するスマートフォンと比べると、テレビは枠がないデザインを実現させるのが容易だ。

最近ゼロ(0)ベゼルを標ぼうするテレビが登場したが、枠が全くないテレビはサムスンが初めてとなる。中国シャオミが11月に出した4K画質の「Mi TV5」は「ベゼルレス(枠がない)デザイン」を強調したが、実際には製品上段と左右のベゼルが1.8ミリ、下段ベゼルは1.6センチだった。

サムスン電子は枠なしテレビと共に80インチ台の家庭用マイクロLEDテレビもCES2020で初めて公開する計画だ。マイクロLEDは壁に小型LEDを一つずつくっ付ける形式のディスプレー。パネルが必要なLCDテレビ、有機発光ダイオード(OLED) テレビとは異なる形態だ。サムスンVD事業部は今まで100インチ以上の超大型マイクロLEDテレビだけを販売してきたが、今後マイクロLED市場を拡大するために80インチ台まで量産製品を増やすとみられる。

◆LGが攻撃の8K鮮明度、CES基準に合わせて高める

サムスン電子はCESを主管する米国消費者技術協会(CTA)から8K認証を受けるため、これまで論議を呼んできた画質鮮明度(CM)値を50%以上に引き上げたテレビを来年のCESで公開する見通しだ。今年下半期に入ってLGエレクトロニクスは「サムスンの2019年型8KテレビのCM値は12−18%にすぎず、国際標準(50%以上)を満たしていない」と主張している。CTAも「8KディスプレーのCM値は最小50%以上でなければいけない」という立場を明らかにした。

CES2020でサムスン電子のキム・ヒョンソク消費者家電部門長は基調演説をする。1月6日午後6時30分(現地時間)、サムスン電子の生活家電未来ビジョンをテーマに演説する。半導体と部品事業を総括する金己男(キム・ギナム)副会長、モバイル事業を担当する高東真(コ・ドンジン)社長はCES期間中、ラスベガスで主に非公開形式のバイヤーミーティングに参加するという。
no title

https://japanese.joins.com/JArticle/261025
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1577704138/


続きを読む

韓国サムスン電子、ファウンドリー事業強化へ−TSMC追撃目指す

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/12/23(月) 16:38:57.96 _USER
dsvds-1x-1
→10年で1160億ドルの投資を計画、カスタムチップ事業の利益に期待
→ファウンドリー市場でTSMCが半分強のシェア、サムスンは18%

テクノロジー大手企業の間では人工知能(AI)のタスクやサーバーパフォーマンス、モバイルバッテリーの寿命など、あらゆるものを最適化するため、独自の半導体を設計する動きが広がっている。グーグルには「テンソル・プロセッシング・ユニット(TPU)」、アップルには「A13バイオニック」、アマゾン・ドット・コムには「グラビトン2」といったプロセッサーがあるが、これら企業には各社が目指す新たな半導体を製造する工場がない。

  そうした中、サムスン電子は向こう10年で計1160億ドル(約12兆7000億円)の事業投資を計画。半導体微細化の次の段階、極端紫外線(EUV)と呼ばれるプロセスに多額の資金を投じている。これは同社がこれまで試みた製造面のアップグレードで最もコストが高いだけでなく、メモリー半導体の量産という確立されたビジネスから脱却し、2500億ドル規模のファウンドリー(受託生産)およびロジック半導体分野で既存のリーダーを追い抜こうという危険な賭けでもある。

  同社のファウンドリー事業担当エグゼクティブバイスプレジデント、ユン・ジョンシク氏は最近ソウルで開催されたフォーラムで、「新たな市場が開けている」 と指摘。 「アマゾンやグーグル、アリババなど半導体設計の経験に乏しい企業はサービスを向上させるため、独自のコンセプトを持った半導体の製造を目指している。これが当社の非メモリー半導体事業に大きな飛躍をもたらすと考えている」と語った。

  ただ、サムスン電子は半導体受託生産という成長分野で比較的劣勢。トレンドフォースのデータによると、ファウンドリー市場のシェアは半分余りを台湾積体電路製造(TSMC)が握り、サムスンは18%。

  サムスンは今後10年にわたり年間約100億ドルを機器や研究・開発に投じる計画だが、TSMCはさらに野心的で、今年と来年に140億ドル前後の設備投資を行う方針だ。

原題:
Behind Samsung’s $116 Billion Bid for Chip Supremacy(抜粋)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-12-23/behind-samsung-s-116-billion-bid-for-chip-supremacy

Sohee Kim
2019年12月23日 15:44 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-23/Q2Y0PBDWX2PS01
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1577086737/


続きを読む

Samsungの折りたたみスマホ「Galaxy Fold」の販売台数が100万台を突破

1: ムヒタ ★ 2019/12/13(金) 11:47:01.53 _USER
せvs00
SamsungのYoung Sohn社長が、折りたためるスマートフォン「Galaxy Fold」の販売台数が100万台を突破したと発表しました。

ドイツで開催されたTechCrunch Disrupt Berlinというカンファレンスで登壇したSohn社長は、ステージごとに統計情報を公開し、「この製品を2000ドル(約22万円)で使用したいという人が100万人います」とコメントしました。

Galaxy Foldは2019年2月に発表されて以降、発売までの紆余曲折でも話題になったスマートフォンです。発売間近の2019年4月にはテクノロジー系メディア向けにレビュー用端末が配布されたのですが、「その日のうちに壊れた」という報告が複数挙がり、ディスプレイの耐久性の低さが問題視されることに。

これについてSamsungは「レビュー用端末の問題」であるとして、設計上の問題はないとコメント。しかし、最終的にディスプレイに問題があることを認め、発売日を延期することとなりました。

その後、Galaxy Foldは設計上の改善を遂げて2019年10月25日(金)に発売されることに。GIGAZINE編集部でも実機を入手してレビューしており、以下の記事を読めばどんな端末に仕上がっているかがわかるはず。

なお、SamsungはGalaxy Foldに続く折りたたみ型スマートフォンとして、「縦折り型スマートフォン」のコンセプトを発表しています。
2019年12月13日 10時30分
https://gigazine.net/news/20191213-samsung-sold-1-million-galaxy-fold/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1576205221/


続きを読む

1位サムスン、2位ファーウェイ、3位アップル、4位シャオミ、5位OPPO 怖いか?

1: ニクス(大阪府) [JP] 2019/12/11(水) 07:22:23.10 BE:454032396-2BP(2000)

国内・世界のメーカー別スマホシェア
no title


中国シャオミが日本上陸 アジアで人気、5Gにらむ

世界スマートフォン市場4位の中国IT大手シャオミ(小米科技)は9日、東京都内で記者会見し、新製品「Mi Nоte 10(ミー・ノート・テン)」を16日からネット通販アマゾンジャパン(東京)で売り出す、と発表した。

中国スマホメーカーの日本市場参入は昨年2月の「OPPO(オッポ)」などに次ぐ。低価格を武器にアジアを中心とする人気スマホの相次ぐ上陸で、国内勢などとの競争が一段と激しくなりそうだ。

12/10(火) 19:02
時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00010000-jij_graph-bus_all
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1576016543/


続きを読む

海外ITメディア「サムスン・LGの家電が最高」

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/09(月) 17:46:31.83 _USER
20191201-00000000-yonh-000-0-view
サムスンとLGの家電が海外で「最高の製品」という評価を受けている。

サムスン電子が8日に明らかにしたところによると、ドイツの製品評価専門メディアETMは最近の評価でサムスンの洗濯機に95.7点で最高等級(very good)を付けた。高い水・電気使用効率性を考慮し「エネルギーウィナー」にも選定した。サムスン独自技術の「エコバブル」の優秀な洗濯力が高い点数を受けた。

米IT専門メディアのデジタルトレンドは先月、「最高のドラム洗濯機」と「最高の全自動洗濯機」にサムスン電子の製品を選定した。ドラム洗濯機「フレックスウォッシュ」は2つの洗濯スペースがあり衣類を便利に洗濯できるということが長所に選ばれた。

LGエレクトロニクスの冷蔵庫は米消費者メディアのコンシューマーリポートが選定する「最高の冷蔵庫」に名前を上げた。コンシューマーリポートは「LGエレクトロニクスの3ドアフレンチドア冷蔵庫はエネルギー効率を除いたすべてのテストで最高の性能を見せた」とした。
https://japanese.joins.com/JArticle/260319
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575881191/


続きを読む

サムスンが開発中の「クラムシェル型スマホ」は約9万円との情報

1: ムヒタ ★ 2019/12/05(木) 12:08:31.29 _USER
5727
 サムスンは、「Galaxy Fold」を1980ドル(日本での価格は税込24万5520円)で発売して以来、クラムシェル型折りたたみ式スマートフォンの発売を示唆している。だが、2020年に新たな折りたたみ式スマートフォンの発売を目指しているのは、同社だけではなさそうだ。韓国のThe Korea Heraldは現地時間12月2日、サムスンとLGエレクトロニクスの2社が、2020年に新しい折りたたみ式スマートフォンを市場に投入する予定だと報じた。

 The Korea Heraldが匿名の業界情報筋の話として報じたところによると、サムスンは2月ごろにクラムシェル型スマートフォンを「Galaxy S11」と同時に発表し、8月に第2世代の「Galaxy Fold」を発表する予定だという。クラムシェル型スマートフォンの価格は100万ウォン(約9万1000円)程度になるとみられている。

 さらにLGエレクトロニクスも、同社初の折りたたみ式スマートフォンを2020年に発売する見込みだと、The Korea Heraldは報じている。こちらのデザインは「Huawei Mate X」に似たものになるという。

 サムスンのGalaxy Foldは発売時につまずきを見せたものの、2020年には折りたたみ式スマートフォンが次々と登場しそうだ。Motorolaは、従来型の折りたたみ式携帯電話に似た新しいクラムシェル型スマートフォン「razr」を、2020年1月から1500ドル(約16万3000円)で発売する。TCLや小米科技(シャオミ)などの他のスマートフォンメーカーも、2つ折り式や3つ折り式など、さまざまなフォームファクターの折りたたみ式デバイスを試作しているところだ。
2019年12月05日 11時50分
https://japan.cnet.com/article/35146408/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1575515311/


続きを読む

第3四半期スマートフォン販売は0.4%減--ファーウェイやサムスンは好調

1: ムヒタ ★ 2019/11/27(水) 11:56:35.92 _USER
 えvshuawei-logo-23_1280x960
Gartnerが米国時間11月26日に公開した新たなレポートによると、2019年第3四半期のスマートフォン総販売台数は前年同期比で落ち込んだものの、華為技術(ファーウェイ)とサムスンは、販売台数を伸ばした。消費者がデバイスにより高い価値を求めていることなどが寄与したようだ。

 レポートによると、2019年第3四半期のスマートフォン販売台数は前年同期比で0.4%減少した。サムスン、ファーウェイ、OPPOの3社は販売台数を伸ばしたが、Appleは10.7%減となった。

 Gartnerのシニアリサーチディレクターを務めるAnshul Gupta氏は、声明で「今日のスマートフォンユーザーが高価格帯より中価格帯を選ぶのは、後者が価格以上の価値を提供するからだ」と述べた。「さらに、5Gネットワークへの対応がより多くの国に広がることが待たれるなか、スマートフォンユーザーは購入の判断を2020年まで先送りにしている」

 第3四半期にスマートフォン販売台数を最も伸ばしたのはファーウェイで、前年同期比26%増の6580万台だった。中国企業であるファーウェイは、安全保障やセキュリティをめぐって米政府が禁輸措置を発動するなど、困難な状況が続く側面もある。

 またGartnerは、ブラックフライデーが第4四半期の消費者のスマートフォン需要を喚起すると予想している。
2019年11月27日 11時13分
https://japan.cnet.com/article/35145985/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1574823395/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ