SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:サムスン

サムスン電子、今年の営業利益「半減」か

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/17(月) 16:12:42.87 _USER
img_3f118e4d7b40512e2fe2122dfe5a0f7b591679
サムスン電子の業績を支える半導体とスマートフォン事業の競争力が揺らいでいる。米中貿易紛争の余波などによりスマートフォンとメモリー半導体の需要が減り、今年のサムスン電子の営業利益は昨年の58兆8900億ウォンの半分にも満たないとの見通しが出ている。半導体不況は来年まで長期化する可能性まで提起されている。

サムスン電子高位関係者は16日、「4−6月期に入り半導体事業をめぐる外部環境が急速に悪化している。会社内部でもメモリー半導体の業況が年末まで回復しないだろうとの意見が多数」と話した。彼は「今年と来年の半導体事業戦略をすべて組み直している」と付け加えた。サムスンはこうした内部見通しを来月の4−6月期業績発表会の際に株主と投資家に説明する計画だという。サムスン電子は4月末の1−3月期業績発表会当時だけでも「4−6月期には需要の段階的な回復傾向を期待する」(メモリー事業部チョン・セウォン副社長)としていた。

市場でも楽観論は見つけるのが難しい。グローバル市場調査会社のDRAMエクスチェンジは7日、当初前四半期比10%と予想した7−9月期のDRAM平均販売価格(ASP)下落幅を10〜15%に修正した。10−12月期もこれまでの下落幅予想値の2〜5%より大きい10%の下落を予想する。PC業界を中心に取引されるDRAM固定価格(DDR4・8Gb基準)は5カ月連続で大幅に下がり最近は4ドルを割り込んだ。

半導体業界は今後景気見通しが不透明になれば昨年の半導体スーパー好況を牽引したサーバー顧客も今年計画した投資を先送りする可能性があるとみている。米中貿易紛争の余波により中国でアップルのiPhone販売が減る点も負担だ。

ファーウェイ問題で利益が予想されたスマートフォン事業も期待ほどの成果を出せないという観測が提起されている。スマートフォン市場全体で成長が鈍化している中でトップ企業間の価格競争が激しくなり収益性が急落するとみられる。

サムスンの戦略製品である「ギャラクシーS10」シリーズも前作に比べ善戦したが当初期待した販売台数には満たなかったという。「世界トップ技術」のリーダーシップを見せるために発表したサムスン電子の折りたたみ式スマホ「ギャラクシー・フォールド」は品質問題が起きた。

サムスン電子の高東真(コ・ドンジン)IM(IT・モバイル)部門長(社長)が先月31日に「発売日程を数週間以内に正式発表する予定」としたが正確な日程はまだ出せずにいる。
https://japanese.joins.com/article/500/254500.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1560755562/


続きを読む

MacBook Pro似のノートPC「Notebook 7」をサムスンが発表

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/08(土) 20:53:06.82 _USER
fddfindex
韓国サムスンは新型ラップトップ「Notebook 7」を発表しました。その外見は、どことなく米アップルのMacBook Proを連想させるデザインに仕上がっています。

13.3インチモデルと15.6インチモデルが投入されるNotebook 7は、本体にメタルフレームを採用。本体側面を斜めにカットすることで、持ち上げたり置いたりしやすい設計となっています。本体の厚さは17.9 mmと、MacBook Proよりは若干分厚く仕上がっています。

キーボードはバックライト付きで、15インチモデルはMacBook Proとは異なりテンキーも用意されています。さらに、カーソルキー近くには指紋認証キーも搭載。まるで「Touch ID」のように、各種ログインなどに利用できます。

本体スペックは最新ラップトップらしく、CPUは第8世代のCoreプロセッサを搭載。RAMは最大16GB、内蔵SSDは最大512GBが選択可能です。ディスプレイ解像度は、どのモデルもフルHD(1920x1080ドット)です。

こちらは、ブラックバージョンの「Notebook 7 Force」。ソリッドな質感が実に洗練されており、もしMacBook Proにブラックモデル(スペースグレーではなく)が登場したら、このような外見になるのかもしれません。

Notebook 7とNotebook 7 Forceまず韓国と香港向けに投入され、その後年内にアメリカやブラジルにも展開されます。また、Notebook 7は中国でもリリース予定です。
https://media-mbst-pub-ue1.s3.amazonaws.com/creatr-uploaded-images/2019-06/f2fbad90-888c-11e9-8cbf-95600e2030a9
https://japanese.engadget.com/2019/06/07/macbook-pro-pc-notebook-7/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559994786/


続きを読む

杉田水脈「中韓は技術で日本に勝てないから攻撃してくる」 サムソン、ハーウェイ「お、おう?????」

1: 名無しさん@涙目です。(ジパング) [KR] 2019/06/08(土) 16:21:27.73 BE:425021696-2BP(1500)
181207001

映画『主戦場』
https://spyboy.hatenablog.com/entry/2019/04/22/
杉田によると
『従軍慰安婦問題の陰には中国が居る。
中国や韓国は日本のような優れた技術を持つことができないので、バッシングすることで日本製品をアメリカから追い出そうとしている』
そうです(笑)。
主張の内容も根拠も??ですが、この場面ではさすがに場内で失笑が起こります。
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559978487/


続きを読む

サムスンとAMDが提携、スマホにRadeon GPU技術の活用目指しタッグ

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/06(木) 20:15:24.46 _USER
dims
米AMDと韓国サムスン電子は、複数年にわたる戦略的パートナーシップを締結すると発表しました。その一環として、AMDのグラフィックス技術を活用したスマートフォン向けチップセットをサムスンが開発します。

AMDはPC向けGPUで世界シェアトップ2社の一角で、ゲーム専用機やクラウドプラットフォーム向けの製品も展開しています。一方、モバイル向けの製品では2009年にクアルコムにImageonプロセッサ事業を売却して以来、同社の製品ラインナップでは空白となっています。AMDにとっては、サムスンとの提携により、モバイル領域での空白を補完することになります。

技術供与の対価として、サムスンはAMDに対し技術ライセンス使用料を支払います。Bloombergによると、この対価は数億ドル相当となる見込みです。

5月末に開催された「COMPUTEX TAIPEI 2019」にて、AMDは次世代GPUマイクロアーキテクチャ「RDNA(Radeon DNA)」を発表しています。今回の提携によりAMDはこのRDNAアーキテクチャのIP(知的財産)をサムスンに提供します。

AMDが同アーキテクチャを活用して設計するPC向けGPU「Radeon RX 5000」は、ゲーム向けグラフィックスに最適化された製品で、6月に米国で開催されるゲーム展示会E3にて詳細が公表されます。

RDNAアーキテクチャの詳細は明らかにされていませんが、従来比で1クロックあたり25%、消費電力1Wあたり50%の高速化を図ったとしています。AMDいわく「超低消費電力でハイパフォーマンス」が特徴がRDNAアーキテクチャですが、そもそも15W〜65W電源で動作するPC向けに設計されている技術。モバイル向けに展開するには、消費電力を5W以下に抑えつつも、高いパフォーマンスを維持する必要があります。

サムスンはモバイル向けチップセット(SoC)として「Exynos」を設計・開発しています。このチップセットの将来製品に搭載されるGPUがRDNAアーキテクチャをベースとしたものになると見られます。

ちなみに、Exynosシリーズの競合製品となるクアルコムのSnapdragonシリーズには「Adreno」というGPUが組み込まれています。このAdrenoはAMDが売却したImagenプロセッサを発展させたもので、Adrenoの名称はAMDの「Radeon」のアナグラムとなっています。

AMDにとっては、サムスンへのライセンス供与でモバイルチップセット市場に10年ぶりに再参入する格好となり、かつての売却した事業と競合することになります。
https://japanese.engadget.com/2019/06/04/amd-radeon-gpu/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559819724/


続きを読む

なぜ日本企業はサムスンどころか中国企業にも抜かれるようになったか

1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/06/02(日) 00:27:18.13 ● BE:151915507-2BP(2000)
1

中国、「信頼できない」企業のリスト策定へ−華為への措置に対抗

中国は、国内企業の利益を害すると判断した企業を標的とするため、「信頼できない」企業のリストを作成する。華為技術(ファーウェイ)に対する米国の措置に対抗するもので、数千社の外国企業に影響する可能性がある。

  中国は市場規則に従わず契約に違反して供給を停止したり中国企業の合法的利益を大きく損なう行為をしたりする外国企業と団体、個人の一覧を策定する仕組みを整備すると、
商務省の高峰報道官が述べた。リストに載った企業などに対しては「必要な措置を取る」とし、詳細は近く発表すると付け加えた。

  米政府はファーウェイによる米国での機器販売や米企業からの購買を妨げる措置を取り、米中の貿易戦争は関税以外にまで広がった。

  高報道官の説明は具体的な部分に踏み込んでいないが、アルファベット傘下のグーグルやクアルコム、インテルなど米国のテクノロジー企業に加え、
ファーウェイへの部品供給を停止した米国外の企業も対象となる可能性がある。日本の東芝や、ソフトバンク傘下の英アームもこれに当てはまる。

  ソシエテ・ジェネラルの大中華圏担当エコノミスト、ミシェル・ラム氏は「パナソニックや東芝など、
ファーウェイへの供給カットを表明した企業は脅かされるだろう。国際的企業にとって大きな打撃となる可能性がある」と述べた。

  高報道官によると、リストには中国の「安全保障に対する脅威となる、またはその可能性のある」企業も含まれる。リストを策定するのは「国際経済と貿易の規則および多国籍間の貿易システムを守り、
一方的な行動や保護主義に反対し、中国の国家安全保障と社会、国民の利益を保護するためだ」と同報道官は述べた。

続く
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-31/PSD5286JIJUP01
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559402838/


続きを読む

サムスン、「Galaxy Note10」はヘッドホンジャック非搭載か

1: ムヒタ ★ 2019/05/31(金) 09:50:37.12 _USER
galaxy-note-10-galaxy-s10-5g
 サムスンはこれまで、主力スマートフォンにヘッドホンジャックを搭載してきたが、「Galaxy Note10」で廃止する可能性があるという。

 Android Policeは米国時間5月30日、「同社の計画に詳しい」情報筋の話として、Note10は3.5mmのヘッドホンジャックを搭載しないと報じた。電源と音量の物理的なボタンもなくなり、圧力検知エリアで置き換えられるという。「Google Pixel 2」や「HTC U11」のスクイーズ機能に似たものとなるかもしれない。

 サムスンは、うわさや憶測にはコメントしないと述べた。

 Appleは2016年に、「iPhone 7」のリリースとともに3.5mmのヘッドホンジャックを廃止し、話題を集めた。GoogleやOnePlus、華為技術(ファーウェイ)もヘッドホンジャックを廃止したが、サムスンは搭載し続けていた。ますます多くの端末メーカーがより洗練されたデザインを追求する中で、物理的なボタンも徐々に姿を消す方向に向かっているようだ。
2019年05月31日 09時29分
https://japan.cnet.com/article/35137789/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559263837/


続きを読む

iPhoneXS ギャラクシーS10プラス Xperia1 どれ買えばいいんや?

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [ニダ] 2019/05/28(火) 21:16:30.03 ● BE:659060378-2BP(8000)

アンドロイド
スナドラ855

ギャラクシーS10プラス

画像
no title


Xperia1

画像
no title


iPhoneXS MAX

画像
no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1559045790/


続きを読む

日の丸スマホ、XPERIA1と世界のスマホ、GalaxyS10の比較が酷い

1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/05/25(土) 12:09:11.65 ● BE:151915507-2BP(2000)
CaNC3FO

イヤホンジャック
Galaxy S10 / S10+ あり
XPERIA 1     なし

ワイヤレス充電
Galaxy S10 / S10+ あり
XPERIA 1     なし

顔認証
Galaxy S10 / S10+ あり
XPERIA 1     なし

画面内指紋認証
Galaxy S10 / S10+ あり
XPERIA 1     なし

バッテリー容量
Galaxy S10 3300mAh
Galaxy S10+ 4000mAh
XPERIA 1  3200mAh


RAM
Galaxy S10 / S10+ 8GB
XPERIA 1     6GB

ストレージ
Galaxy S10 / S10+ 128GB
XPERIA 1     64GB

重さ
Galaxy S10 158g
Galaxy S10+ 175g
XPERIA 1  178g

厚さ
Galaxy S10 / S10+ 7.8mm
XPERIA 1     8.2mm

価格
Galaxy S10 89,424円(ドコモ)
Galaxy S10+ 101,088円(ドコモ)
XPERIA 1  103,032円(ドコモ)

https://www.docomo.com/2019夏モデル
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558753751/


続きを読む

サムスン、箱形に折りたためるディスプレイでデザイン特許を取得

1: ムヒタ ★ 2019/05/24(金) 13:50:57.97 _USER
 サムスン電子の「Galaxy Fold」が発売延期になり、ファーウェイ(華為技術)の「Huawei Mate X」にも米国の禁輸措置が影を落とし、折りたたみスマートフォンの雲行きが怪しくなってきた。

 しかし、折りたたみ技術に関するアイデアはLGエレクトロニクスによる透過式ディスプレイ搭載デバイスの特許、Samsung Displayによるクルクル丸められるディスプレイの特許、サムスンによる2カ所で折れ曲がるスマートフォンのデザインパテント(意匠特許)など、盛んに提案されている。

 そんななか、Samsung Displayは箱形に折りたためるディスプレイを考案。米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間5月7日にデザインパテント「DISPLAY DEVICE」(特許番号「US D847,814 S」)として登録された。出願日は2017年9月28日。

 このデザインは、3カ所で折れ曲がる長方形の薄いディスプレイに関するもの。広げた状態だと一般的な平面ディスプレイだが、折り曲げると直方体状に変形する。平面ディスプレイとして全面に情報を表示し、直方体でも複数の面に表示ができる。

no title

no title


 ディスプレイの長辺部分には、「のりしろ」のような形状のものが飛び出している。のりしろ部分の表面には電極のようなものが描かれているものの、その機能は不明だ。

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。
2019年05月24日 13時00分
https://japan.cnet.com/article/35137379/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558673457/


続きを読む

サムスン、多数のヒンジでクルクル丸められるディスプレイを考案--特許取得

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/15(水) 00:58:10.60 _USER
久し振りに登場した新しいフォームファクターで注目されたサムスン電子の折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」だが、画面に問題が生ずるとして発売が直前に延期されてしまった。Galaxy Foldを調査したiFixitは、繊細なOLEDとホコリ侵入を許す構造がトラブルにつながったと分析している。

 Galaxy Foldの発売時期は目処が立たないものの、曲げられるディスプレイの応用についてはさまざまなアイデアが検討されている。たとえば、Samsung Displayはクルクル丸められるディスプレイの技術を考案。この技術を米国特許商標庁(USPTO)へ出願したところ、米国時間4月30日に「ROLLABLE DISPLAY DEVICE」(特許番号「US 10,274,995 B2」)として登録された。出願日は2017年8月10日、公開日は2018年3月1日(公開特許番号「US 2018/0059727 A1」)。

 この特許は、曲げることが可能なディスプレイとプリント基板を組み合わせた表示デバイスに関する技術を説明したもの。ディスプレイなどを支持する部分には複数のヒンジが設けられ、各ヒンジが曲がることでさまざまな形へ変えられるようにしている。

 一部のヒンジだけを曲げると、クラムシェル型ノートPCやGalaxy Fold、レノボのプロトタイプ「ThinkPad X1」といった形態で使える。また、多くのヒンジをそれぞれ曲げると、巻物のように丸めてコンパクトにできる。

特許文書では、こうした変形機構を実現させるのに必要な内部構造などが、細かく定義されている。

 なお、特許とは、技術的アイデアの権利保護を目的とした公的文書である。登録されて成立しても、実際の製品やサービスで利用されるとは限らない。さらに、アイデアの存在を公知の事実にする目的で出願され、登録に至らず公開止まりになるものも少なくない。
no title

https://japan.cnet.com/article/35136899/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557849490/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ