SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:サムスン

飛行機から落ちたスマホ(Galaxy S5)、一部始終を動画で記録していた

1: ひぃぃ ★ 2017/08/18(金) 11:39:56.52 _USER9
まるでドキュメンタリー映画のよう。

スマホを落としてしまうって悪夢ですよね。画面バリバリに割れて...なんて想像するだけで悲しくなりますが、飛行機から落としてしまったら絶望です。ところが、飛行機から落ちても割れて壊れるどころか、ずっと動画を撮り続けたSamsung GALAXY S5が存在しました!

何がどうしてそうなったかというと、Blake Hendersonさんという男性が飛行機に乗って窓を開けて向かいに飛んでいる飛行機の撮影をしていると、風に煽られてスマホを落としてしまいます。約305メートルの高さからのフリーフォールです。グルングルン回って急下降。そして、庭掃除をしている誰かさんの庭にドスン。ご覧ください。

着地後は流れ移ろう雲をじーっと虚しく撮影するGalaxy S5。そして最後は刈った芝生と一緒に集められてしまってますね。哀愁さえ漂います。このスマホを見つけた庭の人が持ち主を探して返してくれて、甥っ子さんがGalaxy S5が撮影した一部始終をYouTubeにアップしたという経緯でした。果たして画面はバリバリだったんでしょうか? 芝生に守られてセーフだったんでしょうか? どちらにしても、よくぞ生きていてくれた!という感じですね。

画像
no title


動画

https://youtu.be/EJxCuAUsKzE



2017年8月17日 18時0分 ギズモード・ジャパン
http://news.livedoor.com/article/detail/13485456/
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503023996/


続きを読む

サムスン電子、日本のスマホ市場で大きく成長…シェア3位

1: ノチラ ★ 2017/08/09(水) 11:51:26.93 _USER
20151118-06328451
サムスン電子がギャラクシーS8の興行に後押しされ、日本のスマートフォン市場でもシェアを拡大させることに成功した。

8日、市場調査企業ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、4−6月期におけるサムスン電子の日本市場シェアは8.8%(約70万台)を記録して、上位3位に入った。前年同期は3.8%だったことから、1年で倍以上シェアを伸ばしたことになる。

1位と2位はそれぞれアップル(41.3%)とソニー(16.3%)。サムスンに続いて4位と5位を占めたメーカーはシャープ(6.3%)と富士通(6.1%)だった。アップルは4−6月期市場シェアが前期比10%ポイント下落した。反面、サムスン電子をはじめソニー、シャープ、富士通はシェアが上昇した。

サムスン電子の市場シェアは2013年中盤には10%以上を記録していたが、昨年は3.4%まで落ち込んでいた。
http://japanese.joins.com/article/166/232166.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502247086/


続きを読む

半導体、24年ぶり首位交代 サムスンがインテル抜く

1: ノチラ ★ 2017/07/28(金) 19:57:29.33 _USER
55index
2017年4〜6月の世界半導体市場で24年ぶりに首位が交代した。米インテルは27日、17年4〜6月期連結売上高が前年同期比9%増となったと発表。47%増収となった韓国サムスン電子の半導体部門を下回った。サムスンはサーバー向けの記憶媒体に使う半導体が好調で、17年通年でも首位に立つ可能性がある。

 インテルの連結売上高は約148億ドル(約1兆6600億円…
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC28H2D_Y7A720C1EA1000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501239449/


続きを読む

韓国 サムスン電子 半導体の売り上げ好調で最高益に

1: ノチラ ★ 2017/07/27(木) 23:02:20.70 _USER
net
韓国のサムスン電子が先月までの3か月間の決算を発表し、スマートフォンやサーバーなどに使われる半導体の売り上げが好調だったことなどから、営業利益が日本円にしておよそ1兆4000億円と、過去最高になったとしています。
韓国のサムスン電子は27日、ことし4月から先月までの第2四半期の決算を発表しました。それによりますと、本業のもうけを示す営業利益は、14兆700億ウォン(日本円でおよそ1兆4000億円)と去年の同じ時期より73%増え、四半期としては過去最高になりました。

サムスン電子によりますと、スマートフォンやサーバーなどに使われる半導体の売り上げが好調で、半導体事業の営業利益は去年の同じ時期と比べおよそ3倍になったということです。また、ことし4月から販売を開始した新型のスマートフォン、「ギャラクシーS8」の売れ行きも好調だとしています。

サムスン電子の業績は去年、スマートフォンのバッテリーから火が出る不具合が相次ぎ、世界でおよそ300万台を回収するリコールを行ったことから、一時、大幅な減益となりましたが、去年10月以降は業績が持ち直していて、ことしの下半期についても全体として改善が続くという見通しを示しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170727/k10011076971000.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501164140/


続きを読む

新型iPhoneが売れれば売れるほど「サムスンが儲かる」という話

1: ノチラ ★ 2017/07/13(木) 09:55:18.03 _USER
b2ec0e876228cc5301861435fdfb3c34
サムスンが過去最高の営業利益を達成しようとしている。スマホ史上最悪の大失態と呼ばれたGalaxy Note7の発火問題から1年も経たずして、サムスンは業績を回復させ、その利益額はアップルを追い抜くと見られている。

7月7日、サムスンは2017年4-6月期(第2四半期)の暫定決算を発表。営業利益は前年同期比72%増の14兆ウォン(約1兆3700億円)に上る見通し。一方、アップルが来月発表する4-6月期決算の営業利益は106億ドル(約1兆2000億円)と見込まれており、サムスンの営業利益はアップルを約1700億円上回ることになる。

サムスンの業績好調の主要因は半導体事業で、同社の営業利益の6割を稼ぎ出したと見られている。また、新モデルGalaxy S8の成功も一定の寄与を果たしたようだ。

このニュースを聞いた一部のアップルファンの間からは「年内に発売されるiPhone 8で、再びアップルが反撃に出るはずだ」との見方も浮上している。

しかし、仮にiPhone 8が好調なセールスを記録した場合、それはサムスンの営業利益をさらに増大させる結果につながる。何故ならiPhone 8に搭載されるOLEDパネルはサムスンの製品だからだ。iPhone 8が売れれば売れるほど、それはサムスンの利益を増やすことにつながる。

アップル側としてはもちろん、スマホ事業で競合するサムスンを利する結果を招きたくはない。しかし、OLEDディスプレイの製造分野では事実上、サムスンの一強状態にあり、アップルはサムスンに頼らざるを得ないのが現実なのだ。

OLEDディスプレイの製造分野でサムスンに対抗しうる唯一のメーカーは、サムスンと同じ韓国企業のLGだ。テック業界の一部からは「アップルがLGとパートナーシップを結び、iPhone向けのOLEDディスプレイを製造させようとしている」との噂が盛んに浮上している。

しかし、筆者が信頼を置く情報筋からの話では、LGに対してはグーグルからも新型スマホ向けのOLEDパネル製造のオファーが来ているという。消費者が好む好まざるに関わらず、スマホ業界の未来はサムスン、LGという韓国企業のテクノロジーに委ねられているのが現実なのだ。
https://forbesjapan.com/articles/detail/16917
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499907318/


続きを読む

「製造業世界一」サムスン電子。経営学の教科書にも登場する伝説の出発点

1: ノチラ ★ 2017/07/10(月) 16:03:52.57 _USER
img_9ecc3b4b7d0ddbbf73a37860e128a022148135
大韓民国の産業史で最も重要な選択に数えられる決断がある。サムスン創業者、故イ・ビョンチョル会長の「東京宣言」だ。1983年2月、東京に滞在していたイ会長がソウルに電話をかけた。

「本日を期にサムスンは半導体に投資することを決めた」

経営学の教科書にも登場する韓国半導体神話の出発点だ。米日のライバル企業はダンピングでサムスンを締め付ける作戦に出た。しかし、厳しい「チキンゲーム」で勝ち残ったのはサムスン電子だった。ライバル数十社を全て打ち破り、最後の勝者になった。

サムスンが得意とするのは速度戦だ。64キロビットのDRAM生産ラインは「東京宣言」からわずか10カ月で完成した。その10カ月後には256キロビットのDRAMラインをつくり、ライバル企業を驚かせた。単にスピードという言葉では足りず、「超スピード経営」と呼んだ。リスクを恐れに思い切った賭けでもライバルを圧倒した。80年代半ばの半導体不況時にサムスンがライン増設に乗り出すと、米国はそれをまるで「真珠湾攻撃」だと書いた。無謀だという意味だ。しかし、サムスンの真珠湾攻撃は大成功を収めた。

サムスン電子の第2四半期(4−6月)の営業利益が製造業で世界トップを記録した。半導体好景気を追い風に14兆ウォンの営業利益を上げ、初めてアップルを超えた。IT界の「ビッグ4」と呼ばれるフェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの合計よりも多い額だ。韓国にも品目別の世界トップはたくさんある。70年代には韓国産のかつらがそうであったし、2000年代に入ると造船業が頂点に立った。しかし、サムスン電子は製造業全業種を通じて世界トップという点で次元が異なる。「製造業の王の中の王」になった形だ。

半導体生産ラインは地球上で最も高価な工場だ。ライン1本に数兆ウォンがかかる。それゆえに「ドルを燃やして半導体を作る」とまで言われた。月給制の経営陣では容易に投資の決断を下せない。サムスンの半導体神話はオーナー体制だからこそ可能だったとも言われる。現在の好況は数年前に李健熙(イ・ゴンヒ)会長が工場を増設しておいたおかげだ。金融危機のさなかにも華城工場に約26兆ウォンを投資した。当時の投資が現在の半導体のスーパーサイクルに的中した。

サムスン電子はこのほど、超大型投資計画を発表した。半導体・ディスプレーに37兆ウォンを投資する内容だ。2位との差を広げ、格差を保とうという戦略だ。今回の投資の最終決定者は李在鎔(イ・ジェヨン)副会長だった。投資計画の発表日にも李在鎔副会長は法廷にいた。贈収賄事件をめぐる裁判だ。世界トップの企業の名誉にはそぐわない容疑だ。彼の獄中における決定が韓国半導体産業の運命を左右する状況となった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/10/2017071000396.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499670232/


続きを読む

サムスン営業益最高に 4〜6月72%増、半導体好調

1: ノチラ ★ 2017/07/07(金) 12:10:35.17 _USER
1
 【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子が7日発表した2017年4〜6月期連結決算の速報値は、営業利益が14兆ウォン(約1兆3700億円)と前年同期比72%増えた。四半期ベースで過去最高となった。スマートフォン(スマホ)やサーバーに載せる半導体メモリーが好調だったとみられる。昨夏に品質問題が起きた自社製スマホも新機種を中心に堅調だったもようだ。

売上高は18%増の60兆ウォン。韓国の証券アナリストの推定では、半導体部門の営業利益は7兆ウォンを超えたとの見方が多い。4〜6月期の純利益や事業部門別収益は今月下旬発表予定の確報値で公表するが、半導体部門は前四半期(1〜3月期)に続いて四半期ベースで最高益を更新した可能性が高い。

 サムスンは、DRAMとNAND型フラッシュという用途の異なる2つのメモリーで世界首位。どちらも成長するスマホやサーバー需要に供給が追いつかず、価格が上昇して利益が出やすくなっている。

 中でもサムスンにとっては、DRAMが稼ぎ頭。同社は4日にNANDの韓国工場に計約20兆ウォンの設備投資をすると発表。採算の良いDRAMで稼ぎながら、東芝と競うNANDの競争力向上策を進めるのが足元の半導体の構図だ。

 アナリストによると、自社製スマホを主体とする「IT&モバイル部門」の営業利益は4兆ウォン程度だったとみられる。4月に発売した最新の旗艦機種「ギャラクシーS8」が寄与した。S8の出荷は発売後約3週間で1000万台を超えるなど順調な滑り出しをみせている。

 サムスンはグループを事実上率いる李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が、朴槿恵(パク・クネ)前大統領側への贈賄の罪などで2月に起訴された。公判のため経営の指揮を直接取れない状況にあるが、会社は主要部門のトップを中心に業績を伸ばしている。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC07H17_X00C17A7EAF000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1499397035/


続きを読む

Galaxyが爆発 リチウムイオン電池が原因か

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [EU] 2017/07/02(日) 06:40:26.17 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
4歳児の手の中で突然、Galaxy J7(2016年モデル)が爆発するという事件が発生しました。
端末を手にしていた子供を含む2名は無事だったとのことです。
Samsungは昨年、Galaxy Note 7でバッテリーを原因とした爆発事故が相次いだことを受け、対象端末のリコールを発表しています。

ゲーム中に端末が爆発
被害にあったナウリーン・アーサンさんによれば、娘のGalaxy J7で4歳になる甥がペット育成ゲーム「My Talking Tom」をプレイしていると、端末が急に発熱して爆発したそうです。

爆発したGalaxy J7とされる画像からは、リチウムイオン電池が膨張していることが分かります。
今回の事件が一体何によって発生したものなのかは不明ですが、リチウムイオン電池は過度な衝撃を与えられると発火する特性を備えており、航空機内では持ち込みが制限されることもあるほどです。

4歳児がゲーム中突然Galaxy J7が爆発 リチウムイオン電池が原因か
http://news.livedoor.com/article/detail/13278285/
no title
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498945226/


続きを読む

執念さえ感じるGalaxy S8とS8+のデザインに感服。他のスマホが陳腐に感じるほどのデザイン

1: ノチラ ★ 2017/06/27(火) 18:03:23.23 _USER
no title

毎年この時期になると、各社からスマホの新モデルが続々登場する。今シーズンの目玉は、なんといっても韓国サムスン製の「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」だろう。ベゼルを極端に狭く設計しており、見るからに「今までのスマホとは違うぞ」と思わせる。

 今回はこの2製品を借りることができたので、第一印象をレビューしていくことにする。なお、個人的にGalaxy S8を購入したので、1カ月ほど使い込んでから、使用感を詳しく紹介していこうと思っている。

他のスマホが陳腐に感じるほどのデザイン
サイズに関してはともかく、このデザインには感服する。左右のベゼルを細く仕上げたモデルはもはや珍しくないが、上下のベゼルをここまで削り込むのだからすごい。もう、執念さえ感じる設計だ。「発火問題など吹き飛ばすほどのデザインを作り上げよう」と、心血注ぐ様が伝わってくるかのようだ。

 旧モデルと同様、背面のガラスも美しく、光が当たると角度によって表情をコロコロと変える。非常に高級感があって、手に持っていて嬉しくなる。背面のデザインはシンプルとは言えないが、カメラの出っ張りもほとんどなく、非常に美しい。

 本体サイドは金属で、こちらの仕上げも完璧だ。今購入できるスマホの中で最高に美しいモデルであることは疑う余地がない。

現実よりも美しい?
ディスプレイは液晶ではなく有機EL(QHD+Super AMOLED)だ。この鮮やかさは何物にも代えがたい。僕は前モデルのGalaxy S7 edgeを愛用してきたが、画質の良さは1年間使い続けても、見る度に素晴らしいと感じていた。

 何よりすごいのが、締まった黒。通常液晶はバックライトが光って、黒い部分はシャッターが閉じるような仕組みで光を通さなくしている。そうして黒く見せるわけだ。対して、有機ELはドットそれぞれが自発光していて、黒い部分は消灯してる。だから黒が引き締まる。液晶とは黒の黒さがまったく違う。無論、自発光だからこそ発色も鮮やかだ。

 解像度は驚異的な2960×1440ドットだ。特にGalaxy S8は画面サイズが小さい上に解像度が高いので、非常に美しく感じる。画面を最高輝度にして、カメラで撮影しようとプレビューを見ると、現実世界よりも美しく感じるほどだ。いや、感じるのではなく、間違いなく現実より美しい。機会があったら、店頭で最高輝度にして試してほしい。

 ディスプレイ脇がアールを描いているエッジスクリーンも、ディスプレイが美しく感じる理由の1つになっている。立体感というか、浮き出るような感じが素晴らしいのだ。
以下ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/051900125/062500122/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1498554203/


続きを読む

Samsung、64層256Gb V-NANDフラッシュの量産を開始 〜2017年下半期に搭載SSDなどを投入

1: ノチラ ★ 2017/06/19(月) 14:16:40.98 _USER
no title

 Samsung Electronicsは15日(韓国時間)、256Gbの64層V-NANDフラッシュ量産開始を発表した。

 64層V-NANDチップは第4世代V-NANDにあたるもので、2017年末までに64層V-NAND生産を月間NAND生産の50%以上に拡大する予定。同社では1月より主要顧客向けに64層V-NAND搭載SSDを出荷しており、今回の量産開始以降、SSDのほか、組み込み用UFSメモリ、外部メモリカードなどを2017年後半より投入する見込み。

 同チップは、現行NANDフラッシュで最速となる1Gbpsのデータ転送速度を謳うほか、48層3bit 256Gb V-NANDフラッシュの約1.5倍、10nmクラスのプレーナNANDの約4倍となる、500μsという業界最速のtPROG(ページプログラムタイム)を達成したとしている。

 64層256Gb V-NANDでは、既存の48層256Gb V-NANDと比較して、30%以上の生産性向上を実現し、電圧が3.3Vから2.5Vに下がり、約30%のエネルギー効率向上を謳う。セルの信頼性も約20%向上しているという。

 同社によれば、3D CTF (Charge Trap Flash)構造に基づき64層セルアレイを実現しており、チャネルホールの内側を原子的に薄い非導電性物質で均一に覆うことで、性能と信頼性が向上したより小さなセルが作成できたとする。

 また同社では、64層V-NANDの成功により、90層以上のセルアレイをスタックした、1チップで1Tb以上の大容量V-NANDチップの実現に必要な基本技術を確保したとしている。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1065996.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497849400/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ