SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:サムスン

Galaxy Note9にAQUOS R2… 「冷えるスマホ」が流行 ゲーミングに威力

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/13(月) 02:31:24.50 _USER
086index
スマホで「冷却性能」が一つのトレンドになりつつあります。

サムスンの最新モデル「Galaxy Note9」ではCPUに新たな冷却機構を採用。それに先駆ける形のシャープも夏スマホの「AQUOS R2」で冷却性能を大幅に強化しています。
発熱によるクロックダウンを防ぐ
その背景にあるのが、スマホゲームのリッチ化です。最近は「フォートナイト」や「PUBG Mobile」のように、かつてはゲーミングPCでしか遊べなかった3DCGゴリゴリのFPSゲームを、スマホでプレイするユーザーが増えています。

そこで問題になるのが発熱です。リッチな3DCGゲームを長時間プレイしていると、スマホの本体が段々と発熱してきます。するとオーバーヒートを防ぐためにSoCがクロックダウンし、ゲームなどで本来のパフォーマンスを発揮できない場面が生じるのです。一部のユーザーは外付けの「スマホ冷却ファン」で発熱を防ぐ工夫をしていますが、モバイル性が犠牲になってしまうことは否めません。

そこで威力を発揮するのがスマホ自体の冷却性能というわけです。サムスンは「Galaxy Note 9」でCPU冷却用のカーボンを追加し、発熱を抑えてゲームを安定して遊べる「ゲーミングスマホ」としての魅力を訴求。シャープも「AQUOS R2」で冷却性能を強化し、CPUのピーク性能を長く維持できるとアピールします。
https://japanese.engadget.com/2018/08/10/galaxy-note9-aquos-r2/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1534095084/


続きを読む

サムスンもAIスピーカー

1: ムヒタ ★ 2018/08/10(金) 09:05:28.10 _USER
 韓国サムスン電子は9日、音声を使った人工知能(AI)「ビックスビー」に対応したスピーカー「ギャラクシーホーム」を発表した。高音質を特長としている。発売時期や販売地域は明らかにしなかった。

 AIスピーカーは米アマゾン・コムや米グーグルが先行。米アップルも今年2月に参入し、販売競争が激化している。

 ギャラクシーホームは丸みを帯びたデザインで、6つのスピーカーや8つのマイクを搭載。「はい、ビックスビー」と呼び掛けて起動し、音楽を再生する。スウェーデンの音楽配信大手スポティファイのサービスを利用できる。

 サムスン幹部は9日にニューヨークで開いた発表会で「コンサート会場にいるかのような体験ができる」とアピールした。(共同)
no title

2018.8.10 07:33
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180810/bsb1808100733002-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533859528/


続きを読む

Galaxy Note9が発表! 6.4型の本体にBluetoothペンを内蔵

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/10(金) 02:21:15.40 _USER
no title

 サムスン電子は8月9日(現地時間)、ニューヨークで新製品発表イベントを開催し「Galaxy Note9」を発表しました。専用のスタイラスペン「Sペン」を内蔵する大型ディスプレー搭載端末の最新モデルで、Galaxy Noteシリーズ初となる機能が数多く搭載されています。

画面は大きくなったが本体の上下は短く
 Galaxy Note9のディスプレーサイズは6.4型で解像度は1440×2960ドット。Galaxy Note8の6.3型よりさらに大型化しています。本体サイズは76.4×161.9×8.8mmで、重量は201g。Galaxy Note8が74.8×162.5×8.6mm、191gでしたから、ディスプレーがサイズアップしたにも関わらず上下方向は短くなっています。ディスプレーは左右が曲面仕上げのエッジデザインで上下のベゼル幅を薄くした、Galaxy Sシリーズと同様のインフィニティーディスプレイを採用しています。
no title


 背面はカメラ周りのデザインを変え、デュアルレンズの右にLEDフラッシュ、心拍計を並べています。指紋認証センサーはカメラ周りの下に位置し、レンズ部分への誤タッチを防ぎます。

本体上部にはSIMスロットを備えます。スロットはnanoSIM+microSDのハイブリッド仕様。microSDは最大512GBまで対応します。本体512GBに512GBのmicroSDを装着すると、合計で1TBのストレージを利用することが可能になります。

 本体下部はUSB Type-C端子の左に3.5mmヘッドフォンジャック、右にスピーカーと内蔵スタイラスペン「Sペン」が収納されます。本体の厚みはGalaxy Note8より0.2mmほど増えていますが、ヘッドフォンジャックを引き続き搭載しているのはうれしい仕様です。
no title


 本体左側面はボリュームボタンとBixbyボタンが並びます。Galaxy Note8と同じですが、ボタンの位置はやや上に移動しています。そして右側面には電源ボタンが配置されます。
http://ascii.jp/elem/000/001/723/1723489/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533835275/


続きを読む

Galaxy Watch発表。うわさの新スマートウォッチはLTE接続と数日間駆動可能なバッテリー搭載

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/10(金) 02:22:23.08 _USER
no title

ニューヨークで開催中のサムスンのイベントGalaxy Unpackedより。Galaxy Note9が発表されたGalaxyシリーズスペシャルイベントでは、新型スマートウォッチとして、ウワサのGalaxy Watchも発表されました。円形ベゼルを採用し、42mmと46mmの2サイズをラインナップします。

予め用意されるウォッチフェイスデザインはなんろ6万種類。軍用グレードの耐久性を備え、風防にはゴリラガラスを採用しました。また防水機能も備えます。
とはいえ、これらはすべてGear Sportが備えている特徴とかぶるものばかり。Galaxy Watchの特徴は、LTE通信機能を備えるところと、長時間駆動可能なバッテリーだと、サムスンのマーケティング担当シニアディレクターのElina Vives氏は説明します。
no title


さらに、心拍計を利用したストレスマネージメント機能「Connected Health」を搭載。ストレスマネージメントは、ユーザーの心拍数を追跡計測し、大きな動揺などを検出した際に呼吸を落ち着かせるなどのガイドをユーザーに提供します。
心拍計を使った機能としては「Ultimate Personal Trainer」もあり、最大6つのエクササイズを自動的に検出、エクササイズ方法のガイダンスを提供。また、睡眠監視機能も備えます。
https://japanese.engadget.com/2018/08/09/galaxy-watch-lte/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533835343/


続きを読む

サムスン半導体投資減額の衝撃、バブルの陰りは東芝メモリにも?

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/09(木) 20:19:19.28 _USER
img_68b00fb1146c047085ec85912862a74c44307
半導体フラッシュメモリーの活況はピークアウトを迎えたのだろうか──。

 世界規模で半導体市場がバブル化する中、業界をけん引する韓国サムスン電子が2018年のNAND型フラッシュメモリーの投資計画を減額したことが分かった。

 半導体製造装置業界を中心に衝撃が走っており、英調査会社IHSマークイットは18年のサムスンのNAND型フラッシュメモリー投資額の予測を約30%も引き下げ、76億ドル(約8300億円)に下方修正した。17年の113億ドル(約1.2兆円)に比べても大幅な減額だ。

 世界半導体市場統計(WSTS)によると、17年の世界半導体市場規模は16年比22%増の4122億ドル(約45兆円)で過去最高だったが、その原動力がフラッシュメモリーだ。サムスンは巨額資金を三次元(3D)構造のメモリーを中心とする設備に投入し、17年の世界シェアを38.7%に引き上げて2位の東芝メモリの16.5%を突き放した。

 東芝メモリも、主力の四日市工場で3Dメモリーの設備投資を増強し、2ヵ所目の拠点となる北上新工場の建設を開始するなど、サムスンに対抗して投資額を増やしてきた。IHSによれば、17年の投資額は、協業する米ウエスタンデジタルとの合算で50億ドル(約5500億円)。18年もこの水準を維持するのか、それともサムスンに続いて投資を減額するのか、半導体業界全体が注視している。

背景には、今年初めから続くフラッシュメモリー価格の下落がある。サムスンは17年に3Dメモリーの量産で先行したが、今や東芝メモリ、韓国SKハイニックス、米マイクロン・テクノロジーなど業界全体が相次ぎ量産に参入。さらに、中国で紫光集団が総額3兆円のメモリー工場を年内にも稼働させる見込みで、価格競争は激しさを増している。

 ある東芝メモリ幹部は、「サムスンさんは17年に投資を激しくやり過ぎたので調整を入れているようだが、市況全体に変化はない」と冷静さを崩さないが、「モノ不足だった17年は顧客も二重発注したのでバブルが起こったが、それが修正されつつあるのは確か」と認める。

 もっとも、米アップルが株主でもある東芝メモリは、今秋の新型iPhoneに向け、再びフラッシュメモリーの出荷拡大が期待できる場面だ。だが、スマートフォンの需要はピークアウトを迎えつつあり、あらゆるものがネットにつながるIoTや、ビッグデータでばら色の未来が語られてきたデータセンター向けの需要も出荷実績が試される局面に入ってきた。

 急速に意識され始めた半導体メモリーのバブルの終焉。半導体の主役を演じてきたフラッシュメモリーの投資環境は曲がり角を迎えている。
https://diamond.jp/articles/-/176560
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533813559/


続きを読む

サムスンが180兆ウォン投資へ 2020年までの3年で

1: ムヒタ ★ 2018/08/08(水) 15:17:41.55 _USER
えfindex
 【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子は8日、2020年までの3年間に設備投資と研究開発費の合算で180兆ウォン(約18兆円)を投資すると発表した。17年までの3年間の投資額と比べて10兆ウォン上積みする。主力の半導体メモリーなどを対象に大型投資を続ける方針を示した。半導体やパネルの製造装置に強い日本の産業界の成長につながる可能性がある。

 サムスンは設備投資と研究開発費の内訳を公表していないが、投資総額のうち「100兆ウォン以上は設備投資に充てる」(同社)という。メモリーや有機ELパネルの比率が高いとみられる。サムスンのグループ会社が計画する投資も一部含むとした。

 次世代通信規格「5G」に対応した通信インフラ設備やバイオ、人工知能(AI)や自動車部品といった新規事業の育成に25兆ウォンを投じる。

 サムスンは事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領への贈賄罪などに問われ、17年2月に逮捕・拘束された。18年2月の控訴審判決で執行猶予刑を受けて釈放されたが、トップの不在が続いた影響で成長戦略が停滞している。5Gやバイオなどをメモリーやスマートフォンに次ぐ収益柱に育成したい考え。
2018/8/8 15:07
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33947210Y8A800C1TJ1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533709061/


続きを読む

サムスンをけん引 半導体45%営業増益

1: ラテ ★ 2018/07/31(火) 14:02:40.83 _USER
3210493
2018年7月31日 10:06 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33600950R30C18A7EAF000/

【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子が31日発表した2018年4〜6月期の連結営業利益は14兆8700億ウォン(約1兆4720億円)で、前年同期に比べ6%増えた。主力の半導体がけん引する構図が続く。同社は、米IT(情報技術)大手などの「サーバー向け高機能メモリーの需要が旺盛」と説明した。

売上高は4%減の58兆4800億ウォン。半導体以外のスマートフォン(スマホ)事業や家電事業、ディスプレー事業が振るわなかった。

半導体部門の営業利益は11兆6100億ウォンと45%拡大し、7四半期連続で過去最高を更新した。サムスンが世界首位のDRAMが値上がりした。下半期は「(米アップルなどの)新型スマホの発売で需要拡大が続く」との見通しを示した。

一方で、自社製スマホを主体とする「IT&モバイル」部門の営業利益は34%減の2兆6700億ウォンだった。3月に発売した旗艦機種「ギャラクシーS9」が伸び悩み、販売費用がかさんだ。高精細の有機ELパネルなどを製造するディスプレー部門は1400億ウォンと92%の大幅減益。有機ELは黒字で、テレビ向け大型液晶パネルが赤字に転落したもようだ。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533013360/


続きを読む

サムスン 「ノッチ付きスマホ使ってるやつバカすぎワロタwww」

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [US] 2018/07/30(月) 11:50:36.73 ● BE:324064431-2BP(2000)
sdfindex

Samsung、iPhoneユーザーをザワつかせるノッチ全否定の新CMを公開

またですか…。

今やスマートフォンの画面上部のノッチは当たり前の存在となりましたが、そんな潮流には絶対乗らないSamsung(サムスン)が、前作に続きまたしてもノッチを馬鹿にするCMを公開。今回もだいぶ攻めてます。

CMの舞台は、どう見ても某Apple直営店。そして店舗スタッフ(がっつりAppleのロゴ入り)がお客さんとノッチについてあれこれ議論をしていると、そんな2人をじっと見つめているノッチの髪型をした3人家族が……! 蛇足ですが、子供はノッチの髪型が結構似合っている気もしちゃいますけど。流行ったら面白い。

ところでなぜ今回は3人家族なのかですが、これは3モデルが登場する新型iPhoneのすべてにノッチが搭載されるであろうことを皮肉っているのでしょう。僕はノッチは特に嫌いじゃない(むしろ分厚いベゼルのほうが嫌)のですが、みなさんはいかがですか?


https://www.youtube.com/watch?v=FPhetlu3f2g


https://www.gizmodo.jp/2018/07/samsung-notch-cm.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1532919036/


続きを読む

Samsung、割れない有機ELディスプレイを開発

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 00:29:16.93 _USER
sdfindex
韓国Samsung Displayは25日(現地時間)、割れないフレキシブル有機ELパネル(以下OLED)を開発したと発表した。

 従来のOLEDはガラスで覆われていたため、激しい衝撃によって割れる可能性があった。今回新たに開発したのはフレキシブルなOLEDパネルに、割れない基板、そして強化プラスチックを接着し強度を高めた。

 この強化プラスチックは高い透過率を備えるだけでなく、軽量であり、硬度もガラス並みとしている。このため携帯用電子機器に向くとしている。

 このディスプレイは、米国労働安全衛生局の公式テスト会社であるUL(Underwriters Laboratories:3DMarkやPCMarkを開発するFuturemarkを買収)の軍事基準に基づく耐久性テストをクリアしたとしており、地上1.2mからの連続26回の落下、-32〜71℃の温度テストなどを実施したあとも正常に動作したという。

 その後、1.8mからの落下にも耐え、正常に動作し、破損の兆候が見られなかったとしている。
2018年7月26日 14:41
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134950.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532618956/


続きを読む

Samsung、2018年内に容量32TBのSSDを投入

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/25(水) 15:31:20.70 _USER
10_m
日本サムスンは7月12日、東京都内で「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」を開催し、国内企業のSSD活用事例の紹介や、サムスンが取り組むNANDやSSDの動向などを紹介した。

 国内でのSamsung SSD Forumの開催は、今年で3回目となる。その中で、韓国Samsung Electronic Memory事業部 NAND企画グループ常務のChanik Park氏によって、Samsung Electronicが取り組むNANDを中心とした半導体事業やSSD製品の今後のロードマップが紹介された。

2018年に9x層積層型の次世代3D NAND「V-NAND」やQLC採用SSDなどを投入
 Park氏によると、現在Samsung Electronicが取り組むメモリー事業では、NAND製造の割合が大幅に伸びているという。

 PCやモバイル分野だけでなく、IoT分野や、AI、自動運転などのビッグデータ分析といった分野などで活用されるデータ量が増えており、それは今後も加速度的に増大していくとの予測を示しつつ、それら増大するデータを迅速に活用するには、高速なSSDが不可欠であり、今後も持続的にSSD需要が伸びると指摘。

 その上で、今後さまざまなサービスでビッグデータをデータセンターで処理する事例が増えることで、データセンターストレージの役割はますます高まるとし、大容量、ローレイテンシ、新インターフェイスがSSDの重要なポイントになるとの予測を示した。

まず、容量の面については、Samsungが開発した3D NAND「V-NAND」の動向を紹介。現在V-NANDは、64層の第4世代モデルを出荷しているが、2018年中に第5世代となる新モデルの出荷を開始するという。第5世代V-NANDでは9x層へと積層数が増え、容量も1ダイあたり1Tbitに到達するとし、世界最大容量を実現するとした。

 また、データセンター向けSSDの新フォームファクタとなる「NGSFF(NF1)」に対応する製品の提供も始まる。NF1は従来までM.3と呼ばれていたもので、M.2をベースに基板の幅を広くし、NANDメモリチップを2列並べて実装できるようにしたもの。M.2よりも多くのNANDメモリチップが搭載可能となり、より大容量の製品を提供可能となる。

 2.5インチサイズのSAS SSDでは、世界最大容量となる32TBモデルの出荷も開始するという。この32TB SAS SSDを利用すれば、HDDを利用する2ラックサイズのストレージサーバーと同容量を、2U×2のサイズで実現可能になるとともに、読み出し速度も第4世代V-NANDの採用によって従来よりも2.5倍高速になるという。

 ローレイテンシNANDの「Z-NAND」は、2017年に第1世代モデルを投入し、2018年には第2世代モデルを投入予定という。

 第2世代Z-NANDでは、第1世代モデルと比べて大幅にコストが低減され、コストとレイテンシのバランスに優れる製品になるとし、TLC SSDと比べてリードレイテンシは5.5倍、リードQoSも100倍高速で、高性能なシステムに最適であることを示した。

大容量の要求に対応するように、1セルあたり4bitのデータを記録できる「QLC NAND」を利用したSSDも、2018年中に提供を開始するという。

 QLC仕様のV-NANDを利用した大容量SSDを利用したサーバーでは、10K HDDを利用するサーバーと比べて、TCO(システムの層保有コスト)を66%削減できるとし、今後10K rpm HDDを利用するデータサーバーで今後QLC SSDへの置き換えが急速に進むとの見通しを示した。

 クライアントPC向けにもQLC SSDの提供を開始することで、クライアントPCでも、テラバイトクラスのSSD搭載が容易になるという。

 ビッグデータ向けとして「Key Value SSD」の提供も始まっている。Key Value SSDでは、アプリケーションから直接デバイスドライバにアクセスでき、アクセス速度が非常に高速になるとともに、製品寿命も大幅に伸びることで、増大するデータを高速に処理するために最適とした。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134346.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532500280/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ