SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:サムスン

テレビの背面から伸びるケーブルが消えるか。サムスン、ワイヤレスなTV壁付けシステムを特許申請

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/13(水) 23:59:50.99 _USER
ワイヤレスは、美しい。

壁に大画面のテレビを設置するのは多くの人の憧れでもあり、実際に壁にマウントを取り付けている人も多いでしょう。しかし問題になるのはテレビの背面からぶら下がる多くのケーブルです。

電源であり、HDMIケーブルであり。色々な人によってこのケーブルを見えなくするテクニックが提案されていますが、昨年3月にサムスンが特許申請をした技術を使えば、完全にケーブル自体を消すことができるかもしれません。ケーブル無しでスマホを充電させてくれる技術は少しずつ普及しつつありますが、そういった様々なワイヤレス技術を使ってテレビからケーブルを解放しようというものなんです。

TVメーカーの中でも、不格好なぶら下がるケーブルを消すという課題に最も熱心に取り組んでいるのがサムスンです。CES2017で発表されたQ9 quantum dot TVの機能もそんな取り組みの1つでした。通常ならテレビの背面に見つかるたくさんのAVポートが外部ボックスに移され、テレビ自体には非常に細いケーブルが一本だけつながる仕様でした。ケーブルは壁に簡単にテープで貼り付けられ、上から壁と同じ色に塗ることができます。

それでも、そもそもケーブル自体を消すことができれば、ベストなわけです。ワイヤレスHD、WHDI、そしてWiGigといったフォーマットはHD動画や、4K動画ですらTVにワイヤレスで送ることができます。テクノロジーの分だけ上乗せされる値段を気にしないのであれば、醜いテレビの電源ケーブルが見えなくなる日が来るかもしれません。LetsGoDigitalが発見したサムスンによる特許申請を見ると、スマートフォンをワイヤレスに充電する仕組みを想起させられますが、この場合はデバイスの間の距離が非常に大きくなっているわけです。

ようやくマーケットに登場し始めたワイヤレス電源システムです。OssiaのCotaチップとトランスミッターのように12フィート(3.65メートル)も離れた状態で電気を取り込むシステムも登場しました。しかしこの特許申請で説明されているシステムはそれとは違い、電線のコイルと電磁力を使って流れを生み出す仕組みを使うもののようです。スピーカーバーに似た受信機がテレビの底部に取り付けられます。そして送信機はその下、離れたところに置かれ、そちらは電源コードが飛び出す形になっています。

細いケーブル数十センチ分を排除するためにここまで大げさなハードウェアを必要とするのは、ある意味滑稽でもあります。しかしこの技術が実際に完成されれば、多くの人が大枚をはたいて喜んで購入するでしょう。わざわざ業者を呼び、壁に穴を空けてケーブルを通すのと比べれば、こちらの方が安いかもしれません。

もちろん、これがサムスンのフラッグシップTVに搭載されるかどうか、いつ搭載されるかは分かりません。あくまでも特許申請であり、サムスンは結局作らない可能性もあります。しかしおそらく、近い将来CESに出品されることは間違いないでしょう。CESでは多くのメーカーが最新の、最も高価なテレビ関連のイノベーションを発表するために激しい競争を繰り広げているからです。サムスンがその機会を逃すとは考えづらいでしょう。
no title

https://www.gizmodo.jp/2019/03/samsungs-all-wireless-tv-concept-is-the-real-cordcutting.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552489190/


続きを読む

サムスンがAppleやGoogleなどに折り畳みディスプレイのサンプルを提供して売り込みか

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/04(月) 14:55:24.30 _USER
00
2019年2月末に折り畳み型ディスプレイを採用したフォルダブルフォン「Galaxy Fold」を発表したサムスンが、早くもAppleやGoogleに折り畳みディスプレイを供給するプランを持ちかけていると韓国メディアが報じています。

iPhoneブランドを展開するAppleもフォルダブルフォンを意識しているのは間違いなく、Appleが折り畳みディスプレイを採用したモバイルデバイスの特許を出願していることは既に報じられています。

韓国メディアのETニュースによると、2019年2月27日にサムスングループの構成企業であるサムスンディスプレイが、Galaxy Foldに採用されているものよりも少しだけ小さい7.2インチの折り畳みディスプレイを作成してAppleに打診したとのこと。また、サムスンは同じディスプレイをGoogleやHuaweiにも売り込んでいるとETニュースは報じています。

スマートフォンメーカーとしてAppleとしのぎを削り、デザイン特許を巡って8年以上も法廷で戦いを繰り広げたサムスンですが、一方でAppleにiPhoneで用いられるディスプレイを提供してきたのもサムスンでした。例えば、iPhone XSとiPhone XS Maxで使われているSuper RetinaカスタムOLED(有機EL)ディスプレイはサムスンから供給されています。

また、GoogleはAndroid搭載型スマートフォンのフラッグシップモデルとして、自社開発のPixelシリーズを展開しています。もしAppleとGoogleがサムスンの折り畳みディスプレイを採用したモデルを発表すれば、フォルダブルフォン関連産業が急成長するきっかけになるだろう、とETニュースは述べています。
https://gigazine.net/news/20190304-samsung-apple-foldable-display/?utm_source=rss
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551678924/


続きを読む

サムスンの折りたたみスマホ、真ん中にがっつりと折り目が…なおサムスンは必死で隠蔽中

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [EU] 2019/03/01(金) 17:57:46.58 BE:932354893-PLT(12931)

折りたたみスマホGalaxy Foldの「折り目」をどうしても隠したいSamsung

気持ちはわかる。

先日開催されたSamsung Unpacked 2019で発表された折りたたみスマートフォンGalaxy Fold。
折りたたむと4.6インチ、開くとスクリーン7.3インチ。分厚すぎるなんて声もありますが、次世代スマートフォンの1つの姿として、Huawei(ファーウェイ)のMate Xとともに注目度が高い端末です。
さて、折りたたみスマホは、山折り谷折りの差はあれどスクリーンを折りたたんでいるわけで、画面にできてしまうのですよ、折り目がね。

Mobile World Congress(MWC)前に発表されたとあって、MWCでは実機を手に取ってみるのを楽しみにしていた人も多かったでしょう。
しかし、フタを開けてみるとブースでのGalaxy Foldハンズオンはなし、ケース内に展示された端末を見るだけでした。
しかも、このケースというのが反射しまくるデザイン。ゴージャス感を演出するためか、はたまたスクリーンの折り目をなるべく見えないようにする狙いなのか…。

Image: Sam Rutherford/Gizmodo US
no title


会場にいた米GizmodoのRutherford記者いわく、スクリーンにリフレクションんが入り込まないようにFalaxy Foldを撮影するのはほぼ不可能なケース状態での展示だったといいます。

それでも、リフレクションはあるものの、折り目の存在が確認できる写真を撮れた人もいまして、例えば下の画像つきツイートだとよくわかります。

no title

no title

no title

no title


ちなみに、Samsung提供のPR画像が下。
あ、これノッチの存在を消しにかかったAppleの手法と同じですね。
壁紙の黒い部分(今回は蝶々の胴体部分)で、隠したい部分をうやむやにする魔法です。

Image: Samsung
no title


https://www.gizmodo.jp/2019/02/samsungs-doing-everything-it-can-to-make-the-galaxy-fold.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1551430666/


続きを読む

サムスン、折り畳みスマホを4月発売 約22万円

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/21(木) 19:57:55.53 _USER
75757
韓国サムスン電子は20日、画面を2つに折り畳めるスマートフォンを4月26日に北米など一部の地域で発売すると発表した。たためば4.6インチのスマホ、広げれば7.3インチのタブレットとして利用できる。スマホ市場の停滞が色濃くなるなか、携帯性と大画面の見やすさをあわせ持つ「1台2役」の新端末で需要の底上げをめざす。

新製品は「ギャラクシーフォールド」。両面にサイズの異なる有機ELディスプレーがあり、7.3インチのディスプレーを内側にして本のように畳むことができる。開いた状態では動画が見やすくなるほか、画面を3分割して複数のアプリを同時に使うといった従来のスマホにはなかった特徴も打ち出す。全部で6つのカメラを搭載した。

日本での発売時期は未定。サムスンは日本でスマホの直接販売をしていないため、今後販売されるかどうかはNTTドコモやKDDIといった通信事業者の方針次第となる。

スマホ大手による折り畳み式端末の発表は初めて。20日に米サンフランシスコで開いた記者会見で、スマホ事業を率いる高東真(コ・ドンジン)社長は「スマホ市場は成熟したと言われるが、我々はそれが誤りだと証明する」と話した。

米調査会社のIDCによれば、世界のスマホの出荷台数は18年に前年比4%減の約14億台にとどまり、2年連続でマイナスとなった。業界では「フォルダブル」と呼ばれる折り畳みスマホが、停滞する市場を活気づかせる「カンフル剤」になると期待されている。ただ普及に向けては、端末の価格や、折り畳み式ならではの使い勝手を提示できるかといった課題もある。


ギャラクシーフォールドの価格は1980ドル(約22万円)から。サムスンが20日に発表した、3眼カメラやディスプレー上での指紋認証機能などを備える6.1インチの新型スマホ「S10」(899.99ドルから)が2台以上買える水準だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41540090R20C19A2000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550746675/


続きを読む

Samsung、Galaxy携帯の販売台数20億台を突破

1: ムヒタ ★ 2019/02/21(木) 09:57:29.83 _USER
わあindex
今日(米国時間2/20)最も高価なスマートフォンを発表したSamsungは、これまで大量に販売したGalaxy携帯の発展過程についても話した。

壇上、Samsung Electronicsのプレジデント、DJ Kohは、過去10年間に同社が販売したGalaxy端末が20億台を超えたことを明らかにした。

同社のGalaxyブランド製品はスマートフォンだけではないが、この華々しい数字は彼らがこのブランドで成し遂げてきたことすべてを物語っている。SamsungはGalaxy端末のアクティブ・インストール数に関する詳細には触れなかったが、スマートフォンの販売台数については全詳細を公表した。

本日同社はGalaxy S10とGalaxy Foldをはじめとする数多くの端末の情報を公開した。
2019年2月21日
https://jp.techcrunch.com/2019/02/21/2019-02-20-samsung-has-sold-2-billion-galaxy-phones/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550710649/


続きを読む

サムスン、料理を手伝うキッチンロボを披露--食材を切って調味料も入れられる

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/20(水) 16:55:05.76 _USER
サムスンはラスベガスで開催された「The Kitchen & Bath Industry Show」で、調理を助けるロボットアームなど、キッチンで使用する新しいロボットを複数展示した。

サムスンによると、「Bot Chef」ではさまざまな調理器具をアームに取り付けて、食品をスライスさせたり調味料を入れさせたりできるほか、レシピをダウンロードすることも可能だという。

 「Bot Clean」は空間認識センサを備えた掃除ロボットで、本体に搭載されたスクリーン上の顔の表情で動作モードと清掃状況を伝えてくれる。

 バジルや小野菜を栽培できる環境を備えた冷蔵庫「Chef Garden」も披露された。Chef Gardenのソフトウェアは湿度と温度、照明を制御して、植物の生長に最適な環境を維持するという。

 サムスンはこのイベントで、障害者や高齢者の歩行を支援するロボット「GEMS(Gait Enhancing and Motivating System)」や移動式空気清浄ロボット「Bot Air」も披露した。
no title

https://japan.cnet.com/article/35132995/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550649305/


続きを読む

Samsung、Galaxy10周年でニューヨークなどに製品修理も受け付ける直営店開店

1: ムヒタ ★ 2019/02/18(月) 08:49:51.20 _USER
 yu_store1
韓国Samsung Electronicsは2月14日(現地時間)、「Galaxy」シリーズ10周年を記念して、米国でだ規模直営店「Samsung Experience Store」を展開すると発表した。まずはニューヨーク、ロサンゼルス、ヒューストンで開店する。

 名称通り、Samsungの様々な製品をその場で体験できる。Galaxyシリーズだけでなく、8Kテレビなどの家電も扱い、VR/AR体験も可能。4Kゲーム体験ラウンジや、米Appleの直営店にあるGenius Barのように、Samsung製品を持ち込んで修理やバッテリー交換などができるSamsung Careコーナーもある。

 Samsungは2013年に全米のBest Buy店舗内に専門ショップ「Samsung Experience Shop」を開設し、2018年にはニューヨークに大型ショールーム「Samsung 837」を開設した。

 ニューヨークのSamsung Experience Storeが開店する20日には、同地で新製品発表イベントを開催する計画だ。ニューヨークの店舗があるルーズベルトフィールドモールには、Appleの直営店もある。
2019年02月18日 07時40分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/18/news056.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550447391/


続きを読む

クソ高いハイエンドAndroid端末を買うヤツって病気だろ。激安Androidでいいじゃん。

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [KR] 2019/02/14(木) 14:04:12.87 BE:422186189-PLT(12015)
8dde596d

サムスンが、発表イベント開催日の1週間前にあたる米国時間2月13日から、「Galaxy S10」とされる
次期Galaxy製品の予約受付を米国で開始した。今すぐエントリーすれば、先行予約分の端末が
いち早く確保され、3月8日までに新モデルを手にできるとしている。

サムスンはまた、最大550ドル(約6万1000円)の値引きが可能になる、下取り制度についても発表した。
さらに早期予約で、アクセサリー類に使える50ドル(約5500円)相当の「今すぐ使えるクーポン」ももらえる。

https://japan.cnet.com/article/35132702/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1550120652/


続きを読む

サムスン、8Kテレビ60カ国で販売 19年計画

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/10(日) 19:28:06.84 _USER
78
韓国サムスン電子は10日、画面の解像度が4Kテレビの約4倍の8Kテレビを2019年に60カ国以上で販売すると発表した。55インチから98インチまで6つの画面サイズを用意する。サムスンは19年が8Kテレビ市場が立ち上がる「販売元年」になると説明。日中韓のテレビメーカーの間で次世代の高精細テレビをめぐる競争が本格化しそうだ。

サムスンは18年8月にドイツで開かれた欧州最大の家電見本市「IFA」で8Kテレビを発表したのを機に、欧州、米国、韓国、ロシアで同テレビの販売を試験的に始めた。19年は2月中旬以降、これらの地域に加えてアジア、中東、中南米に販売エリアを広げる。

画面サイズは55インチ、65インチ、75インチ、82インチ、85インチ、98インチ。19年の販売目標などは明らかにしなかった。8Kテレビは高精細パネルに対応したコンテンツの不足が課題になる。サムスン関係者は課題を認めつつ「20年に東京夏季五輪を控える日本の市場が世界をリードする可能性がある」と期待を寄せた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41134990Q9A210C1FFE000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549794486/


続きを読む

Bluetoothスピーカー、日本市場では韓国JBLが人気独占

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2019/02/05(火) 07:49:21.43 BE:422186189-PLT(12015)
dvxindex

ワイヤレススピーカー、JBLが人気を独占! 週間ワイヤレススピーカーTOP5!
https://www.bcnretail.com/research/detail/20190204_102634.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1549320561/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ