SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:サムスン

Samsung、2018年内に容量32TBのSSDを投入

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/25(水) 15:31:20.70 _USER
10_m
日本サムスンは7月12日、東京都内で「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」を開催し、国内企業のSSD活用事例の紹介や、サムスンが取り組むNANDやSSDの動向などを紹介した。

 国内でのSamsung SSD Forumの開催は、今年で3回目となる。その中で、韓国Samsung Electronic Memory事業部 NAND企画グループ常務のChanik Park氏によって、Samsung Electronicが取り組むNANDを中心とした半導体事業やSSD製品の今後のロードマップが紹介された。

2018年に9x層積層型の次世代3D NAND「V-NAND」やQLC採用SSDなどを投入
 Park氏によると、現在Samsung Electronicが取り組むメモリー事業では、NAND製造の割合が大幅に伸びているという。

 PCやモバイル分野だけでなく、IoT分野や、AI、自動運転などのビッグデータ分析といった分野などで活用されるデータ量が増えており、それは今後も加速度的に増大していくとの予測を示しつつ、それら増大するデータを迅速に活用するには、高速なSSDが不可欠であり、今後も持続的にSSD需要が伸びると指摘。

 その上で、今後さまざまなサービスでビッグデータをデータセンターで処理する事例が増えることで、データセンターストレージの役割はますます高まるとし、大容量、ローレイテンシ、新インターフェイスがSSDの重要なポイントになるとの予測を示した。

まず、容量の面については、Samsungが開発した3D NAND「V-NAND」の動向を紹介。現在V-NANDは、64層の第4世代モデルを出荷しているが、2018年中に第5世代となる新モデルの出荷を開始するという。第5世代V-NANDでは9x層へと積層数が増え、容量も1ダイあたり1Tbitに到達するとし、世界最大容量を実現するとした。

 また、データセンター向けSSDの新フォームファクタとなる「NGSFF(NF1)」に対応する製品の提供も始まる。NF1は従来までM.3と呼ばれていたもので、M.2をベースに基板の幅を広くし、NANDメモリチップを2列並べて実装できるようにしたもの。M.2よりも多くのNANDメモリチップが搭載可能となり、より大容量の製品を提供可能となる。

 2.5インチサイズのSAS SSDでは、世界最大容量となる32TBモデルの出荷も開始するという。この32TB SAS SSDを利用すれば、HDDを利用する2ラックサイズのストレージサーバーと同容量を、2U×2のサイズで実現可能になるとともに、読み出し速度も第4世代V-NANDの採用によって従来よりも2.5倍高速になるという。

 ローレイテンシNANDの「Z-NAND」は、2017年に第1世代モデルを投入し、2018年には第2世代モデルを投入予定という。

 第2世代Z-NANDでは、第1世代モデルと比べて大幅にコストが低減され、コストとレイテンシのバランスに優れる製品になるとし、TLC SSDと比べてリードレイテンシは5.5倍、リードQoSも100倍高速で、高性能なシステムに最適であることを示した。

大容量の要求に対応するように、1セルあたり4bitのデータを記録できる「QLC NAND」を利用したSSDも、2018年中に提供を開始するという。

 QLC仕様のV-NANDを利用した大容量SSDを利用したサーバーでは、10K HDDを利用するサーバーと比べて、TCO(システムの層保有コスト)を66%削減できるとし、今後10K rpm HDDを利用するデータサーバーで今後QLC SSDへの置き換えが急速に進むとの見通しを示した。

 クライアントPC向けにもQLC SSDの提供を開始することで、クライアントPCでも、テラバイトクラスのSSD搭載が容易になるという。

 ビッグデータ向けとして「Key Value SSD」の提供も始まっている。Key Value SSDでは、アプリケーションから直接デバイスドライバにアクセスでき、アクセス速度が非常に高速になるとともに、製品寿命も大幅に伸びることで、増大するデータを高速に処理するために最適とした。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134346.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532500280/


続きを読む

2020年にSSDはHDDを追い越す、「SAMSUNG SSD Forum 2018 Tokyo」の講演でIHSが予測

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/22(日) 05:16:04.02 _USER
dvx
日本サムスンが7月12日に開催した「SAMSUNG SSD Forum 2018 Tokyo」で、講演に登壇したIHS Markitで日本調査部ディレクターを務める南川明主席アナリストは、「SSDはHDDの7倍のスピードで市場が拡大している」と発表し、2020年にHDDの販売台数を追い越すと予測した。

南川主席アナリストは、「世界的に見ると、ストレージはHDDからSSDへと移り変わっている」と説明。とくに、産業用のストレージやPCのストレージがSSDに移行しているという。HDDの推移をみると、最近では販売金額が微増を続けているものの、販売台数が年々減少している。一方で、SSDは販売金額、台数ともに増加傾向だ。

また、SSDの単価が、HDDの4倍のスピードで下落していることも販売増につながっているとのことだ。15年に1GBあたり約0.4ドル(約48円、1ドル=約120円)だったのが、18年に約0.3ドル(約34円、1ドル=約110円)。22年には、0.1ドルを下回るという。

このほかSSDの需要が伸びる要因として、南川アナリストは「省エネ」をキーワードにあげた。「世界の電力消費は年々増加しており、2025年以降に不足する可能性がある。この危機を避けるためには、IoT機器から集めたビッグデータを活用して、資源を効率的に運用する必要が出てくるだろう。政策として進めている地域もある。結果として、ビッグデータをストレージするためのSSDは欠かせなくなる」と展望した。
2018/07/20 18:00
https://www.bcnretail.com/market/detail/20180720_78396.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532204164/


続きを読む

サムスン、最新の3次元化技術でNAND量産、生産効率3割向上

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/11(水) 19:17:11.52 _USER
378ef396
韓国サムスン電子は10日、日本の東芝と競合するNAND型フラッシュメモリーについて、最新の3次元化技術を駆使した量産を開始したと発表した。記憶素子を90層以上、立体的に積み重ねる技術で、生産効率は3割高まった。NANDの世界市場で首位固めを狙うが、市況のリスク要因になる可能性もある。

 スマートフォンやサーバーの記憶媒体として使われるNANDの生産については、3次元化が主流になっている。東芝や韓国SKハイニックスは記憶素子を60〜70層程度積む水準にとどまっており、メモリー各社が技術面でサムスンに追随する傾向が強まっている。

 サムスンによると、最新技術で量産されたNANDは、データの伝送速度が4割速くなる一方、動作電圧は3割小さくなる。高性能サーバーやスーパーコンピューターの需要を見込む。

 ただし、サムスンが高容量NANDの出荷を増やせば、IT(情報技術)企業などはNANDを大量に買わずに済むようになる。価格が下落基調にあるNANDの市況が、一段と軟調になる恐れがある。
2018/7/10 18:36
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3282565010072018FFE000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531304231/


続きを読む

サムスン営業益5%増 4〜6月、半導体堅調

1: ムヒタ ★ 2018/07/06(金) 10:32:27.16 _USER
72
 【ソウル=山田健一】韓国サムスン電子が6日発表した2018年4〜6月期連結決算の速報値は、営業利益が前年同期比5%増の14兆8000億ウォン(約1兆4800億円)だった。サーバーなどに載せる半導体メモリーが堅調だったとみられる。ただ自社製スマートフォン(スマホ)事業やディスプレー事業は苦戦したもよう。売上高は58兆ウォンと同5%減少した。

 4〜6月期の純利益や事業部門別収益は、7月下旬に発表予定の確報値で公表する。

 韓国の証券アナリストの間では、主力の半導体部門の営業利益は、前年同期より約4割多い11兆数千億ウォンになったとの見立てが多い。IT(情報技術)大手のサーバー投資などを追い風に、同部門は17年7〜9月期以降、4四半期連続で10兆ウォン規模の営業利益を稼いだ形になる。

 一方、自社製スマホを主体とする「IT&モバイル部門」の営業利益は2兆数千億ウォンにとどまった公算が大きい。3月に発売した旗艦機種「ギャラクシーS9」の販売が計画を下回った。同部門の17年4〜6月期の営業利益は約4兆ウォンだった。アナリストの予想通りなら、スマホの立て直しが課題になる。

 ディスプレー事業も低迷したもようだ。スマホ向けの高精細の有機ELパネルが伸び悩んでいるほか、テレビ向けの液晶パネルも他社との競争が激化して損益が悪化したとみられる。
2018/7/6 10:16
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32689590W8A700C1EAF000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530840747/


続きを読む

Samsungの最新スマホ、端末内の写真を勝手に送信していることが判明

1: ムヒタ ★ 2018/06/30(土) 15:09:48.93 _USER
a0cb0986
Samsungの最新スマートフォンGalaxy S9などが、端末に保存されている画像をユーザーの知らないうちに送信していることが海外掲示板サイトで発見されました。送信履歴が残されないため、ユーザーが気付くのが困難な問題です。

全画像を送信されたケースも
Samsungのフラッグシップスマートフォン、Galaxy S9やGalaxy Note 8のユーザーが、本体に保存していた画像が、連絡先に登録されている相手に勝手に送信されている、と海外掲示板サイトRedditユーザーが指摘しています。

画像は、Samsungのメッセージアプリで送信されているものの、送信履歴が残されていないため、写真を受け取った相手から指摘されるか、携帯電話キャリアの通信履歴などを確認しないと気付くことすらできません。

Redditには、同様の症状が発生したユーザーが書き込みがありますが、保存された写真全てを連絡先に登録された全員にばら撒かれたケースや、最近の写真だけが送信されたケースなどがあり、法則性は分かっていません。

原因はSamsungのメッセージアプリ?
問題の原因は、最近アップデートが配信されたSamsungのメッセージアプリの不具合ではないかと指摘されていますが、Samsungからの発表がないため、特定されていません。

仮にメッセージアプリが原因であれば、すでに報告されているGalaxy S9やGalaxy Note 8以外の端末でも問題が発生している可能性もあります。

仮に、この問題の影響範囲が広い場合、Galaxy Note 7のバッテリー爆発問題に続く社会問題になる可能性もあります。

メッセージアプリの設定変更で回避可能か
回避策としては、メッセージアプリが端末のストレージにアクセスするのを禁止するよう設定することが考えられます。

これによって、メッセージへのファイルの添付ができなくなりますが、保存された写真を知らないうちにばらまかれるのは避けることができます。

また、メッセージアプリのアップデートを行っていないユーザーは、次のアップデートまで見送ったほうが安全かもしれません。
2018年6月30日 14時04分
https://iphone-mania.jp/news-217373/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530338988/


続きを読む

2019年のSamsung Galaxy S10はトリプルカメラ搭載か

1: ムヒタ ★ 2018/06/26(火) 06:15:55.64 _USER
っいぇindex
来年発表される予定のSamsung Galaxy S10は、Sシリーズ初となる3モデル構成となるようです。3台のうちハイエンドモデルはトリプルカメラが搭載されるとみられています。

Galaxy SシリーズもiPhoneと同じ3モデル構成に
2019年で10周年を迎えるSamsungのGalaxy Sシリーズですが、S10はiPhoneと同じく3モデル構成になると報じられています。第1のデバイスは5.8インチのディスプレイを搭載し、第2のデバイスは同じく5.8インチのディスプレイ搭載でGalaxy S9のような湾曲したエッジを持ち、ハイエンドモデルは6.2インチのディスプレイ搭載となり、背面にはトリプルカメラを装備する見込みであると韓国メディアETNewsが伝えています。

Huawei P20 Proで初めて導入されたトリプルカメラですが、カメラレビューで非常に高い評価を獲得し、話題となりました。今年発売となるiPhone X Plusにもトリプルカメラが搭載されるといわれています。

S10の発売はまだかなり先の話で、現時点では噂の段階なので、あくまで今回の情報は参考程度にとどめておいておくのがよいと思われます。
2018年6月26日 03時40分
https://iphone-mania.jp/news-216957/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529961355/


続きを読む

サムスン「AI独立」宣言…「グーグル・アマゾンと勝負」

1: ノチラ ★ 2018/06/19(火) 18:36:42.61 _USER
4d654ca6-s
サムスン電子が自社の音声人工知能(AI)サービスである「ビクスビー」を掲げグーグルやアマゾンなどと本格的に競争するという戦略を立てた。

サムスン電子はテレビと洗濯機、冷蔵庫など自社の家電製品だけでなく、今年下半期に発売するAIスピーカーにもグーグルとアマゾンの音声AIサービスは採用しない計画だ。「情報技術(IT)生態系」を左右するAI産業をめぐりグローバルハードウェア業界代表走者とソフトウェア業界の恐竜の間での勢力争いが本格化したという分析が出ている。

サムスン電子高位関係者は18日「AIプラットフォーム市場で現在のようにグーグルやアマゾンに従属した状態では協力しないという結論を下した。サムスン電子のAIプラットフォーム(ビクスビー)を育て、これら企業と肩を並べるほどの水準に上がればその時になって協力案を考えるだろう」と明らかにした。AIプラットフォームを通じて得られるデータを共有するなど対等な位置に立たなければグーグルやアマゾンとは協力しないという意味だ。

AI市場を先導するグーグルとアマゾンはテレビと冷蔵庫に使われた自社のAIプラットフォームを通じて得られるデータをテレビと冷蔵庫のメーカーには提供していない。

サムスン電子は昨年末にグーグルやアマゾンとAI市場で相互協力する案と、ビクスビープラットフォームで独自の生態系を作る案をめぐり外部戦略コンサルティング会社などと検討した結果、独自生存案をまず推進するという結論を下した。AIプラットフォームとこれを通じて得られるビッグデータが未来のIT産業競争力を左右する核心技術だと判断したためだ。
http://japanese.joins.com/article/400/242400.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529401002/


続きを読む

4月に最も売れたスマホはGalaxy S9だった〜調査会社が報告

1: ムヒタ ★ 2018/06/11(月) 03:16:00.66 _USER
2018年4月に世界で最も売れたスマートフォンはAppleのiPhone Xではなく、SamsungのGalaxy S9シリーズだったと、調査会社Counterpointが報告しています。

売上上位2モデルはGalaxy S9シリーズ
CounterpointのMarket Pulseが実施した最新調査によると、4月の世界スマートフォン売上で市場シェア首位となったのは、SamsungのGalaxy S9 Plusでした。同社はS9シリーズの売上好調は、主にアジア太平洋地域と北米地域によるものとしています。

第1四半期出荷台数ではiPhone Xがトップ
先日、調査会社IHS Markitが発表した2018年第1四半期(1−3月)の世界スマートフォン出荷台数予測によれば、1位はiPhone X、2位はiPhone8で、3位Galaxy Grand Prime Plus、4位iPhone8 Plus、5位Galaxy S9 Plusという順位になっています。

また調査会社Strategy Analyticsによる同じく第1四半期の世界スマートフォン出荷台数予測は、1位iPhone X、2位iPhone8、3位iPhone8 Plus、4位iPhone7、5位Xiaomi Redmi 5Aという結果でした。

Xiaomiの2モデルがトップ10入り
今回の調査で4月のiPhoneの売上が落ちている理由について、Counterpointは「季節的なもの」と述べています。4月のGalaxy S9/S9 Plusの売上が2トップとなったのは、同2モデルが3月中旬に発売されたばかりということも影響していると思われます。

またCounterpointは、同社の調査で売れ行き上位10モデルにXiaomi製品が2モデルランク入りするのは初だと記しています。Xiaomiは手頃な価格を武器に、中国とインドで売上を伸ばしています。
no title


2018年6月10日 22時52分
https://iphone-mania.jp/news-215207/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528654560/


続きを読む

アジアのトップブランド1位はサムスン電子…2・3位は?

1: ノチラ ★ 2018/06/10(日) 16:55:49.81 _USER
211
アジアにおける韓国企業の地位はどうなっているだろうか。サムスン電子がアジアで最も人気のあるブランド1位を占めた。7年間、トップの座を守っている。LGエレクトロニクスは6位に、ロッテは35位にランクインした。

香港コミュニケーションマーケティング企業「キャンペーン・アジアパシフィック」(以下、アジアパシフィック)と世論調査企業「ニールセン」が共同調査を実施して選んだ「アジアトップ1000ブランド」の結果だ。このブランド調査は、韓国をはじめ日本、オーストラリア、中国、香港、インドなど主要アジア14カ国の消費者を対象に15の業種について行われた。

サムスン電子はこの調査で2012年から1位の座を守りつづけている。該当の調査が始まった2004年は17位だった。

アジアパシフィックは「サムスン電子は昨年、ギャラクシーノート7の発火事故や経営陣のスキャンダルがあったが、大衆の人気を維持した」と評価した。製品競争力とあわせて「社会的善」を強調したブランド戦略に効果があったと分析した。2位はアップル(米国)が占めた。パナソニック(日本)とソニー(同)が3位と4位に入り、5位はネスレ(スイス)、6位はLGエレクトロニクス、7位はグーグルが占めた。韓国企業ではサムスン電子とLGエレクトロニクスの他にロッテが35位に入った。

中国シャオミ(小米)の躍進が印象的だった。昨年200位から88ランクアップして128位を占めた。反面、中国代表企業のレノボは昨年80位から154位へとランクを大きく下げた。

サムスン電子とLGエレクトロニクスはアフリカでも存在感を示している。南アフリカ共和国の非営利団体「ブランドアフリカ」によると、「アフリカで最も尊敬されているブランド」2位がサムスン電子、6位がLGエレクトロニクスだ。この調査はアフリカ23カ国で実施されたオンラインアンケートの調査を基に算出している。

1位はナイキ、3位はアディダスが占めた。続いてコカコーラが4位に、アップルが5位に入った(いずれも米国)。南アフリカ共和国のMTN、中国のTECNO、日本のトヨタ、イタリアのGUCCHI(グッチ)なども10位圏内に入った。
http://japanese.joins.com/article/050/242050.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528617349/


続きを読む

Samsung、iPhone 6の「性能低下問題」を痛烈に皮肉ったCMを公開

1: ノチラ ★ 2018/05/18(金) 19:25:47.87 _USER
https://www.youtube.com/watch?v=3qhW1sDPHYI


Samsungの米国法人は17日、バッテリに関連した性能低下が話題となったiPhone 6を揶揄し、同社のGalaxyへの買い替えを促す内容のCMを公開した。

 キャッチコピーは「Upgrade to Galaxy(iPhoneからGalaxyに買い換えよう)」で、iPhone 6の性能低下で散々な目にあった女性がGalaxyに買い替えて大満足、という挑戦的な内容だ。

 AppleはiPhone 6などのモデルで電圧低下によるシャットダウンを防ぐため、CPUを低速にするアップデートを行なっていた(過去記事も参照 "Apple、アップデートによる旧型iPhoneの性能抑制について提訴される")。

 CMは始終iPhone 6の性能低下が不便であることを強調していて、ユーザーの女性が空港のセキュリティでアプリがなかなか立ち上がらないのを尻目にGalaxyユーザーが軽やかに通過していくところからはじまる。

 さらに、飛行機のなか、タクシーでもGalaxyとの違いを見せつけられる。性能低下にうんざりした女性はAppleストアに向かうも、スタッフには「性能抑制機能をオフにすることはできるが、予期せぬシャットダウンが発生する場合がある。それか新型に買い換えてください」と言われ、失意のままAppleストアを去り、すぐにGalaxyに買い換える場面でCMは締めくくられる。

 CMの露骨な内容もそうだが、演出も秀逸だ。とくに女性がAppleストアを去るさいにすれ違う傘をさした親子の髪型が「ノッチディスプレイ」を揶揄したものになっているなど、見どころ満載である。
no title


それにしても、「スマホ」、「空港」、「バッテリ」に「不具合」とくれば、バッテリの構造に不具合があり、発火問題を引き起こした「Galaxy Note 7」の大規模リコールを思い出すのは筆者だけではないだろう(過去記事も参照 "Samsung「Galaxy Note 7」発火/爆発の原因が解明")。

 Note 7の場合はファームウェアで強制的に通信が遮断され、航空機内への持ち込みが禁止されるなど、空港には苦い思い出がある同社のCMだけに、思い切りの良さには感心させられる。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1122638.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526639147/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ