SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


その他:SNS関連

ツイッターCEO「コメント削除などで、自殺を根本から防ぐことはどんなテクノロジーを使っても不可能だ」

1: trick ★ 2017/11/15(水) 18:56:49.77 _USER9
ツイッターCEO 自殺書き込み全削除は現実的でない | NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223551000.html
no title


11月14日 23時02分座間 遺体遺棄事件

アメリカのツイッター社のジャック・ドーシーCEO=最高経営責任者がNHKのインタビューに応じ、神奈川県座間市のアパートで9人が遺体で見つかった事件でツイッターが利用されていたことについて、「とても残念なことだ」としたうえで、自殺に関する書き込みをすべて削除するのは現実的ではなく、利用者どうしをつなげることで自殺防止を図っていきたいという考えを示しました。
ドーシーCEOはツイッター社の創業者の1人で、悪質な書き込みなどへの対応策について話し合うため、今回来日しました。ドーシー氏が日本のメディアの取材を受けるのはおととしのCEO就任以来初めてです。

ドーシー氏は座間市の事件で容疑者がツイッターを通じて被害者に接触していたことについて「とても残念なことだ。われわれのツールはより健全な方法で使われてほしいと思っている」と述べました。そして「ツイッターは誰もがメッセージを発信できる公共のもので、自殺を考えている人が助けになるような適切な人とつながることができればいい」と話しました。

そのうえで「コメントをすべて削除するなどして、自殺を根本から防ぐことはどんなテクノロジーを使っても不可能だ」と述べ、自殺に関する書き込みをすべて削除するのは現実的ではなく、利用者どうしをつなげることで自殺防止を図っていきたいという考えを示しました。

ツイッター社は今月3日、ルールの表記を変更し、「自殺や自傷行為の助長や扇動を禁じます」と明記しましたが、自殺に関する書き込みを削除すべきだという指摘に対しては「削除するメリット、デメリットを内外で話し合って決めたい」としていました。

ドーシーCEOのインタビューやツイッター本社の対応については今月21日に放送する予定の「クローズアップ現代+」で詳しくお伝えします。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510739809/


続きを読む

トランプ氏、中国でもツイート どうやって? なぜ重要?

1: みつを ★ 2017/11/11(土) 09:25:10.17 _USER9
png
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-41937882

ドナルド・トランプ米大統領のツイッター・アカウントが先週、ツイッター社の従業員によって一時的に停止させられたのを機に、多くの人が、今週も同じようにトランプ氏のツイッターが静まり返るのかどうか注目していた。

トランプ氏は今週、中国を訪問したのだし。ツイッターなど多くの外国ウェブサイトを遮断する、「グレート・ファイアウォール 」で有名な国に。

実際には、トランプ氏は中国でもツイートし続けた。ツイッターで中国側のもてなしに感謝し、北朝鮮に警告を発し、さらには、自身のツイッターのヘッダー画像を、何十人もの京劇俳優に囲まれた自分と中国の習近平国家、2人のファーストレディの写真に変更した。

何がどうなっているのか?これには技術的な面と政治的な面、2つの側面がある。

<トランプ氏はツイッターで、「あしたの丸一日にわたる習主席と我々の代表団の会談を楽しみにしている。中国のみなさん、美しい歓迎をありがとう!ファーストレディのメラニアと私は一生忘れないだろう!」とコメントした>

ツイッターは中国で遮断されている――ただし、特権があれば、あるいはITに精通していれば使える

中国本土では、何千ものウェブサイトやソーシャルメディアが遮断されている。ツイッターやフェイスブック、インスタグラム、ワッツアップも利用が禁止されているし、当局がデリケートだと考えるウェブサイトもしかりだ。(BBCニュースのウェブサイトは、米紙ニューヨーク・タイムズや英誌エコノミストと同様、過去にブロックされた)。

多くの人がVPN(仮想プライベートネットワーク)を使い、中国の検閲を回避しているが、政府は今やそうしたVPN提供企業も取り締まっている。

しかし中国当局はこの規則に対して、例外を作らないわけではない。

<トランプ氏は、「習主席と彭麗媛夫人、北京の紫禁城での忘れがたい午後と夜をありがとう!ファーストレディのメラニアにも代わってお礼を言う。またあしたの朝お会いするのを楽しみにしている!」と投稿した>

中国当局は2013年、上海自由貿易試験区 において一時的に検閲関連法の緩和を検討した。さらに、中国国営の新華社通信もツイッターを使い、自社の記事を拡散している。これについては中国のソーシャルメディア利用者の多くが、政府の二重基準(ダブルスタンダード)非難している。

トランプ氏の訪中に先立ち、中国の鄭沢光・外務次官は記者団に、大統領は好きなだけツイートできると保証した。「外国首脳を迎える際には、あらゆる点を考慮する。大統領が外の世界とやりとりする能力について、皆さんが不安に思う必要はない」と次官は述べた。
人権団体はこの対応を批判している。

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ 」のソフィー・リチャードソン中国部長は米ブルームバーグ通信に対し、「トランプ大統領が中国でツイートできているとしたら、それは習主席が一貫してあの国の人たちに与えていない特権を、トランプ氏が享受できているからだ」と話した。
ではトランプ氏はどうやってツイッターにアクセスしたのか?
トランプ氏の同行記者団は、外国のSIMカードで3Gないしは4Gのローミングネットワークを使えば、携帯電話からツイッターを使えると分かった。

実際には、中国を訪問する外国の政府関係者は厳格なセキュリティー基準を遵守するよう求められ、中国で自分の携帯電話やラップトップを使わないよう推奨されることもあった。
そのためトランプ氏は単に、いつもの自分の携帯電話からツイートしているだけ、というわけではなさそうだ。
(リンク先に続きあり)

(英語記事 Trump tweets in China - how, and why does it matter?)

2017/11/10
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510359910/


続きを読む

【IT】政府、ツイッター規制検討=座間9遺体事件で年内に再発防止策

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/10(金) 14:00:28.91 _USER9
16758_1596_20171110at12_p-cm
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000051-jij-pol
 政府は10日午前、神奈川県座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件を受け、首相官邸で関係閣僚会議を開催した。

 年内をめどに再発防止策を取りまとめる方針で、ツイッターの規制なども検討する。直ちに実施できる対策があれば、防止策の取りまとめを待たずに採用する。

 菅義偉官房長官は席上、「各閣僚がリーダーシップを発揮し、関係省庁連携の下に政府一体となった対策強化を行い、再発防止を徹底したい」と強調。菅氏は、(1)事件の全容解明と関係省庁の情報共有(2)自殺に関する不適切なサイトや書き込みへの対策強化(3)インターネットで自殺願望を発信する若者の心のケア対策の充実―を指示した。

 会議には小此木八郎国家公安委員長、野田聖子総務相、林芳正文部科学相らが出席。来週、関係省庁の局長級会議を開催する。 
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510290028/


続きを読む

「楽しくだまされた」 駐車場を占拠する迷惑な存在 どんな悪質な利用者かと思いきや…

1: ばーど ★ 2017/11/09(木) 20:57:33.86 _USER9
000114185_640
ツイッターに投稿した公共の施設のあるつぶやきに対して、「楽しくだまされた」などとして6万件以上リツイートされるなど反響を呼んでいる。

兵庫県姫路市にあるコンサートなどが行われる公共施設からSOS。

姫路市文化センター・ツイッター:「近頃、文化センター関係者の駐車スペースに無断で止まられる方がいらっしゃいます」

先週、施設の職員が駐車場を占拠する迷惑な存在を公式ツイッターで投稿。その瞬間を捉えた写真には意外なものが。

姫路市文化センター・ツイッター:「移動していただくようご案内しておりましたが、なかなかこちらの言葉に耳を傾けていただけません」

どんな悪質な利用者かと思いきや…猫。約1年前に現れ、職員たちに可愛がられる一方、車のボンネットの中に入り込むなど対応に困っている面も。

姫路市文化センター・ツイッター:「できるだけ話合いで解決を図りたいと思っておりますので、粘り強く交渉して参ります」

姫路市文化センター 公式ツイッター
https://twitter.com/himejibunka/status/926326088812322816

配信2017/11/09 18:45
テレ朝ニュース
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000114185.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510228653/


続きを読む

LINEの業績が「アクティブユーザー減少」でも好調なワケ

1: ノチラ ★ 2017/11/06(月) 00:05:26.58 _USER
line
私たちの生活インフラとして広く普及した感のあるLINE <3938> 。実際、LINEのない生活は考えられないと思っている人は多いのではないだろうか。筆者の周りでもSkype等よりも圧倒的に「LINE派」が多い。株式市場でもLINEの人気は高く、10月27日は年初来高値を更新している。

ただ、意外に思われるかも知れないがLINEの「アクティブユーザー数」に陰りが見られる。後述するようにインターネット系企業にとってアクティブユーザー数は最重要指標の一つだ。そんな状況にありながらLINEの業績は好調、株価も上昇しているのはなぜだろうか。

株式市場ではインターネット系企業を見るのにMAU(月間アクティブユーザー数)は最も大事な指標の一つとされており、その会社の株価を大きく左右することさえ珍しくない。

ちなみに、米国の大手統計会社Statistaによると2017年9月のSNS系の世界ランキングでMAUトップはFacebookの20億6000万人となっている。2位はYouTubeの15億人、3位はメッセージソフトで世界大手のWhatsAppの13億人だ。LINEのMAUは2億1400万人で世界ランキング15位、日本企業ではトップとなっている。

LINEが決算説明会で公開しているデータによると、2017年7〜9月期の主要4カ国(日本、台湾、タイ、インドネシア)のアクティブユーザー数は1億6800万人。そのうち日本が7100万人、残りのアジア3カ国で9700万人となっている。

ただ、LINEの「主要4カ国のアクティブユーザー数」は前年同期比で約4%増を示しているが、四半期ベースでは2017年1〜3月期の1億7100万人をピークに2四半期連続で減少している。普及率という意味ではピークを超えた可能性も否定できない。

株価は年初来安値から「年初来高値」へ
前述の「四半期ベースのアクティブユーザー数が減少」したLINEに株式市場の反応は冷たかった。7月27日には、その影響もあってLINEの株価は年初来安値となる3775円を付けたのである。

ところが、10月25日に発表した7〜9月期決算でLINEの評価は一変する。LINEの1〜9月の売上は17.4%増の1212億円、営業利益は33.8%増の245億円。アナリストのコンセンサス予想を10億円程度上回ったのだ。LINEは通期予想を発表していないが、アナリスト予想の通期営業利益約270億円に対し進捗率は90%を越える内容だった。LINE上場後初にして最大の「サプライズ決算」といっても良いだろう。

翌10月26日の株価はストップ高となり、27日には年初来高値となる4950円を付けた。決算発表を受けてアナリストの多くがLINEの格付けを見直す(格上げ)など文字通り評価が一変したのである。

LINEの「さらなる進化」に注目
それにしてもLINEの「四半期ベースのアクティブユーザー数が減少」する中で大幅増益を実現できたのは、なぜだろうか。

最も注目されるのが広告事業だ。LINEの広告部門の1〜9月期の売上は545億円と40%も増加し、売上構成比では45%まで拡大している。LINEといえばマンガや占い、ゲーム、スタンプ等で収益を上げているイメージを受けるかも知れないが、いまでは広告部門が「収益の柱」として育っているのだ。

その広告部門で成長が著しいのが「パフォーマンス型広告」だ。パフォーマンス型広告は112%増と倍以上の成長を示し、広告部門の構成比でも1年前の25%から38%にまで増えている。単なるSNSやコンテンツを提供するインターネット企業の枠を越え、広告会社として収益の基盤を確立し始めたLINE。今後のさらなる進化に期待したい。
https://zuuonline.com/archives/179954
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1509894326/


続きを読む

選挙期間のツイート、10代20代は「希望」「安倍総理」50代は「共産党」、 若い世代ほど「政策」に言及する傾向

1: 復讐の鬼 ★ 2017/11/05(日) 22:50:01.89 _USER9
OGimage
先の衆院選はツイッターでも大きな話題になった。選挙期間中の国内すべてのつぶやきを分析すると、
リアルとは違う意外な姿がみえてきた。

■選挙のつぶやき、「清宮」の10倍「台風」の2倍

ツイッターで選挙関連のつぶやきが増えたのは投開票日の10月22日だった。
2%程度で推移してきた選挙関連ツイートは、この日一気に5%に膨らんだ。

日本ハムが早稲田実業高の清宮幸太郎選手をドラフトで1位指名し、日本中の話題をさらった10月26日、「清宮」のつぶやきはわずか0.4%。
「ドラフト」でも0.8%だった。

10月23日の「台風」ツイートでも2.3%。
選挙のつぶやきの5%がいかに多かったかがうかがえる。

■どんなキーワードが注目されたのか

10〜20代は「安倍総理」、50代は「共産党」

 10代のつぶやきで最も多く使われたキーワードは「希望」。ただし、希望の党を指しているとは限らない。
2位は「安倍総理」だった。30代以上は安倍晋三首相の名前を含むキーワードが5位までに入っていない。
「安倍総理」は10代と20代ツイートの特徴だ。

 10代と好対照なのが50代のつぶやき。注目キーワードのトップは「自民党」や「立憲民主党」をおさえ「共産党」となった。
10代や20代で「共産党」はトップ10にない。

 「立憲民主党」は30代と40代のツイートで首位。
ツイッターでは「#枝野立つ」や「#えだのん」のハッシュタグも活用されていたが、枝野幸男代表の党首力よりも政党力が広がりをみせた。

■「政策」重視の20代

 「政策」がトップ10入りしたのは20代だけだった。折れ線グラフでみると、年代が高くなってくると「政策」に触れるツイートが減る。
若い世代ほど「政策」に言及する傾向がはっきりとあらわれている。「期待」も10代では3位だが、年代が高くなるにつれてランクが下がっていき、
40代、50代ではトップ100にも入らなくなる。

■ネット、テレビ、リアルを行き来する若年層

 10代ツイートでは7位の「――――――――――」は、「みんな――――――」と呼びかけたり、
驚きをあらわしたりするツイッター用語。20代でも使われるが、30代から大きく減り、40代以上でみえなくなる。
チョコレート菓子の「ブラックサンダー」にも同じ傾向がある。テレビ番組で安倍首相の好物と紹介されたのを機に拡散した。
10代と20代はネット、テレビ、リアルの話題までを硬軟自由に行き来する姿がうかがえる。

■注目されたキーワードはどんな人たちが話題にしたのか

 政策争点ごとにツイートをした人たちを分析したところ、「子育て」にとりわけ多く触れていたのが30代だ。
子育てのつぶやきを職業でみると、アルバイトやパートが目立った。「消費税」と「憲法」では40代、会社員のつぶやきがメーンだった。

衆院選の主役だった2党首に関してつぶやいた人たちの職業、地域、世代に大きな差はみえなかった。趣味をみると、
「安倍晋三」のつぶやきには声優ファンが刺さっていた。

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/twitter-on-election/

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509889801/


続きを読む

ツイッター社員、トランプ氏のアカウント消す 勤務最終日に 当初は「人為的ミス」と説明、調査へ

1: ばーど ★ 2017/11/03(金) 13:40:54.99 _USER9
da75823a-s
【11月3日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領のツイッター(Twitter)アカウント「@realDonaldTrump」が2日夜、短時間消えた。ツイッターは当初「社員の人為的ミス」と説明していたが、その後の調査で勤務最終日だった社員が消していたことが分かったと明らかにした。

 2日午後7時(日本時間3日午前8時)ごろ、トランプ大統領の書き込みを見ようとすると「すみません、そのページは存在しません!」というメッセージが表示された。

ツイッターは公式アカウントで「@realDonaldTrumpのアカウントはツイッター社員のうっかりした人為的ミスで無効化されてしまった。このアカウントは11分間ダウンしたが、すでに復旧している」と発表。

 しかしその後、調査を通じてアカウントの無効化は「当社のカスタマーサポート担当社員が勤務最終日に行っていたことが分かった」と訂正し、全面的な内部調査を行うとした。

 トランプ大統領は4170万のフォロワーを持つこの個人アカウントから、注目を集め物議を醸すコメントを発信している。特に、朝早い時間帯に連続投稿することが多い。ホワイトハウス(White House )の大統領公式アカウント「@POTUS」(フォロワー数2090万)に影響はなかったとみられる。

 トランプ大統領はアカウント消失についてはツイートせず、復旧後に与党共和党の税制改革案について書き込んでいる。(c)AFP

配信2017年11月3日 13:22 
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3149205?cx_part=topstory&cx_position=2

関連ニュース
トランプ氏のツイッター、一時消える 「人為的ミス」(2017年11月3日10時29分)
http://www.asahi.com/articles/ASKC33C3GKC3UEHF002.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509684054/


続きを読む

JKはスタンプよりエフェクト!? 「LINEは面倒」若者の言い分

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/22(日) 13:33:31.48 _USER9
m_postseven-622292
「若者はもうLINEスタンプは使わない」と10月3日放送の『踊る!さんま御殿!!』でみちょぱことモデルの池田美優(18)が発言し、話題となっている。
みちょぱはLINEスタンプは面倒くさく、「了解だったら『り』、マジだったら『マ』」と一文字で返していると語っていた。
若者たちのLINEとLINEスタンプ利用の実態について、ITジャーナリストの高橋暁子氏が解説する。

 * * *

大人世代にまで広く普及したLINE。既にメールや電話の代わりにインフラとして利用されていることはご存知のとおり。
しかし、10代の中ではLINEの利用が変化しつつあるのだ。

◆トレンドではなくなった?

プリキャンティーンズラボの「10代女子のスマホアプリに関する調査2017」(2017年9月)によると、
中学生以下と高校生以上で「流行っているアプリ」が異なることが分かった。
中学生以下ではLINEが圧倒的トップであり、SNOW、Twitter、MixChannelの順だった。
一方、高校生以上ではInstagramがトップであり、続いてTwitter、SNOW、LINEの順だったのだ。

小中学生などでは、いまだに「LINEがやりたいからスマホがほしい」という希望は根強い。
ところが、高校生以上になるとLINEのやり取りは当たり前となり、トレンドではなくなっている。
それどころか、「LINEの需要は減った」という声も出てくる。話を聞くと、Twitter上やTwitterのDMでやり取りしたり、「面倒だからLINE電話する」という子も。
LINEのやり取り自体を面倒と感じ、やり取りが減少しつつあるので、スタンプの利用も減っているのでは、ということらしい。

LINEのやり取りは、通知センター上や通知上で見ることができる。それ故、あえてアプリを開く必要がなくなるという。

「グループが多すぎ。特にクラスLINEとか通知だらけの上、大したこと書いてないから未読になりがち」。ある高校生は、未読は読まずに削除することもあるという。
「グループLINEだと誰が読んだとかわからないし、読まなくても困らない。他の子も未読のままって言ってた」。

◆LINEスタンプの代わりにエフェクトに夢中?

元々10代の子たちは、アプリやサービスもすぐに飽きて新しいものに飛びつく傾向にある。
特に、保護者や教員など親世代が利用し始めると親世代にやり取りを見られたくないと感じ、「ダサい」と感じて他のサービスに移ってきた。
海外ではFacebookがまさにこれに当たる。

メールや電話の代わりになり、リアルタイムにやり取りできる点がウケてLINEの利用は広がった。
ところが、今や無料通話ができるサービスは拡大しており、FacebookやSNOWなどでも可能だ。また、元々メッセージのやりとりができるサービスとしてTwitterが10代に広く普及している。
若者たちにとっては、スタンプ送信がセットのようになっているLINEより、基本テキストのみで送れるTwitterの方が気楽という面もあるのかもしれない。

また、SNOWやLINE、B612などのエフェクトを使うと、自撮り写真を盛って楽しめる。
美肌やハイライト効果、自動的にネコ耳を生やしたり王冠をかぶせるなどのエフェクトで盛った写真は、LINEやInstagram、Twitterなどで投稿することもできる。
また、エフェクト付きでInstagramストーリーズなどを動画で撮って投稿することも流行している。
最近は、スタンプよりもこのようなエフェクトを使った写真や動画のコミュニケーションに夢中になっているようだ。

複数のSNSで友人とつながっている高校生以上の子どもたちにとって、LINEスタンプは必ずしもコミュニケーション上必須のものではなくなりつつあるのかも。

http://news.livedoor.com/article/detail/13781820/
2017年10月22日 7時0分 NEWSポストセブン
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508646811/


続きを読む

android用のLINEが最近よく落ちるのだが

1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [US] 2017/10/21(土) 10:12:38.82 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
88index
LINEの店頭販促ソリューション「LINE SP Solutions」の本格提供が
開始された。また、第一弾メニューとして同社は、
「LINE」のユーザー基盤をいかした大規模サンプリングができる「LINE サンプリング」をリリースした。

https://markezine.jp/article/detail/27294
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508548358/


続きを読む

LINEを使った虚偽の告白「ウソ告」が大流行…専門家「本当の告白が怖くなる」と警鐘

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/16(月) 08:58:37.35 _USER9
unnamed
恋愛感情がないにもかかわらず、LINEを使って虚偽の告白をする「ウソ告」が、中学生を中心に流行しているようです。
相手をだましてバカにするゲーム感覚から急速に広まっていますが、
一部では、仲間からウソ告をするように迫られて断った生徒が「仲間外れ」にされるケースも。最
悪の場合、いじめに発展しうる深刻な問題もはらんだウソ告ですが、専門家の見方はどのようなものでしょうか。
子育てや教育問題に詳しい作家でジャーナリストの石川結貴さんに聞きました。

電話や手紙にはない「軽さ」

Q.ウソ告についてどのようにお感じですか。

石川さん「似たようなことは以前からありました。
たとえば、相手の家にいたずら電話をかけて『ウソ告』をするとか、ウソのラブレターを書いて学校の机に置き、相手の反応を見てからかうとか。
ただし、電話や手紙という方法は『周囲にバレやすい』という特徴があります。
家に電話をかけたら相手の親が出る可能性があるし、手紙は書く手間がかかる上、先生やほかの生徒に見つかってしまうかもしれない。
だから、『これをやれば自分もヤバイ』という現実感覚や罪悪感を持ちやすかったのです。
しかし、LINEはスマホで簡単にできてしまうので罪悪感を持ちにくい。
むしろ、ノリに任せて『面白いからやっちゃえ』という軽い気持ちでできる。その場のことしか考えていない軽さ、現実感覚の希薄さが一番の問題だと思います」

Q.ウソ告には「仲間外れ」や「いじめ」といった問題も含まれています。

石川さん「ウソ告をされた被害者が傷つくことはもちろんですが、仲間から『ウソ告しろ、
しないとハブる(仲間外れにする)」と言われて、強制的にやらされる子どももとてもつらいものがあるでしょう。
強制的にやらされるだけでもつらいのに、自分の行動で誰かを傷つけてしまうことになる。
しかも『強制的にやらされた』という事実が相手に伝わらなければ、自分が加害者として恨まれることになります。
ウソ告をされる側も、強制的にやらされる側も傷つく。要は陰湿ないじめであり、許されるものではありません」

行動に現実感を持てない子どもたち

Q.ウソ告が流行する背景や原因としてどのようなことが考えられますか。

石川さん「ウソ告だけでなく、いじめ動画の投稿などもそうですが、自分の行動に現実感を持てない子どもが増えています。
SNSで誰かをいじめたという経験を持つ子どもたちに話を聞くと、『深く考えず、ついやった』『みんながやってるから、平気だと思った』という声が多数です。
人と人とのコミュニケーションにおいて、言葉から得る情報は2割と言われています。
残りの8割は、互いの表情や仕草、声のトーンなど。ところが、SNS上のコミュニケーションは、表情や仕草などがわかりません。
もしかしたら、相手はショックで青ざめ、震えているかもしれないのにそういう現実的状況が見えない。
その分、現実的な判断ができず、ノリに任せてやってしまう可能性が高くなるのです。
また、イマドキの子どもには、過激なことや目立つことをするほどウケるという感覚も大きいです。
仲間内で盛り上がるためには、平凡な話題より、みんなが食いついてくる話や行為の方がウケが良い。そういう『間違ったウケ狙い』も、ウソ告の一因でしょう」

http://news.livedoor.com/article/detail/13752841/
2017年10月16日 6時10分 オトナンサー
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508111917/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ