SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


その他:SNS関連

「自分よりもいい人生に見える」――他人のSNS投稿、日本人の半数が“嫉妬”

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/26(木) 21:47:03.83 _USER
kf_sns_01
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1701/25/news105.html


 SNSで他人の投稿を見て「自分よりもいい人生に見える」と嫌な思いをした人が半数以上いる
――そんなアンケート調査の結果を、ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labがこのほど発表した。

調査は2016年10〜11月、世界18カ国の16歳以上の男女1万6750人を対象に実施。
そのうち日本の回答者1000人に「SNSを見て嫌な気分になった理由は何か」(複数回答)と尋ねたところ、
約54%が「他の人が自分よりよい人生を送っていることを知った(結婚、子ども、旅行、休暇)」と答えた。

 その他の理由には「迷惑な広告」(48%)、「友達が楽しい休暇の写真を投稿した」(43%)、
「自分が投稿した写真やコメントに『いいね!』やコメントがあまりつかなかった」(42%)などが挙がった。

日本以外の国も含めた回答結果では、トップが「迷惑な広告」(72%)で、以下「誰かから『友達削除』をされた」(61%)、「
誰かが自分のタイムラインやプロフィールに批判的/否定的なコメントを書いた」(59%)と続いた。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485434823/


続きを読む

昭和生まれはNG? 新ワード「年齢拒否」が物議

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/01/22(日) 09:10:46.72 _USER9
3index
SNSの魅力のひとつが、同じ趣味を持つ人との“ふれあい”。
ところが、それに冷や水を浴びせるような「年齢拒否」というキーワードがツイッターに登場し、物議をかもしている。

年齢拒否というキーワードは、恋愛シミュレーションゲーム『うたの☆プリンスさまっ』ファンのツイッターユーザーのプロフィール欄から生まれたものだ。
その人物は、「30歳以上は抵抗がある」「40歳にもなってきゃあきゃあ言っているのは気持ち悪い」と、特定の年齢のファンとのやりとりを拒否。これを見つけたツイッターユーザーが、
「年齢拒否ってなんだよ」とコメントし、これが猛烈に拡散し「年齢拒否」という言葉が4万件以上ツイートされる事態となった。

同じファン同士なら話が弾みそうなものだが、アイドルやアニメ、ゲームのファンには彼らの掟があるようで、これまでも「同担拒否」「新規拒否」といった言葉は存在していた。
同担拒否とは、「自分と同じアイドルやキャラクターが好きなファン(担当)との交流お断り」という意味で、「新規拒否」(「新規無理」とも)は、「新規のファンとの交流お断り」という意味。
その「○○拒否」という“文化”に、今回「年齢拒否」という新たなバージョンが生まれたというわけだ。

ツイッターの書き込みを見ると、

「年齢拒否w昭和生まれのドBBAでサーセンwww」
「同担拒否の更に上を行く年齢拒否でたのwwwwwww笑うしかないwwwwwww」
「年齢拒否の話しめっちゃ面白いねwwwwwwww 最高に意味わからなくてwwww」

など、新しい“拒否”の誕生の驚いたユーザーも多いよう。また、

「年齢拒否ワロタ笑笑笑笑笑 貴方もいずれ10歳差になるのよ笑笑」
「今年齢拒否だのなんだの言ってる人らもどうせそのうちその範囲内に入るのに」

と、“誰でも年を取るのに…”というコメントも相次いでいる。

ネットの普及によって、せっかく“同志”との出会いが容易になったのに、それをわざわざ否定するやり方は、多くの人の気持ちを逆なでしたようだ。

https://news.nifty.com/article/technology/internet/12186-00055126/
2017年01月21日 11時00分 R25
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485043846/


続きを読む

Facebookを利用する女子高生はわずか1割--MMD研究所が調査

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/20(金) 17:56:56.58 _USER
WgJ-ETtXF8
http://japan.cnet.com/marketers/news/35095178/

MMD研究所は1月18日、インテル セキュリティ(日本での事業会社はマカフィー)と共同で、「女性のスマートフォン利用実態調査」を実施した。
調査期間は2016年12月6〜10日。調査対象はスマートフォンを所有する15歳〜49歳の女性1574人。内訳は女子高生328人、
女子大生412人、20〜30代の社会人独身女性416人、30〜40代の既婚女性418人。

 まず、所有しているスマートフォンを聞いたところ、iPhone(キャリア、格安スマホ所有を含む)の所有率が女子高生では
84.8%と最も多く、次いで女子大生が79.6%、独身女性が69.9%、既婚女性が62.9%となった。一方、Android端末の所有率は、
iPhoneとは真逆の結果となり女子高生の所有率が最も低く、既婚女性の所有率が35.1%と最も高かった。

(中略)
「Facebook」においては、最も利用が多かったのが独身女性の45.2%。次いで女子大生の28.2%、既婚女性の27.3%と続き、女子高生は10.7%だった。

 定期的に利用しているアプリの平均数(「その他」を含む43項目の合計回答数÷<回答者数-使っているアプリはないと回答した人数>)を
求めると、女子高生は6.5個、女子大生は6.7個、独身女性は6.8個、既婚女性は5.4個となり、使用アプリの平均数や上位アプリの違い
から既婚女性と未婚女性のスマートフォンの使い方に違いがあることがわかった。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484902616/


続きを読む

LINE、世界でもっともお金を稼いだアプリ会社に

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/17(火) 20:07:51.95 _USER
e156280c3497be3737b49994283cb6eb_large
https://internetcom.jp/202052/line-win-app-market-without-games

iPhoneやAndroidスマートフォン向けにアプリケーションを出している企業は星の数ほどあるが、
2016年に世界で最もお金を稼いだのは、ゲーム関連を除くと「LINE」だった。実に4年連続だ。

アプリ専門の調査会社App Annieが公開したレポートをLINEが引用して発表している。LINEのトップは2013年から変わっていない。

ゲーム関連を含む収益ランキングにおいても世界9位という位置にあるが、これは前回の7位からやや後退した。
トップは中国のTencent(騰訊)。中国アプリ市場の巨人だ。そのTencentに日本のソフトバンクが売却したフィンランドSupercellが2位に入っている。
3位のNetEase(網易)も中国企業。

さてLINEに目を戻すと、収益を支えているのは何かといえば、当然ながらまず社名のもとにもなっており、日本で圧倒的多数が使っている
無料チャット・通話アプリ「LINE」本体がある。ゲームを除けば世界2位の収益を上げている。
さらに電子コミックアプリ「LINEマンガ」も同8位の成績。電子書籍でLINEの存在感は着実に高まっている。
ちなみにLINEが出している複数のアプリがトップ10に入るのは2014年から3年連続のことで、ほかの企業では例をみないとしている。

主力市場である日本では特に好調だ。LINE、LINEマンガだけでなく、アバターアプリの「LINE Play」や音楽アプリ「LINE MUSIC」
もゲームを除く収益ランキングで上位に入っている。
こうした収益の大きさをてこにLINEが次はどう動くのか、さらに日本市場を固めるのか、あらためて中国市場などに力を注ぐのか、興味の尽きないところ。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484651271/


続きを読む

夜だけ開く文具店 SNSで評判、海外客も 千葉・市川市の「ぷんぷく堂」

1: 孤高の旅人 ★ 2017/01/08(日) 21:52:21.79 _USER9
78index
夜だけ開く文具店 SNSで評判、海外客も 千葉・市川市の「ぷんぷく堂」
千葉日報オンライン 1/8(日) 11:26配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170108-00010005-chibatopi-l12

 日が沈み、帰路を急ぐ人が増える頃、千葉県市川市の閑静な住宅街にたたずむ「ぷんぷく堂」の軒先に開店を告げる赤い提灯がともる。

 副業で営む同店は、夕方5時から開店する文具店としては異色の存在。ユニークなのは営業時間だけでなく「自ら目利きして、ときめいた文具のみ」という品ぞろえも独特だ。

 こじんまりとした店内に入ると、まず目に飛び込むのは、廃業した文具店から譲り受けたという年代物の筆陳列棚。中には昭和20〜40年代に製造されたレトロなデザインの鉛筆がずらり。店を開業する前、ネットオークションなどを通じて趣味で集めた。未使用のまま大切に保管していたが、「誰かに使ってもらいたい」と、1本80円で売り始めた。「子連れで来たお母さんやお父さんの思い出の扉が開いて、親の方が夢中で見ている」とうれしそうに話す。

 2012年4月に開業後、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などの口コミで広まり「地元よりも、遠方から来るお客さんが多い」。国内にとどまらず、日本製品へのあこがれが強い台湾など海外からも訪れる。

 「これは職人さんの手作りで」−。客が手に取った商品について、時折説明を添える。「ストーリーを知ることで、文具のぬくもりが伝わる」と考えているからだ。

 自身が思う「こんなものがあったらいいな」を形にした「オリジナル文具」の制作販売も手掛け、通販サイトなどで販路を拡大中。耐久性にすぐれた書類袋「過保護袋」や、万年筆でも裏抜けしないと評判の「競馬新聞の紙で作ったレポート用紙」など、客の心をつかむネーミングにもこだわりが見える。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483879941/


続きを読む

年賀状の配達開始…SNSなどの普及で発行枚数は減少

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ 2017/01/01(日) 13:56:12.69 _USER9
000091281_640
全国の郵便局では、年賀状の配達が一斉に開始されました。

高市早苗総務大臣:「きょうも早朝から配達に行って頂きます。
心から感謝を申し上げます」

郵便制度発祥の地とされる東京の日本橋郵便局では、高市総務大臣が出席し、
年賀状配達の出発式が行われました。

*+*+ tv asahi +*+*
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000091281.html 
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483246572/


続きを読む

なぜツイッターは業績不振なのか? 好調なのは日本だけ…で突然のサービス終了も!?

1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/12/15(木) 13:11:39.87 _USER9
41
頼む、死なないでくれ! 心配性のユーザーからはそんな声も聞こえてくるーー。

日本での好調をよそに、ツイッターが世界的に苦戦している。なぜウケなくなったのか!? そして、深刻な業績不振が今後、日本でのサービスにもなんらかの影響を及ぼす可能性はあるのか!?

■ツイッターが海外でウケなくなった理由

月間アクティブユーザーが4千万人を突破! 9ヵ月間で500万人増!! 米ツイッター社の日本法人がそう発表したのは11月2日のこと。サービス開始から10年が経過するが、日本での人気はいまだ衰え知らずということがわかるデータだ。

だが、絶好調の日本市場とは対照的に、ツイッターは世界で大苦戦している。WEBサイト『ネットメディア攻略研究所』を運営する落合正和氏が語る。

「ツイッターには現在、世界で約3億2千万人のアクティブユーザーがいます。
しかし、SNSのユーザー数1位のフェイスブックは約17億人、さらにフェイスブック傘下のインスタグラムでも約5億人と、大きく水をあけられてしまいました。
また、10代に人気の動画共有型SNS『スナップチャット』にも、1日のユーザー数で抜かれることがあるそうです」

そうした最近の業績不振により、今年9月末には身売り騒動も勃発。
結果としては買収先が見つからないまま収束したが、10月末には6秒動画『Vine』のモバイルアプリ提供終了と従業員の1割リストラを発表している。
一体なぜ、ツイッターは身売りを考えるほどの危機的状況に追い込まれているのか? その理由を順に説明しよう。

●英語で140字は意外と足りない!

「ツイッターの基本ルールである140字の文字数制限がネックになっている」と語るのは、ITジャーナリストの三上洋(よう)氏だ。

「英語と日本語を比較すると、140字に盛り込める情報量が、一説によると倍ほども違うそうです。
ツイッターと親和性の高い日本語では情緒なども含めて詳しく書き込めるのに、英語ではできない。
海外ではコミュニケーションツールとして物足りないという認識をされてしまったのです」

●時代遅れ感

インスタグラム(画像)やスナップチャット(動画)といったリッチメディアを使ったSNSが出てきたとき、
ツイッターも似たようなサービスや機能をすぐに提供すればよかったのに、対応が後手に回ったことも影響した。前出の落合氏が指摘する。

「結局、ツイッターにある機能はほかのSNSの大半で利用可能ですからね。これではユーザーが離れるのも仕方ない。
ツイッターを利用していたセレブなどのインフルエンサーもどんどん後発のSNSに乗り換えています」

また、こうした背景もある。

「海外では新たな人気SNSが登場すると、すぐにユーザーが移動するんです。
日本のようにLINE、ツイッター、フェイスブックなどを、ひとりのユーザーが目的によってそれぞれ使い分けるというのは、世界的に見ても珍しいですね」(三上氏)

●ヘイトコンテンツが多い

「ツイッターは、海外ではその匿名性から悪口やネットいじめといったヘイトコンテンツが多いと見られるようになり、今や日本での『2ちゃんねる』的な扱い。イメージが悪いんです」

前出の落合氏はそう話す。

「身売りを検討していたときに名前が挙がっていたディズニーが買収を断念したのもそれが大きな理由だと言われています。
もちろん、ツイッター社も対策をしていますが、対応しきれていないのが実情です」(落合氏)

●広告が入らない

ツイッターは収益の約9割を広告収入に頼っているのだが、これまで紹介した理由以外にも、「広告が入らない」理由がある。

「ツイッターの広告はタイムライン上に広告ツイートを表示させるのがメインで、
登録された個人情報などを使ってターゲティング広告を行なっているフェイスブックとは、広告効果で大きな差があるのが現状。
そのため多くの広告を獲得できていません。フェイスブックが増収増益を四半期ごとに繰り返すなか、ツイッターが赤字なのはこの差があるのが大きい」(落合氏)


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161215-00076700-playboyz-soci
週プレNEWS 12/15(木) 6:00配信

引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1481775099/


続きを読む

mixiでとうの昔に忘れられていた日記がマイミクに再び晒しあげられるイベント中、垢持ち発狂

1: 足4の字固め(大阪府)@\(^o^)/ [AR] 2016/12/06(火) 15:50:45.44
unnamed
https://twitter.com/ltl_6/status/805978212652064768
現在起こっているmixiパニック概要
mixiがアジカンとコラボ

リライトとかけまして久しぶりにmixiで日記をリライトしてみない?

自分やマイミクの過去日記を楽々読める特設ページをトップに表示

自分が書いた黒歴史が晒される

急いで非公開設定にしなければと慌てる
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1481007045/


続きを読む

LINEの「乗っ取り」被害に遭った人がその手口を詳細に公開 「しまったと思った瞬間アカウントが凍結された」

1: アイスのふたの裏 ★ 2016/11/26(土) 20:04:30.18 _USER9
LINEの「乗っ取り」被害に遭った人がその手口を詳細に公開 「しまったと思った瞬間アカウントが凍結された」
再ログインさせないための手口がすごい。

[コンタケ,ねとらぼ]2016年11月26日 12時00分 更新
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/25/news146.html

 木村晃之(@peroperopero)さんがブログで公開した、LINEの乗っ取り手口が鮮やかで怖いと話題になっています。自らが乗っ取り被害にあった際のいきさつを解説したもので、「これは引っ掛かる」といった声が寄せられていました。

no title

木村さんのブログ。記事内で読者からの質問にも答えていますので、ぜひ元ブログもご覧ください

・乗っ取り手口

 今回木村さんが乗っ取り被害にあった手口では、最初に友人のアカウントからFacebookのインスタントメッセージで連絡が来ました。かなり意外な気がしますが、木村さん自身もLINE詐欺はLINEのメッセージで来ると思っていたそうです。

no title

最初に届いたFacebookのメッセージ

 友人のアカウントから届いたメッセージは「今忙しい?」「私のLINEが凍結されているから、コンタクトリストの中の何名の友達の携帯検証で凍結しないといけない」「電話番号を教えてくれる?」というもの。日本語が少々怪しいところから分かる通り、この友人のアカウントはすでに業者に乗っ取られていました。

 しかし、この相手がたまたま“そこそこ仲が良いごくたまに連絡をくれる人”で普段から砕けたやりとりをする間柄だったため、全く違和感がなかったそう。また、乗っ取られたばかりだったらしく、6時間前には普通に投稿をしていたことも疑いにくくさせていました。これらの点については、運が悪かったとしか言いようがありません。

 また、アカウント乗っ取りといえばプリペイドカードを買うように依頼されるなど“よく分からないこと”をさせられることが多く、この時点で気付くことが多いものです(関連記事)。その点今回は「LINE凍結解除のため友達の携帯検証が必要」などいかにもそれらしい理由が書かれているため、気付かなかったそうです。SNSって、アプリによって凍結の解除方法が違いますしね……。

 ちなみに、乗っ取り犯の言う「携帯検証」は、おそらく正しくは「携帯認証」かと思われますし、「凍結しないといけない」は「凍結解除しないといけない」の間違いです。しかし、本人であると信じてしまった木村さんさんは、LINEが凍結されて焦っているのだなと解釈してしまいました。この点について、「これはおそらくいろいろな詐欺に引っ掛かる際に起こっている事で、1つ2つ疑惑の壁をスルーしてしまうと人間勝手に良いように解釈し始めちゃう」と振り返っています。

 そのまま言われた通りに電話番号を教えてしまった木村さん。この後乗っ取り犯は自分のスマートフォンでLINEに電話番号を入力したらしく、木村さんのスマートフォンに4桁の認証コードが届きます。そして、その後の会話が、以下の通り。

no title

電話番号を教えてしまったあとのやりとり

  乗っ取り犯:検証コードは送信したよ。メッセージの四桁検証コードを見て。四桁検証コードをfacebookに送信してくれ

  木村さん:○○○○(認証コード)

  乗っ取り犯:LINEのID教えてください!

  木村さん:これは詐欺かな?

  乗っ取り犯:?

  木村さん:○○先輩ですよね?

 途中で気がついたものの、認証コードを送ってしまった時点で手遅れでした。既にLINEのアカウントは乗っ取られた後です。「LINEのID教えてください!」の時点で違和感を覚えたそうですが、「自分がだまされるはずがない」「だまされたくない」という無意識の抵抗や「親しい人に変な質問をして関係を壊したくない」という心理が働いてしまいました。

つづく>>2-5
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1480158270/


続きを読む

ツイッター、凋落で大量リストラ…2ちゃんねる化でネトウヨが溢れ広告主が敬遠

1: 膝十字固め(愛知県)@\(^o^)/[US] 2016/11/25(金) 19:37:14.35
post_17252_11
今夏終わり頃に突如として巻き起こった、米ツイッターの身売り騒動。
売却先候補にはグーグルやマイクロソフトといったIT業界の一流企業だけではなく、
エンターテインメント事業を核とするウォルト・ディズニーや、
クラウドサービス大手のセールスフォース・ドットコムなど、名だたる企業が名乗りを上げていた。
その買収額は200億ドル超ともいわれたが、10月末には興味を示していたすべての企業が買収交渉から撤退すると報じられ、
ツイッターの株価が急落するといった事態が起きた。
しかし、日本においてはツイッターといえば、フェイスブックやインスタグラムと並び、SNSの代名詞的存在でもある。
そんなツイッターが、なぜ身売りをしなければいけない事態に陥っているのか。
(中略)
それにツイッターは海外ではヘイトコンテンツが多いと認知されているのも、広告が集まりにくくなり、収益につながらなかったポイントです。
日本での2ちゃんねるのように、海外では匿名で好き勝手なことを言いたい放題つぶやく場所という使われ方をされており、
さらにはISのようなテロ組織のアカウントも存在していてイメージが悪すぎる。
そのため、スポンサーもなかなか広告を入れづらい、というのが実情なのでしょう。
ディズニーが買収から撤退したのは、そういったヘイトコンテンツの多さをネガティブな材料として見過ごせなかったからだ、といわれています。
セールスフォースも企業向けの商品を販売しているお堅い企業ですから、
好き勝手に匿名で情報を発信できるツイッターを本腰を入れて買収しようとまでは思っていなかったのではないかと推測しています。
もちろんツイッター側も、ヘイトコンテンツなどにまったく対策をしてこなかったわけではないのですが、
企業イメージを覆すには十分ではなかった、ということでしょう」
http://biz-journal.jp/2016/11/post_17252_2.html
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1480070234/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ