SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


その他:SNS関連

語尾に「w」を付けるとコメントが緩和されるとTwitterで話題

1: 名無しさん@涙目です。(情報都市ルディノイズ) [DE] 2019/06/09(日) 17:54:24.99 BE:711292139-PLT(13121)
20190609-00000020-it_nlab-000-3-view

 語尾に笑いを表す「w」をつけると多少コメントが緩和される様子を描いたイラストがTwitterで反響を呼んでいます。

 例えば動画に書き込まれるコメントが「なんでだよ」と「なんでだよw」では、どちらも言っていることは同じですが、後者はツッコミながら笑っているような雰囲気があり、楽しんでいる感じが伝わってきます。
逆に言えば、前者は単純な文句としても受け取れるので、知らない相手からのコメントの場合、怖い印象を与えるかもしれません。

 投稿した夏川ひかりさんは、続くツイートで「草」と「www」に対する個人的な印象の違いもイラストで表現。
前者は真顔で「草」と呟いているイメージですが、後者の「www」は実際に笑いながらコメントしているイメージだとして、「私は『wwwww』の方が好きです」と好みを伝えています。

 寄せられたコメントでは、「わかりみが深い」「ほんとこれ」と共感の声が多い印象で、相手にキツく思われないように「w」をつけているといった声が。
また「単芝(wを1個だけつける)」は煽りに見えることから、なるべく複数つけたり、代替として「〜」や、もともとの「笑」を使う人も少なくないようです。中には同イラストで初めて「w」をつける意味がわかったという声や、「草」のイメージに共感する声もみられました。

 現在はあらゆる世代がネットを使う時代なので、全員に同じ印象を与えられるとは限りませんが、1つの選択肢として語尾に「w」を付けるのもありかもしれません。
なお、TPOに応じた使い分けはもちろん、語尾に「w」を付けたからといって相手を傷つける言葉が帳消しになるわけではないので気をつけましょう。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190609-00000020-it_nlab-sci
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1560070464/


続きを読む

米国旅行で「SNS上の名前」提出義務化 米紙報道

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/03(月) 17:03:21.68 _USER
vdvsdindex
海外旅行などで米国に入国するためのビザを申請する際、6月からソーシャルメディアのアカウント名などの提出が義務付けられるようになったと、米New York Timesや米Bloombergなどが2日に報じている。

 この変更は、海外テロリストの入国を阻止するために米国への入国審査を強化するという2017年3月に発行された大統領令に基づくもので、米New York Timesによれば過去5年間に使用したソーシャルメディアアカウントの情報の提出が求められるという。

 米国自由人権協会(ACLU)ディレクターのヒナ・シャムシさんは米New York Timesに対し、「このような義務化は旅行者やその友人、家族などに監視の疑念を抱かせる。そして政府はソーシャルメディアの情報をどう利用するのか説明できていない」と、SNS情報申告義務化への懸念を示した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1906/03/news104.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559549001/


続きを読む

就活にLINE浸透 企業側も歓迎

1: 田杉山脈 ★ 2019/05/15(水) 23:30:09.04 _USER
20190514-00010002-nikkeisty-000-1-view
新卒採用活動で無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用する企業が、兵庫県内でもじわり広がっている。就活生との連絡といえば、電話やメールが一般的だったが、知らない電話番号が表示されると警戒されて出てくれず、メールも手間がかかると、敬遠されがちだ。学生が使い慣れているLINEを活用し「スムーズに連絡が取れるようになった」と企業側も歓迎している。

今春、神戸市内であった就活イベント。産業機器メーカー、日本技術センター(姫路市)のブースでは、スクリーンにQRコードを映し出した担当者が「LINEから読み取って『友だち追加』してください」と呼び掛けると、学生らは次々にスマートフォンのカメラをかざした。指示通りに操作すると、先輩社員の紹介記事が読めるほか、会社説明会の予約もできる。

 同社は来春の新卒採用人数を今春の10人から50人に増やす予定で、採用活動を円滑に進めようと初めて導入した。田村直也人材開発本部長(40)は「学生と音信不通になったり、説明会に無断欠席されたりすることが少ない」と語る。

 メールのように、かしこまった言葉遣いが不要で「1次面接、○日は来られますか」「大丈夫です」と、日常会話に近いやりとりができることから、田村本部長は「学生に抵抗感がないのでは」と分析する。

 同社が使うのは、採用コンサルタント会社のアローリンク(神戸市中央区)が提供するLINEのシステムを利用した「採用管理ツール」だ。このツールを使うと、企業は選考の進み具合に応じて就活生を分類し、選考日程の通知などを一斉配信できるほか、相手が「既読」かどうかも確認が可能。企業情報を提供するメニュー画面も対象者ごとに変えられる。説明会や面接を予約した学生への返信や、直前の日程確認の連絡、就活お役立ち情報なども自動で送ることができる。

 アローリンクによると、2017年の発売以来、ニトリホールディングスなどの大手をはじめ、全国約250社が採用。県内は約20社が導入しているという。安東由歩(みちほ)副社長(43)は「学生から『企業との距離が近くなった』との声を聞く。人材確保に苦労する中小企業にも使ってほしい」と話す。

 学生との連絡を完全にLINEに切り替えた企業も。19年春採用から導入した不動産業のエストコーポレーション(西宮市)は19、20年春向けの説明会・選考の参加者が、18年春に比べ2倍近くに増えた。北原千春総務・人事部長(42)は「メールを使っていた頃より学生からの返信が早く、次の一手が打ちやすくなった。内定後の日程調整もしやすい」と歓迎する。

 人材サービス会社のネオキャリア(東京)が18年に実施した調査では、企業の採用担当者の52%が「今後、LINEの導入を検討」と回答。同社の担当者は「肌感覚ではこの1年で大きく進んでいる」としている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000013-kobenext-sci
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557930609/


続きを読む

「仕事が物足りない」 若手社員に新・五月病

1: ムヒタ ★ 2019/05/10(金) 07:13:30.46 _USER
ph01
長かった今年のゴールデンウイーク(GW)。連休のあとには「五月病」にかかる若手社員が増えそうだ。変化に対応できず発症するこれまでの五月病に対して、最近では「物足りない」との不満が原因になるケースも目立つ。対処法も様変わりしている。

■友人の活躍をSNSで見て落ち込む

「GW中に会った友人の活躍をSNS(交流サイト)で見ては落ち込む日々だった」。金融関係に勤める社会人2年目の女性(23)は昨年の今ご…
2019/5/10 6:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44582470Z00C19A5000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557440010/


続きを読む

沈黙の中国メディア、トランプ氏ツイート伝えず−SNSも投稿削除

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/05/07(火) 13:33:17.70 _USER
20190507-00000004-mai-000-1-view
トランプ米大統領が対中関税引き上げを警告した2本のツイートは、6日の中国株と人民元相場を揺るがした。大半の中国メディアはしかし、何事も起きていないかのように沈黙を保っている。

  トランプ氏が5日にツイートで中国製品に対する関税率引き上げの脅しを加え、世界の株式相場は大幅に下落したが、それを報じている中国のニュースメディアはほとんどない。国営新華社通信から、より市場志向の強い財新、対外強硬姿勢を取る傾向にあるグローバル・タイムズ(環球時報) に至るまで、各メディアは今回の株・通貨急落の要因をほとんど伝えていない。中国株は6日、2016年以来の大幅安で終了。人民元は3年ぶりの大きさで下落した。

  ソーシャルメディアの微博からは、対中関税に関するトランプ氏のツイートを受けた投稿や関連記事が削除された。微博から削除された投稿や検閲対象の言葉などを記録する香港大学系のプロジェクト「微博視野」の調査で分かった。トランプ氏のツイートを表示した端末の画像を保存したスクリーンショットを、テンセントのソーシャルメディア微信に投稿しようとしたがブロックされたと話す利用者も複数いる。

https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1125069835044573186
@realDonaldTrump
For 10 months, China has been paying Tariffs to the USA of 25% on 50 Billion Dollars of High Tech, and 10% on 200 Billion Dollars of other goods. These payments are partially responsible for our great economic results. The 10% will go up to 25% on Friday. 325 Billions Dollars....

  微博とテンセントの担当者はコメント要請に応じなかった。

原題:Chinese Media Stay Silent as Trump Tweets Rock Stocks, Yuan (1)(抜粋)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2019-05-06/chinese-media-remain-silent-as-trump-tweets-rock-stocks-yuan

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557203597/


続きを読む

TikTok、クリエーター発掘に5億円 利用増狙う

1: ムヒタ ★ 2019/05/06(月) 12:15:57.13 _USER
AS20190503001903_comm
 若者に人気の動画SNS「TikTok(ティックトック)」。アプリを手がける中国のバイトダンス(北京字節跳動科技)が最近、ミュージシャンなど、様々なクリエーターを支援する活動を日本で始めている。若者がちょっと面白い動画をアップする存在から、さらに利用者層を広げたい狙いがあるようだ。

 ティックトックは15秒間の動画を投稿できるアプリ。日本では2017年にサービスを始めた。歌に合わせて口パクをしたりダンスしたりする動画がつくれて、見たい動画を次々に見られる。通学や通勤などちょっとした合間に見られる手軽さが受け、18年の流行語大賞にもノミネートされるほど爆発的に広がった。

「妻が綺麗(きれい)すぎる」
 宝塚歌劇団出身の妻・桜花りなさんの日常の様子を「妻が綺麗すぎる。」というアカウントで発信する会社員男性は、「その人に合わせたおすすめの動画を表示するレコメンド機能が優れていて、ユーザーが少ない人でも、バズりやすい」という。3月に始めて1週間でフォロワーが10万人になった。今は53万人だ。

 主な利用者は10〜20代だったが、最近は30代以上にも普及しつつある。歌やダンスだけでなく、料理の作り方やメイク方法、旅行風景などの動画も増えてきた。

 そうした中、バイトダンスは4月、新たなミュージシャンを発掘する企画を始めた。東京・渋谷で開いたイベントには、ミュージシャンのナオト・インティライミさんやchayさんらが登壇した。彼ら審査員の意見や、利用者が投稿した動画の再生回数などをもとに、新たなミュージシャンを発掘する。

 プロジェクトの優勝者には、音楽制作やレーベルとの契約支援が約束される。インティライミさんは「スターがどんどん生まれる時代。音楽業界に一石を投じるすてきな機会にしていただきたい」と呼びかけた。

■才能発掘に…
2019年5月6日11時15分
https://www.asahi.com/articles/ASM4N52LFM4NULFA002.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557112557/


続きを読む

ケンタッキーのWi-Fiが繋がらないとクレーム 店員を恫喝し商品を無料で出させるクレーマー客が炎上

1: 名無しさん@涙目です。(空) [CN] 2019/04/29(月) 03:49:10.01 ● BE:887141976-PLT(16001)

ファーストフード店、ケンタッキーフライドチキンの店内のサービスであるWi-Fiが繋がらないとクレームを付け
店員を恫喝する動画がTwitterに拡散し炎上している。

その動画はクレーマー本人ではなくクレーマー本人からLINEで送られてきた人が「どんな理由があろうが、
やっていい事悪い事があるやろ」と正義感でTwitterに投稿したもの。

動画を見るとWi-Fiが繋がらないと言いクレームを言う客に対して店員は「先ほど電源を確認してきたのですが……」と釈明。
すると客は「ごめんで済んだら警察もいらねえよな!」と輩のような発言。

ついには店員の名前を聞き出し「サービスくらいしたら良いんじゃねえの?」とサービスを要求。店員は怯えるように
「よろしければお飲み物お出しさせて頂きます」とするとクレーマー客は「じゃあ出して、俺一切出さねえから」と今期間限定販売している
『パリパリ旨塩チキン』を3ピースを無料で提供させた。

そして受け取って去る際に「はい無料でーす」と嬉しそうに発言して動画は終わった。

Wi-Fiは本当に不調だったのか? そもそも元から恫喝して商品を提供させる目的だったのではないかと思えるこの動画。
映像を撮影している意図も不明である。

そもそもフリーのWi-Fiはあくまでサービスで、それが繋がらないからと言って商品を要求するのはただの恐喝、恫喝になるのではないだろうか?
最後の「はい無料でーす」の一言で元々無料で貰う気だったかと疑いたくなるくらいだ。

※記事に動画あり
https://gogotsu.com/archives/50404
no title

no title

no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556477350/


続きを読む

ネットニュースやSNSだけを参考にする人は内閣支持率が高め 朝日新聞調べ

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [JP] 2019/04/27(土) 00:10:26.19 BE:329591784-PLT(12100)
dxvxindex

インターネットのニュースサイトやSNSだけを参考にしている人では、内閣支持率は高く憲法改正にも前向き――。
朝日新聞が実施した郵送世論調査で、こうした実態が浮かんだ。

政治や社会の出来事についての情報を得るとき、参考にするメディアを六つの選択肢から複数回答で選んでもらっ
たところ、「テレビ」が88%、次いで「新聞」が65%、「インターネットのニュースサイト」は51%。「ラジオ」18%、「雑
誌」13%、「ツイッターやフェイスブックなどのSNS」12%と続いた。

この中で参考にするメディアの組み合わせで、「ニュースサイト」や「SNS」だけを参考にしている人(全体の5%。
以下「ネット限定層」とする)に着目すると、特徴的な傾向があった。

「ネット限定層」の内閣支持率は60%で、全体の43%と比べて高かった。憲法を「変える必要がある」と答えたのは
68%を占めた(全体は38%)。安倍内閣の政策で「景気・雇用」を評価する人が多かった。
参院選の比例区で「仮にいま、投票するとしたら」と聞くと、自民が64%(同43%)を占め、立憲民主は10%(同17
%)だった。

「ネット限定層」は、30代以下が半数を占めるほか、男性が6割と多めだ。
政治とメディアの関係に詳しい逢坂巌・駒沢大准教授は「インターネットやSNSだけを参考にしている人たちには、
森友・加計問題など安倍政権のネガティブな情報があまり響いていないのだろう」と分析。「ネットやSNSでは、自分
が好きなものの情報に触れるのは当然のこと。安倍政権は、経済指標を上げた『改革派』のイメージ作りをしており
、働き盛りの男性でテレビや新聞をみない層に、好意的に受け止められているのではないか」と話す。

調査は3月上旬から4月中旬に実施し、有効回答は2043で回収率68%。

https://www.asahi.com/articles/ASM4T61GDM4TUZPS006.html?iref=comtop_latestnews_01
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556291426/


続きを読む

LINE 赤字103億円に スマホ決済20%還元キャンペーンで

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/25(木) 00:45:43.96 _USER
20190424-00000179-kyodonews-000-1-view
無料通信アプリ、LINEの先月までの3か月間の決算は、スマホ決済の普及に向けて行ったキャンペーン費用がかさんだことなどから、最終的な赤字が103億円に膨らみました。

発表によりますと、LINEの先月までの3か月間の決算は、売り上げが広告収入の伸びなどで前の年の同じ時期より13.5%多い553億円でした。

一方、最終的な損益は103億円の赤字と、13億円の赤字だった前の年の同じ時期と比べて、赤字額が大きく膨らみました。

これは、スマホ決済の「LINEPay」の利用者を増やすため、支払額の20%を還元するキャンペーンを行ったことや、加盟店の獲得のために一部の手数料を無料にしたことなどによるものです。

会社は、キャンペーンによってスマホ決済の利用者は大幅に増えているとしていて、今後も積極的に続ける方針です。

スマホ決済は、IT企業や携帯電話会社、金融機関の相次ぐ参入で乱立状態になっていて、大胆なポイント還元を売りにした利用者の獲得競争も激しくなっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190424/k10011895301000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1556120743/


続きを読む

Instagramが「いいね!」数公開を中止を検討、群衆心理の抑制を狙う

1: 田杉山脈 ★ 2019/04/20(土) 18:48:03.43 _USER
2019-04-20-instagram-no-like-counter
Instagramではデザインに小さいが重要な変更を加えることを検討している。これは最近問題になっている群衆心理的なユーザー行動を抑制することを狙っている。Instagramはこう述べている。

「我々はユーザーが単に投稿の「いいね!」数に注目するのではなく、フォローしている相手のコンテンツそのものに注意を払うよう期待している。今回のプロトタイプでは、実際に投稿したたユーザーだけが自分の投稿の「いいね!」数を見ることができるユーザーインターフェイスをテストしている」。

「いいね!」数の一般公開を中止することはInstagramユーザーが群衆心理に陥って暴走するのを減少させるの効果がある。ことにユーザーが投稿を共有するまでば「いいね!」数を知ることができないとなれば数を競い合う傾向を抑えることができるだろう。また「いいね!」の数ではなく、投稿のコンテンツの質に集中するようクリエーターを促す効果もあるはずだ。

新しいUIデザインがテストされていることはリバース・エンジニアリングのプロ、Jane Manchun Wong氏が発見した。Wong氏はこれまでもたびたび正式発表の前にInstagramの新機能を発見し、TechchCrunchに情報提供してくれた。Wong氏はInstagramのAndroidアプリのソースコード中に新UIを発見し、上のようなスクリーンショットを生成することができたという。

画像左側のInstagramのフィードでは「いいね!」数のトータルはわからないが、「いいね!」したユーザーのプロフィールはいくつか表示される。自分自身の投稿には「いいね!」数が表示されるが、「これを見ることができるのは投稿者本人だけ」という注意が表示される。

多くのInstagramユーザーは期待したほど「いいね!」が集まらなかった投稿を削除したり、本来のアカウントに投稿するのがはばかられるようないかがわしいコンテンツをFinstagram(フィンスタ)などと呼ばれる別アカウントに投稿したりする。「いいね!」数が一般公開されなくなれば、こうした無益な競争や気遣いが減少し、投稿のコンテンツにもっと集中するはずだ。

TechchCrunchの取材に対し、Instagramの広報担当者は新しいUIをテストしていたことがあるのを認め、以下のように述べた。

「現在、このプロトタイプのテストは行っていないが、Instagramのユーザーが感じがちな競争的圧力を減らす方策の一環として各種の新しいデザインを検討してきたのは事実だ」。

TechCrunchがこれまで報じてきたビデオチャット、ストーリーのサウン、アプリの利用時間を示すダッシュボードなど、テスト中の新機能はその後すべててInstagramの正式な機能として追加されている。

Won氏が発見した他のプロトタイプ機能同様、「いいね!」カウンターの表示範囲制限も近く正式機能となる可能性が高い。この変更は「いいね!」数をめぐる競争が非生産的であり、場合によってはユーザー心理に有害な影響をもたらしているという見方が強まったいることに対応するものだろう。Instagram の共同創業者のケビン・シストロム氏は2016年に私のインタビューに答えてInstagramがストーリーをスタートさせたのはユーザーを「いいね!」競争の重圧から少しでも遠ざけるためだったと語った。

先月、Twitterはリツイート数を知るためには余計にタップする必要があるというプロトタイプをテストしている。これもリツイートの件数を競い合うという不健全なユーザー行動を抑制するのが目的だった。Snapchatはこれまで「いいね!」数もフォロワー数もユーザーに表示したことがない。【略】

こうしたユーザーインターフェイスはインフルエンサーには不利に働くがユーザーが群衆心理で暴走するのを抑えるのには役立つだろう。ユーザーが「いいね!」数に夢中になり過ぎるとナルシシズム、嫉妬、自尊心の喪失などを招く危険性がある。

【訳者注】TechCrunchではNetflixのヒット映画に影響されて目隠して危険な動作をする「バードボックス・チャレンジ」という動画投稿の流行について解説している。InstagramやTwitterなどのソーシャルメディアに投稿して「いいね!」数を競う心理の広がりが「目隠し運転」などの愚行を助長しているという意見が強まっていた。
https://jp.techcrunch.com/2019/04/20/2019-04-18-instagram-no-like-counter/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555753683/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ