SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:携帯関連全般

国連、職員の「WhatsApp」使用を禁止 安全性を問題視

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/25(土) 18:10:06.88 _USER
098b2d482c5dc05161c8f7ab826ac0ad
国連が職員に対して、対話アプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」の職務上の使用を事実上、禁止としていることが明らかになった。安全性やプライバシー保護の問題から、2019年6月に勧告したという。事務総長の副報道官が23日に明らかにした。

ワッツアップには利用者とその連絡先の居場所を追跡できる機能がある。国連職員がいつ、どこで、誰と会合をしているかなどの内部情報が流出するリスクが高いという。

ワッツアップを巡っては、国連人権理事会の特別報告者が22日の声明で、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)の携帯電話がワッツアップを通じてハッキング被害に遭ったとして、関係当局による迅速な捜査を求めていた。サウジアラビアのムハンマド皇太子が関与していた可能性がある。

国連関係者によると、フェイスブック傘下のワッツアップ以外にも楽天が14年に買収した通話アプリ「バイバー」が利用禁止となっている。一方、米対話アプリ「シグナル」はプライバシー保護機能が高いと認定、他に手段がない場合は同サービスを使うよう呼びかけている。

国連では17年に北朝鮮制裁委員会の専門家パネルがサイバー攻撃に遭うなど職員や高官がハッキングの標的になっている。

ワッツアップの使用を巡っては、ドイツの自動車部品大手コンチネンタルが18年6月に社員の利用を禁じた。アプリによる携帯電話内の情報へのアクセスを制限できないことを理由に挙げた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54845170V20C20A1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579943406/


続きを読む

スマホ決済、気づけば借金 若者に多重債務リスク 昨年末120万人超 膨らむリボ払い、ローンへ

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/25(土) 18:13:52.79 _USER
svsdindex
多重債務者が再び増え始めている。融資額に規制ができた2010年度から減少して2年前には115万人程度になったが、足元は約120万人と増加基調に転じている。背景にあるのが、スマートフォンを使う買い物と簡単な借り入れの増加だ。キャッシュレス決済の普及もあり、個人が気づかないうちに多額の借金を抱えるリスクにさらされている。

多重債務者は複数の事業者から借り入れをして、返済に困っている人を指す。明確な定…
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54815460U0A120C2EA4000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579943632/


続きを読む

スマホの回線がスピード上がるのは分かるけどスマホで大容量の情報転送するか?

1: スナネコ(秋田県) [ES] 2020/01/25(土) 21:42:35.05 BE:194767121-PLT(12001)
best-speed

5G技術が活躍するスマートな日常がもうそこまで! - DOCOMO Open House 2020より
https://news.mynavi.jp/article/20200125-5gsmartcitydocomoopenhouse/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579956155/


続きを読む

「ゆうちょ通帳アプリ」2月下旬スタート スマホで残高や入出金を確認できる

1: ムヒタ ★ 2020/01/24(金) 14:54:08.79 _USER
 ゆうちょ銀行は1月24日、「ゆうちょ通帳アプリ」のサービスを2月下旬に始めると発表した。ゆうちょ銀行の総合口座を持っていれば、スマートフォンで残高や入出金を確認できる。これに伴い、類似の機能を持つ「ゆうちょダイレクト残高照会アプリ」は4月30日にサービスを終了する。
no title


 ゆうちょダイレクト残高照会アプリとは異なり、ネットバンキング「ゆうちょダイレクト」に登録しなくても使える。振替口座、キャッシュカードを使っていない総合口座や法人口座は対象外。4桁のパスコードやAndroidのパターン認証、指紋認証、顔認証によるログインに対応する。

 口座の残高や入出金の明細が確認できる他、月々の収支を自動でグラフ化して表示する機能も搭載。今後も順次機能を追加する。
2020年01月24日 13時40分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/24/news095.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579845248/


続きを読む

成長が続く中古スマホ市場--世界出荷台数は2023年に約3.3億台、670億ドル規模へ拡大

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/21(火) 15:41:41.06 _USER
 IDCは、中古スマートフォン市場に関する調査結果を発表した。2018年における世界全体の出荷台数は1億7580万台で、これが2019年には17.6%増の2億670万台へ増えると見込む。さらに、2023年には3億3290万台、670億ドル(約7兆3653億円)規模へ成長すると予測した。2018年から2023年にかけて、出荷台数が年平均成長率(CAGR)13.6%のペースで増加するとみた。
Worldwide Market for Used Smartphones Forecast to Grow to 332.9 Million Units with a Market Value of $67 Billion in 2023, According to IDC(英文)
https://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prUS45865720

 未使用の新品スマートフォンの出荷台数は減少傾向にあり、今後数年間の予想も微増にとどまっている。これに対し、中古スマートフォン市場の拡大は、世界の全地域で減速の兆候が見当たらないという。

 IDCは、中古スマートフォンに対する需要が高い理由として、最新モデルに比べ安価なことと、メーカーが比較的低価格で満足できる性能の新モデルを投入していることを挙げた。そして、環境保護に対する意識の高まりも中古スマートフォン人気の一因だが、今後も節約意識が同市場の成長をけん引し続ける、とした。

 今後の状況については、5Gネットワークおよび5G対応スマートフォンが普及していくことで、既存の4G対応スマートフォンを下取りに出して5Gスマートフォンへ移行する人が現れ、中古スマートフォン市場が影響を受けるとみている。

 中古スマートフォンの出荷台数と、各地域の世界全体に占める割合について、2018年の実測値、2023年の予測値、その間のCAGRは以下のとおり。

●北米
2018年:3900万台、22.2%
2023年:8720万台、26.2%
CAGR:17.4%

●その他地域
2018年:1億3680万台、77.8%
2023年:2億4570万台、73.8%
CAGR:12.4%

●合計
2018年:1億7580万台
2023年:3億3290万台
CAGR:13.6%

no title

中古スマートフォンの出荷台数(出典:IDCの公表データをグラフ化)

 なお、IDCは調査を実施する際、一般的に販売されている中古端末のほか、Appleやサムスン電子などが手がけている整備済みの再生品も中古スマートフォンとして集計した。

2020年01月21日 15時30分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35148071/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579588901/


続きを読む

「カレの携帯をチェックしたことがある」OLは78%!男の浮気はこうやってバレる

1: ◆d9eTMNEKrI (SIM) [VN] 2020/01/05(日) 02:33:30.33 ● BE:547841423-PLT(25252)
lklk

『週刊プレイボーイ』で連載中の『帰ってきたOL萌え萌え倶楽部 VOL.462』。毎回、旬なお題にOLたちが答えてくれたアンケートから厳選してお届けしております。

読者の皆さんは、浮気、バレていませんか? 女性たちがどのようにして浮気に気づいていくのか、聞いてみました。

●友達を口説いていた   
合コンきっかけで付き合い始めたカレは、ひいき目でなく、モテる系なので浮気を常に心配してました。そんななか、お風呂にまでスマホを持っていったりと、なんだか怪しい。女の勘がはたらき、親友に相談したところ、
彼女がカレに口説かれていることが発覚。私の面目丸潰れ! カレに言ってやったら、「いや、M(私)の好みをきちんと知りたくてさ。サプライズ仕掛けようと思ってたから」だって。アホか!
(手の指がしなやかで長く白いのが自慢の商社・28歳)

●マッチングアプリでバレる   
カレがマッチングアプリをやっていることが、友人からのタレコミで発覚しました。カレ、身バレ防止でSNSでつながっている友人とはマッチをしないような設定にしていたらしいのですが、女性側も同じような設定にしている場合だと、マッチできてしまうらしく。いつこの話をしてやろうかな(怒)。
(ユーチューバーになりたい通信・26歳)

●直接話をふってみる   
付き合い始めて1年ちょいのカレが挙動不審。怪しいと思って携帯チェックしたら、合コンに参加してたんです。そこで試しに、「友達のカレ、最近合コン行ってるみたいでさ。ひどいよね」と言ってみたら、オドオドして「でも、人数合わせだったんじゃない?」
と言いだして「でもあなたは人数合わせでも出ないでしょ?」と聞いてみると、食い気味で「もちろん!」と言うんです。そのわかりやすさがおかしくて「バレてるよ、この間、合コン行ったの」と言ってやりました。わかりやすく青ざめていました(笑)。
(カラダの中で一番の自慢は手の指な商社・26歳)

つづく

ソース
https://wpb.shueisha.co.jp/news/lifestyle/2020/01/03/110436/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578159210/


続きを読む

(ガラケー)携帯電話の旧型機種で内蔵カレンダーが2020年以降に対応していない機種がある模様

1: スフィンクス(テレビ大阪) [US] 2020/01/01(水) 15:15:39.09 BE:697145802-PLT(15610)

https://twitter.com/H_Tenko/status/1212249520299360257
テンコ@単行本発売中!@H_Tenko
えっ……2020年になってからガラケーがバグって、
カレンダー2000年になって時間止まったんだけど……。
姉ちゃんのガラケーも他のやつもみんな止まってるし、
ガラケーって2020年に行けないのか!!??
no title


https://twitter.com/aprilone__78/status/1212235832821551104
くにぴょん@aprilone__78
使っているガラケーのカレンダーと時計が、0月0日0時0分になって動かないのだが、
もう使うなって事かな。
no title


https://twitter.com/nakamu_405/status/1212219052464070657
なかむー@nakamu_405
母がずっと前に使ってたガラケーが2019年までしかカレンダーがなかったらしくて、
2020年になって表示がバグってる😳ヒェェ
no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577859339/


続きを読む

スマホに10万円以上を費やす消費者が10%未満にまで低下しているという調査結果

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/31(火) 22:10:53.38 _USER
00_m
Appleの最新モデルであるiPhone 11 Proは税別10万6800円から、Samsungの折りたたみ式スマートフォンであるGalaxy Foldにいたっては税別24万5520円からと非常に高価です。ハイエンドモデルのスマートフォンは10万円超えと非常に高価ですが、メディアでも多数取り上げられているため、あたかも大きな需要があるかのように感じるもの。しかし、実際のところは高価な端末を一般消費者は求めていないことが如実にわかる調査結果が公開されています。

市場調査企業のNPDによると、アメリカでは一般消費者の「1台のスマートフォンを使用する期間」が年々長くなっているとのこと。いわゆる機種変更までの期間が年々遅くなっているということで、AppleやSamsungといったスマートフォンメーカーの端末は年々売れなくなっており、これはメーカーにとって大きな課題となっています。

NPDによる最新の消費者意識調査によると、ますます多くのスマートフォンユーザーが「スマートフォンの機種代金に1000ドル(約11万円)以上費やしたくない」と回答するようになっており、スマートフォンの機種代金に1000ドル以上を支払ってもいいと回答したのは、調査対象のうちわずか10%未満だったそうです。つまりこれは、スマートフォンメーカーのフラグシップモデルとしてメディアの注目を集めるiPhone 11 ProやGalaxy S10といった端末は、消費者の選択肢から除外されつつあるという現状を示しています。

大多数の消費者が1000ドル以上のハイエンドのスマートフォンを敬遠していますが、アンケート調査に参加した消費者が使用している端末の上位10機種のうち、39%が1000ドル以上のハイエンドスマートフォンだったそうです。なお、アメリカの人口の実に29%が上位10機種のスマートフォンを利用しているとのことなので、まだまだハイエンドスマートフォンユーザーは多数存在することがわかります。

日本では2020年からの商用化が期待されている第5世代移動通信システム(5G)ですが、アメリカや韓国では既に商用サービスがスタートしており、2019年には30機種超の5G対応スマートフォンが登場しました。既にサービスがスタートしているアメリカでの5Gの認知度は73%となっています。ちょうど1年前に行われた同様の調査では認知度が44%であったことから、5Gはかなりの認知度アップに成功していることがわかります。

加えて、消費者の5G対応スマートフォンへの購買意欲も高いそうで、消費者が望まない「1000ドル以上」という端末価格で販売されている場合でも、消費者は5G対応スマートフォンならば「仕方がない」と考えている模様。加えて、1000ドル以上という高価なスマートフォンへの機種変更を控えていると回答したユーザーの中には、「5G対応スマートフォンへの乗り換えに備えて」高価なスマートフォンへの機種変更を避けているという回答もありました。

NPDによると、地域によってスマートフォンの機種代金に支払えるという上限額にはバラツキがあるそうで、ニューヨークやロサンゼルスといった都市部の消費者は、他の地域のユーザーよりも1000ドル超のハイエンドスマートフォンを求める割合が25%も高いことが明らかになっています。なお、この傾向は都市部の消費者の方が平均所得が多いからなのか、それ以外の要因によるものなのかは不明です。

海外テクノロジーメディアのArs Technicaは、ニューヨークやロサンゼルスといった都市部の消費者がスマートフォンの機種代金により多くの費用をかけてもよいと回答した理由について、「高価なフラグシップ端末について報じるメディアの関係者や専門家の多くが都市部に住んでいるからかもしれない」と記しています。

また、フラグシップモデル以外のスマートフォンについての報道が少ない理由について、「報道機関やインフルエンサーにとって、2、3年前の技術を使って開発された端末は単純に面白いものではない」と説明。

先進国のスマートフォン市場は飽和気味にあるため、スマートフォンにとっての成長市場は発展途上国となるわけですが、発展途上国の消費者がスマートフォンに1000ドル以上を費やす可能性がさらに低くなることは明らか。

これらの情報から、Ars Technicaは「AppleはiPhone 8を500ドル(約5万5000円)程度で提供していますが、豊かな主要都市以外の市場に対応するために、(フラッグシップモデルよりも)さらに価格を下げた端末を導入する余地がありそうです」と記しています。

なお、市場調査会社のCounterpoint Researchが公開した2019年第3四半期(10〜12月)のスマートフォン販売数シェアに関するデータでも、高価なハイエンドモデルの売上が落ち、手頃なミドルレンジモデルの躍進が明らかになっています。
https://gigazine.net/news/20191230-smartphone-high-end-demand-drop/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1577797853/


続きを読む

2019年になぜ「スマホからPCへの回帰」が現れ始めたのか

1: 田杉山脈 ★ 2019/12/30(月) 20:27:23.81 _USER
tm1989_1912_01
今年取材した中で最も印象的だったのは、海外で10代の若者がスマートフォンよりPCに接する時間が増えているという調査結果だった。これは日本HPが新製品発表会で紹介した数字で、米国、中国、ドイツのZ世代(22歳未満)がミレニアル世代(23歳〜28歳)に比べて有意に増加しているという。PCからスマートフォンへのシフトが叫ばれて久しいが、それに逆行するような動きだ。

 この調査そのものは、スマートフォンではなくPCの巨大メーカーであるHPが行ったものであり、各世代の調査を別々に行っているなど、そのままストレートに受け入れていいのか慎重になる必要がある(いずれもHPの現地法人がそれぞれ市場研究のために集めたデータ)。

 とはいえ、同社がこうした市場データに基づき、22歳未満のZ世代に向けたPCの商品企画で業績を伸ばしていることを考えれば、ある程度は信頼に足る「動向」「流れ」といえるだろう。

この動きの本質はまた、来年以降のテック市場の行く末も示唆している。それは今年1月のコラムで予想したこととは真逆の方向。いわゆる「モノ」から「コト」への変化だ。ただし、モノの価値が落ちる、という話ではない。

「スマホからPCへの回帰」の実態をこう考える
 日本HPの分析では、Z世代は写真や動画を自分で発信する利用者が多く、コンテンツクリエイションのためにPCを用いているのだという。コンテンツクリエイションには、それなりの時間と手間がかかるため、スマートフォンやタブレットではなくPCを用いることが多い上、トータルの接触時間が長くなるということだ。

 またスマートフォンで接触した動画などを、より大きな画面で楽しみたいニーズも無視できないという。テレビではなくPCで楽しむ理由は、よりネットへの親和性が高く、素早くコンテンツにたどり着けるからだろう。

 この辺りは、本記事を読んでいる皆さんも日常的に実感しているのではないだろうか。

 単純に「リッチなメディアを使って、自分でクリエイションをし始めたから」「パワフルなツールでよりクリエイティブなことをしているから」といった理由で「スマートフォンよりパワフルなPCを使っているのだ」とも捉えられるが、一方で各種デバイスの位置付けが定まってきたことで、消費者がいよいよ「モノ」から「コト」へと、価値を感じる対象をシフトさせているのでは? というのが僕の考えだ。

 スマートフォンに比べてPCが得意なことは、大画面とより複雑な作業に向いたユーザーインタフェースを通じて行うクリエイティブな作業と、複数のアプリケーションを連動させながらの複数メンバーでの共同作業などがある。

動画や写真の自分発信、デジタルでの創作作業などがPCへの回帰をもたらしているというのはその通りだが、彼らが求めているのは「PCというモノ」ではなく、「デジタルメディア、SNSを通じた自分発信というコト」だ。

 PCの黎明期は、新しい製品に買い換えるだけで「何か新しい体験」がもたらされ、その「何か分からないこと」への期待感が買い替えを促し、市場が大きくなり、大きくなった市場にコンテンツやアプリケーションが集まった。

 これはスマートフォンも同じだ。iPhoneが生まれ、そこにアプリ市場が立ち上がってから5〜6年は、毎年のように「新しいスマートフォンが新しい何か」をもたらしてくれた。

こうした時期には、まさに「新しいモノ」へと買い換えるだけで、消費者は満足を得られる。しかしモノを買い換えるだけでは、新しい体験を得られなくなってくると、モノから目線は外れてくる。

 HPの調査は「PCが復活した」のではなく、PCもスマートフォンも製品、市場ともに成熟が進み、目的……すなわち「コト」に応じて道具を使い分けるようになった結果なのだと思う。
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1912/30/news011.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1577705243/


続きを読む

ながら運転は2秒までならokって車カスはテレビで見たと思うが嘘だからな。元特捜部検事「根拠ない」

1: ハダル(京都府) [GB] 2019/12/08(日) 13:07:58.96 ● BE:842343564-2BP(2000)
35677549878eebc23fec51950111804b

2秒以上のながら運転はアウト…実は根拠が弱かった 一部の報道に誤りも
https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20191208-00153643/

 「ながら運転」の厳罰化から1週間。アウトとセーフの境目を解説した報道が目立ったが、誤りも散見された。道路交通法の条文を見ていないからだろう。改めて規制の内容を示したい。

条文の中身は
 すなわち、規制は法律の条文に基づいて行われるものだから、何よりも道交法の条文にどう書いてあるのかが重要となる。問題の「ながら運転」については、次のように規定されている。

「自動車又は原動機付自転車…を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置…を通話のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置…に表示された画像を注視しないこと」(道交法第71条第5号の5)

 「自動車」には4輪の乗用車やトラックだけでなく、2輪のオートバイなども含まれる。

 ただし、「無線通話装置」は、その全部又は一部を手で保持しなければ送受信できないものに限られている。

 一方、「通話」は、傷病者の救護や公共の安全の維持のため走行中に緊急やむを得ずに行う場合は規制から除外されている。

 また、速度計や走行距離計などを車載モニターの画面にデジタル表示したり、車両後方の映像を表示する自動車も増えているが、これらは「画像表示用装置」には含まれないとされている。

処罰される行為は
 「ながら運転」の規制に関する条文は以上のとおりだ。もっとも、法律が「やったらダメ」と規定しているからといって、これに反する行為のすべてに刑罰が科されるとは限らない。何らかのプラスアルファの条件を要求される場合も多いからだ。

 そこで、さらに「罰則」の章まで目を通しておく必要がある。具体的には、次のような条文になっている。

(1) 懲役6か月以下又は罰金10万円以下に処される行為

「第71条第5号の5の規定に違反して無線通話装置を通話のために使用し、又は自動車若しくは原動機付自転車に持ち込まれた画像表示用装置を手で保持してこれに表示された画像を注視」

(2) 懲役1年以下又は罰金30万円以下に処される行為

「第71条第5号の5の規定に違反し、よって道路における交通の危険を生じさせた」
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1575778078/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ