SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:携帯関連全般

スマホ、もう世界的に売れない 「今使ってるやつで十分」という嫌儲思想が広まったか

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/11/05(月) 18:26:56.06 ● BE:324064431-2BP(2300)
gsdindex

世界スマートフォン出荷台数、Q3も減少--中国やサムスンが影響


 第3四半期の世界スマートフォン出荷台数が、前年比で8%減少し、3億6000万台となったという。市場調査企業Strategy Analyticsが米国時間11月1日に明らかにした。
スマートフォン出荷台数は、4四半期連続の減少となる。

 Strategy Analyticsのディレクターを務めるLinda Sui氏によると、「スマートフォン市場は事実上後退期にある」という。「スマートフォン業界は通信キャリアの購入補助金の大幅な減少、
買い替えサイクルの長期化、複数地域での在庫増加、刺激的なハードウェア設計のイノベーションの欠如を受け入れるのに苦労している」(Sui氏)

 IDCも米国時間11月2日、第3四半期の数字を発表したが、Strategy Analyticsの数字と概ね一致している。IDCは第3四半期の落ち込みの主な要因として、
世界最大のスマートフォン市場である中国とサムスンを挙げた。IDCは、2019年から中国の回復の兆しが見えると予想している。

 IDCのリサーチマネージャーであるAnthony Scarsella氏は、「ホリデーシーズンを含む四半期は、さまざまな新型フラッグシップデバイスが販売される刺激的な四半期になるはずだ。
新型『iPhone』『Mate 20』『Pixel 3』『V40』『Note9』『OnePlus 6T』の登場により、消費者はアップグレードの時期が近づいたときに非常に多くの選択肢の中から好きなものを選べるようになるだろう」と述べた。

 サムスンは世界スマートフォン市場の20%を占め、首位を維持しているが、出荷台数は前年同期比13%減の7230万台となった。
中国やインドの大規模な市場でHuawei(ファーウェイ)やXiaomi(シャオミ)など中国の競合企業の勢いに押されている。Strategy Analyticsは、「手遅れになる前に」サムスンは問題に対処する必要があると述べている。

 サムスンに次ぐ2位のHuaweiは第3四半期、出荷台数が32%増の5200万台となった。HuaweiのAndroidスマートフォンは北米では大きな存在感を示していないが、
米国外では「広範な人気」を得ており、世界スマートフォン市場の14%を占めている。

 3位のAppleは、出荷台数が横ばいの4690万台となり、スマートフォン市場の13%を占めた。Strategy Analyticsは、「『iPhone XR』『XS』『XS Max』シリーズの需要は堅調だが、
Appleが容赦なく値上げにフォーカスしたことで、全体的な出荷台数の成長を抑えている」と述べた。

 4位はXiaomi(9.2%)、5位はOppo(8.7%)となっている。


https://japan.cnet.com/article/35128097/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541410016/


続きを読む

未だに携帯の電波が届かない集落が日本に割とぎょうさんあるらしい

1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [JP] 2018/11/04(日) 23:02:20.36 BE:592048191-PLT(13345)
795ee6d82766f63caec41b19a7d2bae7

携帯電話が生活に欠かせないインフラとなる中、いまも利用ができない小さな集落や登山道などでの整備負担のあり方を検討する国の会議が始まり、出席した県の担当者は、県内
では1247世帯の3369人が電波が届かない地域に住んでいると報告しました。

この会議は総務省が設置し、携帯電話の電波が届かない地域の解消を目指して、携帯電話事業者や自治体の担当者、それに有識者らが意見を交わします。
初会合の2日は、総務省から、携帯の電波の人口カバー率はすでに99.99%に達している一方、いまも電波が届いていない集落が、東北地方を中心に全国で1200か所以上
あるという調査結果が示されました。
このうち、県の担当者は、県内では1247世帯の3369人が電波が届かない地域に住んでいると報告しました。
さらに、県道でも電波が届かない地域があり、生活や仕事にも不便な上、過去の台風の被害で集落が完全に孤立した事例もあるとして、整備を求めました。
これに対して、携帯電話事業者からは、点在する10人の集落などを民間ですべて整備していくことは、採算上、厳しいという意見が出されました。
会議では、今後、国と地方自治体、携帯電話事業者などで、通信網を整備するための負担のあり方を検討し、来年1月に骨子案をとりまとめるとしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/morioka/20181102/6040002505.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541340140/


続きを読む

世界のスマホ出荷台数 去年同期比6%減 躍進する中国勢

1: ムヒタ ★ 2018/11/02(金) 13:54:40.21 _USER
474index
世界のスマートフォンの最新の3か月間の出荷台数が1日、発表され、最大手の韓国のサムスン電子が大きく減らしたことから、全体で6%減る一方、メーカー別のシェアは割安なスマートフォンを販売する中国メーカーの躍進が目立っています。

アメリカの調査会社IDCによりますと、ことし7月から9月までの3か月間に世界で出荷されたスマートフォンの台数は3億5520万台で、去年の同じ時期より6%減りました。

これは、韓国のサムスン電子が13.4%の大幅な減少となったことが主な要因です。

メーカー別のシェアは、サムスン電子が20.3%で首位を維持し、次いで中国のファーウェイが14.6%、アメリカのアップルは13.2%で3位でした。

3か月前にアップルを初めて抜いたファーウェイは、引き続き各国で販売を伸ばし、じりじりとサムスン電子を追い上げています。

また、4位はインドやインドネシア、スペインなどで伸びている中国のシャオミで9.7%、5位はことし日本でも販売を始めた中国のOPPOで8.4%と、割安なスマートフォンを販売する中国メーカーの躍進が目立っています。

IDCは「出荷台数は、世界全体で4四半期連続の減少となり、スマホ市場の将来に疑問も出てくる」として、市場の拡大に慎重な見方を示しました。
2018年11月2日 12時39分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181102/k10011695791000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541134480/


続きを読む

OPPO「Find X」、11月9日発売

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/29(月) 18:40:13.03 _USER
OPPO Japanは、11月上旬発売と案内していた「Find X」を、11月9日に発売する。公式Twitterアカウントでアナウンスされているほか、各オンラインショップでも発売日が案内されている。

 OPPOによる販売予想価格は税抜11万1880円(税込12万830円)。Amazon.co.jpでは税込11万9730円、ヨドバシカメラでは税込12万830円(1209ポイント還元)と案内されている。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1150355.html
no title
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540806013/


続きを読む

格安SIMは「店舗での契約」が6割超、MMD研究所調査

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/29(月) 18:39:15.25 _USER
 MMD研究所は、2018年版の「格安SIM契約者の契約に関する実態調査」の結果を発表した。調査対象は、メインで利用する通信サービスとして、2018年1月〜9月に格安SIMを契約した20〜69歳の男女750人。
no title


 本調査における格安SIMの定義としては、MVNO各社に加えて、MNOのサブブランドを含んでいる。調査対象のうち、Y!mobileを契約したユーザーが33.9%で最多。楽天モバイルが26.9%、UQ mobileが13.6%、mineoが9.5%と続いた。

店舗での契約が66.9%、安心感を求める声
契約場所についての質問では、Webでの契約が30.5%に対し、店舗での契約は66.9%と大きく差が開いた。シェア上位のサービスではこの傾向が顕著で、先の設問で上位となったY!mobile、楽天モバイル、UQ mobileの3サービスに限ると、店舗での契約が80.3%を占めた。

 店舗での契約を選んだ理由の上位は、「対面式での契約が安心するから」(48.0%)、「自宅から行きやすい場所に店舗があるから」(37.8%)、「即日手続きができてSIMを受け取ることが出来るから」(20.5%)だった。

 一方、Webでの契約を選んだ理由としては、「申し込みが簡単だから」(66.8%)、「待たずに契約が出来るから」(35.8%)、「受付時間内であれば好きな時間で申し込みができるから」(24.0%)などが挙げられた。
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1150319.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540805955/


続きを読む

スマホに著作権料を上乗せする動きがあるそうな

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [CN] 2018/10/24(水) 18:00:59.77 BE:194767121-PLT(12001)
ebd3a_1186_72b1507e_19e2ec61

10月23日、文化庁において、「文化審議会著作権分科会 著作物等の適切な保護と利用・流通に関する小委員会(第4回)」の会合が開催された。

普段、スマホや通信料金を取材するライターが初めて、文化庁を訪れて、この会合を傍聴、取材してきた。なぜなら、この会合でスマホの
販売に対して「補償金を載せる」という不穏な動きがあるという話を聞いたからだ。

現在、著作権法30条2では、録音や録画に対して、著作権者への補償金の支払いを義務づけている。これを「私的録音・録画補償金制度」という。
録音に対しては1993年6月から実施されており、DAT(デジタル・オーディオ・テープレコーダー)やDCC(デジタル・コンパクト・カセット)、
MD(ミニ・ディスク、オーディオ用CD-R、オーディオ用CD-RWなどが対象となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00010003-engadgetj-sci
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540371659/


続きを読む

モバイルバッテリー、「ポケモンGO」以来の需要急増 理由は

1: ムヒタ ★ 2018/10/22(月) 14:27:26.44 _USER
 「2018年9月、モバイルバッテリーの需要が“16年夏”以来の伸びを見せた」――マーケティング調査を行うBCNは10月20日、モバイルバッテリーの過去3年間における販売動向をまとめた調査結果を発表した。
no title


 過去3年間(15年9月〜18年9月)でのモバイルバッテリー需要の最初の大きな波は16年7月〜8月にできた。スマートフォンゲーム「Pokemon GO」が同年7月に日本でリリースされ、同ゲームのユーザーがスマホの電池切れ対策にモバイルバッテリーを買い求めた。

 16年夏以来、需要は落ち着いていたが、18年9月に再び大きな波が現れた。前年同期比の販売数量伸び率を週ごとに見ていくと、9月第1週(3日〜9日)にピークを迎え、以降高い需要が続く他、6月第3週(18日〜24日)にも中程度のピークがあることが分かった。
no title


16年夏以来の大きな波、要因は?
 BCNアナリストの森英二さんは、6月に関しては6月18日に発生した大阪府北部地震(最大震度6弱)、9月に関しては台風21号の影響による関西地方の停電や、9月6日に発生した北海道胆振東部地震(最大震度7)による道内の大規模停電が、需要増の要因だと分析している。

 「今やスマートフォンは重要なライフラインの1つ。電源を少しでも多く確保できるモバイルバッテリーは、災害時の備えに必須となっていくだろう」(森さん)
2018年10月22日 13時45分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/22/news077.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540186046/


続きを読む

中国OPPOの「Find X」日本発売決定 真のベゼルレス ノッチなしでカメラが電動で飛び出る 12万円

1: サーバル ★ 2018/10/19(金) 21:40:54.69 _USER9
 OPPO Japan株式会社は、6.4型Androidスマートフォン「Find X」の国内投入を発表した。発売11月上旬以降の予定で、価格はオープンプライス。税別店頭予想価格は111,800円前後の見込み。

 家電量販店やAmazon.co.jpなどECサイトのほか、MVNOキャリアのIIJmio、楽天モバイルからも発売される。

 画面占有率93.8%というほぼ前面がディスプレイの「パノラマアークスクリーン」を採用。上下左右ともにベゼル幅を削減し、ノッチも廃した“真の全画面ディスプレイ”を謳う。

 前述の画面占有率を実現するため、世界初というスライド式の「ステルス3Dカメラ」を採用。前面背面カメラともにスライド式の格納機構に配置され、30万回以上の動作試験をクリアする耐久性により、1日150回動作させたとしても5年間動作するという。

 カメラのセンサーは背面が1,600万+2,000万画素のデュアルレンズ、前面が2,500万画素という仕様。カメラは「AIインテリジェント3Dカメラ」となっており、前面カメラは顔の1.5万ポイントを3Dスキャンすることで、3D顔認証機能を実現している。

 バッテリには1,700mAh×2を搭載。それら直列で接続し、電圧を分散して充電するという独自の急速充電技術「Super VOOC」により、わずか35分の充電で100%充電可能であるとしている。

 そのほかのおもな仕様は、6.4型2,340×1,080ドット有機ELディスプレイ、Snapdragon 845、8GBメモリ、256GBストレージ、OSはAndroid 8.1(ColorOS 5.1)。

 SIMスロットはNano SIM×2。対応バンドはFDD-LTEのバンド1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/29/32/66、TD-LTEのバンド34/38/39/40/42(2,496〜2,690MHz)、WCDMAのバンド1/2/4/5/6/8/19、GSMの850/900/1,800/1,900MHz。

 インターフェイスはUSB Type-Cで、無線LANはIEEE 802.11acに対応。GPSはGPS/aGPSをカバーする。

 本体サイズは74.2×156.7×9.6mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は約186g。本体色はワインレッドとサイレントブルーの2色。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1148849.html


FindX
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1539952854/


続きを読む

携帯料金、欧米は3年間で6〜7割ダウン

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/20(土) 20:10:16.52 _USER
3519d102279f5ec5ba01f9e48a304e57_1540033552_2
携帯電話の料金は、欧米では2017年度までの3年間で6〜7割下がった。これに対し、日本では、NTTドコモが同期間に値下げしたのは1割程度で、高止まり傾向が際立っている。

 ドイツは、携帯電話大手から回線を借りて格安スマートフォン事業を展開する「仮想移動体通信事業者(MVNO)」のシェアが20年前から3割程度と伝統的に高い。政府による促進策もあり、現在ではMVNOシェアが5割近くに達するほど格安スマホが普及。携帯大手も対抗策として値下げしたことから、国内シェア首位の事業者の料金は3年間で71%値下がりした。

 フランスでも12年にフリー・モバイルが第4の携帯事業者として参入。既存事業者の半分以下の料金プランを投入し、市場競争が活性化した結果、シェア首位の事業者は74%も値下げした。英国では、端末の販売と回線契約を分離する契約を推進するなどしたことから、料金値下げが続いている。

 米国では、13年に当時、業界4位だったTモバイルUSが料金プランを一本化したり、他社の解約手数料を肩代わりしたりするなど、業界の慣習に縛られない戦略を展開し急成長した。各社がデータ制限のない料金プランを用意するなど、しのぎを削った結果、シェア首位の事業者の料金は58%値下がりした。

 日本でも事業者の競争を活性化し、値下げと品質維持を両立させることが求められている。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/181020/bsb1810201951004-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540033816/


続きを読む

中古スマホ 小型が値上がり 操作しやすさで人気

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/19(金) 20:00:04.17 _USER
755
スマートフォン(スマホ)の中古市場で、画面が4インチ程度の小型機種が値上がりしている。中古スマホ店では米アップルの旧機種「iPhoneSE」が販売増で品薄となり、値上げが相次ぐ。6インチ前後の大画面化が進むスマホだが、小さな手でも操作しやすい小型タイプを好む女性客らのニーズは根強い。

「SE」は2016年3月に発売された4インチ画面の機種。米アップルの公式サイトでの販売は終了したが、13年発売の…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36699820Z11C18A0QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1539946804/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ