SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:携帯関連全般

主婦(42)「ソシャゲガチャのために30万円を借りて離婚届けを旦那に出されました・・」

1: Olympia ★ 2018/05/28(月) 02:10:53.74 _USER9
101887_201601052035016590_3
ソシャゲ依存になった漫画家 課金ガチャを回し続ける心理とは


主にスマホで遊ぶオンラインゲーム、通称「ソシャゲ(ソーシャルゲーム)」。

都内在住の主婦A子さん(42才)もソシャゲにハマった一人だ。
ある日、A子さんは、夫から突き付けられた離婚届を前に頭を抱えていた。

「最初はちょっとした気持ちで“課金”したんです。カッコよくて萌えるキャラクターが欲しいなって。
今思えば、それがすべての間違いでした。次から次へ新しいキャラが登場し、

お金を払ってそれを手に入れないとクリアできないイベントが出現して…この繰り返し。
気がつけば夫から渡された生活費にも手をつけていました」

男性アイドルの育成ゲームにのめり込み、次々と現れる新キャラを入手するため、
「課金」という形でお金を払い続けた。最初は月に2000円までと決めていた課金額は5000円、1万円、5万円と膨らみ、

いつしかカード限度額の30万円に達した。A子さんがガックリと肩を落としつぶやく。

「月10万円のパート代はすぐに底をつき、カードローンにも手を出しました。
年金や健康保険も滞納してしまったため、督促状を見た夫に問いただされすべてを白状しました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180527-00000002-moneypost-bus_all

夫の実家で家族会議が開かれ、激昂した夫から『少し頭を冷やしたい』と別居を提案されました」

現在は実家で暮らすA子さん。つい数日前、遂に離婚届が届いたという。
しかし、深く反省しているつもりでも、気づけばまたソシャゲに興じる自分がいる。

「もう、自分の意志ではゲームをやめられないんです。私はどうすればいいのでしょうか…」

スマホの登場でオンラインゲームの弊害は主婦層にも

一般社団法人日本オンラインゲーム協会の2017年の調査によると、インターネットを介した国内オンラインゲームの市場規模は1兆2796億円を突破。
このうちスマホやタブレットを使ったソシャゲは1兆1517億円を占めた。
 
内閣府の2017年度調査では、小中高生の7割以上がオンラインゲームをしている。
子供たちのゲーム内の高額課金が深刻な社会問題へと発展するなか、WHO(世界保健機関)は今年1月、
ゲームに依存するあまり日常生活が困難になる症状を、新たな病気として定義した。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527441053/


続きを読む

女子中学生「トイレに録画中のスマホが…」 先生「俺が届けとく」 → 同型機を購入して校長に提出

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/05/26(土) 11:59:44.50 ● BE:601381941-PLT(13121)
f9dd1890-s

女子トイレ侵入疑いで教諭逮捕 スマホで盗撮か

埼玉県警は25日までに、勤務先の中学校の女子トイレに侵入したとして、建造物侵入の疑いで
同県所沢市立中央中の臨時教諭成田伶人容疑者(27=同県富士見市)を逮捕した。トイレの個室内に
録画状態のスマートフォンが置かれており、盗撮目的とみて調べている。

逮捕容疑は14日午後2時50分〜15日午後0時50分ごろ、校舎3階の女子トイレに侵入した疑い。

県警によると、15日の昼休みに女子生徒がスマホを見つけ、近くにいた成田容疑者に届け出た。
成田容疑者はその後、同型機を新たに購入し、同日夜、トイレで見つかったスマホとして校長に提出。
このスマホに録画の形跡がなかったことから、県警が捜査し、購入者の成田容疑者を割り出した。

所沢市教育委員会によると、成田容疑者は4月に採用され家庭科を担当していた。市教委は「指導を徹底し、
信頼回復のため努力する」とのコメントを出した。(共同)

https://www.nikkansports.com/general/news/201805250000793.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1527303584/


続きを読む

人にカメラ向けたらアウトにする? 長崎県警が御意見募集中 現行、先生が教室で25人の下半身盗撮しても立件されず

1: 水星虫 ★ 2018/05/27(日) 06:56:42.99 _USER9
20170226082442
盗撮規制強化で意見募集

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagasaki/20180525/5030000733.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

長崎県警察本部は、盗撮行為の取り締まりを強化するため規制の範囲を
教室や会社の事務所などに広げたり、盗撮目的でカメラを向ける行為を禁止したりする
県の迷惑防止条例の改正案をまとめ、県民から意見を募集するパブリックコメントを23日から始めました。

長崎県の迷惑防止条例では、電車や商業施設などの公共の場所や乗り物以外での盗撮行為は
取り締まることができず、去年長崎市の小学校の教室で教諭がタブレット端末を使っての
べ25人の児童の下半身を盗撮した行為についても
「特定の人しか立ち入らない場所」での行為として立件が見送られました。

県警察本部では、スマートフォンなど小型のカメラが付いた機器の普及が進んでいる上、
公共の場所や乗り物以外でも盗撮行為が発生していることから取り締まりを強化する必要があるとして、
条例の改正案をまとめました。

改正案では学校の教室や会社の事務所、カラオケボックスなどの個室、
それにタクシーや貸し切りバスなどの車内での盗撮行為を禁止するほか、
盗撮目的でカメラを人に向けたり、設置したりする行為自体も禁止されます。

警察は、この迷惑防止条例の改正案をホームページで公開し
県民から意見を募ったうえで、県議会に提出することにしています。

05/25 18:28
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527371802/


続きを読む

脳トレの川島教授「スマホを捨てれば偏差値は10上がる」

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/05/21(月) 06:24:32.51 BE:837857943-PLT(16930)
img_76e60e50fc2625209e26a22510264ab1202060

前回、「スマホを捨てれば子どもの偏差値は10上がる――『ながら勉強』が子どもに与える深刻な影響」という題で東洋経済オンラインに寄稿した。
幸いにも、この記事は多くの読者から反響を得ることができた。

「調べもの」にスマホを使ったらどうなる?
前頭前野の働きを見比べてみると、結果は驚くべきものだった。国語辞書を使っているときは、左右の大脳半球の前頭前野は
活発に働いているのに、スマホを使うと、まったく働いていないことがわかる。

文章を書くときの脳活動計測では、手書きで手紙を書くと前頭前野はたくさん働くのに、パソコンや携帯電話で手紙を書かせても
前頭前野はまったく働かないという結果が出ている。

脳も身体も積極的に使わない状態を、ヒトは楽で便利だと感じる。そして、ヒトは楽で便利なものに価値を見いだし、喜んでおカネを払ってきた。
文明の発達に伴って、人的、金銭的さまざまなリソースが投入され、楽で便利な状態が追求され続けてきた。現在の私たちは、
その恩恵に大いに浴している。

しかし、そんな生活の代償として、失ってしまっているものはないだろうか。

https://toyokeizai.net/articles/-/220685
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526851472/


続きを読む

日本の携帯が中国で負けた、誰も言わない本当の理由

1: ノチラ ★ 2018/05/17(木) 15:01:42.72 _USER
img_f3a1265bbca73db6d9261fc1329f22b044878
誰も言わない
日本の携帯が中国で負けた本当の理由
 私が中国に渡った2001年は、ちょうど中国が“携帯大戦争”に突入した時代である。

 まさに雨後のタケノコのように携帯ショップができ、当時、日本もSONY,京セラ、東芝、NEC……、20社ほどが中国市場に参入していた。

 しかし売り場で見る、日本の携帯はどれもガラステーブルの端に追いやられ、ホコリをかぶっていた。当時、日本と中国では圧倒的な技術差があったにもかかわらず、である。

 当時、その理由を販売員に聞いてみると、

「売れないから。英語だけで中国語が打てないのよ」「使いにくい」「電池の持ちが悪い……」

 私は<えー、それ本当に日本のメーカー製?偽物じゃないか>と思ったが、まさに正規品だった。

中国は、世界市場である。

 日本だと官と企業が一体となり外資参入の壁を高くするが、中国では昔は技術が低かったせいもあり、少なくとも未発達分野の初期は外資を歓迎する(もちろんいろんな技術移転の仕組みはつくる)。

 その中で、他国の各社も最初は実はけっこう“外したもの”を出していた。しかし、彼らはそのうち市場を読みとり、どんどん軌道修正をしていった。

 モトローラもノキアもサムスンもアップルも、中国製のスマホが今のように勃興する前に、少なくとも一度は天下を取っている。アルカテルなどの欧州メーカー(当時)もそれなりにファンをつかんでいた。

 しかし日本だけが、「わが日本のすばらしさを知れ」とばかりに、一般の中国人が好まぬ折り畳み式携帯電話をドヤ顔で押し付けてみたり、いらぬ機能ばかりだったりと、かなりトンチンカンだった。かろうじてソニー・エリクソンの音楽携帯が一部で認知されたが、基本、最初から最後まで外しまくって、ほぼ全社が撤退した。

 中国を撤退する日系企業は多いが、どう見ても負けっぷりが異様である。

 当時、この状態を日本に伝えたいと思い、日本のメディア各社に声をかけたがOKするところはなかった。本で書いたが、読む人は知れている。

 現地の日本の新聞記者に「書いたら?」と言っても、

「駐在員がかわいそうですよぉ。通信規格が違うからですよぉ」

 その後、“通信規格が違う”サムスンが、中国の携帯市場で大勝利した。

 現地では日本の官と日本企業と日本メディアが、それぞれ利益誘導で、押したり引いたりコネコネしてたりで “村社会”をつくり、いろんなことがクローズされる。自分の中国駐在に伴って、現地の日本の海外天下り団体に嫁さんを入れてもらっていた新聞記者もいたぐらいである。

 なぜ日本のメーカーだけが、中国の、いや世界の携帯市場をまったく読みとれず、大きな市場を逃がしたのだろうか。

 答えは日本のメーカーが消費者のマーケットを読む能力をなくしたからである。

 日本の携帯市場は世界でも珍しいキャリア主導である。

日本のメーカーは自分でマーケットを調査し、リスクを取って携帯を開発販売してきたのではない。

 キャリアの仕様通りに製品を作り、納品する。“割り当て”があり、その分は全部買い取ってもらえる。

 今回、この記事を書くのに17年ぶりに日本の携帯(スマホ)市場を見た。すると、あの時中国で惨敗を喫したメーカーのスマホが大手を振っていまだ何社も存在しており、仰天した。

 この“村社会”の仲間だけでパイを分け合う環境に長くいて、世界で勝てるわけがない。日本の大手メーカーが“政府筋の仕事”で、半ば利権団体的存在になっていったのが、敗因である。

 日本が世界で有数のiPhone市場なのも、日本携帯の実力がなかったからかもしれない。
http://diamond.jp/articles/-/170198
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526536902/


続きを読む

mineoの「通信の最適化」は何が問題なのか?

1: trick ★ 2018/05/15(火) 21:02:08.64 _USER
mineoの「通信の最適化」は何が問題なのか? (1/2) - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1805/15/news052.html
no title

2018年05月15日 13時00分 公開
[田中聡,ITmedia]

 ケイ・オプティコムが、MVNOサービス「mineo」で、通信が著しく混雑する際に、データの圧縮やパケット再送を抑制するなどの最適化を、2018年4月10日から実施しているとして物議を醸している。

 ケイ・オプティコムは、mineoの通信サービス約款 第35条に「契約者に事前に通知することなく通信利用の制限を行うことがある」と記載していたことから、契約者に告知せずに通信の最適化を開始。しかし、ファンとともにサービスを作り上げるというmineoのコンセプト「Fun with Fans!」に反するとして、ネットで非難が集中している。

 コミュニティーサイト「マイネ王」のスタッフブログで、最適化を行った経緯やその内容を説明しているが、ここでも非難の声が多く寄せられている。一方、今回の最適化の件では不明瞭な部分も多い。スタッフブログでも詳細はまとめられているが、あらためて、ケイ・オプティコムに最適化の詳細を聞いた。その上で問題点を考えてみたい。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526385728/


続きを読む

スマホやチノパンOK… 東金市の警察学校、校則を見直し

1: ティータイム ★ 2018/05/13(日) 17:29:15.83 _USER9
朝日新聞 2018年5月13日15時04分

携帯禁止、男性はスポーツ刈り、外出はスーツ――。千葉県警察学校(同県東金市)のこうした校則が、次々と見直されている。
警察官の志願者数が年々減るなか、若者に「ルールが厳しい」と敬遠されないようイメージアップを図り、人材確保につなげたい考えだ。

同校によると、昨年4月から今年2月にかけ、携帯電話、髪形、飲酒、外泊先、服装についての校則が順次、緩和された。

携帯電話は、これまで外泊先以外では寮内でも使用が禁止されていたが、勤務時間を除いて使えるようになった。
髪形は「男性はスポーツ刈り、女性はショートカット」だったのが、「入校生活に支障が無く、清潔かつ端正」であれば自由になった。

外出時の服装も、以前はスーツの着用が義務づけられていたが、ジャケットにチノパンといった、カジュアルだが職場でも違和感のない服装なら認められた。
お酒も「原則禁止」から、休日のみ、外出先や学校近くの飲食店などで飲んでいいことになった。

評判は上々だ。今春卒業した男性巡査(19)は「以前は坊主頭にスーツで外出していたため、目立って恥ずかしかった。校則が変わって人目を気にせず買い物ができるようになった」。
昨秋入校した女性巡査(20)は「ショートカットで成人式に出なければならず、少し嫌だった。髪を耳にかけられるようになったのは大きい」と笑顔を見せた。

教官からは当初、「スマホでゲームばかりしないか」などと、校則見直しを不安視する声もあった。しかし、学生たちがスマホを使って課題の調べ物をするなど、良い効果もみられるという。
副校長の宇佐見俊夫警視(59)は「心配無用だった。規律や礼儀といった警察官に求められる倫理観的なものは変わらず指導する。その一方で時代に合わせて変えるべき所は変えていきたい」と話す。

外出用の服を着た初任科生たち=2018年4月20日午後5時29分、千葉県東金市の千葉県警察学校、寺沢知海撮影
no title


https://www.asahi.com/articles/ASL4W3F8XL4WUDCB004.html?iref=comtop_8_03
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1526200155/


続きを読む

なぜスマートフォンが世界的に売れなくなっているのか

1: ムヒタ ★ 2018/05/13(日) 03:20:19.18 _USER
17dd0f5977c77ee898d00533c470a773
スマートフォンの売れ行きが大きく鈍化するという傾向は、この1年間で、改めて世界的な現象として確認されました。そうした中で、スマートフォン業界も販売戦略の変更を余儀なくされています。

世界的に売り上げペースが鈍化
調査企業Strategy Analyticsによると、2017年に販売されたスマートフォンは初めて15億台の大台を突破しました。しかし、2016年からはわずか1.3%の伸びに過ぎず、完全に頭打ちの状況を迎えています。

また、別の調査企業Gartnerの調べでも、2017年第4四半期(10〜12月)に販売されたのは4億800万台と、前年同期比である2016年第4四半期からは、5.6%の減少を見せています。減少は、2004年から開始したスマートフォン市場の調査において初めてのことでした。

他にも、先日発表されたヨーロッパ市場における2018年第1四半期(1〜3月)のスマートフォン出荷台数は、西ヨーロッパに限れば、軒並み前年同期比で20%前後のマイナスを記録しました。

キーワードは「買い替え」
こうした需要の鈍化は、スマートフォンを求めるユーザーが「買い替えサイクル」にもとづいて動くようになってきたからではないか、とも言われています。

つまり市場が、“最初の1台目”を購入する層ではなく、すでに所有しているスマートフォンを買い換えようとするユーザーの動向に大きく依存するようになってきた、というわけです。さらに、スマートフォンの進化によって、買い替えサイクル自体が伸びていることも理由です。

韓国メディアのKorea Timesは、2年前に購入したGalaxy S7 Edgeから新しい端末へと乗り換えようとしたものの、モバイル決済も使えるし、デザインも時代遅れでなく、バッテリーの持ちもいいことに気づき、引き続き手元のS7 Edgeを使うことにした、というユーザーの例を挙げています。

こういった「まだ使えるのに、なぜ買い換える必要があるのか」という消費者の心境の変化は、世界中の先進国で起きているに違いありません。

ベンダー各社も対策を講じている
もちろん、大手スマートフォンベンダーも、手をこまねいているわけではありません。

大手ベンダーはこぞって、下取りプログラムを拡充させることで、決して安くはないスマートフォンに少しでも手が出しやすいよう、購入のハードルを下げようとしています。

また、Appleはアメリカなどを中心として「アップグレードプログラム(24回払いの月額料金を12カ月=1年分支払えば、残りの12カ月分を支払うことなく、新しいiPhoneに乗り換えることができる)」で、ユーザーを自分たちのサイクル内から逃すまいとしています(日本ではキャリアのサービスで同様のプログラムが存在)。
2018年5月12日 17時27分
https://iphone-mania.jp/news-212202/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526149219/


続きを読む

セブン、ネットコンビニを展開へ スマホで注文→自宅で受け取り 北海道から全国へ

1: ノチラ ★ 2018/05/10(木) 22:10:48.72 _USER
bsc1805101336011-f1
セブン−イレブン・ジャパンは10日、スマートフォンから注文すると宅配で商品を受け取れる「ネットコンビニ」を始めると発表した。今年はまず札幌市内の100店舗限定で始め、平成31年下期にも全国展開に乗り出す。

 利用者は専用アプリを使って利用店舗を指定したうえで、約2800もの商品の中から注文する。配送時間は午前11時〜午後8時に1時間ごとに指定でき、注文から最短2時間で自宅に届く。注文は24時間受け付けで千円以上から。配送料は216円だが、3千円以上買うと無料になる。

 たばこなど一部商品は扱わない。宅配はセイノーホールディングスの子会社「GENie(ジーニー)」が担う。

 セブンがすでに北海道で行った実証実験では、仕事を持つ40代女性の利用が目立ち、重さのある飲料水や米、冷凍食品などに注文が集まったという。

 セブンは、仕事や子育てに忙しい世帯や外出が難しい高齢者らに宅配のメリットがあるとして主な顧客層に想定。目標の注文件数は1店当たり平均10件、単価は2千円を目指すという。

 ネットコンビニは今年7月に札幌市内の100店舗で実施する。31年上期には北海道全域の約1千店舗で利用できるようにする。

 この日、東京都内で会見したセブンの古屋一樹社長は「もっと近くて便利な店作りのため、早くて31年下期にも全国展開に乗り出す」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000555-san-bus_all
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525957848/


続きを読む

スマホでBluetooth機能を使ったことがある人は61.4%

1: ムヒタ ★ 2018/05/10(木) 07:26:20.71 _USER
イヤホン、スピーカーなど、Bluetoothで接続できるアクセサリは各種ありますが、スマートフォンユーザーのうちBluetooth機能を現在利用している人は41.9%と、半数以下であることがわかりました。

現在Bluetooth 機能を使っている人は半数以下
MMD研究所が、スマートフォンを所有する13〜49歳の男女570人を対象に、2018年4月10日から11日の期間で実施した「スマートフォンのBluetooth機能に関する調査」の結果を公開しました。

それによると、現在Bluetooth機能を利用している人は41.9%と半数以下にとどまりました。なお「利用したことはあるが、現在は利用していない」という回答が19.5%で、現在も利用している人を合わせると、利用経験者は61.4%となりました。

OS別で見ると、iOSユーザー(n=283)は45.2%、Androidユーザー(n=287)の38.7%が「現在利用している」と回答、iOSユーザーのほうが利用率が若干高くなっています。
https://iphone-mania.jp/wp-content/uploads/2018/05/20180508-1-e1525871239791.jpg
2018年5月9日 22時21分
https://iphone-mania.jp/news-211754/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525904780/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ