SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:携帯関連全般

カードサイズのSIMフリー携帯「NichePhone-S」が発売 待受時間72時間 9980円(税別)

1: trick ★ 2017/11/11(土) 18:45:12.61 _USER
カードサイズのSIMフリー携帯「NichePhone-S」、11月10日に一般販売開始 - ITmedia Mobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1711/06/news091.html
2017年11月06日 15時27分 公開
薄型軽量のSIMロックフリー携帯電話「NichePhone-S」が、11月10日に一般販売される。家電量販店などで購入できる。通話やテザリングなどに機能を絞っている。
[田中聡,ITmedia]

 フューチャーモデルは、カードサイズのコンパクトなSIMロックフリー携帯電話「NichePhone-S(ニッチフォン-S)」を、11月10日から全国の家電量販店などで発売する。発売に先立ち、6日から予約を受け付ける。価格は9980円(税別)。

 販売場所はアスキーストア、App Bank Store、コジマ、スマートラボ、ソフマップ、ビックカメラ、二子玉川 蔦谷家電、ヨドバシカメラ。2017年7月にクラウドファンディングを通して先行販売されていた。

 NichePhone-Sは50(幅)×90(高さ)×6.5(奥行き)mmという小型サイズと、38gという軽量ボディーが特徴。同社調べで、国内最小、最軽量を実現した。カラーは黒と白の2色。


 通話、SMS送受信、テザリング、ICレコーダー、音楽再生などに機能を絞っており、通話やモバイルWi-Fiルーターを用途とした2台目の利用を想定している。Bluetooth機能も搭載している。

 通信は3G(2100MHz)をサポートしており、ドコモやソフトバンクの回線を利用できる。利用できるSIMカードはIIJmio、イオンモバイル、NTTドコモ、OCN モバイル ONE、スマモバ、Nifmo(ニフモ)、nuroモバイル、BIC SIM、mineo(Dプランのみ)、YAMADA SIM S Powered by nuro mobile。

 ディスプレイは0.96型モノクロ有機EL(64×128ピクセル)を搭載。バッテリー容量は550mAhで、約3時間の連続通話、約72時間の連続待受が可能。

no title

no title

no title

no title
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510393512/


続きを読む

ある日突然格安スマホが使えなくなる? MVNO、成長にブレーキが…

1: ばーど ★ 2017/11/11(土) 19:28:22.13 _USER9
2
急速に広まった「格安スマホ」。だがリスクがないわけではない。事業者の利幅が薄いだけに経営が悪化してしまう可能性があるのだ。するとどうなるのか。ケータイジャーナリストの石野純也さんが解説します。【毎日新聞経済プレミア】

 大手通信事業者からネットワークを借りて、格安SIM、格安スマホなどの事業を展開するMVNO。その成長にブレーキがかかりつつある。

 大手通信事業者の料金プラン改定をはじめとする利用者引き留め策が功を奏したうえに、ワイモバイルやUQモバイルなど、大手通信事業者自身やその子会社が運営するサブブランドが勢いをつけているからだ。

 結果として契約数は伸びず、大半のMVNOがネットワークを借りるドコモの契約純増数も当初の見込みを下回っているという。

 MVNOは小規模なものまで含めると600社を超えており、格安スマホという名の通り、利用者に提供する料金が安いため、利益の幅も薄い。規模が小さいMVNOの中には、経営が立ち行かなくなるところも出ており、業界再編が進んでいる。

 ◇楽天がフリーテルを買収

 そのような中、11月1日、大手MVNOの楽天モバイルを運営する楽天が、やはりMVNOを運営する「フリーテルSIM」を、プラスワン・マーケティング(POM社)から分割してMVNO事業だけを買収した。買収後の楽天モバイルの加入者数は140万を超え、一気に個人向けMVNOシェアのトップに躍り出た。

 ただし現時点では運営元が変わっただけで、楽天モバイルとフリーテルのブランド名は分かれたままとなる。約40万人の利用者が買収を意識するのは、2018年1月に予定されているブランド統合からになりそうだ。この時点で、POM社から継承した事業のブランド名も、楽天モバイルに統一される。

 楽天によると、POM社が提供してきた料金プラン、キャンペーンなどは、そのまま利用でき、設定の変更も必要ないという。POM社の料金プランに魅力を感じて契約した利用者にとっては安心できるが、楽天にとっては二つのシステムを同時に動かさなければならず、事業効率がよくない。多くの利用者が機種変更を考える数年後のタイミングで、楽天モバイルの料金プランに統合されても不思議ではないだろう。

 POM社は、2017年3月期決算で53億8800万円の営業赤字を出した。楽天に継承されたMVNO事業も負債総額が30億9000万円に達していた。

 POM社は、データ通信専用プランを299円からと他社よりも安価に設定する一方で、女優の佐々木希さんを起用したテレビCMを大々的に放映したり、全国に店舗を設置したりと、コストをかけ、事業を行っていた。利用者からの収入が低いにもかかわらず、出ていくお金は莫大(ばくだい)だったというわけだ。最終的には事業が立ち行かなくなり、楽天モバイルが救済した格好となる。

 ◇知名度の高い大手に集中してしまうのか

 POM社からのMVNO事業買収は極端な例かもしれないが、MVNO自体が薄利多売であることは確かだ。MVNO事業単独で黒字化している会社は、シェアが高い会社の中でも非常に少なく、楽天のように着実に利益を出せている本業が別にないと、経営環境は苦しくなりがちだ。安いと思って契約したMVNOが、突然破綻してしまう可能性も十分考えられる。

 現状では、MVNOが突然事業を停止した際の法律的な救済措置はないため、ある日突然スマホが使えなくなるおそれもありそうだ。その意味で、楽天とPOM社のケースはソフトランディングだったといえる。

 ただ利用者側が契約時に、その会社の経営状態まで見極めるのは事実上不可能に近い。こうした事態が続くと、結果として知名度の高い大手MVNOや、大手通信業者のサブブランドに人気が集中してしまうことになりかねないと言える。

配信11/11(土) 9:30
毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000012-mai-bus_all
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510396102/


続きを読む

「腕時計しない」40%、スマホで十分…「する派」は高級化し出荷額上昇、ステータスも

1: ノチラ ★ 2017/11/11(土) 23:11:52.74 _USER
dims
携帯電話が普及し始めて約20年。時間も表示されるため、時計の代わりにもなる。腕時計をする人は減少したのだろうか。大阪の街頭で30人に聞くと、「しない」と回答したのは12人(40%)にのぼり、「スマートフォンで十分」「しなくても不便はない」などの声が聞かれた。一方、腕時計を「する」のは14人(47%)で、「相手に気遣わせずにさりげなく時間を見られる」「スマホを出すのが面倒」「ファッション性がある」などと答えた。腕時計の国内出荷は近年、数量より金額の伸びが大きく、市場が高級志向に向かっている。業界関係者は「腕時計に関心のある人と、そうでない人に二分されている」と指摘する。(張英壽)

中略
関心ある・なしで二分…売れ筋は10万円超

 携帯電話普及による影響はないのだろうか。

 大手時計メーカー「セイコーウォッチ」(東京都中央区)の広報担当者は「腕時計は、かつて大多数の人にとって時間を知るためのものだったが、時間表示がある携帯電話の普及で、腕時計に関心がある人と関心がない人に二分されている」と指摘。「関心がある人には、社会的なステータスを示したり自分のファッションを表現したりするツールになっている」という。

このため腕時計に関心がある人は高級時計に向かっているといい、「国内メーカーの腕時計の売れ筋は平成17、18年ごろまでは数万円だったが、それ以降は10万円を超えるようになった」と説明する。

 大阪・梅田(大阪市北区)にある阪急百貨店梅田本店7階。腕時計の売り場は国産、海外のブランド商品が数多く並べられ、2万円程度から数百万円の腕時計を扱っている。

 同店によると、20万〜50万円程度の商品がよく売れており、昇進や子供の誕生など、人生の節目となる機会にプレゼントや自分用として買い求める人が多いという。

 時計売り場担当の吉田広樹さん(45)は「100円均一の店でも腕時計が売られている時代だが、高級腕時計はファッションや社会的なステータスとして受け入れられている。腕時計に関心のある人はそこにお金を使い、時間を見るのはスマホでも構わないという人は、別のところにお金を使うのではないか」と話した。

 女性の腕時計といえば、かつて直径1〜2センチだったが、女性の社会進出とともにこの10年ほどで変化し、現在は、より見やすい直径3センチ以上の商品が主流になっているという。
http://www.sankei.com/west/news/171025/wst1710250004-n1.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510409512/


続きを読む

契約中の通信キャリア、選んだ理由は?8割弱が3大キャリアユーザー

1: ノチラ ★ 2017/11/08(水) 01:33:51.35 _USER
MVNO(格安SIM)ブランドも一般的なものとなり、NTTドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリア以外を選択するスマートフォンユーザーも増えてきました。そこで、マイナビニュース会員を対象とした携帯キャリアに関するアンケートを実施。その結果から見えてくる"ユーザーが通信キャリアに求めるもの"を考察していきます。

8割弱が3大キャリアユーザーだがMVNOの躍進も侮れない

アンケートでは2つの質問項目を用意。まずは「あなたがメインでご利用の携帯電話(スマートフォンを含む)のキャリアをお答えください」でユーザーが利用しているキャリアの割合をチェックしました。
no title


NTTドコモ: 28.8%
au: 23.8%
ソフトバンク: 23.9%
UQ mobile: 0.8%
Y!mobile: 5.7%
MVNO (格安SIMブランド): 14.1%
携帯電話をもっていない: 2.9%
回答はNTTドコモ28.8%、au23.8%、ソフトバンク23.9%で、76.5%のユーザーが3大キャリアのいずれかを利用している結果となりました。注目したいのは14.1%のユーザーが「MVNO(格安SIMブランド)」を選んでいるということ。もし、UQ mobileとY!mobileという3大キャリアと格安SIMの中間的な位置にいるキャリアをMVNOに含めるとすれば、約20%のユーザーがMVNOを選択していることになります。

この結果から見ると、まだまだ3大キャリアの優位は動きませんが、MVNOの存在も着実にスマートフォンユーザーに浸透しつつあることがうかがえます。

料金プランが重要な要素

続いてのアンケート項目は「メインでご利用の携帯電話キャリア(ブランド)にしている理由で、最もあてはまるものを選択肢よりお選びください」で、ユーザーのキャリア選択における判断基準をチェックしてみました。
no title


料金プランが魅力的だから: 26.6%
販売している端末が魅力的だから: 3.1%
契約者向けのサービスが魅力的だから (例: ソフトバンクのSUPER FRIDAYなど): 4.2%
通信速度が魅力的だから: 3.4%
家族など近しい人が契約しているから: 18.4%
契約を解除する必要性を感じていないから: 20.8%
契約を解除するのが面倒だから: 20.0%
その他: 3.5%
アンケート結果は「料金プランが魅力的だから」が26.6%でトップ、続いて「契約を解除する必要性を感じていないから」20.8%、「契約を解除するのが面倒だから」が20.0%という順番となりました。「契約者向けのサービスが魅力的だから」は4.2%、「通信速度が魅力的だから」は3.4%、「販売している端末が魅力的だから」は3.1%と軒並み低い結果となっており、端末ラインナップや通信速度、提供サービスよりも利用料金に注目しているユーザーが多いことがわかります。
http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/06/carrier/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510072431/


続きを読む

NHK"テレビがなくても"受信料徴収を検討

1: ノチラ ★ 2017/11/05(日) 00:57:59.95 _USER
1b4e1_1238_1ad78e20_3c8726cf-cm
NHK会長の諮問機関が今年7月、番組のインターネット同時配信が行われた場合、ネットのみの利用者にも「受信料と同程度の負担を求めるのが妥当」とする答申を出した。答申では、すでにテレビでの受信契約がある世帯には追加負担を求めないとする一方、受信契約のない世帯はテレビをもっていなくても、スマートフォンなどネットにつながる端末があれば受信料の支払いを求めるべきとしている。
さらに今年9月、NHKは総務省に提出した資料で、「2020年の東京オリンピック・パラリンピックを常時同時配信により伝えることができるよう、2019年度にサービスを開始する」と、具体的な時期を示している。
NHKはどこに向かおうとしているのか。立教大学の服部孝章名誉教授に聞いた――。

今までNHKの受信料は、テレビを持っている世帯が支払ってきた。ところが、テレビがなくても受信料の負担を求められる可能性が出てきた。

NHKは2019年から地上波・BS放送に加えて、インターネット上でも番組の同時配信を開始する。それに伴い、ネットだけの利用者からも受信料を徴収することを検討しているのだ。

当然、ネットユーザーや民放各社はこのネット受信料に大反発。メディア情報法を専門とする立教大学の服部孝章名誉教授も苦言を呈する。

「そもそも現状の受信料自体も、ちゃんと納得して支払っている国民は少ない。負担の公平性について根本から議論することをなおざりにしたまま、性急に導入するのは考えもの」

ただ、単に家でネット接続が可能なだけで受信料を請求されるわけではない。視聴用アプリをインストールしたり、視聴用IDを登録したりした時点で徴収することを検討中だ。

「カラー放送、BS放送のスタート時と同じ夢を描いて収入拡大を見込むのでしょうが、ネット配信の利用者は限られそう。いずれにせよ、視聴した分だけ徴収する従量料金でないとさらに公平性を欠く」(服部名誉教授)

昨年11〜12月、NHKは9500人の参加者を集め、総合テレビとEテレを対象に「同時配信」と「見逃し配信」の検証実験を行っている。その結果、同時配信の利用率は6%で、見逃し配信の8.5%より低かった。

もし強行導入することがあれば、本番ではもっと悲惨な結果が待つだろう。国民はこうした施策を望んでいるのだろうか。
http://president.jp/articles/-/23196
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1509811079/


続きを読む

「Razer Phone」発表 IGZO液晶・SD835搭載で699ドル 買収したNextbit Robinのノウハウ利用

1: trick ★ 2017/11/02(木) 22:57:08.52 _USER9
Razerが同社初のAndroidスマートフォン「Razer Phone」を発表。リフレッシュレート120Hz対応のIGZO液晶パネルを採用 - 4Gamer.net
http://www.4gamer.net/games/023/G002318/20171101101/
2017/11/02 05:59

 英国時間2017年11月1日,Razerは,英国・ロンドンで開催した独自イベントで,同社初のAndroidスマートフォンとなる「Razer Phone」を世界市場に向けて発表した。
 Razer Phoneは,5.7インチサイズで解像度1440×2560ドット,最大リフレッシュレート120Hzに対応するIGZO液晶パネルによるディスプレイ「ULTRAMOTION」を採用するのが特徴だ。Qualcomm製のハイエンドSoC(System-on-a-Chip)である「Snapdragon 835 Mobile Platform」と,容量8GBのメインメモリを搭載するハイスペックな仕様もポイントである。

 Razer直販サイトにおける価格は699ドル(税別)。北米市場では11月1日に予約受け付けを開始しており,11月17日に出荷される予定とのこと。イギリスとアイルランド,デンマークおよびスウェーデンは,11月3日に予約受け付けを開始するそうだ。なお,日本国内での販売が行われるかどうかについてRazerの日本担当に確認したところ,ノーコメントとのことで,今のところ一切情報がない。
no title

no title

no title


 Razerは,2017年1月に,新興スマートフォンメーカーのNextbit Systemsを買収しており(関連記事),いずれはそのノウハウを利用して,独自のスマートフォンをリリースするのではないかと噂されていた。その成果がついに,登場したわけだ。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509631028/


続きを読む

物価が上がらない原因は「携帯電話料金の値下がり」 日銀の展望リポート

1: trick ★ 2017/11/01(水) 16:14:47.95 _USER
bse1710312217008-f1
日銀の展望リポート、物価が上がらない苦悩 ネット通販の影響 - 産経ニュース
http://www.sankei.com/economy/news/171031/ecn1710310051-n1.html
2017.10.31 22:16

 日銀が31日に公表した「展望リポート」は思うように物価が上がらない日銀の“苦悩”が垣間見える内容となった。日銀はインターネット通販などでの競争激化を要因に挙げているが、世界経済の好調を受けて米欧が金融緩和策の縮小に向かうなか、日本のもたつきが鮮明になっている。

 「最大の理由は携帯電話の通信料がかなり下がったことだ」。日銀の黒田東彦総裁は同日の記者会見で、物価上昇率の見通しを下方修正した背景を説明した。

 さらに足元ではスーパーマーケットの値下げ合戦が拡大。インターネット通販の普及も物価を押し下げる要因となっている。

 日銀は展望リポートの中で、こうした競争環境が一段と厳しくなれば、物価上昇率がさらに抑えられるとした。

 しかし世界経済をみわたせば物価上昇への追い風もある。日銀はこれまで海外経済の懸念を物価伸び悩みの要因の一つとしてきたが、今回の展望リポートでは海外経済は成長を続けると言及。第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストは現在の経済状況で賃金と物価が上がらないことは「日銀にとって失望と謎だろう」と話す。

 一方、欧州中央銀行(ECB)は10月26日、来年以降の金融緩和縮小を決定。米連邦準備制度理事会(FRB)は量的緩和策を終え、利上げに着手している。日銀は世界から取り残された形だが、黒田総裁は「今の時点で(出口戦略を)議論するのはミスリードになる」と述べるしかない状況だ。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1509520487/


続きを読む

中国配車アプリ「滴滴」、来春にも日本でサービス

1: ノチラ ★ 2017/10/30(月) 14:49:17.89 _USER
55
タクシー配車とライドシェア(相乗り)サービスで世界最大手の中国・滴滴出行が日本に進出する。タクシー国内最大手の第一交通産業と組み、2018年春にも東京都内で配車アプリを使ったサービスを始める。シェア自転車やアリババの電子決済など中国発のサービスが相次ぎ日本に上陸。規制などのハードルもあって日本企業が手をこまぬいているうちに、中国など新興国企業の後手に回る懸念も強まっている。

 スマートフォン(スマ…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22855700Z21C17A0MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1509342557/


続きを読む

「iOS 11」の電卓アプリに「1+2+3=24」になる不具合 実用に問題あり

1: ばーど ★ 2017/10/25(水) 13:57:17.44 _USER9
iOS11の電卓に、実用に問題のある動作が発覚しました。「1+2+3」という極めて単純な計算が、「24」というおかしな答えになってしまうというものです。正しくは6のはずですが、なぜこのような結果になってしまうのでしょうか。

iOS11で1+2+3=24
no title


公式動画 iOS11 電卓不具合
https://www.youtube.com/watch?v=i2fQF1KtUjg



 編集部で試してみたところ、かなりゆっくり入力すると「6」と正しい答えを返してくれますが、ちょっと早めに入力しただけで「24」になってしまいます。どうやら四則演算ボタンの2回めの入力の反応がすこぶる悪い(1度押して白くなっていたボタンが元に戻るまで操作を受け付けない)ようで、例えば「123+123+123」のように桁数の多い計算だと「+」を押す時間に猶予が生まれるため、ある程度速めに入力しても正しい答えを返してくれました。ただし、かなり速く入力すると、やはりおかしな答えが返ってきてしまいます。

 他の「−」「×」「÷」ボタンも同様で、2回めの入力が早いと無視されてしまいます。ただし、例えば「3×2+1」のように、別の四則演算ボタンであれば早く入力しても正しく認識してくれました。

 普通に使う程度の速さの入力でもこの現象が起きてしまうため、実用に問題があると行っても過言ではありません。早期にアップデートでの修正が望まれます。

配信2017年10月25日 13時20分
ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/25/news086.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508907437/


続きを読む

19800円のAndroid←わかる 39800円のiPhone←わかる 88128円の国産Android←!???

1: 名無しさん@涙目です。(茸) [IQ] 2017/10/19(木) 12:24:49.31 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
884index
ドコモが12月上旬に発売予定の富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマホ「arrows NX F-01K」は、
通常操作に加えて側面の電源ボタン“Exlider(エクスライダー)”を指でなぞることで、
文字や映像の拡大縮小やオートスクロール操作が可能なのが特徴。

本体は防水防塵かつ1.5m高×26方向のコンクリへの落下試験をパスしたタフネス仕様で、
ディスプレー面はガラスと樹脂の結合により強度がアップ。傷つきにくい構造となっている。

SoCはオクタコアのSnapdragon 660で、5.2型液晶はフルHD(1080×1920ドット)解像度ながら
幅72mm(予定)と片手でも扱いやすいサイズ。カメラは2015年冬モデル「F-02H」の
約2150万画素/240万画素からそれぞれ約2300万画素/500万画素とスペックアップ。
通信速度も下り225Mbpsから450Mbpsへと向上しており、メモリー容量も3GBから4GBにアップしている。

全文
http://ascii.jp/elem/000/001/569/1569328/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508383489/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ