SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯関連:携帯関連全般

携帯大手3社、2年縛りを是正 解約時に追加料金不要に

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/15(日) 00:25:30.24 _USER
1044index
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯大手3社が、スマートフォン(スマホ)などの通信契約を結ぶ際に行っている、いわゆる「2年縛り」を一斉に見直す。総務省の行政指導を受け、利用者が契約満了後に追加料金なしで解約できるようにする。傘下の格安ブランドを含めて年度内に対応する。利用者にとってはスマホの選択肢が広がる契機になりそうだ。

 2年縛り契約は、基本料金が割り引かれるため、多くの利用者が…
2018/7/14 20:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33015890U8A710C1MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531581930/


続きを読む

日本人がモバイル決済を面倒だと感じる理由がこれ

1: 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [US] 2018/07/13(金) 17:46:01.12 ● BE:324064431-2BP(2000)
1663109

 中国メディア・東方網は11日、「日本人は中国のモバイル決済についてどう考えているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「経済発展に伴い、中国は様々な分野で大きな成果を得た。特に科学技術においては、多くの発明や創造が中国人の生活に
大きな便利をもたらし、暮らしをテクノロジー化、現代化させると同時に、外国人からの注目も集めるようになった」とした。

 そして、特筆すべきは中国で生まれた2次元コードを用いたモバイル決済システムであると指摘。「多くの中国人が日常的に使ってい
る決済方式であり、最もスピーディーな決済方式でもある。この決済方式を導入する国は少なくないが、経済の発展している日本では日
本人の間に普及していない。日本人はいったい中国式のモバイル決済についてどう考えているのか」と疑問を提起している。

 そのうえで、ある日本人が「中国のモバイル決済は日本ではあまり歓迎されていない。なぜなら、日本ではクレジットカードシステム
がとても発達していて、ほぼすべての日本人がカード決済や現金払いに慣れているからだ。スマホを取り出してアプリを開き、バーコー
ドを読み取るという手順が面倒に感じるうえ、子どもや高齢者にとってはかえって不便だ」と感想を述べたことを紹介した。

 記事は、「日本人の答えは、想像と異なるものだった。みんなが便利だと考えているモバイル決済が、彼らにとっては面倒なのだという。
ただ、それも一理あるのだろう。国によって環境は異なるから、中国にぴったりのモバイル決済が日本人の生活に便利をもたらすとは限らないのである」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1663109?page=1
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531471561/


続きを読む

月額980円で毎日1杯ドリンク無料、乾杯アプリ「GUBIT」が公開

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/10(火) 16:19:03.72 _USER
no title

毎月980円を払えば、仕事終わりの1杯が毎日無料で楽しめる――GUBITが7月6日にリリースした定額制の乾杯アプリ「GUBIT(グビット)」は、お酒好きにはもってこいのサービスといえそうだ。

GUBITは会員登録をして月額980円(税抜)のプランを購入することで、掲載されている飲食店であればどこでも、毎日ドリンクが1杯無料になるというもの。

使い方はシンプルでアプリから行きたいお店を選び、あらかじめ登録されているドリンクの中から飲みたいドリンクを決定。あとはお店で画面を表示して店員にコードを入力してもらえれば、おまちかねのドリンクがやってくる。

提供されるドリンクについては写真付きで掲載され、ビールとハイボールに関してはブランドや銘柄まで事前にチェックできるという。

GUBIT代表取締役の正木武良氏によると、現在はアルコール飲料のみが対象。ビールやハイボールのほか、日本酒、焼酎、サワー類、ワイン、スパークリング、ホッピーセットなど、どの加盟店にも複数のドリンクを提供してもらっているそうだ。

リリース時は首都圏エリアを中心に約100店舗が掲載。新宿で何十年も続く大衆居酒屋から、練馬のカジュアルフレンチ、六本木のクラフトビールのお店まで、ジャンルは幅広い。

今後は首都圏だけでなく、関西や名古屋、福岡など新規エリアも含めて店舗を拡大する準備を進める予定。「基本的には毎日使っていただくサービスにしたいと考えているので、普段使いのお店を中心に拡大していきたい」(正木氏)という。

GUBITに加盟する店舗にとっては、比較的飲食店の利用頻度の高いユーザーにリーチできるのが魅力だ。いろいろとヒアリングを進める中で、「1来店で1ドリンクは店舗側の集客コストとしては成立しうる」(正木氏)という感触を得たためリリースに至ったのだという。

現時点では店舗側の初期費用や月額費用、ユーザー来店ごとの成果報酬などは無料。加盟後6ヶ月を経過した店舗を対象に、GUBITを通じて提供されたドリンク数に応じたインセンティブの提供も予定している。

GUBITを開発した背景は「年を重ねるごとに行くお店が決まってきた、新しいお店に入りにくい、結婚したり子供ができると飲み代が減る」といった、すごく個人的なものだという正木氏。

「家で飲むのもいいけど、やっぱりお店でも飲みたい。できれば少しでも安く、そしていろんなお店で飲めるといい」と考えリサーチをしている中で、海外の定額制サービスの存在を知り興味をもったそうだ。

「これなら毎日飲みに行けるからすごくいいなと。ただいろいろ検証してみると、日本の生活スタイルでは定額制をやるにしても工夫が必要だと感じた。特に店舗側にどうメリットを提供できるかは勉強が必要だった」(正木氏)

そこで上述したようにヒアリングを重ね、最終的に現在のGUBITのモデルに落ち着いたのだという。

「基本的には、自分を含め世の酒飲みのためのサービスを目指したい。オンラインでのサービスは他にもあるが、『お店に行って一杯飲んでいろんな人との出会いや語らいが生まれる』というような、どちらかというとオフラインでの密な関係が生まれるサービスにできたらいいなと考えている」(正木氏)

GUBITは2018年2月の設立。同年6月に複数の個人を引受先とする第三者割当増資により、総額3000万円の資金調達を実施した。

なおGUBITと近いコンセプトのサービスは日本でもいくつか公開されていて、TechCrunchでも過去に「Foobe」や「HIDEOUT CLUB」を紹介している。
2018年7月10日
https://jp.techcrunch.com/2018/07/10/gubit/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531207143/


続きを読む

「長距離無線充電」制度化へ 総務省、20年度実用化後押し

1: 謎の二枚貝 ★ 2018/07/09(月) 16:18:12.34 _USER
総務省が、室内でケーブルを使わずにスマートフォンなどのデバイス(機器)を遠隔充電する
「無線電力伝送装置」の実用化に向け、制度設計に入ることが4日、分かった。
装置は、離れた場所の機器に電波で電力を送る仕組みで、
パナソニックや東芝などが2020年度に世界初の実用化を目指している。
同省は、開発に支障が出ないよう装置設置者に対し無線局免許の取得義務付けなどを定めた関係法令を
19年度中にも改正して後押しする。

 無線電力伝送装置は、電動歯ブラシとその充電器といった電波を送る距離が非常に短い近接型が既に普及。
電波法上の取り扱いは高周波を照らしあてる電子レンジなどと同じで、装置の設置者に免許は不要だ。

 実用化を目指す装置は、アンテナから機器に電力を送る距離が数メートル〜数キロメートルに及ぶ。
電波を遠くに飛ばす長距離型のため、総務省は設置者には通信や放送と同様、電波法や省令による規制をかける方針。

 来年度中に周波数の割り当てや電波利用料の支払い、無線局の免許取得を義務付けるための法令整備を、
周波数帯や出力の強さなどの技術基準の策定と並行して進める考えだ。

 ただ、法令による規制が実用化の足かせになる可能性もあるため、簡素化も検討する。
同省幹部は「世界に先駆けて制度化することで世界標準を目指す」と話す。

続きはソースで

no title


SankeiBiz(サンケイビズ)
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180705/mca1807050500001-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531120692/


続きを読む

「若者の証券離れ」が進行中か 打開策は「スマホ証券」にあり?

1: ラテ ★ 2018/07/08(日) 18:27:09.18 _USER
350_2017120800007_1
ここ数年、スマートフォンによる証券取引が活発になってきた。従来のネット証券会社が手掛けるスマホ用アプリにとどまらず、アプリ専業をうたう証券会社も登場した。

フィンテックベンチャーの「Finatext」は2017年、大和証券グループと提携し、スマホ取引専業の証券会社を設立した。また、LINEと野村ホールディングスは今年、合弁会社LINE証券の設立を発表、準備会社を立ち上げた。

それらの動きの先駆けが、16年からサービスを提供する「One Tap BUY(ワンタップバイ)」だ。スタートから2年で、口座数は12万件を超えた。特徴は、スマホでの最適化を考え、極めてシンプルな取引形態を取り入れたこと。日本株の場合、取り扱うのは任天堂やトヨタ自動車など30銘柄のみ。1千円単位で売買でき、「銘柄を選ぶ」「金額を指定」「売買」の最短3タップで取引が完了する。

同社の林和人社長はこう語る。

「従来のネット証券は多機能性が売りでした。一方、スマホは1アプリ1機能と言われるように、シンプルなほど使いやすい。デバイスを変えるだけでなく、スマホに最適化させたのです」

機能や銘柄を絞ったことで、すでに頻繁に売買している個人投資家からのウケはよくないというが、その分、株取引になじみが薄かった層の取り込みに成功した。8割が初心者で、20〜30代の割合も7割に迫る。

政府は若年層投資家の育成を目指すが、実はいま、対面型にとどまらず、ネット証券取引も高齢化が進んでいる。日本証券業協会の調査によると、インターネット口座による株の現金取引金額に占める39歳以下の人の割合は、13年3月末時点で26.8%だったのに対し、今年3月末には13.5%にまで低下した。若者が投資に参入できない大きな壁が単元株価格(投資可能な最低価格)だ。例えばトヨタ自動車の場合、6月27日現在の株価が7000円強、売買は100株が最低ロットなので、70万円が必要になる。

(続きは以下のソースでご確認下さい)
2018.7.8 16:00 AERA dot.
https://dot.asahi.com/aera/2018070500070.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531042029/


続きを読む

こっそり画質下げ「炎上」 格安スマホのマイネオ

1: ムヒタ ★ 2018/07/06(金) 07:17:51.86 _USER
4
 関西電力子会社で格安スマートフォン(スマホ)サービス「マイネオ」を手がけるケイ・オプティコムがファン離れを食い止めようと必死だ。インターネット上の写真を読み込む際の画質をユーザーに告知せずに落としていたことが4月に発覚し批判を浴びた。「ファンファースト」をうたってきただけに、問題が広がれば大打撃になりかねず火消しに追われている。

■ファンの集いで謝罪

 「通信の最適化をしてしまったことをおわびします…
2018/7/6 6:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32664880V00C18A7X30000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530829071/


続きを読む

ガラホってどう? ガラケーユーザーが結構ガラホに移りたがっている

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [JP] 2018/07/04(水) 09:02:45.32 BE:837857943-PLT(16930)

★現在スマートフォンへの乗り換えを検討していないフィーチャーフォン利用者のうち40.0%が、3G回線が終了したら「スマートフォンを購入する」と回答
過去スマートフォンへの乗り換えを検討していたフィーチャーフォン利用者193人、スマートフォンへの乗り換えを検討したことがないフィーチャーフォン利用者
490人(計683人)を対象に、3G回線が終了し、現在所有しているフィーチャーフォンが利用できなくなった場合どのように対応するかをきいたところ、
「スマートフォンを購入する」が40.0%、「ガラホを購入する」が37.3%、「モバイル端末の所有をやめる」が15.1%、「その他」が7.6%となった。

no title


また、検討状況別に集計すると、過去乗り換えを検討していたフィーチャーフォン利用者は51.8%が「スマートフォンを購入する」と回答しているのに対し、
検討したことがないフィーチャーフォン利用者は35.3%に留まり、上位2項目の順位が入れ替わる結果となった。

no title


★スマートフォンは料金が高いと感じているフィーチャーフォン利用者が、最も理想的と感じる月額料金は「1001円〜2000円」(37.5%)

no title


https://dime.jp/genre/563768/2/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1530662565/


続きを読む

携帯大手、4年縛り継続か 背景に格安スマホとの競争

1: ムヒタ ★ 2018/06/29(金) 12:01:16.16 _USER
20180629-00000059-asahi-000-2-view
 大手携帯電話会社がスマートフォンの4年払い契約を繰り返すことを条件に値引きする「4年縛り」について、公正取引委員会は28日、「独占禁止法上、問題となる恐れがある」とする報告書を公表した。利用者が他社のスマホに乗り換えるのを不当に抑え、企業間競争を妨げていると指摘。各社に改善を求めた。

 公取委の報告書について28日、KDDIは「内容を確認・精査中のため、回答を差し控える」、ソフトバンクは「指摘された内容を踏まえ、法令を順守しつつ、満足頂けるサービスを今後も検討する」とのコメントを出した。ただ、4年縛りについては「契約者を拘束する内容ではない」などと主張し、両社とも当面は続ける構えだ。

 4年縛りを最初に始めたのはKDDIだ。昨年7月、端末代の大部分を月々の通信料から割り引く「端末購入補助」を出さない代わり、通信料を3割ほど安くするプランと合わせて導入。米アップルのiPhone(アイフォーン)を含む主力機種の大半で選べるようにした。追随してソフトバンクも昨年9月以降、iPhoneを含めた最新モデルなどを対象に4年縛りを始めた。

 背景には、格安スマホ事業者との競争激化がある。公取委が示したケースで毎月の通信料が約3千円と、大手の約7千円に比べて安い料金を武器に、格安スマホ事業者のシェアは急拡大。13年度末の4・0%から、17年度末には10・7%に増えた。利用者がこれ以上格安スマホに流れるのを阻止しようと、4年縛りで利用者の囲い込みを図ったとみられる。

 消費者の選択権を奪っていると…

残り:856文字/全文:1491文字
2018年6月29日11時03分
https://www.asahi.com/articles/ASL6X421XL6XULFA014.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1530241276/


続きを読む

任天堂、スマホで1000億円目指す 次期社長「収益の柱の一つに」

1: ムヒタ ★ 2018/06/23(土) 07:45:02.87 _USER
gdg
 任天堂の新社長に28日就任する古川俊太郎取締役常務執行役員(46)は22日、共同通信のインタビューに応じ、スマートフォン向けゲームの売上高を早期に現在の数倍となる1000億円規模に引き上げることを目指すと明らかにした。現在の好業績を支える家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」などに続く事業として軌道に乗せることで、収益の多角化を図る。

 古川氏は「スマホ向けは重要なビジネスで、将来的に収益の柱の一つにしたい」と表明。年2、3タイトルを継続的に配信し、ユーザー獲得を目指す。古川氏とともに取材に応じた君島達己現社長(68)も、スイッチが想定以上に成功したのに比べてスマホゲームは「思ったところまでいけなかった」と振り返り、今後の新社長の手腕に期待感を示した。

 任天堂はスマホゲームで2015年にディー・エヌ・エー(DeNA)と提携。16年から人気キャラクター「マリオ」が登場するゲームの配信を始めるなどして浸透を図ってきたが、直近の関連売上高はキャラクター使用料収入なども含めて393億円で、全体の約4%にとどまっていた。

 17年3月の発売から2年目のスイッチの販売に関しては、古川氏はまだ「順調に推移している」と強調。本年度の販売目標2000万台の達成に向け新たなソフトの投入をてこに拡販に努めるとともに、販売地域を現在の約60カ国・地域から広げる考えも示した。

 社長交代で若返りが進むことについて、君島氏は「世代交代が進む中で新しい発想を期待したい」と述べ、古川氏は「独創的な新しい製品を出す姿勢をしっかり維持していきたい」と語った。
2018.6.23 06:10
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180623/bsd1806230610012-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1529707502/


続きを読む

3キャリア間メッセージングサービス、+メッセージスタート

1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [CN] 2018/06/22(金) 18:48:29.17 BE:468394346-PLT(15000)
えrrindex

携帯3キャリアで利用できるメッセージングサービス「+(プラス)メッセージ」で、
iOS版アプリがApp Storeに登場(「ぷらすめっせーじ」で検索)した。iOS 9以降のiPhone/iPadで利用できる。
「+メッセージ」は、テキストだけやり取りできるSMSの進化版として
5月より提供されているサービス。まずはAndroid版が提供されてきたが、今回、iOS版が追加された。

なお、ソフトバンクユーザー向けのAndroid版「+メッセージ」は、サービス提供開始直後の
5月に不具合が確認され、配信が中断中。ソフトバンクでは配信の再開時期はあらためて案内する方針。

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1128699.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529660909/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ