SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


SIer関連記事: SE・PG・システム関連

ITエンジニアの4割「IT業界から離れたい」 

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/16(木) 09:52:05.93 _USER
6bafb62992db6f130c541f4cee50917a_m-1
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/020900025/020900003/?n16

人材不足の状況が慢性化しているIT業界。ITエンジニアの年収やキャリア志向、
やりがい、ストレス状況にその影響が表れている。年齢層によっても考え方は大きく異なる。
IT人材のスキルキャリアを研究するNPO法人「ITスキル研究フォーラム(iSRF)」が国内で就業するITエンジニア1万228人を対象に実施した調査結果から、その実態が見えてきた。

 今回の調査で、やりがいとストレスの状況は密接に関係していることが分かった(図12)。
「全くやりがいを感じない」と答えた人の72%が高ストレス者であるのに対し、「大いに、やりがいがある」「やりがいがある」と答えた人では10%に満たない。

ストレスを感じているからやりがいが低下したのか、やりがいを感じない仕事をしているからストレスを感じているのか、といった
因果関係を調査結果から読み取ることはできない。少なくとも組織のストレスマネジメントを考えるうえで、仕事のやりがいを一つの要素として考える必要があると言えよう。

 キャリア意識とストレス状況の関係はどうだろうか。顕著なのは「ITの業界から離れたい」と答えたエンジニアだ。39.3%が高ストレス者
という結果だった(図13)。回答者の多くは希望する職業に就いているわけではないと考えられるので、当然の結果だろう。

 「仕事内容にかかわらず、今の会社にずっと勤めたい」と回答した層で、高ストレス者の割合が4.4%と低い点も目を引く。
回答者の多くは「仕事の内容にはこだわらないし、会社に対して特に不満はない」との意識を持っているとみられる。
ストレスの原因は人それぞれだが、おそらく原因となる要素が少ない状況にあると想像できる。

 ストレスの少ない生活を送れるのは当然、悪いことではない。ただ、
仕事にこだわらない「就社」をしている人でなければ、ストレスを低減できない状況だとしたら、専門職であるエンジニアの環境としては問題ありと言わざるを得ない。

(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487206325/


続きを読む

IT部門は社内で自分だけ… 「ひとり情シス」深刻化、中堅企業の悩み浮き彫り

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/15(水) 12:33:26.66 _USER
r8image01
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170215/bsc1702150620001-n1.htm

中堅企業の7社に1社が「ひとり情シス」…。米デル日本法人(神奈川)が14日に発表した「IT動向調査」から、
中堅企業のIT部門を取り巻く厳しい実態が分かった。デルは中堅企業向けの事業戦略も打ち出し、支援に乗り出した。

 調査は、中堅企業(従業員数100名以上1000名未満)400社以上を対象に、2016年12月〜2017年1月に実施。
中堅企業におけるIT部門の人員数や他部門の社員と比較した給与体系などIT担当者を取り巻く環境について聞いた。

 中堅企業のIT部門においてとりわけ課題となっているのが人員不足だ。社内のIT・情報システム部門を
全て一人で切り盛りしなければいけない、いわゆる「ひとり情シス」に陥っている企業は少なくない
。同調査では、IT部門の専任担当者が一人しかいない企業が14%、さらにはIT部門の専任担当者がいない企業も13%に上った。

 「ひとり情シス」に至った経緯については、「人員を増やせない」「人員削減で徐々に減っていった」などの回答が目立つ。
企業と比べると人員のゆとりがなく、少人数で業務をこなさなければならない中堅企業の悩みが浮き彫りとなった。

またIT担当者と他部門の社員の給与格差について聞いたところ、8割が「変わらない」と答えたが、従業員数300名以上
500名未満の企業ではIT担当者の給与水準を高く設定する傾向があることが分かった。高額報酬によりIT人材を確保する企業もあり、
少人数でIT部門を運用管理している企業では人材流出によりさらなるリスクにさらされる危険がある。

 このような状況を踏まえ、デルでは「ひとり情シス」を支援する中堅企業向けサービスを開始する。充分な検討時間が取れない
企業向けに最適なクラウドを提案したり、「ITコンシェルジュ」を設置し高度化する顧客ニーズに対応していくなど、中堅企業に特化したサポートを展開していく。(久住梨子)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487129606/


続きを読む

残業上限60時間に頭を悩ますIT業界 「納期は死守、ただし残業はするな」という事態に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/14(火) 13:06:56.92 _USER
3a93a06b-s
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/020800817/

近い将来、残業時間を巡って悩まされるIT企業やユーザー企業のIT部門が増えそうだ。
政府が開催中の「働き方改革実現会議」を通じて、残業時間の上限を設定する法案をまとめる方針だからだ。

 一部報道によると、政府は残業の上限を月間平均60時間、年間合計720時間までとする原案を、
働き方改革実現会議の会合で2017年2月中旬にも提示する。

 原案のポイントは、(1)1カ月平均で60時間、年間720時間を上限とする、(2)繁忙期においては
月間最大100時間まで認める、(3)前後の月との平均では80時間以内まで認める、の三つという。
政府は同会議で2017年3月中に意見を取りまとめ、法案を作成する方針である。

 現状、労働基準法36条に沿って労使が協定を結び、特別条項を付ければ、
企業は従業員に事実上青天井で残業をさせられる。政府案は、過労死につながりかねない長時間残業に歯止めをかけるためのものだ。

 ただし、政府案の残業60時間制限が定められ、経営側が特に対策を講じない場合、
納期厳守を要求されがちな開発の現場などでは、新たな難題が降りかかることにもなる。
「納期は死守、ただし残業はするな」と命じられているようなものだからだ。

 トラブルでプロジェクトが“炎上”しても、何も手を打てないといった事態が起こりかねない。
この残業60時間制限が、プロジェクトの命運を左右するかもしれないのだ。

「残業は月間20時間」は本当か?
 近年は、大手を中心にIT企業各社で残業削減の取り組みが進みつつある。情報サービス産業協会(JISA)によると、
会員IT企業の2015年度の時間外労働は、平均で年間約280時間。1カ月当たりで換算すると月間20時間余りとなる。
この数値を見ると、60時間という上限が課せられても問題なさそうに思えるかもしれない。

 だが、IT企業のすべての職場が残業時間を正直に報告しているとは限らない。事実、ある大手ITベンダーの幹部は
「開発現場の実態と乖離している」と打ち明ける。また、あくまで平均時間のため、長時間残業が常態化している現場が埋もれている可能性が高い。

あなたの残業の実態はいかがだろうか。また、政府案の通り1カ月の残業を60時間以内に制限する法律が施行された場合、
あなたやあなたの職場はどのような影響を受けそうか。

(続きはサイトで)
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487045216/


続きを読む

ソフトウェアエンジニアの平均給与、日本が主要国で最も低い水準に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/13(月) 13:53:20.60 _USER
4
http://gigazine.net/news/20170213-usa-it-salary/
no title


就職や転職活動の際には、志望する企業の理念や風土など気になることがたくさんありますが、「給料」も仕事を決める上で
の重要な点の1つ。求職サイトのHiredは、IT業界の中でもソフトウェアエンジニア、プロダクトマネージャー、
データサイエンティストにしぼって都市別平均給与や平均給与の遷移などを分析し公開しており、就職や転職活動の参考になりそうです。
2016年のソフトウェアエンジニアの平均給与(市場別)を都市別に表したのが以下の地図になります。

アメリカでは最も高いのがサンフランシスコ・ベイエリアで13万4000ドル(約1524万円)、続いてシアトルで12万6000ドル(約1432万円)、

ニューヨークで12万ドル(約1364万円)となっており、アメリカの西海岸の都市が上位にランクイン。

ヨーロッパだとロンドンが7万3000ドル(約830万円)で、パリが5万5000ドル(約625万円)。

アジア太平洋を見てみると、シンガポールが6万1000ドル(693万円)、メルボルンが8万3000ドル(約943万円)、
シドニーが8万1000ドル(約921万円)となっており、アメリカのソフトウェアエンジニアの平均給与の高さが目立ちます。

データを分析したHiredによれば、考えうる多くの要因の中で、可能性が最も高いのはアメリカのテクノロジー市場が最も成熟しているということ。
優秀な技術者が多くいることが高い給与につながる要因の1つと考えられるそうです。

(中略)

面接で高い給与オファーをもらったプロダクトマネージャーおよびデータサイエンティストが持っていた技術は以下のとおりです。
プロダクトマネージャーは「事業開発」「プロジェクトマネージメントおよび戦略」「Java」「Ruby」「アジャイルソフトウェア開発」
「データマネジメント」、データサイエンティストは「機械学習」「データ分析」「Python」「SQL」「統計」「R」のスキルを持っていると、高い給与オファーを受け取りやすいとのこと。

以下のグラフは「希望平均給与」と「実際の平均給与」を人種別に表したもの。左から黒人・ラテン・アジア人・白人となっています。この中で唯一
「実際の平均給与」が「希望平均給与」を上回っているのが黒人。ラテンおよび白人は「実際の平均給与」が「希望平均給与」より下回っているいることがわかります。
なお、アジア人は「実際の平均給与」と「希望平均給与」がほぼ同じという結果になりました。

「希望平均給与」と「実際の平均給与」を年齢別に表したのが以下のグラフ。「20〜25歳」では「希望平均給与」と「実際の平均給与」に差がありませんが、
年齢が高くなるとその差も広がっていく傾向が見られます。ただし、「45〜50歳」を境目にその差は縮まり、
「50〜60歳」では「実際の平均給与」の方が「希望平均給与」よりも高くなっていることがわかります。

なお、調査会社は違いますが、求人サイトのPayScaleによると、日本におけるソフトウェアエンジニアの平均年収は約444万円で、海外とは大きな差があるようです。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486961600/


続きを読む

100%人工知能のヘッジファンド誕生 「株取引に人間の感情は邪魔」

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/07(火) 12:44:00.62 _USER
index
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-02-07/OKZDL76TTDSS01


ババク・ホジャット氏は、株取引で人間は感情的であり過ぎると確信している。このため、100%人工知能(AI)に任せる新興ヘッジファンドを始めた。
  コンピューター科学者でアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」の基盤づくりにも寄与した同氏は
、「人間には偏見や感受性、意識、無意識といったものがある」として、
「われわれ人間が間違いを犯すことは十分裏付けられている。私に言わせれば、
データや統計が純粋に示すものに頼るよりも、人間の直感や説明に依存してしまうことの方が怖い」と述べた。


 ホジャット氏はセンティエント・テクノロジーズの共同創業者だ。新興ヘッジファンドの同社は過去10年近くを、
膨大なデータを調査してトレンドを見つけ出し、株取引で学び適応しリターンを挙げられるAIシステムの秘密トレーニングに主に費やした。
テクノロジー業界のベテランで構成する同社のチームは、AI活用によってウォール街のプロに対して優位に立てると見込んでいる。

  センティエントのサンフランシスコにあるオフィスの壁には、「ターミネーター」のようにAIが人間のように振る舞う世界を描く
映画のポスターがところどころ貼られている。窓のない小さなトレーディングルームの中で唯一光を放っているのはコンピュータースクリーン、
そして大画面テレビに映るバーチャルな火だ。AIシステムをシャットダウンしなければならない万が一の場合に備え、男性2人が取引を静かに見守っている。
  「とんでもない事態が生じた場合、停止ボタンはある」とホジャット氏は語った。
  センティエントはパフォーマンスについても、技術の詳細の多くについても明らかにしない。ブリッジウォーター・アソシエーツやポイント72、
ルネッサンス・テクノロジーズなど伝統的なヘッジファンドは先端技術に資金を投じ、アイデアを生むのにAIを利用するところも多いが、トレーディング全体を任せるというのは異例だ。

 センティエントは今のところ、自己資金のみ取引しているが、その動向は金融界やAI業界が注視している。
同社には香港の富豪、李嘉誠氏が所有するベンチャーキャピタルやインド最大の財閥、タタ・グループなどがこれまでに1億4300万ドル(約160億円)出資している。

(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486439040/


続きを読む

韓国、4月から釣り銭を電子マネーにチャージする「コインレス社会」を試験実施 硬貨の発行を節減

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/05(日) 11:30:30.39 _USER
54index
http://japanese.joins.com/article/422/225422.html?servcode=300&sectcode=300

韓国銀行が4月から一部のコンビニエンスストアで釣り銭の代わりに交通カードにチャージする「コインレス社会」の試験事業を推進する。

韓国銀行は4日、今週初めに試験事業者を最終確定した後、自律事業者募集に出る予定だと明らかにした。
韓国銀行が推進する今回の事業は2020年までに硬貨の発行と流通コストを節減するために推進される事業の1段階作業で、
1億9000万ウォン(約1875万円)の予算を投じる。顧客が現金で決済する際に釣り銭をプリペイドカードにチャージする方式だ。
現在入札に参加している事業者はコンビニのCUと、韓国スマートカード、キャッシュビー、ハンペイ、DGBユーペイ、
レールプラスのプリペイドカード会社5社。韓国銀行は今週初めに試験事業参加者を最終確定した後、
来月中にシステム整備作業を経て4月から一部地域で優先的に試験事業を進める方針だ。
韓国銀行は釣り銭をプリペイドカードへのチャージではない別の方式を推進する計画も持っている。
薬局、大型マートなどで小銭を直接口座に入金したり、アプリケーションカードでチャージを受ける方式なども議論されている。
一方、韓国銀行が全国の成人2500人を対象に調査した結果「釣り銭に硬貨を受け取っても使わない」という回答は46.9%に達した。
硬貨を使わない理由では「所持が不便」という回答が62.7%で最も多かった。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486261830/


続きを読む

教訓はどこへ? 32ビットIEとSafariのみ対応、Java必須のマイナンバーのポータルサイト

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/19(木) 13:44:40.40 _USER
201108095393681n
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1039551.html

 内閣府が16日にオープンした、マイナンバーのポータルサイト「マイナポータル」がネットの一部で話題だ。
マイナンバーに関連するサービスの検索や情報の確認、また税金などの支払いが行えるというこのサイト、
現在は7月からの本格稼働に向けてアカウントの開設を促しているのだが、ネット上で話題になっている理由は、
このサイトを使うにあたっての推奨環境。マイナンバーカードの読み取りに必要なICカードリーダライターは理解できるとして、

ブラウザーはIE 11(32bit版のみ)およびSafariに限定されているほか、
Java実行環境、JPKI利用者クライアントソフトのインストールが必須という、過去の官公庁のポータルサイトでの教訓がまったく活かされていない
シビアな条件。これらの推奨環境を満たさない状態で「利用開始」ボタンをクリックすると、
ソフトのインストールのほか、環境をチェックするための「マイナポータル環境設定プログラム」を実行するよう促されるという親切さに、
多くのユーザーから嘆きの声が上がっている。7月のオープンまで半年の猶予があるとはいえ、
それまでの改善は望み薄で、悪しき事例がまたひとつ追加されることになりそうだ。

サービストップ(マイナポータル)
https://myna.go.jp/

引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484801080/続きを読む

「今後、機密情報は紙で」文科省のメール誤送信対策に驚きの声

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/10(火) 22:17:52.08 _USER
n-MATSUNO-large570
http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/10/mext_n_14075062.html

文部科学省は1月10日、職員約30人分の人事異動案を誤って約1700人の全職員に送信していたことを公表した。
人事課の職員が4日夕、今月中旬に発令予定だった管理職や若手職員の人事案を部下にメールで送ろうとしたところ、
誤って全職員に送信してしまったという。

一方でこの問題について、全職員に誤送信しかねないシステムや、再発防止策として同省が公表した
「人事情報は今後は紙や口頭でやりとり」との報道には、ネット上などで「時代に逆行するのでは」と驚きの声も上がっている。
ハフポスト日本版は文科省の担当者に話を聞いた。

??どうして誤送信が起きてしまったのでしょうか。
職員がメールを送信する際、宛先を選択する画面には、文科省、部局、職員の順番で表示されており、
クリックして宛先を選ぶ仕組みになっています。表示されている組織名をワンクリックすると下の組織へと切り替わるのですが、
職員は一番上に表示されている「文科省」の部分をダブルクリックしてしまったので、省全体が宛先として選択されてしまいました。
本来は一人の部下だけに送信するつもりでした。今月からメールシステムを変えたばかりで、職員が操作に慣れていなかったことが原因です。

??再発防止策として今後はどのようにされるのでしょうか。
人事情報などの秘密保持を要する情報は、メールを使わないようにして紙や口頭でのやり取りに切り替えます。

??メールから紙にするのは時代遅れでは?という声もありますが…。
秘匿性の高い情報について取り扱うため、現状でできる改善策としては、それが一番良いのではないでしょうか。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484054272/


続きを読む

日本版GPS強化へ新たな衛星 4機体制になることでアメリカの「GPS」よりも正確な位置情報が24時間得られるようになる、らしい

1: 水星虫 ★ 2017/01/04(水) 11:00:29.78 _USER9
1483495229
日本版GPS強化へ新たな衛星

*ソース元にニュース画像あり*

http://www.nhk.or.jp/lnews/saitama/1106039141.html?t=1483491782000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

政府は、人工衛星を使って位置を正確に測定する日本独自のシステムを強化するため、
ことし新たに3機の人工衛星を打ち上げ4機体制で運用を始めることにしていて、
自動車の自動走行など新たな技術分野への活用が期待されています。

人工衛星を使って位置を正確に測定するシステムとしては、アメリカ政府が運用する「GPS」が
世界的に普及していますが、日本も平成22年に準天頂衛星「みちびき」を打ち上げ
「日本版GPS」と呼ばれる独自のシステムを運用しています。

政府はこのシステムを強化するため、ことしの春から秋にかけて新たに3機の衛星を
順次打ち上げることにしていて、来年4月からは4機体制で運用を開始することにしています。

政府によりますと、4機体制になることでアメリカの「GPS」よりも正確な位置情報が
24時間得られるようになるということで、自動車や農作業用のトラクターなどの自動走行や、
災害時の詳細な被害情報の把握など、新たな技術分野への活用が期待されています。

政府は、アメリカの「GPS」に依存しないシステムの構築を急いでいて、
今後も衛星を打ち上げ、平成35年度からは7機体制による運用を目指しています。

01月03日 19時52分
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1483495229/


続きを読む

三菱UFJ、独自の仮想通貨を一般向けに販売へ

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/03(火) 19:53:50.81 _USER
4index
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/life-topic/life-topic/1-0354164.html

三菱UFJフィナンシャル・グループが2017年度中に、独自の仮想通貨「MUFGコイン」
を一般向けに発行する方針を固めたことが3日分かった。決済や送金の利便性を上げ、ITを積極的に活用する若者ら新たな顧客を開拓する。

 独自に仮想通貨を一般向けに出すのはメガバンクでは初めて。みずほフィナンシャルグループ
も仮想通貨の実証実験に着手しており、同様の動きが他の国内金融機関に広がる可能性がある。

 三菱UFJは17年初めにもグループの社員らを対象にMUFGコインを発行して国内送金などをできるようにし、その後、一般向けに開放する。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1483440830/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ