SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ハード)

【朗報】PC使用年数は5年以上、3割弱は使用開始後8年を経過

1: 名無しさん@涙目です。(雲の流れる霊峰) [ニダ] 2018/06/19(火) 05:59:30.22 BE:837857943-PLT(16930)
077index

Avastの調べによると、世界中で使われるPCのうち、2015年以降に購入されたものは10%。28%近くは使用開始後8年以上経過しており、
大多数は2010〜2014年に生産された製品だという。

セキュリティソフトウェアを提供するAvastが1月30日までに発表した調査によると、世界中で使われるPCのうち、2015年以降に購入されたものは10%。
28%近くは使用開始後8年以上経過しており、大多数は2010〜2014年に生産された、プロセッサが「Core 2 Duo」時代の製品という。
調査対象の1億5500万人のユーザーの全PCの使用年数の中央値は5年をわずかに超える程度としている。

https://japan.techrepublic.com/article/35113949.htm
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529355570/


続きを読む

パソコンに対する不満、独自調査で判明した事実

1: ノチラ ★ 2018/06/04(月) 20:08:59.68 _USER
毎日のように使うPC。使い続けていると、便利さを感じる一方で不満も見えてくる。購入するPCの用途や使い方は人それぞれなので、感じる不満も様々だ。では多くの人が不満に感じているのは、どのような部分だろうか?それが分かれば、PCを購入したりパーツを交換したりする際に気をつけるべき点がつかめるはずだ。

 そこで日経 xTECHでは2018年4月中旬から約3週間、PCに対して感じる不満を聞くユーザーアンケートを実施し、430人から回答を得た(アンケート実施要綱は本記事の最後に掲載)。

 このアンケートでは、省スペース型を含むデスクトップPCおよびデスクトップ一体型PC(以下、デスクトップPC)の使用者には、15項目について満足度を「とても満足」から「とても不満」までの5段階で答えてもらった。この15項目は性能、ストレージ、本体サイズ、画面、ネットワーク、使用中の状態、端子、メーカーサポートなど。ハードウエアに関するものが多いが、搭載OSについても使い勝手とアップデート頻度を聞いている。モバイルタイプを含むノートPCとタブレットPC(以下、ノートPC)の使用者には、17項目について満足度を5段階で答えてもらった。デスクトップPCより2項目多いのは、持ち歩くためにバッテリーと本体の頑丈さについて尋ねたからだ。

 回答者が使っているPCを所有形態別に見ると、個人購入が62.8%、会社購入(会社支給)が36.5%、無回答が0.7%だった。ちなみに用途は、個人用途が43.3%、業務利用が35.6%、個人利用と業務利用を兼ねているのが20.9%、無回答が0.2%となっている。

 PCをタイプ別に見ると、デスクトップPCが47%、ノートPCが53%でほぼ半々だった。PC購入時期は最多だったのが2013年以前で30.5%。2017年18.8%、2016年17.2%の順で続く。
no title

no title

no title


 まずは集計結果を大枠で見ていこう。以下に、デスクトップPCとノートPCについて、不満(「やや不満」と「とても不満」の合計。以下同じ)が多かった順に並べた。
no title

no title


不満と答えた割合が最多だったのは、デスクトップPCとノートPCともに起動の速さ。それぞれ32.2%、37.7%だった。ざっくり3人に1人が不満を感じていることになる。

 アンケートでは、不満を感じた場面や特に不満を感じている点を記入する自由記入欄と、自分特有の環境によると思われる不満を記入してもらう自由記入欄を設けたが、そこで目立っていた記入内容が起動に関するものだった。「起動時に何といってもなかなか立ち上がらない。パスワードを入力しようにも、入力欄が出てくるまでが長い」などである。中には「社内専用のPCだが、毎回起動時に2時間程度、遅くて仕事にならない。IMEのかな漢字変換に1分程度かかる」など、集計していて心配になってくるレベルの書き込みも見られた。
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00297/053000001/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528110539/


続きを読む

今どきのデスクトップPCって見た目は液晶モニタだけなのな・・・・

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [KR] 2018/04/07(土) 10:32:01.91 BE:416336462-PLT(12000)

Acer の新デスクトップPC 「Aspire S24」はスマホをワイヤレス充電できる!
パソコンメーカーAcer(エイサー)は、新デスクトップPC「Aspire S24」を発売した。
ワイヤレス充電「Qi」システムを搭載し、スマホを置くだけで無線充電できるという便利PCだ。
PC作業をしている間にスマホを充電するという人は多いだろう。デスク周りにコンセントがあればいいが、そうでないこともあるはず。また、ケーブルにつなぐのは手間だったりもする。
しかし、Aspire S24なら、スクリーンのベース部分にQiチャージャーを内蔵するので、そこにスマホを置くだけで充電できる。
確かに、デスクトップPCのベース部分は特に用途のない“遊んでいる”スペース。そこを活用するというのは斬新なアイデアだ。
Aspire S24のスペックとしては、スクリーンは23.8インチ、解像度1920×1080ピクセルのフルHDだ。
プロセッサーはインテルコア i5で、RAM12GB、ストレージは1TBある。ちなみに、RAMは32 GBにアップグレードできる。OSはWindows 10。
ポートはUSB 2.0が1つ、USB3.1が3つ、HDMIが2つ。Aspire S24はすでにAcerウェブサイトで販売されていて、価格は899ドル(約9万5000円)となっている。
デスクトップPCの買い替えとワイヤレス充電パッドの購入を考えている人には有力な選択肢となりそうだ。

https://techable.jp/archives/74915
no title

no title

no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523064721/


続きを読む

急拡大するゲーミングPC、売れ筋は10万円クラス

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/04/03(火) 13:04:14.92 _USER
 vvdindex
今回はソフマップAKIBA2号店 パソコン総合館に、ゲーミングパソコンの売れ筋を取材した。

 3Dグラフィックスなどを多用した処理の重いゲームを遊ぶためのゲーミングパソコンは、一般的なパソコンよりも目的が絞られるうえハイスペックが要求されるため、これまではパソコンやPCゲームに詳しいコアなユーザーが多いジャンルといわれていた。ところが、昨年夏に様相が大きく変わったようだ。同店の石上司氏は「YouTubeなどのゲーム実況動画を見て、『自分もプレーしてみたい』『自分も実況してみたい』とPCゲームに興味を持つ人が一気に増えた印象があります。eスポーツの影響も大きいです。来店される方の平均年齢は大きく下がりましたし、男女比も偏りがなくなりました」という。

 最近の売れ筋ランキングも、新規ユーザーの勢いがいかにすごいかを示す並びになっている。

●ゲーミングパソコン 売れ筋ランキング

1位
Inspiron 15 7567 NG55-7HLPPB デル 9万9800円(ポイント約1%)
Core i5-7300HQとGeForce GTX 1050Tiを搭載する15.6型ゲーミングノート。SSDは256GBで、メモリは8GBとなる。サイズと重量はW384.9×D274.73×H25.44mm/約2.65kg。

2位
ROG STRIX GL703VM-EE062T エイスーステック 13万8060円(ポイント10%)
17.3型ゲーミングノートで、Core i5-7300HQとGeForce GTX 1060(3GB)を内蔵。8GBメモリーと1TB HDD、256GB SSDを積む。サイズと重量はW415×D280×H24mm/約3.0kg。

3位
Inspiron 15 7577 NG55VR-7WLP2 デル 13万9800円(ポイント10%)
Core i5-7300HQとGeForce GTX 1060(6GB)を積んだ15.6型ゲーミングノートで、8GBメモリーと256GB SSDを内蔵している。サイズと重量はW389×D274.7×H24.95mm/約2.85kg。

4位
VivoPC X M80CJ エイスーステック 10万2660円(ポイント10%)
Core i5-7300HQとGeForce GTX 1060(メモリー非公開)を積んだ小型デスクトップで、8GBメモリーと1TB HDD、128GB SSDを内蔵する。サイズと重量はW76×D280×H260mm/約2.3kg。

5位
ROG STRIX GL502VS-FY353T エイスーステック 19万8660円(ポイント10%)
Core i7-7700HQとGoForce GTX 1070を搭載する15.6型ゲーミングノート。16GBメモリーと1TB HDD、256GB SSDを内蔵する。サイズと重量はW390×D266×H30.1mm/約2.34kg。

 1位の「Inspiron 15 7567」が象徴的だが、15万円以下のモデルが4位まで続いており、ゲーミングPCながら一般的なパソコンと価格の差がほとんどない製品が主流になっているのが印象的だ。また、4位を除いてノート型が中心になっているもの見逃せない。石上氏は「いまはノート型のシェアが7割です。カフェやスタジオに持ち込んで実況したいというニーズが増えたのと、排熱構造が向上して使い勝手が良くなったことが大きく関係していると思います」と話していた。

 モデルごとの人気の理由は次のページから追っていこう。

続きはソースにて
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1005565/040200131/?P=2

2018年04月03日
日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1005565/040200131/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522728254/


続きを読む

自作PCを組み上げるシミュレーター『PC Building Simulator』早期アクセス版配信開始。組み方を学びトラブルに対応

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/03/29(木) 13:49:16.24 _USER
no title

イギリスを拠点に置くパブリッシャーThe Irregular Corporationは、『PC Building Simulator』の早期アクセス版をSteamにて発売した。価格は2050円で、4月4日までは10%オフの1845円で購入できる。
PC Building Simulator (まだ日本語には未対応)
http://store.steampowered.com/app/621060/PC_Building_Simulator/

『PC Building Simulator』は自作PCを組み上げるシミュレーターゲームだ。チュートリアルに等しい「How to build PC」では、プレイヤーはパーツを選びデスクトップPCを組み立てる方法を学んでいく。メインとなる「キャリアモード」では業者となり、送られてきたPCのトラブルを解決する。

https://youtu.be/rq9IAJ7YulQ



『PC Building Simulator』の特徴は、自作PCにおけるプロセスを巧みに再現している点だ。挿入や接続といったアクションの細かい動作は簡略化されているが、プロセス自体は事細かくアニメーション付きで描写される。PCパーツをはめていく作業はどこかパズルのようで、リアリティとカジュアルさをうまく両立している印象だ。さらに組み立てを学ぶモードでは、自作PCの手順を学べるだけでなく、そのパーツの機能も確認できる。自作PCにまつわる本を購入するよりも、手っ取り早くわかりやすいと言える。

キャリアモードでは、とあるマンションの一室を借りてオフィスとし、送られてくるPCのトラブルを解決していくのが目的。アンチウイルスソフトをインストールしてというものから、ハードウェアの増設を求めるもの、特定の箇所の修理を求めるもの、そしてとにかく壊れてしまったので修理してほしいというものまで幅広い。メールにて案件を受注すれば、PCが部屋に送られてくる。それをデスクの上に運び、修理および拡張を終わらせる。対応後は顧客にPCを送り返せば完了だ。振り込まれた資金を、光熱費など生活費に充てるのだ。
http://jp.automaton.am/wp-content/uploads/2018/03/20180328-65143-001.jpg

作業自体に時間制限はないが、ゲーム内には日付の概念が存在している。「一日を終わらせる」を選択すれば、次の日へと進行する。案件の受注からPCが送られてくるまでにはある程度の時間を要する。増設するPCパーツも購入後すぐには到着しない。うまくこうした日付の事情を考えて案件を受注する必要がある。

届いたPCをリクエストに応じた対応をして送り返す。ただそれだけの単純な作業なのだが、この修理や増設のプロセスがなかなか面白いのでつい遊んでしまう。壊れたものを修理する行為自体にも楽しさがあるのも面白さの理由だろう。組んだPCはゲーム内の3DMarkによって仮想ベンチマークし、スコアを出すこともできるなど、遊び方の幅も広い。資金を蓄えればマンションの一室の設備を充実させられる。
no title

ゲーム内PCにてアプリケーションをインストールすれば、必ず再起動を求められる(ゲーム内で)など小ネタも細かい

資金のバランスなどはかなりアバウトで、シミュレーションゲームとしての奥深さはないものの、PCをいじくり回すという基本システムがしっかりしている。コンテンツの拡充次第でさらにやり込める作品になるだろう。さまざまな周辺機器メーカーとタイアップしており実在のパーツが登場する点も没入度を高める。完成度自体は早期アクセス初期であることを感じさせるが、ゲームとしてのポテンシャルは感じられる。

今後の予定としては、デュアルCPUや水冷、オーバークロックなどの導入を予定している。また言語としては日本語を含む多言語に対応する予定だという。早期アクセスは2〜3か月と短期間の計画であるようだ。自作PCについて学びたい方も熟知した方も含めて、自作PCに関心のある方を満足させられる作品になっているだろう。

2018-03-28 15:35
AUTOMATON
http://jp.automaton.am/articles/newsjp/20180328-65143/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522298956/


続きを読む

価格? スペック? モバイル性? 皆が欲しがっているPCってどんなの

javascript:v
1: ノチラ ★ 2018/03/12(月) 20:08:31.99 _USER
新生活が始まるこの時期。皆さん、準備は進んでいるだろうか? 新社会人になる方や、昇格する方々などをはじめ、PCの購入や買い替えに悩んでいる、という方も多いのではないだろうか。そこでマイナビニュースでは、「新生活時のPC選び」に関するアンケートを20〜30代の読者301人に実施。その結果を紹介していこう。

まずは、この春のPC購入需要を調査するため、「新生活(3〜4月頃)にPCを購入予定、もしくは買い替え予定はありますか」といった質問をしたところ、「はい」と答えた方が40.5%と、半数に近い方が購入や買い替えを検討していることがわかった。やはり、進学や就職、異動や転勤など、新生活を始める方が多い時期なのでそのタイミングでPCの購入を考える人が多いのだろう。
no title


そこで、どんな用途で使用するために購入するのか質問。すると、全体の約8割の方が「ネットサーフィンやショッピング」と回答。続いて、「音楽を聴いたり動画を見る」(57.3%)、「オフィスソフトを使った作業」(45.0%)、「ゲームをする」(29.4%)、「クリエイティブ作業」「動画配信」(21.8%)など。仕事との兼用という方もいるだろうが、プライベートでの利用目的がメインであることがうかがえる。
no title


それを踏まえて、PCを購入する際に最も重要視する点はどこなのか、質問してみると、1位が「価格」(47.3%)、2位が「スペック」(40.1%)と、この2つに回答が集中した。次点として、「持ち運び(モバイル性)」(6.5%)、「デザイン」(6.1%)となった。
no title


PCの利用用途によって、選ぶ際の基準は変わってくるものの、多くの方はモバイル性やデザインよりも"価格"を重要視しているようだ。だが、そうは言いつつ、「スペック」を挙げた人も半数近くもいるということは、価格とスペックの間で悩む方が多いといえるだろう。

そんな人に、オススメしたいのがマウスコンピューターのPCだ。最新スペック搭載のデスクトップPCからノートPCまで、充実したBTOPCを取り揃えている同社は、国内生産(※)かつ24時間365日の電話・メール・LINEでのサポートに対応しているので、初めてPCを購入するといった方も安心できるはずだ。そこで今回は、PCを購入する際に最も重要視する項目別に、マウスコンピューターオススメのPCを紹介していこう。※一部モデルは海外製造も行っています
まずは、1位の「価格」重視の方オススメのPCは……
no title


「m-Book Cシリーズ」は、11.6型のノートPC。重量約1.3kgの軽量・コンパクトボディにCPU「Intel Celeron プロセッサー N3450」を搭載。内蔵のGPU「Intel HD グラフィックス 500」に、メモリが4GB/8GBとSSD 120GBが搭載されており、コンパクトモバイルノートPCとして十分な実力を発揮してくれるモデルだ。もっと詳しく知りたい方は……
https://news.mynavi.jp/kikaku/20180312-596269/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1520852911/


続きを読む

パソコンなしでパソコン教える先生 ネットで話題に 黒板にワードの図表、紙のキーボードなど

1: みつを ★ 2018/03/02(金) 00:53:03.21 _USER9
http://www.bbc.com/japanese/43239356

2018/03/01
西アフリカのガーナで、コンピューターを使わずにコンピューター技術を教える教師が、インターネット上で話題を集めている。

ガーナ第2の都市クマシの学校で教えるこの先生は、黒板に米マイクロソフトの人気ソフト、「ワード」を説明する図表を細かく描いた。

経済ニュースサイト「クオーツ」は、この教師の名前がリチャード・アピア・アコト氏だと突き止め。フェイスブックに投稿された写真にアコト氏は、「ガーナの学校でICT(情報通信技術)を教えるのはとても面白い」とコメントしている。

写真はネットで何千回もシェアされ、マイクロソフトはアコト氏に、新しいコンピューター機器を送ると約束した。
フェイスブックでは「オウラ・クワドォー」というアカウント名を使うアコト氏は投稿の中で、「生徒たちのことが大好きだから、私が教えている内容をこの子たちが理解できる方法でやらなきゃいけない」と書いた。
クオーツによると、アコト氏の学校は2011年以来、コンピューターを1台も所有していない。しかし高校への進学要件には、情報通信技術(ICT)試験への合格が含まれている。

グベンガ・セサン氏はツイッターで、「この教師は、ナイジェリアのカノにある学校を思い出させる。(これを知ったのは2005年ごろだったと思うが)そこの生徒たちは、本物のキーボードを紙にコピーしたものを使って、コンピューターのキーボードを勉強していたんだ。そう、キーボードの練習を紙の上でしていたんだ! 不可能を可能にする先生もいるんだ、本当に」とコメントした。

アコト氏による2月中旬のフェイスブックへの投稿がソーシャルメディアで拡散されると、多くの人がアコト氏を賞賛した。
「(図を描いたのは)初めてじゃない。教室ではいつもしている」とアコト氏はクオーツに語った。

「フェイスブックに写真を投稿するのが好きなので、(シェア)したい気分になった。こんなふうにみんなから注目されるとは思っていなかった」と話した。
起業家のレベッカ・イノンチョン氏は先月25日、マイクロソフト・アフリカ宛にツイート。アコト氏がマイクロソフトの商品を実際には使用できる環境にないのに、使い方を教えていると強調した。

「当然、この男性にきちんとしたリソースを提供できるはず」と、イノンチョン氏はマイクロソフトに提言した。
マイクロソフトは同月27日、アコト氏に対しコンピューター1台を送ることと、同社の教材へのアクセス権を付与することを約束した。

マイクロソフト・アフリカはツイッターで、「教育におけるデジタル転換の実現に向けた教師の支援は、当社事業の中核を成す。オウラ・クワドォー氏には、当社のパートナー企業のデバイス1台と、マイクロソフト認定エデュケーター(MCE)プログラムおよびhttp://education.microsoft.comでの無料の専門能力開発のリソースへのアクセスを付与する」とコメントした。

(英語記事 Ghana man teaching computing without computers becomes viral hit)

生徒たちはコンピューターを持っていないが、テストは合格すると期待されている
006index
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519919583/


続きを読む

パソコン出荷1月11%減、2カ月連続マイナス

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/02/28(水) 15:36:35.55 _USER
15809800-s
 電子情報技術産業協会(JEITA)は1月の国内パソコン出荷台数が前年同月比11.3%減の44万台だったと発表した。出荷額は11.7%減の434億円で、台数・金額ともに2カ月連続のマイナスとなった。パソコンの耐用年数が長くなり、企業向けや量販店での販売の低迷が続いている。

 出荷台数全体の7割を占めるノート型は12.8%減の32万台だった。主に机に据え置いて使う「A4サイズ」の落ち込みが大きい。持ち運びに便利なモバイル型は「働き方改革」を進める企業ので導入が進み、4割近く増えたが、全体の低迷を補えなかった。デスクトップ型は6.9%減の11万台だった。

2018/2/28 14:51
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27494350Y8A220C1X20000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1519799795/


続きを読む

Snapdragon 835搭載Windows 10 PC HPが999.99ドルで発売

1: trick ★ 2018/02/23(金) 19:03:02.11 _USER9
Snapdragon搭載Windows 10 2in1、HPが999.99ドルで発売 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1108059.html
no title

劉 尭2018年2月23日 15:29

 米HPのホームページで、Snapdragon 835およびWindows 10 Sを搭載した2in1「HP ENVY x2 - 12-e001nr」が999.99ドルで販売されている。3月9日(米国時間)までに出荷するとしている。

 Qualcommは2017年12月に「Snapdragon Tech Summit」を開催し、Windows 10を搭載した2in1の1つとしてHP ENVY x2を紹介したが、このたび発売にいたった。

 Snapdragon 835の搭載により、最長22時間のバッテリ駆動を実現しているのが特徴。4G LTEによる通信機能も備えており、Wi-Fiがない環境下でもネットワークへの接続を実現している。キーボードは着脱式で、アイソレーションでLEDバックライト付きのものが付属する。

 おもな仕様は、SoCにSnapdragon 835(2.2GHz、最大2.6GHz、8コア、Adreno 540 GPU内蔵)、メモリに4GBのLPDDR4-3733、ストレージに128GB UFS、液晶に1,920×1,280ドット表示対応12.3型IPSパネルなどを搭載する。

 インターフェイスはUSB 3.0 Type-C、microSDカードスロット、Nano SIMスロット、500万画素前面/1,300万画素背面Webカメラ、音声入出力などを備える。

 バッテリは3セル/49.33Whのリチウムイオン。本体サイズは約292.9×210.3×6.7mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約699g。
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519380182/


続きを読む

マウス、microSIMカードを挿してLTE通信できる13.3型モバイルPC

1: ムヒタ ★ 2018/02/21(水) 13:15:22.28 _USER
マウスコンピューターは21日、LTEに対応した13.3型モバイルPC「MB13BCM8S2WL」を発表した。家電量販店で同日から販売開始する。価格はオープン。ビックカメラ.comでの販売価格は税別89,800円となっている。
no title


13.3型フルHD液晶を搭載した、本体厚約17.6mmの薄型ノートPC。本体にLTEモジュールが内蔵されており、左側面のmicroSIMカードスロットにSIMカードを挿入することで、LTE通信を利用できることが特徴だ。

対応キャリアはNTTドコモの3G/LTEで、対応バンドは3GがBand 1/19、LTEがBand 1/3/19/21。通信速度は受信最大150Mbps。SIMカードはユーザーが用意する必要がある。
no title


主な仕様は、CPUがIntel Celeron 3865U(1.80GHz)、メモリが8GB、ストレージが240GB SSD、グラフィックスがIntel HD Graphics 610(CPU内蔵)、ディスプレイが13.3型ワイド(1,920×1,080ドット)、OSがWindows 10 Home 64bitなど。

主なインタフェースはHDMI×1、Mini DisplayPort×1、USB 3.0×3(1基はType-C)、microSIMカードスロットなど。通信インタフェースはGigabit準拠の有線LAN、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2+LTEなど。

本体サイズは329.8×225×17.6mm(突起部含まず)、重量は約1.5kg。バッテリ駆動時間は約8.6時間(JEITA 2.0)。

2018/02/21 12:34:22
https://news.mynavi.jp/article/20180221-587174/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1519186522/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ