SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ハード)

PCパーツって値上がりしすぎじゃね?昔はCPUもグラボも電源もケースも一律1万円くらいだったろ

1: マヌルネコ(北海道) [NO] 2020/01/22(水) 00:52:55.15 BE:422186189-PLT(12015)
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579621975/


続きを読む

第10世代Core+Wi-Fi 6搭載で約779gの軽量筐体を実現したスリム13.3型ノート「dynabook G」など9製品

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/15(水) 15:11:33.15 _USER
 Dynabookは1月15日、同社製ノートPC「dynabook」シリーズのラインアップを一新、2020年春モデル計9製品を1月24日から順次発売する(dynabook T7/同 X7の2製品は2月下旬から)。

 今回のラインアップは、従来製品をベースに一部モデルで最新の第10世代Coreプロセッサの採用やWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)接続のサポートが行われているのが特徴だ。

no title

no title

no title

カラーバリエーションはdynabook G5(上)がオニキスブルーの1色展開、dynabook G6(下)/dynabook G6がオニキスブルーとパールホワイトの2色展開となっている

 薄型軽量設計の13.3型モデル「dynabook G」シリーズは、Core i7-10710Uを搭載する「dynabook G8」、Core i5-10210Uを搭載する「dynabook G6」、Core i3-10110Uを搭載する「dynabook G5」の3構成をラインアップ。いずれもIGZOパネル採用の13.3型フルHD液晶ディスプレイを内蔵、Wi-Fi 6もサポートした。本体重量はCore i3搭載の「G5」モデルが約779gを実現。バッテリー駆動時間はCore i7搭載の「G8」モデルが最大約18.5時間となっている。

 予想実売価格はdynabook G5が14万円台半ば、dynabook G6が16万円台半ば、dynabook G8が20万円前後の見込みだ(税別、以下同様)。

 この他、15.6型スタンダードノートPCとして「dynabook T6」「dynabook T7」および「dynabook X4」「dynabook X5」「dynabook X6」「dynabook X7」の6機種を投入。最上位のdynabook T7は第10世代CoreとWi-Fi 6を装備する他、赤外線顔認証もサポートした。

no title

no title

dynabook T7(上)、dynabook X7(下)

 予想実売価格はdynabook T6が16万円台半ば、同 T7が19万円台半ば。同 X4が12万円前後、同 X5が14万円台半ば、同 X6が15万円台半ば、同 X7が18万円台半ばとなっている。

□関連リンク
プレスリリース
https://dynabook.com/press-release/20200115.html
Dynabook
https://dynabook.com/

2020年01月15日 12時41分 公開
ITmedia PC USER
https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2001/15/news085.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579068693/


続きを読む

パソコン世界出荷、8年ぶりに増加 OSサポート終了で

1: ムヒタ ★ 2020/01/15(水) 07:31:31.66 _USER
d9a8833356a0c848881991db6e44ca10
【シリコンバレー=奥平和行】パソコンの世界出荷台数が8年ぶりに前年実績を上回ったことが14日までに明らかになった。米調査会社のIDCによると、2019年の出荷は前年より2.7%多い2億6669万台だった。米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」のサポート終了を控え、企業が一斉に更新に動いたことが需要を盛り上げた。

米ガートナーも14日までに19年の出荷は前の年比0.6%増の2億6123万台だったと発表した。いずれの統計でも前年超えは11年以来だ。

10年代に入ると消費者はスマートフォンなどの購入や買い替えを優先する傾向が強くなり、パソコン販売は苦戦を強いられてきた。ただ、マイクロソフトがウィンドウズ7のサポートを20年1月14日に終えることを決め、19年は情報セキュリティーを確保するといった観点から企業が業務用のパソコンを一斉に買い替えた。

IDCによると、メーカー別では中国のレノボ・グループが前の年より1.2ポイントと高い24.3%のシェアを獲得し、首位だった。2位は米HP、3位には米デル・テクノロジーズが入った。法人向けに強いメーカーがシェアを拡大する傾向が強く、3社合計のシェアは65%を上回った。

19年10〜12月期も世界出荷台数は前年同期比2.3%増の7061万台(ガートナー調べ)に達するなど堅調だが、先行きに対する見方は別れている。ガートナーの北川美佳子主席アナリストは「中国など新興国の企業は(ウィンドウズ7を搭載したパソコンの)更新を終えておらず、20年を通じて成長すると予想している」との見方を示した。

一方、IDCのリサーチマネジャー、ジテシュ・ウブラニ氏は「今後12〜18カ月は伝統的なパソコンにとって難しい環境となる」と指摘する。最新のOS「ウィンドウズ10」に対応した製品への買い替えが一巡したほか、次世代通信規格「5G」や折り曲げられる画面の採用といった新機軸が軌道に乗るまでは時間がかかることを理由として挙げている。
2020/1/15 6:21
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54398040V10C20A1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579041091/


続きを読む

ひとまわり大きくなった「GPD WIN Max」、Ryzen採用を諦めIce Lakeを搭載へ

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/14(火) 17:13:00.49 _USER
no title

Nintendo Switch(右)との比較

 深センGPD Technologyは、年内に投入予定のクラムシェル型Windowsゲーム機「GPD WIN Max」についての最新状況を報告した。

 GPD WIN Maxは2019年3月あたりから存在が明らかにされたモデルで、既存の「GPD WIN」よりひとまわり大きい筐体を採用する。当初は低電圧版Ryzenを搭載するとし開発を進めてきたが、ここにきてIce Lake Uへの変更が明らかとなった。

 具体的には、Core i7-1065G7となった。このCPUは10nmプロセスで製造され、4コア/8スレッドのCPUを搭載。ベースクロックは1.3GHz、Turbo Boost時のクロックは3.9GHz。TDPは15W、最大25Wで稼働する。

 一方、GPUはIce Lake最上位グレードの「G7」となる。液晶は1,280×800ドット表示対応のものを搭載するとしており、この解像度下ではほとんどのゲームが快適に動作するという。また、GPD WIN MaxにはThunderbolt 3も搭載するとしている。

 このほかのスペックは明らかにされておらず、詳細は2月以降となる見込みだ。

 ちなみにRyzenの搭載を計画していたモバイルWindowsゲーム機としては「SMACH Z」が挙げられるが、今日に至るまで出荷されていない。SMACH Zは組み込み向けのRyzen Embeddedプロセッサを採用しているが、GPD Wade氏の見解によれば、Ryzen Embeddedにはバッテリ制御のECファームウェアが存在せず、この開発に手こずっていると見られる。
PS VitaライクなWindowsゲーム機「SMACH Z」がRyzen搭載で再始動 - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1113284.html

 一方、GPD WIN Maxはモバイル向けRyzenを採用するためこの問題はないが、AMDが提供しているノートPCのリファレンスデザインはいずれもDDR4メモリスロットつきのものとなっているため、GPD WIN Maxのようにメモリをオンボードで実装する場合、独自の配線設計を行なう必要がある。加えて、Ryzen Uプロセッサの性能を十分に発揮させるためには、TDP 35Wに対応できる熱設計が必要があり、こちらも足かせとなったようだ。Ice Lakeの搭載は賢明な選択肢だと言えるだろう。

 ただ既報のとおり、Ice Lakeは供給量不足という問題を抱えており、GPD WIN Maxが欲しいすべてのユーザーの手に届くほど潤沢な供給がなされるかが、今後の焦点となりそうだ。
【特集】7型ゲーミングUMPC「ONE-GX」が、Ice Lake採用をスキップするワケ 〜ONE-NETBOOKの社長と副社長にインタビュー - PC Watch
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/1220012.html

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578989580/


続きを読む

新マザボ規格「Razer Tomahawk N」採用のゲーミングPCが発売、NUCサイズでフルタワー級の超冷却が可能

1: スミロドン(北海道) [KR] 2020/01/10(金) 10:39:53.15 BE:422186189-PLT(12015)

Razerは1月7日(米国時間)、モジュール構造の超小型ゲーミングPC
「Razer Tomahawk Gaming Desktop」を発表した。Intelが発表した
「NUC 9 Extreme Compute Element」をベースに同社が開発したシャーシ、
Razer Tomahawk N1を採用した初のモデルとなる。

no title


Razer Tomahawk N1は、Intelが1月7日(米国時間)に発表したモジュール式のNUCキット
「NUC 9 Extreme Compute Element」をベースに開発された、ゲーミングPC用シャーシ。

容量10リットルという小型サイズながら、第9世代Intel Core i9-9980HKやNVIDIA GeForce
RTX 20シリーズの搭載が可能で、フルタワー型PCと同等クラスの高パフォーマンスを実現する。

シャーシはアルミニウムで両側には強化ガラスを搭載。ハンドルをスライドして内部パーツを
まとめて引き出せるツールレス構造で、グラフィックスやドライブなどの部品を簡単なステップで
交換できたり、埃取りといったメンテナンスが手軽に行えたりする。

no title

no title


Razer Tomahawk N1シャーシを採用したゲーミングPCが「Razer Tomahawk Gaming Desktop」だ。
Intel Core-i9プロセッサ、64GB DDR4メモリ、NVIDIA GeForce RTX 20シリーズなどを搭載可能。
SSDスロットはデュアルM.2 SSDスロットを装備し、各パーツはアップグレード可能。
製品の詳細は不明だが、インタフェースはHDMI 2.0a、USB 3.2 Gen2、
ギガビット準拠のEthernetポート(2基)、Wi-Fi 6などとなっている。

Razer Tomahawk Gaming Desktopは2020年前半に提供を開始する予定。
また、Tomahawk N1ケースも独立した製品として販売を予定している。

no title

no title


https://news.mynavi.jp/article/20200108-951837/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578620393/


続きを読む

世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/09(木) 00:35:21.28 _USER
<国際学力調査「PISA」による日本の子どもの読解力の低下が話題となっているが、もっと深刻な問題は世界で日本だけがデジタル化の潮流に逆行していること>

経済協力開発機構(OECD)の国際学力調査「PISA2018」の結果によると、日本の生徒(15歳)の読解力は15位となっている。前回2009年の調査時の8位から大幅に低下したことで「PISAショック」と騒がれているが、その原因としてコンピュータ形式のテスト(CBT方式)に慣れていないことが指摘されている。

今の10代は幼少期から情報機器に囲まれて育ったデジタルネイティブの世代だが、日本の子どもはスマホは使うものの、パソコンの使用率は低い。上記調査によると、「自宅にノートパソコンがあり、自分もそれを使う」と答えた生徒の割合は35%でしかない。アメリカ(73%)、イギリス(78%)、果てはデンマーク(94%)とは大きな違いだ(デスクトップパソコンについても別途、調査していて同様の結果)。お隣の韓国(63%)とも差が開いている。学校での使用率も同じだ。

調査対象国の中での位置を見ると、驚くべき結果となっている。<図1>は、自宅と学校でのノートパソコン使用率のマトリクスに50カ国を配置したグラフだ。
no title


日本の生徒のパソコン使用率は低く、発展途上国以下であることが分かる。学校での使用率は最下位だ(縦軸)。教育のICT(情報通信技術)化が著しく遅れている。教育のICT化とは授業で情報機器を使い、教授活動の効率を上げることだけを意味するのではない。庶務連絡や提出物のやり取りをネット経由でするなど、校務のICT化も含む。これが進めば教員の過重労働もだいぶ緩和されるはずだが、現実はそうなっていない。

デンマークなど教育のICT化が進んだ国ではパソコンは必須だ。これがないと宿題も出せないし、庶務連絡も届かない。同国の生徒のほぼ全員が自宅で(専用の)パソコンを使うというのは頷ける。

日本の生徒もスマホの使用率は高く、それで十分と考えているようだ。SNSで仲間と交信し、イベント情報等をチェックするだけならスマホで事足りる。だが、情報を独自に加工し、創作物を生み出すとなるとパソコンが必須となる。これからの時代、情報の消費者に甘んじるのではなく、情報の生産者(創作者)になるべきだ。

日本でも生活様式のICT化が進んでおり、以前に比したら子どものパソコン使用率も上がっていると思われるかもしれない。しかし日本の15歳生徒のパソコン使用率(自宅)は、2009年の48%から2018年の35%へと下がっている。何とも奇妙だが、このような国は他にあるのだろうか。<表1>は、33カ国のノートパソコン使用率の変化を示したものだ。過去9年間の伸び幅が大きい順に並べている。
no title


2009年時点で使用率が低かった国では大幅に上昇している。中国のマカオでは19%から71%へと激増した。韓国も23%から63%に大きく増えている。しかし日本だけは下がっていて、2009年には韓国や中国、発展途上国より高かったが、2018年では最下位に転落している。

スマホが普及したためだが、それは他国も同じだ。日本だけでパソコン離れが起きているのは、宿題をしたり作品を創作したりする用途で使う生徒が少ないからだろう。

日本だけが国際的な潮流と逆行しているようで何とも恐ろしい。世界規模でデジタル革命が起き、イノベーションを競うようになるなか、これでは日本は取り残されてしまう。手のひらサイズのスマホをいじるだけで満足させてはいけない。ICTを積極的な用途で使うよう、子どもを指導するべきだ。

そのための一歩はまずパソコンに触れさせること、それが必要不可欠な環境を用意することだろう。まずは学校の校務を徹底的にICT化し、パソコンがなければ庶務連絡も分からず、課題の提出もできない――こういう環境を意図的に作り出すことから始めるべきだ。

子ども1人にパソコン1台という方針が示されているが、バラマキをしたところで、用途がなければそれに自ら触れることはない。財源は学校のICT化に費やすべきで、パソコンは各家庭に用意してもらう。困窮家庭の場合は就学援助の範疇で支給(貸与)すればいい。

以下ソース
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/01/post-92085.php
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578497721/


続きを読む

Raspberry Pi 買ったんだけど、これ十分実用的なパソコンだろ。ブラウザもOfficeもサクサクで快適すぎ

1: バリニーズ(北海道) [US] 2020/01/05(日) 10:55:26.93 BE:422186189-PLT(12015)
fdsfd002

Raspberry Piの最新版が「Raspberry Pi 4(以下RPI4と略記)」が11月25日になってようやく日本で正式発売となった。

と、言うのもすでにRPI4は6月24日に発売開始な一方、
Raspberry Pi 3+から無線LANとBluetoothを内蔵したため、
無線の技術適合審査に時間がかかっていたから、
というのが実態だ

(海外の認定機関を使った相互認証制度があるのに遅れるのは変だと思っていたのだが、RPI4の技適は日本国内で認証している)。

ということでRSコンポーネンツから買ってきた(国内発送で翌日には届いた)。
ちょっと使ってみた感想は「ちょっと手を入れてやるだけで色々な使い道がありそう」というのが実感だ。

https://news.mynavi.jp/article/20191224-945293/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578189326/


続きを読む

今売れているノートPC(10万円以下)TOP10、NECのLAVIEが今週も首位譲らず

1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/30(月) 11:16:21.91
「BCNランキング」2019年12月16日から22日の日次集計データによると、ノートPC(10万円以下)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 LAVIE Note Standard カームホワイト
NS150/NAW(NEC)
no title



2位 VivoBook 15 X512FA
X512FA-EJ121TS(ASUS)

3位 LAVIE Note Standard カームレッド
NS150/NAR(NEC)

3位 E402WA
E402WA-GA002T(ASUS)

5位 Ideapad 330
81D600JAJP(レノボ・ジャパン)

6位 Ideapad L340
81LW002PJP(レノボ・ジャパン)

7位 ideapad 330
81DC014YJP(レノボ・ジャパン)

7位 Chromebook Flip C101PA
(ASUS)

9位 LAVIE Note Standard カームホワイト
NS150/KAW(NEC)

10位 FMV LIFEBOOK AH
FMVA45D1G(富士通)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

12/28(土) 10:00配信
BCN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00151721-bcn-sci

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577672181/


続きを読む

ワシ、ゲーミングノートを発注する

1: アルデバラン(ジパング) [UA] 2019/12/31(火) 11:49:42.81 ● BE:792141984-2BP(2000)
えsvs01_s

8万円台から買えるコンパクトなゲーミングPC「Dell G5」は最初の1台にもオススメ!

https://ascii.jp/elem/000/002/001/2001713/amp/



 彡⌒ミ
  (・ω・)   米尼で個人輸入したんで本体+SSD二枚で約1602ドルだったぜ。
  / し'⌒彡 (本体:15インチCore i7 9750H、SSDがm.2二枚(500GB+2TB))
  \  ノ  Amazonレートで換算されたから日本円にすると実際のレートより少し高いが
    YY   それでも国内モデル買うよりは全然安く済んで個人的には大満足ですわい。
    ^ ^
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577760582/


続きを読む

今売れているノートPC(10万円以下)TOP10、NECのLAVIEが今週も首位譲らず

1: 首都圏の虎 ★ 2019/12/29(日) 12:57:35.13
「BCNランキング」2019年12月16日から22日の日次集計データによると、ノートPC(10万円以下)の実売台数ランキングは以下の通りとなった。

1位 LAVIE Note Standard カームホワイト
NS150/NAW(NEC)
no title



2位 VivoBook 15 X512FA
X512FA-EJ121TS(ASUS)

3位 LAVIE Note Standard カームレッド
NS150/NAR(NEC)

3位 E402WA
E402WA-GA002T(ASUS)

5位 Ideapad 330
81D600JAJP(レノボ・ジャパン)

6位 Ideapad L340
81LW002PJP(レノボ・ジャパン)

7位 ideapad 330
81DC014YJP(レノボ・ジャパン)

7位 Chromebook Flip C101PA
(ASUS)

9位 LAVIE Note Standard カームホワイト
NS150/KAW(NEC)

10位 FMV LIFEBOOK AH
FMVA45D1G(富士通)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

12/28(土) 10:00配信
BCN
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00151721-bcn-sci
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1577591855/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ