SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ハード)

Vim/Viのコマンドが一目でわかるMacBook用キーボードカバー

1: ノチラ ★ 2017/08/14(月) 18:30:55.89 _USER
実は、僕も欲しいです。

LinuxやUnixを勉強する上で、第一の関門となるエディター「Vim/Vi」のコマンドの習得。え、俺はEmacs派だって? まぁその辺の話は後にするとして、MacBookや無線キーボードに貼り付けてVim/Viのコマンドを覚えられるカバー「Vi & VIM Keyboard Covers for MacBook and iMac」が登場しましたよ。
no title


この薄型のカバーは、貼り付けるだけでMacBookのキーボード刻印が一新。カラフルなVim/Viのコマンドが現れます。これで、Vim/Viのコマンドを覚えきっていないんだよ…というあなたでも、キーボードをちら見しながらカッコよくコマンドを決められるってわけです。

さらにキーボードの汚れやチリの混入、液体をかぶった場合にも簡易的な保護カバーとして役に立ちます。特に、キーボード下にホコリが入ると思わぬ故障の原因になるんですよね。というわけで、VimやVi、Linux、Unixに興味がなくても、このカバーを貼り付けておくだけでいいことがあるかもしれません。

カバーはMacBook Pro(2016年以降)、MacBook Pro/Air(2008〜2015年)、Appleの無線キーボード(2008〜2015年)に対応。価格は27.99ポンド(約3,100円)で、日本への配送にも対応しています。これ、一つ買おうかな…どうしようかな…。
http://www.gizmodo.jp/2017/08/vim-vi-mac-book-keyboard-cover.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502703055/


続きを読む

スパコン世界首位に国内ベンチャーが挑む「米中には負けられない」 海洋機構「暁光」来年にも

1: らむちゃん ★ 2017/08/06(日) 10:21:39.07 _USER9
160620_CHINA_RK-1250x650
産経ニュース、2017.8.6 10:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/170806/prm1708060011-n1.html

日本のスーパーコンピューターの将来を光が照らしている。その名も「暁光(ぎょうこう)」だ。計算速度の世界ランキングで11月に3位に躍り出る見込みで、来年にはトップを目指す。開発を手掛けるのはベンチャー企業。「米中には負けられない」と強い使命感で突き進む。(原田成樹)

秋に世界3位へ

 年に2回発表されるスパコンの計算速度の世界ランクで今年6月、海洋研究開発機構・横浜研究所の暁光が69位に初登場した。まだ一部しか稼働していないが、11月までにフル稼働すれば国内トップの東大・筑波大を抜き、一気に世界3位となる見通しだ。

 ペジーコンピューティング(東京)を中核とするベンチャー企業グループが開発した。1つの演算処理装置に千個以上の回路を搭載して効率を高め、超高密度の半導体メモリーを採用。装置の冷却は従来のファンによる排熱ではなく、液体に丸ごと浸して強力に冷やす。日本の独自技術を詰め込んだ特注マシンだ。

 世界トップの座は日米中が激しく争ってきた。日本は2002年に海洋機構の「地球シミュレータ」が首位となったが、その後は米国が逆転。11年には理化学研究所の「京(けい)」が首位を奪還したものの、現在は8位に後退し、中国が9連覇中で独走している。

 各国が次の目標として狙うのは20年前後に登場する「エクサ級スパコン」で先陣を切ることだ。エクサとは1兆の100万倍を意味する言葉で、京の百倍もの計算速度を発揮する。

 国営新華社通信によると、中国は20年にエクサ級への到達を目指す。米国は「遅くとも21年の達成」を掲げ、政府がメーカーの開発を支援するプロジェクトを6月に立ち上げた。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501982499/


続きを読む

Raspberry Pi3と同サイズで性能2倍のASUS製「Tinker Board」が国内発売

1: ノチラ ★ 2017/08/05(土) 17:05:04.65 _USER
TechShare株式会社は、ASUS製シングルボードコンピュータ(SBC)「Tinker Board」を、8月8日より国内発売する。価格はオープンプライスで、発売記念のキャンペーン価格として、直販サイトにて7,980円で販売する。

 Tinker Boardは、ASUSが開発したLinuxベースのSBC。Raspberry Pi 3と同サイズながら、約2倍のCPU/GPU性能を謳うほか、Gigabit EthernetやWi-Fi、Bluetoothの標準搭載といったスペックが特徴となっている。

 1月に米国と欧州の一部地域で発売され、技適も取得済みであることは既報の通りだが、国内販売はこれまで行なわれていなかった。

 おもな仕様は、Rockchip RK3288(Cortex-A17×4、1.8GHz)、Mali-T764 GPU、2GBメモリ、対応OSは、DebianベースのTinker OSとAndroid 6.0。

 インターフェイスはUSB 2.0×4、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN、Bluetooth 4.0、Gigabit Ethernet、HDMI 1.4、microSDカードスロット、3.5mmステレオミニジャック、GPIO(40ピン)、MIPI DSI(15ピン)、MIPI CSI(15ピン)、PWMまたはS/PDIF(2ピン)

 電源はMicro USBポート経由で、5V/2Aが必要。本体サイズは85.60×56×21mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は45g。

 TechShareでは、本体と同時に、Tinker Board用ケースや、AC電源、Tinker OS書き込みmicroSDカードなどのアクセサリ製品も同時に発売する。直販価格はケースが900円、電源セットが1,450円、電源セットとmicroSDのスターターパックが2,750円。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073926.html
no title
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501920304/


続きを読む

WD、容量2TBを実現したSSDを発表 コンシューマ向けでは初 店頭予想価格76,000円前後

1: trick ★ 2017/08/02(水) 19:53:08.10 _USER9
WD、容量2TBを実現した2.5インチ/M.2 SSD - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073916.html
中村 真司2017年8月2日 19:00

 Western Digital(WD)は8月2日、コンシューマ向けSSDでは初の商用化という64層3D NAND技術を採用した、SATA SSD「WD Blue 3D NAND SATA SSD」および「サンディスク ウルトラ 3D SSD」を発表した。価格はオープンプライスで、8月後半から9月初旬にかけて国内で販売が開始される。

 それぞれ仕様は同じで、2TB/1TB/500GB/250GBの4モデルをラインナップし、税別店頭予想価格は順に76,000円前後、38,000円前後、20,000円前後、12,000円前後の見込み。フォームファクタは7mm厚の2.5インチに加え、WDのみM.2 Type 2280も用意する。

 2D NANDを採用したWD Blue PC SSDおよびサンディスク ウルトラ II SSDの後継となり、これらの既存モデルは徐々にフェードアウトする。前モデルに対してシーケンシャルリード/ライトなどが若干向上。WDはPC DIY向け、サンディスクはイメージング(写真/動画)向けという位置づけになる。

 おもな仕様は下表のとおり。

【表】WDとサンディスク製SSDの仕様
WD Blue 3D NAND SATA SSD/サンディスク ウルトラ 3D SSD
容量 2TB 1TB 500GB 250GB
インターフェイス SATA 6Gbps
フォームファクタ 2.5インチ 7mm厚、M.2 2280(※WDのみ)
シーケンシャルリード 560MB/s 550MB/s
シーケンシャルライト 530MB/s 525MB/s
ランダムリード 95,000IOPS
ランダム4Kライト(QD32, T4) 84,000IOPS 81,000IOPS
TBW(総書き込みバイト数) 500TB 400TB 200TB 100TB
NANDフラッシュ 3D NAND(64層)
記録方式 TLC
店頭予想価格 76,000円前後 38,000円前後 20,000円前後 12,000円前後

no title

no title
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501671188/


続きを読む

メモリ価格が高騰 DDR4-2400 8GB×2枚が13,000円台など 平均上昇率10%超えも

1: trick ★ 2017/07/27(木) 17:44:39.77 _USER9
DDR4-2400 8GB×2枚が13,000円台など全体的に続騰、平均上昇率10%超えも - AKIBA PC Hotline!
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/price/monthly_repo/1072428.html
相場月報7月号
サハロフ佐藤(佐藤 純一)2017年7月27日 07:05

 今回調査でもメモリは全体的に上昇傾向が続いている。

 特にDDR4-2666の2枚組は、平均の値上がり率が4.8〜12.1%と大きい。16GB×2枚組の最安値は前回比1,780円高の29,260円で、3万円以下は1店のみ。8GB×2枚組も940円高の税込15,120円に上がった。前回調査時は目立つ動きがなかっただけに、突然の高騰には驚く。

 DDR4-2400は平均2.7〜6.8%上昇。このうち8GB×2枚組の最安値は1,310円高の税込12,790円に急騰したが、7月15日には税込13,480円を記録、1年10ヶ月ぶりの13,000円台となった。中心価格帯は、8GB×2枚組が14,000円台、4GB×2枚組が8,000円弱〜8,000円台半ばだ。

 DDR4-2133は平均の動きが2400より小幅だが、8GB×2枚組は1,850円高の税込13,430円に上昇。価格面から選ぶ利点はなさそうで、最近はデスクトップPC向けに2133を置くショップも減ってきた。

 DDR4 SO-DIMMも上昇しているが、2400が平均3.8〜10.2%上がった一方、2133は1.5〜4.8%に留まり、最安値も横ばいだ。在庫ショップ数も2133のほうが多く、最安値は8GB×2枚組が税込13,370円、4GB×2枚組が税込7,280円で、中心はプラス数百円程度となっている。

 最後に光るメモリを。GeILから発売された「EVO X」という製品で、発光機能を持つマザーボードにDIMM側の電源コネクタを繋ぎ、ソフトウェア制御で光らせて楽しむという趣向だ。昨秋から続くメモリの高騰で、いい加減めげそうな昨今、いっそメモリに癒やされてみるのも良いかもしれない。

no title
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501145079/


続きを読む

カフェで机にノートPCを置き去りにしたくない。盗難防止に小型Kensington製ワイヤーロック

1: ノチラ ★ 2017/07/30(日) 14:45:05.46 _USER
no title

ノートPCを喫茶店やファミレスに持ち込んでいる人は結構見かける。筆者自身もそうした場所でPCを使うことがままあるのだが、そのさいに困るのがちょっとだけ席を外したいときだ。

 お手洗いに行く場合なら、最低でも1〜2分はPCから目を離さなければならず、もし盗られたらと思うと不安でしようがない。PCのデータは暗号化しているとはいえ、仕事用のPCから公開前の製品資料やら媒体/社内に関する情報にアクセスできることもあり、なおさら心配だ。紛失した場合は、何かしらの責任を取らなければならない事態に発展するだろう。

 盗られてもいいようなサブノートを使うという手もあるのだろうが、筆者がよく使用するPhotoshopアプリはインストール台数が決まっているし、買い足せるほど裕福ではない。いちいちPCごとにアクティベーションを解除するのもめんどうすぎるのでこの方法は採用していない。

 それならばノートPCもトイレに持っていけばいいのだろうが、そもそもPCを入れるためのバッグも持っており、こちらにも盗られるとめんどうなものがいろいろと入っている。さすがにバッグごと持って席を立つと精算と勘違いされてしまいそうだし、そのままトイレに行けば、店員さんに不審者扱いされそうだ。筆者は人相が悪く、普通にしているつもりでも職務質問されるぐらいなのでなおさら悩ましいのである。

 こういった場合のために、PCが持ち去られようとするときに大きな音を鳴らしたり、スマートフォンに通知するといった機能を提供する製品もあるが、そのまま強引に持ち去られてしまった場合は、泥棒を追って大立ち回りを演じなければならないのではないだろうか。もう若くないので10秒も全力疾走すればあっという間に限界に達し、失速してしまうのは目に見えている。それにその不届き者が危険そうな人物だったら怖じ気づきそうだし、相手がやけくそになってPCを地面にたたきつけたり、フリスビーよろしくぶん投げてしまうかもしれない。

 おそらく多くの盗人はさりげなく持ち運ぶ魂胆だろうから、これは無理そうだなと瞬時に思わせるような物理的な手段を講じたい。そんなわけで、セキュリティロックを使おうと思い至った。自転車のチェーンロックのようなものを持ち歩くのは重いし邪魔だし嫌だと思っていたが、探してみると持ち運びに適したコンパクトな製品も売られていたからだ。

コンパクトで使いやすいKensingtonのケーブル巻き取り式ワイヤーロック「MicroSaver」
 筆者が買ったのはKensingtonの「MicroSaver Keyed Retractable Notebook Lock」。Kensingtonというと個人的にトラックボールのイメージだが、セキュリティ向けのアクセサリも販売している。

 このMicroSaverはキーを使ってロックするタイプだが、ダイヤルロック式の製品も売られている。ダイヤルだと操作がめんどうそうだし、巻き取り機能がなかったので今回はキーロック式にしたが、ものをなくしやすいという人にはダイヤルロック式のほうが安心できるだろう。

 MicroSaverは手の平サイズであり、マウス程度の大きさで扱いやすく、重量も160gと軽い。価格はAmazon.co.jpで3,000円以内なので、十分手ごろだ。ワイヤー収納式のため、携帯性も良好。バッグのなかに入れて持ち歩いても苦にならない。

 ワイヤーケーブルは自動巻き取り式で、本体の上部にあるケーブル伸縮ボタンを押すことで掃除機のコンセントケーブルのように巻き取られていく。ケーブル長は1.2mと使うには十分な長さ。ケーブルを伸ばすときもこのボタンを押す必要がある。

筐体はプラスチック、錠部分は強化スチールで構成されている。ワイヤーケーブルの直径は2mmと細く、ワイヤーカッターで簡単に切られてしまいそうだが、そんな工具を持った自転車泥棒みたいな人物が喫茶店やファミレスに跋扈している確率は低いはずだ。そう願いたい。プラスチック部分は適度に剛性が高く厚みがあるため、こちらを破壊されるという心配はいらない。

 ケーブル伸縮ボタンを押して錠を取り出せば、錠が収まっていたその空きスペースがケーブルを通すための輪っかとなる。まずテーブルの脚などにワイヤーケーブルを回し、この輪っかに錠ごと通すことでテーブルにMicroSaverを固定できる。あとはノートPCのセキュリティスロットに錠をセットするだけだ。ワイヤーケーブルをテーブルだけでなく、バッグの持ち手にも通しておけば、バッグの盗難も一緒に防止できる。
no title

no title

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/yajiuma-mini-review/1073112.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501393505/


続きを読む

ポケットサイズの超小型ノートPC「GPD Pocket」が店頭入荷、重さはわずか480g

1: ノチラ ★ 2017/07/29(土) 10:38:23.34 _USER
no title

中国lekaicnの超小型7インチノートPC「GPD Pocket」が店頭に登場、イオシス アキバ中央通店にWindows搭載モデル(Windows 10 Home 64bit)の中古品が入荷した。ただし、27日(木)時点ですでに売り切れ。店頭価格は税込69,800円。

「ポケットに入るノートPC」を目標にデザイン、重量は480g
 GPD Pocketは、本体のサイズが幅180×奥行き106×高さ18.5mm、重量が480gのノートPC。「ポケットに入るノートPC」を目標にデザインしたという製品で、その高い携帯性が特徴だ。

 なお、クラウドファンディングの「Indiegogo」で4月から資金を募集し、最終的に目標金額の1,516%となる約350万ドルを集めたという。Indiegogoでの価格は399ドル、一般販売価格は599ドル。

 ディスプレイサイズは7インチで、解像度は1,920×1,200ドット。キーボードは英語配列。トラックポイントも装備する。電源はリチウムポリマーバッテリー(7,000mAh)で、動作時間は最長12時間。USB Power Delivery 2.0に対応し、1.5時間でフル充電できるという。

 主なスペック・搭載機能は、Atom x7-Z8750、メモリ8GB(LPDDR3)、ストレージ128GB(eMMC 5.1)、Micro HDMI、無線LAN(IEEE 802.11a/ac/b/g/n)、Bluetooth 4.1、USB 3.0(Type-A/C各1基)。
no title

no title

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1072921.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501292303/


続きを読む

デルの8K液晶がついに発売 税別価格は498,800円

1: trick ★ 2017/07/29(土) 04:17:25.91 _USER
デルの8K液晶がついに本日発売 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1073066.html
若杉 紀彦2017年7月28日 15:49
no title

no title

no title


 デル株式会社は、31.5型8K解像度の液晶ディスプレイ「デジタルハイエンドシリーズ UP3218K 31.5インチ 8Kモニタ」を発売した。税別価格は498,800円。米国では3月に4,999.99ドルで発売され、日本でも今夏投入が予定されていた。

 主な仕様は、解像度が7,680×4,320ドット(8K)、表示色数が10億7千万色、輝度が400cd/平方m、中間色応答速度が6ms(中間色)、コントラスト比が1,300:1、視野角は上下/左右とも178度。駆動方式はIPS、色域カバー率はAdobe RGB 100%、sRGB 100%、Rec709 100%、DCI-P3 98%。また、X-Rite測色計によるキャリブレーションに対応する。

 インターフェイスは、DisplayPort 1.4×2で、8K60pの表示にはビデオカードからDisplayPort 1.4×2に同時に接続する必要がある。このほか、USB 3.0×4のHubも搭載する。

 本体サイズは720.5×222×498.4〜618mm(幅×奥行き×高さ)、重量は6.52kg。

 PC Watchでは6月にレビュー(第12話。8K修行僧見参!)を掲載しているので、そちらも参照されたい。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501269445/


続きを読む

USBの新仕様「USB 3.2」が発表--最大転送速度が2倍に

1: ノチラ ★ 2017/07/26(水) 17:19:11.71 _USER
何百枚もの写真や巨大な動画ファイルを外付けハードドライブにコピーすることが多い人に朗報がある。USBポートの転送速度が再び2倍に向上しようとしている。USB 3.0 Promoter Groupが米国時間7月25日にUSB 3.2を発表した。

 USBは、あらゆるスマートフォンやPCがデータの転送に使用するポートで、現在の最大転送速度はUSB 3.1の10Gbpsだ。新しいUSB 3.2技術は、端末が最新のUSBハードウェア(具体的には、最新の「USB Type-C」コネクタおよびケーブル)を採用している場合に利用可能な新しいケーブルを使って、転送速度をUSB 3.1の2倍に引き上げる。

 正確に言えば、そうなる可能性がある。業界団体のUSB Implementers Forum(USB-IF)は、現時点では20Gbpsの提供を約束することに前向きではない。USB-IFがパフォーマンスに関して何らかの約束をする前に、マーケティング計画を完成させる必要があると見られる。

 いずれにせよ、データをドライブから復元したり、音楽コレクションをバックアップしたり、カメラから動画を転送したりするとき、より高速なUSBは便利である。将来、USB Type-Cを使ってビデオモニタを接続できるようになる可能性もある。

 USB 3.2技術とは、ケーブル上でのデータ転送方法を定義するものだ。USB Type-C技術とは、プラグとケーブルの外観を定義する物理的な仕様を指す。
no title

https://japan.cnet.com/article/35104792/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1501057151/


続きを読む

「Xeon Gold」の販売がスタート。パッケージも明らかに(画像あり)

1: サーバル ★ 2017/07/23(日) 12:04:28.14 _USER9
7月12日 に正式リリースされた“Skylake-SP”こと「Xeon スケーラブル・プロセッサー」シリーズから、「Xeon Gold」が登場。ツクモパソコン本店では、22コア/44スレッドの最上位モデル「Xeon Gold 6152」を筆頭に3モデルの販売がスタートした。

「Xeon Gold 6152」価格税抜450,000円
「Xeon Gold 6140」価格税抜304,000円
「Xeon Gold 6134」価格税抜274,000円

http://www.gdm.or.jp/crew/2017/0723/215488
no title

no title

no title
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500779068/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ