SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ハード)

メモリ8GB、Radeon搭載、糞箱コン付きWindows10ゲーミングPCが19800円

1: ダイビングフットスタンプ(茸)@\(^o^)/ [DE] 2016/12/22(木) 23:48:32.57 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
no title
引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1482418112/


続きを読む

日本の常識は世界の非常識!? 軽いだけのノートPCが海外で売れない理由

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/18(日) 12:06:15.86 _USER
index
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/16/news032.html


(中略)

最近よく見掛けるようになった、高耐久性をうたうビジネス向けノートPCの多くは、あらゆる方向からの落下、
振動、衝撃、粉じんが舞う状況や、氷点下といった過酷な状況での製品テストを実施しています。ライフサイクルを通じて、
不測の事態でもトラブルが生じないように設計されているのです。
これは非常に素晴らしいことではあるのですが、1キロを切るような軽量の製品を作るうえでは、これがネックになってきます。
私はこれらについて「ある程度、日常に想定されるレベルの状況に限定した仕様に妥協できるのでは?」と考えていました。

 しかし、米国メンバーの反応は異なります。「ほとんど起こらないとしても、その万が一でビジネスが停止して
しまうような仕様はOKできない」と言うのです。
 自動車を例にみると、欧州諸国では安全性に非常にこだわった製品が存在します。そのこだわりは半端なものではなく、
万が一車が横転して逆さまになっても乗員を保護できるかなど、あらゆる状況を徹底的に想定したテストを行っています。
現地では、そのような商品性がユーザーから評価されているという事実があるわけです。

 こういった事例を見ると、「軽さだけが重要な指標ではない」という言葉はとても理にかなっていることが分かります。
仮に軽量化が進んでいたとしても、プラスチックのような質感であったり、素材が薄いゆえにたわみが生じたりと、
実際に満足する質感が実現できないかもしれません。なにより、耐久性をおろそかにして、万が一の時にビジネスをストップさせるこ
とは避けなくてはなりません。
 これらの要求を考えた上でのアイデアとして、素材の工夫などが挙げられます。例えばボディーにアルミ素材を採用すれば、
強度を保ちつつ薄型化できるので、頑丈さとデザインを両立できます。そして、軽量化については、第6回で触れた「断捨離」のように、
機能の絞り込みによって製品の目指す目的や利用方法に最適なデザインを実現することができます。
 なにより、美しい表面処理が施されたアルミニウムの筐体をもった薄型の商品を手にしたときの喜びや満足感のほうが、
軽さよりも上回るのではないでしょうか。
 これらを意識して米国の製品チームと会話をするようになると、スムーズに意思の疎通が図ることができ、
薄型で素材の質感もあり、頑丈、そしてこの製品の狙うユーザーの必要とする機能・性能を持つ
製品コンセプトを描くことができるようになりました。

 製品を選ぶときに、それはマーケティングにより創出された需要なのか、それとも本当に自分が求めている機能や性能なのか、
一度思考を巡らせてみるのも面白いかもしれません。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1482030375/


続きを読む

日本製のノートPCって15万とかするけど何故?ASUSとかの台湾製は同程度のスペで半額

1: エメラルドフロウジョン(空)@\(^o^)/ [US] 2016/12/09(金) 22:53:48.31 BE:458292607-2BP(5000)
index
税込で6万円を切る薄型ノートPC、ZenBook BX303UAがASUSから発売。Web直販、100台限定
http://japanese.engadget.com/2016/12/09/6-pc-zenbook-bx303ua-asus-web-100/
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1481291628/


続きを読む

遂に5TB、過去最大の2.5インチHDD「ST5000LM000」が発売

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/10(土) 18:39:11.05 _USER
tst5lm100
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/1034474.html

 容量5TBの2.5インチHDDが初登場、Seagateの「ST5000LM000」が発売された。
 同社の「BarraCuda」シリーズに属するモデルで、店頭価格は税込27,800円。販売ショップはパソコンショップ アーク

 ST5000LM000は、2.5インチHDDでは過去最大容量となる5TBのHDD。厚さは15mmとなるため、
一般的なノートPCへの取り付けは難しいが、2.5インチベイのみを備える小型PCケースやスリムPCなどで
大容量のストレージを搭載したい場合に向いている。3.5インチHDDと比べて消費電力が低いのも特徴。

 主な仕様は、接続インターフェイスが6Gbps SATA、ディスク回転数が5,400rpm、キャッシュメモリ128MB、
サステイン速度が最大140MB/sなど。消費電力は動作中の平均が1.9〜2.1W、アイドル時が1.1W。

 本体サイズは69.85×15×100.35mm。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1481362751/


続きを読む

一体型PC第2弾「キーボードPC II」発表 バッテリー搭載で画面があればどこでも使用可

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/08(木) 13:09:26.68 _USER
http://japanese.engadget.com/2016/12/04/pc-2-pc-ii-2017-1/
no title


テックウインドがキーボード一体型PCキーボードPC II(WKA-W10HBK)を発表しました。発売時期は2017年1月下旬以降、
オープン価格。テックウィンドは今年2月にキーボード一体型の「キーボードPC WP004」を発売しており、
このときは「まるでMSXだ」と話題になりました。今回のモデルはその後継機にあたるとのこと。
キーボードPC IIの特徴は、一見すると一般的なキーボードのくせに内部にPC機能を内蔵しているところ。
外部ディスプレイと接続すればWindows 10 Home(64bit)搭載のデスクトップPCとして利用可能です。。
前モデルでは外部電源が必須でしたが、本製品では6000mAhのバッテリーを内蔵、外部電源なしでも約6時間連続使用できるようになりました。

CPUはIntelのAtom Z3735F(1.33GHz駆動)からx5-Z8300(1.44GHz駆動)へ、RAMは2GBから4GBに強化。
さらにUSBポート2基のうち1つがUSB 3.0になるなど、スペックも順当に強化されています。なお、内蔵ストレージ容量は32GBで、
最大64GBのmicroSDXCカードに対応したスロットを備えます。
キーボードは82キーの日本語独自配列を採用。先代では非常に小さかったタッチパッドはキーボード右側に異動し
て充分すぎるほどの大きさとなりました。ディスプレイ出力ではHDMI(最大2560x1440px)、VGA(最大1920x1080)での表示が可能。
そのほか、ステレオスピーカーを内蔵し、イヤホンジャック、有線LANポートなどを備えています。

無線規格は、IEEE 802.11b/g/n、およびBluetooth 4.0を搭載。本体の大きさは約321.46×115×26.6mmで、重量は約560g。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1481170166/


続きを読む

何で自作PC初心者ってやたらハイスペックにしたがるの?

1: デンジャラスバックドロップ(茸)@\(^o^)/ [US] 2016/12/05(月) 22:11:30.40
4k
引用元:https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1480943490/


続きを読む

機能を全て盛り込んだのになぜ売れない!? ノートPCのデザインと使いやすさの関係

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/02(金) 19:11:50.50 _USER
bea45a89-s
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/30/news049.html

こんにちは、日本HPでPCの製品企画 を担当している白木智幸です。この連載では、
PCの周辺機器やPCパーツ、機構の仕組みなど、普段は脇役ともいえる部分に光を当て、
それらの素晴らしさや製品を選ぶときに気を付けたいポイントを紹介してきました。

今回は、製品を設計するコンセプトという、ものづくりの柱ともいえる部分に過去の事例を交えて迫ってみようと思います。
ところで、皆さんはノートPCの機能をてんこ盛りにすれば「売れる」商品になると思いますか? 答えは「No」です。
ユーザーとしては多機能なほうが便利と思うはずなので不思議に思うでしょう。
 まずは、イメージしやすい身近な製品で考えてみたいと思います。例えば、家庭用のエアコンを例に説明しましょう。
エアコンは室外機と室内機で構成され、中にはファンと熱交換器が入っています。実は、これだけで空気を冷やしたり、
あたためたりするためのエアコンに必要な基本部品はそろっているため、エアコンという商品は完結します。
 しかし、ユーザーは「寒すぎたりしないように制御してほしい」「風を部屋中に行き届かせてほしい」「
掃除が面倒なので自動でやってほしい」「空気をキレイにしてほしい」など、冷やしたりあたためたりするだけでなく、さまざまな快適機能を求めます。

 そこでメーカーは温度・人感センサー、風向ルーバー(サーキュレーション機能)、お掃除ロボット機能、
マイナスイオン発生機能など、快適さを向上する機能を搭載することでユーザーの声に応えています。
つまり、エアコンの場合は「快適さ=多機能」というコンセプトが成り立ちます。

 実際に各社のエアコンを見てみると、おおよそ上位のモデルは考えられる全ての快適機能を備えています。
そこからニーズの高い機能に絞り込んだ商品、最低限の装備を備えた商品という製品ラインアップが続きます。
 ここまで商品が多彩になると、どうやって選んだらいいのか悩むことも多いかもしれません。私なりの選定基準としては、
滞在時間や滞在する時間帯(昼・夜)によって性能にこだわる部屋、そうでない部屋と選ぶ商品のグレードを変えます。
滞在時間が長いほど、多彩な機能の恩恵を得やすいですし、夏の夜は一晩中つけていても冷えすぎない細かな制御が
できるエアコンを……と考えているからです。
 このように、エアコンは「多機能=商品性が上がる」という関係が見えてきます。

 さて、一例として挙げたエアコンの関係はノートPCにも当てはまるのでしょうか。例えばモバイルノートPCの企画をするとして、
ユーザーの要望を聞いてみると次のようなものがよく挙げられます。
 「外部機器をたくさんつなぐのでUSBポートを4つ、映像出力にはHDMIポートを1つ、まれに必要となるVGAポート(ミニD-Sub15ピン)、
LANポート、DVDドライブも必要、デジカメの写真を取り込むためにSDカードスロットも。数字の入力用にテンキーも欲しい」
 ――これらを満たせば確かに便利なノートPCが完成します。しかし、持ち運びしやすさという観点では商品としての
価値が下がる可能性があります。これだけ多くの機能を盛り込むと重く、厚さも分厚くなってしまうためです。
 実際に、私の会社でも法人利用での利便性を追求し、複数のUSBポート、VGAポート、LANポート、DVDドライブ、SDカードスロットなど
必要なポートを盛り込み、さらにメンテナンス性能や耐久性を備えて、その代わりに重厚感のある製品が存在していました。
 当然「全ての要求を満たしました!」と自信をもってご案内するわけですが、残念ながらお客さまからは「重い」「武骨だ」
「持ち運びにくい」という声が寄せられてしまいます。なぜでしょうか。

(続きはサイトで)
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480673510/


続きを読む

納期3ヶ月待ち、注文殺到で入手困難モバイルPC「YOGA BOOK」の実力

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/30(水) 18:31:17.58 _USER
http://ascii.jp/elem/000/001/275/1275621/
no title

no title


「YOGA」という奇妙な商品名の付いたレノボのノートブックやタブレットを今まで何台買ったかほとんどど覚えていないが、
今回衝動買いした「YOGA BOOK」ほど入手するまで、そして入手してからも大騒ぎだった商品は初めてだった。

アマゾンで予約をしたことによる“すったもんだ”
 事のはじまりは、YOGA BOOKの評判をうわさで聞いて、10月4日に筆者がアマゾンで予約したこと。その後、
幕張で開催中の「CEATEC 2016」で実機を確かめ、アマゾンが出荷コミットした10月17日を心待ちにしていた。
 そして、出荷を翌日に控えた10月16日にも特に何も異変がなかったところ、なんとこともあろうに、
納入当日の10月17日の朝になってアマゾン側から突然の配送不可と納期未定を記した機械的なメールが届いた。
 もうほとんどYOGA BOOKをすぐに使うイメージをしていた筆者は途方に暮れながらも、
周囲で誰か買った知人はいないものかと探したところ、ちょうどAndroidモデルとWindows 10モデルの2台を購入した方がいた。
 幸い、この方がWindows 10モデルは手放すつもりということで、10月末頃には早速入手できた。
 ネットでたくさんのモノを買ってる筆者だが、この時までネットでは有名な「konozama」(コノザマ)という言葉を聞いたことがなかった。

 反対から読めば“amazonok”(アマゾンOK)という言葉は、「amazon.co.jpで欲しいものを注文したのに、
場合によっては永遠に届かないという現象の事」を指すらしい。

 今までその言葉をまったく知らなかった筆者は、友人からも「発売前の人気商品をアマゾンで買うのが間違ってる」とまで言われてしまった。
 システムは完璧に近くても、あまりにもシステムに頼りすぎて実際のリアルな人手が足りない巨大通販の弱点が出てきてしまったのだろう。
 そしてこの話にはまだ続きがある。知人からYOGA BOOKを入手できた筆者は喜びのあまり、
アマゾンの出荷日未定のままのオーダーのキャンセルを忘れていた。
 すると、出荷コミット日より1ヵ月以上遅れた11月19日になって突然、アマゾンから「ご注文いただいた商品を本日、発送しました」と
いう驚きの連絡がきてしまった。
 もちろん何の前触れもなく突然の出荷だった。翌20日にはYOGA BOOKを2台持った筆者がいるはずだったが、
SNS時代のスゴいところは、出荷連絡を受けた時に自分のタイムラインで引き取り手を募集したところ、
あっと言う間に解決してしまったことだ。今、YOGA BOOKはそれくらいの人気商品なのだ。

コンパクトさとフラットキーボード、ペン入力……
さまざまな特徴が詰まった「YOGA BOOK」


(続きはサイトで)
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480498277/


続きを読む

俺のパソコンが起動しないんだけど

1: リキラリアット(空)@\(^o^)/ [US] 2016/11/28(月) 12:47:48.03
86index
機種はVN790/T 
リカバリ領域はあるものの、リカバリ中に再セットアップディスクを入れろとの表示あり

テレビが見れずに困ってる
引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1480304868/


続きを読む

キングジムの折りたたみ式キーボード採用ノートパソコン「ポータブック」が投げ売り状態に

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/24(木) 19:02:45.95 _USER
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO09589960W6A111C1000000?channel=DF260120166490&style=1

キングジムのWindows 10搭載ノートPC「ポータブック」が格安で投げ売りされて話題になっている。
安売りの先陣を切ったヨドバシ.comでは、税込み2万3540円で販売。しかも、10%のポイントまで付いてくる。2
016年2月の販売開始当初は9万円近くしていたので、1年も経たず実に1/3以下の価格になってしまった。
 新品のWindows 10搭載ノートパソコンとして考えると破格の安さであり、
FacebookやTwitterなどのSNSでは「安くなったら欲しいと考えていたので、即買った」という声が多く寄せられている。
だが、「発表当初からいまひとつと感じていたので、この価格でも悩む」という声も少なくない。
実際、価格.comの評価を見ても、満足度は5段階中2とかなり低い。格安で再び世間を騒がせているポータブックは買いなのか、改めてチェックしていきたい。

■変形キーボードで12型ノート並みのキーピッチを確保
 ポータブック(XMC10)は、キングジム初のパソコンとして鳴り物入りで登場したWindows 10搭載ノートパソコン。
8型の小型液晶を採用することで、本体をコンパクトに仕上げて持ち運びしやすくしたモバイルモデルだ。

 可搬性を高めるために本体を小型にすると、キーボードも小さくなって文字が打ちづらくなるのが
モバイルノートの欠点といえる。このジレンマを解消するため、ポータブックは斬新な折りたたみ式のキーボードを採
用したのが特徴。通常時、キーボードは左右に90度回転した状態で格納されており、ぐるりと回転させることで展開する仕組みだ。
展開時は18mmのキーピッチが確保され、12型クラスのノートパソコン並みの打ちやすさが得られる。
キーボードのフレームはアルミで補強してあり、強くタイプしてもたわまず安定してタイプできるようにした

この小ささながら端子類は充実しており、標準サイズのUSB端子やHDMI端子、SDカードスロット、アナログRGB端子まで搭載するのも
評価できる。充電は、多くのAndroidスマホと同じmicroUSBを採用しており、モバイルバッテリー経由でも充電できるのはありがたい。
マイクロソフトのOffice Mobileも搭載しており、ビジネスシーンでも安心できる。
 スペック面で物足りないのが、CPUやストレージ、液晶パネルだ。CPUはインテルのAtomで、
ストレージは32GBのフラッシュメモリーのみ。8型液晶の解像度は1280×768ドットと、昨今の格安スマホよりも解像度が低い。
総合的な性能は低価格のWindowsタブレット並みといえる。見た目に反して重量は意外と重く、約830gあるのも気になる。

■割り切りのよさが評価された「ポメラ」とは異なり、中途半端さが嫌われた

(以下略)

no title

no title

ポータブックの最安値推移グラフ。長らくほとんど動きがなく、ヨドバシ.comが一気に価格を引き下げたことがよく分かる
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1479981765/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ