SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ソフト)

世界的人気を誇った音楽プレーヤー「Winamp」がクラウド再生やストリーミング対応して2019年に復活予定

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/16(火) 16:54:26.13 _USER
xdxvindex

1997年に登場して世界的に多くのユーザーに利用されていた音楽プレーヤーソフト「Winamp」が約16年ぶりに大型アップデートを受けて第一線に戻ってくることになりました。「バージョン6」となるアップデートによりWinampはクラウド対応を果たし、さらにはポッドキャストやストリーミングサービスまでをも統合する音楽プレーヤーになるとのことです。

Winampはイタリア人プログラマーのビナッチ・ジャンルーカ氏が1997年に発表したWindows向けのメディアプレーヤーで、1998年頃に爆発的ヒットして世界中で使われるようになりました。1999年にはAOLによって開発元のNullsoftが買収されましたが、その後はAOLを含めた迷走が続き、2013年には公式サイトが閉鎖されていました。

2014年にはオンラインラジオ局向けプラットフォームを提供する「Radionomy」に買収されたあとも2016年に株式の半分以上が買い占められるなど、数奇の運命をたどってきました。

定評のあったバージョン2をベースに開発された「バージョン5」が2003年に登場し、それ以降はマイナーアップデートが細々と続けられていたWinampでしたが、RadionomyのCEOであるAlexandre Saboundjian氏はWinampに大型アップデートを施した「バージョン6」を2019年にリリースすることを発表しました。

バージョン6では、PC/Mac版に加えてスマートフォン向けのアプリがリリースされ、あらゆるメディアを再生できるアプリに姿を変える模様。Saboundjian氏はTechCrunchのインタビューで「来年、全く新しいエクスペリエンスがもたらされるでしょう」「自宅においてあるMP3のほか、クラウド、ポッドキャスト、ストリーミングラジオ局、自分で作ったプレイリストなどさまざまな音楽をWinampで聴くことが可能になります」と語っています。

特に重要と思われるのが、「人々は1カ所ですべてが体験できることを望んでいます。Winampはそれをかなえる完全なプレーヤーになるでしょう」という発言。これまでは、スマートフォンの音楽プレーヤーに加えてストリーミングサービスやポッドキャストなどのアプリがスマートフォンにいくつもインストールされて使い分けてきましたが、Saboundjian氏の発言からは、その煩わしさを解消するワンストップ型のアプリ/サービスになるものとみられます。

発表の時点でSaboundjian氏からはこれ以上の詳細は明らかにされていません。Winampの公式サイトでは、今後の情報を入手できるようにメールアドレスを登録できるようになっています。
https://gigazine.net/news/20181016-winamp-6-2019/

Winamp ― It really whips the llama's ass!
http://www.winamp.com/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1539676466/


続きを読む

秀丸かサクラか、あなたはどっち? 仕事で使うテキストエディタの一番人気は

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/09(火) 23:22:34.82 _USER
エンジニアのためのキャリア応援マガジン「fabcross for エンジニア」は、25〜59歳の会社員400人(一般200人、製造・IT系エンジニア200人)を対象に、「ビジネスツール」に関するアンケート調査を行いました。

URL:http://engineer.fabcross.jp/

普段の業務で使っているSNSやオンラインストレージなどのツールについて、認知・利用状況を調べたレポートを過去3回にわたって掲載してきました。

最終回となる今回の調査対象は、プログラムを扱うエンジニアにとって身近なツールであるテキストエディタです。こだわりをもつエンジニアも多いと思いますが、実際にどのテキストエディタがよく使われているのでしょうか。

調査結果サマリー
テキストエディタは「秀丸」と「サクラ」の二強。認知率トップは「秀丸」(25.2%)
・主要なテキストエディタを挙げて、知っているツールを選んでもらった。その結果、最も認知率が高かったのは「秀丸エディタ」(25.2%)だった。次点は「サクラエディタ」(19.2%)となった。
no title


・職種別に集計し、エンジニアの中での認知率を見てみると「秀丸エディタ」の認知率は42.0%、「サクラエディタ」の認知率は34.5%だった。
no title


仕事に使うのは「秀丸」(7.0%)より「サクラ」(10.8%)
・認知率では「秀丸エディタ」がトップだったが、ビジネスでの利用率を調べてみたところ、「サクラエディタ」の利用率が最も高いことが分かった。テキストエディタのビジネス利用率は、「サクラエディタ」(10.8%)、「秀丸エディタ」(7.0%)、「Atom」(2.3%)、「vim」「Visual Studio Code」(共に2.0%)という順になった。
no title


・エンジニアに絞ってみると、「サクラエディタ」のビジネス利用率は20.5%、「秀丸エディタ」は12.0%だった。
no title


以下ソース
http://engineer.fabcross.jp/archeive/181004_text-editor.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1539094954/


続きを読む

カスペルスキー「スマホにウイルス対策ソフトは必要ない」

1: サーバル ★ 2018/09/29(土) 14:10:08.97 _USER9
 わあindex
iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを対象にしたウイルス対策アプリは存在せず、セキュリティアプリというくくりでなら存在する。その理由をカスペルスキーがブログでセキュリティソフトメーカーの立場から説明している。

 同社によると、iOS向けのウイルス対策アプリが存在しないのは、Appleがセキュリティを核にしてiOSを設計しているためであり、同社がウイルス対策アプリは不要との立場から、App Storeで厳密な意味でのウイルス対策アプリの販売を認めていないためだという。

 Appleの立場にカスペルスキーは、「マーケティング的には筋が通っている」として、その理由にiOSのアプリが隔離された独自のサンドボックス内で実行されることから、悪質なアプリがサンドボックスの外側にあるOSのファイルなどにアクセスするような動作ができないことを挙げている。加えて、iOSデバイスにアプリをインストールできるのは原則としてApp Storeで公開されているアプリに限定されており、悪質なアプリがAppleの厳重な審査や管理をすり抜けるのは難しいためだとしている。

 しかしiOSデバイスでは、法人などで開発者アカウントを所有しており、MDM(モバイルデバイス管理)経由でサードパーティーのアプリをインストールできる。また、一部のユーザーは「脱獄(ジェイルブレイク)」と呼ばれるiOSの制約を解除して利用しており、これらのケースでは多少なりともiOSデバイスに悪質なアプリが感染するリスクが高まる。過去には、Appleの開発ツール「Xcode」の海賊版にマルウェアが混入し、そこで作成されたマルウェア入りのアプリがApp Storeで公開されてしまう事態が発生した。

 ただ、それでも大半のユーザーはAppleが講じた各種施策のもとにiOSデバイスを使用しており、iOSを狙うマルウェアも少なくユーザーが遭遇する可能性は低いことから、カスペルスキーは現実的にiOSでウイルス対策アプリを必要とする状況にはないとの見方を示す。

 一方でApp Storeには「セキュリティアプリ」をうたうアプリが公開されており、カスペルスキーはフィッシング対策やトラッキング対策、VPN、ペアレンタルコントロール、パスワードマネージャー、広告ブロッカー、盗難対策などの機能を複数備え、有用でセキュリティやプライバシーに関わる機能を提供していると解説する。

 その観点で同社もiOS向けのセキュリティアプリを公開しているが、「『インターネットセキュリティ』と呼ぶのは混乱のもとであり、ユーザーに誤解を与える。『インターネットセキュリティアプリの主要コンポーネントはアンチウイルスであるべき』というのが暗黙のルール」とし、その理由から製品名に「インターネットセキュリティ」なる表現は使用していないとした。

 iOSではマルウェアの脅威は少ないものの、それ以外のフィッシングやスパム、ネットワーク上での盗聴、プライバシーの侵害といった脅威は当然ながら存在し、iOSに限らず基本的なセキュリティを押さえておく必要があると同社は指摘している。
https://japan.zdnet.com/article/35126123/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538197808/


続きを読む

エクセルってマスの中の均等割付出来ないんだな。昔のワープロなら出来たのに。

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2018/06/19(火) 19:09:31.38 BE:194767121-PLT(12001)
ええindex

Microsoftが、国境における移住家族の強制的な分離に「動揺している」と表明
https://jp.techcrunch.com/2018/06/19/2018-06-18-microsoft-says-it-is-dismayed
-by-the-forced-separation-of-migrant-families-at-the-border/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1529402971/


続きを読む

Vim 8.1登場 - Vim内ターミナル機能実現

1: ノチラ ★ 2018/05/23(水) 17:54:21.43 _USER
5月18日(米国時間)、Vimの最新安定版となるVim 8.1の公開が「Vim 8.1 released : vim online」において伝えられた。今回のリリースはマイナーバージョンアップと位置づけられ、バグ修正と機能追加が実施されている。追加された機能としては、Vimウィンドウ内部でターミナルの実行がサポートされた点が注目される。この機能はVim 8.0で導入された非同期機能を利用して実装されている。

Vim内ターミナルウィンドウの活用方法として、次の例が紹介されている。

編集中にmakeなどのコマンドを実行する。コマンドの実行結果は随時更新され進捗を見ながら編集を実施することが可能
一連のコマンドを実行したい場合にはシェルを起動して操作を行う
ターミナルデバッガプラグインを使うことでVim内でデバッガを操作可能。ssh経由でログインしていて別のターミナルを開くことができない場合など、この機能が便利
no title


マイナーリリースだが、Vim内ターミナル機能が実装された点は注目される。この機能は複数のターミナルを開くことができないような環境で特に重宝するが、これ以外にもさまざまな使用方法が考えられる。
https://news.mynavi.jp/article/20180522-633760/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1527065661/


続きを読む

ネット黎明期の人気メールソフト「Eudora」、CHMがソースコード公開

1: ノチラ ★ 2018/05/23(水) 17:52:57.55 _USER
00_m
米コンピュータ歴史博物館 (CHM)は5月22日 (現地時間)、インターネット黎明期の代表的なメールクライアント「Eudora」のソースコードを公開した。

Eudoraは、1988年にイリノイ大学アーバナ-シャンペン校のコンピュータサービス部においてSteve Dorner氏によって開発された。「Bringing the P.O. to Where You Live (あなたが暮らしているところに郵便局を)」というスローガンの効果もあって、Macintoshユーザーの間で人気ソフトになった。

1991年にQualcommが買い取り、無料版と有料のPro版、アドウエア版のProというようにフリーミアム化したが、同社の主要プロジェクトに沿わなくなり始めて2006年に開発を終了した。その後2007年にベータ版が登場したEudora 8.0はMozilla Thunderbirdをベースとしており、2010年にリリースされた正式版はEudora OSE (Open Source Edition)という名称になった。

今回ソースコードが公開されたのは、2006年10月にリリースされたオリジナルのEudoraの最後のバージョンとなった「Eudora 6.2.4 (Mac)」と「Eudora 7.1 (Windows)」。コンピュータ歴史博物館はEudoraのソースコード公開についてQualcommと5年の歳月をかけて交渉、BSDライセンスでの公開で合意し、商標やコピーライト、Eudoraのドメイン、ソースコードの所有権が同博物館に移された。
https://news.mynavi.jp/article/20180523-634808/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1527065577/


続きを読む

Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは

1: ノチラ ★ 2018/03/12(月) 16:59:56.93 _USER
771index
データ分析最強ツール「R」の実力
Rは、統計分析に特化したプログラミング言語です。プログラミング言語、というくくりではありますが、統計分析に特化したシンプルな作りになっています。

取っ付きやすさの大きな要因になっているのは、データフレーム、という考え方です。データフレームは列と行という表形式になっていて、Excelで扱うデータ形式と似ているため、Excelに慣れ親しんでいる人であれば、少し使ってみるだけでRに対する違和感はすぐに消えることでしょう。

しかもRは決してマイナーなツールではありません。研究者やデータサイエンティストの間では、分析のツールとして非常にポピュラーです。またRはオープンソースであり、世界中のユーザによって日夜開発が進められ、日々進化しています。

そういうとプロの分析者が使うツールだと思われがちですが、実際にはExcel以上に簡単に、かつExcelだけでは対処が難しい問題を解決できます。フリーのツールなので導入もスムーズです。

さきほどExcelに対してあげた三つの問題点である

・データ量が膨大になると動作が不安定
・一度やった分析を保存できない
・すぐに実行できる分析ツールが限られている

について、Rだとどのように対応しているのかみていきます。

(1)大規模データでも軽快に動く

Excelで扱うことができるデータ量ですが、Excel2013では最大行数は1,048,576行、最大列数は16,384列となっています。ただし、実際にはこれ以下の数十万件レベルで動作が不安定になります。

対してRで扱うことができるデータ数は、1000万行程度×400列であれば、PCのスペックにも依存しますが、たいていは動作も軽快です。Excelでは動作が不安定だったデータ量でも、Rならば動作は常に快適です。

(2)分析手順が残るので、やり直しも簡単

Excelの場合は分析手順は基本的に残らないので、自分で記録を取っておく必要があります。手順の実行は基本的に手動です。

対してRはプログラミング言語なので、当然処理の過程がコードとして全て残ります。どこか間違っていても、そこを修正してまたボタン一つで全ての処理をやってくれる。グラフを描く過程もコードにできます。

(3)最新の分析ツール(アルゴリズム)が使える

Excelはマイクロソフトの製品なので、バージョンアップもマイクロソフト次第です。

対してRはオープンソース。全世界から有志が開発に参加しているので、日々改修が行われています。学会で発表された最新のアルゴリズムも、すぐにパッケージがリリースされ、そのパッケージをインストールしさえすればすぐに使えるようになっています。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54570
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1520841596/


続きを読む

パワポで資料を作り出す人は必ず失敗する。8割までは「手書き」で作り込もう

1: ノチラ ★ 2018/02/20(火) 14:05:01.71 _USER
224index
資料作りが苦手な人がやっていることは?
資料作成に苦手意識を持っている人は多いと思いますが、資料作成の「何が」苦手だと考えていますか?

「きれいな資料が作れない」「パッと見てインパクトのある資料を作れない」などと思っていないでしょうか?

実はこれらの悩みは、資料作成の本質を取り違えた悩みです。

いい資料とは、決して「見た目」だけがいい資料ではありません。ここを勘違いすると資料作成のドツボにハマるので、気をつけてください。

私も、かつては資料作りに悩んでいました。

しかし、次の5つの行動と決別したとき、格段に資料が作りやすくなり、そして、相手にも伝わる資料になったという実感があります。

【資料作り 5つのNG行動】
(1)いきなりパソコンを開く
(2)デザインにこだわる
(3)箇条書きツラツラと書く
(4)「対策」より先に「原因」を書く
(5)「文章」が多い
▼資料作りのNG行動(1)いきなりパソコンを開く
パソコンのソフトを立ち上げ、内容を考えながら文字を入力し、関連する図表を作成し、そして、細部の見た目もきれいに整えながら進めていく……。

このように、資料の構成を考えながらパソコンで作業するのは、最もやってはいけないNG行動です。

パソコン上では、作成途中で「やっぱり、こうしよう」と思ったときに、やり直しが大変です。また、資料の頭から考えながら進めていくと、資料のページ数が予想以上に膨れあがったり、ヌケやモレも発生しがちです。そして、フォントを工夫したり、図表の美しさにこだわったり、「本質的でない細かい作業」に時間をかけてしまったせいで、納期に間に合わず、途中までしかできていない資料を提出せざるを得ない……という残念な結果を招いてしまう可能性もあります。

現在の私は、資料作成する際に作業分量の8割を手書きで準備しています。

資料作成時には、やり直し作業がつきものですが、パソコン上でのやり直しはかなり時間がかかります。それに比べれば、手書きでのやり直しは手間がかかりません。

コンテンツの洗い出し、構成の検討や図の検討までは紙に手書きで行い、パソコンを使う作業は最後だけ、というのが最速で資料を作るポイントです。コンテンツは手書きでほぼ完成していますから、パソコン作業では頭はまったく使わず、文字を清書するイメージでサクサク作れます。

資料作りのNG行動(2)デザインにこだわる
資料の見た目がキレイだと、なんとなく「デキる人の資料」のような印象を受けますが、ちょっと読めば、そのメッキははがれてしまいます。

繰り返しになりますが、資料の本質は「こちらが伝えたいことが、きちんと伝わるかどうか」です。

グラフをきれいにする、色使いをきれいにする、インパクトのあるチャートにするなどといった資料の見た目をキレイにする作業は、最後の最後、「残った時間」でやればいいのます。見た目にこだわる作業は、キリがありません。「残りの時間で手をつけて、資料の納期が来たらやめよう」くらいの位置づけが適当です。

とは言っても、簡単に見た目をキレイにする方法もあります。例えば、マトリクスの表は、罫線(けいせん)の引き方と色使いをちょっと変えるだけで見た目がずいぶんと変わります。これは簡単なので、ぜひ一度やってみてください。
以下ソース
http://president.jp/articles/-/24420
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1519103101/


続きを読む

元バイト先PCに「呪」「恨」 ウイルス作成容疑で無職の男(37)逮捕

1: ばーど ★ 2018/02/07(水) 12:21:46.46 _USER9
「呪」や「恨」などの文字が勝手に表示されるプログラムを取り込んだパソコンの画面
no title


以前勤めていたアルバイト先にあったパソコンを使い、ソフトを強制終了させるウイルスを作成したなどとして、警視庁サイバー犯罪対策課は7日までに、不正指令電磁的記録作成・同供用の疑いで、東京都葛飾区、無職中農康祐容疑者(37)を逮捕した。逮捕は6日。

 サイバー犯罪対策課によると、中農容疑者は、元アルバイト先に侵入して、ほかの従業員らがパソコンで入力作業をした際に突然、画面上に「呪」「恨」などと表示されるプログラムも作成し、取り込んでいた。

 逮捕容疑は2017年12月3日、東京都港区の印刷会社店舗にあるパソコンでウイルスを作成し、同じパソコンに保存していた疑い。

2018/2/7 11:47
共同通信
https://this.kiji.is/333799875596534881
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517973706/


続きを読む

懐かしの日本語ソフト「一太郎」健在 官公庁の「排除」の動きに「頑張れ」コール

1: ひぃぃ ★ 2018/01/18(木) 21:21:22.87 _USER9
1980〜90年代に日本中を席巻した日本語ワープロソフト「一太郎」(いちたろう)。とっくになくなったと思った人も少なくないのではないか――。

ところがどっこい、官公庁という意外な場所でしっかり活躍していた。その役所のひとつが「一太郎」をやめて「ワード」に統一しようという動きを見せたことから、ネットユーザーの間で「頑張れ!一太郎コール」が起こっている。

■「一太郎!! お前、農林水産省で生きていたのか」

きっかけは、時事通信が2018年1月13日付で報じた「文書作成、ワードに統一 農水省、効率化で働き方改革」との記事。それによると、農林水産省は現行、文章作成ソフトをジャストシステムの「一太郎」とマイクロソフトの「ワード」を併用してきたが、ワードに統一する方針を決めたという。

これまでは一太郎の使用頻度が高かったが、一太郎の操作経験がない若手が増加。「ワードに統一して」という強い要望があった。ワードだとスマートフォンで閲覧しやすく、外出先でも仕事ができるため、業務の効率化と残業代の削減につながるとしている。

この記事には、ネットユーザーから、

 「いつの時代の話だ。20年前に終わった話だろ」
 「Officeの導入なんて働き方改革と言わない」

というツッコミとともに、

 「一太郎!! お前、農林水産省で生きていたのか!!」
 「大学生の時、MSを買うカネがなくて一太郎を使っていた」
 「今の高校生は知らないだろうが、細かい操作は一太郎のほうが上なので、使い慣れると楽なんだが」

などと、懐かしむ声が相次いだ。

一太郎は、ジャストシステムが1985年から販売している日本語ワープロソフト。1980〜90年代にはトップシェアを誇ったが、ウィンドウズの普及とともにワードを使う人が増え、シェアは減った。

しかし、公文書によく見られる多くの罫線で仕切ったフォームを作成する時に適しているため、官公庁ではまだ使うところがあるようだ。あるネットユーザーは、

 「文部科学省は長らく一太郎の牙城だったが、外部の先生方に文書を頼むとワードなので、いちいち変換しなくてはならない。最近、本省もワードでの提出を認めるようになった」

と明かしている。

官公庁が、一太郎からワードに切り替える動きに対しても、

 「日本企業の日本語による文書作成ソフトを捨てて外国企業のソフトだけになったら、働き方改革ではなく売国改革だ。誤字脱字が増えて公文書がさらに乱れる」
 「国産品奨励で全省庁がワードをやめて、一太郎にしようよ」
 「かつて国産OSトロンが見捨てられたように、一太郎も見捨てられる運命のようですね」

といった批判的な声も寄せられている。

■一太郎は、本づくりが好きな人向けに進化し続けていた

ところが、こうした心配の声にもかかわらず、一太郎は健在だった。ジャストシステムでは、2018年2月9日に最新バージョンの「一太郎2018年プレミアム」を販売するため、現在予約受け付け中なのだ。

J‐CASTニュース編集部は1月18日、ジャストシステムの担当者を取材。今回の農林水産省の「ワードに統一」の報道については、個別のユーザーの件には答えられないとのことだったが、担当者は「一太郎は、日本語を扱う非常に多くの人に使われ続けています」と語り、「2018年プレミアム」に搭載される新機能について、こう強調した。

 「文章を書いたり、本を出したりすることが好きな人向けに、入稿した文章を編集して出力する機能の向上に力を入れました。家庭のプリンターで『折り本』や『つづら折り』を作ることができます。たとえば、女子会で旅行に行く時などに、画像を貼りつけたガイド本を簡単に編集することができます」

最近は、自分が書いた文章を電子書籍にして、インターネットで販売する人が増えている。書いた作品をA4版2ページの形にキレイに編集。アイコンタクトの画像に変換してネット上に公開できる。また、文章を書く時に重宝する辞書「広辞苑第七版」も付けた。

さらに、担当者はこう続ける。

 「文字のフォントも2017年と違って新しく『イワタ書体』を採用しました。文芸作品や広告コピーによく使われる書体で、新海誠さんが『小説 君の名は。』で使っていた文字と同じです」

一太郎は進化を続けているようだ。

2018年1月18日 18時35分 J-CASTニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/14176860/

画像
no title
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516278082/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ