SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ソフト)

「テキストの編集」にこだわりが凝縮!定番エディタ「EmEditor」はなぜ他のエディタと違うのか?

1: 田杉山脈 ★ 2020/02/03(月) 12:32:00.38 _USER
20200203-00000010-impress-000-1-view
「テキストの編集」というと、どんなツールを思いだすだろうか?

 「Windows標準のメモ帳」という人もいるだろうし、Wordなどのオフィスアプリを使う人、Webメールやブログサービスの入力画面でそのまま入力する人など、様々な人がいると思う。そうした中、「テキスト編集」を最も効率よく行うために作られたソフトが「テキストエディタ」だ。

 そして、そうしたテキストエディタの中でも、速度の速さや機能の豊富さで多くのユーザーに支持されているソフトの1つが「EmEditor」だ。初期バージョンが1997年公開という歴史あるソフトだが、長い間支持され続けてきただけあって、速度や機能へのこだわりはかなりのもの。

 一例を挙げるなら、「マルチスレッドで検索処理を実行する」「512ビットを一括処理できるCPUの拡張命令を活用する」といった最新ハードウェアを活かす高速化が実装されていたり、普通のエディタにはほぼ見られない本格的なCSV編集機能まで用意されていたり……といった具合だ。

 「テキストエディタ」というとシンプルなアプリに思われがちだが、実は「こだわりの凝縮」といえるEmEditorの内側を、その開発者である江村豊氏にお伺いした。

「数GBの超大容量ファイルでもスムースな処理を」
圧倒的なスピードの裏側には数多くの工夫が”

――1997年に最初のバージョンである「EmEditor Free v.1.00」をリリースしてから20年以上が経過している「EmEditor」ですが、今でも人気は衰えていません。その開発において、特にこだわっているのはどういった部分でしょうか。

[江村氏]こだわっていることの1つは、大きなファイルを開く部分ですね。例えばビッグデータを扱う、あるいはサーバーのログファイルをチェックするなどといった用途が挙げられるでしょう。

 こうしたファイルは数十〜百GB超になることもあり、そのすべての内容をメモリに展開することができません。

 そのため、ファイルから直接読み込むことになりますが、ファイルを開くタイミングでは行数をカウントするためにすべて読み込む必要があります。そのスピードをできるだけ速くするための工夫をEmEditorには盛り込んでいます。

 具体的な処理は改行の数のカウントですが、改行コードには「CR」と「LF」、そして「CR+LF」の3種類があります。それを考慮しつつ、改行をカウントする処理を高速に行えるように工夫しています。

 ちなみに、EmEditorの開発に使っているC++には文字列を操作するためのさまざまな標準ライブラリがあり、それを使えば簡単に行数をカウントできます。ただ、それを使っていては僕が理想とするパフォーマンスが得られません。ですので、EmEditorでは、改行コードを検索するための独自ルーチンを使っています。

CPUの拡張命令やマルチスレッドを使って高速化!「80倍」も……
C++の「テンプレート」も活用した高速化も
――現在のEmEditorの64ビット版では、SSE2とAVX-2、AVX-512命令セットのそれぞれで別ビルドを提供していますが、そうした処理の最適化にハードウェアの機能も利用されているのでしょうか。

[江村氏]そうですね。たとえば検索処理の例ですが、従来は32ビット、あるいは64ビット単位でしか検索することができませんでした。

しかしCPUの拡張命令であるSIMD(single instruction, multiple data)を使えば、SSE2なら128ビット、AVX-2で256ビット、AVX-512では512ビット単位で検索することが可能になり、従来に比べてかなりの高速化を図ることができます。

 このように、EmEditorではハードウェアが備える機能も積極的に活用し、高速化を図っています。

 同様にマルチコアCPUのメリットも活用しています。従来はシングルスレッドで、1行目から順番に検索するしかなかったわけです。しかし現在はマルチスレッドになっていて、複数行をまとめて検索できるようになりました。

 例えば1つのスレッドは1行目と11行目、21行目、2つ目のスレッドは2行目、12行目、22行目などといった形です。さらにSIMDも組み合わせることで極めて高速になります。

 また、数億行もあるファイルを扱う場合は、仮に10スレッドがあっても数千万回ループしなければならないので、ループはできるだけ短く、かつループの中に分岐点を作らないようにしています。

以下ソース
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/1231545.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1580700720/


続きを読む

「Excel」に新関数「XLOOKUP」が導入〜「Office 365」の2020年1月更新

1: キサントモナス(東京都) [DE] 2020/02/01(土) 10:30:53.22 ● BE:439992976-PLT(16000)
gfdimage1_s

「Excel」に新関数「XLOOKUP」が導入〜「Office 365」の2020年1月更新

「Word」のインク機能には“なげなわ”ツールが追加、図形を画像ファイルとして保存する機能も

米Microsoftは1月30日(現地時間)、「Office 365 ProPlus」の月次チャンネルをアップデートした(バージョン 2001、ビルド 12430.20184)。
“Office 365”の購読者であれば、最新版が順次ダウンロード・自動適用される。

 本ビルドの目玉は、「Excel」に「XLOOKUP」関数が導入されたこと。
従来の「VLOOKUP」関数や「HLOOKUP」関数で使いにくいとされていた要素を改善した後継版で、不必要な計算を避けてパフォーマンスを向上させられるのもメリットといえる。
「VLOOKUP」や「HLOOKUP」は互換性維持のため今後もサポートされるが、今後は「XLOOKUP」の利用が主流になっていくだろう(参考記事)。

 そのほかにも、「Word」のインク機能に“なげなわ”ツールが追加され、インクオブジェクトの選択が可能になった。
「Word」では図形、アイコン、その他のオブジェクトを画像ファイルとして保存する機能も導入されている。

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1232674.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1580520653/


続きを読む

パソコンにあると便利なフリーソフト

1: ヨーロッパヤマネコ(秋田県) [ES] 2020/01/28(火) 19:51:54.27 BE:194767121-PLT(12001)
portable-apps-windows

「Radeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.1.4」が登場。「Warcraft III: Reforged」への最適化版
https://www.4gamer.net/games/022/G002212/20200128067/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1580208714/


続きを読む

ノートン先生とは何者?

1: ロシアンブルー(秋田県) [ニダ] 2020/01/02(木) 15:29:37.19 BE:194767121-PLT(12001)

世界中のPCをウイルスから守った「ノートン先生」は何者だったのか?
https://gigazine.net/news/20200102-doctor-peter-norton/

ノートン先生
no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577946577/


続きを読む

大昔はコーデックをパソコンに一つ一つ入れて動画再生していたよな

1: ベスタ(秋田県) [CH] 2019/12/22(日) 15:39:47.81 BE:194767121-PLT(12001)
vlc-media-player

メディアプレーヤー「VLC」からサンタクロースの帽子を消す方法
https://news.mynavi.jp/article/20191222-943953/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1576996787/


続きを読む

ロシア、国産ソフトウェアをプリインストールしていないスマホなどの販売を禁止か

1: 田杉山脈 ★ 2019/11/25(月) 16:29:38.89 _USER
gettyimages-1032085766_1280x960
ロシアが、同国製のソフトウェアをプリインストールしていないスマートフォン、コンピューター、スマートテレビの販売を禁止する法律を可決したと報じられている。BBCによると、この法律は2020年7月に施行されるという。法案は現地時間11月21日にロシア議会下院を通過したとみられる。

国外から輸入されるデバイスについて、通常プリインストールされているソフトウェアをロシアが禁止するわけではない。ただし、ロシア製ソフトウェアのプリインストールも義務づけられるということだ。支持派はこの法案について、ロシアのテクノロジーを推進することに重点を置いていると述べた。

 批判派は、ロシア製ソフトウェアが監視の手段として使われるおそれがあるほか、この要求がロシアからの企業撤退につながりかねないと指摘した。

 西側のIT企業はここ数カ月、ロシアの圧力を受けてきた。たとえば、8月にモスクワで自由な選挙を求める抗議デモが起きた後、ロシア政府はGoogleに対し、傘下のYouTubeで「違法な集会」を宣伝しないよう求めた。またAppleは、独占禁止法違反の疑いで調査を受けている。
https://japan.cnet.com/article/35145857/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1574666978/


続きを読む

広告付き無償セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 20」公開、動作速度改善でブルーライトカット機能も搭載

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/15(火) 15:30:29.93 _USER
no title

 キングソフト株式会社は、総合セキュリティソフト「KINGSOFT Internet Security 20」の提供を開始した。対応OSはWindows 10/8.1。

 KINGSOFT Internet Securityシリーズは、ウイルス対策機能やフィッシングサイト対策機能、パスワード管理機能、不要ファイル削除機能などを搭載。専門スタッフ常駐の「キングソフトサポートセンター」による電話やメールでのサポートを無料で利用できるのが特徴だ。

 メジャーバージョンアップとなる同ソフトでは、旧バージョンの「KINGSOFT Internet Security 2017」で搭載していたウイルス検出エンジン「Blue ChipIII」が「Blue ChipIV」へアップデートされた。これにより、セキュリティソフト特有の動作の重さが解消されたという。

 また、ブルーライトカット機能や、一定時間ごとにスクリーンセーバーを起動して目の休憩を促す休憩タイマー機能により、PC使用時の目の疲労感を軽減する「視力保護モード」を搭載した。

 同ソフトは「広告あり無料版」のほか、ウェブブラウザーのホームページ設定をキングソフトのポータルサイト「StartHome」に設定する代わりに広告を非表示にできる「広告なし無料版」が利用できる。

 また、指定ウェブサイトのホームぺージ設定が不要で広告を非表示にできる有料版もラインアップ。価格(税込)は、1台1年版が1980円、3台1年版が2480円、5台1年版が2980円など。

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571121029/


続きを読む

家にあるOfficeのパワーポイントってどう使ったらいいんだよ・・・。

1: アメリカンボブテイル(秋田県) [US] 2019/09/06(金) 19:27:24.92 BE:194767121-PLT(12001)
ff8f1a05c1fda2f7aa8370a464011e5cd90aa4d7

「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
http://www.security-next.com/107980
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1567765644/


続きを読む

オンラインソフト同梱でお馴染み 「JWordプラグイン」が7月31日でサービス終了へ

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/01(月) 23:24:44.23 _USER
image1_s
GMOソリューションパートナー(株)は5月31日、「JWordプラグイン」の提供終了を発表した。「JWordプラグイン」のサービスは7月31日をもって打ち切られる。

 “JWord”は、検索連動型の広告サービス。ユーザーがWebブラウザーのアドレスバーにキーワードを入力すると、それに関連するWebサイトが“J”というロゴマーク付きで表示される。

 “JWord”をWebブラウザーで動作させるには、あらかじめ専用プラグイン「JWordプラグイン」が導入されている必要がある。そのため、「JWordプラグイン」のインストールベースを拡大するためのアフィリエイト(成功報酬型広告)プログラムが用意されており、オンラインソフトのインストーラーに同梱されるケースも多かった。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1193400.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1561991084/


続きを読む

Photoshopで顔写真が修正されていることを見つけて元に戻すニューラルネットワーク

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/15(土) 18:39:29.25 _USER
Photoshopなどの画像加工ソフトを使って写真の顔を微修正することは一般的に行われているが、その画像に伴うデータに、いついつ修正されたと明記されることは少ない。カリフォルニア大学バークリー校とアドビの研究者たちが作ったツールは、写真が修正されていることを見抜くだけでなく、それを元に戻す方法も示唆する。

最初にお断りしておきたいが、このプロジェクトはPhotoshopによる修正を対象とし、特にその「Face Aware Liquify」(顔だけを液化)機能を使ったものだけに限定される。この機能を使うと、さまざまな顔の特徴を細かく、あるいは大きく、調整できる。どんな修正でも検出できるツールはまだ未来の話だけど、これはそれに向かっての第一歩だ。

研究者の中には、本誌のAI+ロボティクスイベントに最近出演したAlexei Efros氏もいる。彼らは、修正写真はアドビのツールを使ってるものが多いという想定から出発し、だからまずそれらのツールでできる修正に着目しよう、と考えた。

彼らは、ポートレート写真を少しずつ違ったやり方で修正するスクリプトを作った。目の位置を動かしてスマイルを強調する、頬と鼻を細くするなど。そして、それらの変形した視像とオリジナルを一緒に全部機械学習のモデルに投じ、それらの違いを見分けられるようになることを期待した。

学習は成功した。人間に画像を見せて、どれが修正されているか当ててみろと言ったら、当る確立はきわめて低い。でも訓練されたニューラルネットワークは、修正された画像を99%の精度で同定した。

それは一体、何を見ているのか?おそらく、画像の光学的なフローの中に、人間には感知できない小さなパターンを見つけているのだ。それらの小さなパターンが、どんな修正が行われたかを示唆する。そしてオリジナルを見たことがなくても元に戻すやり方を示唆できる。

対象はPhotoshopで修正された顔だけだから、自分の顔が変えられてどっかに勝手に載せられることを、このツールで防ぐことはできない。でもこれは、今少しずつ進歩しているデジタル鑑識技術の多くの小さな始まりの1つなのだ。

このプロジェクトに参加したアドビのRichard Zhang氏はこう言っている。「今の世界では、自分たちが消費するデジタル情報を信用することがますます難しくなっている。このような研究が今後もっともっと進歩することを期待したい」。

このプロジェクトを説明しているペーパーと彼らが書いたコードは、ここでで見られる。
no title

no title

https://jp.techcrunch.com/2019/06/15/2019-06-14-this-neural-network-detects-whether-faces-have-been-photoshopped/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1560591569/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ