SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:PC(ソフト)

Adobe Flashは何故死んだのか

1: ラダームーンサルト(東京都)@\(^o^)/ [CA] 2017/04/04(火) 18:39:56.92 BE:306759112-BRZ(11000)
index
Adobe Flashは死んだ。今や多くのブラウザがFlashの動作に制限をかけており、ユーザーにFlashを利用させるためには報奨金が必要なほどだ。
実質的にFlashに引導を渡したのは、Appleだ。AppleはiPhone OSでは一貫してFlashをサポートしてこなかった。
7年ほど前にスティーブ・ジョブスは、「Thoughts on Flash」という記事を書いてAdobeとFlashの問題点を語った。
これがFlashの終わりの始まりであったのだろう(DARING FIREBALL、マイナビニュース)。

反論意見もある。UIデザイナーでコラムニストのJohn Gruber氏は、私はジョブズの記事がFlashラッシュを殺したとは思わない。
しかし、AdobeはFlashの終焉を受け入れた。Flashを殺したのは、iOSの人気とiOSユーザーの人口の多さだ。
仮にジョブスが「Thoughts on Flash」を公開していなくても、いずれFlashは死んでいただろう。
AndroidはFlashによるビデオ再生を廃止することにより、バッテリー寿命を半減させることができたのだから(DARING FIREBALL、Slashdot)。




Adobe Flashを殺したのは誰か
https://it.srad.jp/story/17/04/03/0627256/
引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1491298796/


続きを読む

日本の個人PCにインストールされている危険ソフトのトップ3 「iTunes」「JAVA」「Lhaplus」

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/11(土) 18:19:18.98 _USER
1162169
https://scan.netsecurity.ne.jp/article/2017/03/09/39529.html

フレクセラ・ソフトウェア合同会社(フレクセラ)は3月8日、同社のSecunia Researchによる
「Personal Software Inspector 国別レポート - 2016 年第 4 四半期」の日本の状況について発表した。
同レポートは、Personal Software Inspectorで実行されたスキャンのデータに基づくもので、
2016年10月1日から12月31日までのデータを12カ国の国別にまとめたもの。

レポートによると、日本の個人PCには平均63個のプログラムがインストールされており、
このうち7%はサポート期間が終了し、ベンダからのパッチが適用されていないことが判明した。
対象期間において、Windows OSにパッチを適用していないユーザは6.5%と前四半期(5.0%)から増加している。
マイクロソフト以外のプログラムにパッチを適用していないユーザは14.4%で、前四半期(14.3%)、前年同期(11.5%)より増加した。

レポートでは、同四半期における危険度トップ3プログラムとして、
「Apple iTunes 12.x」(パッチ未適用率57%、市場シェア42%、脆弱性29件)、
「Oracle Java JRE 1.8.x / 8.x」(パッチ未適用率53%、市場シェア43%、脆弱性39件)、
「Lhaplus 1.x」(パッチ未適用率63%、市場シェア26%、脆弱性0件)を挙げている。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489223958/


続きを読む

仕事でWord使わずExcelばかりの職場は何でも枠で揃えたがるアスペ優越の非人間的労働空間なん?

1: 膝靭帯固め(熊本県)@\(^o^)/[RU] 2017/03/03(金) 08:39:37.67 BE:155743237-PLT(12000) ポイント特典
2index
「Microsoft Word」の校正機能がアップデートへ--「Editor」ペインで修正候補の選択が容易に
Tech Public 2017/03/03 07:45

Microsoftのインテリジェント校正機能「Editor」に、このほどユーザビリティ関連の
アップデートがいくつか追加された。同社が米国時間2月28日、ブログ投稿で明らかにした。
「Microsoft Word」を使って文書を作成する際に、新しい「Editor」ペインが既存の
「Editor」メニューを補完することで、単語を選択に役立つコンテキストや
オプションがより多く提示されるようになるという。

Microsoftは、2016年夏にEditorを最初にリリースした。今回のアップデートでは、
ユーザーが単語の修正候補をより的確に選択できるようにするため、
より多くの情報が表示されるようになった。
また、文書のスキャンと校正も一挙に実行できるようになったと、同投稿は述べている。

元ソース(英)
https://answers.microsoft.com/en-us/msoffice/forum/msoffice_officeinsider-mso_win10/new-editor-pane-in-office-2016-fast-builds/84ebb74c-1c3a-4c86-b873-6ea27c8f31f1

日本語紹介記事 TechPlublic
https://japan.techrepublic.com/article/35097505.htm
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1488497977/


続きを読む

「アンチウイルスソフト」は本当に必要か? Windows Defenderだけで充分との声も

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/23(木) 22:12:43.91 _USER
l_os_r300it-02
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1702/21/news035.html

PC初心者:「PC壊れた、買い換えよう」
PC中級者:「PC壊れた、直そう」
PC上級者:「PC壊れた、買い換えよう」

 ……これは、2ちゃんねるでたまに見るコピペです。いわれてみるとこのようなことはあらゆる分野でありがちなもので、
初心者の意見と上級者の意見が不意に一致することがあります。ただし、結論は一緒でも、そこに至る経緯は異なりますので、そ
の結論だけで判断するのは危険かもしれません。

アンチウイルスソフトはWindows 10では不要?
 そんなことを思わせるような“物議を醸す出来事”がありました。Webブラウザ「Firefox」の開発者が、
「Windows 10ではPC向けのアンチウイルスソフトを買ってインストールするのは不要で、
マイクロソフトが提供する無料のアンチウイルスサービスだけでいい」とブログに書き記したのです。

これに対して、セキュリティベンダーのカスペルスキーが反論しています。
 個人的にも、この話にはとても興味がありました。確かに、PCにアンチウイルスソフトを入れなくていいという人もいるのですが、
その意見はまさに「セキュリティ上級者」(もちろん、上記Firefox開発者も“上級者”)のものなのです。その裏側にはどんな「経緯」があるのでしょうか。
ウイルス対策ソフトは死んだかもしれないけれど……

 セキュリティに携わる人であれば、2014年のとある発言を覚えていることでしょう。セキュリティベンダーのシマンテック幹部による、
「ウイルス対策ソフトは死んだ」という、衝撃の発言です。
 衝撃の……とはいうものの、今から振り返るとその言葉は間違いなく真実です。ただし、その意図は
「ウイルスのみの対策で守れる時代は終わった」ということです。その意味では、「2014年よりもはるか前に死んでいた」といってもいいでしょう。

 私は、多くのセキュリティベンダーは、この言葉に“ある意味救われたのではないか”とも思っています。
これをきっかけに、今や多くのベンダーがキーワードとして掲げている、複数の手段を用意して脅威をどこかで止める「多層防御」の時代になったのですから。
 さて、その視点で、「アンチウイルスソフトは不要」という言葉を考えてみましょう。
 そもそもの出発点は、Webブラウザをインストールする際、“Webブラウザ側でセキュリティを確保しよう”とさまざまな技術を盛り込もうとすると、その技術が「マルウェア的な動作」だとアンチウイルスソフトが判断してしまうことから、この言葉が発せられました。
 開発者からすると、“過剰な防御”がそもそも、「PCの使い方まで縛る」ように見えます(個人的には、セキュリティ対策ソフトベンダー各社が用意している「オンラインバンキング保護」機能は、
少々、安全性/利便性のバランスを欠いていると感じています)。その観点では、OSベンダーが提供するアンチウイルスの仕組みが最も行儀がよく、選択すべきものかもしれません。
 ただし……それは「上級者」の結論ともいえます。恐らく上級者は、「脆弱性をなくすため、常にアップデートする」「最小限のアプリしかインストールしない」といった対策も並行して行っているはずです。
 もはやPCにインストールするアプリは「Webブラウザ」だけという人もいるかもしれません(今やJavaやFlash、Acrobat Readerもほぼ不要ですよね)。そういう人なら、わざわざアンチウイルスソフトを別途購入せずに運用するのも一つの解なのです。
 そうでない人にとっては、100%防御が不可能であったとしても、安心のためにアンチウイルス機能を含むさまざまな機能を詰め込んだ「セキュリティ対策ソフト」はまだまだ必要だと、私は考えています。
 どのベンダーの製品でもかまいませんが、「あまり名前を聞かない無料のアンチウイルスソフト」「ネットを見ていたらポップアップで表示されたソフト」ではなく、
少なくとも店舗で販売しているものを選んでください。そしてセキュリティ上級者の対策にある、「脆弱性をなくすため、常にアップデートする」「最小限のアプリしかインストールしない」こともあわせて、目指してみてください。
 一番いけないのは、結論だけを追ってしまうこと。「もうウイルス対策ソフトは死んだから入れるだけ無駄!」「アンチウイルスが不要だってネットに書いてあった!」と、背景を理解せずに“おいしいとこ取り”をしないように。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487855563/


続きを読む

「Office 2007とVistaは速やかな移行を」、IPAがサポート切れ迫る2ソフトに注意喚起

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/10(金) 17:12:53.48 _USER
title_1235780947_1
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/021000449/


情報処理推進機構(IPA)は2017年2月9日、Office 2007の延長サポートが2017年10月10日に、
Windows Vistaの延長サポートが同年4月11日にそれぞれ終了する点について、セキュリティ面の注意を促した。
延長サポート終了後は、新たな脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されない。IPAは「後継システムへの速やかな移行を」と訴えた。

 IPAが運営する脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」には、Office 2007の脆弱性対策情報が2006年から2016年までの
間に127件登録された。Windows Vistaは1032件登録されている。発売から10年以上経過しても脆弱性が発見されており、
延長サポート終了後も引き続き脆弱性が発見される懸念がある。

 サポート終了後すぐに被害に遭うとは限らないが、サポートが終了した製品を使い続けることのリスクを認識し、
できるだけ早く移行計画を立案して予算を確保することが望ましい。IPAは「企業など組織の管理者、および一般利用者は、
ソフトウエアのライフサイクルをあらかじめ見越してセキュリティ対策を実施してほしい」と呼びかけている。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486714373/


続きを読む

Office 2013、2月末日をもってサポート終了

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/03(金) 20:56:54.98 _USER
Of2013_03_588x
http://ascii.jp/elem/000/001/429/1429068/

マイクロソフトは2月2日、2月28日をもってOffice 2013のサポートを終了すると発表した。

 Office 365のサブスクリプションに用いたインストールに加え、カスタマーサポートやトラブルシューティングも終了する。最
新の機能として、Office 2016のインストール手順を紹介している。
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486123014/


続きを読む

最近フリーソフトで32bit(x86)版バイナリをださずに64bit(x64)版だけ出す奇妙な人がいるけど

1: ミラノ作 どどんスズスロウン(空)@\(^o^)/ [JP] 2016/12/18(日) 17:52:23.96 BE:487816701-2BP(2525)
161216osok00
時代はスマホなのに、汎用性の悪い64bit(x64)版Windows用バイナリ
しか用意しないとは何事か!
引用元: http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1482051143/


続きを読む

画像ファイルからマルウェアに感染させる「ImageGate」攻撃発見 SNS経由で拡散

1: ひろし ★ 2016/11/28(月) 22:23:08.76 _USER9
wk_161128imagegate01
 悪質なコードが埋め込まれた画像ファイル経由でマルウェアに感染させる攻撃方法が発見されたと、セキュリティ企業「Check Point Software Technologies」が注意を呼び掛けている。

 「ImageGate」と命名されたこの攻撃は、Facebookなどのソーシャルメディアを利用して拡散している。手法は次の通り。SNSにアップデートされた悪質なコードが埋め込まれた画像ファイルを利用者がダウンロード。このファイルをクリックした瞬間にマルウェアが実行される。

 同企業は9月上旬からSNSでこの攻撃を確認しているという。特殊な拡張子を持つ画像ファイルをむやみに開かないよう心掛けてほしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161128-00000036-it_nlab-sci
引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1480339388/


続きを読む

エクセルをワープロのように使うとデータの再利用が困難、河野太郎議員が文科省へ全廃を指示

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/05(土) 09:56:48.67 _USER
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1611/04/news107.html

no title


 自民党の河野太郎議員が、一部で「神(ネ申)エクセル」と呼ばれるエクセルをワープロのように使って
作成された書類について、自治体に改善させる意向を示しました。公式Twitterで、限定的ながら文科省での全廃が表明されています。

ツイートで例示された書類は、日本学術振興会の科学研究費助成事業に関するページで公開された応募用紙。
エクセルのワークシートを方眼紙のように整え、記入項目を1セルに1文字ずつ入力させる形式になっています
当然、この体裁では氏名や住所などが文字ごとにバラバラになったデータに仕上がるため、応募者のデータベース化が非常に困難になります。

 この例に限らず、セル結合を多用するなど見ばえを優先するあまりデータとしての再利用性が低くなったエクセルファイルは、
以前から自治体等で多用されていました。このようなファイルは一部で「神エクセル」もしくは
「紙(への出力しか考えていない)エクセル」と呼ばれるとともに、批判の声も多数。2013年には、
神エクセルが日本の生産性を落としているのではと議論を呼んでいました。

 今回の全廃表明に至った発端は、河野議員が科研費などの競争的資金についてルールの統一を発表したことから。
このツイートに言及した「ずさんな申請書の体裁が研究者から時間を奪っている」といった意見に、河野議員は意欲的に反応。
書式に関する意見を広く求めた結果、「数字の全角と半角を混在させない」「数値のセルに文字を混ぜない」など、多くの要望が寄せられました。


 多くの意見を聞き、神エクセルの全廃へ動いた河野議員には賞賛の声多数。さらに厚労省などでも廃止してほしいといった要望が寄せられているようです。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1478307408/


続きを読む

IoT機器を乗っ取り踏み台として悪用する“Mirai(ミライ)”ウイルス、猛威

1: ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★ (ニククエ 99a7-wIId) 2016/10/29(土) 17:30:51.38 _USER9NIKU BE:348439423-PLT(13557)
ec997_1231_ec090835914fec16af976b48b00f7b51-cm
「Mirai」(ミライ)と名付けられたウイルスが、
インターネットにつながる家電製品などのIoT機器を乗っ取り、
踏み台として悪用するサイバー攻撃が世界中で猛威をふるっている。

*+*+ YOMIURI ONLINE +*+*
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161029-OYT1T50069.html 
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1477729851/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ