SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

Microsoftが方針を一転、Windows 7の黒壁紙問題の修正パッチを全ユーザーへ提供

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/27(月) 16:55:40.58 _USER
no title

Microsoftの公式サポートページ
 米Microsoftは1月27日(現地時間)、「KB4534310」導入したWindows 7環境でデスクトップ壁紙が消える不具合の修正を、すべてのユーザーに対して提供する方針を明らかにした。Windows 7はすでに一般向けのサポートを終了しており、異例の対応となる。
Microsoft、2020年1月の更新を発表 〜Windows 7、IE 10などに最後のセキュリティパッチ - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1229224.html

 「KB4534310」は米国時間1月14日にWindows 7/Server 2008 R2向けにリリースされた2020年1月の月例更新プログラムだが、デスクトップ壁紙のオプションを[画面に合わせて伸縮(Stretch)]にしている場合、インストール後に壁紙が正常に表示されず、デスクトップの背景が真っ黒になるという問題が発生していた。

 同社は当初、企業向けの有償延長サポート“拡張セキュリティ更新プログラム”に加入しているユーザーにだけ修正パッチを提供する方針で、それ以外のWindows 7/Server 2008 R2ユーザーに対しては[画面に合わせて伸縮]以外のオプションを用いる、デスクトップの解像度にあった壁紙を用いるといった回避策を案内していた。現在、解決に取り組んでおり、完成すればWindows 7とWindows Server 2008 R2 SP1を実行しているすべてのユーザーに対し修正パッチを提供するとしている。

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1580111740/


続きを読む

週休3日で生産性向上 日本マイクロソフトが試験導入

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/26(日) 23:17:39.06 _USER
ce8529067bbf43afacd86f1a3e00645a
週休3日制の是非を巡る議論が国内外で盛り上がっている。日本マイクロソフトでは試験的に週休3日制を導入した2019年8月、社員1人あたりの売り上げが4割増えた。好結果を生んだ要因の一つが給与を変えなかったことだ。週休3日制を導入すれば、多くの企業で売り上げも給与も減る可能性がある。実現のハードルはかなり高そうだ。(平野麻理子)

年明け、世界中をある「フェイクニュース」が駆け巡った。フィンランドのマ…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54867840W0A120C2NN1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1580048259/


続きを読む

MS、「Office 365 ProPlus」でデフォルト検索を「Bing」に--ユーザー怒る

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/23(木) 22:03:03.55 _USER
 dvds50922eabaacf8b3f00d5eb8ffb89a6bf_1579748412_l
Microsoftは近日リリース予定の「Office 365 ProPlus」の新バージョンについて、「Google Chrome」のデフォルト検索エンジンを自社の「Bing」に変更すると発表し、ユーザーの怒りを買っている。2月からChromeを対象に適用を始め、最終的には「Mozilla Firefox」ブラウザーにも適用する予定だ。

今回の変更は、Bingを使って検索結果内に自社中心の情報を配信するという、Microsoftの新たな取り組みの一環だ。同社ではこの構想を、全面刷新したばかりの同社のウェブブラウザー「Microsoft Edge」を採用する大きな理由になるとして、盛んにアピールしている。この検索技術では、関連する書類を検索したり、勤務先の組織図を把握したりできる。しかし実態としては、Googleの検索エンジンのほうがBingよりはるかに広く利用されており、米国ではChromeとFirefoxのユーザーのデフォルト検索エンジンとなっている。

 だが、こうした状況を覆そうというのが、Microsoftの狙いだ。

 Microsoftは米国時間1月18日、「Office 365 ProPlusのVersion 2002以降、BingのMicrosoft検索の拡張機能がインストールされ、これによりBingがGoogle Chromeウェブブラウザーのデフォルト検索エンジンになる」と発表した。MicrosoftのOffice 365 ProPlusは、同社の生産性ツールであるMicrosoft Officeのサブスクリプション版で、頻繁にアップデートされている。

 この変更に、多くの人が強く反発している。Microsoftの発表に対するコメント欄には、「マルウェアのようなやり方だ」「受け入れられない」「正気を失ったのか?」などの不満が並ぶ。今回の動きを批判するユーザーは、米掲示板サイトのRedditでも、MicrosoftのBing検索への切り替えに対する不満を綴っている。

 Microsoftは検索エンジン変更に対する怒りの声についてはコメントしなかったが、「好みに応じた選択とカスタマイズを提供するため、いくつかの簡単なステップを踏むことで検索の選択をオプトアウトまたは撤回できる方法を、管理者とユーザーの両方に提供している」と述べた。
https://japan.cnet.com/article/35148375/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579784583/


続きを読む

Windows7終了で日本人の半数以上はiPadとAndroidタブレットに移行、PCの必要性の無さに気がつく

1: ジョフロイネコ(北海道) [NO] 2020/01/19(日) 23:25:00.65 BE:422186189-PLT(12015)

全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、12月のタブレット端末の販売台数は前年同月比141.5%。
特にアップルは前年比209.8%と大幅に伸長した。
年末商戦に加えて、1月14日のWindows 7サポート終了に伴うPCの買い替えの候補としてタブレットが選ばれたことも影響しているようだ。

no title


12月週次のメーカーシェア推移では、アップルが4週連続で70%超えを達成。
Android勢はファーウェイ、NEC、レノボの順で並んでいる。
ファーウェイ、NECは前年を割ったが、レノボは133.2%と成長しており、1月以降は順位変動が起こる可能性もある。

no title


no title


シリーズ別では前月に続き、「iPad 10.2インチ 第7世代 Wi-Fiモデル」が首位をキープ。
11月は32GBモデル+128GBモデルのシェアが32.9%だったが、12月は48.3%と15.4ポイントも伸ばした。
アップルはベストテン圏内における製品数も7製品と圧倒的。
2020年もタブレット市場におけるiPad一強の状況は続きそうだ。(BCN・大蔵 大輔)

https://www.bcnretail.com/market/detail/20200114_153848.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579443900/


続きを読む

今すぐWindows 10をアップデートして! NSAすら警戒するヤバい脆弱性

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/18(土) 13:57:16.79 _USER
200115_nsa_windows10_01-w960
MIT Technology Reviewによりますと、Windows(ウィンドウズ)10とWindows Server 2016に関する重大な脆弱性を米国国家安全保障局(NSA)が発表し、Microsoft(マイクロソフト)は火曜日には修正パッチをリリースしました。

Windowsの暗号化機能に深刻な脆弱性あり
プレスリリースを公開するという諜報機関にしては珍しい方法をとったNSAですが、同局によるとWindowsの暗号化機能に致命的な脆弱性があり、「ハッカーは暗号化されたネットワーク接続に介入し、通信相手になりすまして任意のコードを実行できる」とのこと。つまりHTTPS接続や、ファイルやメールなどのデジタル署名などのセキュリティ機能が破られ、「ユーザーモードとして署名されたコードが実行されてしまう」可能性があるそうです。

また、プレスリリースによると同局は「この脆弱性を非常に深刻と捉えている。鋭いハッカーであればこの問題をすぐに理解できるし、もし悪用されれば前述のプラットフォームは根本から無力化されるだろう」としています。しかし同時に、同局はまだこの脆弱性が悪用された証拠はないとしており、MIT Technology Reviewによると、Microsoftも同様に脆弱性が突かれたと思われる案件は確認していないそうです。

パッチ適用を最優先に
NSAのリリースには、ネットワーク管理者のための防護策、及び脆弱性を悪用されたかどうかの確認の仕方も載っており、何よりも「重要、または広く利用されているサービスを提供している端末にパッチを適用することを最優先」するよう呼びかけています。また、インターネットに直接繋がっている端末や、管理権を持っているユーザーが定期的に利用する端末も優先させるように推奨しています。

サイバーセキュリティに関するブロガーであるBrian Krebs氏は、Microsoftが暗号化に関わるモジュール「crypt32.dll」の修正を急いでいるとの噂を月曜日に報じていました。Krebs氏の情報源によると、脆弱性を利用することで、特定のソフトウェアのビルドに関わるデジタル署名を偽造でき、アタッカーはマルウェアの仕込まれたソフトウェアを正当なソフトウェアであるとユーザーに信じさせることができるそうです。NSAのサイバーセキュリティ部門部長のAnne Neuberger氏は、Microsoftがソフトウェアの欠陥の発見で、同局の名前を公に出したのは初めてだとリポーターたちに語ったとKreb氏は報じています。

今回のバグはかなり深刻だった
Windows 10やWindows Server 2016で動作している数百万のサーバーが支配される可能性を考えると、このバグの危険性はどれだけ強調しても足りません。データベースをアプリなどに提供するMongoDBのセキュリティ主任であり、Open Crypto Audio Projectの主任でもあるKenn White氏はWiredに対し、「私たちも現在分析していますが、事前の状態や状況次第では膨大な被害を産む可能性があった」とコメントしています。

また、元NSA職員で、サイバーセキュリティのトレーニングや分析を行うRendition Infosecの創業者、Jake Williams氏はTech Crunchに対し、この欠陥が政府の諜報に最適なものだとし、「端末のセキュリティをすべてバイパスできるスケルトンキーの役割になっただろう」と発言しました。またTech Crunchによると、NSAもMicrosoftも脆弱性に関しては、政府、軍、そして産業組織などにパッチが先に配布され、火曜日に一般公開されるまで徹底的に黙秘していたそうです。

今回の公表はNSA内部の改革ではないか?
これまでのNSAなら、発見したバグは記録し、後に諜報活動やサイバー国防に利用していたのですが、今回の公表は、NSA内部での改革の一部ではないかとMIT Technology Reviewは報じています。去年末、サイバーセキュリティと海外での諜報活動の足並みを揃え、政府や産業ネットワークをサイバー攻撃から守るため、NSAはCybersecurity Directorate(サイバーセキュリティ理事会)を設立しました。

また、NSAが知っていた欠陥がリークしたことで、世界中でランサムウェアが拡散したEternalBlueスキャンダルなど、同局の評判に傷が付いていたこともあり、それを少しでも挽回する意図もあったのでしょう。
以下ソース
https://www.gizmodo.jp/2020/01/stop_what_you_are_doing_and_update_windows_right_now.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579323436/


続きを読む

米マイクロソフト、排出する「すべてのCO2を回収」 2050年までに

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/17(金) 21:13:14.97 _USER
_110539912_mediaitem110539911
米マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は16日、1975年の創業以来排出してきた二酸化炭素(CO2)について、2050年までに「すべて」回収すると述べた。

マイクロソフトは、この目標を達成するために、まずは2030年までに「カーボンネガティブ(排出するよりも多くのCO2を除去する)」を実現するとしている。

さらに、2025年までに、同社のデータセンターや他の施設で使用するすべての電力を、再生可能エネルギーにしたい考えだ。

今回の計画の背景には、ライバル企業の米アマゾンが、2040年までに、CO2の排出量と除去量をプラスマイナスゼロにする「カーボンニュートラル」の達成を目指してることがあるとみられる。

CO2削減の技術開発に10億ドル
マイクロソフトのブラッド・スミス社長は「CO2に関して言うと、プラスマイナスゼロでは不十分だ」と述べた。

スミス社長はブログで、「大気中の二酸化炭素は、熱を閉じ込める(温室効果)ガスの膜を作り出し、世界中の気候に変化を与えている。(中略)我々がCO2排出量を抑えなければ、基本は上昇し続ける。科学によって、壊滅的な結果がもたらされると証明されている」と述べた。

マイクロソフトは、CO2を回収し蓄えるための幅広い技術を用いて、「カーボンネガティブ」を達成したいとしており、こうしたCO2削減の技術開発に10億ドル(約1100億円)の基金を設置するという。

スミス社長は、今回の計画には、「今日の世界にはまったく存在していない」技術が必要になるとしている。

<関連記事>

世界のCO2排出量が増加、石油・ガスの使用増で=気候研究チーム
二酸化炭素を大気から吸収する新技術 加企業、低コストで
CO2税の引き上げも
マイクロソフトは、二酸化炭素税を引き上げるなどして、2030年までに同社と同社のサプライチェーンに含まれる企業から排出されるCO2を、現在の半分に抑える計画だ。

2012年以降、マイクロソフトは、電力の使用や出張の移動などを通じて発生するCO2コストを考慮した予算を設定するよう、各部門に求めてきた。

そして今回、顧客が同社製品に使う電力などによる、間接的なCO2排出も組み込まれることになる。

CO2回収の方法
マイクロソフトは、幅広い方法で大気中のCO2を回収したいとしている。

具体的には、新たな植樹と既存の森林の拡大、土壌炭素隔離(CO2を大気中に排出せず、地中に閉じ込める)、直接空気回収(大気中のCO2を直接回収する)、バイオエネルギーを用いた二酸化炭素回収などを挙げている。

環境活動家の反応
マイクロソフトが自分たちの役割だけでなく、さらに大きな環境改善の展望を描いていることを示しているとして、環境活動家は今回の発表を大歓迎した。

「これは、持続可能な環境政策を率いるハットトリックだ」と、環境防衛基金(EDF)のエリザベス・スターケン氏は述べた。

「しかし、本当に目立った変化をもたらすためには、先例に従い、巧言を行動に移す企業がほかに1000社必要だ」

一方、国際環境団体グリーンピースは、マイクロソフトにはまだ、石油会社やガス会社との継続的関係に対処する必要があると警告した。

「マイクロソフトの発表には喜ぶべきことがたくさんある一方で、ぽっかりあいた穴については対処がなされないままだ。マイクロソフトは、石油燃料会社がもっと石油やガスを掘れるよう、機械学習や人工知能(AI)技術の面での支援を拡大しているのだから」と、グリーンピースの上級活動家、エリザベス・ジャルディン氏は述べた。

それでも、マイクロソフトの計画は、フェイスブックやグーグル、アップル、アマゾンなど、「カーボンネガティブ」の取り組みをしていないほかのハイテク企業の計画よりもずっと挑戦的だ。

ハイテク部門とCO2
ハイテク企業の製造センターやデータ処理センターからは、大量のCO2が排出される。

米ニューヨーク大学の研究機関「AI Now Institute」は、今年のハイテク部門のCO2排出量は、世界の温室効果ガスの3.6%を占めることになるだろうと推定している。これは、2007年の時の2倍以上の割合だという。そして、最悪のシナリオでは、その割合が2040年までに14%まで膨れあがる可能性がある。

ライバル企業の取り組み
米ソフトウェア企業イントゥイットは、2030年までに「カーボンネガティブ」を達成するとしている。米アマゾンは、2019年9月に、「カーボンニュートラル」を2040年までに達成すると発表した。
https://www.bbc.com/japanese/51145291
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579263194/


続きを読む

Windowsのシェアが50%割れ、MacとLinuxが急増

1: スペインオオヤマネコ(北海道) [NO] 2020/01/16(木) 23:13:45.64 BE:422186189-PLT(12015)

Stackoverflow Developer Survey Results 2019
https://insights.stackoverflow.com/survey/2019

no title

no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579184025/


続きを読む

新しい「Microsoft Edge」がプレビューを卒業 〜Windows/Mac向け正式版のダウンロード提供が開始

1: 田杉山脈 ★ 2020/01/16(木) 15:20:41.05 _USER
image1_l
米Microsoftは1月15日(現地時間)、新しい「Microsoft Edge」を正式リリースした。同社は2018年12月、「Microsoft Edge」を「Google Chrome」などと同じ「Chromium」ベースで再構築する計画を発表。翌年4月に最初のプレビュー版をリリースして以降、半年以上にわたりテストを続けていた。

 新しい「Microsoft Edge」のバージョンは“79.0.309.65”で、「Google Chrome 79」相当の機能を持つ。加えて、ユーザー側でカスタマイズ可能な新規タブページや、基本・バランス・厳重の3レベルを切り替えられるトラッキング防止、PDFへのインク注釈といった独自機能も搭載。公式ストアの拡張機能だけでなく、“Chrome ウェブストア”の拡張機能を利用することも可能だ。

また、企業向けの機能も充実。“Azure Active Directory(ADD)”によるアクセス管理や、古いページを「Internet Explorer」エンジンで閲覧できる“IE モード”、組織のイントラネット上のファイル・人・設備予約なども検索できる“Microsoft Search”などが標準で組み込まれている。

 安定版「Microsoft Edge 79」は日本語を含む90以上の言語をサポートしており、WindowsおよびMacで利用可能。入手方法は“www.microsoft.com/edge”から手動でダウンロード・インストールする方法と、“Windows Update”から自動でインストールされるのを待つ方法の2つが用意されている。プレビュー版「Edge」(Beta、Dev、Canary)は同一環境で安定版(Stable)と共存可能な仕様になっているため、あらかじめアンインストールしておく必要はない。また、モバイル版「Edge」(iOS/Android)は自動更新されるため、ユーザー側での対処は不要だ。

 新しい「Edge」をセットアップすると、古い「Edge」からお気に入りやパスワードが自動で引き継がれ、[スタート]メニューやタスクバーのピン留めなどがすべて新しい「Edge」へ置き換えられる。アプリケーションアイコンが新しくなっているはずだ。既定のWebブラウザー設定は維持されるようだが、旧「Edge」の起動は新「Edge」にリダイレクトされるようになる。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1229406.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1579155641/


続きを読む

さて、Windows7のサポート終了したわけだが、まだWindows7とかいう化石OS使ってるやつおりゅ?

1: セルカークレックス(東京都) [US] 2020/01/15(水) 00:00:03.24 BE:279771991-2BP(1500)
K10012244541_2001141150_2001141727_01_02

Windows 7の公式サポートが2020年1月14日に終了する。
SNSでは、別れを惜しむ声や、10年にわたる活躍をねぎらう投稿に加え、新環境へ移行していない人々からの焦りも出ている。

以下ソース
https://www.j-cast.com/2020/01/14377032.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579014003/


続きを読む

Windows 7、きょうサポート終了 「お疲れ様」「職場のパソコンまだ...」

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2020/01/14(火) 14:31:40.30 _USER
news_20200114115753-thumb-autox380-171117
Windows 7の公式サポートが2020年1月14日に終了する。

SNSでは、別れを惜しむ声や、10年にわたる活躍をねぎらう投稿に加え、新環境へ移行していない人々からの焦りも出ている。

□12月時点で推計約1500万台が稼働
Windows Vistaの後継として09年に登場したWindows 7。12年の「Windows 8」を経て、現在は15年リリースの「Windows 10」が主流になった。そして10年間のサポート期間が、まもなく終わる。終了後もパソコン自体は使えるが、セキュリティ更新プログラムを受け取れなくなるため、ウイルス被害を受けるなどのリスクが高まる。

日本マイクロソフトは、ここ1年間、公式サイトでWindows 7稼働状況の推計値を伝えてきた。サポート終了1年前(19年1月)の時点では法人1600万台、一般家庭1100万台だったが、半年前(7月)には法人1141万台、一般871万台に。残り3週間となった12月24日の発表では、法人813万台、一般679万台が稼働していると推測している。

最終日となる20年1月14日には、ツイッター上にWindows 7をめぐる悲喜こもごもが投稿されている。「今までありがとう」「お世話になりました」「お疲れ様、いいOSだったよ」といったねぎらいの声のほか、「やっと社内のすべてのWindows7を駆逐した」「職場のパソコンまだWindows7なんですけど...」といった、現役で稼働している現場からの嘆きも相次いで投稿されている。


2020/1/14 12:03
J-CASTニュース
https://www.j-cast.com/2020/01/14377032.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1578979900/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ