SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

MS、10月より「Office」と「Windows」の一部製品を値上げヘ

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 17:08:07.83 _USER
dxxindex
Microsoftは米国時間7月25日のブログ記事で、「Office」と「Windows」の一部製品の価格を2018年10月1日より引き上げることを明らかにした。

具体的には、次期オンプレミス版Officeとなる「Office 2019」の価格を、現行版より10%引き上げる。同社は現在、2018年内のリリースを目指して、これら製品をテスト中である。この価格引き上げは、ビジネス顧客を対象とし、Officeクライアント、「Enterprise Client Access License(CAL)」、「Core CAL」、そしてサーバ製品に適用される。

また、Microsoftは「Windows 10 Enterprise E3」の名称と関連価格も調整する。

Microsoftは10月より、ユーザー単位の製品(デバイス単位ではない)に限り、「E3」の名称を使う。つまり「Windows 10 Enterprise E3 per User」は「Windows 10 Enterprise E3」として生まれ変わる。そして現行の「Windows 10 Enterprise E3 per Device」は「Windows 10 Enterprise」と名称を変更する。

Microsoftのブログ記事によれば、Windows 10 Enterpriseの価格は、Windows 10 Enterprise E3に合わせて引き上げる。Windows 10 Enterprise E3はユーザー当たり年額84ドルだ。また2018年10月1日をもって、「Windows 10 Enterprise E5 per Device」の提供を打ち切る。それ以降はユーザー当たり月額14ドル、もしくは年額168ドルのper User版のみの提供となる。

Microsoftは2016年の「Worldwide Partner Conference」で、サブスクリプション型のWindows 10 Enterprise(E3およびE5)を発表した。同社は当時、これらのサブスクリプション型バンドル製品で、中小企業(SMB)の顧客基盤を拡大したいと考えていた。

Microsoftの関係者はブログ記事で、これらの変更は購入チャネルにおける一貫性と透明性を確保するのが狙いだと述べた。ほかにも10月より、以下の変更が行われる。

Microsoft Online Services(OLS)に合わせて、ウェブ上のすべてのプログラムで統一された一貫性のある最低価格を設定。
Enterprise Agreement (EA)/EA Subscription、MPSA、Select/Select Plus、Openプログラム (Open、Open Value、Open Value Subscription)におけるプログラム制ボリュームディスカウント(レベルAとOpenレベルC)の排除。
政府機関向けのオンプレミスおよびオンラインサービスの価格を、EA/EAS、MPSA、Select Plus、Openプログラムの最低価格に追随。
価格の設定方法を分かりやすく概説した、新しい顧客価格シート(CPS)を提供(ダイレクトEA/EASのみ)。
2018年07月27日 14時33分
https://japan.zdnet.com/article/35123137/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532678887/


続きを読む

次次期Windows 10は2019年上期登場。コードネームが“19H1”に

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/27(金) 00:28:14.35 _USER
01_t
米Microsoftは7月25日(現地時間)、Windows 10 Insider PreviewのRS5向けに「Build 17723」をFast ringで公開するとともに、そのさらに次の大型アップデートとなる“19H1”の「Build 18204」もSkip Aheadで公開した。

 同社はこれまで新OSのコードネームとして、便宜的に“RS(Redstone)”を授けてきたが、次回からはおそらく年と半期を示すと思われる文字が使われるようだ。

 今回公開された両ビルドとも更新内容はほぼ同じものとなっており、Windows Mixed Realityの新機能として「Flashlight」が追加された。Flashlightでは、Windows MRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着したまま、HMDに内蔵されたカメラを使い、現実世界をのぞき見ることができるわく“枠”を表示し、これによってユーザーは没入感を大きく損なうことなく現実世界とふれることができる。Flashlightはスタートメニューのショートカットや音声コマンドから呼び出せるようになっている。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1134909.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532618894/


続きを読む

ネットブラウザはEdgeに移行して…Microsoftが切実な言葉で促す

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/07/19(木) 13:52:08.12 BE:837857943-PLT(16930)

Microsoft、脱「Internet Explorer」を切実な言葉でお願い

no title


Microsoft日本法人は7月18日、「Internet Explorerの今後について」と題したブログを公開し、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeに移行するよう、
切実な言葉で促しています。

Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへの移行を改めて促す
Microsoftは、2015年にWindows 10をリリースし、Windowsの標準ブラウザをInternet ExplorerからMicrosoft Edgeに切り替えました。

今後のサポートについて「回答できません」
現在のWebでは、Internet Explorerがサポートしていない技術を利用して実現しているものも多く、2020年にはAdobe Flashが廃止されるほか、
ActiveXなどの古いテクノロジーは廃止される方向にあるとして「Internet Explorer でなければ表示できない Web コンテンツ」は
今後は減っていく見通しであると述べています。

https://iphone-mania.jp/news-219332/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531975928/


続きを読む

「パスワード不要時代」へ MSなどが新技術

1: ムヒタ ★ 2018/07/18(水) 06:43:47.77 _USER
qwindex
 インターネット上のサービスで本人確認を求められるたび、パスワードを打ち込む手間が一掃されるかもしれない。スマートフォン(スマホ)の指紋認証などを応用する技術が標準化され、米マイクロソフトや米グーグルなど、閲覧ソフト(ブラウザー)の開発会社が標準機能として今後組み込む方針という。安易なパスワードが一掃されれば、ネットの安全性向上にもつながりそうだ。

 現状のパスワードによる本人認証には問題が多い。サ…
2018/7/18 6:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33082520X10C18A7X13000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531863827/


続きを読む

中学2年生女子「父親がPCキモヲタでLinuxしか使わせてくれません。Windows使いたいです」

1: 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [US] 2018/07/17(火) 19:30:31.91 ● BE:324064431-2BP(2000)
01439c32

■中学2年生になる娘がついにWindowsの存在に気付く
我が家のパソコンはLinuxデスクトップだ。
俺のパソコンはArchLinux、嫁のパソコンにはopenSUSE、
娘のパソコンにはUbuntuがインストールされている。
今まで娘に質問されなかったのでWindows OSの詳細を話したことがなかった。
娘にとって学校でよく使うWindowsはLinuxディストーションのうちの1つくらいの
認識でしかなく、カスタマイズしたらWindowsになると思っていた。

娘はデスクトップ環境を知っている。
GnomeとKDEとXfceくらいしか知らないけど、デスクトップ環境を切り替えると
操作性が大きく変わることを知っていた。
だからExplorerを知っているのかは定かでないが、Explorerに切り替えれば学校の
パソコンと同じになると思っていた。

しかし遂にその時が来てしまった。
娘が言うのだ「お父さんCLIP STUDIO PAINT買ってよ」と。
「HAHAHA!娘よLinuxには素晴らしいGIMPやInkscape、KritaやAzPainter、MyPaintかあるじゃないか!」
「なにそのキモい喋り方。いや漫画かきたいし友達がクリスタ良いよって言ってた。
フォトショは良いや高いらしいし、見てたらGIMPでだいたい出来そうだしさ」
「あ〜・・・お友達がかぁ・・・娘よ・・・クリスタはWindowsじゃないとまともに動かないんだ・・・」
「Windowsにしたら良くない?」
「違うんだ・・・LinuxとWindowsは全くの別物だ。根底(カーネル)から違う。
iPhoneと娘ちゃんのパソコンくらい違う・・・iPhoneアプリは動かないじゃん?」
「えっ?今のパソコンでクリスタ使えないってこと?」
「うん何ていうかパソコンの中身のUbuntuを丸ごと消してWindowsを上書きしたらクリスタ使えるみたいな」
「設定とか全部無くなるってこと?」
「うんWindowsで似たような設定を再現できるだろうけど全く同じにはならないな。
WindowsにGnomeのDashとかそもそも無いからね。いや今のWindowsはDashっぽいのは出てくるかな・・・」

「面倒くさッ!なんでそんな風になってるの!?」
「そもそもお母さんと一緒になった時点で我が家にWindowsは無かった。
お母さんWebブラウザだけ使えれば良い人だからLinuxでも全く問題なくて、
openSUSEはカメレオンかわいいって理由で使ってるからな?w」

「え〜直ぐWindowsにできないのぉ?」
「明日買ってくりゃ明日からは使えると思うけど・・・う〜ん・・・我が家にWindowsかぁ・・・管理が面倒くさいなぁ」

「とりあえず買ってきてよ気に入らなければLinuxに戻す」
「おまっ・・・高いんだぞWindowsってクリスタよりも・・・誕生日プレゼントなしになるレベルの価格だ」
「ゴメンちょっと考えさせて」
我が家にWindowsが来ることになるのか(`・ω・´)

https://anond.hatelabo.jp/20180612124845
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531823431/


続きを読む

マイクロソフトはなぜスマホ時代の敗者となったのか、元アスキー西和彦が語る

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/17(火) 10:25:14.66 _USER
img_dc151669b2bbe7f5340ba368c14d935351450
ビル・ゲイツとWindowsを開発、その後、袂を分かって日本に帰国し「アスキー」の社長になった西和彦氏。現在は、東京大学でIoTに関する研究者として活躍している。日本のIT業界を牽引したと言っても過言ではない西氏に、まずはWindowsの開発について語ってもらった。


中略
スマホにフルスペックWindowsなら
競争の風景は変わっていた

 東大でこうしたテーマに取り組んでいる背景には、ITのパラダイムシフトの中で、マイクロソフトもビルも、そして私自身も「負けた」という意識があるからだ。

 マイクロソフトはWindowsに磨きをかけていく過程で、必然的にCPUやメモリーといったハードウエアの問題に直面した。簡単に言えば、自らが作ったOSを動かすためのハードを自ら用意すべきなのか、それとも他社に委ねるのかという問題だ。

当時、私はマイクロソフトで、OSの受け皿となるパソコンの開発を担っていたから、必然的に自社開発を主張したのだが、ビル・ゲイツは最終的にハードウエアは他社に委ねることにし、ソフト開発に特化することにした。この戦略によりマイクロソフトは、半導体の景気サイクルに巻き込まれることもなく、ソフト開発で莫大な収益を獲得していく。

 Windowsが果たした偉大な功績は、改めて紹介するまでもないだろう。パソコンは、1992年頃から世に出始め、マイクロソフトが1995年に発売したWindows95を契機に劇的に普及する。また、業務用ソフトとしても発展を続け、ビジネスオペレーションのインフラにもなっていった。

 そんな巨人が、初めてうろたえるほどの衝撃を受けたのが、スマートフォンの登場だった。

 マイクロソフトも、「Windowsモバイル」というスマホを開発した。このOS自体は、「iOS」や「アンドロイド」に決して負けない優れたOSだった。しかし、最大の戦略ミスは、Windowsのフルスペックをスマホに移植しなかったことだ。スマホでWindowsが動く世界、言い換えればWindowsがプラットホームとなるスマホを創らなかった。それが最大の敗因になった。

 スマホでWindowsがフルで動かせたならば、絶対にWindowsが勝者になっていただろう。なぜならば、日常の暮らしや仕事で使っているOSが、そのままスマホというユビキタスなツールでも使えるからだ。

 しかし、マイクロソフトにその発想はなかった。「スマホにはスマホのOSが必要だ」と考えたのだ。フルスペックWindowsのスマホへの移植に挑戦していれば、今の状況は大きく変わっていたはずだ。

 こうしたマイクロソフトの戦略ミスを誘引したのはインテルだ、というのが私の見立てだ。

 皆さんご存じの通り、マイクロソフトとインテルは、“ウィンテル”と呼ばれるコンビで躍進を続けてきた。「卵が先かニワトリが先か」ではないが、Windowsの機能向上にCPUの機能向上が呼応し、CPUの機能向上にWindowsの機能向上が呼応した。

「複雑な作業をとにかく早く」がウィンテルの基本思想だが、スマホにそれほどの機能はいらない。むしろローパワーな機能で十分だった。インテルにとっては“うまみ”がないが、もしマイクロソフトが彼らにローパワーなCPUを作らせていたら、戦いは変わっていただろう。

スティーブ・バルマーの辞任で
スマホ戦略に幕引き

 マイクロソフトのスマホOS戦略は、CEOだったスティーブ・バルマーの実質的な引責辞任という形で幕を閉じる。

 スティーブの辞任については、ちょっとした裏話がある。ビルは、その前からスティーブを辞めさせる時期を模索し続けていたのではないか。その絶好の機会となったのが、スマホOSの覇権をめぐる中でスティーブが手掛けた、ノキアの買収と失敗だった。

 スティーブは、ビルの後を受け2000年にCEOに就任した。当時は、Windowsが覇権をさらに拡大させようとしていたと同時に、静かに“ポストWindows”とでも言うべき新たなITの主役が模索されていた時代でもあった。

 スティーブは、Windowsの覇権拡大については、辣腕営業マンとしての力量をいかんなく発揮していた。しかし後者の、次なるIT世界の主役の模索と開拓については、まったくと言っていいほど成果を出せていなかった。その象徴が、ゲーム用機器「Xbox」への多額投資の決断と挫折だろう。ただスティーブは、自分の失敗でも人のせいにするところがあり、言い方は妙だがなかなか汚点を残さなかった。
https://diamond.jp/articles/-/174855
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531790714/


続きを読む

「Surface Goのグラフィックス性能はi5搭載Surface Pro 3より33%向上」──Microsoft幹部

1: ムヒタ ★ 2018/07/16(月) 09:33:29.88 _USER
 えてtindex
「Surface Goのグラフィックス性能はi5搭載Surface Pro 3より33%向上した」と、米MicrosoftのSurface担当幹部が語った。これは、Microsoftが7月9日(現地時間)に発表した「Surface Go」についての、米Wiredによる複数のMicrosoft幹部へのインタビュー記事で語ったものだ。

 Surfaceのプログラムマネジメント担当ジェネラル・マネジャー、ピート・キリアコウ氏は、Surface Go搭載プロセッサ、米Intelの「Pentium Gold 4415Y」について、この端末のためにIntelと密に協力して調整しており、i7と比較しても20%良いと語った。

 別売のキーボード「タイプカバー」についての工夫を、Head of Industrial Design Microsoft Devicesという肩書きを持つラルフ・グリーン氏が語った。例えば、メカニズムとしてシザースイッチ(パンタグラフ式)を採用し、キートップにわずかなくぼみを付けた。

 Microsoftのハードウェア発表イベントでのエモーショナルなデモで知られるデバイス担当副社長、パノス・パネイ氏は、「Surface GoはSurfaceをより多くの人々に届けるための私の夢だ」と語った。

 米GoogleのChromebookを意識したかという質問に対し、パネイ氏は「もちろんだ。iPadももちろん意識している。いつも複数の端末を使っているよ。だが、Surface Goは完全なアプリを使うための製品だ」と答え、Chromebookはストレージ容量が小さいのでネットに接続しないと使えないと指摘した。Surface Goの下位モデルはメモリが4GBでストレージは64GB(eMMC)、上位モデルはメモリが8GBでストレージが128GB(SSD)だ。
2018年07月16日 08時32分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/16/news011.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531701209/


続きを読む

PCの売上が6年ぶりに増加、企業のWindows 10リプレースが主な原因

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/14(土) 22:03:22.60 _USER
えっれindex
幽霊かもしれない。でもPCはまだ生きていた。調査会社のGartnerによると、全世界のパーソナルコンピューターの売上台数〔推測値〕は、2012年以来初めて、前年比で増加した。2018年第二四半期の総発売台数は6210万台で、前年同期比では1.4%の増だ。報告書は“1年前に比べて若干の成長を経験した”、と述べているが、それに続けて、PC業界の回復を宣言するのはまだ早い、とも言っている。

上位5社のPCベンダーがすべて成長を経験した中で、最大の成長率はLenovoの10.5%だが、これは富士通との合弁事業の寄与が大きい。以下、HPが6.1%, Dellが9.5%, Apple 3%, Acer 3.1%となっている。長年停滞していた業界にしては、良い数字だ。しかしこの報告書からはChromebookが抜けている*。Chromebookは近年のノートブックコンピューターにとって脅威だったが、今回業界は、それ抜きでも成長を記録した。〔*: 報告書原文より: Data includes desk-based PCs, notebook PCs and ultramobile premiums(such as Microsoft Surface), but not Chromebooks or iPads.〕

Gartnerによると、好調の主因は企業需要の増加だ。消費者市場は依然としてモバイルの増加が続き、PCは減少が続いている。しかし企業セクターの成長も長くは続かないだろう、と同報告書は言っている。

Gartnerの主席アナリストMikako Kitagawaが報告書中で書いている: “企業分野におけるPCの増勢は、Windows 10への置換がピークを迎える2年後以降は弱まるだろう。PCベンダーは、Windows 10へのアップグレードサイクル終了後の企業市場の成長を維持する方策を、探すべきである”。

消費者の多くは今後も身辺にコンピューターを置き続けると思われるが、しかしWebが第二のデスクトップになって以来、カジュアルユーザーのアップグレードサイクルは年々長くなっている。多くの人びとにとって、家にあるコンピューターはChromeブラウザーが使えればそれで十分なのだ。
https://jp.techcrunch.com/2018/07/14/2018-07-13-sales-of-pcs-just-grew-for-the-first-time-in-six-years/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531573402/


続きを読む

おぉ、Windows 10のメモ帳に大幅なアップデートがやってくる!

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/14(土) 02:42:58.04 _USER
no title

なんだかスゴいぞ…。

このところMicrosoft(マイクロソフト)は、Windows 10のアクセサリで大幅なアップデートを連発しています。昨年はペイントが3Dオブジェクトを新たにサポートし、ユーザーインターフェース(UI)も刷新されました。続いてコマンドプロンプトもアップデートされ、20年ぶり、30年ぶりの大刷新が続いています。そして今回明らかになったのは、メモ帳の大型アップデート!

Windows 10では、MetroのUIにマッチするデザインに変更されました。ほかにも、文字の大きさを自由自在に変更することが可能に。これまでは改行なしの長い文章をメモ帳に入力すると、はてしない横スクロール表示が続いたりしていましたが、折り返し表示がサポートされるようです。また、行番号や列番号で位置表示されるように。検索と置換時の折り返し表示も便利そう。

テキストエディタとして進化を遂げた新しいメモ帳機能、今年10月にリリース予定のWindows 10の次期アップデート「Redstone 5」では間違いなく目玉機能となることでしょう。

なお、The Vergeによると、今回のアップデートでは、Unix/Linuxの改行コードのLFやMacintoshの改行のCRサポートを追加、大きなサイズのファイルを開いたときのパフォーマンス改善など、実用性をアップさせる改良点が目白押しのようです。なお、Windows 10 Insider Previewでは、すでにFastRingで配信がスタートしており、一足早く試用してみることも可能ですよ〜。
2018.07.13 18:00
https://www.gizmodo.jp/2018/07/windows-10memo.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531503778/


続きを読む

新タブレット「Surface Go」発表 シリーズ史上、最薄最軽量 399ドルから

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/07/10(火) 16:38:32.99 _USER
 米Microsoftは7月9日(現地時間)、2in1ノートPC「Surface」シリーズの新製品、「Surface Go」を同社公式ブログで公開した。

no title

新製品「Surface Go」

□軽い、小さい、安い
 Surface Goの主な特徴は、Surfaceシリーズとしては最薄最軽量で価格も廉価に抑えた点。ディスプレイは10型、厚さは8.3ミリで、重量は約522グラム(1.15ポンド)。

 価格は「399ドルから」と廉価に抑えつつも、高精細をうたう「PixelSense Display」や4096段階の筆圧検知ペンに対応。

 CPUには第7世代のモバイル向けCoreプロセッサである「Pentium 4415Y」(2コア1.6GHz)を採用。バッテリー駆動時間は約9時間という。
no title


 USB 3.1 Type-Cポートを1基搭載し、データ転送の他、映像出力や充電も可能。ドックステーションとなる「Surface Connect」のポートや、ヘッドフォンジャック、microSDスロットを備える。

 Wi-FiモデルとLTEモデルを用意。Wi-Fiモデルは日本では数週間以内に先行予約を始め、8月2日に発売する。LTEモデルの発売は「今年中」としている。

 より詳しいスペックなど詳細は、現地時間で7月10日午前6時(日本時間10日午後10時)に発表がある予定。

Introducing Microsoft Surface Go YouTube
https://youtu.be/krRRskzHWFE



no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

依頼があったソース
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32800700Q8A710C1000000/
(スレ立て依頼から)
2018年07月10日 11時59分 公開
ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/10/news082.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1531208312/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ