SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

懐かしい「Windows ファイルマネージャー」がストアに登場 〜Windows 10に対応

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/06(水) 19:37:54.70 _USER
昨年4月にオープンソース化された「Windows ファイルマネージャー」(winfile.exe)が、“Microsoft Store”から入手できるようになった。Windows 10の「Fall Creators Update」以降に対応しており、現在無償でダウンロード可能。

 「Windows ファイルマネージャー」は1990年代初め、「Windows 3.0」とともにリリースされたファイル管理ツール。現在でも使われている「エクスプローラー」の先祖にあたる。

 本ソフトは昨年4月、“GitHub”でソースコードが公開された。2007年11月時点の「Windows NT 4.0」からとった“オリジナル”のバージョンに加え、「Visual Studio 2015」「Visual Studio 2017」でのコンパイル、64bit環境での動作、OLEドラッグ&ドロップのサポート、現代風のショートカットキーをサポートしたバージョンが公開されており、現在でもメンテナンスされている(最新版は1月8日リリースのv10.1.3.0)。
no title

no title

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1168145.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549449474/


続きを読む

Microsoft、「Azure」と「Office 365」が好調で増収増益 Surfaceは39%増

1: ムヒタ ★ 2019/01/31(木) 11:23:00.28 _USER
l_yu_mscloud
 米Microsoftは1月30日(現地時間)、2019年第2四半期(2018年10〜12月期)の決算を発表した。「Azure」や「Office 365」などの商用クラウド事業が好調で、2桁台の増収、黒字転換だった。

 売上高は前年同期比12%増の324億7100万ドル、純利益は84億2000万ドル(1株当たり1.10ドル)だった。前年同期は米連邦政府の税制改革で法人税に関連した多額の費用を計上したため、赤字だった。

 売上高はアナリスト予測の325億1000万ドルを下回ったが、1株当たりの純利益はアナリスト予測の1.09ドルをわずかながら上回った。

 サーバやAzureを扱うIntelligent Cloud部門が今期も好調で、Azure Computeの売上高が前期と同じ76%増だった。部門全体の売上高は20%増の93億8000万ドルだった。

 OfficeやLinkedIn、Dynamicsを扱うProductivity and Business Processes部門の売上高は13%増の101億1000万ドルだった。企業向けOffice 365の売上高が27%増と好調。LinkedInの売上高も30%増と好調だった。コンシューマー向けOffice 365のMAUは前期より80万人増の3330万人。

 Windows、ハードウェア、Xbox、検索のMore Personal Computing部門の売上高は7%増の129億9000万ドルだった。Windowsは不調だったが、Surfaceとゲーミングが好調だった。Surfaceの売上高は前年同期比39%増の18億6000万ドルだった。Windowsの売上高が5%減になったことについて、同社のエイミー・フードCFO(最高財務責任者)は業績発表後の電話会見で、PCメーカーへのプロセッサ供給のタイミングが原因の1つだと語った。

 第3四半期の予測は、売上高が294億〜301億ドルの間とした。
2019年01月31日 09時34分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/31/news076.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548901380/


続きを読む

「Windows 10 19H1」のバージョンは“1903”

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/28(月) 14:10:29.19 _USER
no title

 1月24日(米国時間)にリリースされた「Windows 10 Insider Preview」Build 18323(19H1)では、“winver”コマンドなどで確認できるOSのバージョンが“1809”から“1903”へと変更されている。「Windows 10 19H1」の正式なバージョンナンバーは“1903”となるようだ。大きな問題がなければ、2019年4月に正式リリースされる見込み。

 “バージョン 1903”では新しいライトテーマや分離された“Cortana”と検索ボックスがユーザーインターフェイスに導入される予定。[スタート]画面ではタイルグループをまとめてピン留め解除する機能がサポートされるほか、「エクスプローラー」では新しいアイコンやタイムスタンプの相対時刻表示が追加される。「設定」アプリのデザインも大きく変わり、ホーム画面には画面上部にヘッダーが表示されるようになっている。
no title

「設定」アプリも大きく様変わり

 また、ログインの際にパスワードを必要としない“電話番号アカウント”や、ロック画面で“PIN”を再設定する機能がサポートされるなど、サインイン周りも強化される。信頼できないソフトをシステムとは隔離された実験環境で試せる「Windows Sandbox」などにも注目だ。
パスワード不要? “電話番号”による「Windows 10 19H1」のサインインにチャレンジ - やじうまの杜 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1165651.html
“使い捨て”のアプリ実験環境「Windows Sandbox」を追加 〜「Windows 10 19H1」Build 18305 - 窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1159349.html
no title

信頼できないソフトをシステムとは隔離された実験環境で試せる「Windows Sandbox」

関連リンク
Windows Insider Program | 最新の Windows 機能を入手する
https://insider.windows.com/ja-jp/

2019年1月28日 10:05
窓の杜
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1166703.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548652229/


続きを読む

「Windows 10 Mobile」12月10日にサポート終了「AndroidまたはiOSへの移行をお勧め」とMicrosoft

1: 田杉山脈 ★ 2019/01/20(日) 19:18:53.75 _USER
dvsvdindex
 米MicrosoftはモバイルOS「Windows 10 Mobile」のサポートを2019年12月10日に終了する。1月3日に公開したサポートページのFAQで告知した。

Windows 10 Mobileについては、2017年10月にWindows 10担当副社長(当時)のジョー・ベルフィオーレ氏が「新機能や新端末の開発には注力しない」とツイートしたことで、終了を予告していた。その後、2018年1月にWindows Insider Programチームのシニアプログラムマネジャーであるブランドン・ルブラン氏がプレビュー版の新ビルド提供終了をツイートした。サポート終了については、米Thurrotが18日に最初に報じた。

 12月10日以降、Windows 10 Mobileではセキュリティアップデート、サポート、オンラインテクニカルコンテンツの更新がなくなる。最終日までサポートされるのはバージョン1709。

2020年3月10日までは、デバイスバックアップの作成が可能だ。写真のアップロードや既存のデバイスバックアップを使った端末の復元などの一部のサービスは、少なくとも2020年12月10日までは提供される見込み。

 Microsoftはサポートページで、「ユーザーはサポートされているAndroidまたはiOSデバイスに移行することをお勧めします」としている。「当社はこれらのプラットフォームやデバイスでMicrosoftのモバイルアプリをサポートすることを余儀なくされています」(日本語版原文ママ)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/20/news013.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547979533/


続きを読む

マイクロソフト、WindowsモバイルからiOSやAndroidに乗り換えを推奨

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/01/19(土) 18:20:21.14 BE:323057825-PLT(12000)
gdrdims

マイクロソフトは2019年12月10日にWindows 10 Mobileデバイスのサポートを終了し、セキュリティおよびソフトウェアアップデート更新を停止することを発表しました。

Windows 10 Mobileは、マイクロソフトが開発およびリリースしたモバイル機器向けのOS。
前世代のWindows Phone時代から同社のモバイル事業を率いてきたジョー・ベルフォーレ氏が2017年10月にTwitterにて事実上の終了を宣言していましたが、その後もバグ修正やセキュリティアップデートは続けられていました。
Windows 10 Mobileデバイスのうち、今年12月10日までのサポートが継続されるのはバージョン 1709(2017年10月リリース)がインストールされた機器のみ。
それ以前のバージョン 1703までがサポートされたLumia 640/640 XL等の場合は、今年6月11日に終了となります。

サポートが終了したデバイスはセキュリティ更新プログラムも打ち切られ、外部からの攻撃に晒されるリスクが高まることになります。
そうしたユーザーの懸念に応えて、マイクロソフトは「Windows 10 Mobileサポート終了に関するFAQ」を公開しています。

このうちサポート終了後に顧客がすべきこととして、マイクロソフトはiOSやAndroidデバイスに乗り換えるよう勧めています。

自社製品を出していないOSを推奨するとは驚きですが、同社いわく「地球上のすべての人とすべての組織がより多くのことを達成できるようにするという我が社のミッションステートメント(社会的使命を明文化したもの)は、
これらのプラットフォームおよびデバイス上でモバイルアプリをサポートすることを義務づけているのです」とのことです。

マイクロソフト、自社モバイルOSからiOSやAndroidに乗り換えを推奨。「全ての人や組織を助けることが使命」
https://japanese.engadget.com/2019/01/19/os-ios-android/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1547889621/


続きを読む

「18時です。パソコンを強制終了します」 働き方改革で時間外の業務を強制停止に …唐津市

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2019/01/19(土) 09:46:12.63 ● BE:601381941-PLT(13121)
AS20190116003358_commL

市職員PC、18時に強制オフ 16時までに残業申請を

佐賀県唐津市は1月から、職員が事前に時間外勤務の申告をしなかった場合、その職員の業務用パソコンを
午後6時にシャットダウンする運用を始めた。時間外勤務手当の対象になる副課長以下の約960人が対象。
「働き方改革」の一環で、県内の自治体では初めてとみられるという。

市職員課によると、職員の勤務時間は午前8時半から午後5時15分まで(保育所、近代図書館などシフト制職場をのぞく)。
時間外勤務をする職員は午後4時までにシステム上で事前申請し、課長が午後4時半に決裁する。

事前申請をしなかった場合、午後5時半に、パソコンの画面に「まもなく(18時00分)端末がシャットダウンします」
「直ちに作業している内容の保存を行い、ソフトウェアを終了してください」といった内容の予告メッセージが現れる。
午後6時には画面が消える。

1月4日に運用を始めてから、毎日50〜100件程度の事前申請が寄せられているという。職員課で集約し、時間外でも
その職員のパソコンを使えるようにサーバーを設定している。1月は移行期間のため、事前申請なしでシャットダウンされた
後でもそのまま再起動できるが、本格実施される2月以降は再起動するのに緊急認証カードが必要になる。

大阪府寝屋川市の取り組みを参考にした。唐津市は時間外勤務手当として、2016年度に3億4912万円
(1人あたり約28万7千円)、17年度に3億1585万円(同約25万7千円)を支給している。

職員課の担当者は「事前申請の徹底により、上司が職員の働き方を把握できる。業務を見直し、効率化を進めて
負担軽減や、最終的には人件費の抑制につなげたい」と話している。(渡辺松雄)

https://www.asahi.com/articles/ASM1J4QYDM1JTTHB003.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1547858772/


続きを読む

Windowsに未解決の脆弱性報告、任意のコード実行の恐れ

1: ムヒタ ★ 2019/01/16(水) 11:27:07.10 _USER
vki_win01
 米MicrosoftのWindowsに未解決の脆弱性が報告され、セキュリティ企業Trend Micro傘下のZero Day Initiative(ZDI)と発見者が1月13日付で情報を公開した。

 それによると、今回見つかった脆弱性は、連絡先情報の保存や交換に使われるVCardファイル(VCF)の処理に起因する。VCardファイルに細工を施したデータを仕込んで、Windowsで危険なハイパーリンクを表示させることが可能とされ、リモートの攻撃者がこの問題を突いて任意のコードを実行できてしまう恐れがある。

 ただし、悪用するためには標的とする相手に不正なページを見させたり、不正なファイルを開かせたりする必要がある。

 ZDIでは2018年8月にこの問題をMicrosoftに報告し、同社も報告の内容を確認して、当初は2019年1月8日の月例セキュリティ更新プログラムで対応すると説明していた。しかしその後、この問題の修正はWindowsの次期バージョンに持ち越すという連絡があったことから、ZDIと研究者が情報の公開に踏み切った。

 危険度は、共通脆弱性評価システム(CVSS)で「7.8」(最高値は10.0)と評価している。

 この問題を発見した研究者のジョン・ペイジ氏は、自身のWebサイトでコンセプト実証コードを公開した。
2019年01月16日 10時25分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/16/news082.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547605627/


続きを読む

Windows 7はサポート終了時でも約1750万台が残存か--中小企業の対応が焦点

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/01/15(火) 15:26:08.80 _USER
 日本マイクロソフト代表取締役社長の平野卓也氏が1月15日、都内で記者会見を行い、2019〜2020年に延長サポート終了(EOS)を迎えるWindows Server 2008/同R2やWindows 7などのユーザーの移行見通しなどについて言及した。最新の予測では、EOS時点でWindows Server 2008(R2を含む)が約17万3800台、Windows 7が約1750万5000台残存すると見られている。

no title

記者会見した日本マイクロソフト代表取締役社長の平野卓也氏

 EOSの期限は、Windows Server 2008が7月9日、Windows 7とExchange Server 2008/2010が2020年1月14日、Office 2010およびSharePoint Server 2010、Project Server 2010が同10月13日となる。EOS後は原則として、サポート窓口での対応が行われず、セキュリティ更新プログラムも提供されなくなる。「セキュリティ脅威に無防備となり、社会の変化にも対応がしづらくなる」(平野氏)と警鐘を鳴らす。

 2018年12月時点のMM総研の調査結果に基づくマイクロソフトの推計では、稼働中のWindows Server 2008は約47万5300台、Windows 7は法人が約1581万2000台、個人が約1107万7000台。平野氏は、Windows Server 2008についてはMicrosoft Azureを中心とするクラウド環境への移行、Windows 7については「Device as a Service(DaaS)」とMicrosoft 365サービスを組み合わせたパートナー各社との共同施策などを通じて、ユーザーの移行対応を促す方針を示した。

no title

Windows Server 2008の稼働予測(日本マイクロソフト資料)

 Windows Server 2008に関しては、現在ユーザーの52%が業務アプリケーションを稼働させるための部門サーバ、25%がファイルサーバ、14%がメールサーバ、9%が組み込み機器として利用されているという。メールサーバ用途のEOS対応では主にOffice 365への移行を推進しており、平野氏は、部門サーバとファイルサーバ用途の計77%の移行が焦点になると説明した。

 部門サーバ用途向けには、Azure環境への移行ツールの提供やパートナーらによるPaaS/SaaSへの移行支援が重点施策となっている。ファイルサーバ用途の移行支援策では、オンプレミスのファイルサーバのデータを専用デバイスに格納してAzureのデータセンターへ移送する「Azure Databox」サービスと、オンプレミスにあるファイルとAzureのファイルを同期させる「Azure File Sync」サービスの2つを推進する。

no title

Windows 7の稼働予測(日本マイクロソフト資料)

>>2 へ続く

2019年01月15日 14時41分
ZDNet Japan
https://japan.zdnet.com/article/35131276/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547533568/


続きを読む

「Windows 7」サポート終了まであと1年 MS「早くWindows10にしろ!」

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2019/01/12(土) 06:03:23.47 BE:837857943-PLT(16930)

no title


「Windows 7」「Windows Server 2008 R2/2008」の延長サポートが2020年1月14日で終了するまで、約1年となった。
延長サポート期間が終了すると、脆弱性が発見されても修正プログラムが提供されなくなるため、OSを速やかに移行する必要がある。
なお、Windows 7の後には、「Windows 8.1」が2023年1月10日、「Windows 10」が2025年10月14日で、それぞれ延長サポートが終了する
予定であることが公表されている。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1164351.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1547240603/


続きを読む

Windows 10プレビュー、“Cドライブ”への圧迫を軽減する機能

1: 田杉山脈 ★ 2019/01/11(金) 01:55:43.74 _USER BE:283927543-2BP(1000)
20190110-00000084-impress-000-1-view

米Microsoftは1月9日(現地時間)、Windows 10 Insider Preview「Build 18312(19H1)」をFast ringで公開した。

 Microsoftは次期大型アップデートの19H1において、ストレージの空き容量の管理方法にいくつか変更を施している最中とのこと。そのなかで、ストレージの予約領域を通して、アップデート/アプリ/一時ファイル/システムキャッシュを配置する機能を実装させ、貴重なディスクスペースの確保しつつ、メインドライブの容量不足によりOSの動作に支障を来たすといった事態を回避する。

 予約領域の容量は7GBほどが予定されているようだが、使用方法によって変更される模様。また、Cドライブが64GBしかないような余裕のないPCで、十分な空き容量がないような状態では、別のドライブの空き領域が自動的に使われる。さらに、接続されているドライブが1つだけで、Windows Updateなどにおいてアップデートファイルをインストール/展開するだけの十分な容量がない場合には、Windows側がUSBメモリなどの外部ストレージを使用した一時ファイルの使用を提案するという。

 同機能は19H1がプリインストールされるか、クリーンインストールされるPCに自動的に導入される予定だが、現行のInsider Previewでも、リリース文のリンクからたどれるフィードバック Hubのクエストに参加することで、次回のビルド提供時に利用できるようになる。なお、今回のBuild 18312を適用していない状態でクエストを終わらせていれば、Build 18312適用時に有効化される。

 また、「設定→更新とセキュリティ」にある「回復」のUIを改善し、構成の異なるデバイスでも一貫性のある操作性を実現しつつ、少しのクリック数で完了できるように変更。さらに、WSL(Windows Subsystem for Linux)を使いやすくするための新しいコマンドラインオプションを追加。このほか、FLS(Fiber Local Storage)のスロット数の制限を緩和し、DAW(Digital Audio Workstations)でプラグインが利用できなくなる問題にも対処している。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1163979.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1547139343/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ