SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

Microsoft、Officeをメジャーアップデートへ――Fluentデザイン言語を全面的に採用

1: ムヒタ ★ 2018/06/14(木) 11:48:10.28 _USER
今日(米国時間6/13)、MicrosoftはOfficeアプリ(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)の新しいユーザーインターフェイスを発表した。これは同社が昨年採用したFluent Design Systemに基づくルック&フィールを備える。このUIデザインはデスクトップ版、Office.com上のオンライン版双方に適用され、この夏中に世界のユーザー向けに公開される予定だ。

Fluent Design Systemへの切り替えはGoogleがUIの基本としてMaterial Designを採用したことと比較できるだろう。Microsoftはデザイン・システムの一新に加えてOfficeのUIに3つの大きな変更を加える。

いちばん目立つのは新しいデザインになったリボンが大幅いシンプルになっていることだ。Microsoftはこのアップデートを全ユーザー向けに導入するにあたって非常に慎重に動いている。Office 2007でリボンがに導入された当初は賛否の議論が起きたものの、多くのユーザーはすぐに慣れて常時利用するようになり、MicrosoftはWindowsのオンライン・アプリすべてにリボンの導入を拡大した。今回のアップデートでMicrosoft現行の最大3行のリボンを1行に圧縮し、もっとも重要なオプションが表示されるようにした。従来の表示を好むユーザーはいつでも3行表示に拡大することができる。
https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2018/06/Simplified-Ribbon.png

こうしたUIの変更は常に反発を伴うのでMicrosoftは新しいリボンをまずウェブ版Wordアプリに導入する。7月に入るとOffice Insiderプログラムの参加者はOutlook for Windowsでも新しいリボンを目にすることになるだろう。Microsoftは現在はまだ全面的なロールアウトを控えている。

Microsoftは今日の声明で次のように述べている。

WindowsのWord、Excel、PowerPointはつねにもっとも機能豊富なアプリケーションであり、そうした多様な機能を必要とするユーザーに親しまれてきた。しかし〔機能豊富なだけに〕ユーザーは多くのオプションをいわば筋肉記憶として身につけねばならなかった。このUIの変更はユーザーの作業効率に多大の影響を与えるおそれがあるので、われわれはアップデートにあたって特に慎重を期している。これらの〔Office〕ソフトに新しいシンプル版のリボンを導入するにはいましばらくかかる。Microsoftは全面的導入に先立って、さらに広い範囲のユーザーからのフィードバックが必要だと考えている。また導入された場合でも、ユーザーはワンクリックで従来のリボンのデザインにロールバックできるようにする予定だ。

これ以外のビジュアル面でのアップデートには新しい色彩とアイコンのセットの導入がある。リボンの場合とは異なり、こちらはすべてのOfficeアプリにすぐ導入されるはずだ。Office.comから利用するウェブ版のWordアプリが新デザインの第1号となる。その後、今月中にInsider版のWord、Excel、PowerPointに登場する。Outlook for Windowsは7月、Outlook for Macは8月にそれぞれ導入される。
no title


3つ目の大きな変更は、ビジュアル面より機能面に関係がある。Microsoftがゼロ・クエリ検索(zero query search)と呼ぶAIとMicrosoft Graphを利用した検索機能で、検索ボックスにカーソルを乗せるだけで自動的に有用な検索候補が表示される。企業ユーザーの場合、この機能はすで Office.com、SharePoint Online、Outlookのモバイル・アプリで有効になっている。ウェブ版Outlookへの導入は8月の予定。
no title

2018年6月14日
https://jp.techcrunch.com/2018/06/14/2018-06-13-microsoft-gives-office-a-refreshed-look-and-feel/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528944490/


続きを読む

マイクロソフト、設計図共有サイトを8200億円で買収

1: ノチラ ★ 2018/06/05(火) 01:05:33.48 _USER
でindex
米マイクロソフト(MS)は4日、ソフト開発者が設計図を公開・共有できるサイトを運営する米ギットハブを75億ドル(約8200億円)で買収すると発表した。MSは世界で約2800万人が利用するギットハブを取り込むことで、ソフト開発者向けのクラウドサービス事業を強化する。

 ギットハブは2008年の設立。スマートフォンの普及などとともに、無償公開し自由に改良できる「オープンソースソフトウエア」の開発や普及の基盤になってきた。開発者同士が情報をやりとりするソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の機能も果たしている。

 買収手続きは米国や欧州の独禁当局の認可を前提に18年中に完了する予定で、ギットハブの新たな最高経営責任者(CEO)にはMS副社長のナット・フリードマン氏が就任する。MSは買収後もギットハブの利用者が米アマゾンウェブサービスや米グーグルなどのクラウドサービスも利用できるようにするなど、ギットハブの経営の独立性は維持するという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3136661005062018FF8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528128333/


続きを読む

マイクロソフト、GitHub買収で合意か

1: ノチラ ★ 2018/06/04(月) 12:40:07.74 _USER
あssindex
MicrosoftがGitHubを買収することで合意したという。Bloombergが米国時間6月3日に報じた。GitHubはソフトウェアコードの保存や共有が可能なウェブサービスだ。

 買収金額は明らかにされていない。GitHubは2015年に20億ドルと評価されていた。Bloombergによると、この買収は早ければ4日にも発表される可能性があるいう。

 GitHubは約1年前から新最高経営責任者(CEO)を探しており、まだ自社のサービスから利益を上げることができていないという。2008年に創業した同社は、2700万人のソフトウェア開発者に利用されており、8000万件のコードリポジトリを抱えている。

 Business Insiderは1日、両社が交渉を行っていると報じていた。

 Microsoftはコメントを控えた。GitHub関係者にもコメントを求めたが、すぐに回答を得ることはできなかった。

 MicrosoftとGitHubは以前より継続的な提携関係にあり、最近では「Visual Studio App Center」とGitHubの連携などが発表された。

 Microsoftは開発者会議「Build 2018」で、同社が今や1万7000人を超えるコントリビュータ―を擁する、GitHub最大のオープンソースコミュニティを抱えていると述べていた。
https://japan.cnet.com/article/35120186/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1528083607/


続きを読む

Microsoftが新型iPad対抗の安価なSurfaceタブレットを準備中か?

1: ムヒタ ★ 2018/05/17(木) 11:27:23.24 _USER
dvvindex
Microsoftが2018年後半にも安価なSurfaceタブレットをリリースする見込みだとBloombergが報じました。329ドル(日本では税別3万78000円)からと安価な価格が高い評価を受けている新型「iPad」(第6世代iPad)に対抗するモデルとみられています。

Bloombergによると、Microsoftが開発中の新型Surfaceタブレット端末は、10インチサイズのディスプレイを持つ廉価版のSurface。これまでのSurface Proシリーズが12インチディスプレイを搭載するのに対して、新型Surfaceはより素のiPadに近いサイズで、重量は従来モデルよりも20%軽くなる見込みだとのこと。デザインも、現行のSurface Proシリーズのような角ばったものではなく、丸みを持たせたものになると述べています。

Microsoftが新型Surfaceを準備する大きな理由は、Appleの新型iPadが低価格にもかかわらずApple Penに対応するなどしたことで市場から好評を得ているから。市場調査会社IDCによると、Microsoftは2018年第1四半期に72万5000万枚のSurfaceタブレットを販売しましたが、前年同期比では1.8%増にとどまっています。同期間にAppleが販売したiPadは9100万枚なので、タブレットPC市場でMicrosoftはAppleに大きく水をあけられており、これを挽回するべく登場するのが新型Surfaceというわけです。

考え方によっては、お蔵入りとなった小画面Surface「Surface Mini」が再び日の目を浴びるともいえそうです。

この新型iPad対抗モデルとなる廉価版Surfaceは400ドル(約4万4000円)前後の価格になるとBloombergは予想しています。現行のSurface Proシリーズが799ドル(8万8000円)からであることを考えると、極めて安価なSurfaceタブレットとして市場に大きなインパクトを与える可能性があります。

かつて、Surface RTシリーズで廉価版Surfaceをリリースして大失敗した経験があるMicrosoftが新しい廉価版Surfaceをどのような仕様にしてくるのか現時点では不明です。従来のSurfaceシリーズ同様にIntel CPUの採用の可能性が高そうですが、ARM版Windowsという可能性も捨てきれません。

廉価版Surfaceの失敗を受けて高性能&高価格のSurface Proシリーズに傾倒していった結果、ハードウェア製品でも成功したMicrosoftを見て、AppleがiPad Proシリーズを開発したという指摘があります。安価で高性能なタブレットで成功するAppleを見て、今度はMicrosoftが廉価版Surfaceを投入するのであれば、安価な価格に似合わない性能を期待したいところです。
2018年05月17日 09時53分00秒
https://gigazine.net/news/20180517-low-cost-surface-tab/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1526524043/


続きを読む

ビル・ゲイツ氏、ビットコイン投資は“大馬鹿理論”によるもの

1: ノチラ ★ 2018/05/09(水) 23:16:51.34 _USER
 an_gates_01
資産クラスとしてビットコインは何も生み出さないので、その価値が上がることを期待すべきではない。ビットコインへの投資は生粋の“大馬鹿理論”によるものだ――米Microsoftの共同創設者であるビル・ゲイツ氏は5月7日、米CNBCのインタビューに応じ、ビットコインに対する否定的な見解を示した。

もっと容易にできるのであれば、ビットコインを空売りするだろう――と、ゲイツ氏は言う。

 また、ビットコインとICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)は完全に狂気じみた投機的なものだとし、誕生日にもらったビットコインも数年後には売却してしまったと語った。

 一方で「ブロックチェーンは2者間のトランザクションの安全で永続的な記録を迅速に作成することで、銀行のような第三者の介入の必要性を排除する。ビットコインはブロックチェーン技術の最初のアプリケーションであり、企業はブロックチェーンをサプライチェーンマネジメントや貿易、その他の分野へ応用する方法を模索している」と、ブロックチェーン技術は高く評価した。

 ゲイツ氏は先週末、投資家のウォーレン・バフェット氏が会長兼CEO(最高経営責任者)を務める米投資ファンドBerkshire Hathawayの株主総会に出席。その株主総会の場で、バフェット氏もビットコインを「殺鼠剤を2乗したようなもの」と酷評し注目を集めていた。
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/08/news095.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525875411/


続きを読む

もはやOSは収益源ではない Microsoftが目指す「脱」OSとは

1: ノチラ ★ 2018/05/04(金) 22:09:08.43 _USER
ddindex
最近、驚いたニュースの1つといえば、これでした。

Microsoft、LinuxベースのセキュアなIoTイニシアチブ「Azure Sphere」
 セキュアCPU、OS、クラウドサービスを一体化したIoTソリューション、というのはもちろん大きなニュースですが、驚いたのは、OSが「Linux」ベースだということです。「Armチップ+Linux+クラウド」なんて、GoogleかAmazonがやりそうなことではないですか。普通に考えれば、OSは「Windows」でしょう。記事でもその点が強調されています。

Microsoftはかつて、IoTでもWindowsを推進していた。同社がカスタムLinuxカーネルを配布するのはこれが初

 もっとも、ここ数年のMicrosoftしか知らない人は、それほど驚かないかもしれません。Microsoftが歴史的ともいえる大転換をしたのは、4年ほど前のことです。

マイクロソフトがLinuxを「大好き」になった理由とは?

「相性の良くないもの」の代名詞ともいえたLinuxとWindowsの歴史的な和解(Microsoftの一方的な“心変わり”ともいえます)でした。CEOが変わっていなければ、こうはならなかったでしょうね。何しろ前任のバルマー氏は「Linuxはガンだ」と言っていたのですから。

もはやOSは収益源ではない
 Linuxの採用には驚きましたが、ここ数年、MicrosoftはそれまでのようなOSを中心としたビジネスモデルからの脱却を目指して、着実に手を打っています。それが「Windows as a Service」です。

「Windows 10」が“最後のWindows”ってどういう意味?
 調べてみると、この話題でブログを書いている人がいました。

脱OSに向かうMicrosoftのOSは、次のGoogleやAppleに向かうはずが……
 2年前にこの状況を見通していたのはすごいですね。

マイクロソフト自身がOS本体からの収益より、OSをポータルとした収益モデルに移行し始めたことを意味する。簡単にいえばOSなど100円でも0円でも実は構わない状態に向けて準備を始めたのだ

「何が何でもWindows」から「できればWindowsも」へ
結局、選択肢が増え、技術もフラット化している現代において、「プロプライエタリな環境へのロックインはもはや機能しない」ということでしょう。

 これはiPhoneが勢いを増してきた10年ほど前から起こっていたことで、Microsoftもいろいろと手を打ってきたわけですが、根本的に会社を変えるためにはCEOが交代するしかなかったわけです。バルマー氏の英断といえましょう。

Microsoftは、Windowsをメインとしながらも、幅広い技術をサポートするソリューションを提供し、そこから収益を得るモデルを確立しつつあります。その中で、「Windowsを選んでもらえれば幸せですが、Linuxも他のOSも、分け隔てなくサポートしますよ。なんなら、うちから提供しましょうか?」という姿勢に転じたのでしょう。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1805/02/news051.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525439348/


続きを読む

Win10の4月末更新でChromeがフリーズする不具合、5月8日の更新で対応。MSは一時対処法も紹介

1: ノチラ ★ 2018/05/04(金) 17:04:44.27 _USER
rrer
マイクロソフトが4月末にリリースした、Windows 10の大型アップデート『Windows 10 April 2018 Update』。今回同社が、アップデート後にGoogle Chromeや音声アシスタントCortanaなど、特定のアプリケーションを使用している際に、一部の端末がフリーズないしハングアップする問題を認識していると明らかにしました。

この問題の対応は、5月8日(米国時間)に予定している次期アップデートで解消すべく、取り組んでいるとのこと。また、現時点で端末がフリーズした場合に、再起動することなくWindowsを復旧する手順を公開。『Win+Ctrl+Shift+B』という、興味深いショートカットキーに関しても触れられています。

Chromeなどがフリーズする現象については、米インターネット掲示板のRedditなどで報告が確認できます。同掲示板の投稿者によると、Ctrl+Alt+Delも動作せず、電源ボタンを押してスリープさせ、さらにスリープ解除するしか解決方法がないとのことで、相応に深刻なもの。

これに対してマイクロソフトは、トラブルシューティング手順を公開。フリーズが生じた際には以下の手順を実行してほしいと指示しています。

画面をスリープ状態にして、キーボードが接続されている場合は「Windows+Ctrl+Shift+B」キーを押す。タブレットの場合は、2秒以内に3回、ボリュームアップとダウン両方のボタンを同時押し。Windowsが応答すると、短いビープ音が鳴り、画面が点滅ないし暗くなります
ラップトップを使用している場合は、蓋を閉じて開けます

1.のWin+Ctrl+Shift+Bはほとんど馴染みのないキー操作ですが、先のRedditツリーによると「グラフィックドライバーをリセットするコマンド」と解説されています。歴戦のEngadget読者ならばピンと来たと思いますが、このキーコンビネーションは本件以外の画面回りのトラブルでも応用範囲が広そうです。

ある程度のトラブルは発生するであろうWindowsの大型アップデートとはいえ、世界最大のシェアを誇るWebブラウザのChromeでこのような問題が起きるのはちょっと驚きです。

そもそもApril(4月)Updateは直前になりリリースが延期された結果4月末になった、という報道も出ており、その原因は高い確率でブルースクリーンを引き起こすBSOD(Blue Screen of Death)の不具合対策が原因 との情報も出ていました。

そもそもWindows 10ではアップデートをより積極的に導入する方針となっていることから、アップデート後のトラブルは抑えて欲しいところ。マイクロソフトにあっては、ユーザーが安心してアップグレードできるよう、品質管理に対してより厳しい基準を適用してほしいところです。
https://japanese.engadget.com/2018/05/04/win10-4-chrome-5-8-ms/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1525421084/


続きを読む

Win95がSSD化で爆速に! 「当時この速度だったら」と懐かしむ声

1: 自治郎 ★ 2018/05/02(水) 22:12:35.74 _USER9
かつて、パソコンのマシンパワーは現在ほど充実していなかった。20年以上前にWindows 95が発売された頃は、CPUは75MHzでメモリは16MB、HDD容量は810MBといった、いまでは低スペックとされるパソコンが現役バリバリだったのだ。

このほど、そんなマシンのHDDをSSD化したらどうなるのか…? そんな疑問を実行に移したあるTwitterユーザーの報告がネット上で大きな話題に。

このユーザーは、”SSD化したWindows95マシン当時では考えられなかった速度で起動するw”というテキストとともに、1998年に標準価格78万円で販売されたとという「東芝 TECRA 780DVD/8.1」をSSDに換装した動画を公開。

10秒程度でWindows 95が立ち上がる様子に驚く人が多く、1万5000件以上のリツイートと2万件以上のいいねが集まっていた。

 “ジー…ジッジッ!ジー…ジッジッ!と内部の音を聞きながら待ってたのが懐かしいですね!”
 “当時この速度だったらどんなに幸せだったか(´;ω;`)”
 “電源押してから歯を磨きに行って戻ってもまだ付いてなかった頃を思い出す”

と当時を懐かしむ声や、

 “最近のスペックのパソコンでWindows95とか2000とか動かしたら爆速なんだろうなみたいな話がことあるたびにでてきてはいましたが、実際に検証に至った結果を見るのは初めてです”

と驚く声、

 “初めて買ったラップトップコンピュータはMac PowerBook 520cでした。インターネットはモデム接続、メモリーを24MB増設して!確か、クロック周波数は100Mhzも無かったと思います。HDDもMBだったかな。いま使っているiPhone7の高性能な事!! 時代ですねぇ”
 “当時のシステム開発者が求めていた理想のパーツなんだねSSD”

と技術の進歩を改めて実感する人など、リアクションは様々だ。また起動があまりにも早いため、

 “途中カットしてません?(笑)編集で早くしてるように見えました”

と冗談交じりに動画の編集を疑う声もあったが、ツイート主は否定。「気になるようでしたら撮り直しますよ」と返信する一幕もあった。

いまから20年後には、どこまで技術が発展しているのだろうか。(飛鳥 進)

2018.05.02 (関連リンクに動画あり)
http://www.standby-media.jp/case-file/173244

SSD化したWindows 95
75index
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1525266755/


続きを読む

Windows 10大型アップデート「April 2018 Update」発表 4月30日に配信開始

1: あられお菓子 ★ 2018/04/28(土) 06:57:46.10 _USER
ITmedia PC USER 2018年04月28日 01時00分 公開
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1804/28/news016.html
作業をさかのぼって再開できる「タイムライン」。Microsoftアカウントにサインインすれば、
iOSやAndroidデバイスでの作業をWindows 10搭載PCで引き継ぐことも可能だ
no title

入力予測で「住所」(左)と「りんな」(右)を使用した例
no title



 米Microsoftは4月27日(米国時間、以下同)、Windows 10の大型アップデート「April 2018 Update」を発表した。
2018年4月30日に無料ダウンロードで配信を開始する。

 これまで「Redstone 4(RS4)、バージョン1803」と呼ばれてきたWindows 10の大型アップデート。
同社はWindows 10大型アップデートの提供時期を3月ごろと9月ごろ(一般ユーザー向けの配信は4月ごろと10月ごろ)
の年2回に固定しており、今回のApril 2018 Updateは2017年10月17日に一般ユーザー向け配信を開始した
「Fall Creators Update」に続く大型アップデートとなる。

 April 2018 Updateは一般ユーザー向け配信を前に発覚したバグ問題により、一部では4月中の配信開始が
危ぶまれていたが、何とか4月末に間に合った格好だ。

 同社によると、クリエイティビティの発揮をテーマに「Creators Update」と名付けた過去2回の
大型アップデートに対して、April 2018 Updateは「プライベートや仕事において、ユーザーが大切にしている
ことのために使える貴重な“時間”をさらに作り出す」ことに注力したという。


時間を有効に使うための「タイムライン」と「集中モード」

 それを象徴する新機能が「タイムライン(Timeline)」だ。Windows 10搭載PCで行った作業を当日、先週、数週間前など、
過去30日までさかのぼって時系列でたどって再開できる。また、Microsoftアカウントにサインインした状態であれば、
iOSやAndroidデバイスからEdgeやOffice 365で行った作業を、Windows 10搭載PCに切り替えて再開することも可能だ。

 これにより、「ドキュメントを作成したのに、メールやフォルダをいくら探しても見つからない」や、
「以前に見たお気に入りの写真や動画をどこに保存したのか覚えていない」といった探し物にかける時間を
大幅に削減できるという。もともとはFall Creators Updateに搭載される予定で搭載が間に合わなかった機能だが、
April 2018 Updateでようやく使えるようになった。

 ユニークな新機能としては、作業の集中を阻害しがちなSNSの利用を抑制する「集中モード(Focus Assist)」も搭載する。
これをオンにすると、SNSの通知が止まるので作業に集中できるという。オフにすると、オンにしている間に
届いていた通知、メール、最新情報などがまとめて表示される。集中モードはタイマーで自動的にオンになるよう
設定できる他、特定の人からの電話やメールは受け付けるといった設定も可能だ。


(中略)


日本ならではの新機能

 日本語固有の機能としては、元号の扱いをアップデートした。新元号となる2019年5月に先立ち、各元号の期間を
保持しているレジストリが更新される。現時点で新元号の名称が不明なので、今回更新されるレジストリでは
2019年5月1日以降の年号を「??」として扱う。

 また、日本語IMEの予測入力候補に「住所」と、日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」の候補を
表示できるようになった。デフォルトではオフになっており、設定の変更により利用できる。


その他のアップデートも

 この他にも、法人向けのシンプルなIT管理ツールや、写真、3D、Windows Mixed Reality(MR)を使った新機能、
オンラインの安全強化、PCゲーム体験の向上といったアップデートが含まれる。


(全文は記事元参照)

関連記事
Windows 10 April Update 2018として次期アップデートが4月30日公開

PC Watch 2018年4月28日 02:25
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1119750.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524866266/


続きを読む

Windows 10の大型アップデート、ブルースクリーン発生で延期に

1: ノチラ ★ 2018/04/21(土) 16:23:42.16 _USER
fssindex
Windows 10の今春の機能更新プログラム(大型アップグレード)のリリースが延期された。米Microsoftはどの程度先送りになるか明確にしておらず、直前のプレビュー版に一部のパソコンをクラッシュさせるバグが潜んでいたことなどを理由として挙げている。

MicrosoftでWindows Insider Programを統括するDona Sarkar氏は2018年4月16日、Windows 10 Insider PreviewのBuild 17134を「Fast」リングにリリースしたことを公式ブログ記事で発表した。この中で同氏は、1つ前のBuild 17133で見つかった問題について次のように言及している。「(Microsoftが発見した)信頼性の問題により、特定の状況で『BSOD』の発生確率が高まる恐れがあった」

 BSODとは、Windowsで悪名をとどろかせたブルースクリーン(Blue Screen of Death)のことだ。パソコンがクラッシュした時に表示される青いエラー画面である。

 Sarkar氏は、Build 17133の不具合に対処する累積的な更新プログラムを開発するのではなく、その修正内容を含む新しいビルドをリリースすることに決めたと説明している。Build 17133は3月27日に登場し、Microsoftは一時、このビルドを4月9日までに「Release Preview」リングで全員に配信すると発表していた。通常、Release Previewの登場は、正式版レベルのプログラムの完成が間近に迫ったことを意味する。
以下ソース
http://tech.nikkeibp.co.jp/it/atcl/idg/14/481542/042000495/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1524295422/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ