SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

ビル・ゲイツ氏、トランプ次期大統領支持を表明「トランプは第二のJFKになり得る」

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/14(水) 22:43:27.56 _USER
201612140814230000w
http://business.newsln.jp/news/201612140814230000.html

Microsoft創業者で世界一の資産家ともなるビル・ゲイツ氏は13日、CNBCのニュース番組「Squawk Box」に出
演して「トランプ氏のメッセージは誤解されている面も多いが、ケネディー大統領が宇宙開発を通じて
アメリカのリードを確立したように、トランプ氏が進めようとしている規制撤廃により、技術革新(イノベーション)が進み、
それによりアメリカのリードがより一層堅固なものとなる可能性がある」と述べ、トランプ次期大統領の政作に期待をかけていると考え方を示した。

ビル・ゲイツ氏はまた、大統領選挙後、トランプ次期大統領との間で技術革新が果たすパワーについて、意見交換を行ったことも明らかにした。

IT起業家の多くは、民主党支持者で占められており、これまで有名IT起業家のなかでトランプ指示を明確化させた人物は、
Facebook取締役のピーター・ティール(Peter Thiel)氏とOculus Rift創業者のパルマー・ラッキー(Palmer Luckey)氏を除いてはいなかった。

ただし、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏がトランプ政権入りに関心を寄せているといった報道の成されており、
来月20日に迫った就任式を控えて、大物IT起業家の中でも徐々に、トランプ次期大統領に歩み寄る動きも生じてきている。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1481723007/


続きを読む

マイクロソフト、最新のWindows 10リリースで「コマンドプロンプト」を削除

1: 海江田三郎 ★ 2016/12/08(木) 09:42:07.26 _USER
index
http://business.newsln.jp/news/201612072350480000.html

Microsoftが最新のWindows 10のリリースからMS DOSコマンドを打つことが可能な「コマンドプロンプト(command prompt)」を削除したことが判った。

Microsftは既に先月、「Windows 10 Insider Preview Build 14971 for PC」からコマンドプロンプトが無くなり、
代わって「パワーシェル(PowerShell)」が提供となることを公式ブログを通じて明らかにしていた。
コマンドプロンプトは、1981年にリリースされたIBM PCのOS用コマンドラインインターフェースの機能をそのまま、
Windowsに搭載したもので、これまで実に35年もの歴史を歩んできたものとなる。
1981年に最初のDOSがリリースされた時、主要な開発メンバーだったビル・ゲイツはまだ26歳だった。
しかし、その後、35年が経過し、当時はまだ若者だったビル・ゲイツも今では、
61歳となると同時に、DOS->MS-DOS->Windowsに至る成功で資産総額817億ドル(約9兆3100億円)にも上る世界一の資産家にまで登りつめた。
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1481157727/


続きを読む

Windows 10がChromeとFirefoxユーザーに「Edgeの方が安全」という通知を表示していることが判明

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/24(木) 12:52:30.46 _USER
http://gigazine.net/news/20161124-microsoft-edge-safer-chrome-firefox/

no title

バッテリー消費テストやムービー再生適正テストなどを行い優位性を示してきたブラウザのEdgeを開発するMicrosoftが、
今度はChromeとFirefoxユーザーに「Edgeの方が安全」という通知を表示していることが判明しました。

redditのユーザーが投稿した内容によれば、Windows 10でFirefoxを起動する際にEdgeのアイコン上に
「MicrosoftのEdgeはFirefoxより安全です。21%多くマルウェアをブロックします」という旨のメッセージが表示されたとのこと。
このメッセージに関してIT関連メディアのVentureBeatがMicrosoftに問い合わせたところ、
Microsoftは公式のキャンペーンであることを認めました。なお、この通知はChromeを使う際にも同様に表示されます。


Microsoftは、過去にもPCのバッテリーアイコンに「Chromeはよりバッテリー消費が激しいブラウザ」と
通知を表示したことがあり、一度はFirefoxに抜かれてしまったブラウザのシェアを取り戻そうとEdgeの性能を前面に押し出してアピールを続けています。

なお、Edgeの安全性をうたう通知は、PCのシステム設定から表示をオフにできます。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1479959550/


続きを読む

マイクロソフト、ARMプロセッサー上で稼働するx86エミュレーターを開発

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/22(火) 19:59:21.87 _USER
016gao_sunset
http://business.newsln.jp/news/201611221041550000.html

Microsoftがスマートフォンなどのモバイルデバイスのほとんど使用されているARMプロセッサー上で
稼働するx86エミュレーターを開発を進めていることが新しく提供が開始された「Windows SDK & MobileEmulator Insider Preview」
内に実装されている一部コードの存在により明らかとなった。

今のところこのARM版x86エミュレーターは2017年秋口のリリースとなる予定となっており、これによりARMプロセッサー(SoC)
を搭載したタブレットやスマートフォンへのWindows搭載が容易になる見通しともなっている。
Microsoftは2012年10月にARMプロセッサーへのWindows移植版となる「Windows RT」をリリースし、Windows RTを搭載したタブレットPC「Surface」も発売開始していた。

しかし、このARMプロセッサー版のWindowsとなるWindows RTは、x86アーキテクチャーで開発されたWindowsの
アプリケーションは動かないということもあり、アプリが普及しないまま、搭載機種の販売は終了となっていた。
今回、明らかとなったARM版x86エミュレーターを利用すれば、ARMプロセッサーを搭載しているタブレットやスマートフォン
であっても、エミュレーターの上にx86版のWindows 10を搭載することが可能ということとなり、現在、市場シェアが1%未満で低迷して
いるWindows Phone普及の起爆材となもなる可能性を秘めていることともなる。

ARMプロセッサーは、モバイル用プロセッサーとして、パフォーマンスよりも省エネルギー性が重視される設計がなされてきたため、
x86エミュレーターを搭載するに十分なパワーは有してこなかった。
しかし、現状、Appleが開発製造しているARM系プロセッサーのA10の場合、シングルコアベンチマークでは
Mac Proに搭載されているXeon E5-2697v2の性能を超えたことも判るなど、最新のARM系プロセッサーは、パフォーマンス面でも大きな進化を遂げていた。
引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1479812361/


続きを読む

Windows 10 次期アップデートでコマンドプロンプト廃止

1: マシンガンチョップ(北海道)@\(^o^)/ [AU] 2016/11/21(月) 18:11:49.67 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
tm_1411win10_1_13
fossBytesに11月19日(米国時間)に掲載された記事「Microsoft Replaces Command Prompt
With PowerShell As Windows 10 Default Shell」が、Windows 10のデフォルトシェルが
コマンドプロンプトからPowerShellに変更されると伝えた。Windows 10 Insider Build 14971で
すでに入れ替えが実施されたと説明がある。

Windows 10 Insider Build 14971では、これ以外にもMicrosoft EdgeでEPUB電子ブックを読む
機能や新しいPaint 3Dアプリケーションの導入などが実施されている。

(後略)
http://news.mynavi.jp/news/2016/11/21/374/
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1479719509/


続きを読む

マイクロソフトのスマホ苦戦は「Windows Vista」が原因=スティーブ・バルマー前CEO

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/16(水) 09:53:16.99 _USER
ballmer-sbs-v2
http://japan.cnet.com/news/commentary/35091904/?ref=newspicks

Microsoftは独自のスマートフォンハードウェアをもっと早く作るべきだったと、
同社の前最高経営責任者(CEO)であるSteve Ballmer氏は先頃、Bloombergとのインタビューで語った。
 「私なら、もっと早くハードウェア事業に進出して、チップとシステム、ソフトウェアが別々に存在していた
当社のPC分野におけるリソースの大半が、モバイルの世界では通用しないことを認識していただろう」(Ballmer氏)

 Microsoftは「スマートフォンに関しては、もっと早くハードウェア事業に進出」すべきだったと
Ballmer氏は述べた。同氏によると、それが実現しなかった別の(そして、おそらく予期していなかった)理由は、
2006年11月にリリースされた「Windows Vista」だったという。

 Vistaのリリースで、「必要以上に長い間、極めて多くのリソースが奪われてしまった。
なぜなら、われわれはさまざまな困難に直面したからだ。優秀なエンジニアの多くがある意味で
生産性を発揮できない状態が長く続くと、本当に大きな損失が生じる」とBallmer氏は説明した。

 Microsoftは2014年に莫大な金額でNokiaの携帯電話事業を買収したにもかかわらず、
今では、スマートフォン分野で秀でた企業になることをほぼあきらめてしまっているようだ(表を参照)。
ただし、同社が2017年に「Surface Phone」を発売して、もう一度戦いを挑む気配も多少残っている。
しかし、現在のところ、市場に影響を与えることに失敗したMicrosoftは、自社のアプリを他社のスマートフォンOS
に搭載することを甘んじて受け入れているようだ。

(続きはサイトで)
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1479257596/


続きを読む

マイクロソフト副社長「Appleの進化は小さかった。Surfaceこそユーザーが欲しがっているデバイス」

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/09(水) 23:16:55.63 _USER
20161109-00000084-impress-000-1-view
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1029067.html


 米Microsoftで、Surfaceなどファーストパーティーデバイス事業を統括しているのがデバイ
ス担当副社長(Corporate Vice President, Microsoft Devices) ブライアン・ホール氏だ。
同氏が日本の流通関係者・パートナーとミーティングを行なうため来日したのに合わせ、記者懇親会が行なわれた。

 ホール氏は、10月末にニューヨークで発表した「Surface Studio」、「Surface Book」について説明したほか、
「Surface Dial」がMicrosoft専用のデバイスではなく、サードパーティのPCでも利用できることなどを明らかにした。

年末商戦向けにAppleの進化は小さくSurface Bookが依然としてアドバンテージがある ホール氏は冒頭で、
Microsoftのデバイスの現状について説明。「我々は毎年新しい製品を投入している。昨年(2015年)はSurface Bookを発表し
今年(2016年)はSurface Studioを発表した。我々には2つのゴールがある。1つは新しいカテゴリのデバイスを作っていくこと。
そしてもう1つが、人々がデバイスを使う時にWindowsが最善の選択肢となること。そのために美しく、
高性能で、持つことが誇りになるようなデバイスを作っていくことだ」と述べた。

 現在のMicrosoftのファーストパーティデバイスは4つのジャンルに分けられる。Surface Pro/Surface Bookのような
ノートPCの代替、Surface Hubのようなデジタルホワイトボード、Surface Studioのようなクリエイター向け、
そしてHoloLensのようなMR(Mixed Reality)向けの製品だ。

 ホール氏は「我々はノートPCやタブレットの市場を、Surface Pro 4とSurface Bookで変えてきた。
現にその流れをOEMメーカーや、Apple、Googleなどが追いかけている状況になっていることを喜んでいる」と述べる。
また、性能が強化されたSurface Bookについて、「Surface BookはMacBook Proよりも優れたキーボード、ペン、高解像度のディスプレイを備えている。
Core i7製品では、グラフィックスの性能が倍になり、バッテリ駆動時間が12時間から16時間に延びた。
既にAppleの発表をご覧になったと思うが、強化点は少なかった。年末商戦でコンシューマは、Surface Bookを選ぶと思う」と述べ、
Surface Studio発表会の翌日に発表されたAppleのMacBook Proを皮肉りながら、
コンシューマにとって強化されたSurface Bookの方が魅力的な選択肢だとアピールした。

(以下略)
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1478701015/


続きを読む

MS「助けてー「Win 10のシェアが全然伸びないのー」

1: ダイビングエルボードロップ(東日本)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/07(月) 10:24:00.71 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
Windows10
無償アップグレードキャンペーン終了から3か月間、Windows 10のシェアが停滞しているようだ。

Net Applicationsの10月分デスクトップOSシェアデータによると、Windows 10のシェアは前月から0.06ポイント増の22.59%にとどまる。
9月は8月から0.46ポイント減少していたため、ピークの8月と比べると0.4ポイント低いシェアとなる。一方、Windows 7は0.11ポイント増の48.38%で、
3か月連続の増加となった。Windows XPは0.84ポイント減で8.27%となり、0.57ポイント増で8.4%のWindows 8.1が3位に再び上昇した。
Windows XPのシェアが8%台になるのは、Net Applicationsの記録上初めてだ(Desktop Top Operating System Versions Share Trend、
Desktop Operating System Market Share、 Desktop Top Operationg System Share Trend)。

Mac OS X 10.11は1.33ポイント減の2.74%になる一方、Mac OS X 10.12(macOS Sierra)が1.16ポイント増の1.37%となっている。
Mac OS全体では0.49ポイント減の6.43%。Linuxは0.05ポイント減の2.18%で、5か月連続で2%台を維持している。

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20161106/Slashdot_16_11_05_2321227.html
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1478481840/


続きを読む

マイクロソフト元CEO、iPhoneへの完敗認める「スマホ市場への参入遅すぎた」

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/06(日) 22:46:10.99 _USER
03547_1400_8e7bcc663dcaaa5ae407ce978a1be52e-cm
http://iphone-mania.jp/news-143433/

Microsoftの元最高経営責任者(CEO)スティーブ・バルマー氏が、同社のハードウェア事業への参入が「遅すぎた」と語っています。
もっと早く参入すべきだった
バルマー氏はBloombergのインタビューで、それまでソフトウェア一辺倒だったMicrosoftにおいて
ハードウェア事業参入を推進したために、長年の友人で共同創業者であるビル・ゲイツ氏との関係が悪くなった、と明かしました。

しかし最大の後悔は「もっと早くモバイル端末市場に参入しなかったこと」と語っています。
バルマー氏は2000年から2014年までの14年間という長きに渡り、MicrosoftのCEOを務めました。
現在は米プロバスケットボール協会(NBA)Los Angeles Clippersのオーナーであるバルマー氏は、
ゲイツ氏とたもとを分かち、Microsoftを去った理由のひとつは、MSが独自の携帯電話とタブレットを作るべきと主張する
バルマー氏と、それに反対するゲイツ氏および他の役員とで意見が分かれたため、と述べています。

ハードウェア事業で対立
バルマー氏とゲイツ氏は、良きにつけ悪しきにつけ、兄弟のような関係にあった、とバルマー氏。しかし会社の戦略面において、
意見の相違があったといいます。

「ハードウェア事業がどれだけ重要かという点で、根本的に意見が食い違っていた。私はSurfaceを推していた。
役員会はそれを支援することに、あまり積極的ではなかった。そして携帯電話事業をどうするかで、意見の齟齬が頂点に達してしまった」

Microsoftは2012年にタブレット「Surface RT」を発売しましたが売れ行きは芳しくなく、在庫処分のために9億ドルを費やしました。
しかしその後再編成されたSurface事業は、売り上げ40億ドル以上を計上しています。

iPhoneのビジネスモデルは革新的
バルマー氏は最大のミスは、携帯電話とタブレット市場への参入が遅すぎたことだ、と語っています。
そしてAppleがiPhoneを初めて世に出した時に「高すぎて売れるわけがない」と発言したことについて問われると、
Appleのビジネスモデルがわかっていれば、とバルマー氏。
「600ドルや700ドルもするiPhoneは絶対に売れないといった、私の発言がよく引き合いに出される。
携帯電話の代金を毎月の携帯電話代に分割して組み込むというのは、Appleが生み出した革新的なビジネスモデルだった」
と述べています。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1478439970/


続きを読む

マイクロソフトをダメにした前CEOと復活させつつある現CEO

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/02(水) 14:37:19.83 _USER
306329170-1477958122_l
https://note.mu/shibataism/n/nd0efeba06230

若い人はあまり記憶にないかもしれませんが、90年代のマイクロソフトは本当に無敵でした。今のAppleとGoogleを足したような強さのイメージです。
PC時代に、OSのシェアを90%超取り、B2BでもB2Cでも、ウィンドウズ+オフィスという盤石の体制でした。

それを築き上げたのが、創業者ビル・ゲイツ氏です。2000年に会長になり、2008年にはフルタイムでの仕事から退きました。

マイクロソフトをダメにした前CEOスティーブ・バルマー
ビル・ゲイツが去った後のマイクロソフトは苦境の時代を迎えます。

ウィンドウズのOSのシェアは↑の図のように減少を続けています。

この苦境の時代にCEOを担っていたのが、スティーブ・バルマー氏です。
ハーバード卒、スタンフォード大学MBA中退、ゲイツが初めて採用したビジネスマネージャー(事業担当管理職)
としてマイクロソフトへ入社、マイクロソフトの30人目の従業員です。
1998年7月には空席となっていた社長に昇進し、2000年1月にはゲイツの辞任に伴い最高経営責任者に就任しました。
このバルマー氏ですが、(個人的にはそこまで悪いCEOだとは思いませんが)酷評されることが非常に多いです。
例えば、Steve Blankさんという人のブログで、以下のように酷評されています。

マイクロソフトは20世紀の終わりに、世界中のコンピューターの95%以上のOSシェアがあった。
15年後、20億台のスマホが出荷され、マイクロソフトのOSシェアはたった1%だ。検索、スマホ、モバイルOS、メディア、クラウドという5つの市場は、
無視できるほど小さい市場ではないし、マイクロソフトが喉から手が出るほど欲しい市場だったはずだ。懸命なCEOならこれら全てで失敗するなんて
ことは無いはずだよね?
全てをスティーブ・バルマー氏のせいにして良いかどうかは別にして、これら5つの重要ドメインで、マイクロソフトが完敗したのは事実でしょう。

マイクロソフトを復活させつつある現CEO
そんなスティーブ・バルマー氏の後任CEOがマイクロソフトを復活させつつあります
現CEOはサティア・ナデラ氏です。Wikipediaによると
サーバ部門、ビジネスソリューション部門などを経て、2008年、オンラインサービス部門の上級副社長に就任していた。
2011年、サーバ&ツール部門社長に就任していた。2013年、同社のリストラを契機にして、クラウドやエンタープライズエンジニアリング部門の
上級副社長に就任していた。2014年2月4日、スティーブ・バルマーの退任後、最高経営責任者に就任し、ビル・ゲイツ、スティーブ・バルマーに次ぎ、
歴代三代目のCEOになる。
という経歴です。

彼がマイクロソフトのCEOに就任してからというもの、業績好調です。
直近の決算での業績を見てみます。

(以下略)
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1478065039/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ