SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

マイクロソフト「究極のモバイル端末」Surface Phone発表へ

1: ノチラ ★ 2017/05/08(月) 15:30:47.76 _USER
3dc50cdf7f0d39976865cf7b57c6337f
マイクロソフトCEOのサティア・ナデラは「今年中に究極のモバイルデバイスを世に送り出す」と、オーストラリアのFinancial Reviewの取材に応えた。

「現状のマーケットで主流となっているデバイスとは別のアプローチで市場に切り込んでいく。独自のやり方で究極のモバイルデバイスを送り出す。サブスケールなカテゴリになるかもしれないが、特定の機能を求めるユーザーをターゲットとした製品で差別化を行っていくつもりだ」

デバイスをまたいで自社のソフトウェアやクラウドにアクセス可能な製品を送り出していくという、最近の同社の戦略を考えると、ナデラが言う「究極のモバイルデバイス」がどの様なものになるのかを推し量るのは少々難しい。

クラウド重視の姿勢に進むマイクロソフトが目指す「究極のモバイル」とは、アウトルックやOneNoteの利用を前提としたものになるのかもしれない。製品はAsusやサムスンによって製造され、オフィスがプリインストールされたアンドロイド端末になることも考えられる。現状で一つだけ明らかなのは、その製品が"Surface Phone"と呼ばれるものになることだ。

マイクロソフトのSurfaceに対するアプローチは紆余曲折を経て3つの最高レベルのデバイスを生み出した。Surface Pro 4は最上級のタブレットにポータブルPCの機能を持たせた。Surface Bookはハイスペックなラップトップに取り外し可能なタブレット的スクリーンを装備した。そして、最近公開されたSurface Studioは液晶一体型デスクトップPCとしてグラフィック性能でも注目を集めている。そして、その全てはWindows 10で動作している。

ナデラがSurface Phoneに関し、「マスマーケット向けというよりも、利用シーンを限定した高機能な製品を目指したい」と述べていることから考えて、比較的高価なデバイスになることも予想できる。今回の製品のミッションは大ヒットを生むことよりも、今後の5年から10年を見据え、マイクロソフトのポテンシャルを示す究極のデバイスを生み出すことになるだろう。Surface Phoneの全貌は今年の上半期には明らかになることを期待したい。
http://forbesjapan.com/articles/detail/16151
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494225047/


続きを読む

Windows 10の使用者は毎日3億人! なお、Androidは…

1: 不知火(北海道)@\(^o^)/ [US] 2017/05/08(月) 08:11:20.91 BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
b510b2ed
Microsoftのコーポレートバイスプレジデント、ユスフ・メヘディ氏によれば、世界で3億人以上が
毎日Windows 10を使っているそうだ(Softpediaの記事、MSPoweruserの記事、On MSFTの記事)。

Windows 10 SやSurface Laptopに関するBloomberg Technologyのインタビューに答えたもので、
Windows 10の月間アクティブユーザー数は4億人を超えており、3億人以上が毎日平均3時間半以上
Windows 10を使用しているとのこと。ただし、月間アクティブユーザー数の4億人以上という数字は、
昨年9月に公表された数字と同じだ。Microsoftは最近のブログ記事でも同じ数字を使用しており、
9月以降どの程度増加しているのかについては明らかにされていない。

NetApplicationsの4月分データによると、Windows 10のシェアは前月から0.92ポイント増の26.28%。
昨年9月との比較では3.75ポイントの増加(16.64%増)にとどまる。9月以降、Windows 10が1ポイント
以上増加したのは11月のみであり、他の月は1ポイント未満の増減となっている。

一方、Windows 7は前月から0.92ポイント減の48.50%となっているが、昨年9月との比較では
0.23ポイント増加している。Windows 7は昨年4月に50%を割って以降、1ポイント前後の増減を
繰り返しており、昨年4月との比較では0.68ポイント増加している。NetApplicationsのデータを
そのまま当てはめることはできないが、Windows 10の月間アクティブユーザー数が5億人を超えるのは
もう少し先かもしれない。

NetApplicationsはユニークビジター数をカウントするため、台数の変動が反映しやすい。
一方、アクセス回数をカウントするStatCounterでは、使用時間の変動が反映しやすいと思われる。
http://www.zaikei.co.jp/article/20170508/369204.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494198680/


続きを読む

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:Windows 10 Mobileは2020年まで生き残れるのか?HPは端末開発に意欲 (ITmedia)

1: Sunset Shimmer ★ 2017/05/07(日) 09:41:47.01 _USER9
st_w10mo-01
2017年05月07日 06時00分 更新

 トリニティやVAIOなど、Windows 10 Mobile端末を発売したメーカーが次々とAndroidの新モデルを発表する中、まだ諦めていないのが米HPだ。同社が見据えるのは2020年のWindows 7サポート終了に伴う、法人需要への期待だ。

■携帯電話事業の大幅縮小が明らかに

 米Microsoftが4月27日(現地時間)に発表した2017年度第3四半期決算では、携帯電話事業の売上が7億3000万ドル下落したことが明らかになった。
海外報道では前年同期との比較でわずか500万ドルまで落ち込んだとの指摘もあり、「Windows Phoneは死んだ」との見出しで報じられている。

 同事業の今後の見通しとしても、その売り上げは無視できるほど小さい数字にとどまるとMicrosoftは見込んでいる。2017年7月に新しい会計年度を迎えるにあたり、どのような形で携帯電話事業をクローズするのかが次の注目ポイントだろう。

 もちろん、これはWindows 10 Mobileというプラットフォームの終了を意味するものではない。少なくとも、既に販売した端末が稼働している限り、サポートの継続は求められるはずだ。

 確かに端末メーカーは続々と離れている印象はある。日本でもトリニティやVAIOが次々とAndroidを採用したモデルを発表している。
4月26日にヤマダ電機は「EveryPhone」シリーズに6機種を追加したが、Windows 10 Mobileの後継機は1機種も含まれないという結果に終わった。

 だが、その中でWindows 10 Mobileの後継機開発を続けている端末メーカーもある。それが米HPだ。

■Elite x3の後継機は「ミドルレンジ」を狙う

 2016年にHPが発売したWindows 10 Mobile端末が「HP Elite x3」だ。
高い性能や耐久性の面はもちろん、Continuumを活用するアクセサリーを組み合わせることで、「デスクトップPC」「ノートPC」「スマートフォン」の3役を1台でこなす3-in-1の世界観を提唱したことは記憶に新しい。

 さらに2017年2月のMobile World Congressでは、Elite x3の後継モデルの存在を明らかにし、ブースの目立たない場所に展示していた。2017年4月現在のステータスとしては、今夏の発表を目標に開発を進めているという。

 後継機では、Elite x3の特徴である有線Continuumに対応し、デスクドックやノートドックはそのまま利用できる見込みだ。その代わり、プロセッサや画面解像度、スピーカーなどのスペックも見直すことでコストダウンを図っている。
ターゲットとする価格帯は、ずばり他社のSnapdragon 600番台搭載機だという。

■有線Continuumには対応しつつ、ミドルレンジの価格帯に

(続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
引用元:ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1705/07/news008.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494117707/


続きを読む

「Windows 10 S」発表--セキュリティや性能重視、教育機関に適した新OS

1: ノチラ ★ 2017/05/03(水) 10:27:31.93 _USER
index
Microsoftは、先日からうわさされていた「Windows 10 Cloud」に「Windows 10 S」という正式名称を与え、米ニューヨーク市で開催された教育関係プレスイベントで正式に発表した。

 「Windows 10 S」は教育市場をターゲットとしているが、「S」は「Student」から取られたものではないという。

 担当者によれば、この「S」は「セキュリティ、シンプルさ、優れたパフォーマンス」を表すものだ。またWindowsおよびデバイスグループの責任者であるTerry Myerson氏は、イベントで「S」は「魂」(soul)を意味するとも述べた。Windows 10 Sを搭載したPCは、教育関係以外にも安全性を高めるためにアプリの入手先を限定したWindowsデバイスを必要とする人にも適しており、サードパーティーのPCメーカーとMicrosoftの両方から、さまざまな価格帯で発売される予定だ。

 これまでに報道されてきたとおり、Windows 10 Sでは、Windowsストアで入手したアプリしか実行できない。

 Windows 10 Sは、「複合現実」(Mixed Reality:MR)のサポートも含めて、「Windows 10 Creators Update」と同じ機能を持つようだ。違うのはWindows 10 Sがより閉鎖的な性格を持っており、Windowsストアの課す制限によって、Microsoftが利用体験を検証し、管理している点だ。

 Windows 10 Sの制約が強すぎると感じるユーザーは、過去の報道のとおり、「Windows 10 Pro」にアップグレード可能だ。教育関係者は、このアップグレードを無料で受けられる。教育関係のルート以外でWindows 10 Sを入手するユーザーの場合、Proへのアップグレードには49ドル必要になる。

 Microsoftと同社のOEMパートナーが用意するWindows 10 Sデバイスの価格は189ドルから。発売は2017年夏以降だという。

 市場にはローエンドの低価格なWindows PCも数多く出回っているが、MicrosoftはChromebookに対抗するための手段を必要としている。

 Futuresouce Consultingが発表した最新の統計によれば、K-12(幼稚園から高校まで)の米国外のモバイルコンピューティング市場におけるWindowsのシェアは、2015年〜2016年にかけて56%から65%に増えた。しかし米国では、Windowsのシェアが22%で変わらなかったのに対し、Chrome OSのシェアは50%から58%に増加している。
https://japan.cnet.com/article/35100695/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493774851/


続きを読む

Windows7から10にしたらスタートメニューが圧倒的に使いやすい もっと早くアプグレしておくべきだった

1: 断崖式ニードロップ(dion軍)@\(^o^)/[US] 2017/05/02(火) 19:51:19.31 BE:199720575-2BP(6000)
Windows 10がスマホ風になる?最新アプデでスマホライクになった、アプリのグループ化などの使い方
http://news.livedoor.com/article/detail/12998454/
Windows 7では操作のメインとして使われていたスタートメニューがなくなり、大きくインターフェースが変更されたWindows 8だったが、
結局、Windows 10になって、スタートメニューを使う操作に戻った。

とはいえ、Windows 10のスタートメニューは、以前とは違い、なんとなくスタート画面が小さい表示になり、あまり活用していない人も多いのではないだろうか。

そんな中、大規模なWindows 10 Creators Updateが行われた。
なんとスタートメニューにも新しい機能が追加されたのだ。

なんと、スマートフォンのように、複数のアイコン(タイル)をグループとして、まとめることができるようになったのだ。

Windowsが、スマホっぽく、なったってっこと?

なにはともあれ、この機能を使ってみよう。


no title

no title
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493722279/


続きを読む

初めて触ったWindows95 クリックするだけでも楽しかったあの頃

1: ヒップアタック(宮城県)@\(^o^)/ [US] 2017/04/22(土) 15:45:07.35 ● BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
初めて触ったWindows 95は「クリックする」だけでも楽しかった
初めて触れたWindowsパソコン。文字や画像をクリックしていただけでワクワクしていた頃のこと。

1995年に発売されたWindows 95。一般家庭にパソコンが普及しだすきっかけとなるOSでした。
そのときに僕は中学生で、友達の家で初めてWindowsに触れたのでした。

no title

no title

no title


それまでにCUI(Character User Interface:文字入力でパソコンに命令する仕組み)OSのパソコンに
触れたことはあったのですが、GUI(Graphical User Interface:画像をクリックしてパソコンに命令する仕組み)を
使ったのはこのときが初めて。「パソコンというよりもゲームみたいだな」なんて思いましたね。スタートメニューから
次々と命令を選んでゆくところは「ドラゴンクエスト」のコマンド選択と似ています。

このときはただ文字や画像をクリックしていただけでとてもワクワクしていました。画面からなんらかのリアクションが
返ってくる。それだけですごく楽しかったのです。あのときは「これで仕事になればいいな」なんて思っていたのですが、
大人になってパソコン作業が仕事になると全然楽しくないですね……。

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1704/22/news009.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492843507/


続きを読む

「Windows 10」のメジャーアップデートは3月と9月の年2回に

1: 自治郎 ★ 2017/04/21(金) 12:06:55.44 _USER9
 yu_creators3
米Microsoftは4月20日(現地時間)、「Windows 10」の今後のメジャーアップデートは3月と9月の年2回、定期的に実施すると発表した。次回のアップデート(コード名:Redstone 3)は9月になる。

 MicrosoftのWindows 10のメジャーアップデート(Microsoftは「機能更新プログラム」と呼ぶ)の予定は従来、“今春”などの表現で告知されていた。最初のアップデートは2015年11月、次の「Anniversary Update」は2016年8月、3回目の「Creators Update」は4月11日だった。

 Microsoftによると、アップデートをもっと予測しやすくしてほしいというリクエストに応えたという。アップデートのタイミングが予測可能になることで、企業ユーザーは導入などの準備がしやすくなるだろう。各機能更新プログラムのリリースのサポート期間は従来通り18カ月だ。

 また、企業向けの「Office 365 ProPlus」のメジャーアップデートもWindows 10と同時の年2回になる。

2017/4/21(金) 9:33配信 ITmedia NEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000027-zdn_n-sci
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1492744015/


続きを読む

Windows 7終了まであと1,000日…

1: クロイツラス(東日本)@\(^o^)/ [KW] 2017/04/19(水) 11:24:40.25 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
no title


11日にWindows Vistaのサポートが終了したばかりですが、19日でWindows 7 SP1のサポート完全終了まであと1,000日となりました。
延長サポートの終了日は2020年1月14日です。

思えば2009年10月にWindows 7の提供が開始されてから、もう7年以上が経過しているんですね。メインストリームサポートが終了して
延長サポートに移行してからも2年以上たっています。延長サポートが終了すると、セキュリティ関連などの更新プログラムは一切提供されなくなり、
システムの乗っ取りなどの攻撃に対して脆弱な状態になってしまいます。

『まだ1,000日ある』と考えるか、『もう1,000日しかない』と考えるかは状況にもよるでしょうが、そろそろ最新OSへの移行を念頭に
置いたほうが良いのではないでしょうか? 幸いなことにWindows 7であれば、Windows 10へ移行するためのツールが用意されており、
ライセンスさえあれば比較的簡単にアップグレード可能です。比較的最近購入したマシンであれば、Windows 10に必要な
システム要件を満たしている場合も多いでしょう。

特に、Windows 10の無償アップグレードキャンペーン中に“無償アップグレード権”だけを確保した方は、もう一度Windows 10への
移行を考えてみてはいかがでしょうか?

http://forest.watch.impress.co.jp/docs/serial/yajiuma/1055520.html
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492568680/


続きを読む

「Windows Vista」 4月11日にサポート終了、日本国内では未だに14万台以上が稼働中…アップグレードや買い換えを

1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/04/10(月) 16:45:47.88 _USER9
3bd269f3
マイクロソフトは4月11日以降、Windows Vistaユーザー向けのサポートを終了する。
具体的には、新しいセキュリティ更新プログラム、セキュリティ以外の修正プログラム、
無料または有料のサポートオプション、オンラインテクニカルコンテンツの更新が提供されなくなる。

このほか、同日はExchange Server 2007、さらに10月10日(日本時間)には
Office 2007、Visio 2007、Project 2007、SharePoint Server 2007のサポートを終了するとしている。
Windows Vistaと同様に、サポートが終了すると、ソフトウェアに必要な更新が受けられなくなる。

なお、サポート終了後もWindows Vistaを搭載したPC使うことは可能だが、
セキュリティのリスクやウイルスの被害を受ける可能性が高くなる。

Internet Explorer 9もサポートが終了しており、Windows Vistaを実行しているPCをインターネットに接続し、
Internet Explorer 9を使ってウェブサーフィンをする場合、PCがセキュリティの脅威にさらされる可能性がある。

OSのアップグレードやPCの買い換えが必要になってくる。

また、ソフトウェア開発会社やハードウェア製造元の製品も、Windows Vistaでは動作しないアプリやデバイスが増えていくと予想される。

Windows Vistaは2007年1月30日、全世界で一斉発売された。時差の関係で世界でもっとも早い発売となったのは日本だった。

トレンドマイクロが同社の日本国内のユーザーを対象に行った調査結果によれば、
3月時点での日本国内におけるWindows Vistaの利用率は2.77%だが、台数にするとまだ14万台が利用されているという。
また、Office 2007も全体の9.96%だが、台数では50万台を超えるPCを確認しているとしている。

なお、Windows 7は2020年1月4日、Windows 8/8.1は2023年1月10日に、Windows 10は2025年10月14日に延長サポートが終了する予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-35099540-cnetj-sci

14万台以上が稼働中、11日に延長サポート終了のVista
http://news.livedoor.com/article/detail/12915732/
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491810347/


続きを読む

Windows10の「Creators Update」は4月11日配信開始

1: ニライカナイφ ★ 2017/03/30(木) 11:02:56.67 _USER9
index
米Microsoftは3月29日(現地時間)、「Windows 10」の次期アップデート「Creators Update」を4月11日から“ローリングアウト”すると発表した。
Windows 10ユーザーは無償でアップデートできる。

前回の「Anniversary Update」は8月2日だったので、約8カ月ぶりになる。
なお、ビルドは「15063」になる見込み。

今回のアップデートも前回同様、一般ユーザーはインストールのタイミングを指定するのにやや手間がかかるが、Creators Updateの新機能として、アップデート告知ですぐに再起動するか、時間を設定するか、スヌーズするかを選べるようになる。

この他、これまでに以下のような新機能が紹介されている。

・「Paint 3D Preview」などの3D機能
・MR(Mixed Reality)対応
・ゲーム配信プラットフォーム「Beam」の追加
・ブルーライトフィルターの追加
・Edgeブラウザの機能強化
・Bluetoothで接続した端末が離れるとWindowsを自動ロックする「Dynamic Lock」

http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170330/Itmedia_news_20170330060.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490839376/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ