SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Microsoft

キー不要に?WindowsのIME切り替えがMac方式に

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/26(水) 21:12:28.30 _USER
sfsindex
Windowsで[かな]と[英数]の入力モードを切り替えるときは[半角/全角]キーを使ってトグルする。これが近々Macと同じ方式に変わりそうだ。

 マイクロソフトWindows Blogの12月20日公開版によれば、Windows 10 Insider Preview 18305では、IMEのオン/オフを切り替える設定を強化しているという。これにより、スペースバーの左右にある[無変換]と[変換]キーの動作が変わる。

 従来は再変換などが割り当てられていたが、今回の変更により[無変換]はIMEオフに、[変換]はIMEオンとなる。つまり、MacやiOSのJISキーボードと同じだ。

 同ブログでは「フィードバックに基づき、[変換] キーを IME オンに [無変換] キーを IME オフにする設定を既定にしています」と説明。Macと同じくスペースバーの左にある[無変換]キー(Macでは[英数])で英数字(IMEオフ)、スペースバー右の[変換]キー(Macでは[かな])でIMEオンが割り当てられる。

[英数][かな]キーが初めて搭載されたのは1990年発売のApple Keyboard II JIS 。Appleの日本語環境の多くを作り出したエンジニア、木田泰夫さんが考案した。当時はPC-9801全盛期で、そのころのMS-DOSマシンのキーボードはDOS/VのOADG 109キーボードも含め日本語変換関連のキーが入り乱れていたので、Macはシンプルに行こうと[英数][かな]に決めたという。木田さんは、日本語と英語の切り替えキーを、モードを順次切り替えていくトグル方式ではなく、[英数]キーを押せば英数に、[かな]キーを押せばかなになる方式になった理由について「脊髄で学習できるようにしたかった」と説明している。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/26/news094.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545826348/


続きを読む

Microsoftの緊急パッチにより一部のノートPCが起動不能になる不具合が発生中

1: ムヒタ ★ 2018/12/26(水) 10:47:43.65 _USER
rdgdindex
2018年12月、Microsoftが独自に開発しているウェブブラウザのInternet Explorerで発見されたゼロデイ脆弱性を修正するために、専用の緊急パッチが公開されました。しかし、このパッチを適用すると、一部のLenovo製ノートPCでWindowsが起動しなくなるという不具合が発生しています。

Microsoftが公開したInternet Explorer向けの緊急パッチが多くのWindowsユーザーに問題を引き起こしています。具体的には、Lenovo製のノートPCを使用しているユーザーが、KB4467691パッチを適用すると、端末が起動できなくなる模様。やっかいなのがこの問題は複数バージョンのWindows、およびInternet Explorerのバージョン9から11にかけて広範囲に影響を及ぼしている点です。

KB4467691パッチが最初にリリースされたのは2018年11月で、この時点で古いバージョンのWindows 10ではいくつか問題が生じることが報告されていました。例えば、「.NETフレームワーク」や「スタートメニュー上のウェブリンク」に問題が発生していたそうです。

これを修正するために、Microsoftは2018年12月にKB4467691パッチを更新しました。しかし、リリースページには既知の問題として「一部のLenovo製ラップトップではWindowsの起動に失敗する」と報告されています。

搭載されているRAMが8GB未満の一部のLenovoラップトップでは、KB4467691をインストールした後、Windowsが起動に失敗することがあります。

Microsoftの提案する回避策は、ひとつは「影響を受けるUnified Extensible Firmware Interface搭載のコンピューターを再起動し、セキュアブートを無効にしてから再起動する」というもの。もうひとつは、「BitLockerが有効になっている場合、セキュアブートを無効にした後でBitLockerの回復を実行する必要がある」というものです。

なお、Microsoftは「Lenovoと協力して今後のリリースでアップデートを提供する予定です」としています。
2018年12月26日 10時29分
https://gigazine.net/news/20181226-microsoft-patch-laptops-unbootable/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545788863/


続きを読む

Microsoft、IEの臨時更新プログラムを公開 攻撃の発生を確認

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/20(木) 13:36:42.57 _USER
 米MicrosoftのInternet Explorer(IE)で未解決の脆弱性を突く攻撃が発生していたことが分かり、同社は12月19日、定例外のセキュリティ更新プログラムを公開してこの問題に対処した。

 Microsoftのセキュリティ情報によると、脆弱性はIEのスクリプティングエンジンでメモリ内のオブジェクトを処理する方法に存在する。この問題を突かれれば、メモリ破損を引き起こして攻撃者に任意のコードを実行される恐れがある。

no title

Microsoftのセキュリティ情報

 Webベース攻撃では、電子メールでリンクを送るなどの手口を使って、細工を施したWebサイトをIEで表示させることにより、この問題を悪用することが可能とされる。

 更新の対象となるのはIE 9〜10(Windows Server 2008〜2012向け)と、IE 11(Windows 7〜10、Windows Server 2008〜2019向け)の各バージョン。

 今回の脆弱性は、Googleの研究者が発見した。詳細は不明だが、この問題を悪用した攻撃が確認されているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Microsoft Internet Explorer の脆弱性対策(CVE-2018-8653)について:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20181220-ms.html

2018年12月20日 07時30分 公開
ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1812/20/news063.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545280602/


続きを読む

Windows 10で「更新プログラムのチェック」を押してはいけない理由

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/18(火) 18:12:17.91 _USER
2018年10月のWindows 10アップデートは多くの問題が発生した。ファイルの削除、ZIPファイル展開時の上書き確認の欠如、フォントレンダリングのバグなどだ。fossBytesは12月17日(米国時間)に掲載した記事「Don't Click On "Check For Updates" In Windows 10; Here's Why」で、この問題はユーザーが自発的に設定から「更新プログラムのチェック」をクリックしたことで引き起こされたと指摘した。安定したアップデートを望むのであれば、このボタンは押さないほうがよいとアドバイスしている。
no title


記事は、Windows担当のバイスプレジデントである Michael Fortin氏の公式ブログの記事「Windows monthly security and quality updates overview - Windows Experience BlogWindows Experience Blog」を引き合いに出している。

この記事によると、ユーザーが自発的に「更新プログラムをチェック」をクリックした場合、そのユーザーはシーカー(テスター)と見なされ、プレビューバージョンと位置づけられているアップデートが送られてくるようだと説明している。

「更新プログラムをチェック」を実行して、月例のWindowsアップデート以外のアップデートが送られてくる場合、そこには脆弱性の修正は含まれていないとされている。このアップデートは主にコマーシャルカスタマーやアドバンストユーザー向けのものであり、安定したアップデートを望むのであれば「更新プログラムのチェック」をクリックせずに、自動的にアップデートが実施されるのを待ったほうがよいと指摘している。
https://news.mynavi.jp/article/20181218-742419/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545124337/


続きを読む

次期Windows 10では、Cortanaの代わりにAlexaを利用可能に?

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/18(火) 00:11:30.53 _USER
gbfgindex
次期Windows 10 (19H1)において、Cortana以外の音声アシスタントが、ホットワードで起動可能になるかもしれません。

Windows 10で動くCortana以外の音声アシスタントといえば、11月にはWindows 10向けのAlexaアプリがリリースされています(日本では利用できません)。

しかし、一部の端末では「Alexa」のホットワードで利用できるものの、基本的にはキーボードショートカットや画面上のボタンをクリックする必要がありました。

これに対してMicrosoftは、任意のアプリを音声コマンドで起動できる機能を次期Windows 10に追加する予定のようです。多くの端末で、「Alexa」のホットワードが使えるようになる可能性があります。

Windowsのプレビュービルドなどの情報に詳しいTwitterユーザー Albacoreが、19H1の設定画面を公開しており、それによると、音声で任意のアプリが起動可能になるようです。端末がロック状態の場合に起動するアプリも選択可能になっています。

これにより、他の音声アシスタントを起動できるという確証はないのですが、同じくAlbacoreは、Windows 10のタスクバーにあるCortanaアイコンから検索機能が分離するとの情報も公開しています。このため、MicrosoftがCortanaの代わりに他の音声アシスタントを使えるようにする可能性はありそうです。

もっとも、ほかの音声アシスタントといっても、思いつくのはAlexaとGoogleアシスタント程度。SiriやSamsungのBixbyもありますが、いずれにしてもWindows 10向けのアプリとしてリリースされているのはAlexaのみ。実質的にはAlexa向けの機能なのかもしれません。

MicrosoftとAmazonは、それぞれの音声アシスタント CortanaとAlexaの相互連携を発表済み。とはいえ、Cortanaの代わりにAlexaを使えるようにするのは、MicrosoftがCortanaを見限ったとも受け取れます。

ユーザーとしては、あまり使わないCortanaよりも、機能が豊富なAlexaがPC上でも使えるのは歓迎したいところ。あとは、Alexaアプリを早く日本でも使えるようになるのを期待するだけです。
https://japanese.engadget.com/2018/12/17/windows-10-cortana-alexa/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545059490/


続きを読む

マイクロソフト、Wordに“暴れ回るティラノサウルス”表示機能を追加「虚構かと思った」「退職願に入れたい」

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [VN] 2018/12/09(日) 15:31:46.75 BE:306759112-BRZ(11000)

私たちの文章に足りなかったもの、それは暴れ回るティラノサウルスだったのだ。

 マイクロソフトの「Word for Office 365」の新機能が、あまりにも便利過ぎると一部で話題になっています。
“暴れ回るティラノサウルス”をページやスライド上に表示できるというもので、マイクロソフトの公式サイトにもバッチリ書かれています。
そうそう、ちょうどページ上でティラノサウルスを暴れ回らせたかったのですよねってコラ。

no title

no title


 この“暴れまわるティラノサウルス”は、3Dアニメーション挿入の1つとして追加されたもの。
しかし、公式サイトの「アニメーション3d グラフィックスを挿入する」のページでは
ティラノサウルスがギロッとこちらを見てくるアニメーションが表示されることなどから
“暴れまわるティラノサウルス”こそがこの機能の主役であることは間違いありません。

 さらに3Dアニメーションは360度回転や拡大縮小ができるため、
1ページ進むたびにどんどんこちらに向かってくるティラノサウルスといった演出も自由自在。
プロジェクトのプレゼン、大学のレポート、暑中見舞い、遺言書などなど、いたるところでティラノサウルスを暴れ回らせ、
軟弱な人類に白亜紀の厳しさをたたき込んでやりましょう。

 Twitter上ではこの新機能に、「Word文章にティラノサウルスを配置せずに提出するのはマナー違反」
「『暴れ回るティラノサウルスを表示する機能』を実装するにあたって会議とかしたのかな…」
「一体この世の誰が望んだ機能なのか意味不明すぎて虚構かと思った」
「文章作業している時に暴れ回るティラノサウルスが必要になる局面ってあるの?」
「どんなもんかと見てみたら本当にただのティラノサウルスで笑った」といった声が上がっていました。




Wordに全人類待望の“暴れ回るティラノサウルス”表示機能が追加 「虚構かと思った」「退職願に入れたい」
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1812/09/news021.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544337106/


続きを読む

Microsoft、Webブラウザ「Edge」をChromiumベースに ブランドは保持

1: ムヒタ ★ 2018/12/07(金) 09:22:32.00 _USER
えsindex
 米Microsoftは12月6日(現地時間)、「Windows 10」のデフォルトWebブラウザ「Microsoft Edge」をオープンソースのChromiumベースに切り替えると発表した。開発者向けのプレビュービルドが2019年初頭に登場する見込みだ。

 Windows担当副社長のジョー・ベルフィオーレ氏は公式ブログで、この移行は「ユーザーにとってより良いWeb互換性を作り、すべてのWeb開発者にとってWebのフラグメンテーションを少なくする」ためであり、「新しいARMベースのWindows端末でのWebブラウジング」に向けてChromiumプロジェクトに貢献していくと語った。

 「Microsoft Edge(および他のWebブラウザ)のユーザーは、すべてのWebサイトの互換性向上、バッテリー持続時間の改善、あらゆる種類のWindows端末でのハードウェア統合を体験し、Web開発者はWebサイトの互換性チェックの労力が減り、Internet Exploreにしか対応していないレガシーなWebアプリを使っている企業のIT管理者はレガシーなWebアプリでも互換性が向上する」(ベルフィオーレ氏)

 Edgeのブランドはこのままであり、一般ユーザー側がこの変更に合わせて何か設定を変更するといったことは必要ない。

 Edgeのデスクトップ版は現在はWindows 10でしか使えないが、Chromiumベースになることで、Windows 7、Windows 8、そしてmacOSでも使えるようになる見込みだ。なお、iOS版EdgeのエンジンはWebKitで、Android版EdgeはChromiumと同じBlinkを採用している。

 開発者向け情報はGitHubにまとめられている。また、開発者のためのMicrosoft Edge Insiderサイトも開設された。
2018年12月07日 07時24分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/07/news069.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544142152/


続きを読む

Microsoft、「Visual Studio 2019」発表。デザインを刷新、コラボ機能「Live Share」やAIコード補完

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/05(水) 19:22:30.34 _USER
米Microsoftは12月4日(現地時間)、開発者向けイベント“Microsoft Connect(); 2018”で「Visual Studio 2019」Preview 1を発表した。現在、同社のWebサイトからWindows版とMac版を無償でダウンロードできる。

 「Visual Studio 2019」は、統合開発環境(IDE)「Visual Studio」の次期メジャーバージョン。初めてのプレビュー版となる“Preview 1”では、その新機能の一部が実装されており、実際に体験することができる。「Visual Studio 2017」との共存も可能なので、興味があれば気軽に試していただきたい。“Azure”の仮想マシンでテストすることも可能だ。

 「Visual Studio 2019」でまず目につくのは、刷新されたスタート画面だろう。新しいスタート画面は“最近開いた項目”とタスクの一覧だけが表示されるシンプルなデザインとなっている。このデザインに関する詳細は、翌週の公式ブログで案内されるという。

 また、IDEにも大きな変更が加えられている。アプリアイコンやテーマがブラッシュアップされたほか、メニューバーがタイトルバーと一体化してコンパクトになった。画面の右上には“Quick Command”にかわる新しいコマンド検索機能が追加されており、スペルが多少間違っていても目的のコマンドを探し出せる“あいまい検索”が利用できる。

コーディング関連では、ソースコードのメンテナンス性と一貫性の向上に役立つ機能が多く追加されている。たとえば、ループをLINQのクエリに変換したり、タプルを名前付きの構造体へ変換する新しいリファクタリング機能が追加され、ワンクリックでソースコードをより良好な状態に保てるようになった。また、コードの問題点を警告したり、修正案を提案する機能も強化されている。

 さらに、コラボレーション機能も拡充された。「Visual Studio 2019」ではコーディングセッションを他のメンバーと共有できる「Visual Studio Live Share」が標準で組み込まれており、ソースコードを簡単に共同編集することが可能。IDE上で“GitHub”のプルリクエストを扱えるようにする拡張機能が提供される。また、AIを組み込んだコード補完機能“IntelliCode”も改善されており、C++とXAMLが新たにサポートされた。「Visual Studio IntelliCode」はコーディングルールの学習も行えるので、チーム内でコーディングスタイルを統一するのにも役立つ。

 そのほかにも、「.NET Core 3.0」の開発がサポートされた。クロスプラットフォームのC ++開発、iOS向けの.NETモバイル開発、「Xamarin」によるAndroid開発も引き続きサポートされる。
no title

https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1156690.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544005350/


続きを読む

 MSが新型ブラウザ「アナハイム」を開発中

1: trick ★ 2018/12/04(火) 23:28:13.01 _USER
dxbindex
MicrosoftがEdgeに代わり、Chromuimベースの新ブラウザを開発中とのうわさ - Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/2018/12/04/microsoft-edge-chromuim/

Windows 10の標準ブラウザであるEdge。人気ブラウザのChromeよりもメモリ消費量が少なく、またWindows 10のタイムライン機能にも対応するなど、それなりのメリットもあるのですが、シェアは低迷が続いており、WEBで使用されるブラウザやOSのシェアを調査しているNet MarketShareによると、11月のシェアは4%ほどに留まります。

MicrosftはそんなEdgeに代わり、Chromeも採用するオープンソースのレンダリングエンジンであるChromiumを使った新ブラウザ、コードネームAnaheimを開発しているとMicrosoftの動向に詳しいテックメディアWindows Centralが報じています。

MicrosoftとChrome(Chromium)の関連と言えば、Microsoftの技術者がChromiumのGerritソースコードに大量のコミットを行っているとの話もありました。このときは、Windows 10のARM版で動作するChromeを開発するために協力しているのではと考えられていましたが、実際には、Anaheimのためなのかもしれません。

なお、Microsoftの情報に詳しいWalking Catによると、Edgeはもともと複数のレンダリングエンジンに対応しているとのこと。これは、初期にIEとEdge、2つのレンダリングエンジンをサポートするために使われていたようです。

WalkingCat
@h0x0d
the architecture of Edge app supports multiple rendering engine since the beginning, it used to support IE/Edge dual engines in the early days... ?
10:53 - 2018年12月4日
https://twitter.com/h0x0d/status/1069771550063132672

このためEdgeのUIのままChromiumを採用するのか、まったく新しいブラウザとなるのかは定かではありません。登場時期も不明ですが、Windows Centralは、2019年第1四半期にWindows InsiderのFastリングで登場するのを期待するとしています。

MicrosoftはWindowsの新エディションを開発しているとの噂も出ており、2019年は何か大きな変化がありそうです。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543933693/


続きを読む

MS、アップル抜き首位 時価総額、クラウドで復活

1: ムヒタ ★ 2018/12/01(土) 11:13:00.84 _USER
 gcgfindex
米マイクロソフト(MS)の株式の時価総額が11月30日、米アップルを抜き、米企業で首位に浮上した。主力のクラウド事業が好調で、一時期の停滞から復活。米メディアによると、MSの首位は2000年代前半以来で、アップルは13年から守った首位を明け渡した。

 米調査会社ファクトセットによると、30日の終値ベースでは、MSは8512億ドル(約96兆円)と、アップルの8474億ドルを上回った。MSの株価は前日比0・70ドル高の110・89ドル。アップルは0・97ドル安の178・58ドルだった。(共同)
2018.12.1 09:57
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181201/mcb1812010957004-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543630380/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ