SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Google

廉価版スマホ、グーグルが参入 ハード事業を本格化

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/13(水) 19:58:52.57 _USER
78
米グーグルが価格を引き下げたスマートフォン(スマホ)の発表を計画していることが分かった。799ドル(約8万8千円)の現行モデルより価格を下げた中〜低価格帯のスマホを2019年に発売する。米アップルのiPhoneなど高級スマホの不振が鮮明になるなか、品ぞろえを拡充する。同社初のスマートウオッチも打ち出す見通しで、ハード事業強化が鮮明になる。

台湾のサプライヤーの関係者が明ら…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41221350T10C19A2EA2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550055532/


続きを読む

ヘイトと暴言に満ちたGoogle社員用匿名掲示板

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/08(金) 19:24:46.20 _USER
今年の一月、Google(グーグル)のシステム信頼性エンジニアであるLiz Fong-Jones氏が、50万ドル分の持ち株を放棄し、11年間勤務したGoogleを退社してスタートアップ企業のHoneycomb.ioに転職すると発表しました。包括性や多様性を強く訴えて来た彼女は、Googleプロダクトや労働環境の倫理に関し、Google経営陣への不満を退社理由としています。特定の出来事は明記しませんでしたが、Googleでは最近、セクハラ事件の扱いやペンタゴン(アメリカ国防総省)のAIドローンプログラムとの関わりで社員によるストライキが発生しました。

差別と偏見に満ちたコメント
匿名掲示板アプリのBlind(ブラインド)にはGoogle社員専用のプライベートチャンネルがあり、そこでは彼女の同僚が退社を“祝福”していました。以下の抜粋は、安全のために匿名を希望しているGoogle社員から米Gizmodoが受け取った何百というコメントの一部です。Fong-Jones氏の退社に関するコメントは、彼女がトランスジェンダーで有色人種であることに対する差別と偏見に満ちています。

「今週末最高のニュースだね。彼女のシンパはみんな出て行けば良いのに」

「クソみたいな人間だな」

「悪性腫瘍がやっと切除された!」

「Googleには嬉しい瞬間だね」

「オニーサン、ヤスクシトクヨってか?タダでもいらね」

「そもそも彼女はGoogleで何やってたの? SJW(ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー、ダイバーシティなど社会進歩的な考え方を広める人を軽蔑的に指す言葉)のリーダー?」

「そんな感じ。いなくなってせいせいした」

「Googleが人種差別やマイクロ・アグレッション(自覚なき差別)、偏屈な考えの温床だというなら、お前に安全な場所なんてどこにもないよ。お前は被害者意識が永遠に抜けない。メンタルケアが必要なんだ」

「ずっと思ってたけど、Lizって何? 彼女はトランスジェンダー? 男にしか見えないけど」

「ああ、男だったんだよ」

コメントの中には、ハラスメントやドクシング(個人情報を漏洩させること)のためのサイトに投稿された、彼女に対するさらなる攻撃が書かれたスレッドのリンクが貼られていました(現在ではBlindに投稿された彼女に関するコメントの殆どは削除されています)。
no title


これらの暴言に対し、2月1日まで社員だったFong-Jones氏は米Gizmodoに対して以下のようにコメントしています。

「こんな人たちが私の同僚にいて、明らかに社内コミュニケーション規則に反する暴言を堂々としているのは、正直恐怖です。批判は受け止めることができますが、批判と私のジェンダーに対するヘイトはまったく別です」

匿名掲示板に集まる悪意
韓国で2014年にローンチされ、米国ではその翌年にリリースされたBlindは大企業(主にテック企業)が利用でき、社員用のメールアドレスでのみ作れるアカウントを通じて、プライベートで匿名な掲示板にアクセスできます。また、Blindには他社の社員も見ることのできる、パブリックで検索可能な掲示板も存在します。Blindによれば、データベースにはメールアドレスを保存しておらず、投稿した人間が誰かを調べられるデータもトラッキングしていないそうです。同社の企業理念によると、「職場の人間すべてに力を与え」、「黙殺されてきた意見に声を与えるために」このプラットフォームがデザインされたとのこと。しかし、年を経るごとに掲示板には悪意が集まり、社員が孤独や危険を感じるようになってきました。

(Blindの匿名メッセージを読む際に注意しなければならないのは、正社員だけでなく契約社員でも社員用メールアドレスを貰って書いていることがあり、退社した人間も掲示板に書き込むことができる点です)

Blindによると現在ユーザーは二百万人ほどで、49,200人がMicrosoft(マイクロソフト)、34,800人がAmazon(アマゾン)、13,500人がGoogle、そして10,500人がFacebook(フェイスブック)からだそうです。
以下ソース
https://www.gizmodo.jp/2019/02/harassment-transphobia-and-racism-googles-blink-chatting-forum.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549621486/


続きを読む

Google Homeの通訳機能、日本でも利用可能に

1: ムヒタ ★ 2019/02/06(水) 08:19:07.92 _USER
yu_interprit1
 米GoogleがCES 2019で予告した「Googleアシスタント」による通訳機能が使えるようになっている。米Android Policeが2月5日(現地時間)に報じ、本稿筆者の「Google Home Mini」でも確認できた。

 利用できるのはGoogle Homeシリーズ、Googleアシスタント搭載のサードパーティー製スマートスピーカー、スマートディスプレイ。「Pixel 3」などのスマートフォンのGoogleアシスタントでは今のところまだできない。

 Google Homeを起動し、「英語を通訳して」などと命令した後、英語で話しかけるとその内容を日本語で言い、日本語で話しかけると英語にする。「マイアクティビティ」で確認したところ、音声入力はほぼ正確で、翻訳内容も単純なものであればほぼ正しかった。

 少し複雑で口語的な表現でも、意味はおおよそ通じるように翻訳した。

 スマートディスプレイの場合は、画面に入力した言語と出力言語の両方が表示される。

 通訳を終了するには「終了して」などと命令すればいいのだが、「通訳を終了」を「End interpreter」と通訳するなどですぐに終了できないこともあった。

 通訳モードで通訳できるのは、次の26カ国語;チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシャ語、ヒンディー語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、北京語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スロバキア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ウクライナ語、ベトナム語。

 日本語のヘルプが公開されている。
2019年02月06日 06時48分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/06/news056.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549408747/


続きを読む

日産、自動運転でグーグル陣営に 3社連合、無人車開発へ

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/05(火) 23:10:25.39 _USER
dvx
日産自動車とフランス自動車大手ルノー、三菱自動車の3社連合が、米IT大手グーグル傘下の「ウェイモ」と自動運転分野で提携する方針を固めたことが5日、分かった。無人タクシーの共同開発を視野に入れる。世界最大手グループの一角である3社連合がグーグル陣営に入ることで、自動車メーカーと異業種が協力して単なる車造りを超えた総合的な移動サービスで競争する流れが一段と加速しそうだ。今春に発表する見通しだ。

 関係者によると、3社連合が車両を提供し、道路や標識、地図の認識の分野で高性能な人工知能(AI)の開発を進めるウェイモが協力する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00000170-kyodonews-bus_all
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549375825/


続きを読む

「Google+」終了は4月2日に決定 2月4日から新プロフィール作成不能に

1: ムヒタ ★ 2019/01/31(木) 11:25:04.01 _USER
20190131-00000030-zdn_n-000-1-view
 米Googleは1月30日(現地時間)、昨年10月に発表したソーシャルサービス「Google+」の一般ユーザー向けサービス終了期日を2019年4月2日に決定したと発表した。

 この日にGoogle+のページを閉鎖し、Google+アカウントのコンテンツ削除を開始する。すべてのコンテンツ削除には数カ月かかるが、Googleはユーザーに対し、期日前に自分のコンテンツをダウンロードするよう勧めている。

 ダウンロード方法はヘルプページを参照のこと。

 2月4日には、新規プロフィール、ページ、コミュニティ、イベントが作成できなくなる。詳細はFAQを参照のこと。

 なお、この終了はG Suiteのユーザーには影響しない。Googleは10月に終了を発表した際、G SuiteではGoogle+への投資を継続すると説明していた。今回の発表でも、G Suiteの管理者向けに、間もなく新デザインと新機能を提供するとしている。Google+という名称がそのまま残るのかどうかは不明だ。

 Googleはコミュニケーションサービス「ハングアウト」も終了し、ビデオ会議アプリ「Hangouts Meet」とメッセージングアプリ「Hangouts Chat」に分割する計画だ。具体的なロードマップはまだ不明だ。
2019年01月31日 10時23分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/31/news078.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548901504/


続きを読む

グーグルに制裁金62億円余「個人データ保護規則違反」 仏

1: ムヒタ ★ 2019/01/22(火) 06:35:48.75 _USER
フランスの当局は、個人データの保護を企業などに厳しく求めるEU=ヨーロッパ連合の新しい規則に違反したとして、アメリカの大手IT企業グーグルに対し日本円で62億円余りの制裁金を科すと発表しました。

EUは去年5月、企業などが域内で個人データを集める際に使用目的などについて個人に通知し、同意を得ることを求める、一般データ保護規則=GDPRの運用を始めました。

個人データの保護を管轄するフランスの当局は21日、グーグルがこの規則に違反したとして5000万ユーロ(62億円余り)の制裁金を科すと発表しました。

その理由として、グーグルは広告に利用するために集めた個人情報の保管期間や利用目的などの情報を利用者にわかりやすく提供していない、と指摘しています。

さらに、利用者が一度、個人情報の提供に同意すると、グーグルの検索サイトだけでなくグーグルマップやユーチューブなどさまざまなアプリケーションでそのデータが広告に利用されていることを利用者に十分に伝えておらず、深刻な規則違反にあたるとしています。

個人データの保護を厳しく求めるEUの新しい規則のもとで大手IT企業に制裁金が科されるのは今回が初めてで、企業が今後対応に追われることも予想されます。

グーグル「当局の判断精査し対応」
アメリカのメディアによりますと、グーグルは「個人データをめぐる透明性や管理についてわれわれには高い水準が求められている。こうした期待に応えるつもりだし、利用者の同意を得ることが要件となっているGDPRにもしっかり取り組む。当局の判断を精査し、対応を決める」とコメントし、不服を申し立てるかどうか検討しているとしています。
2019年1月22日 5時27分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190122/k10011786141000.htmlvsヴぇindex

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548106548/続きを読む

グーグル、日本で求人検索に参入

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/28(金) 18:48:24.18 _USER
vcindex
米グーグルは2019年に日本で求人関連事業に参入する。同社の検索サイト上で仕事に関連したキーワードを入れると、複数の求人サイトの情報をまとめて表示し、個人に合いそうな仕事を提案する。求人検索ではリクルートホールディングスが12年に買収した米インディードが「人材業界のグーグル」とも呼ばれるなか、グーグルの参入で日本における競争が激しくなりそうだ。

19年1月にも日本で「グーグル・フォー・ジョブズ」の提供を始める。グーグルの検索サイトで仕事や転職に関連したキーワードを入れると、広告と一般の検索結果の間に求人情報を表示する。ユーザーは役職や雇用形態などを設定して募集を絞り込み、グーグルのサイト内で仕事概要を見られる。

求人サイトや企業の利用料は無料。エン・ジャパンやパーソルホールディングスなど…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39450230X21C18A2916M00/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545990504/


続きを読む

AIアシスタントIQテスト、「Googleアシスタント」がトップで「Siri」が2位

1: ムヒタ ★ 2018/12/21(金) 12:05:57.14 _USER
img_5c1c9cc6bc47f
 米VCのLoup Venturesは12月20日(現地時間)、4つのAIアシスタントを対象にした“IQテスト”の結果を発表した。今年で2回目のこの調査の対象は、米Amazon.comの第2世代「Amazon Echo」搭載の「Alexa」、米Appleの「HomePod」搭載の「Siri」、米Googleの「Google Home Mini」搭載の「Googleアシスタント」、米Microsoftの「Cortana」(Harman Kardonの「Invoke」に搭載)の4つだ。

 総合ランクでは、Googleアシスタントの正解率が88%でトップだった。Siri(75%)、Alexa(73%)、Cortana(63%)の順だった。

 やはりGoogleアシスタントがトップだった昨年のテスト結果からの上昇幅を見ると、Siriが23ポイント、Alexaは9ポイント、GoogleアシスタントとCortanaは7ポイント増えており、Siriの成長の大きさが目立つ。

 調査方法は、地域情報(例:最寄りのコーヒーショップは?)、商品情報(例:ペーパータオルを発注して)、ナビゲーション(例:バスでアップタウンへ行く方法は?)、情報(例:今日のライブの演者は誰?)、命令(例:今日の午後2時にスティーブに電話するリマインダーを設定)の5つの分野で、合計800件の質問をする。質問を正しく理解したかどうかと、正しい答えを出せたかの2点について評価した。

 Googleアシスタントは命令以外のすべてで最も正解率が高かった。命令でのトップはSiriで、音楽関連の命令で他に差を付けたという。
2018年12月21日 11時35分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/21/news089.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545361557/


続きを読む

Google Chromeは「戻る」ボタンで戻れない悪質なウェブサイトを駆逐する予定

1: ムヒタ ★ 2018/12/19(水) 15:04:51.35 _USER
vsdindex
ウェブページで「戻る」ボタンをクリックしても、元のページに戻れないことがあります。Googleはこのような「history manipulation(履歴操作)」と呼ばれる悪質な仕様に終止符を打つべく、ブラウザGoogle Chromeを改良する予定です。

悪質なウェブサイトでは、ページから離脱しようと「戻る」ボタンをクリックしても、一向にページが変わらない、連続クリックしなければ前のページに戻れない、という仕組みになっているものがあります。このような挙動はユーザーにそのページへの滞在を強要しつつ、広告を挿入することで利益をあげるもので、「history manipulation」としてユーザーに嫌われるデザインです。

Chromeの開発者によるとhistory manipulationの問題は少なくとも2年間継続してきたとのこと。ユーザーにフラストレーションを与えることが保証されているhistory manipulationは、ウェブ広告を掲載するGoogleにとっても厄介な問題であり、Googleは本格的にhistory manipulationに対策することになりました。

Google Chromeはユーザーに歓迎されない履歴操作を行うページに対して密かにフラグを立て、Googleにその分析結果を送信します最終的には悪質な履歴操作入りのページは完全にスキップされるようになるとのこと。

履歴操作入りページが完全になかったことにされるまでには予期せぬ挙動を起こす可能性があることから、まずは「#enable-skip-redirecting-entries-on-back-forward-ui」という機能が無効な状態で隠れたフラグとして立てられ、機能が有効化されるまでスキップ処置は免れる状態が維持されるとのこと。予期せぬ不具合が発生しないことが確認されると、機能が有効化されることになりそうです。

履歴操作入りページのスキップするフラグは、Chromeに導入される前にChrome Canaryに先行的に導入される予定です。
2018年12月19日 14時00分
https://gigazine.net/news/20181219-google-chrome-drive-out-history-manipulation/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545199491/


続きを読む

「iPhoneは他社の製品です」議員の質問に困惑するGoogleのCEO

1: ムヒタ ★ 2018/12/12(水) 13:32:00.45 _USER
 sfbindex
米Googleのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は12月11日(現地時間)、米下院司法委員会の公聴会で様々な質問を受けた。中にはGoogleのサービスについて、あまり理解していないと思われる質問もあった。

 共和党のスティーブ・キング議員(69)は、「選挙期間中、私の7歳の孫がiPhoneでゲームをしていたところ、(祖父である)私の画像がここでは言いたくないような言葉と共に表示された。なぜこんなことが起きるのか?」と質問した。

 ピチャイ氏はやや困惑した顔で少し考えてから「議員殿、iPhoneは別の企業の製品です」と答えた。キング氏がそれをさえぎって「Androidだったかもしれない」と言うと、「具体的なアプリが分かればフォローアップしたい。アプリのプッシュ通知かもしれない。もう少し詳しく教えていただければ、あなたのために喜んで説明する」と答えた。

 この公聴会のテーマは「Transparency & Accountability: Examining Google and its Data Collection, Use and Filtering Practices(透明性とアカウンタビリティ:Googleとそのデータ収集、使用とフィルタリングの実践の検証)」というタイトルで、プライバシーや検索結果の公平性、同社が中国で立ち上げようとしていると報じられた政府による検閲可能な検索サービス「Project Dragonfly」などについて、90分にわたって質疑応答が行われた(別記事)。
2018年12月12日 09時00分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/12/news064.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544589120/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ