SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Google

「超計算」人類の手中に グーグル実証か

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/18(金) 20:35:08.91 _USER
lXt9MgvpabULQR3Gkm6o-WvNTc6bMUDSt9Id8jg40
人工知能(AI)などに続く革新的技術として期待される量子コンピューターが「スーパーコンピューターを超える日」が近づいてきた。米グーグルは、理論上の概念だった性能を実証し、最先端のスパコンで1万年かかる問題を瞬時に解く実験に成功したもようだ。米IBMなども研究に力を入れる。急速な進歩はいずれ人類にこれまでにない計算パワーをもたらす。AIの活用や金融市場のリスク予測などを通じ、社会にディスラプション…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51143200Y9A011C1MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571398508/


続きを読む

Google、VRヘッドセット「Daydream View」終了を認める

1: ムヒタ ★ 2019/10/16(水) 07:37:37.39 _USER
yu_view
 米Googleは10月15日(現地時間)、ハードウェア発表イベント「Made by Google」終了後、自社運営のオンラインショップGoogleストアからVRヘッドセットの「Daydream View」のページを削除した。

 Googleは米VentureBeatなどに対し、Daydream Viewの販売を終了することを認める声明文を送った。この中で「われわれが期待していた一般消費者や開発者による幅広い採用はなく、利用が徐々に減少していくのを見てきた」と販売終了の理由を説明した。スマートフォンをVRヘッドセットに挿入するという使い方は、ヘッドセットを使う間アプリへのアクセスを奪うことになるのも大きな問題だとしている。

 Googleは現在、Google LensやGoogleマップのAR機能などのAR体験に多額を投資しているとも語り、VRからARにシフトしていることを示した。

 Daydream Viewの販売は終了するが、サポートは継続する。

 Daydream Viewは、2016年に開催した最初のMade by Googleイベントで発表されたが、その後の3回のイベントでは全く触れられなかった。今年の5月には、VRコンテンツ作成サービス「Jump」の終了が発表され、GoogleのVRからの撤退が噂されていた。
2019年10月16日 06時52分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/16/news072.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571179057/


続きを読む

Google Chrome、HTTPS/HTTPの混在禁止 - 年末年始までに対応を

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/11(金) 17:10:40.96 _USER
dvvds001
Google Chromeチームは10月3日(米国時間)、「Google Online Security Blog: No More Mixed Messages About HTTPS」において、ChromeではHTTPS/HTTP混在ページにおけるHTTPをデフォルトでブロックの対象としていくと伝えた。挙動の変更は年末から2020年第1四半期にわたってリリースされるChromeで順次行われる。

予定されている挙動変更のスケジュールは次のとおり。

Ver. 内容
79 HTTPS/HTTP混在ページにおいて現在ブロックされているJavaScriptやiframeなどのコンテンツのブロックを解除する設定画面を追加
80 HTTPで提供されているオーディオデータやビデオデータなどは自動的にHTTPSへアップグレードされ、HTTPSで提供されていない場合はブロックされる。ただし、Chrome 79で導入される設定画面を通じて個別にブロックを解除することが可能
81 HTTPで提供されている画像を自動的にHTTPSへアップグレードし、HTTPSで提供されていない場合はブロックされる

Webブラウザでは、HTTPSで提供されているページからHTTPでコンテンツを引っ張ってきていることがある。対象はJavaScript、iframe、画像、動画、音声などさまざま。HTTPSで提供しているページからHTTPで提供されているリソースを読み込むことはセキュリティ上好ましくないとされており、現在ではJavaScriptやiframeといったセキュリティ上の懸念が強いコンテンツはデフォルトブロックの対象となっている。

Googleはこの対象範囲を広げて、動画や画像といったコンテンツに関してもデフォルトでブロックするように変更していく。

画像や動画などのコンテンツは危険性が低いと考える人もいるかもしれないが、株価のチャート画像などが差し替えられた場合、投資家を誤った投資へ導くことが可能になる。また、混在リソースに対してトラッキングクッキーを忍ばせることもできる。

さらに、HTTPSからHTTPのリソースを取得している場合、ユーザーに対してそのページが安全か安全ではないのかを提示することが難しいという問題も存在している。

HTTPSページにおける全HTTPブロックが機能するようになった場合、これまで表示されていた画像や動画が表示されなくなる可能性がある。リソースの提供元がHTTPS経由でのアクセスを提供している場合は、これまで通りのコンテンツが表示される。新しい挙動は年始ごろから利用するユーザーが増えると考えられ、それまでに確認やHTTPSへの移行などを実施することが望まれる。
https://news.mynavi.jp/article/20191007-904196/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570781440/


続きを読む

AndroidとBキーボードがあればPCは不要じゃね?

1: ナカヤマくん(北海道) [ニダ] 2019/10/08(火) 18:14:46.19 BE:422186189-PLT(12015)
7798a453f0e84451e751a30e73327857

Googleは10月7日(現地時間)、Android向けのGoogleドキュメント、スプレッドシート、スライドの
アップデートを発表しました。

といっても、新機能が追加されたわけではなく、3月に発表されたGoogleドライブの新デザインに合わせて、
見た目を変更したもの。ファイル選択画面が分かりやすいですが、最近のマテリアルデザインに従った、
シンプルな見た目になっており、一部アイコンなどもデザイン変更が行われています。

ドキュメント、スライドはすでにアップデートが行われており、スプレッドシートは本日から更新が展開されるとのこと。

スマートフォンの画面だけでドキュメントやスライドの作成をするのは、さすがにまだ厳しいものがありますが、
移動中などWindowsやMacが使えない状況で資料の確認やちょっとした手直しをするには、十分な機能を備えています。

MicrosoftのOfficeもアイコンを変更するなど、見た目に力を入れ始めており、機能的に成熟した
先にはデザインでの競争が待っているのかもしれません。

https://japanese.engadget.com/2019/10/08/google-android-google/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570526086/


続きを読む

Googleのスマホpixel4発売(画像あり)

1: OPEN小將(SB-iPhone) [CN] 2019/10/06(日) 19:57:43.59 ● BE:659060378-2BP(8000)

pixel4

有機EL 5.7インチ
スナドラ855
RAM6GB
128GBストレージ
バッテリー2800mAh

画像
no title


スペック
no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570359463/


続きを読む

グーグルが「量子超越性」実証とFT報じる、新量子プロセッサー開発か

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/21(土) 20:53:27.90 _USER
えvせtopm
量子コンピューターが現在のコンピューターをはるかに超える計算能力を持つことを示す「量子超越性」を米グーグル(Google)が実証したもようだと、英フィナンシャル・タイムズ(FT)が2019年9月20日(英国時間)に報じた。量子コンピューター開発が大きなマイルストーンに達した可能性がある。

 FTによれば、グーグルの研究者による論文が米航空宇宙局(NASA)のWebサイトに一時的に掲載されたという。グーグルとNASAは量子超越性分野で提携している。グーグルの研究者はその論文で、現在最高速のスーパーコンピューターである「Summit」を使っても解くのに1万年かかる問題を、グーグルの量子コンピューターが3分20秒で解いたと主張したという。用途は乱数生成とみられる。

 グーグルの量子コンピューター開発を指揮する、米カリフォルニア大学サンタバーバラ校のジョン・マティニス(John Martinis)教授は当初、72量子ビットを搭載する量子プロセッサー「Bristlecone」を使って量子超越性を示すとしていた。しかし同プロセッサーでの実験が難航したため、グーグルは53量子ビットを搭載する新しい量子プロセッサー「Sycamore」を開発して、量子超越性を示したとFTは報じている。米IBMも2019年9月に、同社の量子コンピューター「IBM Q」を53量子ビットに拡張したと発表済みだ。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/06016/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569066807/


続きを読む

「Pixel 4」など発表のスペシャルイベント「Made by Google」は10月15日

1: ムヒタ ★ 2019/09/17(火) 08:17:46.61 _USER
yu_madeby2
 米Googleの秋の恒例製品発表イベント「Made by Google」の今年の開催日は10月15日(現地時間)になった。米The Vergeなど複数のメディアが9月16日、Googleからの招待状を受け取ったと報じた。今年もニューヨークでの開催だ。

 招待状の画像には昨年と同じように「Come see a few new things Made by Gogle(幾つかの新しいGoogle製品を見に来てください)」と書かれている。開催は午前10時(日本時間の15日午後11時)からで、公式YouTubeチャンネルでライブ配信される。

 Googleは既に次期フラグシックスマートフォン「Pixel 4/4 XL」の情報を何度か紹介しており、これが発表されるのは確実だ。

 この他に、2017年10月発表の「Google Home Mini」が「Nest Mini」という名称になってアップデートされると予想されている。「Chrome OS」搭載のノート端末Pixelbookの新モデルも発表されそうだ。

 昨年のイベントでは、「Pixel 3/3 XL」の他、「Pixel Stand」「Google Home Hub」「Pixel Slate」が発表された。
2019年09月17日 06時29分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/17/news060.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568675866/


続きを読む

元Googleエンジニアが「速読術のウソ」を科学的に解説

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/13(金) 16:28:20.60 _USER
ヴぇsヴぇ00
日本だけでも毎日200冊以上の新刊が出版されていることを踏まえると、素早く本の内容を頭にたたき込める速読術を身に付けたいというのは自然な考えです。しかし、元Googleのエンジニアで、キングス・カレッジ・ロンドンで神経学を研究しているアン・ロール・ルクンフ氏は、「速読術はまやかし」だと論じています。

平均的な大学生は毎分200〜400語で英文を読むことが可能だとされていますが、世の中にはそれを大きく超えるスピードで本が読めるようになるとの触れ込みで、たくさんの速読術の講習やアプリが販売されています。

たとえば、以下の記事に記載されている速読技術「Spritz」を身に付けると、毎分500ワードの速度で本が読めるようになるので、分厚いハリーポッターシリーズの本でも3時間で読破することが可能だとされています。

しかし、ルクンフ氏は「一部の速読術に見られるような、文章を一度に読もうというアイデアは生物学的に不可能です」と断じています。その理由は、人間が本を読む際のメカニズムにあります。人が文字を読む際には、サッカードと呼ばれる眼球運動が行われています。サッカードでは、まずテキストの一部を短時間だけ凝視してから、別の部分に目を移しますが、この際に視点が止まっている時間はわずか25〜30ミリ秒と非常に短い間です。しかし、サッカードで文字を読む間、人間は視界のごく一部しか認識できないようになっているので、複数の単語を一度に認識することは原理的に不可能なのだそうです。

また、多くの速読術で悪者呼ばわりされている現象として「後戻り」というものがあります。これは、文字どおり読書中に視線が前の文章に後戻りしてしまう現象のことで、読書している時間の10〜15%がこの「後戻り」に費やされているとのこと。換言すれば、後戻りしなければ読書時間を10%以上短縮できることになりますが、ルクンフ氏は「後戻りは悪い習慣ではなく、脳が物事を有機的にリンクさせながら理解するのに必要なプロセスです」と述べています。

たとえば、速読術の手法の中には同じ場所で単語を短時間ずつ連続表示させることで、目の動きをなくして読書を高速化させる「RSVP:Rapid serial visual presentation(高速逐次視覚提示法)」というものがありますが、この方法では前の単語は消えてしまって見ることができないので、「後戻り」ができません。PSVPについてルクンフ氏は「全体の理解度にひどい影響を与えます。確かに、単語を読みはしますが、真に理解しているとはいえず、記憶にも残らないでしょう」と述べています。

こうしたルクンフ氏の主張を裏付けるのが、マサチューセッツ工科大学の認知科学者であるメアリー・ポッター氏らが行った研究です。この研究では、視神経の構造や文字を理解する脳の仕組みから速読術を検証しましたが、その結果「速さと精度はトレードオフで、適切に理解するには適切な速度で読む必要がある」との結論が導き出されました。つまり、あまりに速く読み過ぎると内容が頭に入らないので、読む意味がなくなってしまうというわけです。

ルクンフ氏によると、ゆっくりと読むと内容が良く理解できるだけでなく、さまざまなメリットがあるとのこと。たとえば、過去の研究では「ゆっくりリラックスしながら本を読むと、わずか6分間でストレスレベルが68%も低下」することが判明しています。ストレス解消の手段としてよく利用されている音楽鑑賞では61%、コーヒーを飲むことで54%、散歩で42%のストレスレベル低下が見られたことを考えると、読書はストレス解消にうってつけだといえます。

また、ルクンフ氏は読書をすることで「記憶力の向上」「語彙力の充実」「分析力の強化」といったメリットが得られるとしていますが、これらの効果は本の内容がきちんと頭に入っていることが前提となります。

ルクンフ氏は「こんなに読んだと自慢できる本のタイトルをいたずらに増やすよりも、少ない本をじっくり読んで確実に自分のものにすべきです」と述べて、本を速く読むよりも内容の理解と吟味こそが重要だと強調しました。
https://gigazine.net/news/20190912-speed-reading-fallacy/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568359700/


続きを読む

検索結果「作為的」 Google・百度離れじわり

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/10(火) 15:54:56.56 _USER
ffb6b431cc345e4a7a68f44cec11fc6f
若者を中心にネット検索の世界で「百度(バイドゥ)・グーグル離れ」がじわり進んでいる。中国と米国の二大企業が長く席巻してきた市場だが、検索結果の作為的な順位づけや広告の多さに嫌気が差す人が増えている。そんなユーザーの不満をくみ取り、米中では新興企業が台頭する。音声検索も広がりを見せ、ネットでの情報収集方法は変わりつつある。

「さようなら百度。あなたがまともになる日まで」――。

上海市在住の中国語教…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49509670W9A900C1TJQ000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568098496/


続きを読む

Gooleのオンライン講座が開講。無料

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/09(月) 20:50:55.81 _USER
190909_googleonlinecourse_top-w960
以前にも紹介した日本のMOOC(公開オンラインコース)の「gacco」に、Googleの提供する「Grow with Google」の3講座が加わりました。

新しく登場した3講座:受講期間は年末まで
8月27日に始まったこれらの講座は、gaccoのほかの講座と同じように無料。しかも「Grow with Google」は自分で開始日が決められる開始日可変型講座なのがうれしいです。

開始日は自由ですが、閉講日は2019年12月31日なので、思い立ったが吉日。開始日から45日間が受講期間となります。

gaccoの他の講座は、4週間で毎週1週間分のアクセスが加わるように設定されているものが多いのですが、この講座では一度に全てのレッスンにアクセスがあり、時間がある時にはどんどん自分のペースで進められる点がありがたいです。

「Grow with Google」では何を学べるのか?
Googleが開講した3つの講座。その気になる内容は一体どんなものなのでしょうか?

早速1つずつ見ていきましょう。
https://www.youtube.com/watch?v=C_pDtZNnh_4


https://www.lifehacker.jp/2019/09/197975free_online_courses_from_google.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568029855/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ