SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Google

ストリートビュー撮影中のグーグル車、無許可で歩行者道を走行か 道交法違反の疑いで捜査へ

1: ティータイム ★ 2018/03/31(土) 00:16:22.58 _USER9
bttindex
産経新聞 2018.3.30 22:28

30日正午ごろ、大分市中央町の商店街「ガレリア竹町」のある歩行者専用の市道を、車1台が通行許可を得ずに走行した。
大分中央署によると、ネット検索大手グーグルのサービス「ストリートビュー」に使用する写真を撮影する専用車両とみられ、同署は道交法違反(通行禁止)の疑いで調べている。

大分中央署や商店街事務所によると、車は商店街の一部を数十秒〜数分間走行したとされる。当時、通行人もいたが事故などは起きていない。
事務所には29日午後9時40分ごろ、グーグル側から徒歩での撮影許可を求めるメールが届いていたが、返事を保留していたという。

同署はグーグル側に事情を聴くとともに、現場の目撃情報を集めるなどして捜査を進めている。

ガレリア竹町は市中心部にあるアーケードの商店街で、多くの飲食店や生活用品店などが並ぶ。

https://www.sankei.com/west/news/180330/wst1803300113-n1.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522422982/


続きを読む

GoogleやNetflixが主導するビデオコーデック「AV1」が正式リリース、4Kストリーミングの普及に期待

1: ノチラ ★ 2018/03/29(木) 16:10:04.84 _USER
no title

GoogleやNetflixなどの主導で開発が進められてきたビデオコーデック「AOMedia Video Codec 1.0(AV1)」がついに正式リリースされました。AV1の登場で、4KなどのUHD画質のムービーストリーミングサービスがより普及すると期待されています。

Get Started ? Alliance for Open Media
https://aomedia.org/av1-features/get-started/#specifcations

The Alliance for Open Media Kickstarts Video Innovation Era with “AV1” Release ? Alliance for Open Media
https://aomedia.org/the-alliance-for-open-media-kickstarts-video-innovation-era-with-av1-release/

Ciscoの調査によると、2021年にはインターネットトラフィック全体の82%をムービーが占めることになるとのこと。まさにインターネットビデオ時代が到来することが見込まれていますが、増大するトラフィックを抑制するために、4KなどのUHDムービーのサイズ容量減が要求されており、これが次世代コーデックとしてAV1が開発された理由です。

AV1を開発するAOMediaは、第三者による比較検証でAV1が平均して30%も圧縮率が高いという調査報告が出されていたと述べています。

以下は、AOMediaメンバーのBitmovinによるテスト結果。HEVCとの比較では4K(2160p)で約44%も高い圧縮率だとのこと。
no title


VP9との比較でも、HD画質以上では20%を超える高い圧縮率であることが分かります。
no title


AOMediaは、2018年3月28日にAV1の仕様をついに一般公開しました。AV1の公開仕様書には、次世代チップの開発を可能にするビットストリームの仕様や製品検証のためのリファレンスストリームなどが含まれています。

AOMediaは約3年かかったAV1の開発について、専門家とともに開発し業界からのフィードバックを得ることで、最高品質のビデオを実現するためのボトルネックを解決したと述べています。2019年末までに全世界の4Kテレビの設置台数は3億台に到達すると予想されており、4Kムービーコンテンツの潜在的な需要があるとのこと。オープンソースのAV1の正式リリースには、創立メンバーのAmazon、ARM、Cisco、Facebook、Google、Intel、NVIDIA、Mozilla、Netflix、Microsoft、Adobe、AMD、Amlogic、Argon Degign、Bitmovin、Hulu、Ngcodec、Socionext、Videolan、Vidyo、Xilinxから喜びのコメントが寄せられています。

AV1の正式リリースによって、AV1用のソフトウェア・ハードウェア両面でエンコーダー、デコーダーの開発が進むとみられ、4Kストリーミングコンテンツが本格的に普及し始めると期待されています。

AV1のデモンストレーションは、アメリカ・ラスベガスで開催されるNAB Showで2018年4月10日、11日に行われる予定です。
https://gigazine.net/news/20180329-av1-release/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522307404/


続きを読む

Google未認証のAndroid端末でGoogle純正アプリが使えなくなる予定

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/03/27(火) 22:14:18.10 _USER9
sdindex
GoogleがAndroidの利用条件に掲げる各種認証を受けていないAndroidスマートフォンをブロックする計画であることが分かりました。一部の中国製の端末などで、Androidアプリが一切、利用できなくなる可能性があります。

Google now blocks GApps on uncertified devices, but lets custom ROM users be whitelisted
https://www.xda-developers.com/google-blocks-gapps-uncertified-devices-custom-rom-whitelist/

モバイル端末用OSのAndroidはオープンソースであり、無料で利用できるだけでなく、改良したカスタムOSを作成することも認められています。これに対して、各種Googleサービスアプリはオープンソースではなく、Googleのガイドラインに従った利用が要求されます。例えば、Googleがリリースしている「Googleマップ」「Gmail」「Google Play Store」などのアプリを利用するには、端末メーカーはGoogleによって作成された互換性を定義する文書「CDD」に従って端末を開発することが要求され、さらに互換性テスト「CTS」に合格することが求められています。これらの基準に従う限りGoogleサービスの安定動作が保証されており、Googleサービスアプリを利用したりPlay Storeで提供される各種Androidアプリを利用できるというわけです。

そもそも、「Android」はGoogleの商標であるため、Googleの定める互換性要件を満たさない端末はAndroidを名乗ることが許されず、厳密には「Androidフォーク」と呼ばれます。例えば、XiaomiのMIUIやAmazonのFire OSなどがAndroidフォークとしては有名です。OSのベースはAndroidですが、これらのAndroidフォーク端末では独自のアプリが提供されており、ユーザーは基本的にはそのエコシステム内での利用が想定されています。

とはいえ、ベースがAndroidであることから多くのAndroidアプリがAndroidフォーク端末でそのまま動くため、ユーザーが手動でGoogleマップやGmail、Androidアプリを提供するGoogle Play Storeアプリさえもインストール可能です。本来はAndroid端末にプリインストールされているGoogleサービスアプリですが、掲示板やカスタムROMサイト、サードパーティ製のアプリストアなどでAPKファイルが公開されており、Androidフォーク端末ユーザーは、Googleのお墨付きを得ない形でGoogleサービスアプリを利用しているという実態があります。

端末が認証されていない場合、Play Storeの「設定」の「端末の認証」に「Uncertified」(認証されていません)と表示されます。


Googleはこれまで認証済みでない端末に対して事実上の黙認状態でしたが、認証済みでない端末のGoogleサービスアプリの利用を認めない方向に舵を切った可能性が、カスタムROMなどに関するフォーラムXDAで指摘されています。

liam_davenport氏は、未認証の端末で「Device is not certified by Google」(端末はGoogleの認証を受けていません)という画面が現れたと報告しています。この画面が表示されるとGoogleアカウントのサインインが解除され、Googleサービスアプリの利用ができなくなるとのこと。もちろんGoogle Play StoreからAndroidアプリを入手できなくなります。ユーザーに与えられる選択肢は「端末メーカーに認証を受けるようにメールを送ること」です。苦情を受けたメーカーは、Googleの規約通りにCTS認証を受けなければ端末が事実上、市場で受け入れられなくなるというわけです。

なお、GoogleはカスタムROMに対しては寛容で、カスタムROMユーザーの場合、Android IDを以下の端末の登録ページから通知してホワイトリストに追加してもらい、ロックを解除してもらえるとのこと。ただし、自分の端末のAndroid IDを調べるにはADBコマンドで「settings get secure android_id」と入力する作業が必要で、XDAフォーラム参加者ならいざ知らず、多くのライトユーザーにはハードルが高いと言わざるを得ません。



gigazine 2018年03月27日 15時00分00秒
https://gigazine.net/news/20180327-google-block-uncertified-device/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1522156458/


続きを読む

さすがgoogle MAP。行方不明のマレーシア航空機をgoogle MAP上で発見!

1: 【東電 80.9 %】 (帝国中央都市) [CA] 2018/03/20(火) 20:57:56.60 BE:416336462-PLT(12000)

航空機事故の調査に取り組んでいるオーストラリアのアマチュア、ピーター・マクマホンさんは、4年前にインド洋で消息を絶ったボーイング機を見つけるために
数年前から米航空宇宙局(NASA)とGoogleマップの画像を調べている。そしてマクマホンさんは、海で航空機の残骸を見つけることに成功したと主張している。ザ・サン紙が報じた。
マクマホンさんによると、写真では航空機の胴体だけでなく、ボーイング機が文字通り弾丸の穴で覆われていることがはっきりと見てとれるという。
マクマホンさんは、墜落現場は捜索活動に含まれていないセーシェル諸島に属する小さな島ルアンドから南に16キロの領域だと主張している。
マクマホンさんはオーストラリア交通安全局に報告書を送った。同局は、画像は消息を絶った航空機の可能性があることを認めたという。
マレーシアのクアラルンプールから中国の北京へ向かっていたボーイング777型機は2014年3月8日にインド洋上空で消息を絶った。同機には239人が搭乗していた。
機体の残骸及び乗客の遺体は見つからなかった。

https://jp.sputniknews.com/life/201803204690729/
no title

no title

no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521547076/


続きを読む

グーグル検索、自分の名前を検索すると過去の犯罪歴が表示 ネットの犯歴削除認めず

1: ばーど ★ 2018/03/14(水) 20:15:03.07 _USER9
37index
インターネットで自分の名前を検索すると、過去の犯罪歴が表示されるとして、男性が検索結果を削除するよう米グーグルに求めた訴訟の判決で、福岡地裁(波多江真史裁判長)は14日までに男性側の請求を棄却した。判決は13日付。

 代理人弁護士によると、男性は10年以上前に逮捕され、内容を報じた記事がインターネット掲示板に転載されていた。判決は「男性の罪は強い社会的非難の対象となる内容だった。社会の関心事項といえ、情報を流通させる意義はある」と判断した。

 男性側は「時間が経過し、社会の関心は失われた。プライバシーの観点からも削除すべきだ」と主張していた。

2018年03月14日 18時56分
西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/401172/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521026103/


続きを読む

「最も価値ある国際ブランド」トップ30 Googleが3位に後退、1位は?

1: ノチラ ★ 2018/03/10(土) 15:15:56.44 _USER
55index
最も価値ある国際ブランドを選ぶ「ブランド・ファイナンス・グローバル500」が発表され、日本からはトヨタとNTTグループの2ブランドがトップ20入りした。しかしトヨタは2017年から4つ、NTTグループは5つ順位を下げた。

Googleに代わって首位に輝いたのはAmazonだ。Appleは2位を維持し、Googleは3位に後退した。

トップ30の3分の1を中国ブランドが占めているが、中国移動通信以外は飛躍的に順位やブランド価値を上げている。米国からは12ブランド、ドイツからは4ブランド、韓国とオランダは各1ブランドが選ばれた。

ランキングは英コンサルティング企業ブランド・ファイナンスが、「競争力(資力・パフォーマンスを含む持続的な成長の可能性)」「売上高」「ロイヤリティー率」に基づき、世界500ブランドを評価したもの。

30位(昨年48位) 中国平安保険(中国)
29位(29位) バンク・オブ・アメリカ(米国)
28位(40位) フォルクスワーゲン(ドイツ)
27位(30位) ザ・ホーム・デポ(米国)
26位(33位) 中国農業銀行(中国)
25位(29位) 華為技術(中国)
24位(24位) チェース(米国)
23位(17位) シェル(オランダ)
22位(18位) T-モバイル (ドイツ)
21位(47位) 騰訊(中国)

20位(15位) NTTグループ(日本)
19位(初登場) 国家電網(中国)
18位(28位) 中国銀行(中国)
17位(16位) BMW(ドイツ)
16位(12位) トヨタ(日本)
15位(20位) メルセデスベンツ(ドイツ)
14位(13位) ウェルズ・ファーゴ(米国)
13位(11位) 中国移動通信(中国)
12位(22位) 阿里巴巴集団(中国)
11位(14位) 中国建設銀行(中国)

10位(10位) 中国工商銀行(中国)
9位(8位) ウォルマート(米国)
8位(7位) ベライゾン・コミュニケーションズ(米国)
7位(5位) Microsoft(米国)
6位(4位) AT&T(米国)
5位(9位) Facebook(米国)
4位(6位) サムスン(韓国)
3位(1位) Google(米国)
2位(2位) Apple(米国)
1位(3位) Amazon(米国)
https://zuuonline.com/archives/183785
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1520662556/


続きを読む

位置ゲーム「Ingress」がアニメ化

1: サーバル ★ 2018/03/08(木) 21:59:53.61 _USER9
 82index
テレビアニメ版「Ingress」の放送時期が、2018年10月からに決定しました。フジテレビの新アニメ枠「+Ultra」での放送。制作は「毛虫のボロ」などのCGを手掛けてきたクラフタースタジオが担当します。

 原作の「Ingress」はNianticが開発した位置情報ゲームで、現実の地図上を舞台に、「エキゾチック・マター(XM)」と呼ばれる未知の物質を巡り、「エンライテンド」「レジスタンス」の2陣営が勢力争いを繰り広げるという内容。後にリリースし爆発的ヒット作となる「ポケモンGO」の前身になったタイトルとしても有名です。

 公式サイトの「INTRODUCTION」によると、エンライテンドとレジスタンス、そしてXMといったバックボーンはそのままに、2018年の東京、そして世界を舞台にした新たな物語が描かれるもよう。監督はCGアニメーターの櫻木優平さんが務めることも発表されています。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1803/08/news147.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520513993/


続きを読む

グーグル、「ザガット」売却 新興ネット企業に

1: ムヒタ ★ 2018/03/06(火) 09:32:17.93 _USER
22264-attachment_small
【ニューヨーク=清水石珠実】米グーグルが飲食店情報を手がける「ザガット」を売却することが分かった。新興ネット企業のインファチュエーションが5日、買収を発表した。買収額などの詳細は公開していない。

グーグルは2011年にザガット・サーベイを買収。米報道によると、買収額は約1億5000万ドル(約160億円)だった。ザガットが世界で抱える3万件以上の飲食店情報とグーグルが提供する地図情報の融合などを目指していた。

その後、飲食店の口コミ情報に強い米イェルプの台頭などで競争が激化。グーグルが自社で飲食店の口コミ情報を扱うようになったこともあり、ザガットを傘下に抱える意義が薄まっていた。

インファチュエーションは09年の創業。少数先鋭の専門家によるレストラン批評に定評がある。ザガットの知名度を生かして利用者増を目指す。
2018/3/6 8:29
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27738090W8A300C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1520296337/


続きを読む

グーグルの「忘れられる権利」 欧州で削除要請240万件

1: 復讐の鬼 ★ 2018/02/28(水) 18:12:40.15 _USER9
71index
米インターネット検索大手グーグルは26日、欧州で検索結果から消去するよう要請があったウェブサイトのURLが計約240万件に上ったと発表した。

欧州で2014年に認められた「忘れられる権利」を受けた措置。審査を終えた要請のうち、削除に応じたのは43%だったとした。

 16年以降の集計によると、著名人らを除いた個人が要請のほとんどを占めた。
ほかは企業や政治家など。サイトの種類別では住所録やニュース、ソーシャルメディアが多かった。内容は、職業情報や犯罪などが目立った。

 個人が望まない情報などを検索できないよう要請できる「忘れられる権利」は、欧州連合(EU)司法裁判所で14年5月に認められた。
グーグルは公益性なども考慮した上で、不適切な場合は、検索結果から除外しているという。(共同)

http://www.sankei.com/economy/news/180228/ecn1802280044-n1.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1519809160/


続きを読む

AIスピーカー、アマゾンよりグーグルを選ぶ4つの理由

1: ノチラ ★ 2018/02/11(日) 21:05:30.27 _USER
 22index
米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)音声アシスタント「アレクサ」は2014年11月のリリース以来、メディアの話題をさらってきた。初のアレクサ搭載機器である初代「アマゾンエコー」のデビューに続き、さらに7種の機器がアマゾンから発売された。対応機器は増え続けており、勢いが衰える気配はない。

米グーグルはアマゾンの大成功を3年近く傍観した末に、腰を上げて参戦するときが来たと判断した。グーグルのAIスピーカー「グーグルホーム」はまだ新顔だが(発売されたのは17年10月)、強烈なパンチ力があるのは確かだ。

 アレクサの機能はよく知られているが、多くの消費者はグーグルホームについてはまだよく分かっていない。発売初期の調査で、グーグルホームは150社が手掛ける1000台以上のスマート機器と連携できることが明らかになった。これは見事だ。さらに、エコーとグーグルホームのAIの性能を比較した実験では、いくつかの重要な分野でグーグルホームがエコーを上回っていることが証明された。

 だが市場ではアレクサが優勢だ。消費者やテクノロジー好きがグーグルホームを見直して、エコー搭載端末と同等(あるいはそれ以上)の敬意を払うべき4つの理由を挙げよう。

■音楽ストリーミング配信でアレクサよりやや優位

 グーグルホームはエコーと同様に、音楽やポッドキャストを再生する手順を単純化してくれる。音楽配信サービス「グーグルプレーミュージック」は当然として、「パンドラ」や「スポティファイ」など様々なプラットフォームの楽曲をストリーミング配信できる。さらに、ポッドキャストやニュース、ラジオも聴ける。グーグルの動画視聴端末「クロームキャスト」対応アプリを持つ音楽配信サービスであれば、何にでも対応可能だ。

 グーグルホームとアマゾンエコーの音楽配信機能はほとんど同じだ。だが、グーグルホームの方がエコーよりも優れている点が一つある。有料動画配信サービス「ユーチューブレッド」の会員なら、音楽配信サービス「ユーチューブミュージック」コンテンツをストリーミング配信できる点だ。

■クロームキャストとの連動性はピカイチ

 グーグルのクロームキャストは「ロク」「アップルTV」「ファイアTVスティック」といった人気の動画配信機器としのぎを削るライバルだ。グーグルホームとクロームキャスト機器を連携させれば、音声操作でコンテンツのストリーミング配信が楽しめる。ホームとクロームキャスト対応機器を連携させれば、写真や動画のクラウド保存サービス「グーグルフォト」や動画配信サービス「ネットフリックス」のコンテンツ、テレビ各局やユーチューブの動画を音声操作で再生できる。

 グーグルホームはユーザーのケーブルテレビのパッケージの名前やチャンネルも認識できるため、CEC(HDMI機器制御)対応テレビなら「OKグーグル、ゴルフチャンネルをつけて」と言えばよい。グーグルホームとクロームキャストを連携させる最大のメリットの一つは「OKグーグル、テレビを付けて」と言えばテレビのスイッチを入れたり、前述のように具体的なコンテンツをリクエストしたりできる点だ。

 新しいセットアップボックスを買いたいと考えているのなら、今のテレビの大半にはクロームキャストが標準装備されている。後はテレビにHDMI入力端子とUSBポートが付いていて、自宅に信頼できるWi−Fi接続があればよい。

■グーグルアシスタントの性能はアレクサと互角

 AIアシスタントのおかげで、2週間おきに小切手を切って家事代行サービスを頼む必要はなくなった。グーグルホームを使えば、アレクサと同様に音声操作によるタイマーやアラームの設定、手ぶらでの通話、料理をしながらレシピを尋ねるといった素晴らしい機能が楽しめる。

 グーグルホームでは家族それぞれのプロフィルを作成できる「ボイスマッチ機能」を設定し、エコーからメモを取ることも可能だ。このため、グーグルホームなら一定の空間にいるユーザー全員に個別の体験を提供できる。自分の好みやニュアンスを理解していないAIアシスタントなんて、何の役に立つのだろうか。

■ネストでスマートホームを手軽に実現

以下ソース
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26725340Z00C18A2000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1518350730/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ