SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Google

反社会的企業Google。グーグルマップで車カスに違反取締りを教えてしまう。規制待ったなし

1: 名無しさん@涙目です。(空) [PL] 2019/03/19(火) 20:47:33.46 ● BE:842343564-2BP(2000)
dvxindex

米警察、グーグルに対し「交通取締り情報」の表示停止を要請
https://www.excite.co.jp/news/article/ForbesJapan_25468/

米国の警察はここ数年、グーグルの交通ナビゲーションアプリ「Waze」が、車のドライバーたちにスピード違反の取締り情報をシェアさせることに神経を尖らせてきた。

そんな中、ニューヨーク市警察(NYPD)がWazeに対して書簡を送り、警察官の位置情報や飲酒運転の検問所の表示をやめるよう、要請していたことが分かった。NYPDは次のように述べていた。

「このような情報の共有は、飲酒運転を行うドライバーらが検問を回避することを助け、無責任な運転を助長する。検問所の位置情報を開示することは、人々を危険にさらすことにつながる」




https://i.imgur.com/GeygZ0f.jpg
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552996053/


続きを読む

Googleも折りたたみ式スマホの特許を出願した

1: ムヒタ ★ 2019/03/16(土) 13:24:55.95 _USER
特許出願は、ある会社がテクノロジーに対して特に真剣に取り組んでいるということを意味しているだろうか?答えはノーだ。

では携帯電話を製造しているすべての会社は、少なくとも折りたたみモデルの検討を行っているだろうか?おそらくはイエスだ。

米国特許商標庁に提出されたラフスケッチと技術詳細からでは、個々の会社がどれほど真剣に、その計画に取り組んでいるのかを知ることは困難である。実際には、ほとんどの企業が当然のことながら、この技術に対しては様子見アプローチをとっている。

Patently Mobileによって発見された新しい特許出願は、おそらく様子見アプローチに属するものだ。Googleは、結局のところPixelやその他のハードウェアを他のデバイス製造業者に大量に外注している ―― そして特に注目すべき点は自身のディスプレイを製造していないということだ。そうではあるものの、申請書類には財布に似た折りたたみデバイスの姿を見ることができる。

「FOLDABLE DISPLAY NEUTRAL AXIS MANAGEMENT WITH THIN, HIGH MODULUS LAYERS」(薄型高弾性層に伴う折りたたみ可能ディスプレイの中間軸管理)というタイトルは、間もなく発売されることが発表されているサムスンやファーウェイのものと比べてしまうと特に、一見非常にシンプルなものだ。皆がびっくりしたシャオミのコンセプトモデルに関しては言うまでもない。とはいえこの特許申請によってGoogleは、Appleやモトローラと同様に、少なくとも折りたたみ式アイデアをつつき回す陣営への仲間入りを果たしたことになる。

特にGoogleは、少なくともソフトウェアの観点からは、既にこの分野に参入している。同社は昨年サムスンと共同で、Androidを搭載したGalaxy Foldなどのデバイスをサポートすることを発表した。このため、マウンテンビューの奥深く、何処かに潜む誰かが、様々なコンセプトをつつき回している可能性がある。

消費者の関心という意味では、もちろん折りたたみ式はまだ好奇心の対象に過ぎない。その価格はほぼ2000ドル前後で、これはこれまでの旗艦モデルの2倍の価格だ。比較的安価なエントリーモデルが長い間Pixelシリーズの魅力の1つとなってきたことを思うと、Googleが今年2000ドルの折りたたみ式を急いで出すとは思えない。
no title

2019年3月16日
https://jp.techcrunch.com/2019/03/16/2019-03-15-google-filed-a-folding-phone-patent-application-too/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552710295/


続きを読む

Google、円周率計算31兆桁達成 世界記録更新

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/14(木) 21:54:15.18 _USER
xdvxindex
米Googleは3月14日(米国時間)、「円周率の日」に合わせ、同社のクラウドコンピューティングサービス「Google Cloud」を用いて円周率を小数点以下約31兆4000億桁まで計算したことを発表した。2016年に記録されたこれまでの世界記録、約22兆4000億桁を9兆桁更新し、新たにギネス世界記録に登録された。

 計算には、Google Cloud上の96個のvCPU(仮想CPU)と1.4テラバイトメモリを用意してクラスタを構築。計算結果の書き込みには1ノード10テラバイトのインスタンスを24個用意し、最大170テラバイトまで利用した。

計算は2018年9月22日から始め、19年1月21日に終了。約111日間計算を続け、ディスクの読み込み、書き込み量の合計はそれぞれ9ペタバイト(9000テラバイト)、7.95ペタバイトに及んだ。

 111日間の計算の結果、小数点以下31兆4159億2653万5897桁まで円周率を計算したという。円周率の最初の14桁である「3.1415926535897」に合わせた。

 以前の円周率世界記録は、16年にピーター・トルエブさんが達成した22兆4591億5771万8361桁。CPUに「Xeon E7-8890 v3」を4個、1.25テラバイトメモリの計算リソースで約89日間かけて計算した。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/14/news148.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552568055/


続きを読む

WWW誕生から30周年 Googleもロゴで祝福

1: ムヒタ ★ 2019/03/12(火) 09:09:57.27 _USER
 2019年3月12日、World Wide Web(WWW)が30周年を迎えた。Googleは検索ページに記念ロゴ(Doodle)を掲示。フロッピーディスクスロット付きのブラウン管ディスプレイのPCが電話線でつながり、地球の画像を表示しているロゴで、WWW30周年を祝っている。
no title


 30年前の1989年3月12日は、ティム・バーナーズ・リー氏が欧州原子核研究機構(CERN)に、現在のWebの基本構想をまとめた「Information Management:A Proposal」を提出した日。URI(URLやURN)やHTTP、HTMLなど現在も使われているWebの根幹技術も、彼によって構築されたものだ。

 CERNは30周年を記念したイベントを開催予定。イベントの様子はYouTubeでライブ中継される。
2019年03月12日 07時28分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1903/12/news062.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1552349397/


続きを読む

自動運転開発、米グーグル系が圧倒 人の介入も半減

1: ムヒタ ★ 2019/03/08(金) 06:10:28.40 _USER
75
【シリコンバレー=白石武志、北京=多部田俊輔】自動運転の技術開発を巡る米グーグル系のウェイモの独走ぶりが、米カリフォルニア州への各社の報告から浮き彫りになった。同州が開示した2018年分のデータを日本経済新聞社が独自に集計したところ、ウェイモは走行距離で2位の米ゼネラル・モーターズ(GM)系を大きく引き離した。事故回避などのために人が運転に割って入った介入頻度も前年の半分に抑えた。米アップルや中…
2019/3/8 2:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42184090Y9A300C1TJ1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551993028/


続きを読む

日本の Google マップが変わります!(近日公開予定)

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/06(水) 16:47:17.36 _USER
Maps_Delivery_female
Google マップは 2005 年に日本でサービスを開始して以来、さまざまな旅をしてきました。無数の道や店舗を地図に反映したり、ビルの中に入ったり、航空写真を撮影したり、3D 画像を追加したり、富士山を登って頂上からの景色を撮影したり、久慈の海女さんと海に潜ったりしました。

日本における Google マップの次のステップは、より柔軟かつ包括的なマップを皆さまに提供することです。そのために、ストリートビュー画像、交通機関を含む信頼のおける第三者機関から提供される情報、最新の機械学習技術、地域のユーザーの方々からのフィードバックなどを活用し、新しい地図を開発しました。

前述の、地域のユーザーからのフィードバックというのは、とても大事なポイントです。Google はテクノロジーを得意としますが、それぞれの場所を一番熟知している各地のユーザーから提供される情報は地図を作る上で欠かすことができません。新しい地図では、ユーザーの皆さまがより簡単にフィードバックを送れるようになり、いただいた情報を元に Google は地図を最新の情報にアップデートすることができます。情報の更新や修正が必要な場合、ぜひマップの 「フィードバックの送信」 ツールからお知らせください。

地図が新しくなることで、「次を右折」だけではなく、「コンビニで右折」といったように、ランドマークを目印とするナビゲーションといった、わかりやすい徒歩ナビゲーション、そして今後数ヶ月の間にはより便利な乗換案内やダウンロード可能なオフラインマップなどの機能が加わります。

新しい Google マップはまだ公開しておりませんが、今後数週間以内に提供を開始する予定です。いつもの通勤やレストランの検索に Google マップを使う際、新しい Google マップをご覧になって皆さまが戸惑うことがないよう、早めにお知らせしています。Google は、今後も皆さまの力をお借りし、Google マップを最新かつ正確に充実させ、地域の人々、観光客など、誰もが便利に使えるサービスを提供してまいります。
https://japan.googleblog.com/2019/03/GoogleMapsRefresh.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551858437/


続きを読む

NetflixやGoogleアカウントまで共有--個人情報を“渡す”10代

1: 田杉山脈 ★ 2019/03/02(土) 18:00:41.21 _USER
sdvdsindex
ある高校生がこんな言葉をつぶやくのを聞いた。「友だちのアカウントが何だかおかしかったから、『誰かとアカウント共有してるのかな』と思った」。この発言に驚く大人は多いだろうが、若者の間では特に問題とされない。

 若者の間では、様々なアカウント共有が一般化しつつあるためだ。若者たちの間におけるアカウント共有の実態と危険性についてご紹介したい。

 「Netflixのアカウント共有しない?」。Twitterではそのような投稿は少なくない。大学生の間で、友だちを集めてアカウントを共有する学生が増えているのだ。

2017年のロイター/イソプス調査によると、定額動画配信サービス利用中の18〜24歳の21%が、同居家族以外のユーザーのログイン情報でNetflixやHuluなどにログインしたことがあるという。もちろん別居している家族のアカウント情報でログインしたユーザーもいるだろうが、中には友人などとアカウント共有しているユーザーも多いと考えられるのだ。

 動画配信サービスの多くは、複数の端末からログインして利用できるようになっている。ただし規約によって、たとえばHuluは「お客様のHuluサービスアカウントは1つの時点において1つのみの同時ストリーミングに限定されることにご同意いただくものとします」と明記されており、多くのサービスは個人・家族利用に限定されていることが多い。

 一方でNetflixの場合、プレミアムプランなら1800円で4台まで同時視聴可能となる。通常、1つのアカウントを共有すると、自分の視聴履歴などが見られてしまう上、使いづらくなる。ところがNetflixでは、アカウントとは別にプロフィールを作成し、視聴履歴やマイリストなどが管理できる上、友人とのシェアも規制されていない。

 うまく友人を集めることができれば、1人につき月額450円と格安で動画配信サービスを楽しめてしまうというわけだ。「みんなお金ないし、動画は見たい。だからシェアしまくってますよ」と大学生たちは言う。彼らにとって安くなることは正義だ。シェアリングエコノミーが流行しているが、サービスもシェアする時代になってきているというわけだ。

レベル上げ代行でゲームアカウント共有も
以下ソース
https://japan.cnet.com/article/35133297/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551517241/


続きを読む

グーグルとクアルコム、5Gで対アップル連合

1: ムヒタ ★ 2019/02/27(水) 07:35:13.65 _USER
767
【バルセロナ=中西豊紀】次世代高速通信規格「5G」を巡り、グーグルとクアルコムが距離を縮めている。念頭に置くのはアップルへの対抗だ。5G対応のスマートフォン(スマホ)ではクアルコムの半導体とグーグルの基本ソフト(OS)を載せた端末の開発が先行している。アップルを共通の敵と位置づける2社の「連合」は、業界の競争環境を変えるかもしれない。

「クアルコムと活力ある5Gの経済圏をつくっていくことに喜びを…
2019/2/27 7:28
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41799180X20C19A2000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551220513/


続きを読む

廉価版スマホ、グーグルが参入 ハード事業を本格化

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/13(水) 19:58:52.57 _USER
78
米グーグルが価格を引き下げたスマートフォン(スマホ)の発表を計画していることが分かった。799ドル(約8万8千円)の現行モデルより価格を下げた中〜低価格帯のスマホを2019年に発売する。米アップルのiPhoneなど高級スマホの不振が鮮明になるなか、品ぞろえを拡充する。同社初のスマートウオッチも打ち出す見通しで、ハード事業強化が鮮明になる。

台湾のサプライヤーの関係者が明ら…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41221350T10C19A2EA2000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550055532/


続きを読む

ヘイトと暴言に満ちたGoogle社員用匿名掲示板

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/08(金) 19:24:46.20 _USER
今年の一月、Google(グーグル)のシステム信頼性エンジニアであるLiz Fong-Jones氏が、50万ドル分の持ち株を放棄し、11年間勤務したGoogleを退社してスタートアップ企業のHoneycomb.ioに転職すると発表しました。包括性や多様性を強く訴えて来た彼女は、Googleプロダクトや労働環境の倫理に関し、Google経営陣への不満を退社理由としています。特定の出来事は明記しませんでしたが、Googleでは最近、セクハラ事件の扱いやペンタゴン(アメリカ国防総省)のAIドローンプログラムとの関わりで社員によるストライキが発生しました。

差別と偏見に満ちたコメント
匿名掲示板アプリのBlind(ブラインド)にはGoogle社員専用のプライベートチャンネルがあり、そこでは彼女の同僚が退社を“祝福”していました。以下の抜粋は、安全のために匿名を希望しているGoogle社員から米Gizmodoが受け取った何百というコメントの一部です。Fong-Jones氏の退社に関するコメントは、彼女がトランスジェンダーで有色人種であることに対する差別と偏見に満ちています。

「今週末最高のニュースだね。彼女のシンパはみんな出て行けば良いのに」

「クソみたいな人間だな」

「悪性腫瘍がやっと切除された!」

「Googleには嬉しい瞬間だね」

「オニーサン、ヤスクシトクヨってか?タダでもいらね」

「そもそも彼女はGoogleで何やってたの? SJW(ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアー、ダイバーシティなど社会進歩的な考え方を広める人を軽蔑的に指す言葉)のリーダー?」

「そんな感じ。いなくなってせいせいした」

「Googleが人種差別やマイクロ・アグレッション(自覚なき差別)、偏屈な考えの温床だというなら、お前に安全な場所なんてどこにもないよ。お前は被害者意識が永遠に抜けない。メンタルケアが必要なんだ」

「ずっと思ってたけど、Lizって何? 彼女はトランスジェンダー? 男にしか見えないけど」

「ああ、男だったんだよ」

コメントの中には、ハラスメントやドクシング(個人情報を漏洩させること)のためのサイトに投稿された、彼女に対するさらなる攻撃が書かれたスレッドのリンクが貼られていました(現在ではBlindに投稿された彼女に関するコメントの殆どは削除されています)。
no title


これらの暴言に対し、2月1日まで社員だったFong-Jones氏は米Gizmodoに対して以下のようにコメントしています。

「こんな人たちが私の同僚にいて、明らかに社内コミュニケーション規則に反する暴言を堂々としているのは、正直恐怖です。批判は受け止めることができますが、批判と私のジェンダーに対するヘイトはまったく別です」

匿名掲示板に集まる悪意
韓国で2014年にローンチされ、米国ではその翌年にリリースされたBlindは大企業(主にテック企業)が利用でき、社員用のメールアドレスでのみ作れるアカウントを通じて、プライベートで匿名な掲示板にアクセスできます。また、Blindには他社の社員も見ることのできる、パブリックで検索可能な掲示板も存在します。Blindによれば、データベースにはメールアドレスを保存しておらず、投稿した人間が誰かを調べられるデータもトラッキングしていないそうです。同社の企業理念によると、「職場の人間すべてに力を与え」、「黙殺されてきた意見に声を与えるために」このプラットフォームがデザインされたとのこと。しかし、年を経るごとに掲示板には悪意が集まり、社員が孤独や危険を感じるようになってきました。

(Blindの匿名メッセージを読む際に注意しなければならないのは、正社員だけでなく契約社員でも社員用メールアドレスを貰って書いていることがあり、退社した人間も掲示板に書き込むことができる点です)

Blindによると現在ユーザーは二百万人ほどで、49,200人がMicrosoft(マイクロソフト)、34,800人がAmazon(アマゾン)、13,500人がGoogle、そして10,500人がFacebook(フェイスブック)からだそうです。
以下ソース
https://www.gizmodo.jp/2019/02/harassment-transphobia-and-racism-googles-blink-chatting-forum.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549621486/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ