SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:楽天

三木谷氏「MVNOは奴隷みたいなもの」 楽天がMNOで“完全仮想化ネットワーク”にこだわる理由

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/21(木) 22:59:43.59 _USER
楽天モバイルネットワークは2019年10月のMNOサービス開始に向け、テックマヒンドラとの連携による次世代のコアネットワーク(4G/5G)の試験設備「楽天イノベーションラボ」を東京都内に設立し、メディア向けの内覧会を実施した。

このラボは商用ネットワークと同じ環境を設置する試験設備で、既に楽天がコアネットワークとして採用している世界初の完全仮想化クラウドネットワークが構築されている。

楽天モバイルネットワークCTO(最高技術責任者)のタレック・アミン氏は「商用4Gとこれからの5Gの完全なコピーを置いて、24時間動作する完全自動化テストと、ベンダーとも直結した設備によって問題点を検出できる。また、IT系のサービスはNetflixだとサービスを提供しながら1日に1000ものアップデートを入れているが、テレコムのサービスではできない。これを楽天が変えていく。もし問題が起きても、リアルタイムに数分、数秒で修正できるのが強み」と語った。

完全仮想化クラウドネットワークの特徴は、ネットワーク設備に専用のハードウェアを使わず、サーバ上のソフトウェアと汎用(はんよう)のハードウェアで設計されている点にある。例えば、基地局を制御するBBU(Base Band Unit)も基地局の設備ではなく、各地のエッジデータセンターのサーバで制御する。EPC(Evolved Packet Core)やIMS(IP Multimedia Subsystem)など、ネットワークを構成する他の各システムも同様だ。

専用のハードウェアを持ち込んで個別に開発やテストを実施する必要がなく、クラウド上で改修を行い自動でテストを実施できるのもメリットだ。Intelの汎用サーバを採用することで、コスト面でも有利だという。また、基地局についてはBBUを設置する必要がなくなり、無線の送受信を行うRRH(Remote Radio Head)とRIU(Radio Interface Unit)とアンテナなど最小限の構成の設置だけで済むという利点もある。

このラボの設計はシスコシステムズ合同会社が大きく関わっており、各システムのベンダーもそれぞれ1社となっている。なおかつ、各システムとも標準化されたものなので、非常にシンプルな構成を実現できるという。

仮想化クラウドネットワークは既に他社も取り入れつつあるが、最初から5Gを見越してエンドツーエンドの全ネットワークを仮想化クラウドネットワークにした事業者は、他に例がないという。

ラボ内には完全仮想化クラウドネットワークを支えるサーバルーム、基地局設備、実際に16800台分の端末トラフィックを発生させるシミュレーター、新機種の動作検証を実施するシールドルームなどが用意されている。

現在構築しているのは、最初に商用化される4Gサービスに向けた設備のみだが、5Gにも対応可能。サーバや基地局設備の増設スペースが用意されており、設備が整えば5Gもソフトウェアの追加でスムーズに対応できるとのこと。

楽天の三木谷浩史社長は「最初から5Gのネットワーク設計で4Gもやっていく新しい試み。サーバクラウド化により制御を一元化した、今までの概念を覆すネットワークだ」とアピールした。

また、新規参入のMNOとして新たにネットワークを構築する強みとして「料金やスピード、楽天のエコシステムに加えて、子どもに対する制限など、さまざまなネットワークサービスを柔軟に提供できるパッケージングが強み。MVNOも実際はリセラー。土管の形が決められていて、それしか使えないのは奴隷みたいなもの」と語った。
20190221-00000069-zdn_m-000-1-view
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1902/21/news117.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1550757583/


続きを読む

楽天、売上高が1兆円超え 国内IT企業で初

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/12(火) 17:43:14.93 _USER
えvscindex
楽天が12日発表した2018年12月期連結決算は売上高が前期比16・6%増の1兆1014億円となった。売上高が1兆円の大台を達成したのは、国内の独立系ITベンチャー企業として初めてとみられる。純利益も28・7%増の1422億円で増収増益だった。

クレジットカード「楽天カード」の会員増加や銀行サービスなど金融部門が順調に成長し、収益を押し上げた。結婚相手紹介サービスを手掛ける子会社オーネットの売却益も寄与した。

東京都内で記者会見した三木谷浩史会長兼社長は「楽天はまだまだ成長段階にある」と述べた。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2019021201002157.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549960994/


続きを読む

楽天・三木谷氏「ネット通販の送料統一」 今年中にも

1: ムヒタ ★ 2019/01/30(水) 13:34:22.50 _USER
757
楽天は30日、インターネット通販「楽天市場」の出店企業向けのイベント「楽天新春カンファレンス」を東京都内で開催した。楽天の三木谷浩史会長兼社長は「楽天市場の配送料を統一していく」と述べた。アマゾンジャパン(東京・目黒)との競合が激しくなるなか、出店企業ごとに異なる楽天市場の配送料を一本化し、消費者にとって買いやすいネット通販を目指す。

講演した三木谷社長は「配送料がばらばらで購入をやめた消費者も少なくない」とし、今年中に料金の体系を詰める。一般的なサイズで冷蔵保存の不要な荷物であれば、一定の金額以上を楽天市場で購入した顧客には配送料を無料にするなどのプランを想定している。

アマゾンのネット通販では2000円以上購入した場合、配送料が無料と分かりやすい料金体系だった。一方、楽天市場の出店企業ごとに配送料が異なり、利用者には分かりづらかった。

楽天では自社物流の整備にも力を入れている。店舗とデータを共有し、「在庫や物流の効率化を進めたい」(三木谷社長)としている。
2019/1/30 13:23
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40658230Q9A130C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1548822862/


続きを読む

「新しいイノベーションが本格化する1年」楽天 三木谷社長

1: ムヒタ ★ 2019/01/04(金) 13:08:08.64 _USER
sczindex
「楽天」の三木谷浩史社長は仕事始めにあたって都内で記者団の取材に応じ、ことしの世界経済について「米中関係などの懸念はあるが、新しいイノベーションが本格化する1年でもある」として、技術革新が経済成長を支えることに期待を示しました。

「楽天」の三木谷社長は、4日都内の神社で新年の参拝を行ったあと、記者団の取材に応じました。

この中で、ことしの経済について「グローバルを見ると米中関係への懸念や、ヨーロッパの中のさまざまな動きがあり予断を許さない状況が続くかもしれないが、次世代の通信規格・5Gを始め新しいイノベーションが本格化する1年でもあり、見通しは楽観的に考えている」と述べ、技術革新が経済成長を支えることに期待を示しました。

楽天はこの秋、大手3社に続く第4の事業者として携帯電話事業に参入する予定で、これについて三木谷社長は「これまでで最も大きなチャレンジの1つだ。通信業界が新しい時代に入る中、インターネットを本業とするわれわれが携帯事業を行うのは歴史的なことであり、料金をはじめ、さまざまな柔軟性と安定性が求められると思うので、しっかりやっていきたい」と意気込んでいました。
2019年1月4日 13時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190104/k10011767501000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1546574888/


続きを読む

携帯 楽天が今秋参入 大手3社値下げの「引き金」になるか?

1: ムヒタ ★ 2019/01/02(水) 15:07:12.63 _USER
rべrindex
第4の携帯電話会社として「楽天」がことしの秋にサービスを開始します。携帯電話の料金をめぐって、総務省が引き下げに向けて規制の強化を進める方針で、各社の値下げがどこまで実現するか注目されます。

第4の携帯電話会社として新たに参入する楽天は、ことし10月のサービス開始に向け、まず東京、大阪、名古屋を中心に携帯電話の基地局の建設を急ピッチで進めています。

契約の獲得に向けて、圧倒的なシェアを占める大手3社に対抗できる価格戦略を検討しているほか、現在は格安スマホを展開しているおよそ350の販売拠点を全国で増やしていく方針です。

一方、総務省は携帯の料金値下げに向けて規制を強化する方針です。

具体的には、購入する端末によって通信料金が異なることが不公平感を生んでいるなどとして、携帯大手各社に通信料金と端末代金の分離を義務づけることなどを検討しています。

こうした中、NTTドコモが通信料金を2割から4割値下げする新たな料金プランをことしの春から導入する方針を明らかにするなど、大手3社も料金の見直しを検討していて、ことし値下げがどこまで実現するか注目されます。
2019年1月2日 14時37分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190102/k10011765771000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1546409232/


続きを読む

楽天カード、クレカの顧客満足度調査でV10…JCSI調査

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/14(金) 10:55:27.36 _USER
(公財)日本生産性本部サービス産業生産性協議会が12日発表した、2018年度「JCSI(日本版顧客満足度指数)第5回」調査で、「楽天カード」が10年連続でクレジットカードの顧客満足度1位となった。

Yahoo!カードも3位にランクイン
 同調査は、クレ ジットカード・生命保険・損害保険・映画館・レンタカー/カーシェアの5業種の59企業・ブランドの満足度を調査したもので、回答者数は1次調査が約29万人、2次調査が1万8407人。クレジットカードは15社のカードが対象。調査期間は9月26日〜11月2日。



 クレジットカードでは、顧客満足度1位が「楽天カード」(76.3)、2位が「JALカード」(74.2)、3位が「Yahoo!JAPANカード」(72.7)、4位が「イオンカード」(72.1)、5位が「ANAカード」(72.0)の順となっている。※カッコ内はスコア
no title


満足度は、(1)顧客期待:企業・ブランドの印象や期待・予想、(2)知覚品質:実際にサービスを利用した際に感じる品質への評価、(3)知覚価値:利用者が感じる納得感・コストパフォーマンス、(4)顧客満足:利用して感じた満足の度合い、(5)推奨意向:肯定的に人に伝えられるか、(6)ロイヤルティ:再利用意向―の6つの指標により評価したもの。



楽天カードは知覚指標においても10年連続1位に
 楽天カードは各指標で、顧客期待(68.7)、知覚品質(72.8)、知覚価値(73.8)、顧客満足(76.3)、推奨意向(63.7)、ロイヤルティ(71.3)を獲得し、今回の調査における知覚指標においても10年連続1位となった。
no title

https://www.tsuhannews.jp/60029
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544752527/


続きを読む

楽天、売上高1兆円超に 18年12月期 創業20年で

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/06(木) 18:55:59.85 _USER
fbfbindex
楽天は2018年12月期に売上高にあたる売上収益が1兆円を突破(前期は9444億円)する見通しだ。1997年の設立から約20年での大台乗せとなる。90年以降に新規に立ち上げた日本企業で売上高が1兆円に達するのは楽天が初めて。本業の電子商取引(EC)を核に、M&A(合併・買収)を駆使してクレジットカードや銀行など金融事業や旅行事業などに展開する戦略が成長に結びついている。

利益面も好調だ。今期の連…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38632010W8A201C1MM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544090159/


続きを読む

日本のレッテル足かせ 楽天・三木谷氏が語る国際化

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/11(日) 02:41:06.99 _USER
72
日本でインターネットビジネスが始まって四半世紀。米グーグルなど巨大IT(情報技術)企業がデータを独占して膨張するなか、日本から世界に羽ばたくIT企業はなかなか育たない。デジタル化とグローバル化が既存の産業構造を壊す「未踏」の領域にどう挑むか。楽天の三木谷浩史会長兼社長に聞いた。

1965年兵庫県生まれ。88年一橋大商卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。93年、ハーバード大で経営学修士号(MBA…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37628420Q8A111C1EA1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541871666/


続きを読む

楽天は「英語公用語化」でどう変わったのか

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/11/08(木) 12:44:25.47 _USER
cfxdindex
社内の公用語を英語にする――。2010年の年頭スピーチで三木谷浩史・会長兼社長がそう宣言してから早8年。楽天社内の様子は着実に変化している。

約2年間の準備期間を経て、楽天が本格的に英語を社内で公用語化したのは2012年。当時は業界を超えて大きな話題となった。現在は会議や資料など、社内のやり取りはすべて英語を前提に行われている。また、昇進にはTOEIC基準点のクリアを条件にするなど、人事評価の面でも英語を重要視する体制を築いた。

2015年には楽天社員(単体)のTOEICスコアの平均が800点を突破。現在はこれが830点に達している。今や70以上の国・地域からの外国籍社員が働いており、その割合は全社員の2割に当たる。人数ベースでは、英語化前の2010年の20倍となった。新規に採用しているエンジニアに限っていえば、7〜8割が外国籍社員だという。

□3つの社員タイプごとに分析
一定の成果を出している楽天の英語化だが、「最初のうちは苦戦した」(三木谷氏)という。そこで三木谷氏が頼ったのが、ハーバード・ビジネス・スクールで経営学を教えていたセダール・ニーリー教授だ。グローバル化と言語について研究していた同氏に、三木谷氏からコンタクトをとったのがきっかけだった。

その後はニーリー教授の学術的アプローチを楽天の英語化戦略に落とし込んでいった。ニーリー教授自身が650人に上る楽天社員に直接インタビューし、さまざまな社員群の心理を分析。これを基に社員たちが求めているサポートを把握し、会社としてできることを検討していったという。

ニーリー教授の著書『英語が楽天を変えた』(河出書房新社刊)では、この分析の過程や結果を「3つの楽天社員群」に分けて解説している。その3つとは、「日本で働き日本語を母語とする社員(言語的疎外者)」「欧米で働き英語を母語とする社員(文化的疎外者)」「アジア、アフリカなどで働く英語・日本語以外を母語とする社員(二重疎外者)」だ。

実際、さまざまな発見があったようだ。英語化後に最も活躍するかと思われた英語圏の社員(文化的疎外者)は、英語が”水路”となって押し寄せてきた楽天の社内ルールや企業文化に疲弊した。言語と文化、両方のハードルを課されたアジアやアフリカ出身の社員(二重疎外者)は、英語化に対する覚悟が固まっており、順応性が高かったという。こういった状況を把握しながら施策を進めたことが、英語化成功のカギとなったようだ。

楽天の英語化の事例は世界各国の大学、ビジネススクール向けのケースワークとしても人気が高まっているという。英語化の8年で楽天は何を得たのか。その経験がこの先の組織運営にどう生きるのか。三木谷社長と、二ーリー教授にじっくり聞いた。

続きはソースで
最初は英語化に苦戦した
https://toyokeizai.net/articles/-/248186?page=2
楽天は敬遠されなかったのか
https://toyokeizai.net/articles/-/248186?page=3
英語化で今後修正すべき点
https://toyokeizai.net/articles/-/248186?page=4

2018/11/08 5:30
東洋経済オンライン
https://toyokeizai.net/articles/-/248186
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541648665/


続きを読む

楽天でんき、11月1日開始 基本料金タダに

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/01(月) 19:19:48.82 _USER
4d6d17f3b2c40638559919418bd8626b_content
楽天は1日、個人・家庭向け電力供給サービス「楽天でんき」を11月1日より始めると発表した。基本料金を無料にし、使った分だけ顧客に料金を請求する。17年2月に楽天は小売電気事業者としての登録を受けており「使用状況によるが、従来より料金が多少安くなる」(楽天)という。

これまで丸紅子会社の丸紅新電力が調達する電力の取次店として、「まちでんき」のブランドで電力を販売していた。事業者として登録を受けたことで、東京電力などから楽天が直接、調達できる。提供するエリアには北陸、四国、沖縄を加え、離島を除きほぼ全国で楽天でんきを利用できるようにする。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35960480R01C18A0TJ1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538389188/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ