SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:楽天

楽天の携帯参入、「良いこと」 ソフトバンク孫正義氏

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2017/12/26(火) 19:42:55.33 _USER
 AS20171226004994_commL
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は26日、東京都内で記者団の取材に応じ、楽天が第4の携帯事業者に名乗りを上げたことについて、「僕らも10年前は挑戦者だった。新しい挑戦が生まれ続けることが大事で、良いことだと思う」と述べた。

 孫氏は同日、代表理事を務める「孫正義育英財団」の活動報告会に参加した。

 サウジアラビアなどと「10兆円ファンド」を立ち上げた2017年を振り返り、「面白い年だった」と話した。「これからがソフトバンクの本当の姿が見えてくる。これまでは助走にすぎない。大きな挑戦をしていきたい」と述べた。事業計画などの詳細について言及しなかったが、「ファンドの延長線上」と語った。

 財団は孫氏が自らの私財を投じて若者の海外留学などを支援する一般財団法人。活動報告会にはノーベル賞を受賞した山中伸弥さんや将棋の永世7冠を達成した羽生善治さん、大手銀行のトップらも参加した。(佐竹実)

孫正義育英財団
http://masason-foundation.org/

2017/12/26 18:52
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25103360W7A221C1X13000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1514284975/


続きを読む

楽天の携帯事業参入「自然な流れ」 三木谷氏がツイート

1: ノチラ ★ 2017/12/18(月) 22:13:02.05 _USER
AS20171218002844_commL
IT大手、楽天の三木谷浩史会長兼社長は17日夕、同社が自前の通信網で携帯電話事業に参入する方針を表明したことについて、「参入は自然な流れ」と自身のツイッターでコメントした。

 楽天は14日、2019年にも携帯電話事業への参入を目指すと発表した。来年1月にも電波の周波数の割り当てを総務省に申請する。先行する携帯電話大手3社で9割超を占める市場に風穴を開ける可能性がある一方、巨額の投資が必要で事業拡大のハードルは高いとの見方も出ている。

 三木谷氏は、すでに約140万件の契約がある格安スマートフォン事業「楽天モバイル」が好調であることなどを挙げ、「参入は自然な流れだと思う」との見方を示し、「もし認められれば、より快適で安価なサービスが提供できるように頑張ります」とコメントした。三木谷氏が携帯電話事業への参入について見解を示すのは初めて。
http://www.asahi.com/articles/ASKDL4S0BKDLULFA00R.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513602782/


続きを読む

楽天会長「Amazonが楽天を倒そうとしている」

1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/12/17(日) 16:58:26.12 ● BE:284093282-2BP(2000)

no title

 楽天が11月に発表した2017年1〜9月期連結決算は増収増益だったが、
電子商取引の苦戦を感じ取る投資家は多かった。

三木谷浩史会長兼社長は「アマゾンは楽天を倒そうと採算を度外視している」と
闘志をむき出しにし、クレジットカードなど金融事業や広告事業で成長を支えて
いく考えを示していた。新たな携帯電話会社の設立も、成長押し上げに向けた
「次の一手」となる。

産経
http://www.sankei.com/economy/news/171214/ecn1712140024-n1.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1513497506/


続きを読む

楽天「第4の通信キャリア」参入 投資6000億円に少なすぎるの声 取得目標の周波数もプラチナバンドなし

1: trick ★ 2017/12/15(金) 18:33:52.11 _USER
2019年開始の楽天「第4の通信キャリア」参入はいばらの道だ by 石川温 | BUSINESS INSIDER JAPAN
https://www.businessinsider.jp/post-108552
Dec. 14, 2017, 06:15 PM
no title


楽天が周波数を取得し、携帯電話事業への参入を検討していることが明らかになった。楽天は総務省に1.7GHz帯と3.4GHzの割り当て申請を行うという。これが認められれば2019年にサービスを開始する。

総務省としては、ドコモ、au、ソフトバンクに続く「第4のキャリア」を誕生させることで、3社による寡占状態を崩し、料金競争を促進したい考えだ。

しかし、このタイミングの楽天参入に対して、業界内には悲観的な見方が少なくない。国内市場はすでに頭打ち状態であり、新規に契約者を獲得するのは難しい状態となっている。数年前までは、3キャリア間で、キャッシュバックや実質0円による販売合戦が繰り広げられ、現金による顧客の奪い合いが頻発していた。しかし、今では総務省の意向もあって、そうした顧客獲得合戦に制限がかかっている。この状況では、楽天が新規に参入したところで、大手3社から顧客を獲得するのは困難ではないか。

日本にはそもそも「第4のキャリア」がいくつもあった

そもそも、日本市場には過去にはいくつも「第4のキャリア」が存在した。

写メールやiモードが全盛だった頃は、のちにKDDIと一緒になった「ツーカー」というブランドがあった。その後、総務省は、第4のキャリアを作ろうと、新規参入を促したときには、イー・モバイルが誕生した。

ソフトバンクも同じタイミングで新規参入で周波数を獲得し、携帯電話事業に参入しようとしたが、最終的には当時のボーダフォンを買収した。ボーダフォンが持つ設備だけでなく、顧客も一緒に買い取ることで、業界3位のポジションを確保したのだった。

その後、イー・モバイルは、打つ手がなくなり、KDDIなどにも売却提案をしたとも言われるが、結局はiPhone用に周波数帯が欲しかったソフトバンクにあっさりと買収されてしまった。

また、PHSのウィルコムも、ドコモ、KDDI、ソフトバンクに続く選択肢として、かつては400万を超える契約者数を誇っていた。しかし、経営に行き詰まり、ソフトバンクの救済を受け、会社は消滅してしまった。

つまり、過去を振り返れば、日本の市場規模は、3キャリア体制が限界であり、4キャリア目が生き残るのは至難の技と見る向きが多いのだ。

通信キャリア「楽天」には秘策がある?
楽天は2019年までに2000億円、2025年までに最大6000億円を投資し、基地局を敷設していく。しかし、この金額に対し、「キャリアを作るには少なすぎるのではないか」という意見も散見される。

実際、NTTドコモやKDDI、ソフトバンクは、年間で数千億円規模の設備投資を行なっている。それに対し、楽天は7年で6000億円という規模に過ぎない。金額の単純比較としても、大手3社に歯が立たないのは間違いない。また、すぐに全国規模でネットワークを構築するのは、相当な時間がかかるとされている。


しかし、かつてイー・モバイルは、都心部は自社でネットワークを構築しつつ、地方などはNTTドコモにローミングするという荒業で乗り切ったことがある。楽天も同様の方法で、ネットワーク構築の時間稼ぎをする、ということは十分にあり得そうだ。

もうひとつ、ネットワーク構築において可能性があるのが「基地局をリースで借りる」という方法だ。

新興国などでは、ファーウェイなどの基地局ベンダーが、基地局を自社の資金で建設し、キャリアにリースで貸すという手法が取られている。新規参入するキャリアにとってみれば、初期投資に莫大な資金を必要としなくていいというメリットがある。ユーザーが増え、通信料収入が入れば、基地局ベンダーにリース料を支払っていけばいいのだ。

一方の基地局ベンダーも、この方法をキャリアに提案することで、自社の基地局を売り込むことができる。リース方式はキャリアと基地局ベンダー双方にとってメリットの大きい手法だ。この方法であれば、2025年までに6000億円でも十分にやっていけるかもしれない。
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513330432/


続きを読む

第4の携帯電話会社 楽天が来年申請へ

1: 朝一から閉店までφ ★ 2017/12/14(木) 05:07:53.26 _USER
net
12月14日 4時59分IT・ネット
IT大手の「楽天」は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクのようにみずから基地局を備える携帯電話会社を近く設立し、
来年、総務省に電波の割り当てを申請することが明らかになりました。認可を受ければ、国内に“第4の携帯電話会社”が誕生することになります。
携帯電話向けの電波をめぐっては、総務省が現在、警察や自治体などに割り当てられている電波を民間の事業者に順次、開放しています。

関係者によりますと、「楽天」は、来年1月にも新会社を設立し、総務省に対して電波の割り当てを申請する方針です。
認可を受ければNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに並ぶ、“第4の携帯電話会社”が国内に誕生することになります。
楽天は、2025年までに最大で6000億円を投じて全国に携帯電話の基地局などを整備していくことにしています。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171214/k10011258071000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1513195673/


続きを読む

楽天、じわりアマゾンの影…楽天・三木谷社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど攻勢を強めるアマゾン

1: スターダストレヴァリエ ★ 2017/11/14(火) 11:31:12.44 _USER
88
楽天、じわりアマゾンの影 経済圏拡大や広告に活路

2017/11/13 20:30

 楽天株の上値が重い。日経平均株価が年初から17%高と活況に沸くのに対し、楽天は5%高にとどまる。最大の原因は米アマゾン・ドット・コムとの競争激化だ。楽天市場など国内の電子商取引(EC)の成長鈍化の懸念がぬぐえず、投資家の買い控えにつながっている。

 13日に発表した2017年7〜9月期連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比86%増の323億円だった。クレジットカードなど金融事業の伸びに加え、出資先の米ライドシェア(相乗り)大手の業績拡大による株式評価益228億円を計上した。

 もっとも、主力の国内EC事業は苦戦する。7〜9月期の営業利益は193億円と7%減。取扱高は8559億円と14%増えたが、買い物時に得られる「楽天スーパーポイント」の費用や、個人間の売買を仲介するフリマアプリの宣伝などで先行投資が膨らんだ。

 ポイント拡大やフリマアプリも、アマゾン対抗策の一環だ。三木谷浩史会長兼社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど、アマゾンは攻勢を強める。モルガン・スタンレーMUFG証券の津坂徹郎氏は「楽天は投資がかさみ、利益成長が鈍化する懸念がある」と指摘する。

 楽天の強みはECや金融、格安スマートフォン事業などを幅広く楽天ポイントでひも付け、利用者を囲い込む「楽天経済圏」だ。ECは営業減益だが、三木谷社長は「その分クレジットカードなどの利用者が増えた。ECの収益は飛躍的には伸びないが、金融などで伸ばせば良い」と話す。


続きはソースで

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23412270T11C17A1DTC000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510626672/


続きを読む

英語公用語化から7年、楽天はこう変わった

1: ノチラ ★ 2017/11/13(月) 00:18:16.01 _USER
2017102600084_1
2010年、楽天の「社内公用語の英語化」宣言は社会に大きな衝撃を与えた。導入から7年、現場で英語はどのように浸透し、会社はどう変わったか。社内公用語英語化のリーデイングカンパニーの取り組みと現状を、好評発売中の「AERA English 2017 Autumn & Winter」(朝日新聞出版)よりお届けする。

“We have almost a hundred voices of customers.”
“How did you collect them?”

 東京・二子玉川にある楽天本社の会議室では、提供を開始して間もない新アプリのサービスについて、日本人とアメリカ人が英語で話し合っていた。エントランスや廊下でも、英語で話す社員たちの声が響く。

 現在、楽天(単体)には世界70以上の国や地域から社員が集まり、全社員約6千人における外国籍比率は2割強。5人に1人は外国籍ということになる。実際、日本人だけの会議はほとんどなく、必然的に英語を使う環境になっているそうだ。

 メールも社員同士は英語が基本。アルバイトや派遣社員にメールを送る際は日本語でサポートするものの、社内のコミュニケーションには原則、英語が使用される。

 三木谷浩史代表取締役会長兼社長が2年間で社内公用語を英語にする方針を明らかにした7年前、英語化推進プロジェクトリーダーに抜擢された葛城崇さんが当時を振り返る。

「社歴が長いから英語はできなくていいなどの例外は一切なく、全社員が一丸となって英語を勉強しました。創業初期からいる幹部など古くからの社員ほど英語の重要性の高まりに気づいていたので、英語が苦手でも犲分たちが率先してやらなければ
いけない?という雰囲気がありました。英語習得にも持ち前のベンチャー魂を発揮していたと思います」

 当初は試行錯誤の連続だった。たとえば同じ「経営会議」を指しているのに、社員それぞれが英語でさまざまな表現をしていて混乱を招いたことも。「確認に何度も手間がかかり、その問題を解決するために、経営会議にはこの英単語を使うなど社内の英語用語集をまず作りました」と、葛城さん。TOEICや英語の研修・レッスンを受ける費用も会社が全社員分を負担し、現在も全面的に学習をサポートしている。

 葛城さんは07年から個人的に英語を学び始め、当時600点だったTOEIC のスコアは46歳の現在、900点を超えている。「継続が重要」と話し、通勤時間も利用して今も毎日、英語学習を続けているという。

「公用語化の大きな利点は、海外から優秀な人材が集まるようになったこと。社員にとっては、英語を身につけることでキャリアの可能性が広がったことです。海外赴任や海外研修の機会は全社員が対象。私も1年弱、アメリカ勤務を経験しました」

 葛城さんは帰国後、文部科学省に約2年間出向し、社内公用語英語化で蓄えた経験を学校教育の場に生かした。

「今後ますます英語を使う世の中になるでしょう。次世代の子どもたちに英語で苦労させたくない思いもありました」

 楽天は今春から、英語教育事業に参入した。社内から日本へ。英語への取り組みが広がりをみせている
http://diamond.jp/articles/-/149089
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510499896/


続きを読む

楽天・三木谷「日本は電子マネーのプラットフォームが多すぎる」

1: おぼろ ★ 2017/10/22(日) 01:55:27.50 _USER9
top
【「Rakuten FinTech Conference 2017」レポート】
「日本は電子マネーのプラットフォームが多すぎる」、楽天の三木谷氏
下玉利 尚明=タンクフル
2017/10/19

 ビッグデータ、IoT(インターネット・オブ・シングズ)、人工知能(AI)などデジタルテクノロジーによるイノベーションは社会をどう変えていくのか。2017年9月27日に楽天が主催した「Rakuten FinTech Conference 2017」では「イノベーションが切り開く未来」と題したパネルディスカッションを開催。米Mastercard Operations & Technologyエド・マクローリン プレジデント、米PayPalローハン・マハデバン SVP アジア太平洋地域CEO(最高経営責任者)、楽天 三木谷浩史 代表取締役会長 兼 社長が登壇。、テクノロジーの進化によってもたらされる金融分野の未来像を語った。


続き
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/101200420/101300004/?ST=spleaf

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508604927/


続きを読む

楽天、ポイント付与を最大8倍に

1: ノチラ ★ 2017/10/10(火) 19:30:18.95 _USER
kanban_text
楽天は10日、自社サービスのポイント施策を拡充したと発表した。同社のインターネット通販やクレジットカードなどを使うと、通常の最大7倍のポイントを付与していた。オンライン書店「楽天ブックス」の利用者にもポイントを付け、同8倍まで高める。楽天のサービスを長く使う利用者を増やす。

 ポイント施策「スーパーポイントアッププログラム」は、ネット通販で100円分の購入につき1ポイントを付けるところ、楽天のサービスを使うほどポイント付与率を高める仕組みだ。楽天ブックスで1000円以上、注文すると自動的にポイントが増えるようになる。


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22079160Q7A011C1X1F000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1507631418/


続きを読む

楽天、フリーテルを買収 格安スマホ3位浮上

1: へっぽこ記者@エリオット ★ 2017/09/26(火) 14:44:36.40 _USER
85
 楽天は格安スマートフォン(スマホ)サービス6位の「フリーテル」を買収する。4位の楽天のシェアは、ソフトバンク系とNTT系に次ぐ3位に浮上する。格安スマホの利用者数は低価格を背景にスマホ全体の1割に達する一方、通信大手も参入し競争が激化。初の業界再編につながった。楽天は格安スマホで顧客基盤を広げ、インターネット通販関連事業の拡大をねらう。

 26日午後に発表する。楽天はフリーテルを手がけるプラスワン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

2017/9/26 14:00
日本経済新聞(有料記事)
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ26H2L_W7A920C1MM0000/?dg=1&nf=1
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506404676/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ