SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:楽天

楽天は好調も及ばず…絶対的王者アマゾンを脅かすネット通販の強敵は「アスクル」と「ヨドバシカメラ」

1: 曙光 ★ 2016/11/28(月) 22:58:45.00 _USER9
95
ネット通販は、黒船アマゾンが絶対的王者。米本社の資料によると、昨年12月期の日本での売上高は82億6400万ドルで、その年の平均為替レート1ドル=121円で換算すると、約9999億円と1兆円の大台に迫る。対前年比の増減は20%を超えるウハウハだ。

 別表は、通販新聞が今年7月に調査した「通販・通教売上高ランキング」のうち上位10社。その市場シェアは4割に上るというが、楽天は昨年12月期に過去最高の流通総額2兆6748億円を誇る。

「流通総額は、『楽天市場』というモールの中で消費者が支払った金額の総額で、楽天はその手数料収入が実質的な売上高。国内EC(ネット通販など)の売上高は、前期比7%増の2845億円。好調キープでも、王者アマゾンの背中はまだ見えません」(ITジャーナリスト・井上トシユキ氏)

 アマゾンも楽天も、仮想モールに客を集めて手数料を引っ張るのがビジネスモデル。ヤフーも同じで、店舗数を約37万店にまで増やして、“回転数”を引き上げる作戦。実に、アマゾンの18万店の2倍超で、楽天の9倍を超える。

■ライバルは「アスクル」と「ヨドバシカメラ」

 王者アマゾンのライバルはヤフーかと思いきや、そうでもない。アスクルとヨドバシカメラだという。

「オフィス用品のアスクルは、物流センターにAIロボットを導入し、センターの24時間稼働を実現。出荷件数を伸ばしながら省人化も達成しています。
モールそのものの品ぞろえも大切ですが、今後は物流センターの効率化やスピードが勝負を分けるようになる。いち早くそこに投資したアスクルの勝負勘は今後、大きな武器です。
しかもアスクルが日用品分野で手掛ける『LOHACO』は前年比65%の伸びを記録。配送面では、打倒アマゾンで指定時間にピンポイントで届けるシステムを開始しています。ヨドバシのすごさは、配送サービスのよさ。購入金額に関係なく送料無料で、追加料金なしで当日配達が可能です。
この充実ぶりは、アマゾン以上。家電から日用品まで品ぞろえも豊富です。ヨドバシの売上高は、前年比約26%増の992億円と1000億円の大台目前。勢いは楽天を楽に上回り、アマゾンもしのぐのです」(井上トシユキ氏)

どちらもブランドは日本中に認知されていて、サイト店舗は自前。“回転数”を気にしなくていい強みがある。

 アマゾンを巡っては、宅配業者への値下げ圧力がきつく、業者が2度変わっている。ネット通販は宅配業者との協力が不可欠。王者といえども、宅配業者にそっぽを向かれたらたちまちピンチになる。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/194664/1
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1480341525/


続きを読む

三木谷が動いた。楽天、爽快ドラッグを買収し8兆円市場をロックオン

1: 海江田三郎 ★ 2016/11/25(金) 13:44:12.92 _USER
tempo20161123-650x401
http://www.mag2.com/p/news/228911

楽天は、医薬品のネット販売大手「ケンコーコム」に続き、「爽快ドラッグ」も89億円で買収。そこには「8兆円市場」を狙う野望がありました。
無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、
この買収劇が引き起こすであろう、楽天と「抵抗勢力」の壮絶な戦いを予言しています。

楽天が爽快ドラッグを買収、8兆円市場が真の狙い!?
こんにちは、佐藤昌司です。楽天は10月28日、生活用品や飲料・食品、医薬品などを
インターネット通販にて提供する爽快ドラッグの全発行済株式を約89億円で取得し、完全子会社化すると発表しました。
楽天は先行して、生活用品や飲料・食品、医薬品などをネット販売するケンコーコムを完全子会社化しています。
両社を傘下に収め、事業規模の拡大を推し進めるようです。通販サイト利用者を囲い込む狙いがあります
。楽天は定期購入が見込める生活用品や飲料・食料を成長分野として重要視し、ジャンル戦略強化の一環として買収を決めています。
成長分野としてもう一つ見逃せない分野があります。それは「医薬品」です。ネット販売の特性を生かし、
薬局やドラッグストアが近所にない人や対面で購入することが恥ずかしい薬を購入する人などをターゲットにすることで売り上げを伸ばすことができます。
2009年の改正薬事法と厚生労働省による運用を定めた省令の施行以降、一般用医薬品(市販薬)の第1類(最も副作用リスクが高い医薬品)と
第2類(次にリスクが高い医薬品)のネット販売が禁止されていました。
ケンコーコムなど2社はネット販売の再開を求め、厚労省を相手取り訴訟を起こし、13年1月に最高裁は厚労省の上告を棄却、ケ
ンコーコム側の勝訴の判決を下しました。判決を受け、同社は一般用医薬品のネット販売を全面的に再開しています。1
4年6月からは正式に第1類医薬品と第2類医薬品のネット販売が認められています。
しかし、全面的なネット販売の解禁とはなっていません。劇薬指定の5品目は販売が禁止、医療用(処方薬)から切り替わって
間もない23品目は切り替え後3年間ネット販売が禁止されたからです。これは、店舗での対面販売により安全性を確認する必要があるとの主張によるものです。
これに対してネット販売業者は強く反発しました。楽天の三木谷浩史氏は「最高裁で違憲判決が出たにもかかわらず、
ゾンビのようにもう1度規制をかけることを許してはいけない」と怒りをぶちまけています。
さらに、政府の産業競争力会議の民間議員を辞めるとまで言い出し、抗議の意を示しています(後に撤回)。


(中略)

さらに、楽天は医療用医薬品(処方箋が必要な薬)にも切り込んでいくと推察できます。というのも、医療用医薬品は国内医薬品市場
で9割以上を占め、8兆円を超える巨大なマーケットだからです。厚生労働省「平成26年薬事工業生産動態統計調査」によると、
14年の医療用医薬品の市場規模は8兆8,831億円にもなります。同年の一般用医薬品は7,280億円にしかなりません。
楽天はこの巨大な市場である医療用医薬品に狙いを定めていると思われます。
しかし、医療用医薬品のネット販売は認められていません。一方、米英独などではネット販売が認められています。
規制緩和により日本でも認められれば大きなビジネスチャンスになります。
とはいえ、医療用医薬品市場に切り込んでいくためには、巨大市場に巣食うドラッグストアや薬局、医師、薬剤師、
族議員といった抵抗勢力と対峙していく必要があります。もちろん、抵抗勢力は既得権益を死守しようとするでしょう。
楽天が巨大な抵抗勢力に対抗するには味方が必要です。そのため、爽快ドラッグの買収を、医療用医薬品市場に切り込むための一
里塚にしようとしているのではないでしょうか。まずは一般用医薬品市場で実績を上げ、後に医療用医薬品市場に切り込んでいく戦略です。
果たして、楽天のこの壮大な野望は達成するのでしょうか。今後が注目されます。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1480049052/


続きを読む

ドコモ、楽天などが「ドローン宅配」を千葉で実証実験 車で運ぶより壊れにくい?

1: DQN ★ 2016/11/23(水) 07:17:00.36 _USER9
宅配に向けた実証実験で荷物を運ぶ小型無人機「ドローン」=22日、千葉市美浜区
no title


 NTTドコモと楽天、千葉大発ベンチャーの自律制御システム研究所、千葉市は22日、小型無人機「ドローン」を使用した宅配サービスの実証実験を同市内で行った。政府の規制緩和や、上空での通信性能の確認などを経て、2019年をめどに実用化を目指す。

 実験は、千葉市の熊谷俊人市長がスマホで充電池と書籍を注文したという設定で実施。東京都世田谷区の楽天本社からの指示を受け、計400グラムの荷物を搭載したドローンが、稲毛海浜公園内の海岸を離陸。約700メートル離れた場所に無事、着陸した。熊谷市長は「安定していて、車で運ぶより壊れにくいかもしれない」と話した。

 実現までには規制緩和に加え、落下した際の地上の安全確保が課題だ。ドローンを開発した自律制御システム研究所は落下時に急減速させるパラシュートを搭載させた。今春、ドローンを使った配送サービスをゴルフ場で試験的に行った楽天は、遠隔監視するシステムや商品を注文するアプリを改良した。

 約40キロ離れた楽天本社からの飛行指示を伝えたのは、ドコモのLTEのネットワークだ。同社は物流のほか、農業や防災などに使う構想を打ち出している。今後の実験で上空での通信の継続性などを確認するほか、通信が頻繁に行われたときに、地上の携帯電話のネットワークに与える影響を調べる。

 実験はスマートフォンに使われている通信方式「LTE」で行われたが、20年頃には第5世代移動通信方式「5G」が導入され、さらに大容量のデータのやり取りが可能になりそうだ。同社イノベーション統括部の梅沢良夫担当部長は「まずはLTEでしっかりと行う。5Gが使えるようになれば、低遅延や伝送速度アップでさらに利便性向上が期待できる」と話した。

産経Biz:http://www.sankeibiz.jp/business/news/161123/bsj1611230611003-n1.htm
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1479853020/


続きを読む

楽天、独自のAndroidアプリストア「楽天アプリ市場」のサービスを終了 課金機能も停止へ

1: 海江田三郎 ★ 2016/09/12(月) 19:39:35.52 ID:CAP_USER
20160912-00000092-impress-000-1-view
http://gamebiz.jp/?p=169008

楽天<4755>は、この日(9月12日)、Androidアプリストア「楽天アプリ市場」
のサービスを12月12日をもって終了すると発表した。同時に、掲載アプリの新規ダウンロードを停止した。

「楽天アプリ市場」は、2015年8月よりサービス提供が行われているアプリマーケット。
「楽天」の持つポイントを利用できるようにするほか、決済手数料をAppleやGoogleに比べて抑えるといった
取り組みが注目されたが、利用者数が伸び悩んだようだ。

12月12日には、楽天アプリ市場の利用停止および全機能停止とともに、ダウンロード済の掲載アプリの利用停止、
ダウンロード済の掲載アプリ内での課金機能の停止を行うとのこと。アプリによっては終了時期が早くなる可能性もあるという。

なお、これに先立ち、楽天アプリ市場内で提供している不正アプリのチェック機能「不正アプリ対策」は
9月30日の楽天アプリ市場(Androidアプリ)のアップデート(更新)により利用できなくなる。この機能は12月12日に完全に機能停止する予定。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1473676775/


続きを読む

楽天ゴールドカード」が登場 - 年会費2,000円

1: 海江田三郎 ★ 2016/09/02(金) 15:48:14.43 ID:CAP_USER
http://news.mynavi.jp/news/2016/09/01/378/
no title

no title


楽天カードは9月1日、「楽天ゴールドカード」の申込・発行を開始した。

年会費は2,000円(税別)、申込年齢は20歳以上(楽天ゴールドカード独自の審査基準に基づく)。

楽天市場の買い物で利用すると、楽天スーパーポイントが5倍(通常は100円で1ポイント)付与される。
さらに国内主要空港28カ所および海外空港2カ所(米国ハワイ州・ホノルル国際空港)、韓国仁川広域市・仁川国際空港)の空港ラウンジを、無料で利用できる特典もある
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1472798894/


続きを読む

楽天、危機的状況突入か…強すぎるアマゾンとの差が鮮明、楽天市場単体の業績開示中止

1: 継続スレッド作成依頼1035-710@チンしたモヤシ ★ 2016/08/28(日) 14:57:05.80 ID:CAP_USER9
楽天、危機的状況突入か…
強すぎるアマゾンとの差が鮮明、楽天市場単体の業績開示中止

楽天・三木谷浩史会長兼社長(つのだよしお/アフロ)
no title

ビジネスジャーナル 2016.08.24
http://biz-journal.jp/2016/08/post_16431.html


ザックリ

・楽天市場の販促費がかさみ営業減益
・国内流通総額に突如、楽天トラベルを加算する奇策(でお店の陰りをごまかす)
・アマゾンに首位の座を明け渡す
・海外事業は巨額損失で撤退相次ぐ
・都合が悪い情報は開示しない(ので三木谷氏は証券市場での評価が低い)

詳しくはリンク先へ

引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/newsplus/1472363825/


続きを読む

楽天カードが他社の倍以上も急成長している理由

1: 海江田三郎 ★ 2016/08/18(木) 10:55:14.12 ID:CAP_USER
img_c17e24e16a7dde528271154a5d5b4c41135372
http://diamond.jp/articles/-/98995

クレジットカードの取扱高において、前年同期比20%超の成長を見せている楽天カード。業界全体の取扱高の伸びが5〜8%程度に留まる中、
何がその成長力の源泉となっているのか、経営トップに聞いた

――クレジットカードの取扱高が大きく伸び続けています。
これまでずっと、取扱高を伸ばすことに集中してきました。会員数ではなく、まずボリュームで業界トップになろうと。
これが一番重要だと、社内でずっと言い続けました。
 2015年末時点でその取扱高が4.2兆円まできて、今年に入ってからも順調にきています。
 自社で発行したカードの取扱高について公表数字を見れば、クレディセゾン(4.3兆円)とはほぼ肩を並べたし、
業界トップの三菱UFJニコスは5.3兆円。トップと1兆円の差にまで詰めてきました。
 さらに、楽天カードは4兆円という規模がありながら、前年同期比で2割もの成長を続けています。それも、毎年連続して拡大できている。
 これはすごいことで、他社も数字を伸ばしてくると思いますが、成長率の差を考えれば、取扱高のボリュームにおいて
業界ナンバーワンというのは見えてきました。
 次は利益のボリュームで業界トップになれるかどうかが勝負のポイントかもしれません。

――その利益については、どのような状況ですか。
楽天カードはベースとして、顧客に1%のポイント還元をしています。他社と比較すると、単純に倍の還元をしている。
カード取扱高が4兆円ならば、400億円です。このポイントは楽天グループ内の楽天市場を通して使われるので、本当の意味で完全に会員へ還元しています。
 それでも利益が出ています。その理由の一つが、審査の効率化です。ペーパーレス審査にして、自動化を図り、コストや人件費をかけない。
 審査には楽天グループ内にたまっている、外部データにはない情報ソースを用いて、他社にはないような審査基準を作り上げました。
これによって、審査による機会ロスもリスクも小さくできますし、通常のデータからは収入が見えにくい人でも可処分所得が把握できて、
実質的な購買力が見えてきます。
 また、カードを発行しても使われずに“死んで”しまう、スリーピングカードも極端に少なく、8割が稼働しています。非常に効率性が高いです。
 さらに、楽天グループには1億人以上のユーザーを抱える電子商取引(EC)モール、楽天市場という柱があります。
そこから楽天カードの会員を集めることで、マーケティングコストも抑えることができます。

――ポイントによってユーザーを囲い込む商圏としても、楽天市場は重要な意味を持っています。
 それだけではありません。オンラインとオフラインの購買行動を結びつけるO2O戦略において、ポイントを武器にしてリアル店舗
の提携先をたくさんつくっています。
 そのリアル店舗で、楽天グループの商圏の外にポイントを吐き出すことで、新たな商圏を一気に取ることを狙っています。
だから、今はリアルの世界にどんどん攻め込んでいるのです。
 つまり、楽天ポイントを使うことができる楽天グループの商圏は、約4万5000店ある楽天市場だけではなく、
リアル店舗へ爆発的に拡大しているのです。そのスピードは非常に速く、もうインターネットの中だけでは語れない状況になってしまっています。
 これから、劇的に楽天グループの見え方が変わってくると思います。パソコンやスマートフォンの画面を通して見ていた「楽天」を、
現実世界で見るようになるのです。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1471485314/


続きを読む

楽天モデル曲がり角…16年1〜6月営業益12%減

1: スターダストレヴァリエ ★ 2016/08/05(金) 17:19:09.68 ID:CAP_USER
11
楽天の事業モデルが曲がり角に来ている。主力のインターネット通販で配送の便利さや口コミを重視する消費者の新潮流を捉えきれていない。
米アマゾン・ドット・コムや新興勢力の台頭を許し、成長が頭打ちになった。創業20年目の「老舗」企業はイノベーションの停滞も目立つ。このままでは成長市場で取り残されかねない。

 4日発表した2016年1〜6月期の連結業績(国際会計基準)は営業利益が前年同期比12%減の487億円と減益に転じた。
電子商取引(EC)事業は4〜6月の売上高が7%増の725億円、営業利益が25%減の175億円と利益面で足を引っ張る。
三木谷浩史社長はEC事業で年4割の成長を社内で厳命していたが、旅行などを含まない「楽天市場」単体では今や横ばいとみられる。

 楽天は店舗が自由にサイトを構築できるモール型で、出店者に場所貸しをする大家のような存在。日本のネット通販を発展させた立役者だ。

 三木谷社長はネット通販を軸にフリーマーケットやオークション、旅行にも参入し「楽天経済圏」を広げようとしてきた。
だがネット通販以外は多くが他社の後追いで新味が薄く、相乗効果を発揮しているとは言い難い。カブドットコム証券の河合達憲投資ストラテジストは「規模が大きくなり消費者の変化への対応が遅れた」と競争力が低下した理由を分析する。

 主役の座を奪ったのがアマゾンだ。調査会社によるとすでに利用者数で楽天を上回った。
消費者に合った商品を提案する機能や送料無料化、配送時間指定をいち早く始めてニーズを捉えた。
アマゾンが商品をいったん買い取ってから販売するため価格やサービスを統一しやすい。この点で、管理を店舗に任せる楽天は消費者から「検索ワードと違う商品もでてきて精度が低い」「店ごとに送料が違いわかりにくい」といった不満が多い。

 アマゾンだけではない。出店料を無料にして店舗を増やしているヤフーのほか、安い商品や中古品を消費者同士が売り買いするメルカリが急成長している。
世界ではフェイスブックやインスタグラムで人気タレントが紹介した商品を選ぶ潮流が広がっている。楽天はここでも乗り遅れ、東南アジアや欧州で撤退した。

 ある出店企業幹部は「楽天は守りに徹する雰囲気があり、失敗しても他社にはない新サービスを生もうという気概がみられない」という。

 劣勢が目立つECのてこ入れへ向けて打ち出したのが、共通ポイントの大盤振る舞いだ。例えば楽天カードで買った人は通常の4倍もらえる。
グループのサービスを使うほど特典が得られるようにした。4日には音楽の定額制聴き放題サービスを始めると発表した。
9月から消費者への対応が悪い店舗を減点し、一定の点数に達すればネット通販からの“退場”を促す制度を始める。店舗の質を高める狙いだ。

 「感動あふれるECをつくっていきたい」と言い、最近「グローバルイノベーション企業」になるという理念を掲げた三木谷社長。
忘れていた革新を取り戻さなければ、栄枯盛衰が激しいネット市場で再び輝くのは難しい。(花井悠希、藤原隆人)

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO05697420U6A800C1TI1000/
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1470385149/


続きを読む

楽天オークションが10月末で終了、フリマアプリ「ラクマ」へ移行うながす

1: 海江田三郎 ★ 2016/08/04(木) 18:54:53.91 ID:CAP_USER
IC201374-2
http://internetcom.jp/201374/rakuten-auction-to-rakuma

楽天オークションは終了。フリマアプリ「ラクマ」への移行が推奨だそう

楽天はインターネットオークション「楽天オークション」を10月末で終了させる。使っていた人には、
フリーマーケットアプリケーション「ラクマ」などへ移るよううながしている。
楽天オークションは2006年に開始。落札額に応じて「楽天スーパーポイント」が受け取れたり、代金をポイントで支払えたりといった特徴があった。

8月4日で新規出品者や新規ショップの登録を停止し、9月1日には商品の出品もできなくなり、同15日には入札、落札、商品の検索も不能になる。
10月15日を取引の完了期限とし、31日を取引代金の最終出金日にするという。2017年3月10日には取引履歴も見られなくなる。
楽天オークションを使っていた個人向けには、ラクマで特別キャンペーンなどを実施。企業にはショッピングサイト「楽天市場」が案内中だ。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1470304493/


続きを読む

楽天が定額音楽配信サービス開始、月1080円で300万曲が聞き放題

1: 海江田三郎 ★ 2016/08/04(木) 15:25:37.77 ID:CAP_USER
001
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ04H7H_U6A800C1000000/

楽天は4日、定額の音楽配信サービス「Rakuten Music(ラクテンミュージック)」を同日から開始したと発表した。
利用者は月額1080円を支払えば、楽天が提供する約300万の楽曲が聞き放題となる。提供楽曲数は年内に2000万〜3000万曲まで増やす。
定額音楽配信サービスはLINEやアマゾンジャパンが2015年から開始しており、競争が激しさを増す。

 ラクテンミュージックの料金は月1080円。通販サイト「楽天市場」などに登録している利用者は30日間の料金が980円となる。
登録をしてから1カ月間は無料で利用できる。月間の視聴時間が20時間に制限される「ライトプラン」の料金は600円、楽天のID登録者は500円。

 定額の音楽配信については2015年に日本で参入が相次いだ。サイバーエージェントとエイベックス・グループ・ホールディングス
が5月に「AWA(アワ)」のサービスを開始。米アップルやLINE、米グーグルが続いた。楽天の競合であるアマゾンジャパンも、
年間3900円を支払っている「プライム会員」向けに、追加料金なしで音楽が聞き放題になるサービスを昨年始めている。

 楽天の現時点の提供曲数はAWA(3000万曲)やLINE(1800万曲)などの競合と比べると見劣りする。
AWAやLINEもサービス開始後に料金を引き下げるなど、既に競争は激しくなっている。後発組の楽天が利用者を増やすハードルは高い。
引用元: http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1470291937/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ