SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:TV

なんでも4K画質にしちゃう魔法のスティック「NNvidia Shield TV」 ん?

1: フランケンシュタイナー(東京都) [US] 2019/11/02(土) 11:12:17.36 ● BE:295723299-2BP(2000)
191031nvidiadhield

なんでも4K画質にしちゃう魔法のスティック:Nvidiaの最新セットトップボックス「Nvidia Shield TV」レビュー
11/1(金) 11:30配信 ギズモード・ジャパン

日本でもリリースしてくれないかな。

日本では馴染みの薄いTVセットトップボックスですが、アメリカでは昔からリビングの必須アイテム。
Nvidiaの最新セットトップボックスには、AIが搭載されておりコンテンツを4Kにしてくれるとかなんとかかんとか…。
どゆこと? 米Gizmodo編集部から届いたレビューでみてみましょう。

魔法じゃなくて科学です。でも、まるで魔法みたいに感じちゃうのがNvidiaの最新セットトップボックス
Nvidia Shield。Tegra X1+チップを搭載したことで、750p1080pコンテンツを4Kに底上げしてくれる
AIアップスケール機能が目玉です。

Android TVがベースとなっているNvidia Shieldは、今回で3世代目。2015年の初代、2017年の第2世代。
今回の第3世代では2モデルあり、200ドルのNvidia TV Shield Proと150ドルのNvidia TV Shield。前者は
前モデルと似た外観、後者はチューブ型になっています。今回レビューしたのは150ドルモデル。ちなみに、
ぼくは普段は170ドルのApple TV 4Kを使っています。本記事では、区別するためレビューした150ドルモデルを
Shield、200ドルモデルをProと記述しますね。

Nvidia Shield TV

これは何?:Nvidiaの最新Android TVセットトップボックス。価格:Nvidia TV Shieldが150ドル、
Nvidia TV Shield Proが200ドル。気に入った:AI機能が使える。リモコンがいい。気になった:Android TVは
他OSアプリへの対応がない。AIが全コンテンツで使えるわけではない。

チューブ型デザインのShieldも、前モデル&Proと非常に似たつくりになっています。USBポートなし、
Plexメディアサーバー非対応、Samsung SmartThingsハブも使えず。ShieldはRAM 2GBで容量8GB。
ProはRAM 3GBで容量16GB。

Nvidiaが、今回Shieldで目指したのはテレビの裏にさっととりつけたら、あとはその存在を忘れてしまえるような
お手軽な端末。チューブの片側にはHDMIポートとmicroSDスロット、もう片側には電源ポートと
Gigabit Ethernetポート。電源とテレビにつなげば、真ん中になんかついているただの長いコードに見えなくもない。
OS的には前モデルと特に変わりなし。Android TVがベースなので、YouTube、Google Music、Amazon Primeに
対応、Apple TVやRokuなどのその他アプリは未対応。

以下ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000003-giz-prod
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1572660737/


続きを読む

フルハイビジョン 4K 8Kを比べてみた(画像あり

1: コラット(SB-iPhone) [US] 2019/09/15(日) 04:54:47.97 ● BE:659060378-2BP(8000)

普通うづき
no title


4Kうづき
no title


8Kうづき
no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1568490887/


続きを読む

8Kテレビ巡る韓・中・日の「三国志」

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/06(金) 15:55:35.55 _USER
20190903-00000020-cnippou-000-0-view
国際電子展示会「IFA 2019」で韓国・中国・日本のテレビ製造会社が先を争って「8Kテレビ」(3300万画素)を大挙公開する。今年初めに米国ラスベガスで開催された電子ショー「CES 2019」で公開された8Kテレビが主に技術アピール用だったとすれば、IFA 2019に出品された製品は、実際に販売中または販売予定の主力モデルだ。このため、今回の行事では中国企業が8Kテレビとして発表した製品が「本当に8Kと呼ぶにふさわしい性能を備えているか」という市場評価が行われるという見方が出ている。

グローバル1・2位のテレビ製造業者であるサムスン電子とLGエレクトロニクスは、6日(現地時間)に開幕するIFA 2019で現存するテレビの中で最高画質の8Kテレビを展示する。これまで大型中心に生産したサムスン電子は55インチ8K QLED(量子ドット発光ダイオード)テレビを発売し、製品群を増やす。サムスン電子の関係者は「欧州にはリビングが広い家庭が多くないため伝統的に中小型テレビの人気が高い」とし「55インチテレビを欧州で発売することになった背景も小さなQLEDテレビを購入しようとする需要があるため」と説明した。

サムスンは行事期間中、8K協会と合同で8K技術ロードマップも発表する。この席にはビデオ・ストリーミング業者の楽天テレビヨーロッパの楽天テレビ欧州社長が参加し、8Kコンテンツ制作計画を公開する予定だ。

LGエレクトロニクスは世界初の88インチ8K有機EL(OLED)テレビを披露する。画素数だけでなく、90%水準の画質の鮮明度を掲げ「真の8Kテレビ」という点を強調する計画だ。画質鮮明度とは白と黒の色がどれほどよく区別されるかを示す割合で100に近いほど鮮明であることを意味する。LGエレクトロニクスの関係者は「8K有機ELテレビは高画質・高音質の映像コンテンツ配信規格の‘HDMI2.1’も適用し、ソフトで洗練された映像と音声を提供する」と語った。

日本と中国の企業も積極的だ。2017年末に初の8Kテレビを発売したもののサムスン電子に押されたシャープは「プライド回復」に出る。シャープは、世界初の第5世代(5G)移動通信モデム結合型8KテレビをIFA 2019で公開する。120インチでディスプレイはLCD(液晶表示装置)だ。TCLやハイセンスなど中国企業も8Kテレビ発売の隊列に合流する。

大型ディスプレイの競争もテレビに劣らない。LGエレクトロニクスは、展示場の入り口に有機ELフレキシブルサイネージ260枚をつなぎ合わせて超大型の滝の造形物を作った。サムスン電子は展示場の壁の一方をマイクロLED(発光ダイオード)のスクリーンでいっぱいにし、目を引いた。
https://japanese.joins.com/article/364/257364.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1567752935/


続きを読む

有機ELテレビ、ぐっと身近に 昨夏より3割安く

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/28(金) 19:15:56.63 _USER
77432a1523a76fced40f0c2a900cf3d8
有機ELテレビが値下がりしている。国内メーカーの新製品発売に伴い、主力とする55型の旧モデルの価格は家電量販店各社の店頭で25万円前後と手ごろに。昨年夏より3割近く安く、液晶テレビからの買い替えも広がる。来年には東京五輪・パラリンピックが控える。各社は消費増税前最後のボーナス商戦の目玉として販売を強化する。

東京都内や大阪市などの家電量販店各社の店頭では26日時点で、ソニーの「KJ-55A9F」…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46694520Y9A620C1QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1561716956/


続きを読む

液晶モニターの焼き付きを直す方法ってあるの?

1: PAO(東京都) [DE] 2019/06/23(日) 10:30:28.43 BE:468394346-PLT(15000)
Screen-burn-1-1118x538

ベンキュージャパン株式会社は、複数のアイケア機能を搭載した23.8型液晶ディスプレイ
「GW2480T」を21日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は20,000円前後の見込み。

 GW2480Tは、狭額縁デザインを採用したフルHD(1,920×1,080ドット)
非光沢IPS液晶ディスプレイ。フリッカーフリーやブルーライト軽減機能に加え、
独自の「ブライトネスインテリジェンス(B.I.)テクノロジー」を搭載。表示コンテンツの
明暗や周辺環境の光量にあわせて自動的に画面輝度を調整し、目への負担を低減する。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1191494.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1561253428/


続きを読む

有機ELテレビ、30万円割れ 2年でほぼ半値に

1: ムヒタ ★ 2019/03/27(水) 12:00:26.75 _USER
23007
有機ELテレビの値下がりが進んでいる。都内の大手家電量販店では3月下旬現在、ソニーやパナソニックなど国内メーカーが販売する主力の55型製品が1台24万〜28万円程度で並ぶ。2年前に比べ4〜6割ほど下がり、30万円を割り込んだ。消費者に近い存在になり、売れ行きも好調だ。

有機ELテレビは主要部材であるパネルのバックライトが不要。黒い色合いの表現に優れるが、液晶テレビに比べ割高感が強かった。主要メー…
2019/3/27 11:30
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42954790W9A320C1QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1553655626/


続きを読む

4K放送開始3カ月 4Kテレビ販売じわり増加

1: 田杉山脈 ★ 2019/02/27(水) 22:31:42.86 _USER
3535
高精細な画像が特徴の4K8K放送の開始から3月1日で3カ月。テレビ価格の下落に加え、約10年前に薄型テレビを購入した消費者の買い替え需要と重なり、エディオンなどの家電量販店では4K放送対応テレビの人気がじわり高まっている。一方、シャープが市場投入する8Kテレビは高価格がネックとなり様子見が続く。

エディオンでは高画質の4Kテレビの売上高が2018年12月に前年同月比3割増、1月も2割増と好調だ。…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41821520X20C19A2TJ3000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1551274302/


続きを読む

ヒースロー空港で開発中の4Kモニター管制室がかっちょいい

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2019/02/09(土) 02:09:00.01 BE:416336462-PLT(12000)

【2月7日 AFP】英国航空管制公社(National Air Traffic Service、NATS)は1月23日、
ヒースロー空港(Heathrow Airport)管制塔のデジタルタワー研究所で、4K対応の超高解像度(UHD)カメラ技術のトライアルを実施した。
人工知能(AI)と機械学習を組み合わせた技術で、実用化すれば視界不良時における航空機の着陸能力や定刻通りの運航を向上させると期待されている。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3208045?pid=20908757
no title

no title

no title

no title
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1549645740/


続きを読む

有機ELテレビ、4割以上安く 液晶との価格差縮小

1: ムヒタ ★ 2018/12/19(水) 11:12:36.05 _USER
5e96053e-s
有機ELテレビが一段と値下がりしている。一部の国内メーカー品は、発売当初の価格帯と比べ4割以上安くなった。値ごろ感から販売台数も増加傾向。液晶テレビとの価格差も縮小し、消費者にも身近な家電になりつつある。

都内の家電量販店では、ソニーなど国内メーカーの55型品が12月中旬時点で1台30万〜35万円程度。有機ELテレビ市場に主要メーカーが出そろった2017年6月ごろは50万〜55万円程度で販売され…
2018/12/19 11:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39087810Y8A211C1QM8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545185556/


続きを読む

某技術者「NHKが映らないテレビ?そんなん簡単に作れるわ」

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/12/09(日) 17:21:15.75 BE:618588461-PLT(35669)
TV_Television

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00008963-bengocom-soci

今年6月、ソニーの株主総会で「NHKだけ見られないテレビを作ってほしい」と株主が要望し、話題になった。

そんなテレビ、作れるのだろうか。筑波大准教授(メディア工学)の掛谷英紀さんによると、技術的には難しくないという。
「ただ、特許や権利の関係で販売はできないでしょうね」

掛谷さんは、NHKの電波をカットするフィルター「イラネッチケー」の開発者としても知られる。
権利問題の回避、これこそがイラネッチケーが誕生した理由だという。

●ネックは「ARIB(アライブ)規格」

掛谷さんがネックと指摘するのが、放送事業者などで作る「電波産業会(ARIB)」が策定した「ARIB(アライブ)規格」だ。

デジタル放送に関する標準規格で、地デジ対応のテレビがこの規格に準拠している。
NHKはもちろん、東芝やソニー、パナソニックなどのテレビメーカーも会員に名を連ねている。

NHKが映らないテレビは規格をクリアするのか。弁護士ドットコムニュースは6月に、ARIBに取材している。

担当者によると、ARIBの標準規格では、テレビの受信機は全チャンネルを受信できることが前提になっているという。
つまり、NHKが映らないテレビはARIB規格を満たせない可能性がある。

「テレビ局やメーカーが集まって作った規格ですから、特定の局を映さないというのは、そもそも想定していないですよね。
ただ、民間の標準規格なので、国の基準のように必ずしも従う必要はありません」(ARIB担当者)

●思い出される「スマートビエラ事件」

ただし、理論上可能でも、実際にできるかは別だ。

思い出されるのは、2013年に起きたパナソニックのテレビ「スマートビエラ」の問題だ。
このとき、ARIB会員のテレビ局は、同製品がARIBのガイドラインに反すると主張。一時パナソニックのCMが流れなくなった。

問題になったのは、テレビを起動すると同時に、テレビ番組の枠の外側にインターネットのサイトなどが表示される仕組み。
視聴者が放送番組とネット情報を混同することが懸念された。結局、パナソニックは仕様を見直した。
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544343675/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ