SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ガジェット:ブラウザ

Yahoo「IE10なんてブラウザ使うなよ...」

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2017/10/16(月) 20:13:22.79 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
IE10
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
Internet Explorer 10.0以前の一部のブラウザー環境において、ヘルプページの閲覧およびお問い合わせフォームの利用ができなくなっています。
対象のブラウザーをご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、最新バージョンにアップデートいただくか、
「Firefox」や「Chrome」など、別のブラウザーからアクセスをお願いいたします。

https://www.yahoo.co.jp/

引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508152402/続きを読む

FirefoxのWindows XP/Vistaサポートは2018年6月で終了

1: ノチラ ★ 2017/10/14(土) 21:43:41.16 _USER
ph
Mozillaは4日、FirefoxでのWindows XP/Vistaのサポートを2018年6月に終了すると発表した(Future Releasesの記事、VentureBeatの記事、The Registerの記事)。

Mozillaは昨年12月にFirefoxのWindows XP/Vistaサポート終了計画を発表していた。Windows XP/Vistaでは今年3月にリリースされたFirefox 52が延長サポート版(ESR)となり、サポートが提供される最後のメジャーバージョンとなっている。セキュリティアップデートについては少なくとも今年9月までは提供されることになっていたが、来年6月まで延長されることになる。ただし、MozillaではWindows XP/Vistaユーザーに対し、MicrosoftがサポートするバージョンのWindowsにアップグレードすることを強く推奨している。
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20171008/Slashdot_17_10_08_0628222.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1507985021/


続きを読む

Linuxシェア増加で5%に近づく - 9月OSシェア

1: ノチラ ★ 2017/10/08(日) 17:32:25.01 _USER
Net Applicationsから2017年9月のデスクトップOSのシェアが発表された。2017年9月はWindowsがシェアを減らし、MacとLinuxがシェアを増やした。特にLinuxは8月と9月で大きくシェアを増やしており、この2カ月でシェアを2倍ほどまで増やしている。

デスクトップ向けオペレーティングシステムのシェアがここまで大きく変動することは珍しい。Macもシェアを増やしているが、Linuxの増加率のほうが大きい。同様の傾向が続いた場合は、LinuxのシェアがMacのシェアを超える可能性もある。

バージョン別に見ると、Windows 10はシェアを増やしているものの、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、Windows XPはシェアを減らしている。古いWindowsからWindows 10への移行が進んでいるというよりは、Windows以外のオペレーティングシステムへの移行が進んでいる可能性がある。

no title

no title

1 Windows 88.88% 90.70% ↓
2 Mac 6.29% 5.94% ↑
3 Linux 4.83% 3.37% ↑
4 FreeBSD 0.01% 0% ↑
http://news.mynavi.jp/news/2017/10/02/160/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1507451545/


続きを読む

Firefoxにもう一度チャンスを与えるべきときが来た…v57はMozillaの最高の自信作

1: ノチラ ★ 2017/09/30(土) 17:15:33.67 _USER
index
あなたもぼくみたいな人なら、デフォルトのブラウザーを何年も前にChromeに替えて、それきりだろう。そしてその前にはきっと、Firefoxや、あの悪名高きInternet Explorerを使っていただろう。当時のChromeの強みは、そのスピードと単純性だった…対照的にFirefoxは、アップデートを重ねるたびに遅くて鈍重になっていた。でも、時代は変わった。今は、Firefoxにもう一回チャンスを与えるべきときだ。

今週の初めに、Firefoxを支える非営利団体Mozillaが、Firefox 57の最初のベータをローンチした。重要なニュースとは思えないかもしれないが、実はバージョン57は近年ではいちばん重要なFirefoxのリリースだ。それは、ユーザーには見えない部分の多くの可動部品を何年もかけてチューンナップしてきた成果であり、それによりGmailの受信トレイやYouTubeまたの名‘猫のフォーラム’が、一瞬でさっと表示されるようになった。Mozillaは今回のリリースの重要性を強調するために、このバージョンを“Firefox Quantum”と呼んでいる。

誰もが知ってるようにMozillaは、さまざまな実を結ばないプロジェクトに大量の時間と労力を浪費してきた。モバイルのOSも作ったし、IoTサービスや、ブラウザー内蔵のビデオチャットなども作った。内部的なもめごともあったし、その回復には時間がかかった。でも、こんなことを長々と取り上げても意味がない。重要なのは、Mozillaがやっと自分のツボを見つけて、再び集中できるようになったことだ。そしてその効果が、現れ始めている。

最近の数年間Mozillaの技術者たちは二つのプロジェクト〔エンジンとインタフェイス〕に心血を注ぎ、そしてついに、その成果が見えてきた。それには予想外に、というか必然的に、長い時間を要したが、このQuantumリリースによってMozillaは再び、インストールする価値のあるブラウザーを提供しようとしている。

Quantumに見られるアップデートの多くは、Mozillaの実験的なブラウザーエンジンServoに由来している。Servoは独立のプロジェクトとしてはリリースされず、あくまでも未来のFirefoxを育てる培養器だった。そのエンジンは、Mozillaがまさにこのようなユースケースのために作ったプログラミング言語Rustで書かれている。〔Rust参考記事〕

そのためFirefox Quantumは、マルチコアのCPUをフルに利用でき、それはとくにCSSエンジンで威力を発揮する。そもそもWebページの表示が速いことはほぼイコール、CSSのレンダリングが高速であることだ。またそれによってメモリの使用量も少なくなり、スピードアップに貢献している。実際にメモリの使用量がChromeよりも少ない場合が、多いそうだ。

このリリースで、インタフェイスも新しくなった。たとえば、角の丸いタブはなくなった。新しいインタフェイスは、スピードと単純性を重視している。これまでのバージョンと同じく、インタフェイスのカスタマイズは可能だが、今度のインタフェイスは高密度の画面でも見栄えが良く、タッチスクリーンのあるラップトップでも反応が良い。
以下ソース
http://jp.techcrunch.com/2017/09/30/20170929its-time-to-give-firefox-another-chance/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1506759333/


続きを読む

Firefox 56ではWebページのスクリーンショット撮影機能が利用可能に

1: ノチラ ★ 2017/09/18(月) 21:24:35.60 _USER
firefox32_take_screenshot_03
Firefox 56ではWebページのスクリーンショット撮影機能が全ユーザーで有効になるそうだ(Neowinの記事[1]、 [2])。

スクリーンショット撮影機能はFirefoxで表示中のWebページ専用で、エレメント単位で選択するか、任意の範囲を選択して撮影する。スクリーンショットはローカルにダウンロードするほか、Firefox Screenshotsサイトにアップロードすることも可能だ。Firefox Screenshotsサイトにアップロードした画像は14日間で削除されるが、期限を待たずに削除することもできる。なお、画像は一般公開状態になり、URLを知っている人は誰でも閲覧できるようになるので注意が必要だ。

Firefox 55にはスクリーンショット撮影機能のベータ版が搭載されており、MozillaではFirefox 56のリリース前に最大50%のユーザーで順次有効にしていく計画だという。Firefox 55ですぐに試してみたい場合は、about:configで「extensions.screenshots.system-disabled」をfalseにすれば「Firefox Screenshots」ボタンがツールバーに追加される。このボタンをクリックすると選択モードになるので、ページをドラッグまたはエレメントをクリックして範囲選択する。ページ全体を選択することも可能だ。あとは「ダウンロード」ボタンをクリックするとローカルに保存、「保存」ボタンをクリックするとFirefox Screenshotsサイトにアップロードできる。
https://it.srad.jp/story/17/09/17/1958231/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1505737475/


続きを読む

「Bing」検索、急成長って本当? 米では「シェア3割」も、日本では..

1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/02(土) 14:30:37.07 _USER9
https://www.j-cast.com/2017/09/02307191.html
   インターネット検索エンジンの「Bing(ビング)」を知っているだろうか。マイクロソフト社が提供するこのBingの利用率が、米国では3割超に達しているという。

   日本でネット検索といえば、「ググる」というネットスラングがあるほど普及している「グーグル」、あるいは「ヤフー」のイメージが強いだろうが、「Bing」はどれほど利用されているか。

no title

  米マイクロソフト社が提供するウェブマーケティングサービス「Bing Ads」公式ツイッターは2017年8月18日、Bingのシェア率(3月時点)が米国で33%とする調査結果を投稿した。調査はデジタル市場の分析を手がける米コムスコア社が実施した。

   「Bing Ads」は上記ツイートで、「Bingはみなさんが思っているより規模が大きい」としている。他のユーザーからは「Bing使ってるよ」「感激!いつもBing!」といったリプライ(返信)が寄せられている。

   ただこのデータは、Bingが検索エンジンのアルゴリズムを提供している米ヤフーや米AOLでの検索も合算したいわば「Bing勢」の集計。米大手統計会社「Statista」が公表している米国の検索エンジンシェア率(17年4月時点)を見ると、ヤフー11.7%、AOL0.8%で、マイクロソフト(Bing)は22.8%だった。それでも、09年4月のBingは8.2%で、ここまで堅実にシェアを伸ばしている。グーグルは安定して60%前後を維持しており、17年4月も63.4%だった。

   日本での利用実態はどうか。米統計会社「StatCounter」の調査データによると、日本ではグーグルが67.7%、ヤフーが27.9%で、Bingは3.7%にとどまっている。ただ米国と違い、ヤフー・ジャパンはグーグルのアルゴリズムを検索エンジンに採用しており、仮にヤフーを「グーグル勢」として合算すると95%に達する。Bingの存在感は小さい。

またBingは、マイクロソフトの最新基本ソフト(OS)ウィンドウズ10に標準搭載されているネットブラウザー「マイクロソフト・エッジ」においてデフォルトの検索エンジンとして設定されている。冒頭のデータが示したシェアの高さにはその影響もあるのではないかと考える向きがツイッター上には少なくない。

   他にも「Bing頭悪すぎない?」として検索候補に首をかしげるツイートが見つかる。このユーザーは、Bingの検索窓に「western」と入れたところ予測候補で「うぇsてrんぢぎたl」「ウェs手rンあrms」「wester 納車」などと表示されたディスプレー画像を投稿して不満を述べていた。

   試しに同じようにBingで「western」と入力してみたところ、本当に上記と同じ候補が表示された。5番目に「western digital」があり、そのつづりをかな入力モードでタイピングすると「うぇsてrんぢぎたl」になる、というのが「予測」の顛末のようだ。なおグーグル検索で同様に「western」を入力すると「western digital」が一番上に出た。

   それでも「自分はもうかなり前からBing主体です」「Bingもシンプルで意外と使いやすいのよ。日替わりトップページもきれいだし」「bingがシェアを伸ばしているらしい。Googleの独占は嫌なのでこの流れ維持してほしい」と支持派もそこそこいる。

   気に入られている点としては、たとえば「bing、検索エンジンとしては一度も使ったこと無いけど、トップに出てる日替わり画像は好き」と言われるように、毎日かわるトップ画面の背景画像を好むユーザーが複数見つかる。自然や名建築といったものが多く、ページ下部には「今日の画像」として簡単な説明も書かれている。

   ただしグーグルのトップ画面も、記念日や偉人の誕生日などには特殊なアレンジが施される「Doodle(ドゥードゥル)」機能を備えているほか、自分で好みの画像を設定する拡張機能(アドオン)もあるため、Bingの「専売特許」には至っていない。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1504330237/


続きを読む

「Firefox 55」公開、「WebVR」対応や高速化など

1: 動物園φ ★ 2017/08/09(水) 13:59:55.77 _USER9
yu_firefox1
8/9(水) 12:56配信

ITmedia NEWS
「Firefox 55」公開、「WebVR」対応や高速化など

 米Mozilla Foundationは8月8日、Webブラウザ安定版のアップデートとなる「Firefox 55」をWindows、Mac、LinuxおよびAndroid向けに公開した。

WebVRをサポート(Windows版)

 Windows版で「WebVR」をサポートした。WebVRは、Mozillaが主体となって開発するAPI。VR HMDと連係するWebアプリのために、HMDやコントローラの位置や動作の情報を3D空間内の動きに変換する。

 「Oculus Rift」や「HTC Vive」などのVR HMDユーザーは、VRをサポートするWebゲームやアプリをFirefoxで開き、Webページ上のVR HMDのアイコンをクリックすれば、VRで体験できる。

「パフォーマンス」パネルでコンテンツプロセスの数をマニュアル調整

 [オプション]→[一般]タブの[パフォーマンス]で[推奨のパフォーマンス設定を使用]を無効にすると、コンテンツプロセス数を選べるようになる。

 あまりメモリを搭載していないPCではプロセス数を減らすと負荷が減り、ストレスも減りそうだ。Mozillaは、例えば8GB以上メモリを搭載している環境であれば、プロセス数を推奨の4より増やすと速くなるとしている。「われわれのWindows 10でのテストでは、プロセス数が8の場合でも、FirefoxはChromeよりメモリ消費が少なかった」という。

タブ復元付き起動時間の短縮

 起動時に前回開いていたタブを復元する設定にしている場合、起動速度が大幅に短縮された。例えばFirefox 51では1691のタブを復元して起動するのに約8分かかっていたところ、Firefox 55では15秒だったという。

64bit版Windowsユーザーは自動的に64bit版Firefoxに

 64bit版Windowsユーザーが初めてFirefoxをダウンロードする場合、自動的に64bit版Firefoxがダウンロードされるようになった。次のアップデートでは、現在32bit版のユーザーも自動的に64bit版に移行する予定だ。

 テストでは、4GBのメモリを搭載する64bit版Windowsの場合、クラッシュ率は32bit版より39%少ないという。

検索先を選べる「ワンクリック検索エンジン」

 検索バーに検索したい単語を入力すると、検索エンジンの一覧が表示され、そこで検索先を選べる。

 このリストは[オプション]→[検索]→[ワンクリック検索エンジン]で編集できる。

 この他、重要度「最高」の2件を含む複数の深刻な脆弱性に対処した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00000047-zdn_n-sci
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502254795/


続きを読む

ブラウザーのシェア、IEとEdgeの凋落が続く

1: ののの ★ 2017/06/05(月) 17:50:47.28 _USER9
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481542/060500376/

2017/06/05 Gregg Keizer Computerworld

no title


 米調査会社Net Applicationsのデータによると、米MicrosoftのWebブラウザー「Internet Explorer(IE)」と「Edge」は2017年5月も凋落が続いた。同月の推計ユーザーシェア(世界のパソコン利用者のうちで各ブラウザーを使っている人の割合)は、IEとEdgeを合わせて23.2%で、前月より1ポイント近く下がった。


 この下げ幅は、2017年1月以降で最大だ。2016年と同じように両ブラウザーが再び急降下していく兆しかもしれない。両ブラウザーは2016年に、年始時点の半分近い22ポイント以上のユーザーシェアを失い、米Googleの「Chrome」に首位の座を明け渡した。

 Microsoftが抱えている問題は、2015年半ばから続いているもので、2つの要因がある。1つは、レガシー扱いに格下げとなったIEの減少が続いていること。これは、Windows 10のリリース後に起きると予想されたとおりだった。もう1つは、Windows 10のデフォルトブラウザーであるEdgeが、控えめに言っても力不足で、IEの減少分を埋め合わせるには至らなかったこと。こちらは、Microsoftにとって当然ながら想定外だった。

 2016年7月〜2017年5月の間に、IEのシェアは41%下がったのに対し、Edgeのシェアは11%しか上がっていない。IE単独で見ると、シェアの数字は2017年1月以降は20%を下回り、5月には過去最低の17.6%まで下がった。一方でEdgeは、4カ月連続で5.6%と横ばいだ。こうした要素が組み合わさって、完敗の様相となった。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481542/060500376/?ST=cm-software&P=2

 IEとEdgeの今後を予測すると、さらに悲惨な未来が垣間見える。12カ月と3カ月のデータの傾向から判断して、早ければこの6月、遅くとも12月までには、両ブラウザーの合計シェアが20%を切る可能性がある。

 MicrosoftはEdgeを盛んに宣伝しているが、その努力はいまだに実を結んでいない。2017年5月にWindows 10でメインのブラウザーとしてEdgeを使ったユーザーはわずか21%で、1年前の29%より下がっている。しかし一方で、企業が社内のパソコンをWindows 10に移行する動きが本格化し、EdgeのようなモダンブラウザーとIEを併用せざるを得ない旧式の業務用Webアプリケーションやイントラネットサイトを廃止するようになったら、Windows 10の中でEdgeのシェアは拡大すると予想するアナリストもいる。特に重要なのは旧式のWebアプリケーションやサイトの廃止の方だ。

 5月にユーザーシェアが最も伸びたのはChromeだ。前月より0.4ポイント増え、過去最高の59.4%となった。Net Applicationsのデータの傾向から割り出したComputerworldの予測では、Chromeのシェアは、遅くとも8月には60%を超える。

 米Mozillaの「Firefox」は、2016年12月から2017年3月の間に0.4ポイント減ったが、5月までで0.2ポイントを取り戻し、2017年に入ってからでは最も高い12%となった。

 Net Applicationsでは、同社の分析サービスを利用している顧客企業のWebサイトを閲覧したユーザーに関して、そのブラウザーのユーザーエージェント文字列を調べ、ブラウザーの種類とOSを集計することで、ユーザーシェアを推計している。また、同社の分析サービスの顧客企業が多くない国(例えば中国)にも対応するよう、ネット利用者の規模に応じて各国のデータに重み付けを行っている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら http://www.computerworld.com/article/3199425/web-browsers/mays-browser-numbers-ie-edge-skid-persists.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1496652647/


続きを読む

12月デスクトップブラウザシェア Chrome 56.43% IE 20.84% Firefox 12.22% 

1: アイアンクロー(東日本)@\(^o^)/ [AT] 2017/01/01(日) 16:20:41.50 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1483255241/


続きを読む

デスクトップブラウザシェア Chromeが55.83% IEが大きく減少

1: サソリ固め(東日本)@\(^o^)/ [US] 2016/12/04(日) 16:50:47.12
Net Applicationsから2016年11月のデスクトップブラウザシェアが発表された。11月はChromeとFirefoxがシェアを増やし、
Microsoft Internet Explorer、Microsoft Edge、Safariがシェアを減らした。Chromeのシェアは55%を突破し、引き続き増加する傾向を見せている。

MicrosoftはデフォルトのブラウザをMicrosoft Internet ExplorerからMicrosoft Edgeへ変更し、ユーザーに移行を促しているが、
想定通りに進んでいない様子が見える。Microsoft Internet Explorerのユーザーの減少幅がMicrosoft Edgeのユーザー増加に結びついておらず、
代わりにChromeやFirefoxへユーザーが流れている。

http://news.mynavi.jp/news/2016/12/03/141/
no title
引用元: https://www.logsoku.com/r/2ch.sc/news/1480837847/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ