SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:東芝

大赤字計上の東芝メモリ、台湾Lite-onのSSD事業買収で弱点克服へ

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/09(月) 16:58:48.95 _USER
□価格暴落で業績が悪化したメモリメーカー
 2016年4月から爆発的に成長を始めたメモリ市場は、2018年後半に突如、不況に突入した。このメモリ不況の原因としては、Intelが10nmプロセスの立ち上げに失敗し続けたため、PC用やサーバ用プロセッサが供給不足となり、それらを当てにして製造されたメモリが市場にあふれて価格暴落を引き起したことによると分析した(関連記事:Intel 10nmプロセスの遅れが引き起こしたメモリ不況、2018年12月7日付)。
Intel 10nmプロセスの遅れが引き起こしたメモリ不況 (1/4) - EE Times Japan
https://eetimes.jp/ee/articles/1812/07/news026.html

 この価格暴落により、メモリメーカーの業績が悪化している。その中でも、DRAMを持っておらず、NAND型フラッシュメモリしかない東芝メモリとWestern Digital(ウエスタンデジタル/以下、WD)は、2019年以降、営業損益が赤字に転落してしまった。さらに、2019年第2四半期の営業損益を見ると、WDが−4.28%であるのに対し、東芝メモリは−46.17%と深刻な赤字になっている。

 WDと東芝メモリは、四日市工場で設備投資を折半してNANDフラッシュを製造し、そのNANDフラッシュを半分に分割してそれぞれがビジネスを行っている。にもかかわらず、WDと東芝メモリの赤字の状況が異なるのはなぜだろうか?

 本稿では、まず、メモリメーカーの営業損益を比較することにより、DRAMとNANDフラッシュを両方持っている企業がまだ余力があることを示す。次に、NANDフラッシュしかない東芝メモリとWDの業績が大きく異なる原因がSSDビジネスの差に起因する推論を述べる。

 そして、東芝メモリは2019年8月30日に、台湾Lite-on Technology(ライトン テクノロジー/以下、Lite-on)のSSD事業を1億6500万米ドル(約173億円)で買収すると発表したが、この買収が東芝メモリの業績を向上させる可能性について論じる。

□メモリ価格の下落とメモリメーカーの営業損益
 図1に、DDR4 8GビットDRAMおよび64GビットMLC NANDフラッシュのContract(大口取引)価格の推移を示す。NANDフラッシュ価格は2018年7月から、DRAM価格は2018年10月から、それぞれ、下落し始めている。

no title

図1:DDR4 8GビットDRAMと64GビットMLC NANDの大口取引価格 出所:野村証券のデータ

 NANDフラッシュ価格がDRAM価格より3カ月早く下落するが、これについては、Samsung Electronics(サムスン電子)が意図的に大口取引価格を下げたといううわさがある。現在NANDフラッシュメーカーは、中国のYMTC(長江ストレージ)を加えると7社もあるため、NANDフラッシュ業界を淘汰することを狙っているのかもしれない。

 DRAMの歴史を振り返ると、シェアが低い、または財務の弱い企業から撤退していったことが分かる。また、Samsungが不況の時に、競合他社を蹴落とすために、故意にメモリ価格を下げたことも知られている。今回も、NANDフラッシュで、同様のことを仕掛けたのかもしれない。

 図2に、メモリメーカーの四半期毎の営業利益率を示す。ここで、WDについては、HDDを除外し、NANDフラッシュだけの営業利益率を記載した。

no title

図2:メモリメーカーの四半期毎の営業利益率 (筆者調べ)

 すべてのメモリメーカーが、2018年第4四半期から急激に営業利益率が低下している。しかし、DRAMとNANDフラッシュの両方を持っているSamsung(21.1%)、Micron(23.2%)、SK Hynix(9.9%)および、DRAMだけのNanya(22.5%)が黒字を確保しているのに対して、NANDフラッシュしかないWD(−4.28%)と東芝メモリ(−46.17%)は赤字に転落している(カッコ内は2019年第2四半期の営業利益率)。

 次ページでは、各メモリメーカーについて、DRAMとNANDフラッシュに分けて、営業利益率の推移を見てみる。

>>2 へ続く
メモリメーカーのDRAMとNANDの営業利益率

2019年09月09日 11時30分 公開
EE Times Japan
https://eetimes.jp/ee/articles/1909/09/news018.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568015928/


続きを読む

東芝の「組み合わせ最適化最速アルゴリズム」、クラウドで一般公開

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/02(金) 20:33:41.52 _USER
ki_1609376_sbm01
東芝はこのほど、組み合わせ最適化計算に特化した既存の量子コンピュータよりも高速・大規模に問題を解ける「シミュレーテッド分岐アルゴリズム」を実装したマシンをクラウド上に公開した。Amazon Web Services上の仮想サーバ利用料金(1時間約3ドル)のみで利用できる。

シミュレーテッド分岐アルゴリズムは、組み合わせ最適化問題を表すビット配列である「イジングモデル」を解くアルゴリズムの一つ。組み合わせ最適化計算は、交通渋滞の解消や金融ポートフォリオ最適化など、社会問題の解決やビジネスへの応用が見込める。

 量子性を用いた計算や、量子計算を模した専用のデジタル回路などによる組み合わせ最適化計算の研究に、日本やカナダの企業が取り組んでいる。そんな中、東芝が19年4月に発表した同アルゴリズムは、FPGAやGPUに実装することで既存の計算マシンより高速・大規模に組み合わせ最適化計算を行えるという。

 東芝がクラウド上に公開した「シミュレーテッド分岐マシン」では、1万変数・全結合までのイジングモデルを解ける。

 同社は8月1日に、シミュレーテッド分岐アルゴリズムの概要を解説する英語ページをオープンした。日本語ページも近く公開予定。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/02/news104.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564745621/


続きを読む

ネットキャッシュが潤沢な“金持ち企業”、1位は東芝 2位は任天堂 上位のIT企業は……?

1: ムヒタ ★ 2019/07/24(水) 13:40:45.96 _USER
 rvdvindex
現預金と有価証券の合計額から有利子負債を差し引いた「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は? 与信管理を手掛けるリスクモンスター(東京都中央区)の調査によると、1位は東芝の9777億円だった。IT企業では、26位のミクシィ(1444億円)が最高位だった。

 2位は任天堂(8445億円)、3位は信越化学工業(8120億円)、4位はSUBARU(7313億円)、5位はファナック(6071億円)だった。6位以下は、SMC(5123億円)、キーエンス(4682億円)、日本航空(3251億円)、セコム(2944億円)、大正製薬ホールディングス(2825億円)と続いた。

 IT企業では、トレンドマイクロ(1164億円)、サイバーエージェント(913億円)、グリー(871億円)、メルカリ(801億円)、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(740億円)などが上位に入った。

東芝が大きくランクアップ、理由は
 前回(2018年)の調査と比較すると、東芝が2813位から大きくランクアップ。経営再建の一環で、半導体子会社「東芝メモリ」を米Bain Capitalなどに約2兆3億円で売却したことが影響した。この他、大正製薬ホールディングス(22位→10位)、バンダイナムコホールディングス(28位→17位)などが順位を上げていた。

 リスクモンスターは「現代の上場企業には、ROE(自己資本利益率)を高める経営戦略が求められている。本ランキング上位企業のように、経営の安定性を確保しつつ、積極的な投資や株主還元などにキャッシュを有効活用することで、日本経済をけん引していく企業が増えてほしい」としている。

 調査は、19年6月17日の時点で18年4月期以降の決算資料を開示している2876社を対象に実施。ネットキャッシュは「現預金−(短期借入金+長期借入金+社債+1年以内返済の長期借入金+1年以内償還の社債+割引手形)」の計算式で算出した。

2019年07月24日 12時32分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1907/24/news073.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563943245/


続きを読む

東芝メモリ改めキオクシアは「日米韓国」連合です

1: ときめきメモリアル(家) [ニダ] 2019/07/20(土) 18:14:17.54 ● BE:151915507-2BP(2000)
20190718-00000032-cnippou-000-0-view

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-07-18/PURTNOT0AFB501

さよなら「東芝」メモリ、新社名はキオクシア−関係は維持とスミス会長
古川有希、ジェイソン・クレンフィールド
2019年7月18日 15:00 JST
→10月1日付で変更、記憶とギリシャ語の「価値」からの造語
→停電により一時稼働停止の四日市工場、数週間でフル生産へ

東芝メモリホールディングス(HD)が10月1日から社名を「キオクシア(Kioxia)HD」に変更する。同社は株式新規公開(IPO)を計画している。

  ステイシー・スミス会長はインタビューで、社名変更について「独立した企業として新たなスタートを切る」と東芝の文字を残さない理由を説明した。日本語の「記憶」とギリシャ語で「価値」を意味する「axia」を組み合わせた造語という。

  東芝は現在、東芝メモリHDの議決権の約4割を保有する。スミス会長は「私たちは東芝に多くの借りがある。最大の株主であり、それは変わらない」と関係は維持する考えを示した。

  また停電により6月15日から一時稼働を停止していた四日市工場(三重県四日市市)の再稼働について、全ての装置は既に稼働しており、「あと数週間でフル生産できる」と述べた。メモリー価格については、今年半ばが底で、後半にかけて改善するとの見通しを示した。

  東芝メモリHDは記憶媒体の半導体、NAND型フラッシュメモリーを製造する。米原発事業の損失を穴埋めするため、2018年に米ベインキャピタル主導の「日米韓連合」に2兆円で売却された。
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1563614057/


続きを読む

東芝メモリ、「キオクシア」に社名変更

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/18(木) 16:04:52.16 _USER
tt190718_Kioxia_w290
半導体大手の東芝メモリホールディングス(HD)は18日、10月1日付で社名を「キオクシアホールディングス」に変更すると発表した。2018年6月に東芝から独立し、米ベインキャピタルなど日米韓連合の傘下に入って1年あまり。名実ともに東芝から離れ、株式上場をめざす。

「キオクシア(Kioxia)」は、日本語の「記憶(kioku)」とギリシャ語で「価値」を表す「axia」を組み合わせた造語。子会社や製品ブランドも10月から順次変更する。

同社のステイシー・スミス会長は日本経済新聞の取材に応じ、新社名について「当社の新たなスタートを体現する」と話した。スミス氏は米インテルの幹部を歴任した経歴を持ち、18年10月に東芝メモリ会長に就任した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47480380Y9A710C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563433492/


続きを読む

東芝、自社株を消却 発行済みの4.2%、2300万株

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/17(月) 22:12:09.44 _USER
24160
東芝は17日、保有する2300万株の自己株式を24日に消却すると発表した。消却前の発行済み株式数の4.2%に相当する。2018年11月から大規模な自社株買いをはじめ、取得した株式は順次消却する方針を示していた。株式が市場に再放出されるとの投資家の懸念を払拭する。

東芝は昨年11月、最大で当時の発行済み株式数の4割に相当する2億6千万株(7千億円)の自社株買いを発表。今年5月末までに1億2611万株(4562億円)を取得していた。今年3月末までには約1億800万株を消却した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46188490X10C19A6DTA000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1560777129/


続きを読む

東芝、LNG事業の売却発表 仏トタルに17億円で

1: ムヒタ ★ 2019/06/01(土) 10:15:21.67 _USER
727
東芝は1日、米国の液化天然ガス(LNG)事業を仏エネルギー大手トタルに売却すると発表した。中国ガス大手と結んだ売却契約が破談となり、新たな売却先を探していた。LNG事業は巨額損失のおそれを抱えていた。譲渡額は1500万ドル(約17億円)。LNG事業を切り離して社会インフラなどに経営資源を集中し、再建を進める。

トタルのシンガポール子会社に2020年3月末までに売却する。東芝は売却に伴う一時金費用としてトタルに8億1500万ドルを支払う。東芝は20年3月期に売却関連費用を含めて約930億円の損失を計上する見通しだ。

東芝は13年、米テキサス州で手がけるLNG事業「フリーポート」に参入した。米国産のシェールガスをLNGに加工し、20年から20年間にわたり年間約220万トンを販売する権益を持つ。ただ中核事業ではないため、同権益を売却する。

仏トタルは国際石油資本(メジャー)の一角を担うエネルギー大手。同じく仏大手のエンジーからLNG資産を買収するなどして規模を拡大しており、LNGの世界シェアで約1割を持つ。オーストラリアのLNGプロジェクト「イクシス」にも参画しており、東芝が持つ米国の権益も取得することでLNGの調達先を多様化する。

LNG事業は販売価格の変動リスクが大きいうえ、東芝には安定的にLNGを供給する顧客基盤や発電所がない。東芝が参入した13年当時は東日本大震災後で、日本では原子力発電所が停止し、火力発電に依存する形でLNGの需要が高まっていた。ただ中長期的に資源価格は乱高下する恐れがある。東芝のLNG事業は、最大で1兆円近い巨額損失が発生する可能性があるとされてきた。

売却先の候補には米エクソンモービルや英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルなどが挙がっていた。19年度中に売却先を決める見通しだったが、早期の売却契約に至った。

当初は18年11月に中国の民間ガス大手のENNグループへの売却を決めていた。ところがENNの一部株主が事業リスクを懸念し、東芝からの事業買収について反対した。さらに米中当局の認可取得も遅れていた。

4月に入りENNが東芝に対しLNG事業を買収しないと通告。東芝もENNとの契約を解除することを決め、新たな売却先を探していた。
2019/6/1 9:38
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45567090R00C19A6AM1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1559351721/


続きを読む

東芝、脳の「海馬」を模倣するハードウェア開発 一部神経細胞機能の再現成功

1: ムヒタ ★ 2019/05/27(月) 07:30:53.89 _USER
 ki_1609376_toshiba01_w490
東芝は、脳の「海馬」の中でも空間認知をつかさどる一部の神経を模倣するハードウェアを米ジョンズ・ホプキンス大学と共同で開発し、脳での神経細胞とほぼ同じ反応を電子回路上で再現したと5月27日に発表した。東芝は「同種の実験結果は過去に例がない」としている。

 米大学の研究チームが開発した、脳の神経細胞を忠実に再現する神経細胞回路設計技術や神経細胞の制御技術を基に、東芝がハードウェア上に回路を実装した。

 模倣したのは、海馬の中でも空間認知をつかさどる「場所細胞」と「格子細胞」。ネズミの海馬研究の中でもさかんに研究が行われている分野で、既存の論文から模倣に必要なハードウェア構成などを組み立てた。

 東芝は、神経細胞を表すハードウェアをアナログ回路で構成。制御回路はデジタルであるFPGAだが、アナログ回路で神経細胞を模したのは「脳内の情報伝達は神経細胞のアナログ処理が発する電気的信号でやり取りされているため、忠実な模倣にはアナログ処理により神経細胞を再現することが必須」(同社)だからだという。ハードウェアの大きさはA6サイズに収めた。

 このハードウェアで実験したところ、場所細胞が脳内で起こす現象を電子回路上で再現できたという。

 同社は脳機能を再現するための研究を進め、自律移動型ロボットの小型化などへの活用に役立てたいとしている。

 研究成果は、IEEEの国際学会(札幌市、5月26日〜29日)で29日に発表する。
2019年05月27日 00時00分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1905/27/news042.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1558909853/


続きを読む

東芝、社外取締役が8割に 外国人やLIXIL元社長

1: ムヒタ ★ 2019/05/13(月) 12:15:59.54 _USER
2727
経営再建中の東芝が取締役会を大幅に刷新する。12人の取締役のうち、約8割にあたる10人を社外取締役にする。投資会社出身者など外国人を4人起用し、LIXILグループ元社長の藤森義明氏も加わる。米原発事業の巨額損失問題などによる経営危機を脱した東芝だが、業績回復への道のりは険しい。株主の海外ファンドからの圧力が強まるなか、新たな布陣で再建を加速する考えだ。

13日に開いた取締役会で人事案を決定した。…
2019/5/13 11:54
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44706940T10C19A5MM0000/

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1557717359/


続きを読む

品質に厳しい消費者ばかりの日本で、中国の家電メーカーがシェアを拡大中

1: [ニダ] 2019/05/03(金) 19:42:27.17 ● BE:151915507-2BP(2000)
sfindex

 中国では日本メーカーの家電は品質が良いことから一定の支持を得ているが、近年は家電分野では中国メーカーの躍進が目立つ。日本に進出している中国メーカーも多く、その躍進ぶりに多くの中国人は勇気付けられているようだ。
中国メディアの中国日報網は26日、中国の家電メーカーが東京・銀座で大きな注目を集めていると主張する記事を掲載した。

 記事はまず、日本を代表する繁華街の1つである銀座では、中国の家電メーカーである「海爾(Haier)」および傘下ブランドである「AQUA」の広告が日本人消費者の目を引いていると紹介。
ドイツに拠点を置くマーケティングリサーチ会社であるGFKの2018年の報告によると、HaierとAQUAは日本で12%ものシェアを獲得していると紹介し、Haierは日本市場を通じたグローバル化の道を進んでいると強調した。

以下ソースで読んで
2019年5月3日 7時28分
http://news.livedoor.com/article/detail/16405468/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556880147/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ