SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

Amazonが2017年の研究開発費に総額約2.5兆円を投資していたことが判明

1: ムヒタ ★ 2018/04/11(水) 07:20:09.34 _USER
2017年にアメリカ国内で研究開発費に投資した額が高い順に企業をランク付けしたところ、Amazonがトップの約230億ドル(約2.5兆円)で、2位以下を大きく引き離す巨額の投資を行っていたことが明らかになりました。

これまでAmazonは「税金を払っていないにも関わらず、アメリカ合衆国郵便公社を配達に利用している」として、ドナルド・トランプ大統領からTwitterでの攻撃の標的にされていました。しかし、今回示されたAmazonの研究開発費用への投資額は自社のみならず、アメリカ国内にも利益をもたらすことが期待でき、アメリカのGDPにも大きな貢献をしていると考えられます。

なお、2017年にアメリカの企業が研究開発に投資した額を上位から並べたグラフは、以下で示されており、赤いグラフがテクノロジー企業、灰色のグラフそれ以外の企業を表しています。1位がAmazonの約230億ドル(約2.5兆円)、2位がGoogleの親会社のAlphabetでで約170億ドル(約1.8兆円)、以降Intel、Microsoft、Appleと続いています。
no title


なお、Amazonが投資した2017年の研究開発費は、2016年の投資額と比較して約41%増加しており、増加率もアメリカ国内でトップとなっています。研究開発部門に巨額の投資を行い、AWSやAmazon Alexaなどの技術を利用することで、Amazonのレジなしコンビニ「Amazon Go」の店舗数拡大などの構想の実現に力を注いでいるとのことです。
2018年04月11日 06時00分00秒
https://gigazine.net/news/20180411-amazon-research-development-rd/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1523398809/


続きを読む

俺達amazonプライム会員が見たいプライム ビデオを挙げていくスレ

1: 名無しさん@涙目です。(愛知県) [US] 2018/04/07(土) 17:55:31.30 ● BE:833816615-PLT(26999)
5b2b8eeb-s-160x150

http://news.livedoor.com/article/detail/14539331/
PC本体よりも周辺機器が狙い目!掘り出し物をチョイスしてみた【Amazon.co.jpで今買うべき銘品50】
PC本体は専門店やメーカー直販の方が強いため、Amazonで買うならニッチな製品が狙い目です。たとえば、専門店でも取り扱いが少ないインテルのカード型PCや小型ベアボーンなどを探すのに向いています。

スペースカウボーイ
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1523091331/


続きを読む

アマゾンに追随、ネット通販各社も送料値上げか

1: ムヒタ ★ 2018/04/05(木) 10:42:26.55 _USER
20180404at59_p
アマゾンジャパンは、4日の注文受け付け分から、インターネット通販の配送料を最大5割引き上げた。

物流コストの増加に対応したとみられる。大手のアマゾンが配送料引き上げに踏み切ったことで、ネット通販各社に同様の動きが広がる可能性がある。

注文合計金額が2000円未満(税込み)の場合、これまで通常配送で一律350円だったが、本州・四国は400円、北海道・九州・沖縄・離島は440円とした。

注文金額にかかわらず最短翌日に届ける配送サービスは一律360円から500〜540円とし、最大5割値上げした。当日配送サービスは一律514円から600〜640円とした。

ただ、書籍など一部商品や注文合計金額が2000円以上の利用者、「プライム会員」(年3900円、月400円)の配送については、これまで通り無料で据え置く。

アマゾンが配送料を引き上げるのは2016年4月以来、2年ぶりとなる。アマゾンは今回の配送料引き上げについて「様々なビジネス環境の変化を踏まえた見直しだ」とコメントした。

人手不足を背景に宅配各社は昨年から今年にかけて法人向け運賃を相次いで値上げした。こうした動きを受け、オフィス用品通販大手「アスクル」は17年10月から個人向けサービス「ロハコ」で重くてかさばる一部商品の配送に特別配送料を上乗せするなど、物流コストの増加分を消費者に転嫁する動きが広がりつつある。
2018年04月05日 10時03分
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180405-OYT1T50023.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522892546/


続きを読む

アマゾン配送料上げ 最大1.5倍、物流コスト転嫁 購入2000円未満対象

1: ムヒタ ★ 2018/04/04(水) 11:15:02.91 _USER
fvxindex
アマゾンジャパン(東京・目黒)は4日、ネット通販の配送手数料を引き上げたと明らかにした。購入金額が2000円未満(税込み)の利用者が対象で、手数料は最大1.5倍となる。ネット通販の利用が広がる一方で、荷物を運ぶ宅配大手では人手不足となっている。アマゾンが物流コスト上昇を消費者に転嫁することで、他社にも値上げの動きが波及する可能性がある。

アマゾンを利用する消費者はアマゾンが商品を調達したものを購…
2018/4/4 10:40
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28977050U8A400C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522808102/


続きを読む

トランプ大統領 またアマゾン批判「郵政公社に不当に安い料金」

1: ムヒタ ★ 2018/04/03(火) 07:23:32.56 _USER
smile
ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムへの攻撃を強めているアメリカのトランプ大統領は、今度は、アマゾンが配送を委託しているアメリカ郵政公社に不当に安い料金を強いていると批判しました。

トランプ大統領は2日、「アマゾンとの事業で郵政公社が利益をあげていると言っている人は愚か者だ。ばく大な損失を被っており、これを変えなければならない」とツイッターに書き込み、アマゾンが配送を委託しているアメリカ郵政公社に対して不当に安い料金を強いていると批判し、郵政公社の料金体系の見直しを示唆しました。

これに対し、アマゾンと郵政公社はコメントしていませんが、現地のメディアは、アマゾンは大口割り引きを受けているものの特別な待遇ではなく、アマゾンからの委託がなければ郵政公社の事業はさらに苦しいだろうなどと伝えています。

トランプ大統領はかねてから、自身に批判的な有力紙ワシントン・ポストを個人で買収したアマゾンのジェフ・ベゾスCEOとアマゾンを非難してきましたが、先月29日以降、アマゾンへの攻撃を強めており、アマゾンの経営が影響を受けるのではないかという懸念が広がり、株価が値下がりしています。
4月3日 6時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180403/k10011388851000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522707812/


続きを読む

トランプ氏、「アマゾンは税金を払っていない!」 名指しで批判ツイート

1: ムヒタ ★ 2018/03/30(金) 03:06:19.14 _USER
bbindex
【シリコンバレー=中西豊紀】トランプ大統領は29日朝、自身のツイッターで米アマゾン・ドット・コムを名指しし「税金を払っていない。数千の小売業を廃業に追いやっている!」などと批判した。前日には米ニュースサイトがトランプ氏がアマゾンへの課税強化を検討していると報じたばかり。同社株はニューヨーク市場が明けてすぐに一時3%近く下落した。

トランプ氏は「選挙の前からアマゾンには懸念を表明してきた」とし、同社が州や地方政府に税金を「ほとんど、あるいは全く払っていない」と述べた。

そのほか米郵政公社(USPS)について「配送少年のように使っている」と同公社の経営難の責任はアマゾンにあると示唆。さらに他の小売業者の仕事を奪っているなど一方的に批判論を書き連ねた。

アマゾンは直販による収益については州でも納税している。またUSPSの経営危機は2007年から続いており、アマゾンとの因果関係は不透明だ。

CNNなど米メディアも事実誤認を指摘しているが、これらは同氏が大統領就任後から一貫して主張しているもの。トランプ氏はアマゾンがなんらかの対応をとるまで今後も「口撃」を続けると見られる。
2018/3/30 2:43
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28777670Q8A330C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1522346779/


続きを読む

Amazonは経営破綻で閉鎖を発表した「トイザらス」の店舗の購入を検討している

1: ムヒタ ★ 2018/03/24(土) 15:36:40.31 _USER
dggindex
2017年9月に日本の民事再生法にあたる連邦破産法11条の適用を申請していたトイザらスは2018年3月、アメリカ国内に800以上ある全ての店舗を閉鎖することを発表していたのですが、そこに目をつけたAmazonが店舗のうちいくつかを購入して活用する事を検討していることが報じられています。

Bloombergが関係者の情報として報じた内容によると、Amazonは閉鎖が決まったトイザらスの店舗のいくつかを購入し、同社が進めている小売実店舗を拡大する戦略に役立てる可能性について検討を行っているとのこと。Amazonは「トイザらス」ブランドの存続には関心を寄せておらず、近い将来に空き家になるであろうトイザらスの店舗建物を入手して自社のビジネスに活用する方向で検討を行っていると、関係者は匿名を条件にBloombergに語っています。

トイザらスが全米で所有していた800以上の「物件」が、Amazonにとって魅力的なものに映るのは当然のことといえます。Amazonは食品小売大手のWhole Foodsを買収して全米の450店舗を手中に収めて食料品販売を強化しているほか、「オンライン書店」という成り立ちとは正反対の実物の書店「Amazon Books」や、AI技術を用いた「レジなしコンビニ」風リアル販売店舗「Amazon Go」をオープンさせるなど、ネット小売を制覇した次には狙いを「リアル」な店舗に定めているとみられています。

Amazonによるトイザらス店舗の買収はまだ検討段階にあり、具体的な段階には達していない模様。2015年に家電販売店チェーン大手のRadioShackが倒産を申請した際にも、全米に450あった店舗のいくつかを購入することが検討されましたが、最終的には1店舗も購入することなく終わっています。

しかし、Amazonプライムのサービスとしての即時配達サービスの展開を全米で進めている最中のAmazonにとって、消費者に近いエリアに店舗を構えて出荷の拠点を整備することは理にかなった戦略ともいえるため、全米規模で展開していたチェーン店の店舗をチョイスして購入するというのは今後の戦略を確実にするという意味でも意味のあることといえそう。Amazonは実店舗を生鮮食料品などの供給に活用するほか、人気の集めている音声アシスタントデバイス「Echo」シリーズの実機を展示して販売を拡大するための礎として店舗を活用する方針を定めているようです。

トイザらスとAmazonはかつて提携関係にあったこともあります。Amazon上で販売される玩具は全てトイザらスが扱っていた時代もあったほどなのですが、商品の供給に滞りがあったトイザらスをAmazonが見限る形で契約は終了。その後トイザらスは独自のオンライン戦略を進めようとしましたが、取り組みが遅くネットの流れに追随しきれなかったために今回の倒産という結果に至ったとみられています。つまり、トイザらスの倒産の背景には、少なからずAmazonの影もちらついているというわけです。
2018年03月24日 12時00分00秒
https://gigazine.net/news/20180324-amazon-consider-buying-toys-r-us-store/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1521873400/


続きを読む

アマゾン内部文書で判明、「プライム・ビデオ」で500万人超誘導

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/03/16(金) 14:16:06.14 _USER
88index
[15日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)の動画配信サービス「プライム・ビデオ」が2017年序盤までに世界で500万人余りを同社の「プライム」会員へと呼び込んだことが、ロイターが入手した同社の社内文書で明らかになった。

同社のプライム・ビデオへの投資が経営にどのような効果をもたらしているかが初めて示された。

内部文書によると、他社から使用許諾を取得した映画やテレビドラマを含むプライムの全ビデオプログラミングの米国内視聴者数は17年序盤時点で約2600万人だった。アマゾンはこれまでプライム・ビデオの視聴者数などの数字を公表していない。

内部文書は、アマゾンが独自に制作した「プライム・オリジナルズ」と呼ばれる19作品についてそれぞれ、コストや視聴者数、プライム会員へと誘導した人数などのデータを比較。これらのオリジナル作品によって誘導された会員は、2014年終盤から17年序盤にかけてプライム会員として登録したとアナリストが推計する総人数の4分の1程度を占めた。

動画ユーザーを買い物客に転換するのがアマゾンの戦略の中核だ。プライムに年会費を払って加入すれば、翌日配送やその他の特典が受けられる。

アマゾンは取材に対し、ロイターが入手した文書に関するコメントを拒否した。

ただ、ジェフ・ベソス最高経営責任者(CEO)はこれまで、娯楽コンテンツを利用して物品販売を促進する戦略について率直に語っている。同社は2010年にアマゾン・スタジオを設立して独自番組を制作しており、一部の作品は各賞を受賞するなどハリウッドでも話題となっている。

ベソス氏は16年の技術関連の会議で「ゴールデングローブ賞を受賞したら、靴がよく売れた」と語った。その上で、プライムで映画やテレビ番組を視聴する顧客は、視聴しない顧客と比べて無料体験から年会費を払って契約を締結する比率が高いことを明らかにした。

事情に詳しい関係者2人は、アマゾンでは動画支出が年間50億ドルと、最も大きな支出項目の1つになっていると述べた。アマゾンはその結果、何人の加入者が得られたかをこれまで公表していない。

内部文書では、人気ドラマ「高い城の男」の最初のシーズンは17年序盤時点で米国で800万人が視聴。制作費とマーケティング費用が合計7200万ドルで、世界で115万人の新規加入者を獲得したと説明されている。

これによると同社は、新たなプライム会員を平均で会員1人当たり63ドルで獲得した計算になる。これは米国内の会員が支払う年会費の99ドルをかなり下回る。ベソス氏によると、プライム会員は非会員と比べて、より多くの商品を購入するため利益をさらに押し上げるという。

アナリストの推計によると、世界のプライム会員は7500万人超で、このうち約半数を米国の世帯が占める。

*第3段落に文言を一部追加します。

2018年3月16日 / 12:26
ロイター
https://jp.reuters.com/article/amazon-com-ratings-idJPKCN1GS0A5
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1521177366/


続きを読む

公取委、アマゾンに立ち入り 不当な「協力金」要求容疑

1: ノチラ ★ 2018/03/15(木) 13:10:09.31 _USER
vindex
ネット通販最大手の米アマゾンの日本法人「アマゾンジャパン合同会社」(東京都)が、取引先に対して不当な「協力金」を負担させた疑いがあるとして、公正取引委員会は15日、同社に独占禁止法違反(優越的地位の乱用)容疑で立ち入り検査をした。

 アマゾンは日用品や食品などをメーカーから仕入れ、ネットを通じて自ら販売している。関係者によると、同社は遅くとも数カ月前から、納入元のメーカーに対し、アマゾン側が値引きして売った商品の販売額の一定割合を「協力金」として支払わせていた疑いがある。値引き分をほてんする目的があったとみられる。

 独禁法は、優位な立場を利用して不利益な取引を受け入れさせることを禁じている。メーカー側は協力金を断れば、「サイトでの商品広告が不利に扱われる」「ブランド力のあるアマゾンに出品できなくなれば、消費者の目につかなくなる」などとして、支払いに応じていたとされる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000025-asahi-soci
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1521087009/


続きを読む

アレクサの「奇妙な笑い声」を修正へ ユーザーが怖がる

1: みつを ★ 2018/03/10(土) 20:50:33.48 _USER9
http://www.bbc.com/japanese/43326701

2018/03/08
デイブ・リー北米テクノロジー担当記者

米ネット通販最大手アマゾンは7日、ベストセラーとなっている音声認識サービス「アレクサ」が突然奇妙な声で笑い出す不具合を修正すると発表した。この笑い声は「魔女のよう」とも言われており、アレクサを起動させなくても笑い出すため、ユーザーを不安にさせていた。

アレクサの不具合は、音楽再生など異なるタスクを命じたときにも起きるという。

アマゾンは「不具合を認識しており、修正のために動いている」と発表した。
アレクサをはじめとする音声認識サービスは、「アレクサ」や「アマゾン」といった起動コマンドで呼びかけられた時だけ反応するように設計されている。しかし、今回の不調はそういったやりとりなしで起きるため、ユーザーを怖がらせている。
ツイッターでは「私が台所にいる間にアレクサがいきなり、笑い出すことにしたらしい。気持ち悪かった。子供が後ろで笑ってるのかと思った」と書く人もいた。

「どうしてアレクサがいきなり笑い出したの!?!?!?!?」とツイートする人もいた(太文字は原文では大文字強調)。
別のユーザーは「ベッドに入っていて、眠りそうになったまさにそのとき、アマゾン・エコー・ドット(アレクサ搭載のスピーカー)が不気味な大声で笑い出した(中略)今晩殺されるかもしれない」とツイートした。

音声認識サービスはユーザーの声を録音し、クラウドに送信して処理している。そのため、故意かどうかに関わらず、指示が盗聴されるのではないかという懸念が付きまとっている。

今回のような不具合では、サービスがユーザーに反抗しているように思えるため、余計に不安を掻き立てられる。とは言え、ソーシャルメディアでは多くの人がこの不具合に面白おかしく反応している。映画「2001年宇宙の旅」(1968年)の人工知能(AI)HAL9000と比較する人もいる。

HAL9000は有名なセリフ「デイブ、すみません。残念ながら、それは出来ません」を発し、そして初めて人間の命令に逆らうのだ。

(英語記事 Amazon promises fix for creepy Alexa laugh)

アレクサには何か面白いことを見つけたようだが、ユーザーには怖い話となった
https://ichef-1.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/1842B/production/_100317399_whatsubject.jpg
動画の載っているツイート
https://mobile.twitter.com/CaptHandlebar/status/966838302224666624?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fwww.bbc.com%2Fjapanese%2F43326701
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520682633/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ