SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

アマゾン、インドに世界最大オフィス 1万5000人収容

1: ムヒタ ★ 2019/08/23(金) 06:06:50.13 _USER
vdss800
【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムは22日までに、インド中南部のハイデラバードに新たなオフィスビルが完成したと明らかにした。米国外では唯一、アマゾンが自社で所有する拠点となる。高さ86メートル、オフィス面積17万平方メートルの建物は同社では世界最大だという。

新拠点はハイデラバードの金融街に位置し、2016年3月に着工していた。アマゾンがインド国内で雇用する6万2000人超の従業員のうち、1万5000人を収容する。業務を効率化するため、音声認識人工知能(AI)をオフィスビルの各施設に組み込む実験にも取り組む。

アマゾンはインドのネット通販市場では米ウォルマート傘下の印フリップカートに次ぐシェアを持ち、重要市場と位置づけている。22日にはインドで生鮮食品の宅配サービスに参入する計画を発表した。インドの小売り大手フューチャー・リテールに最大10%を出資する交渉を進めているとも報じられている。
2019/8/23 5:47
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48899200T20C19A8000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1566508010/


続きを読む

Amazonが「ハイレゾ」音楽ストリーミングサービス開始へ

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/08/20(火) 14:48:10.99 _USER
 Amazonが音楽のハイレゾストリーミングサービスを開始する。

 原稿執筆時点で正式なローンチ日程は不明だが、あるアグリゲーターからの情報によると「今夏開始予定」とあるので、まもなく始まるであろう。現在提供されている、圧縮系ストリーミングサービスの「Amazon Music Unlimited」(月額980円、Amazonプライム会員は月額780円)の上位版として位置付けられ、現会員は月額1980円との差額を支払うことでアップグレードが可能だ。名称は「Amazon Music HD」となる予定。ちなみに、ハイレゾ対応は、ストリーミング版のみで、ダウンロード型の「Amazon Music」や、プライム会員向けの「Prime Music」は対象外。

配信フォーマットは、下記に対応する予定。

16bit/44.1KHz(ロスレス)
24bit/44.1KHz〜192KHz(ハイレゾ)
32bit/44.1KHz〜192KHz(ハイレゾ)

 フランス発のサービス、Deezer HiFiが月額1960円でCD品質を謳っているが、こちらは、16bit/44.1KHzのFLAC(ロスレス)の可逆圧縮フォーマットで、CDDAに準ずるのでハイレゾの範疇には入らない。非圧縮ハイレゾのストリーミングサービスは、Amazon Miusic HDが日本初となる。海外に目を向けると、Tidal HiFiが、FLACとMaster Quality Authenticated(MQA)で、HIGH RES AUDIOが24bit音源で、それぞれストリーミングを提供している。

no title

Deezer HiFi

□ハイレゾ音源の認知や普及の起爆剤になるのか?
 非圧縮のハイレゾ音源サービスという意味では、e-onkyo、mora、OTOTOYなどが既にサービスを提供しているが、こちらは従来型のダウンロードサービスだ。楽曲、アルバム単位での課金が発生し、一部のレーベルを除きメジャー系を中心に「高音質」を理由に、物理メディア(CDDAなど)並みかそれ以上の値付けを行っており、オーディオマニア向けサービスの域を脱していない。アナログのマスターテープから再マスタリングを実施するなど、それ相応の付加価値を持たせた上での値付けである点は、考慮する必要はあるが……。

no title

e-onkyoはハイレゾのダウンロードサービス

 加えて、ハイレゾ音源を本来の音質で楽しむためには、専用の機器やソフトウェアが必要になるなど、カジュアルリスナーにとっては、価格問題以上に高いハードルが存在する。例えば、Amazon製スマートスピーカーの「Echo」シリーズには、「Echo Sub」と呼ばれるサブウーファー製品が存在する。これに高音質版である「Echo Plus」をステレオペアにしてリスニング環境を構築するとそれだけで、5万円を軽くオーバーする。ちなみに、Echo PlusやEcho Subが、Amazon Music HDに対応するのかどうは現時点では不明だ。

 また、普及の鍵とも言える、モバイルでの再生が可能となるような環境整備が進むのかどうかも未知数だ。アマゾン側が、再生環境の整備等にどこまでコミットするのかも現時点では分からない。現状の携帯電話事業者が提供するLTE系のサービスでは、ハイレゾストリーミングの再生で著しく「ギガが減る」ことになり非現実的な話であろう。例えば、Apple MusicのAAC形式のビットレートは、256Kbpsだが、これが24bit/48KHzの楽曲になると、2300Kbps以上に跳ね上がる。つまり、約9倍の「ギガを食う」計算になる。モバイルでの提供は、5Gが実用段階に入ってデータプランがもっと低価格になった頃が現実的になるのではないか。

 月額1980円でハイレゾが聴き放題となるAmazon Miusic HDがハイレゾ音源の認知や普及の起爆剤になるかどうかは、蓋を開けてみなければ分からない。もちろん、圧縮品質では飽き足らないマニアにとっては、ハイレゾ音源が聴き放題になるのは喜ばしいことだが、カタログ数が揃っていないことには、サービスとしての魅力に欠けるのも事実だ。カタログ数については、レーベル側がどこまで音源を提供するのかに左右される。価格戦略上の事由で、現状のハイレゾ音源をそのままAmazon Miusic HDに移行するかどうかはレーベル側の判断によるからだ。

 有料サブスクリプション型の音楽系ストリーミングサービスでは存在感の希薄なアマゾンだが、ハイレゾストリーミングという前人未到のサービスで独自のポジションを築くことができるのだろうか。

2019年08月20日 13時51分 公開
ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/20/news107.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1566280090/


続きを読む

Amazonが「売れ残り製品を慈善団体に寄付するプログラム」を開始すると発表

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/15(木) 18:52:15.32 _USER
vs502fc_88_52998a201394ccf80f0da18e1649d0d5
世界最大手のECサイトを展開するAmazonは、世界各地に広大な自社倉庫を所有して配送過程をスムーズにしています。そんなAmazonの倉庫内にある製品全てが売れるわけではなく、膨大な量の売れ残りが発生して問題となっていますが、Amazonは「マーケットプレイス上のサードパーティ企業が販売できなかった売れ残り製品を、捨てるのではなく慈善団体に寄付するプログラム」を発表しました。

Amazonが発表したのは「Fulfilled by Amazon Donations(FBA Donations)」と呼ばれるプログラムです。このプログラムは、Amazonの物流拠点に商品を預けるFulfillment by Amazon(FBA)に加入している売り手が、処分したい売れ残り製品をAmazon経由で簡単に慈善団体へ寄付できるというもの。

FBA Donationsは売れ残り製品をアメリカの慈善団体や、Barnardo's・Newlife・Salvation Armyといったイギリスの慈善団体に寄付すると説明しています。このプロセスでAmazonは、企業が不要な製品を慈善団体に寄付する活動を支援する、Good360という団体と協力しているとのこと。

これまでAmazonでは、サードパーティの売り手が販売できなかった製品を捨てていたと伝えられており、多くの製品を廃棄するAmazonの姿勢を非難する動きもありました。2019年5月には、CBS NewsがイギリスとフランスのAmazon倉庫が大量の製品を廃棄していると報じており、フランスでは2018年だけで300万台ものテレビが廃棄されたそうです。

Amazonの慈善寄付部門長を務めるアリス・ショーベ氏は、「製品を必要な人々の手に渡すことは、生活を変え、地域コミュニティを強化します」と述べ、FBAを利用する売り手に慈善寄付プログラムを提供できることをうれしく思うとコメント。

FBA Donationsは2019年9月1日からアメリカおよびイギリスで開始される予定となっており、マーケットプレイス上で製品を販売するサードパーティ企業にとって、廃棄品の寄付はデフォルトのオプションとなります。Amazonの目標は廃棄物を減らし、企業がより環境に優しく安価に売れ残りの在庫を処分できるようにすることだそうです。
https://gigazine.net/news/20190815-fulfilled-by-amazon-donations-program/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1565862735/


続きを読む

1億人超の個人情報流出、容疑者はAmazon元従業員 クラウドセキュリティに不安の声も

1: ムヒタ ★ 2019/08/05(月) 09:53:34.92 _USER
 rgdl_koya_gov
また大規模な情報流出が発覚した。

 米金融大手のCapital Oneから、クレジットカードの発行を申請した個人や企業など1億600万人あまりの個人情報が流出した事件。容疑者として米連邦捜査局(FBI)に逮捕されたソフトウェアエンジニアの女はAmazonの元従業員だったと伝えられている。

 今回の事件はクラウドセキュリティを巡る不安や、情報を流出させた企業が多額のつけを負う実態を改めて浮き彫りにした。

 逮捕されたペイジ・トンプソン容疑者(33)は、Webアプリケーションファイアウォールの設定ミスを突いてCapital Oneのデータが保存されたサーバから情報を盗んだとされ、GitHubでそのことを吹聴していた。

 米セキュリティジャーナリストのブライアン・クレブス氏によると、トンプソン容疑者がGitLabに掲載したレジュメの職歴には、Amazonの社名があった。

 同容疑者はTwitterへ投稿の中で、Amazonのクラウドインスタンスに対するハッキングについて言及していた。Slackのチャンネルには、セキュリティに不備のあるAmazonクラウドインスタンスをハッキングして、他の大手企業のデータにも不正アクセスしていたことをうかがわせる投稿があったという。

 一方、AmazonはCapital Oneの事件に関して報道各社に寄せた声明で、Amazon Web Services(AWS)がハッキングされた事実はないと説明、「犯人が悪用したのはWebアプリケーションの設定ミスであり、根底にあるクラウドベースインフラではなかった」と強調している。

 ただ、Capital OneがAWSのサービスを利用しているのは事実。米議会では上下両院の委員会がAmazonとCapital Oneに説明を求めるなど、クラウドに対しても厳しい目が向けられている。

 たとえ悪意はなかったとしても、AWSなどのクラウドサービスを巡っては、設定ミスが原因で、重要情報が誰にでもアクセスできる状態で露呈されている実態が相次いで指摘されてきた。

 Capital Oneのような金融機関を含め、企業は今、ITインフラのクラウド移行を加速させている。Wall Street Journalは「クラウド技術を採用した時点で、顧客の記録を守るための十分な安全対策を講じていたのかどうかが問われる」と解説、「容疑者がAmazonのクラウド事業部の従業員だったことは、インサイダーによる脅威のリスクを浮き彫りにした」とも指摘した。

 今回の事件では、Capital Oneの事後の対応を評価する声もあった。不祥事が起きてしまった場合の対応次第で、その会社に対する評判の低下に拍車をかけることもあれば、逆に好印象を与えることもある。とりあえずトップが並んで頭を下げておけばいいだろう、的な対応は日本以外の国ではほとんど見られない。
2019年08月05日 07時52分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1908/05/news067.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564966414/


続きを読む

Amazon配達業者「TMG」で個人情報流出。ドライバーが配達先の女性にLINEで連絡

1: ブレーンワールド(香川県) [US] 2019/08/03(土) 10:24:35.55 BE:323057825-PLT(12000)
5457

アマゾンが物流で頭を抱えている。
年間5億個という出荷数の約7割を請け負っていたヤマト運輸で、2017年春、200億円超の未払い残業代が表面化、宅配便の受け入れ個数が制限され、運賃は大幅値上げに。
アマゾンの配送費は1個200円台後半から400円台に上がったと言われる。

それを受け、アマゾンは「デリバリープロバイダ」と呼ぶ運賃の安い事業者に、配送の一部を移行してきた。
そのうちの1社であるT・М・G(本社・茨木市。以下T社)で個人情報が漏洩しているという。
同社の下請け業者で働くドライバーのA氏が明かす。

「T社がアマゾンの配送を福岡で始めたのは17年秋。現在は福岡市内全域をカバー、配送業務の大部分は地場の業者4社に丸投げしています」

 福岡市内で配送される荷物は、平均で1日1万2000個前後、繁忙期は2万個近く。

「荷物の情報などをドライバーに伝えるシステムを、T社は持っていませんでした。
そこで、LINEのグループをつくって、ドライバー個人の携帯に再配達や時間指定の変更を伝えています。
システムや専用端末を作る必要がなく、無料だからと聞きました」

 そう言って見せてくれたA氏の携帯電話のLINE画面には、利用者の氏名、住所、電話番号などが書かれた書類や写真が多数添付されていた。

 個人情報を悪用するドライバーが後を絶たないという。

ドライバーが配達先の女性にLINEで連絡 アマゾン配送業者から個人情報が流出
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190803-00013131-bunshun-bus_all
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1564795475/


続きを読む

ベゾス氏、アマゾン株1950億円分を売却 宇宙事業に

1: ムヒタ ★ 2019/08/02(金) 06:08:53.08 _USER
a85b0076ac15fa913644d3a67f3163ca
【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が自ら保有する18億ドル(約1950億円)相当のアマゾン株を売却したことが1日、明らかになった。2017年に同氏は自ら設立した米宇宙開発ベンチャーのブルーオリジンに資金を供給するため、毎年10億ドル規模のアマゾン株を売っていると述べており、今回もその一環とみられる。

米証券取引委員会(SEC)に7月31日付で提出された複数の資料によると、ベゾス氏は7月29〜31日にかけて発行済み株式数の0.2%に当たる約96万株のアマゾン株を売却した。31日の終値で計算すると約18億ドルに相当する。

ベゾス氏は私財を投じて2000年にブルーオリジンを設立した。大型ロケットを使った有人宇宙飛行などを目指しており、19年5月には24年までに月面着陸を目指す構想を発表している。ベゾス氏は米テスラCEOのイーロン・マスク氏とともに、民間の宇宙開発をけん引している。

SECへの提出書類では、19年に合意した元妻との離婚調停に従い、ベゾス氏が保有するアマゾン株の4分の1を元妻に譲渡したことも判明した。ベゾス氏は譲渡分についても議決権は持ち続けるとしており、引き続きアマゾンの16%前後の議決権を握るとみられる。
2019/8/2 3:06
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48110200S9A800C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564693733/


続きを読む

アマゾン利用者の4割が不満、独自調査で露呈した意外な弱点

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/01(木) 18:38:11.06 _USER
vdvdvindex
技術者が不満を持つECサイトの画面や機能は何か。日経 xTECHでは「Amazon.co.jp(アマゾン)」「Yahoo!ショッピング」「楽天市場」の3大ECサイトについて、「3大ECサイト利用実態調査」を実施した。その結果を見てみよう。

 アンケートでは、メインに使っているECサイトの不満点を挙げてもらった。その結果、第1位は「欲しくない商品を薦められる」(37.4%)だった。回答者254人中95人が不満を感じていると答えた。ECサイトにはお薦めの商品を掲示する機能が備わっている。利用者に購入を提案する商品が、利用者の欲しい商品と一致していないことがうかがえる。

 第2位は「商品に対する評価が信頼できない」(33.1%)、第3位は「商品を比較しにくい」(22.0%)だった。

富士通サービステクノロジー本部アプリ技術コンサルティング統括部の松井和貴UXコンサルタントは、「ECサイトの検索エンジンやレコメンドエンジンによって、利用者が想定した商品が表示されなければガッカリ体験につながってしまう。このような体験は利用者の印象に残りやすい」と説明する。

 また、検索操作は利用者が意図的に行うものだが、レコメンドエンジンによる商品表示は利用者側で制御できない。利用者が欲しくない商品を無理やりに薦められているような感情を抱いてしまい不満につながりやすいと言える。

 アンケートの自由記入欄には、レコメンド機能に対する不満や要望のコメントが多く寄せられた。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00883/073000004/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1564652291/


続きを読む

総務省と泉佐野市、ふるさと納税で応酬

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/24(水) 22:44:33.49 _USER
b438c315c15adc50694975a82b718737
総務省の第三者機関の国地方係争処理委員会は24日、ふるさと納税をめぐり大阪府泉佐野市の千代松大耕市長と総務省の開出英之自治税務局長から意見を聞いた。千代松氏は同市を新制度から除外した総務省の判断を「違法で不当。地方自治の軽視だ」と批判した。開出氏は同市の寄付金集めを「カタログショッピングのようだ」と指摘し、除外は正当だと主張した。

6月に返礼品を寄付額の3割以下に規制する新制度が始まり、泉佐野市はそこから除外されたことに疑問があるとして係争委に申し立てていた。係争委は両者からの意見聴取も踏まえ、9月上旬までに結論を出す。

千代松氏は24日の聴取で、返礼品への規制を設けた改正地方税法の施行前だった2018年11月〜19年3月の返礼品を根拠に除外されたことに対し「改正法の遡及適用は認められない」と主張。除外は無効だと訴えた。開出氏は「過去の事実で評価するのはほかの税制でも一般的だ」などと述べ、真っ向から対立した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47731430U9A720C1EE8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563975873/


続きを読む

「アマゾン嫌悪」がアメリカで拡大中 富の独占、労働者軽視に反発

1: ブラディサンデー(東京都) [US] 2019/07/22(月) 03:21:34.45 BE:123322212-PLT(13121)
AS20190716000897_comm

 米アマゾンの新本社が、わが町にやってくる――。空前絶後の好機をニューヨーカーたちは捨て去った。
巨大IT企業を拒む心理と論理とは。(シアトル=江渕崇)

 シアトルは建設ラッシュのただ中。観光タワーからは10本以上の大型クレーンが見える。ここに本社を置くアマゾンがもたらした活況だ。
ネット小売りにとどまらず、クラウドサービスや動画配信で世界トップを争い、高級スーパー「ホールフーズ」を買収。株価は10年間で25倍に膨らんだ。

 中心街のオフィス面積の2割をアマゾンが占める。地元ワシントン州は昨年の経済成長率が5・7%で全米トップだ。

不動産が高すぎて

 光が強いほど影も濃さを増す。人口約70万の街で、ホームレスが1万2千人を超えた。

 中心街から車で10分ほど。簡素な塀で囲われた一角に小屋が30戸余り。ホームレス向けの「タイニー(ちっぽけな)ハウス」だ。
広さは10平方メートルほどで、ベッドを置けばいっぱい。浴室やトイレ、食堂は共用だ。50人ほどが住み、仕事や学校に通う。
運営資金は寄付などで賄う。管理人のジェイソン・ボーガンさんは「去年秋のオープン以来、空室が出たことはありません」。
1戸2500ドル(約28万円)。建築許可は不要。手軽さから一気に広がった。

https://www.asahi.com/articles/ASM6K2C8XM6KUHBI005.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1563733294/


続きを読む

アマゾンの会員向け特売、過去最高 年末商戦上回る

1: 田杉山脈 ★ 2019/07/18(木) 02:19:16.34 _USER
10e6ba0d13dbed8eaa81c051364b7b45
ネット通販最大手米アマゾン・ドット・コムは17日、15〜16日に実施した有料会員向け特売イベント「プライムデー」の売り上げが過去の特売の中で最高となったと発表した。実額は明らかにしていないが、初日の売上高が昨年の同イベントや過去の年末商戦の記録を上回ったという。AIスピーカー「エコー」などを特価で販売し、世界で1億7500万個を売り上げた。

同社によると、15日の売上高はネット通販が盛り上がる11月の感謝祭明けの「サイバーマンデー」と、年末商戦の初日「ブラックフライデー」の18年実績を上回り、その合算値をも超えたという。有料の「プライム会員」の期間中の申込数も過去最多になった。

今年は物販に加え、人気歌手テイラー・スウィフトさんのコンサートを有料会員限定でライブ配信するなど、会員獲得のための目玉コンテンツを用意。傘下の高級スーパー「ホールフーズ・マーケット」で割引券を配布するなど実店舗も活用して盛り上げを図った。

プライムデーはアマゾンの創業を記念して毎年7月に実施している。5年目となる今年は期間を昨年の36時間から48時間に延長し、米国や日本など世界18カ国・地域で展開した。米国では小売り最大手のウォルマートやネット通販2位のイーベイなどが同時期に特売イベントを仕掛け、7月が新たな商戦期として定着しつつある。

イベント特典が手厚くなった半面、特売まで購入を見合わせたり、セール直後に有料登録を解除したりする「バーゲンハンター」と呼ばれる消費者も増えている。

調査会社キャプティファイはプライムデー初日に「アマゾンプライムのキャンセル方法」というネット検索ワードが前の日の18倍に急増したと公表。「アマゾンが有料会員の維持を望むなら戦略の練り直しが必要」と指摘した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47463660Y9A710C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1563383956/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ