SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

Amazonがデータベースの脱Oracle化をほぼ実現、75PB分のデータをAWSのDBサービスへ移行完了

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/16(水) 17:03:56.42 _USER
えssせ01
AmazonでAWSのチーフ・エバンジェリストを務めるジェフ・バー氏が、数年がかりの内部データベース移行が完了したことを発表しました。Amazonでは以前から「データベースの脱Oracle化」を目指していましたが、一部のサードパーティー向けアプリケーションを除いて、目標を実現したことになります。

バー氏によれば、Amazonのエンジニアリングチームは、社内システムの定期的な再評価を行っており、改善の方法が見つかればアーキテクチャと実装を徹底的に近代化し、ときには一から作り直すこともいとわないとのこと。

このチームが目をつけたのが、管理と拡張に多くの時間が割かれてきた、何千ものレガシー化したOracleのデータベースでした。

バー氏らは、複数年にわたる計画でデータベースの移行を実施。移行作業にはAlexa、Amazon Prime、Amazon Prime Video、Kindle、Amazon Music、Audible、Twitchなど、合わせて100以上のチームが参加しました。

7500近くあったOracleのデータベースには75PBのデータが保存されていましたが、一部のOracleとの結びつきが強いサードパーティアプリケーションを除いて、Amazon DynamoDB、Amazon Aurora、Amazon Relational Database Service、Amazon RedshiftなどのAWSデータベースサービスへ移されました。
https://i.gzn.jp/img/2019/10/16/amazon-migrate-75-petabyte-data/02_m.png

2018年のAmazonプライムデーでサーバーダウンが発生した際には、OracleからAmazon Auroraのデータベース乗換が原因だと報じられる一幕もありましたが、Amazonはこれを否定。移行にあたって、ダウンタイムはほぼ発生しなかったとのこと。

AWSデータベースサービスに移行したことで、社内チームはそれぞれニーズに最適なサービスを選択できるようになり、コストは60%以上減少。コンシューマー向けアプリケーションのレイテンシも40%削減され、管理サービスの切り替えにより、データベース管理のオーバーヘッドも70%削減されたとのことです。
https://gigazine.net/news/20191016-amazon-migrate-75-petabyte-data/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1571213036/


続きを読む

サイゼリヤ、お釣をAmazonギフト券で受け取ると2%分増額。都内6店舗

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/09(水) 22:34:20.38 _USER
saizeriya_03_s
イタリアンレストラン「サイゼリヤ」は、「飲食代金のお釣をAmazonギフト券で受け取れるサービス」を都内6店舗で実施。現金払いでお釣をAmazonギフト券で受け取ると、2%分増額されたギフト券を受け取れる。

日本橋浜町店、秋葉原アトレ2店で7月より実施していたサービス。利用者からの好評を受け、10月上旬より、高田馬場南諏訪通り店、高田馬場早稲田通り店、ビッグボックス高田馬場店、高田馬場駅前店を追加し、計6店舗で開始した。

サービスの利用は、会計時に「お釣りはAmazonギフト券で」と伝えることで、Amazonギフト番号が印字されたレシートが渡される。このギフト番号をAmazonに登録して利用できる。

例として挙げられているのが、299円のミラノ風ドリアを1万円札で支払うケース。この際、お釣りは通常9,701円となるが、Amazonギフト券で受け取ると2%増額の9,895円分が受け取れる。この場合、194円分が増額されるので、ミラノ風ドリアが実質105円になるとしている。

対象となるのは、飲食代金合計金額が200円(税込)以上、かつお釣り金額が9,800円以下の利用者。個別会計時には利用できない。2%乗じた金額の小数点以下は切り捨て。

発券されたAmazonギフト券の返金、換金は不可。またギフト券の再販売は禁止している。
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1211850.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570628060/


続きを読む

Amazon購入履歴漏洩、11万人の情報が漏れた可能性wwww

1: みったん(大阪府) [US] 2019/10/12(土) 13:47:00.53 BE:323057825-PLT(12000)
EFWKR_FUwAApdfT.jpg small

あまぞん.co.jpで9月26日ごろ、ユーザーの注文履歴や住所・氏名が他人の会員ページに誤って表示される不具合が発生した問題で、
個人情報保護委員会は10月11日、アマゾンジャパンに対し、再発防止策と利用者からの問い合わせへの対応を確実に行うよう行政指導したと発表した。

 同委によると、約11万件のアカウント情報(ユーザーにより異なるが、氏名、配送先住所、注文履歴、閲覧履歴など)が他のユーザーのページに表示された可能性があるという。

個人情報保護委、アマゾンに行政指導 注文履歴など流出を問題視 11万件のアカウントに影響か
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1910/11/news140.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570855620/


続きを読む

アマゾンジャパンに行政指導、個人情報の表示問題で

1: 田杉山脈 ★ 2019/10/11(金) 23:22:41.19 _USER
vせkf_amazon_01
ネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)に対し、個人情報保護委員会は11日、行政指導したと発表した。一部の利用者の画面に他の利用者の個人情報が表示された問題に関して再発防止を求めた。約11万のアカウントの利用者の氏名や住所、注文履歴などが、他の利用者に表示された可能性がある。

9月26日に発覚し、同日中に解消された。アマゾンは10月4日に影響を受けた利用者に対して個別に連絡した。同社の広報は「本事象を重く受け止めている。セキュリティーとプライバシーを非常に重要と考えており、さらなるシステムの向上に努める」とコメントした。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50918760R11C19A0916M00/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570803761/


続きを読む

アマゾン、日本でも偽造品対策を導入

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/10/09(水) 14:29:23.25 _USER
d39w7f4ix9f5s9.cloudfront.net
アマゾンジャパン(東京・目黒)は8日、日本で新たな偽造品対策を始めたと発表した。ブランド各社と製品情報を共有し、人工知能(AI)などで偽造品を自動的にはじく精度を高める。ブランド各社が直接、サイト上の偽造品を削除する機能も提供する。今年から欧米で先行させた仕組みを日本でも導入する。世界中で50億件を超える出品情報があり、課題になっている偽造品の販売防止に努める。

アマゾンが日本で導入する偽造品対策は「プロジェクトゼロ」。米国で2019年2月から、独仏英など欧州5カ国で8月から導入していた。協力ブランドと製品やロゴなどの情報を共有し、AIの画像認識などで模造品の疑いがある商品をはじく精度を上げる。ブランド各社がサイト上で偽ブランド品を発見した場合、直接削除できるようにもする。

日本では、まずパナソニックや任天堂、アイリスオーヤマなど25社が参加を決めた。20年前半には商品1つずつにアマゾンやブランドが独自のシリアルコードを発行し、疑わしい商品の発送前の段階などで真偽をチェックできる仕組みも導入する。

欧米では既に6000超のブランドが参加し、9000万点の偽造品の疑いのある出品を閲覧前に止めたという。人による監視も含め「99.99%以上の閲覧ページで偽造品の指摘はないが、ゼロを目指す」(アマゾン)。参加ブランドは現在、アマゾンが招待する仕組みだが、将来は一定条件を満たした上で、幅広く参加できるように変える方針だ。

一方で日本貿易振興機構(ジェトロ)が17年に国内で非公式に実施したアマゾンの出品状況の調査で、疑わしい商品のうち、約100点を購入して調べると、約4割が偽造品だったという。海外からの出品もあり「出品者の審査、確認をもっと厳格にすべきだ」(模造品販売の監視団体)という指摘が出ていた。消費者への影響力が大きいIT(情報技術)のプラットフォーマーへの規制は世界中で強化されつつあり、利用者の安全管理や権利者保護の取り組みはますます重要になっている。

2019/10/9 14:00
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50782920Z01C19A0I00000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1570598963/


続きを読む

高IQの人「アマゾンのレビューはチェックしない」

1: ミルママ(秋田県) [US] 2019/10/06(日) 16:48:58.19 BE:194767121-PLT(12001)
img_b05ee8fb2b165a6244145977e5ccfedb74385

6)Amazonのレビューをチェックする
この本面白いのかな、と思ったときに、すぐにレビューをチェックするクセがある人は、ただちに直したほうがいいでしょう。

特に「★1つ」などのネガティブなレビューは、見ず知らずの他人が個人的経験に基づいて「ここが違う」「あそこがおかしい」と
指摘をしているものがほとんどです。批判の対象が、内容には全く関係ない事柄であったりすることも…。

何かを学ぼうとするとき、他人の記憶脳バイアスのかかった評価を判断材料にするなんて、時間とお金の無駄使いです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010003-fnnprimev-life&p=3
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570348138/


続きを読む

Amazonちゃんがうっかり注文履歴流出してしまう

1: スーパー駅長たま(埼玉県) [ニダ] 2019/10/05(土) 11:44:25.74 BE:415581673-PLT(18000)
amazon-spam01-12apr19

Amazonで9月26日〜27日ごろにかけ発生していた「他人の注文履歴や氏名住所が見えてしまう不具合」(関連記事)を巡って、
問題が解消したとされる今でも、一部のユーザーから「ありえない」「不誠実」と怒りの声があがっています。編集部ではAmazonに対し、不具合の詳細や情報流出の規模などを問い合わせていましたが、
Amazon側からは「本事象は完全に解消しており、同様の事象が再発しないよう防止策をすでに講じています」との回答しか得られませんでした。
今回発生していた不具合は、Amazonのサイトやアプリから「注文履歴」を見た際、自分以外のユーザーの注文履歴や氏名・住所などが表示されることがあった――というもの。
氏名住所の流出はもちろん、加えて購入履歴から自分の趣味嗜好が丸裸にされてしまう可能性もあり、ネット上では「怖すぎる」「羞恥プレイ」「社会的に死ぬ」など、当初から問題視する声が多くあがっていました。


Amazonはその後、メディアの問い合わせに対し「本事象は解決し、お問い合わせいただいたお客様にはご連絡をしています」と回答しており(関連記事)、当該の不具合については現在は解決しているとのこと。
しかし、Amazonのこれまでの対応としては、メディアやユーザーへの個別の問い合わせには返信しているものの、サイトや一斉メールなどでの告知はいまだ行っておらず、
不具合の詳細はもちろん、情報流出があったことさえ十分に周知されていないというのが現状です。また、流出があったユーザーへの謝罪や対応があったかどうかも不透明です。

以下ソース
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1910/03/news111.html

 ノノノノ
( ゚∋゚)はやく履歴消せるようになれ
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1570243465/


続きを読む

アマゾンCEO、顔認証「規制が必要」 批判に配慮か

1: ムヒタ ★ 2019/09/30(月) 10:01:19.03 _USER
AS20190929001138_commL
 米アマゾン創業者のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が、朝日新聞など一部メディアの取材に応じた。米巨大IT企業への規制強化について、「良い規制の役割は歓迎する」と明言。アマゾンが批判を浴びている顔認証技術についても「規制が必要とされる完璧な例だ」と述べ、規制を受け入れる考えを示した。

 シアトル本社のイベントで質疑に応じたベゾス氏は、個人のプライバシー保護などの規制について、「この分野では、一定の基準があれば分かりやすい。そうした一種の安定性があることは、業界全体におそらく健全に作用する」と述べた。アマゾンの人工知能(AI)を使った顔認証技術は従来、人種によって認識の正確さに偏りがあるなどとして、「差別助長」との批判を受けてきた経緯があった。

 アマゾンやアップル、グーグル、フェイスブック(FB)のGAFA(ガーファ)と呼ばれる米巨大IT企業に対しては、米トランプ政権や米議会が規制強化の動きを加速させている。とりわけアマゾンの顔認証技術をめぐっては、技術提供を受けた警察による誤認逮捕につながりかねないなどとして、人権団体などから懸念の声が上がっていた。

 記者とのやりとりに応じること…

残り:291文字/全文:777文字
2019年9月30日08時35分
https://www.asahi.com/articles/ASM9Y51YDM9YULFA005.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569805279/


続きを読む

泉佐野市の除外継続 ふるさと納税で総務省

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/28(土) 19:35:55.20 _USER
origin_1
総務省はふるさと納税制度からの大阪府泉佐野市の除外を継続する方針を固めた。泉佐野市を6月に除外した判断について国地方係争処理委員会から再検討を勧告されていた。過度な返礼品で多額の寄付を集めた泉佐野市の参加を認めれば、節度をもって寄付集めをしてきた多くの自治体の理解を得られず、制度の存続に支障が出ると判断した。

再検討の期限である10月4日までに泉佐野市に通知する。泉佐野市は高裁に提訴することができるため、法廷闘争に発展する可能性がある。

ふるさと納税は過度な返礼品による多額の寄付集めが問題となっていた。泉佐野市の寄付集めは突出しており、6月からのふるさと納税新制度に参加を申し出た4月以降もアマゾンギフト券などの提供をやめなかった。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50356800Y9A920C1EA3000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569666955/


続きを読む

Amazon注文履歴漏洩「問い合わせした人にのみ説明」 全体の影響者数などは明らかにせず

1: アメリカンボブテイル(長野県) [US] 2019/09/28(土) 23:57:20.94 BE:323057825-PLT(12000)
Amazon_logo

あまぞん.co.jp上で他人の注文履歴が見える不具合が28日に解消しました。
しかし、不具合が発生した範囲や原因、今後の対応については不明となっています。

【画像】個別注文詳細ページ

 あまぞん.co.jpでは9月26日ごろ、一部のユーザーから「他人の中も履歴が見えてしまう」という報告が上がりはじめ、中には個別の注文詳細ページや、名前・住所などを閲覧できたとする報告もありました。
注文履歴は非常にデリケートな情報ですが、すぐにあまぞん.co.jp上で告知を出さなかったことなどから、アマゾンジャパンの対応そのものにも批判が寄せられていました。

 これを受け、ねとらぼ編集部はアマゾンジャパンに対し、「不具合が起きた原因」「不具合が起きた範囲」「今後の対応」に関する質問を送付していました。
しかし、アマゾンジャパンは「あまぞんは、お客様のセキュリティとプライバシーを大変重要に考えています。
本事象は解決し、お問い合わせいただいたお客様にはご連絡をしています」と説明するにとどめ、質問への具体的な回答を避ける形となっています。

 なお、編集部があまぞん.co.jpのトップページ(17時時点)を確認したところ、おわびや不具合解消の報告は確認できませんでした。

あまぞんの注文履歴問題が解消、「問い合わせした顧客には連絡している」 原因や漏洩範囲は不明
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00000026-it_nlab-sci
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1569682640/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ