SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

アマゾンはどうして世界最大になったのか?

1: 田杉山脈 ★ 2018/08/11(土) 16:56:29.88 _USER
えてindex
インターネットの登場で、「ネットでの買い物」が簡単にできるようになった。

同じサイトの中で、食品でも服でも本でも、ありとあらゆる種類の商品を同じ画面で選択し、簡単な支払い方法で買い物ができる。

これを究極まで高めたのがアマゾンだ。

「お客さまがアマゾンのサイトひとつであらゆるものを買えたり、サービスを受けられたりできるようにする」

創業以来、ジェフ・ベゾスはメディアなどを通じて、アマゾンという会社をこう繰り返し強調してきた。

品揃えが大量で、安い。シンプルだが、それこそがアマゾンが強い理由である。

それをどうやって可能にしているのか。その仕組みを取り上げたい。

アマゾンは「地球上で最も豊富な品揃え」をスローガンに掲げる。これは、ジェフ・ベゾスがシアトルで起業し、オンラインの書籍販売を始めたころから変わらぬ目標だ。

書籍の販売から始めたのは特にこだわりがあったからではない。本は誰が売ろうと品質に差が出ず、梱包や発送が難しくないからだ。

しかし、アマゾンは今やDVDやゲーム機、靴や服から洗剤などの日用品、オフィスの事務用品や工具までを取り扱っている。

先述のとおり、ネット(EC)では展開が難しいとされて、長らく空白地帯だった生鮮食品すらも取り扱い始めている。

では、「地球上で最も豊富な品揃え」とは一体、どの程度の商品数なのだろうか。

アマゾンは世界各国でビジネスを展開しているが、もちろん、最大のマーケットはお膝元のアメリカである。アメリカのマーケットリサーチ会社によると、16年5月時点におけるアメリカでのアマゾンの取扱商品数は1220万品目にもおよぶという。

日本のアマゾンのサイトでも、生活や仕事に必要なものは大概手に入る。

アマゾンでは、通常はネットでは買わないと思えるものさえ売られている。たとえば自動車だ。自動車用品ではない。自動車そのものもアマゾンは扱っているのだ。

新車のみならず、中古車も購入可能だ。しかも、中古車の消耗部品はすべて新品に交換している。

配送も、通常のアマゾンでの販売と同じく日本全国どこでも届けてくれる。返品も可能だ。車に対してすらも、ネットで消費者が買うという心理的な障壁を低くしている。

また、価格体系の不透明なものまで売ることもある。僧侶を派遣する「お坊さん便」なども一時期話題になった。

こういった品揃えは、「マーケットプレイス」という仕組みのおかげである。マーケットプレイスとは、アマゾン以外の外部事業者が出品できるサービスのことだ。簡単に言うと楽天市場のようなものだが、違うのは、画面上ではアマゾン直販の商品や他の出品者も全部同じフォーマットで買えるということだろう。

消費者にとっては、売っているのがアマゾンなのか他の事業者なのかが特に気にせずに買える。このマーケットプレイスで扱う商品は、アマゾン直販の品数の30倍以上で、約3億5000品目にも上る。

書籍、動画コンテンツ、ワイン、サービスを除外し、さらに商品バリエーションを含まず、ざっと見積もっただけで約3億5000品目以上になるのだ。

これは2016年5月の試算なので今はさらに膨れあがっているだろう。「地球上で最も豊富な品揃え」の看板に偽りはなく、本当に何でも揃えて販売しているのだ。

とにかく、マーケットプレイスによる信じられない品揃えに、かつてはアマゾンの脅威に晒された小売業者たちの戦略は「アマゾンといかに戦うか」から「アマゾンをいかに使うか」に変化してきている。

ウォルマート・ストアーズやセブン&アイ・ホールディングスのような一部の超大手業者を除けばであるが。

全世界でのアマゾンのサイトからの売買の内訳を見ると、マーケットプレイスに出品している事業者による商品出荷数は、全体の5割を超えた(2017年1−3月期)。

つまり、アマゾンが自社で消費者に直売している量よりも、アマゾン以外の業者の商品の取り扱いの方が多くなったのだ。

当たり前のことだが、マーケットプレイスに出品する外部業者が多ければ多いほど、品数は増える。

ここで、読者の多くはなぜ外部業者がマーケットプレイスをこぞって活用するのか疑問に思うかもしれない。

アマゾンには多くの消費者がアクセスするとはいえ、出品業者間の競争も激しい。それこそ楽天市場でもいいはずだ。
https://diamond.jp/articles/-/175929
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533974189/


続きを読む

アマゾン、AIスピーカーのアプリ開発に報奨金

1: ムヒタ ★ 2018/08/06(月) 06:31:27.94 _USER
AS20180803001515_commL
 米アマゾン・ドット・コムが人工知能(AI)スピーカーのアプリ開発者に報奨金を払う仕組みを2019年にも始める。アプリを増やすことで使い道を広げる。スピーカーを通じて得る顧客情報はネット通販での顧客別の「お薦め」などにも生かす。市場規模はいずれスマートフォン(スマホ)を超える可能性があるとみて、米グーグルなどを引き離す。

 アマゾンで機器事業を担当するデイブ・リンプ上級副社長が日本経済新聞の取材に応…
2018/8/6 1:31
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33828260V00C18A8TJC000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533504687/


続きを読む

韓国がApple・Google・Amazonなどの法人税の納税をヌプヌプっと逃れている巨大IT企業に対して課税する方針打ち出す

1: ニライカナイφ ★ 2018/08/06(月) 03:06:02.35 _USER9
dxv
☆ イロモノスレです

◆韓国がApple・Google・AmazonなどのグローバルIT企業に対して課税する方針を打ち出す

「多くの国々でビジネスを展開している多国籍企業が、法律の仕組みを利用して法人税の納税を逃れている」という問題については、以前から「不平等だ」という多くの主張を引き起こしてきました。
そんな中、韓国では「Google・Apple・Amazonといった巨大な多国籍企業に対して課税する」という方針を打ち出しています。

韓国にはNAVERやカカオといった巨大な国内IT企業が存在していますが、これらの韓国IT企業はライバル会社となる海外の多国籍IT企業に対し、「韓国で収益を生み出しているにもかかわらず税金が課されていない」という不平等を訴えています。
グローバル展開をするIT企業は年間に何十億ドル(数千億円)もの利益を上げていますが、事業を展開する現地国に対して税金を払わないことで、「国内企業と公平な競争をしていない」として批判が浴びせられるケースが後を絶ちません。

多国籍IT企業に対し、韓国の現行法では法人税を課すことができないとのこと。
海外の企業に対して法人税を課すためには「韓国内に事業所を置くこと」が必要とされており、アメリカや中国、アイルランドといった国々に拠点を置く多国籍企業は「韓国には事業所がないため、法人税を支払う義務はない」という言い逃れができるのです。

この法律により、たとえ韓国内でどれほど巨額の利益を上げていようとも、「事業所がない」というだけで多国籍企業は韓国に対して税金を支払わなくて済んでしまいます。
韓国内では、「AmazonやGoogle、Appleといった巨大IT企業は大きな利益を韓国で得ているのに、納税という社会的責任を果たしていない」という批判が出ている模様。

また、競合他社となる韓国内のIT企業からも「国内企業は法律を遵守して税金を納めているのに、海外企業は税金を納めずに事業を広げることができる『逆差別』が発生している」として、大きな論争が巻き起こっています。
韓国の与党である民主党の政策顧問を務めるAhn Jeong-sang氏は、多国籍IT企業の税金逃れを解決することが急務だとして、「企業活動がデジタルの場に広がった時勢をふまえ、従来の固定的な事業所の概念を拡大する必要がある」と述べています。

たとえば、IT企業が巨大なデータのやり取りをする場合、海外からいちいちデータを転送するのは非常に困難であるため、一時的にデータを保存するローカルキャッシュサーバーを事業を展開する国に置いているケースがあります。
このように、「企業が事業に利用する設備が韓国内にある場合、それは企業の拠点が韓国内にあると判断するべきではないか」という発想の転換を検討しているとのこと。

ソウルに本拠を置くIT企業の関係者は「国内企業に対する規制があまりにも多く、韓国企業と多国籍企業との逆差別化が深刻です」と述べており、韓国で得た巨額の広告利益を本部に送るGoogleのような多国籍企業に対し、公正な税制が課されるべきだと語りました。

GIGAZINE 2018年08月03日 13時00分
https://gigazine.net/news/20180803-korea-moving-tax-global-companies/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1533492362/


続きを読む

動画コンテンツの制作・配信を支援へ

1: ムヒタ ★ 2018/08/03(金) 07:09:48.31 _USER
676index
インターネットの動画配信サービスを通じて、世界にアニメなどを発信する日本企業を資金面で支援する活動を、官民ファンドや民間企業などが共同で始めることになりました。

インターネットの動画配信サービスは、アメリカの「ネットフリックス」や「アマゾン」など、世界で急速に普及が進み、アニメなどのコンテンツの需要も拡大しています。

関係者によりますと、官民ファンドの「クールジャパン機構」は、ことし秋から通信会社や出版社など4社と合わせて50億円余りを出資した新たなファンドから、日本の制作会社への融資を始めるということです。

将来的にはファンドの規模を100億円に拡大させる予定だということです。

クールジャパン機構をめぐっては、ことし4月、会計検査院から去年3月末時点でそれまでの投資の結果、44億円の損失が生じたことから運営の見直しを求められていました。

機構としては、この分野は将来性があり、今回は採算が見込める企業に絞っていることから、出資を決めたということです。
2018年8月3日 4時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180803/k10011561461000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533247788/


続きを読む

韓国がApple・Google・AmazonなどのグローバルIT企業に対して課税する方針を打ち出す

1: ムヒタ ★ 2018/08/03(金) 13:27:47.54 _USER
766index
「多くの国々でビジネスを展開している多国籍企業が、法律の仕組みを利用して法人税の納税を逃れている」という問題については、以前から「不平等だ」という多くの主張を引き起こしてきました。そんな中、韓国では「Google・Apple・Amazonといった巨大な多国籍企業に対して課税する」という方針を打ち出しています。

Korea moving to tax Google, Apple, Amazon
http://www.koreatimes.co.kr/www/tech/2018/08/129_253245.html

韓国にはNAVERやカカオといった巨大な国内IT企業が存在していますが、これらの韓国IT企業はライバル会社となる海外の多国籍IT企業に対し、「韓国で収益を生み出しているにもかかわらず税金が課されていない」という不平等を訴えています。グローバル展開をするIT企業は年間に何十億ドル(数千億円)もの利益を上げていますが、事業を展開する現地国に対して税金を払わないことで、「国内企業と公平な競争をしていない」として批判が浴びせられるケースが後を絶ちません。

多国籍IT企業に対し、韓国の現行法では法人税を課すことができないとのこと。海外の企業に対して法人税を課すためには「韓国内に事業所を置くこと」が必要とされており、アメリカや中国、アイルランドといった国々に拠点を置く多国籍企業は「韓国には事業所がないため、法人税を支払う義務はない」という言い逃れができるのです。

この法律により、たとえ韓国内でどれほど巨額の利益を上げていようとも、「事業所がない」というだけで多国籍企業は韓国に対して税金を支払わなくて済んでしまいます。韓国内では、「AmazonやGoogle、Appleといった巨大IT企業は大きな利益を韓国で得ているのに、納税という社会的責任を果たしていない」という批判が出ている模様。

また、競合他社となる韓国内のIT企業からも「国内企業は法律を遵守して税金を納めているのに、海外企業は税金を納めずに事業を広げることができる『逆差別』が発生している」として、大きな論争が巻き起こっています。韓国の与党である民主党の政策顧問を務めるAhn Jeong-sang氏は、多国籍IT企業の税金逃れを解決することが急務だとして、「企業活動がデジタルの場に広がった時勢をふまえ、従来の固定的な事業所の概念を拡大する必要がある」と述べています。

たとえば、IT企業が巨大なデータのやり取りをする場合、海外からいちいちデータを転送するのは非常に困難であるため、一時的にデータを保存するローカルキャッシュサーバーを事業を展開する国に置いているケースがあります。このように、「企業が事業に利用する設備が韓国内にある場合、それは企業の拠点が韓国内にあると判断するべきではないか」という発想の転換を検討しているとのこと。

ソウルに本拠を置くIT企業の関係者は「国内企業に対する規制があまりにも多く、韓国企業と多国籍企業との逆差別化が深刻です」と述べており、韓国で得た巨額の広告利益を本部に送るGoogleのような多国籍企業に対し、公正な税制が課されるべきだと語りました。
2018年08月03日 13時00分
https://gigazine.net/news/20180803-korea-moving-tax-global-companies/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533270467/


続きを読む

電気料金、アマゾンプライムとセットで安く 大阪ガス

1: ムヒタ ★ 2018/08/02(木) 04:56:33.89 _USER
DjicxaMUwAARGKT
 大阪ガスは1日、ネット通販大手アマゾンの有料サービス「アマゾンプライム」をセットにした新しい家庭向け電気料金「スタイルプランP」をつくったと発表した。値段競争だけでは採算が悪くなる一方のため、ほかの企業のサービスと組み合わせた料金メニューを増やす方針という。

 競争相手の関西電力管内の家庭を対象に、同日から受け付けを始めた。申し込むと、送料の優遇や無料の動画視聴などプライム会員の特典が1年間使える認証コードが大ガスから届く。

 関電の家庭向け標準プラン「従量電灯A」で、1カ月の電気使用量が370キロワット時の家庭の場合、別口でプライム会員になるよりも年間約5400円安くなるという。年途中での解約には残りの月数に応じて1カ月当たり325円の支払いがいる。アマゾンで使えるクーポンがもらえるなどのキャンペーンも今後検討する。

 大ガスは2016年4月の家庭向けの自由化とともに電気の販売に参入。7月末時点で約72万軒の利用者を持ち、関電などと激しい値下げ競争を続けてきた。(伊沢友之)
2018年8月1日22時45分
https://www.asahi.com/articles/ASL815CQ6L81PLFA00D.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533153393/


続きを読む

Amazonの5つ星レビューには販売業者がお金を払って書かせたものが存在する

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/31(火) 23:22:45.47 _USER
353index
Amazonには、5段階評価で星とコメントを付けることができる「Amazonカスタマーレビュー」が実装されています。レビューを読んで商品の使い勝手や欠点をチェックしてから購入を決断するという人もいますが、Amazonカスタマーレビューで高評価が集中している商品の中には、業者がレビュアーにお金を払って書いてもらった不正なものが多く存在すると指摘されています。

Some Amazon Reviews Are Too Good To Be Believed. They're Paid For : NPR
https://www.npr.org/2018/07/30/629800775/some-amazon-reviews-are-too-good-to-be-believed-theyre-paid-for#

AmazonのレビューをチェックしているFakespotやRevieMetaは、人気商品のレビューの半分以上が有償で書かれているインチキレビューだと主張しています。

アメリカの非営利ラジオメディアであるNational Public Radio(NPR)は、企業からお金を受け取ってAmazonのレビューを書いている人物に取材をしています。彼らレビュアーは気になる商品をAmazonで見つけると、その商品の販売業者と連絡を取り、条件を交渉します。だいたいの場合は、レビュアーが商品を購入して5つ星のレビューをつけると、販売業者は購入分の代金をいくばくかの「手数料」を追加して払い戻します。

LANケーブル・懐中電灯・プロテイン・ウエストポーチなどを中心に、Amazonでレビューを書いているというトラヴィス(仮名)氏は、月200ドル(約2万2000円)の収入を得ているとNPRに明かしています。トラヴィス氏によると、「クーポンやプロモーションコードを使わないでください」「Amazonの正規リンクで注文してください」「アイテムを受け取ってから4〜5日してレビューを書いてください」など、Amazonのレビュー審査アルゴリズムを避けるために細かい指示を送る販売業者もいるとのこと。「特に最後の指示は非常に重要です。製品を受け取ってからすぐに感想を書けば、まともにレビューしていないと疑われてしまうでしょう」とトラヴィス氏は語っています。

一方でAmazonは、レビューの信頼度は疑う余地がないと主張しています。Amazonのコミュニティショッピング担当副社長を務めるシャロン・キアレッラ氏は「Amazonによる概算では、Amazonにあるレビューのうち不正確なものは1%未満です。Amazonはレビューが本物であるかどうかを審査するアルゴリズムを多く開発しています」と述べています。キアレッラ氏によると、Amazonは過去3年で不正確なレビューを書いたとして1000人以上を取り締まってきたそうです。

Mozillaの特別研究員であり、オンライン上の不正な情報を調査する「New Knowledge」の研究ディレクターであるリネー・ディ=レスタ氏は、有料レビューを委託する企業の多くが中国の大手オンラインマーケット「Alibaba」に出店している中国ブランドだと指摘しています。こうした中国ブランドは米国市場にも浸透しようと努力しています。「Alibabaだとアメリカから注文してから到着するまで6〜8週間ほどかかってしまいますが、Amazonならアメリカ市場にすばやく展開することができます。Amazonブランドの流通と信頼をそのまま活用できると中国ブランドは考えているのでしょう」とディ=レスタ氏はコメントしています。

Amazonブランドに便乗する手法の1つとして、レビュアーにお金を支払って5つ星を自作自演する企業も存在しているわけですが、結果としてこの行為がAmazonブランドに深刻な影響を与える可能性があります。「Amazonが不正なレビューを取り締まり続けても、レビュアーはAmazonの取り締まりを回避するような方法を見つけ続けることでしょう。この問題には解決策はないかもしれません」とディ=レスタ氏は語っています。
https://gigazine.net/news/20180731-amazon-review-paid-for/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1533046965/


続きを読む

アマゾンのクラウドと真っ向勝負も NTT西の小林新社長、速さと安定性のエッジで対抗

1: ムヒタ ★ 2018/07/29(日) 14:23:58.20 _USER
 dfgdfindex
NTT西日本が「エッジコンピューティング」と呼ばれる新たな通信技術で、米アマゾンなどのクラウドコンピューティングに対抗する姿勢を鮮明にしている。エッジは実際の通信インフラを持つNTTの強みを生かした技術で、ロボットの制御など無線通信での大容量データ処理でクラウドより優れたスピードや安定性を発揮できる。アマゾンが攻勢をかけるなか、両者のせめぎ合いが注目されそうだ。(黒川信雄)

 エッジ(末端)コンピューティングとは、遠く離れたサーバーに情報を集めるクラウドとは異なり、スマートフォンやロボットといったネットワークの末端側のサーバーで情報を処理することで、速度を大幅に高められる技術のこと。NTT西は現在、実証実験を進めており、早期の実用化を目指している。

 「アマゾンとの真っ向勝負もあるだろう」。6月22日に就任したNTT西の小林充佳(みつよし)新社長は、産経新聞のインタビューにそう述べ、エッジでアマゾンのクラウドに対抗する考えを鮮明に示した。

 小林氏には勝算がある。あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」環境が広がり、平成32年には次世代通信規格の「5G」サービスが日本国内でも開始されるなか、自動車やロボットの自動制御など膨大な量の情報を高速処理する技術が求められている。

 しかしサーバーが遠隔地にあり、情報が集中してネットワークに「負担がかかりすぎる」(小林氏)クラウドでは、処理が遅れるとの認識が産業界で広がっている。一方でエッジは、NTTが数キロおきに保有する通信ビルなどで情報を処理するため、スピードや安定性でクラウドに大幅に勝る。

 クラウドサービスを最大の収益源とするアマゾンは現在、日本国内で10万を超える顧客を持つ。関西でも事業拡大に意欲をみせており、6月には大阪で初となる、同社のクラウドサービスを紹介する大規模イベントの実施を計画した(大阪北部地震を受けキャンセル)。

 小林氏は一方で、顧客の要望に合わせてクラウドとエッジを組み合わせ提供する形も想定しているという。その場合は「アマゾンと組むこともあり得る」とも語る。

 エッジ、クラウドともに、今後の情報処理技術の成否を握るのが人工知能(AI)の活用だ。データなどが1カ所に集まるクラウドにはAIや専用ソフトウエアによる分析がしやすくなる利点もある。小林氏は、世界的にクラウドを展開するアマゾンが「非常に多くのAIのアルゴリズム(計算手法)を保有している」と語り、アマゾンが依然厳しい競争相手であることを認める。

 一方でNTT西は、不足が指摘されるAI人材をめぐり「(NTT西として)M&A(企業の吸収・合併)もあり得る」(小林氏)としており、その確保に手段を選ばない姿勢も示している。
2018.7.29 13:09
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180729/bsj1807291309001-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532841838/


続きを読む

多摩のビル建設現場火災、AWS向けデータセンターの可能性が濃厚

1: 田杉山脈 ★ 2018/07/28(土) 19:32:44.53 _USER
 うぇえtopm
東京都多摩市で発生したビル火災の建築現場は、米アマゾン・ウェブ・サービス(Amazon Web Services)のクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」向けのデータセンターである可能性が高いことが、日経コンピュータの取材で2018年7月27日に分かった。複数の業界関係者が明かした。

火災は2018年7月26日午後1時45分ごろ、東京都多摩市唐木田1のビル建設現場で発生した。建設中の建物はオフィスビルの「多摩テクノロジービルディング(仮称)」。延べ床面積は1万7666.89平方メートルとされる。三井不動産が100%出資する南多摩特定目的会社から安藤ハザマが工事を請け負い、2018年10月に工期終了の予定で建築が進んでいた。三井不動産の資料によると、用途は「事務センター」である。

 三井不動産は日経コンピュータの取材に「入居する顧客は守秘義務のため明かせない」(広報)と回答。用途については「事務センターと呼んでおり、顧客が入るオフィス部分も一部あるが、実質的にはデータセンターとしての用途だ」(同)とした。

 アマゾン・ウェブ・サービスは2011年に日本国内初のデータセンターとして東京リージョンを開設し、2018年2月には大阪ローカルリージョンを設けた。事実関係についてアマゾン ウェブ サービス ジャパンに問い合わせたが、午後9時30分の時点で連絡がつかなかった。
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/02165/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532773964/


続きを読む

Amazon決算、純利益は過去最高、AWSの売上高49%増と好調

1: ムヒタ ★ 2018/07/27(金) 08:16:37.09 _USER
 240_news061
米Amazon.comが7月26日(現地時間)に発表した第2四半期(4〜6月)決算は、売上高は前年同期比39%増の528億8600万ドル、純利益は約13倍の25億3400万ル(1株当たり5.7ドル)で過去最高を更新した。売上高はアナリスト予測の533億5000万ドルに届かなかったが、純利益はアナリスト予測の1株当たり2.49ドルを大幅に上回った。

 クラウドサービスのAWSやWhole Foodsが加わった北米での販売が好調だったことに加え、為替変動によるプラスの影響があった。為替変動の影響を除いても、売上高は37%増だった。

 同社は1月、北米でのプライム会費を値上げしたが、ブライアン・オルサフスキーCFO(最高財務責任者)は電話会見で「プライムは依然として強く、会員はこのサービスを実に高く評価している」と語った。

 AWSの売上高は49%増の61億500万ドル、営業利益は79%増の16億4200万ドル。売上高全体に占める割合は、前四半期から1ポイント減の10%だった。

 ジェフ・ベゾスCEOは発表文で音声アシスタント「Alexa」について「顧客がどこにいてもAlexaを使えるようにしたい」と語り、SonosやLenovo、トヨタなどのサードパーティー企業が製品にAlexaを搭載していることを強調した。

 第3四半期(7〜9月)の見通しは、売上高を前年同期比23〜31%増の540億〜575億ドル、営業利益を14億〜24億ドルとした。
2018年07月27日 07時16分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1807/27/news061.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1532646997/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ