SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

俺たちamazonプライム会員が見たいプライムビデオ

1: 名無しさん@涙目です。(愛知県) [HK] 2018/10/07(日) 17:26:57.44 ● BE:833816615-PLT(26999)
415b908c-s

http://news.livedoor.com/article/detail/15402228/
アマゾンが労働者の賃上げに踏み切った「本当の理由」
アマゾンが、とうとう米国内で雇用する全スタッフの最低時給を15ドル(約1,720円)に引き上げることを明らかにした。何カ月にもわたって社会的批判にさらされ続けた末の措置で、パートタイムや繁忙期の季節雇用スタッフ、派遣社員なども対象となる。

今日、7人のおたく(カルト7)を15年ぶりぐらいに見たけど面白かった
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538900817/


続きを読む

米セブン社長「対アマゾン、近さに優位性」

1: ムヒタ ★ 2018/10/02(火) 07:57:59.93 _USER
711
米国でインターネット通販会社が既存の小売りを脅かす「アマゾン・エフェクト」が広がる。コンビニエンスストアにはどのような影響が及んでいるのか。米コンビニ市場で店舗シェア首位に立つセブン―イレブン・インク、ジョセフ・デピント社長に聞いた。

――アマゾン・エフェクトをどう捉えていますか。

「百貨店や食品スーパーと比べれば、コンビニへの影響はある程度避けることができている。密度の高い出店によって消費者に…
2018/10/2 7:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35985100R01C18A0000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538434679/


続きを読む

アマゾンに楽天が"一生追いつけない"理由

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/29(土) 20:10:58.93 _USER
wrindex
ほぼ同時に設立された両社
アマゾンの小売りビジネスモデルを整理してみようと思う。業態が似ている楽天と比較をするとわかりやすいので見ていこう。

読者には、楽天にかつてほどの勢いがなく、アマゾンが勢力をひたすら拡大しているように映っているかもしれない。それは、まさにビジネスモデルの違いがもたらした差だといっても過言ではない。

楽天はアマゾンとほぼ同時期の1997年に設立。まだ人々がインターネットでモノを買わない時代に、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」を開設して、2000年に株式を上場した。従業員数はグループ全体で、1万5719人だ(2018年3月時点)。

さまざまな事業を手がけていることもアマゾンに似ている。現在はネットで宿泊予約ができる「楽天トラベル」や、「楽天銀行」「楽天証券」など金融事業などにも進出して、70以上のサービスを提供している。2018年4月には携帯キャリア事業に本格的に参入することが決定。2019年10月にサービス開始予定で、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクグループに次ぐ第4のキャリアが誕生することになる。

現在、楽天の売上高は7819億円。アマゾンの日本事業の売上には及ばないが、ネット通販を起点に事業を広げている点では、アマゾンの拡大パターンに酷似しているともいえる。

最近はサッカーのスペイン1部FCバルセロナと、総額2億2000万ユーロでスポーツ史上最高額のスポンサー契約を締結している。ちなみに、この契約は、アマゾンと中国のネット通販最大手の「アリババ」と争い、楽天がこの2社に競り勝った。最近では、ネットの普及で欧州サッカーのファン層がアジアなどの新興国にも広がっており、世界に名前を広めるにはうってつけだろう。

楽天もアマゾンもEC(電子商取引)企業として出発し、両者しのぎを削っていることから、ひとくくりにされることも多いが、この2社はビジネスモデルがまったく異なる。
「楽天市場」はインターネット上に構築された、まさに名前のとおり「市場」である。それは仮想商店街であり、楽天はネット上に軒先、すなわちスペースを貸すことで出店企業から料金を得ている。つまり、出店企業からの手数料を中心に稼いでおり、お客さんは企業だ。収入は3000億円程度で、出店企業数は約4万5000店、2017年6月時点では月商1億円以上が159店ある。

一方、アマゾンの中心はあくまでも、自社で仕入れた商品の販売だ。自社以外の事業者が出品をする「マーケットプレイス」もあるが、基本は自分で在庫を持ち、流通を管理している。そして、FBA(編集部注:「フルフィルメント・バイ・アマゾン」の略。自社以外の事業者が出品する商品の保管と売れたときの発送業務を、アマゾンが代行するサービス)の場合は、アマゾンが他社の在庫も倉庫に抱える。アマゾンのお客さんは、そのままアマゾンで物を買う消費者である。

スタートダッシュは楽天に分があったが
繰り返しになるが、楽天の収入は「場所貸し」からである。場所を開放し、手数料という名の「地代」を徴収するだけだ。商品の梱包や発送は当然、出店業者が担う。

楽天のビジネスモデルとは、「場所貸しのみなので、自身で物流網を持つ必要がなく、時間もお金もかけずに、出店業者を手軽に増やすことができる」仕組みだ。在庫も持つ必要がないので、リスクも少ない。出店業者にとっては、楽天への他の出店者が多ければ多いほど、お客が集まる。そして、楽天にとっては、品揃えが充実するという好循環が生まれる。初期に、楽天がアマゾンに比べて事業を急拡大できた背景がわかるだろう。

これに対してアマゾンは、あくまでも自社で仕入れた商品を売るので、物流倉庫も必要になるし、庫内での在庫管理や、注文を受けた際の発送準備などのノウハウも必要になる。当然ながら一朝一夕で物流網やノウハウは構築できないので立ち上がりには時間がかかる。当然、莫大な設備投資負担ものしかかる。

しかし、いったん物流システムが整備されさえすれば、アマゾンは自社ですべてまかなうことができるため、取り扱う商品量さえ増えれば、メリットを出しやすい。
https://president.jp/articles/-/26249
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538219458/


続きを読む

Amazon.com、レビュー★4つ以上の商品だけを販売する実店舗をニューヨークに開店

1: ムヒタ ★ 2018/09/27(木) 11:10:59.22 _USER
 米Amazon.comは9月26日(現地時間)、オンラインストア上でユーザーが★4つ以上の評価をした商品だけを販売する実店舗「Amazon 4-star」をニューヨークのソーホー地区で開店すると発表した。

 「Amazon 4-starのセレクションは、ユーザーが実際に購入し、気に入っているものを直接反映している」という。店頭に置く商品は、いずれも満点である★5つのレビューを180万件以上獲得したものに限った。販売するカテゴリーは、デバイス、家電、キッチン用品、おもちゃ、書籍、ゲームなど。

 店内には、「ウィッシュリストに最も追加されている商品」や「ニューヨーク近郊でトレンドな商品」などのコーナーもある。各商品には、レビューのテキストを転載したカードが添えられている。
no title


 プライムメンバーであれば、オンラインと同様にプライム価格で店頭の商品を購入できる。非プライム会員は、その場で30日間のお試しにサインアップできる。
no title


 なお、Amazonは年内にレジなしショップ「Amazon Go」をニューヨークにも出店するといううわさだが、Amazon 4-Starはレジなしショップではない。
2018年09月27日 10時08分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1809/27/news068.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1538014259/


続きを読む

アマゾン、個人出版の市場拡大へ 注文受けて印刷・製本 関東地区なら注文したその日のうちに本が届く

1: ガーディス ★ 2018/09/23(日) 16:40:43.92 _USER9
AAAvrjv.img
アマゾンは、注文に応じて1冊ずつ本を印刷して販売する「プリント・オン・デマンド(POD)」の設備を報道陣に公開した。具体的な売上金額は明らかにしていないが、日本では2012年から17年の間に20倍以上に成長しており、アマゾンは個人出版の市場拡大につなげる考えだ。

 公開されたのは、千葉県市川市の物流拠点内にある設備で、バレーボールコートほどの広さに印刷や製本などの機械が計11台並ぶ。通常は1日18時間ほぼ絶え間なく稼働している。

 10年にサービスが始まり、16年からはカラーにも対応。アマゾンのサイトから本の注文を受けると、サーバーからデータをダウンロードして印刷、製本、出荷する。関東地区なら、午前中に注文すれば最短でその日のうちに本が届く。現在、約300万冊分のデータが登録されており、うち9割は洋書だという。

 最大の利点は、出版社が在庫を…

残り:350文字/全文:711文字
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL9L446VL9LUCVL01J.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1537688443/


続きを読む

音声AI 5〜10年後には20分雑談可能に アマゾン幹部

1: ムヒタ ★ 2018/09/23(日) 07:07:50.22 _USER
ecn1809220019-p2
 米インターネット通販大手のアマゾン・コムの幹部は21日、共同通信などの取材に対し、音声を使った人工知能(AI)の開発の進捗(しんちょく)について、5〜10年後に人間と20分以上、雑談を続けられるようになるとの見通しを明らかにした。

 政治や娯楽、スポーツといった幅広い話題で自然な会話を実現するのが目標で、アマゾンは、大学生向けに賞金付きのコンテストを実施し、研究開発を促している。音声AIの研究開発責任者のローヒット・プラサード氏は「開発は進んでいるが、達成に5〜10年はかかるだろう」と述べた。

 アマゾンは20日、AIスピーカー「エコープラス」などの新製品を発表した。

 アマゾンの音声AI端末責任者のトニー・リード氏は、音声AIサービス「アレクサ」の搭載を自社製品に加え、他社の家電にも広げる戦略を進めると強調した。(共同)
2018.9.22 15:53
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180922/bsb1809221553002-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537654070/


続きを読む

AmazonのAlexaがSonyのスマートTVとLenovoのタブレットにやって来る

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/21(金) 19:48:01.68 _USER
amazon_hardware-6638
AmazonはAlexaに、できるだけ多くの人と対話させたいし、できれば彼らに何かを見せたい。そのためには、このバーチャルアシスタントをAmazonの画面付きAlexaデバイス、Echo ShowやFire TVのような、Alexaに声だけでなく顔も与えるデバイスから解放してやる必要がある。

そこで同社は木曜日に行われたビッグなハードウェアイベントで、“smart screen” SDKのリリースを発表した。これを使ってデベロッパーは、Amazon以外のハードウェア製品にEcho Showのような機能を持たせられる。スマートTVでも、最新の冷蔵庫でも、なにしろ画面のあるものなら何でも、Alexaデバイスにしてしまえる。

実際にすでにそれをやった企業が、二社ある。Amazonの発表によると、LenovoとSonyが、このSDKを使ってAlexaを自社製品に統合する。Lenovoは“近日発売”のAndroidタブレット、Smart Tabだ。

一方Sonyは、Alexa対応のテレビ、と呼ばれる製品シリーズの全機種にこのSDKを統合する。最初は、音楽と、スマートホームのカメラのみを年内に。Alexaが画面に何かを見せるという機能は、来年前半に実装される。
https://jp.techcrunch.com/2018/09/21/2018-09-20-amazons-alexa-is-coming-to-sony-smart-tvs-and-lenovo-smart-tabs/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537526881/


続きを読む

アマゾンの画面付きAIスピーカー、日本でも12月発売

1: ムヒタ ★ 2018/09/21(金) 08:59:23.52 _USER
 sty1809210007-f1
【シアトル=中西豊紀】米アマゾン・ドット・コムは20日、人工知能(AI)スピーカーに画面がついた「エコー・ショー」を12月に日本でも発売すると発表した。価格は2万7980円。料理レシピの動画を再生したり、ビデオを見たりといったことが可能になる。グーグルも同様の製品の投入を計画しており、2社の「スピーカー」競争が激しくなっている。

 同日、ワシントン州シアトル市の本社で開いた製品発表会で明らかにした。米国では17年夏に1世代目の機種が発売されているが、今秋から2世代目に刷新するのにあわせて日本でも投入する。画面サイズは10.1インチで、動画再生のほかブラウザーを介してインターネットのウェブ画面を見ることもできる。

 すでに日本で発売済みの「エコー・ドット」と「エコー・プラス」についても新機種を発売する。「ドット」は音質を高めたほか、「プラス」は家電との連携によるスマートホームへの対応をしやすくした。価格はそれぞれ5980円と1万7980円。10月30日から出荷を始める。

 AIスピーカーに動画機能をつけた製品はグーグルも今夏から中国レノボ・グループなど家電メーカーを通じて販売している。記者会見したアマゾンのデバイス担当責任者、デイブ・リンプ上級副社長は「エコーのコミュニケーション能力はどんどん上がっていく」と話し、使いやすさの向上を訴えた。

 アマゾンが14年に他社に先がけて発売したAIスピーカーだが近年は競争が激しい。米ストラテジー・アナリティクスによると16年10〜12月期に9割近くあったアマゾンのシェアは直近の18年4〜6月期には41%にまで落ちた。最大のライバルは16年に参入したグーグルで、直近のシェアは27.6%と猛追中。中国のアリババ集団も少しずつシェアを伸ばしている。

 競合対策としてアマゾンはこの日、スピーカー以外の音声AI製品を発表した。日本向けは「現時点では無い」(同社)としているが、電子レンジや壁掛け時計にも音声AIが入り、声による操作ができるようになる。同社はあわせて車に積むことを前提としたスピーカーも発表。生活のあらゆる場所に音声AIを広げる戦略を明確にした。
2018/9/21 5:18
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35607570R20C18A9000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537487963/


続きを読む

アマゾンのレジ無しコンビニ、21年までに3000店 米報道

1: ムヒタ ★ 2018/09/20(木) 09:12:02.40 _USER
 344
【ニューヨーク=平野麻理子】アマゾン・ドット・コムが2021年までに最大3000店のレジ無しコンビニの開業を目指していることが、19日明らかになった。米ブルームバーグ通信が報じた。現在の4店舗から急拡大させる計画で、実店舗での小売事業に力を入れる。報道を受け、19日の米株市場でウォルマートやターゲットなど小売り株は下落した。

 アマゾンのレジ無しコンビニは「アマゾン・ゴー」の屋号で、現在は本社のあるシアトルとシカゴで営業している。今後ニューヨークやサンフランシスコなど大都市で開業予定だ。客と商品の動きを店内に設置したカメラやセンサー、マイクで読み取り、決済は事前に登録したアプリで済ませることで、レジ無しを実現させた。

 レジでの煩わしい支払いをなくす技術では、マイクロソフトも開発に力を入れているとされる。ウォルマートは7月にマイクロソフトとの戦略的提携を発表し、アマゾンの背中を追っている。
2018/9/20 7:58
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35555040Q8A920C1000000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537402322/


続きを読む

Amazon、電子レンジなどAlexa搭載スマート家電を8種投入か

1: 田杉山脈 ★ 2018/09/18(火) 19:41:32.33 _USER
わalexa
米メディアCNBCは18日(現地時間)、Amazonが同社の音声アシスタントを「Alexa」を搭載する電子レンジやオーディオなど、最低8種の家電製品を年末までに投入する予定だと同誌の情報源に対する取材から報じた。同誌は、9月末のイベントで一部の製品が公開されるのではないかと予測する。

 計画中とされるのは電子レンジやオーディオアンプ、レシーバー、サブウーファーや車載器具など。自宅や車など、より多くの時間を過ごすことが考えられる空間にAlexa製品を浸透させる狙いだと考えられる。

 オーブンでは、SHARPのヘルシオシリーズの一部機種などがすでに音声アシスタントと無線LAN機能を搭載した機種を発売しており、レシピの相談や、同社が通販で提供する「料理キット」に対応した調理設定のダウンロードが可能となっている(僚誌記事も参照"シャープ、有名シェフ監修の料理をボタン1つで楽しめる宅配サービス「ヘルシオデリ」")。

 また、Amazonは競争優位を築くため巨額の投資もいとわない経営方針で知られており、これまでもKindleやEcho、Fire TVなどのハードウェアも積極的に手がけてきた。各社多様なアプローチで差別化に取り組んでいる家電業界に対し、ITや流通といった強みを活かした製品となるだろう。

 食料品を取り扱う「Amazon Fresh」や「Amazon Go」にも取り組んでいることから、近い将来、「Amazonで購入した食料品をAmazonブランド電子レンジで調理する」日が来るかもしれない。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1143520.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1537267292/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ