SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

多くのメディアで使われる「AIスピーカー」は日本でしか通じず…AmazonやGoogleは決して「AI」と呼ばない

1: スターダストレヴァリエ ★ 2017/11/14(火) 20:27:55.61 _USER
73
新聞やテレビなど、多くのメディア(特に一般向けのメディア)では、「スマートスピーカー」ではなく「AIスピーカー」という用語が使われている。
日本ではすでに「AIスピーカー」の呼称が支配的になりつつあり、ネット検索の量を可視化する「Googleトレンド」で調べてみると、「AIスピーカー」が「スマートスピーカー」を凌駕している(図1)。

特に気にも止めない方も多いかもしれないが、筆者はこの傾向を強く憂慮している。現在のスマートスピーカーを「AIスピーカー」と呼称するのは適切ではないと思うからだ。このまま定着すると、禍根を残す可能性がある。
なぜそう思うのか、筆者の考えを解説してみたい。


「AIスピーカー」は日本でしか通じない言葉

スマートスピーカーが何かは、そろそろみなさんもご存知のことかと思う。ネットに接続され、音声アシスタントを介して人とコミュニケーションをとりながら動く機器のことだ。
これが「AIスピーカー」と呼ばれるのは、音声アシスタントが声を聞き取り、その内容を解釈して答えるためだろう。「AIが答えてくれるスピーカーだから、AIスピーカー」という発想によるものと思われる。
これは一見妥当に見えるが、かなり問題が多いと筆者は考える。理由は主に2つある。シンプルな理由から説明しよう。
そもそも「AIスピーカー」という言葉は、世界的に見ればほとんど使われていない言葉だ。なにしろ、各社とも発表時のプレスリリースでは、そろって「スマートスピーカー」という言葉を使っており、「AIスピーカー」という呼称は使っていない。
プレスリリースの表現に従えば、「スマートスピーカー『Clova WAVE』、本日より正式発売」(LINE 10月5日付プレスリリースより)、「Google Home は、Google アシスタントを搭載し、音声で動作するスマートスピーカーです」(Google 10月5日付プレスリリースより)となっている。
Amazonはプレスリリース中では「スマートスピーカー」という表記を使っていないものの、同社製品ページ中では「音声だけでリモート操作できるスマートスピーカーです」と表記している。

もう少し傍証を挙げよう。

図2は、Googleトレンドで、過去12カ月の間に、「AI Speaker」と「Smart Speaker」が検索された量を比べてみた図だ。英単語にしているのはもちろん、日本語以外での傾向を見るためである。結果は日本のものとはまったく違う。「AIスピーカー」は完全に少数派であり、「スマートスピーカー」が主流である。


これが、スマートスピーカー市場の中心であるアメリカになると、もっとはっきりする(図3)。実のところ、筆者もアメリカ取材中に「スマートスピーカー」という言葉は日常的に耳にするが、「AIスピーカー」という言葉はほとんど聞いたことがない。


海外で定着した言葉があり、メーカー側もあまり使っていない言葉が勝手に広まり、日本独自の一般名詞として定着するのはいいことなのだろうか? 「スマートスピーカー」という言葉がとても難しく、日本では定着し得ない言葉ならばしょうがないと思うが、決してそうではあるまい。

(中略)


AmazonやGoogleは決して「AI」と呼ばない

筆者はアメリカでEchoを購入し、登録しているが、Amazonから毎週「Echoでこれをやってみよう」という内容を知らせるメールが届く。
スマートスピーカー先進国であるアメリカですら、「スマートスピーカーになにを話すとなにをやってくれるか」を周知する必要がある段階で、人間の話した言葉に自由に対応できる状況にはない。

そのためか、AmazonもGoogleも、「AI」という言葉の使い方にはかなり慎重になっているようだ。
その証拠に、AmazonもGoogleも、EchoやGoogle Homeのプレスリリースの中で、一度として「AI」という言葉を使っていない。すなわち、スマートスピーカーを構成する要素は「まだAIではない」と考えているのだ。

それに対しLINEは、音声アシスタントである「Clova」をはっきり「AIアシスタント」と呼んでいる。10月5日の製品発表時は「スマートスピーカー」だったが、2週間後にCMを告知するリリースでは「AIスピーカー」に変わっている。
呼び方の判断は各社それぞれだが、音声認識への反応精度で他社に遅れをとっている状況で1社だけ「AI」を連呼するのは、少々バランスが悪いのでは……と筆者は考える。

(後略)


全文と図表はソースで
http://news.mynavi.jp/articles/2017/11/14/smartspeaker/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510658875/


続きを読む

ヤマト、年末の時給2000円 物流人材争奪戦 アマゾンの倉庫作業は1850円

1: ばーど ★ 2017/11/14(火) 18:15:47.73 _USER9
789
 インターネット通販の繁忙期の12月を控え、物流関連のアルバイトの時給が高騰している。宅配最大手のヤマト運輸は2000円で運転手の募集を始めた。アマゾンジャパン(東京・目黒)も倉庫作業で1850円を提示している。人手不足の飲食や小売りも含めて業種間で人材の争奪が過熱し、宅配や外食などのサービスの維持に支障が出る可能性がある。

 ヤマトは神奈川県内の宅配便配達で、全国で最も高い時給2000円を支払う。… ※続く

配信2017/11/14 18:00
日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23459800U7A111C1TI1000/?nf=1
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510650947/


続きを読む

楽天、じわりアマゾンの影…楽天・三木谷社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど攻勢を強めるアマゾン

1: スターダストレヴァリエ ★ 2017/11/14(火) 11:31:12.44 _USER
88
楽天、じわりアマゾンの影 経済圏拡大や広告に活路

2017/11/13 20:30

 楽天株の上値が重い。日経平均株価が年初から17%高と活況に沸くのに対し、楽天は5%高にとどまる。最大の原因は米アマゾン・ドット・コムとの競争激化だ。楽天市場など国内の電子商取引(EC)の成長鈍化の懸念がぬぐえず、投資家の買い控えにつながっている。

 13日に発表した2017年7〜9月期連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比86%増の323億円だった。クレジットカードなど金融事業の伸びに加え、出資先の米ライドシェア(相乗り)大手の業績拡大による株式評価益228億円を計上した。

 もっとも、主力の国内EC事業は苦戦する。7〜9月期の営業利益は193億円と7%減。取扱高は8559億円と14%増えたが、買い物時に得られる「楽天スーパーポイント」の費用や、個人間の売買を仲介するフリマアプリの宣伝などで先行投資が膨らんだ。

 ポイント拡大やフリマアプリも、アマゾン対抗策の一環だ。三木谷浩史会長兼社長が「楽天を倒すため採算を度外視している」と話すほど、アマゾンは攻勢を強める。モルガン・スタンレーMUFG証券の津坂徹郎氏は「楽天は投資がかさみ、利益成長が鈍化する懸念がある」と指摘する。

 楽天の強みはECや金融、格安スマートフォン事業などを幅広く楽天ポイントでひも付け、利用者を囲い込む「楽天経済圏」だ。ECは営業減益だが、三木谷社長は「その分クレジットカードなどの利用者が増えた。ECの収益は飛躍的には伸びないが、金融などで伸ばせば良い」と話す。


続きはソースで

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23412270T11C17A1DTC000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510626672/


続きを読む

「Amazon Music Unlimited」開始、Echoユーザーは月額380円。4千万曲以上聴き放題

1: キリストの復活は近い ★ 2017/11/09(木) 23:19:17.44 _USER9
 AmazonEcho013
Amazon.co.jpは8日、定額制で4,000万曲以上が聴き放題の音楽配信サービス「Music Unlimited」を日本でスタートした。スマートスピーカー「Echo」のユーザーは月額380円で利用可能。個人プランの通常価格は月額980円で、プライム会員は月額780円、年額7,800円に割引される。6アカウントが登録できるファミリープランは月額1,480円で、プライム会員であれば年額14,800円で利用できる。個人プランは30日間の無料体験も可能。

全文はソースで
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1090441.html
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1510237157/


続きを読む

Amazonのスマートスピーカー「Echo」は11,980円。Alexa日本上陸。380円の音楽配信も

1: ノチラ ★ 2017/11/08(水) 15:02:36.50 _USER
 Amazon.co.jpは、クラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応したスマートスピーカー「Amazon Echo」を日本で発売する。価格は11,980円(税込)でプライム会員は4,000円オフ。招待(予約)を本日受付開始し、来週より出荷する。また、小型の「Echo Dot」やスマートホーム対応の「Echo Plus」も発売。Echo Dotは5,980円(税込)で、プライム会員は2,000円オフ。Echo Plusは17,980円(税込)。

 また、4,000万曲のカタログをそろえ、Echo利用者は月額380円で使い放題になる「Music Unlimited」もあわせて展開する。通常は月額980円で、プライム会員は780円。ファミリープランも月額1,480円で用意する。

 クラウドベースの音声アシスタント「Alexa」は、話しかけるだけで、音楽の再生、ニュースやスケジュールの読み上げ、タイマーやアラームのセット、プロ野球や大相撲などスポーツ結果の確認などが可能になる。遠隔音声コントロール技術により、部屋中のさまざまな場所から、話しかけるだけでこれらの機能を呼び出せる。

 Echoは、遠隔音声認識技術と7つのマイクアレイを備え、音声を明確に聞き取る。マイクの信号を合成するビームフォーミング技術により、ノイズや反響音、音声指示以外の話し声も抑制して認識。スピーカーとしては専用のツイータ、2.5インチのダウンファイアタイプのウーファも備え、「部屋全体に鮮明なボーカルとダイナミックな低音レスポンスを実現するDolbyプロセッシングも採用している」という。

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1090358.html
no title
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1510120956/


続きを読む

デジタルで聞く音楽って音が優しくないよな

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [ニダ] 2017/10/27(金) 19:18:57.74 ● BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
42index
デジタル時代のインフラ覇権、3社の対決に
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2280471027102017EA6000/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1509099537/


続きを読む

俺たちAmazonプライム会員が見たいお勧めのプライム ビデオ

1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(愛知県) [ES] 2017/10/22(日) 07:57:55.90 ● BE:833816615-PLT(26000) ポイント特典
8ea37591

http://www.sankei.com/economy/news/170721/ecn1707210030-n1.html
Amazonの影響が最も大きな国は「日本」
PwCの調査によると、Amazonの登場で「小売店で買い物する頻度が減った」と答えた割合が最も高かったのは日本。日本では、オンラインで買い物をする消費者の10人中9人がアマゾンを利用したことがあるという。

 Amazon(アマゾン)は、小売店や消費者の買い物行動にどのような影響を与えているのか?−−コンサルティング会社PwCのオンライン買い物客に関する世界的な調査によると、「Amazonが登場したことで小売店で買い物をする頻度が減った」と答えた人の割合が最も高かったのは日本だった。世界全体では28%だったのに対し、日本は39%と、米国を上回った。

タイタニック
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508626675/


続きを読む

お前らが最近Amazonで買った物

1: 名無しさん@そうだ選挙に行こう! Go to vote!(愛知県) [ES] 2017/10/22(日) 08:06:55.96 ● BE:833816615-PLT(26000) ポイント特典
8ea37591

http://www.sankei.com/economy/news/170721/ecn1707210030-n1.html
Amazonの影響が最も大きな国は「日本」
PwCの調査によると、Amazonの登場で「小売店で買い物する頻度が減った」と答えた割合が最も高かったのは日本。日本では、オンラインで買い物をする消費者の10人中9人がアマゾンを利用したことがあるという。

 Amazon(アマゾン)は、小売店や消費者の買い物行動にどのような影響を与えているのか?−−コンサルティング会社PwCのオンライン買い物客に関する世界的な調査によると、「Amazonが登場したことで小売店で買い物をする頻度が減った」と答えた人の割合が最も高かったのは日本だった。世界全体では28%だったのに対し、日本は39%と、米国を上回った。

俺は今日amazonからイリスのアトリエ エターナルマナ2 公式パーフェクトガイドと
蒼い空のネオスフィア ~ナノカ・フランカ発明工房記2~ (初回限定版) が届くわ
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1508627215/


続きを読む

Amazonが留守宅のドアロックを一時的に解除して商品を届けるサービスを検討中(動画あり)

1: ニライカナイφ ★ 2017/10/13(金) 02:00:21.88 _USER9
Amazonが不在による再配達や置き配での盗難被害を解消するために、配達員に自宅のドアロックを一時的に解除させて宅内配達を可能にするサービスの導入を検討しているとCNBCが報じています。
Amazonなどの商品を顧客に届ける必要があるネット通販は、商品を迅速に届けるだけでなく、確実に届けることが求められます。

庭付きの戸建てが多いアメリカでは、商品配達時に受取人が不在の場合、商品を玄関ドア下に置いていくこと(いわゆる「置き配」)がよくありますが、留め置いた商品が何者かに盗み去られてしまうという被害が発生しています。
Amazonや宅配サービスのUPSなどは、置き配で盗まれてしまった商品に関するデータを公開していませんが、ドアベルメーカーAugustによると2016年に全米で1100万人が被害を受けたそうで、アメリカ人の31%が置き配の窃盗被害に遭った経験を持つという統計もあります。

このような置き配時に商品を盗まれてしまうことで補償費用が発生するだけでなく、顧客の満足度を大きく下げてしまうという点も、Amazonにとって大きな問題だとのこと。
そこで、受取人不在の場合でも安全に商品を届けられるシステムの開発は、Amazonだけでなく多くのオンライン通販サービスにとって重要な課題となっています。

Amazonはこれまでにも、自動車のトランクに商品を配達するサービスを試験してきたことで知られています。
上記のテストはドイツ(Amazon.de)での取り組みでしたが、CNBCはアメリカ国内でも同様のサービスをAmazonが導入予定であるとの情報を匿名の関係者から得ています。
この情報によると、自動車のキーを安全に保管でき、一時的なパスワードを発行して鍵の受け渡しを可能にするスマートキーロッカーを提供するPhrameとAmazonは提携して、宅配業者が一時的に商品を受取人が指定する自動車のトランクに配達できるサービスを検討しているとのこと。

また、自動車のトランクを利用した商品配達サービスに加えて、宅配業者に一時的にドアのロックを解除して、商品を自宅内に届けるシステムをも検討中だとCNBCは報じています。
これは、Augustのようなスマートドアベルサービスと提携することで、受取人が配達業者にワンタイムパスワードを発行して、不在時に自宅のドアロックを解除して商品を届けてもらうというものです。

スーパーのウォルマートが顧客の留守中に鍵を一時的に解除してもらい、生鮮食品を自宅の冷蔵庫に直接配達してもらえるサービスをテストしていますが、同様のサービスをAmazonも検討しているのではないかというわけです。
Amazonにとって、商品配達時の不在を解消することは、サービス品質向上のために避けては通れない問題で、すでに発表済みの宅配ボックス「Hub」や専用ロッカーを使った販売サービス「Instant Pickup」などとともに、さまざまな方法をAmazonは模索しているようです。

動画:https://youtu.be/8bOuVjbcTgs



no title

http://gigazine.net/news/20171011-amazon-deliver-inside-home/
引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507827621/


続きを読む

アマゾンで配送トラブル相次ぐ 任天堂のゲーム機届かず

1: 孤高の旅人 ★ 2017/10/08(日) 06:54:06.68 _USER9
88index
アマゾンで配送トラブル相次ぐ ゲーム機届かず
2017/10/07 19:31
http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000111700.html

 アマゾンで、任天堂のゲーム機が配送されないといったトラブルが相次いで発生しています。

 配送トラブルは、ツイッターなどの投稿サイトで相次いで報告されていて、任天堂のゲーム機「ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン」を注文した顧客の一部で、商品が届かないまま返送されているということです。アマゾンは「システム障害で宛名が文字化けするなどし、配送業者が届けられない状況が一部発生している」として、返送された商品については代金を返金するということです。
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1507413246/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ