SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

ふるさと納税 返礼品に「アマゾンポイントはダメ」総務省

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/27(木) 19:50:22.27 _USER
fsvせindex
総務省の調査によりますと、ふるさと納税の返礼品として、ネット通販大手「アマゾン」で使うことができるポイントを提供している自治体が、全国で31あることがわかり、総務省は、地場産品にあたらないとして、取りやめなければ制度の対象から外す方針です。

ふるさと納税の返礼品をめぐる競争が過熱しているとして、総務省は、調達価格を寄付額の3割以下にすること、地場産品を使うことの2つを守るよう、通知を出しています。

こうした中、総務省が調査したところ、ネット通販大手「アマゾン」で品物を購入する際、使うことができるポイントを、自治体が費用を負担して提供しているところが、大阪・泉佐野市や北海道八雲町、長野県小谷村など、全国で31あることがわかりました。

総務省は、地場産品を使うよう求めた通知に反しているとして、取りやめなければ、来年6月以降、制度の対象から外し、寄付をしても税制上の優遇措置が受けられないようにする方針です。

また、これ以外に通知を守っていない自治体は、全国で85に上っていて、引き続き、通知の順守を働きかけることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181227/k10011761801000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545907822/


続きを読む

Amazon、ホリデーシーズンの注文件数が過去最高、Alexaでの注文が3倍に

1: ムヒタ ★ 2018/12/27(木) 09:23:02.48 _USER
20181227-00000016-zdn_n-000-1-view
 米Amazon.comは12月26日(現地時間)、2018年のホリデーシーズンの世界での注文件数が過去最高を更新したと発表した。

 一般にホリデーシーズンは感謝祭から翌年の1月1日までを指すが、Amazonは毎年、クリスマスプレゼント商戦が終わる25日までの結果を具体的な数値なしに発表している。昨年も過去最高と発表した。

 スマートスピーカーなどに搭載されているAIアシスタント「Alexa」を使った音声での注文件数が、昨年の3倍に増えた。Alexa関連では、この期間中のAlexa経由での音楽再生時間が昨年より数億時間多かったという。Alexaでは、Amazon Music、Spotify、Tidalだけでなく、Apple Musicも利用可能だ。

 プライム会員の無料体験への登録が数千万件あった。プライムによる無料配送は、米国だけで10億件以上だった。

 Amazon端末は昨年より数百万点多く売れた。特に、第3世代「Echo Dot」、Alexa搭載の「Fire TV Stick 4K」、Echoシリーズが好調だったという。

 最も売れたAmazon製品以外の電子機器は、Alexa搭載のBoseのヘッドホン「QuietComfort 35 wireless headphones II ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン」、Samsung Electronics製スマートLEDテレビ「Samsung Flat 65" 4K UHD 8 Series Smart LED TV」、Appleの「iPad(Wi-Fi、32GB、スペースグレイ)」など。
2018年12月27日 07時09分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/27/news059.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545870182/


続きを読む

AirPodsの片耳バラ売り、なぜ需要? メルカリ、Amazonで

1: ムヒタ ★ 2018/12/26(水) 13:10:20.72 _USER
あだwえsindex
 発売から2年経つAirPodsの人気は相変わらず高い。税別1万6800円のAirPodsはApple Storeでも当日入荷分が夕方までには売り切れてしまうほどだ。そのAirPodsがメルカリなどで片耳だけ売られている。

 AirPodsが左耳用、右耳用、バッテリーケースと「バラ売り」されているのはメルカリだけではない。Amazon.co.jpでAmazonプライム対象になっているものもある。

 価格相場はメルカリで片耳用が4000円台から7000円台。Amazonでは右耳が7479円、左耳が7495円と少し違う。

 Appleはちゃんと片耳、バッテリーケースの交換品を提供している。にもかかわらず販売されている理由はなぜだろうか。

AirPodsはなくしやすい
 そもそも、AirPodsは紛失しやすい。耳の形に合わない人も多いので外れやすいと訴える人もいる。風に吹き飛ばされた、いつの間にかなくなっていた、落として踏んだ、トイレで流したなど様々な理由で失われていく。お経を書いていてもおそらく効果はない。

 これからの季節はマスク、マフラーなどに引っ掛けてとか、さらになくす機会は増えそうだ。雪道に落としてしまうと冬のライチョウのように見つけにくいので探すのも大変だ。

AirPodsを雪道で落としたら? なくさないためには?
 両耳を同時になくすというのは起こりにくい。片耳なくしたら普通は気付くからだ。

 そうして片耳AirPodsが生まれていく。

 片耳を紛失したときに、もう片方をどこからか入手するか、メルカリに残りを出品するかという選択肢が生まれる。

 そしてメルカリでは片耳であってもそこそこの金額で取引されているというというのが現在の状況だ。

 Appleはサポートページで片耳やケースの価格を公表しており、その価格はメルカリなどでの販売価格とさほど変わらない。片耳で税別7800円。なぜ彼らはAppleから買わないのか。

 Appleサポートページによれば、片耳紛失の場合には持ち込み修理扱いとなり、直営店のApple Storeやクイックガレージ、キタムラ、ビックカメラなどのApple正規サービスプロバイダに残っている片耳とケースを持っていく必要がある。直営店では部品代だけで済むが、それ以外は技術料が含まれるため、例えばキタムラでは片耳紛失で1万822円がかかる。直営店はバッテリー交換需要もあり、なかなか予約が取れない状況は続いている。

 あるメルカリ出店者は時間や交通費を考えれば出店品を購入した方が「早く安く便利」と説明している。早ければ1-2日で届くことを考えればたしかにそのとおりかもしれない。Amazonの出品も同様だ。
2018年12月26日 11時19分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/26/news069.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545797420/


続きを読む

Amazon、大型ディスプレイ付き「Echo Show」日本発売 「Fire TV Stick 4K」も

1: ムヒタ ★ 2018/12/12(水) 14:57:12.23 _USER
 61jLuVyblpL._SY355_
Amazon.co.jpは12月12日、10.1インチのディスプレイ付きスマートスピーカー「Echo Show」(税込2万7980円)と、Alexaに対応したスティック型セットトップボックス(STB)「Amazon Fire TV Stick 4K」(税込6980円)を発売した。Echo Showシリーズの日本発売は初。

 Echo Showは、スマートスピーカーとしての機能に加え、大きなタッチパネルディスプレイで視覚情報が得られるのが特徴。Webブラウジングやビデオ通話、Prime Videoの映像(一部のみ対応)などを楽しめる。「DELISH KITCHEN」のレシピ情報をディスプレイで確認したり、「出前館」で出前を取るなど、他社が提供するスキルも利用可能だ。色はサンドストーンとチャコールの2色。

 Fire TV Stick 4Kは、テレビと接続すれば、Prime VideoやNetflixなどの動画コンテンツをテレビで再生できる端末。現行の「Fire TV Stick」より2プロセッサ性能や解像度が上がっており、オーディオも「Dolby Audio」から「Dolby Atmos」にグレードアップしている。
2018年12月12日 14時14分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/12/news096.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544594232/


続きを読む

Amazonギフト券で、Amazonプライム会員に登録可能に

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/08(土) 19:29:12.12 _USER
ヴぇindex
Amazon(所在地:東京都目黒区)は、12月6日(木)より、Amazonギフト券でAmazonプライム会員の登録が可能になったことを発表します。
Amazonプライムの会員費(年会費:税込3,900円、月会費:税込400円)のお支払いにAmazonギフト券の残高を充当いただくためには、これまでは同時にクレジットカードのご登録が必要でしたが、この度、クレジットカードのご登録なく、Amazonギフト券を利用したAmazonプライムの会員費のお支払いができるようになりました。これにより、クレジットカードをお持ちでないお客様や、オンラインショッピングでクレジットカードをご利用にならないお客様でも、Amazonプライムの特典をお楽しみいただけるようになります。なお、Amazonギフト券はAmazon(www.amazon.co.jp/giftcard)でご購入いただけるほか、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーでのチャージにも対応しています。

Amazonプライムは、Amazonのプレミアムなショッピング体験やエンターテイメントの特典を提供する会員制プログラムです。プライム会員のお客様は、数千万点のプライム配送対象商品につき、「お急ぎ便」などの無料で迅速な配送特典をご利用いただけます。また、対象エリアにおいては、Amazonの売れ筋商品や惣菜・冷凍・冷蔵食品をご注文から最短2時間でお届けするPrime Nowがご利用いただけることに加えて、生鮮食品や専門店のこだわり食材、日用品などをご注文から最短4時間でまとめてお届けするAmazonフレッシュの会員になることも可能です。さらに、『バチェラー・ジャパン』や『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』 などの対象の人気番組や映画が見放題のPrime Videoや、100万曲以上の対象楽曲が楽しめるPrime Music、『多動力』や『神保町奇譚 花咲舞シリーズ』といったKindle電子書籍の中から厳選された数百冊の書籍・マンガ・雑誌が追加料金なしで読み放題となるPrime Readingなどのエンターテインメントもお楽しみいただけます。

アマゾンジャパン プライム事業本部 事業本部長 ボルン ノアは以下のようにコメントしています。
「これまでのクレジットカードや携帯決済に加え、この度、Amazonギフト券が追加されたことで、お客様にお選びいただけるAmazonプライムへの登録方法が増えたことを嬉しく思います。より多くのお客様に、Amazonプライムの素晴らしいお買い物体験やエンターテインメントをお楽しみいただけるようになります。引き続き、Amazonプライムがお客様の日々の生活をより便利に楽しくできるよう努めてまいります。」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000927.000004612.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544264952/


続きを読む

アマゾン超え!ヨドバシ・ドット・コムが「最強ネット通販」な理由

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/06(木) 22:42:00.24 _USER
rgfindex
つい先日、ほぼ同じようなタイミングで、ヨドバシ・ドット・コム(ヨドバシカメラ運営)とアマゾンとで買い物をした。どちらもすごく急ぎのものではなかったので、とくに配達方法の指定をしないままだったが、奇しくも現状でのこの2社のラストワンマイルの差を体感することになった。

先に答えを言ってしまえば、「納得」と「ガッカリ」だった。

ヨドバシ・ドット・コムでは、随時、メールで状況の連絡(注文確認、決済確認、商品出荷、配達開始とお届け予定)が入ってくる。注文確認から出荷まで約4時間だった。

一方、アマゾンの場合、注文確認と発送確認のメールが届くが、それ以降の配送状況は自分から確認しなければ、いま荷物がどういう状況になっているのか(近くの配達店まで輸送中、配達中)はわからない(このときはうっかりしていて、再配達問題解決アプリ「ウケトル」との連携を忘れてしまった。この連携をとっていれば、状況に変化があれば、随時、連絡が入っていたはずなのだが)。こちらは深夜の注文だったが、2時間で出荷されていた。

「分単位」のヨドバシに対して、アマゾンは…
問題は受け取りのタイミングだ。当日は、別段、出かける用件もなく、いつ届いても構わない状態ではあったが、ヨドバシ・ドット・コムは、配達開始のメールにお届け予定時間が1分単位で入っているうえ、この日、実際に受け取ったタイミングもほぼ予定時間どおりの正確さだった。

以前の経験では、予定より大きく遅くなる場合に限らず、少し早くなるときでも電話で連絡が入った。細かいことは気にしなくても、だいたいの時間に届けばよい、という人には少々、うっとうしいかもしれないが、「分単位の正確さで届けます」という自信にも受け取れ、そういうマネジメント体制を敷いているのだろう。

配達開始以降のメールには担当者の氏名が入っていることから、万一、クレームでもあろうものなら、担当者の評価に直結するということもあるのかもしれない。

それに対しアマゾンはというと、2017年のヤマトショック後の配送料値上げ以降は、ヤマト運輸に頼らない配送体制にシフトしていることもあり、以前に比べ、到着時間を読むことが難しくなった。それまではメールから「配達中」を確認すると、デリバリープロバイダの配送であっても、ほぼ2時間以内に届いていたが、このときは「配達中」開始時刻から約6時間後(夕方の午後7時)。しかもポスト投函可のものではなく、受け取り印の必要なものだったため、到着を待つ間、イライラが募ってしまった。

もっとも、どちらのケースでも、荷物を受け取るこちら側に大きな支障はなかったのだから、ネット通販としての問題はない。それどころか、配送料無料(ただし、アマゾンはプライム会員の年会費3900円を支払っている)で、注文時点から換算すると、どちらも24時間以内に手元に届くというサービスを提供してくれている。

しかしながら、こうした些細な差を消費者は微妙に感じとっているのではないか。じつはそれを裏付けるようなデータがある。公益財団法人日本生産性本部サービス産業生産性協議会が2009年度から調査結果を公表している「JCSI(日本版顧客満足度指数)」がそれだ。

この調査では、過去1年以内にそのサービスを利用したことがある人(通信販売業の場合は、2回以上、会計を伴う利用)を1企業・ブランドあたり300人以上を確保し、調査しているのが特徴で、6つの指標(顧客期待、知覚品質、知覚価値、推奨以降、ロイヤルティ、顧客満足)をもとに、顧客満足度を100点満点で指数化している。

業種の違い、調査年度の違いに関わらず比較可能なものとして設計されたものであり、たとえば、2018年度の得点が前年を下回っていれば、その企業・ブランドの顧客満足度が下がったと評価することが可能だ。

過去5年について、通信販売業(調査対象は、ヨドバシ・ドット・コム、amazon.co.jp、ジャパネットたかた、楽天市場、通販生活、オルビスなど、主要23企業・ブランド)でこの数値を見ていくと、先日の私の体験も、“たまたま”ではなかった、そう読み取ることができる。

2014年度の結果を見ると、ヨドバシ・ドット・コム、amazon.co.jpが化粧品通販のオルビスと並び、「80.7点」でトップに立っていた。それが2018年度では、1位は5年連続のヨドバシ・ドット・コムで「84.1点」、amazon.co.jpはというと「76.2点」で全体の9位だ。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58422
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544103720/


続きを読む

Amazonがラジコンカーを発売

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/02(日) 00:36:52.98 _USER
no title

カメラが付いているほうがフロント?

オリジナル製品もいろいろ作っているAmazon(アマゾン)ですが、今度はラジコンカーを販売します。

でもAmazonといっても、発表したのは通販サイトではなくクラウド・コンピューティング・サービスAmazon Web Services(通称、AWS)。エンジニア向けにサービスを提供するAWSは、AIで自律運転するラジコン「AWS DeepRacer」を発表したのでした。

Amazonがしたいことはラジコンを作ることではありません。AWS DeepRacerは機械学習の一種である、強化学習(RL、reinforcement learning)を手を動かしながら学ぶためのプロダクトなんです。

4WDで動くAWS DeepRacerは実車の1/18サイズで、AIがトライ&エラーで強化学習で行ない、より正確な運転を目指すようになります。

すでに米Amazonで販売されており、定価は400ドル(約4万5000円)。公開現在は値引きされていて、249ドル(約2万8000円)で予約できるようになっています。

中身はガチ
AWS DeepRacerのプログラミングには、機械学習モデルの構築とトレーニングのためのプラットフォーム「Amazon SageMaker」を使用します。中にはIntel Atomプロセッサーと4GBのRAM、ヒート・マップを作る1080p解像度の4Mピクセル・カメラ、WiFi、2時間駆動できるバッテリーなどを搭載しています。

内蔵ソフトウェアとして、オペレーション・システムとなる「Ubuntu OS 16.04.3 LTS」、「ROS Kinetic(ロボット・オペレーティング・システム)」、それから視覚情報を制御する「Intel OpenVINO」というコンピューター・ビジョン・ツールキットがAtomプロセッサーで走ります。

AWS DeepRacerの走らせ方
開発者たちは3Dシミュレーターでバーチャルに試走を行ない、アルゴリズムを精錬させていきます。それが上手く行ったと思ったら、AWS DeepRacerを実際に走らせるのです。

AWSは来年、ディープレーサー・リーグというレース大会を開催。勝負はAWS DeepRacerの走りというより、アルゴリズムを競うのが主旨になるようです。勝者や好成績を出した選手(またはチーム?)は、2019年に行われるチャンピオンシップ大会へと駒を進めるとのこと。

きっとオリジナル塗装を施したりと、楽しい車体が登場するのでしょうね。AIによる自律運転レース、どんなものになるのか楽しみです。
https://www.gizmodo.jp/2018/11/aws-deepracer.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543678612/


続きを読む

Amazonでドコモ「d払い」が利用可能に、12月1日から。dポイントでの購入にも対応

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/11/29(木) 18:03:01.92 _USER
dims
NTTドコモは、スマートフォン決済サービス「d払い」(ネット)が、2018年12月1日(土)からAmazonで利用可能になると発表しました。

Amazonではこれまでも、月々の電話料金と一緒に支払える「ドコモ払い」に対応していましたが、12月1日からは、これが「d払い」(ネット)になるとのこと。
両者の大きな違いは、支払いでdポイントがたまるかどうか。「d払い」(ネット)では、100円(税込)毎に1ポイントのdポイントがたまります。また、dポイントをAmazonでの支払いにも使えます。
なお、「d払い」(ネット)は、本来ドコモ回線を契約していなくても使えるのですが、Amazonではドコモ回線の契約者のみ利用可能。また、支払いも電話料金合算払いのみになるとのことです。

また、現在ドコモが実施中の「dポイント 魔法のスーパーチャンス!」の対象サイトに12月1日からAmazonが追加されます。これは通常の最大50倍(「d払い」は最大20倍)のポイントが貰えるキャンペーンです。

さらに加えて12月7日から12月21日の間は、Amazonで「d払い」(ネット)を利用した場合に抽選で最大15倍のdポイントが進呈されるキャンペーンも実施します。

ドコモはつい先日も、ウエルシアホールディングスが全国に展開する約1800店舗でQRコードを使ったd払いに対応するなど、その普及に力を入れている様子が伺えます。今後も利用できる場所がさらに広がっていきそうです。

公式のページはこちら
ご利用いただけるサイト - Amazon|ドコモ払い
https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/shop/shop_amazon.html


11月29日 17時
Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/2018/11/29/amazon-d-12-1-d/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543482181/


続きを読む

海外プラットフォーマー、政府聞き取り アマゾン欠席

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/28(水) 22:17:14.55 _USER
774
「プラットフォーマー」と呼ばれるIT(情報技術)大手への規制を検討する政府の有識者会議は28日、海外大手へのヒアリングを実施した。米グーグルとアップルが応じる一方、フェイスブックとアマゾン・ドット・コムは出席を見送った。参加した2社からは「過度な規制は技術革新を阻害する」と警戒する声があがり、規制を検討する政府の姿勢との溝も明らかになった。

有識者会議は「GAFA」と呼ばれるグーグル、アップル、…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38301130Y8A121C1EE8000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543411034/


続きを読む

【悲報】ふるさと納税とAmazonがコラボ。税金払った額の1/3以上返ってくるぞ!

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [US] 2018/11/24(土) 00:34:07.77 BE:226456927-PLT(12522)
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542987247/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ