SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


企業別:Amazon

アマゾン第2本社 首都ワシントン近郊など2か所に決定

1: ムヒタ ★ 2018/11/14(水) 08:03:27.44 _USER
im-36710
ネット通販大手のアマゾン・ドット・コムが急成長に対応するため建設するとしていた「第2本社」は、激しい誘致合戦の末、結局、首都ワシントン近郊とニューヨークの2か所に決まりました。

アメリカ西海岸のシアトルに本社があるアマゾンは、急成長に対応するため、北米に新たな事業拠点となる「第2本社」を建設する計画を進めてきました。

去年9月に公募したところ、アメリカとカナダの238の都市や地域が名乗りを上げ、激しい誘致合戦を繰り広げました。

アマゾンは、ことし初めには候補地を20に絞り込んで自治体などと交渉を進めた結果、13日、首都ワシントンに近いバージニア州北部のクリスタルシティーとニューヨークのロングアイランドシティーの2か所に分けて、拠点を建設すると発表しました。

クリスタルシティーは近くに国防総省や空港があり、防衛関連の企業が集まっています。ソフトウエアのエンジニアも多く、ポトマック川を挟んでホワイトハウスや議会にも近いことが特徴です。

また、ロングアイランドシティーは、ニューヨークの中心部マンハッタンの対岸にあり、地下鉄やバスで簡単に行き来することができます。

アマゾンは総額50億ドル(およそ5700億円)を投じて「第2本社」を建設し、最大で5万人の雇用を生み出すと説明してきました。投資額や雇用は2か所で分けることになります。

アマゾンのベゾスCEOは「今後も創造的な事業を進めていくにあたり、この2か所であれば、世界的な人材を引き付けることができる」とコメントしています。

アマゾンは投資や雇用を生み出す見返りに、地元の自治体から合わせて2700億円規模の税制優遇を受けるということです。

また、アマゾンは南部テネシー州ナッシュビルにも物流の効率化を担う拠点を新設し、5000人を雇用することをあわせて発表しました。
2018年11月14日 4時12分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181114/k10011709661000.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542150207/


続きを読む

AmazonがApple未認定の再販業者をマーケットプレイス上から締め出す、業者にとっては「最悪のシナリオ」か

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/12(月) 19:17:53.62 _USER
dvdindex
1度使用された端末を改修したものをリファービッシュ製品と呼びます。新品ではないため安価で購入可能な上、中古と異なりメーカーが改修を行っているため故障などの心配も少ないということで人気を集めるリファービッシュ製品ですが、AmazonがAmazonマーケットプレイスに出品されていたApple未認定のリファービッシュ製品を取り扱う業者をすべて締め出す方針であることが判明しました。

コンピューター改修業者のJohn Bumsteadさんは、MacBookなどの電子機器をリサイクル業者から大量に仕入れ、これらを修理したのちにAmazonマーケットプレイスで販売したり、別の販売業者に卸売したりしてきたそうです。そんなBumsteadさんは、2018年11月9日(金)にAmazonからメールを受信します。メールには「AppleとAmazonの間で新たな合意があったこと」および「Appleから認定された再販業者だけがApple製品を販売できるようになること」が書かれていたそうです。

Bumsteadさんがメールを受け取った当日、AmazonはApple製品の取り扱いを拡大する契約を結んだことを発表していました。AmazonはApple製品の取り扱いを拡大する代わりに、Apple未認定の修理業者をマーケットプレイスから締め出すことを約束したというわけです。

なお、Amazonからのメールには「AppleまたはBeats製品を現在販売している、もしくは以前に販売していたユーザーにこのメッセージが送信されています。これらの製品への既存の注文は、すぐにアメリカのAmazon上から削除されます。認定販売代理店になるには、Appleにお申し込みください」と書かれており、認定販売代理店にならない限りリファービッシュ製品などの販売は不可能となることが示されていたそうです。

海外メディアのMotherboardは以前にBumsteadさんにインタビューを行っており、その中でBumsteadさんは自身のビジネスや同じような独立系のコンピューター改修業者にとっての最悪のシナリオは、「Amazonから追い出されること」と答えていました。

Amazonマーケットプレイスの代替案としてはeBayやCraigslistが挙げられるそうですが、Amazonの膨大な顧客や集中型の配送サービスにより、再販業者は大きな恩恵を受けることができていたとのこと。Bumsteadさんは、「これはAmazon上のすべての売り手が恐れていることで、修理や改修を行う数千の小規模な企業は大きな打撃を受けることとなるだろう」と語っています。MotherboardはAppleにもコメントを求めたそうですが、返答は得られていないとのことで、どうすればApple認定の販売代理店になれるのかは不明です。

Appleは正規サービスプロバイダにのみ製品の修理を許可していますが、そこには多くの制限が設けられていると報じられています。報道によると、正規サービスプロバイダは特定のデバイスのみ修理が許可されており、プログラムに参加するにはAppleに金銭の支払いを行う必要があるとのことです。

ケース・ウェスタン・リザーブ大学の法学部で教授を務めるAaron Perzanowski氏は、「この決定は所有権に対する危険な侵害である」とMotherboardに語っています。さらに、「オンライン小売市場でのAmazonの優位性を考えると、再販業者の販売権を無視するような決定は、消費者の選択肢を著しく制限することにつながります。この動きがAppleによって要求されたという事実は、これをさらに問題とします。我々は、世界で最も価値のある2社が、消費者向けのデバイスにおける合法的な再販に対して、調整された攻撃を仕掛けているところを目の当たりにしているわけです」と語っています。
以下ソース
https://gigazine.net/news/20181112-amazon-kicking-unauthorized-apple-refurbishers/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542017873/


続きを読む

新型iPhone、アマゾンで販売 正規代理店通じ

1: ムヒタ ★ 2018/11/10(土) 11:42:49.32 _USER
わindex
【シリコンバレー=佐藤浩実】米アマゾン・ドット・コムが米アップルの「iPhone」や「iPad」の新機種の取り扱いを始めることが9日わかった。アップルが認定した正規の販売代理店を通じ、日米欧などで今後数週間以内に販売が始まる見込みだ。複数の米メディアが伝えた。

アマゾンの通販サイトでは今でも旧型のiPhoneなどを購入することができるが、第三者が取り扱う中古品などだった。アマゾンは今後、アップルの許可を得ていない事業者は販売を続けられないようにする。

報道によれば、アマゾンの広報担当者は「顧客が求めている製品の選択肢を増やすことができる」と話しているという。アップルにとっても自社の管理が及ばない機種の販売を制御し、アマゾンでアップル製品を購入している顧客の動向を把握しやすくなる。

ただアマゾンのスマートスピーカーと競合するアップル製スピーカーは引き続き売らないという。
2018/11/10 10:56
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37612340Q8A111C1NNE000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1541817769/


続きを読む

お前ら最近ポチった物書いてけ

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/11/04(日) 20:07:30.73 BE:439992976-PLT(15000)
index

4〜5つ星は買いか Amazonレビュー、実機で検証

ユーザーの評価が書き込まれているが、4つ星、5つ星の商品は果たして本当に「使える」のか。
商品を購入してその真価を検証してみた

アマゾンでの商品購入時に必ず参考にする「カスタマーレビュー」。
ユーザーのさまざまな評価が書き込まれているが、4つ星、5つ星の商品は果たして本当に「使える」のか。
日経トレンディ編集部が実際に商品を購入してその真価を検証してみた。

 アマゾンのショッピングサイトの大きな特徴の一つが膨大な数のユーザーによる「カスタマーレビュー」だ。
各ページには、商品名の下に最大5つの星が並び、商品購入で迷った場合、
クリックするだけで多くのユーザーの「生の声」にアクセスできる。
こうした無数のクチコミがアマゾンの人気を下支えしてきたことは間違いない。

 では、こうしたカスタマーレビューは一体どこまで信頼できるのか。
商品の評価が良ければ素直に買ってよいのか。
実際にアマゾンでレビューが4〜5つ星の商品を購入し、その真価をチェックした。

<省略>

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO36541930W8A011C1000000

ボクはこれ
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00920F5MC/
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1541329650/


続きを読む

アマプラ「お前を泣かせたる」AiR、CLANNAD、Kanon一気配信 Amazonプライム11月

1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/10/29(月) 10:45:44.56 ● BE:842343564-2BP(2000)
454

「電脳コイル」「CLANNAD」「AIR」「Kanon」 Amazonプライム・ビデオの11月配信作品が熱い
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/amp/1810/28/news031.html


[コンタケ,ねとらぼ]
 Amazonプライム・ビデオの11月配信作品が公開されました。今月も映画やドラマなど多数配信されていますが、今月は特にアニメが熱いと盛り上がりを見せているようです。


https://i.imgur.com/w4fNVtg.jpg
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540777544/


続きを読む

アマゾン、3位転落 米時価総額、株価急落で

1: ムヒタ ★ 2018/10/27(土) 12:57:50.43 _USER
 svsindex
米インターネット通販大手のアマゾン・コムの株価が26日のニューヨーク市場で急落し、企業価値を示す株式時価総額がIT大手のマイクロソフト(MS)に抜かれ、米企業3位に転落した。ロイター通信によると、MSの2位は4月以来。

 米調査会社ファクトセットによると、26日終値で計算したアマゾンの時価総額は8012億ドル(約89兆円)とMSの8210億ドルを下回った。

 アマゾンは25日発表した2018年7〜9月期決算で最高益を更新したものの、売上高と業績見通しが市場予想に届かなかった。株価は7・8%下落し1642・81ドルだった。一方で、MSは24日に発表した決算内容が好感されており、26日の下落率は1・2%にとどまった。

 米企業の時価総額の首位はIT大手アップルで1兆447億ドル。(共同)
2018.10.27 09:13
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/181027/eca1810270913005-n1.htm
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540612670/


続きを読む

Amazon、純利益は過去最高を更新 AWSは46%増、広告が123%増

1: ムヒタ ★ 2018/10/26(金) 12:24:31.44 _USER
yu_amazon1
 米Amazon.comが10月25日(現地時間)に発表した第3四半期(7〜9月)決算は、売上高は前年同期比29%増の565億7600万ドル、純利益は約10倍の28億8300万ドル(1株当たり5.75ドル)で過去最高を更新した。売上高はアナリスト予測の571億ドルに届かなかったが、純利益はアナリスト予測の1株当たり3.14ドルを大幅に上回った。クラウドサービスのAWSや北米でのEcho端末の販売が好調だった。

 AWSの売上高は46%増の66億7900万ドル、営業利益は77%増の20億7700万ドル。売上高全体に占める割合は前期より1ポイント増の11%だった。

 広告を含むその他部門の売上高は、売り上げ全体に占める割合は少ないものの、過去2四半期連続で倍増しており、同四半期も123%増の24億9500万ドルだった。

 ホリデーシーズンを含む第4四半期(10〜12月)の見通しは、売上高を前年同期比10〜20%増の665億〜725億ドル、営業利益を21億〜36億ドルとした。例年より抑え気味なのは、為替変動によるマイナスのインパクトを見込んだためとしている。
2018年10月26日 11時42分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/26/news075.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540524271/


続きを読む

Amazonタイムセール祭り、10月31日より開催! LG製65型4KテレビやEcho Spotなどが特価販売

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/25(木) 19:24:47.15 _USER
dvxindex
Amazonは、10月31日(水)18時00分より人気商品を特価販売する「Amazonタイムセール祭り」を開催。タイムセールは11月4日(日)午前1時59分まで80時間にわたって行われる。同社はセールに登場予定の製品も発表した。

オーディオビジュアル関連で目玉となるのが、LGの65型4K/HDR液晶テレビ「65UJ630A」だ。他にもスマートスピーカー「Echo Spot」もタイムセール価格で登場予定となっている。

また、ポイントアップキャンペーンも併せて実施。特定の条件を満たすことで最大で5,000ポイントの還元が行われる。
https://www.phileweb.com/news/d-av/201810/24/45439.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540463087/


続きを読む

Amazonプライムデー初日にサーバーがダウンしたのは「DBをOracleから自社製に乗り換えた」ことが最大の理由

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/24(水) 22:16:33.82 _USER
wsindex
日本時間で2018年7月16日の正午に始まったAmazonプライムデー2018では、セール開始直後にサーバーがダウンして約1時間にわたってアクセス障害が発生しました。Amazonが内部調査を行って作成した報告書によると、この問題は取引のデータベース(DB)を従来のOracle製から自社製に乗り換えたことが最大の理由である可能性が高まっています。

Amazon move off Oracle caused Prime Day outage in warehouse
https://www.cnbc.com/2018/10/23/amazon-move-off-oracle-caused-prime-day-outage-in-warehouse.html

Amazonプライムデー2018は同社にとって「史上最高」となるセールス記録を樹立しました。Amazonは売上高を公表しないことで知られていますが、2018年にはセール期間中に1億点以上の商品が売れたとしており、日本円で2000億円規模の売上高があったとみられています。

Amazon、プライムデーで過去最高の売上を記録 1億点以上の商品を販売 - iPhone Mania
https://iphone-mania.jp/news-219376/

世界的な「ネット通販絶好調」を改めて認識させる実績だったわけですが、実はその裏ではセール初日にサーバーがダウンして、日本円で100億円以上の機会損失が発生していたことも明らかになっています。

Amazonの調査報告書を入手したというCNBCが報じたところによると、オハイオ州にある北米最大のAmazonの倉庫(フルフィルメント・センター)で起こった障害は、DBの処理能力がネックとなって発生したものであると分析されているとのこと。Amazonは2020年までに商品管理のDBをOracle製から自社製に入れ替える方針を定めており、既に多くの工場ではAmazon Web Service(AWS)のAmazon Aurora PostgreSQL(Aurora)の導入が進められています。しかしこの新DBが爆発的に増加した注文数に対応しきれなくなったことで、システム全体がダウンする事態に至った模様です。

大きな問題を引き起こすことになった要因の一つが、OracleとAuroraの間で「savepoint」の扱い方が異なる点にあるといいます。savepointは個別の取引をトラッキングあるいは復元するために重要なDBツールなのですが、プライムデーに発生した極めて大量の注文により膨大な量のsavepointが作成され、システム全体の処理速度が異常に低下してしまったと報告書では示されているとのこと。

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のコンピューターサイエンティストであるマット・シーザー氏はCNBCが入手した資料に目を通して、「もしAmazonがOracleを使い続けていたら、この問題は起こらなかったでしょう」と述べて、DBシステムの乗り換えが障害の最大の要因であることを指摘。さらに、増大する取引量の規模に見合った事前の対策が行われず、問題が発生した際の対処マニュアルなどの準備が不足していたために、障害を取り除くまでに1時間もかかってしまったという問題点も指摘されています。

このように、Amazonの大規模なシステム障害は「起こるべくして起こった」という側面は否定しきれない模様。この件とは別に、Oracleの会長で共同設立者でもあるラリー・エリソン氏はAmazonがOracleから距離を置くという方針を示したことに対し、「Oracleなしでは無理だ」という発言を過去に行っています。また、Moor Insights & Strategyのアナリストであるパトリック・ムーアヘッド氏は「AWS Auroraは、将来志向のアプリケーション向けに設計されているのに対し、Oracleはレガシー的なアプリケーションに適した設計となっています」と語っています。
https://gigazine.net/news/20181024-amazon-prime-day-outage-database/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540386993/


続きを読む

アマゾンのスマホ決済が「日本最重視」の理由

1: 田杉山脈 ★ 2018/10/21(日) 18:54:01.58 _USER
182d7_1635_6b7363ee0db9e95ddbc95e694a54eb97
LINEの「LINE Pay」、楽天の「楽天ペイ」、ソフトバンク・ヤフー連合の「PayPay(ペイペイ)」――。国内のIT・ネット大手が今、スマホ決済のサービス開発を急いでいる。来年10月に予定される消費増税における負担軽減策としても、クレジットカードなどを含む「キャッシュレス決済」へのポイント還元が検討されるなど、普及に対する政府側の機運も高まっている。

この市場に目を付けるのは国内企業ばかりではない。米アマゾンは8月末、日本で実店舗向けのスマホ決済サービス「Amazon Pay(アマゾンペイ)」を投入した。ユーザーがレジでQRコードをスマートフォンに表示し、それを店側の端末で読み取る「QR決済」の方式を採る。開始当初の加盟店は東京都、福岡県の数十店舗と小規模だったが、営業範囲を徐々に拡大している。

アマゾンアカウントでそのまま決済
アマゾンペイはこれまで、他のネット通販(EC)サイトでもアマゾンアカウントで決済できるサービスとして、オンラインで加盟店を拡大してきた。日本では劇団四季の公演チケットの購入、デリバリーサービスを展開する出前館の決済などで利用できる。

またアメリカでは、アマゾンが自社展開する書店「Amazon Books(アマゾンブックス)」や、ファッション関連のイベントなど、オフラインで使える決済機能を打ち出し始めている。だが、街中のあらゆる店舗で、かつ常時利用可能なQR決済を手掛けるのは今回が初めて。しかも、現時点では全世界で日本市場だけだ。

アマゾンは祖業のネット通販(EC)のほか、クラウドサービス、スマートスピーカーなど、ほぼすべてのサービスを世界に先駆けて本拠地のアメリカで投入してきた。今回日本から展開を始めたQR決済は、異例のケースといえる。アマゾンジャパンの井野川拓也・Amazon Pay事業本部長も「特にこのサービスに関しては日本で力を入れている」と話す。

アマゾンが日本を重視する背景には、キャッシュレス比率の低さがある。日本のキャッシュレス決済比率は2015年時点で18%。韓国(89%)や中国(60%)、米国(45%)などと比べ圧倒的に現金主義が根強く、それに伴う不便が残っている。「アマゾンとして現金からスイッチする決済手段を提供するにあたり、日本ほど利便性を上げられる”幅”が大きい市場はない」(井野川氏)。
https://toyokeizai.net/articles/-/244446
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1540115641/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ