SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


その他:ネット関連記事

YouTube、スキップできない30秒広告を廃止!今後、短時間広告が主流に

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/19(日) 10:13:33.56 _USER
ee3dc_1400_2f088b495e2ec5a465b773859c7ceeec-cm
http://iphone-mania.jp/news-155752/

YouTubeが、動画の冒頭に流れるスキップできない30秒間の広告を2018年に廃止する、と発表しました。
昨年4月導入の「バンパー広告」が主流に

YouTubeを運営するGoogleが、スキップできない動画広告の廃止を公式に発表したと英メディア
Campaignが報じています。変更はユーザーエクスペリエンス向上を目的としたもの、とのことです。

2018年以降、スキップできないタイプの広告は、30秒より短いものに変更されます。

YouTubeは昨年4月、スキップできない約6秒の「バンパー広告」を導入しており、短時間の広告にシフトするための準備や調査を行っていたと考えられます。
広告業界もYouTubeの方針を支持

広告業界からも、この変更は妥当なものだと支持する声が挙がっています。
「YouTubeは、ユーザーがスキップできない広告を嫌っていることに気付いたのだろう」と、広告代理店VCCPのアンドリュー・ピーク氏はコメントしています。
イギリスの広告事業者団体ISBA会長のフィル・スミス氏は「広告業界はオンライン広告における
ユーザーエクスペリエンスを改善する必要がある。YouTubeの動きは正しい方向への一歩だ。広告主や広告代理店が
計画を変更するための時間も十分に考慮されている」と、YouTubeの方針を賞賛しています。

一方、ソーシャルメディアに特化した広告代理店Born Socialのコーラム・マカーホン氏は「YouTubeはFacebookの動向を気にしていることの表れだ」と、
動画広告に注力するFacebookの動きに神経過敏になっていると指摘しています。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1487466813/


続きを読む

月額1000円で「動画見放題、マンガ読み放題」に疲弊する人たち

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/13(月) 12:48:50.12 _USER
321708223-1486851779_l
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1702/12/news014.html

月額課金型のコンテンツ提供サービスが増えている。月額500円〜1000円程度の
利用料を支払うことで、インターネット経由で映像コンテンツを見放題、書籍やマンガなら読み放題、音楽なら聴き放題、というものだ。

 代表的なものとしては、映像ならHuluやNetflix、dTV、Amazonプライムビデオなど。
書籍はKindle Unlimitedや楽天マガジン、dマガジン、各種の電子書籍マンガ専門サービス。音楽ならApple MusicやSpotify、AWA、LINEミュージックなどだ。

 これらのサービスは、「○○し放題」という自由度の高さがウリだが、逆にそこに不自由さや
窮屈さを感じてしまい、解約に至る人も少なくないようだ。

 「最初は純粋に楽しみのために契約したんですが、だんだんと義務感のようなものに駆られるようになってきたんですよね」(20代男性)。
映像なら何万タイトル、音楽なら何千万曲。コンテンツの数は限りなくある一方で、自分が自由に使える時間は限られている。
 さらに、そうしたコンテンツの中でも自分が「本当に見たい」と思うものは一握りだ。最初にそれらを消化してしまった後は、
あまり利用しなくなった。もちろん、他にも気になる番組や音楽はあるが、「いつでも見られると思うと、逆に今見なくてもいいか、と思ってしまう」。

 別の40代男性は、電子書籍の読み放題サービスについて「積ん読(つんどく)のようだ」と言う。積ん読とは、
書籍を買っただけで満足してしまい、読み始めることすらないまま、机や床に積み重ねてそのままにしてしまうこと。

 「本を買っただけで満足してしまうように、『読み放題のものがたくさんある』という状況そのものだけで満足してしまうようなところがある。
コンテンツがひんぱんに入れ替わるので、本当に読みたいものだけは先に読まなきゃと思うけど、そういうものはほんの一部です」

見放題、読み放題、聴き放題など各種サービスに一通り登録してみたという20代女性は、「無料のお試し期間が終了したと同時に、
全部やめた。食べ放題と同じで、元を取ろうとすると逆にしんどくなる」。
 実際には、この20代女性のように、「無料なら」と登録し、そのまま有料期間に移行してからも、ほとんど使わずに放置してしまっていると
いうユーザーも多いのではないだろうか。
 「○○し放題」は実は窮屈、実は不自由――今回取材に答えてくれた人たちからは、そんな本音が聞こえてきた。もちろん多くの
コンテンツが見放題、読み放題になることで、大いに有効利用しているユーザーも多いはず。
しかし、そうでないなら一度自分の「利用サービスリスト」を見直してみても良いだろう。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486957730/


続きを読む

酷い…「ネットいじめ」は被害者が死んでも終わらない?米「サイバーブリー」の実態とは

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/12(日) 12:15:50.18 _USER9
20170212-00010001-cosmopoli-000-1-view
ネット上でのいじめ、「サイバーブリー」の問題が世界で深刻化する中、コスモポリタン アメリカ版から驚くべきニュースが。
記事で取り上げられていたのは、ネットいじめが、被害者が亡くなってからも続いていたという恐ろしい実態。

アメリカ在住のブランディ・ヴェラさん(18歳)が自らの命を絶ったのは、2016年11月のこと。
ブランディさんは生前、執拗なネットいじめの被害にあっていたという。彼女は家族の前で命を断つ直前に、家族に向けてこんなメールを送っていた。
「みんなを愛してるわ、それだけはどうか覚えていて。こんなことになってしまった私を、どうか許して」

<CNN>の報告によると、ブランディさんを亡くした悲しみに打ちひしがれ心の傷に向き合っている間、彼女が受けたようなネット上の嫌がらせを、今度は遺族が受けることに。
ブランディさんの葬儀の2日後、誰かが彼女の名前でFacebookページを作成。最初にそれを見た人達は、ブランディさんを悼むページだと思い、彼女への哀悼の意を寄せたという。
ところが、数分でそれが一変。「ついに死んだのか」「弱虫め!」「もっと早く自殺してればよかったのに」という、悪質なコメントが次から次へと書き込まれていった。
ブランディさんの顔の部分に豚の顔をコラージュした画像を投稿した者もいた。
家族はFacebookに苦情を提出し、そのページを含む、同様のページは削除されたという。

しかし彼女の父親ラウルさんはニュースサイト<KHOU>に「これで私の家族の悲劇は終わった、と思いましたが、それは違いました」と語る。
「私は、やっと娘がどんな経験をしたのかわかったのです。単に1つの問題を封じてそこから歩み去ればいい、という簡単なものではなかったんです」。

この偽Facebookページでのいじめは、ブランディさんが生前に受けたいじめの手口に酷似していたという。
偽のFacebookページを作って、ブランディさんを侮辱するコメントを送る。彼女を「デブで不細工」と呼ぶ。
それのみならず、ブランディさんの本物の電話番号と名前を使って彼女の偽アカウントを作り、違法ドラッグを売ろうとした者までいた。
ブランディさんは電話番号を変え、ハランスメントとして報告したが、執拗な嫌がらせは終わらなかった…。

テキサス市警のジョー・スタントン警部は「私たちは引き続きヴェラ氏から報告されたケースについて調査を続けていますが、今のところ容疑者の手がかりは何1つ確定していません」と<CNN>にコメント。
ブランディさんの家族は調査を続ける意向で、ラウルさんは地元の法律家と共に、オンラインで嫌がらせを行う人々の匿名が暴かれるように働きかけをしていくつもりだという。

ネットでのコミュミケーションが普及している現代社会で、今後オンラインでの執拗な嫌がらせや悪質ないじめはすぐには無くならないかもしれない。
でも決してオンラインでのいじめを甘く見ず、1人で悩まずに友人や家族や専門家、警察のヘルプラインに相談することが、自分の身を守るために大切だと覚えておいてほしい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170212-00010001-cosmopoli-life
コスモポリタン 2/12(日) 11:00配信
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486869350/


続きを読む

「SUUMO」に掲載された「47.5億円」大豪邸の謎…買い手がつかず近隣住人も困惑

1: 海江田三郎 ★ 2017/02/11(土) 19:35:12.04 _USER
unnamed
http://www.news-postseven.com/archives/20170211_491150.html

誰もが羨む大豪邸は多数あっても、価格や持ち主の素顔などは謎に包まれていることも多い。そんな大豪邸にまつわる“世にも奇妙な物語”を紹介しよう。
◆「SUUMO」に掲載された「47.5億円」豪邸の謎
 困惑する近隣住民が語る。
「不用心だし、誰でもいいから早く住んでほしいと思っているんですが……」
 新年早々、東京都文京区の高級住宅街にある白亜の大豪邸が、思わぬところに“顔を出し”、大きな話題になった。

 大手不動産サイト「SUUMO」に47.5億円の超高額物件として突然公開されたのだ。
結局買い手はつかなかったようで現在サイトからは削除されている。SUUMO広報部は「話題になったことで、『閉じてほしい』と売り主から依頼があった」という。
 HP上の「物件紹介」では、全室床暖房完備の13LDKというお屋敷の詳細が記されていた。
イタリア、スペイン、イギリスなどから取り寄せた高級家具付き。2部屋ある浴室には、一流ホテルが採用するジャクソン社製のバスタブが鎮座している。

 3メートルを超える外壁は総大理石で異様な雰囲気を放つが、この豪邸の持ち主は何者なのか。
「都内の産婦人科医がオーナーで、産後ケアの宿泊施設として運営する予定だったと聞いています。
それらしいベッドも搬入されたんですけど、今はどうなっているのやら」(近隣に住む女性)
 この医院に取材を試みたが「そうしたご要望にはお答えしかねます」と回答。突如現われたこの豪邸、一体誰の手に渡るのか──。
※週刊ポスト2017年2月17日号


引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486809312/


続きを読む

「たまごかけおにぎらず」動画、削除騒動 都食品衛生協会「完成後すぐ食べても...」

1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/07(火) 19:07:58.69 _USER9
63index
料理のレシピ動画を専門に扱うウェブメディア「DELISH KITCHEN(デリッシュキッチン)」が紹介したメニューに対し、
インターネット上で「食中毒の危険がある」との指摘が相次ぎ、運営側が動画を削除する騒動があった。

問題となったのは、生卵の醤油漬けをご飯で包んだ「たまごかけおにぎらず」という料理。
デリッシュキッチン側は当初「調理工程自体は衛生上問題ない」と主張していたが、
後に「調理環境によっては衛生上の問題が発生する可能性がある」として、ユーザーへの謝罪文を発表した。

LINE NEWSは記事を非表示に

デリッシュキッチンは2017年2月3日、「冷凍卵でもちもち濃厚!たまごかけおにぎらずの作り方」と題した動画を公式YouTubeチャンネルに投稿。
動画の説明欄には、詳細な調理手順も掲載されている。それによると、今回の「たまごかけおにぎらず」の作り方は、

(1)生卵を殻のままジップ付きの袋に入れ、冷凍庫で一晩冷やす
(2)凍った卵の殻をむいて中身を容器に移し、自然解凍させる
(3)解凍した卵の黄身だけをすくい取り、3時間ほど醤油漬けにする
(4)醤油漬けにした卵を温かいご飯で挟み込み、周りに海苔を巻いてしばらく放置する

というもの。卵を一度冷凍させることで、通常よりも黄身が「もちもち」として濃厚な食感になるそうだ。

こうした「たまごかけおにぎらず」のレシピ動画は、翌4日にLINE NEWSに取り上げられたことで注目を呼ぶことになった。
だが、この料理を見たネットユーザーから上がった反応の多くは、「食中毒の危険がある」と注意を促すものだった。実際、ツイッターには、

「これ絶対ダメです。弁当に持っていったら必ず腹壊す」
「食品衛生上、絶対やっちゃいけないコンボ」
「何だか、食中毒になれといわんばかりの料理だなぁ...」

といった書き込みが数多く寄せられた。

こうした指摘を受け、LINE NEWS側は6日夜、「安全面・衛生面について指摘があった」として記事の本文を非表示状態に。その後、記事への追記という形で、

「(デリッシュキッチン側から)梅雨時期や暑いキッチンといった状況でないかぎり、基本的には『急激に(菌が)繁殖するものではない』という回答を得ました」

と説明。その上で、読者に対しては「解凍時の注意事項について、LINE NEWS側での表記が不足していたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。

ただ、LINE NEWS側は「しかしながら状況によっては菌が増殖する危険性もある」とも指摘しており、記事本文は7日17時時点でも閲覧できない状態が続いている。

「ぜひ、お弁当に持っていかれてください」

こうしたネット上の指摘に対し、デリッシュキッチン側は当初「フェイスブック上での釈明」でのみ対応。「たまごかけおにぎらず」のレシピを紹介した投稿に、

「卵解凍後はなるべく早くお召し上がりください」

といった一文を7日昼までに追記。

http://news.livedoor.com/article/detail/12643246/
2017年2月7日 18時11分 J-CASTニュース
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486462078/


続きを読む

盗難自転車の情報呼びかけるサイトに、自転車切断画像の投稿相次ぐ 盗んだ犯人が投稿か

1: すらいむ ★ 2017/02/02(木) 19:09:59.12 _USER9
yd_kai2
盗難自転車の情報呼びかけるサイトに、自転車切断画像の投稿相次ぐ

 盗難自転車の情報を呼びかけるウェブサイトに投稿された画像が、自転車愛好家たちの間で問題になっている。

 街中でよく目にするスポーツタイプの自転車。
「ロードバイク」と呼ばれる人気の自転車で、中には100万円以上するものもある。
 自転車愛好家は、「値段15万円くらいです。完全に足なんで、都内はほとんど自転車で回るんで、大切なものですね」、
「たまに都内をぐるっと回りたいときに乗る。趣味ですね」などと話した。

 今、こうした自転車愛好家たちの間で問題になっている画像がある。

 無残に切断され、バラバラになった自転車が写った画像。

 2016年のクリスマスイブ以降、盗まれた自転車の情報を呼びかけるためのウェブサイトに、こうした画像の投稿が相次いだ。

 そこには、盗んだ犯人が投稿したのか、「じゅうりょう 1,070グラム」、「じゅうりょう 1,380グラム」と、なぜか重量まで書き込み、被害者を挑発しているようにも見える投稿があった。

 自転車愛好家は「ありえないですよね。(手は)出さないですけど、それくらいの怒りは覚えますね」と話した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

FNN 02/02 18:59
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00348774.html
引用元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486030199/


続きを読む

ドリームキャストでネットデビューしたやついる?ドリキャスとテレホタイムで2chとかで暴れたよな?

1: トラースキック(大阪府)@\(^o^)/ [AR] 2017/02/02(木) 17:24:27.69 ● BE:262211549-PLT(13000) ポイント特典
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486023867/


続きを読む

総務省、固定電話をIP網に移行へ 2025年目処に

1: 海江田三郎 ★ 2017/01/24(火) 20:40:20.04 _USER
index
http://www.asahi.com/articles/ASK1S4QCBK1SULFA00X.html

 総務省の有識者会議は24日、固定電話の通信網を2025年ごろ、インターネット技術を使った回線に置き換える方針を決めた。
携帯電話の普及で利用者が減り、老朽化した交換機の維持が難しくなっているためだ。自宅と交換機の間は従来の回線を使うため、今の電話機はそのまま使える。

 専用の交換機を使った電話網から、一般的なインターネット向けの機器を使った回線に切り替える。固定電話事業者間の競争を促すため、携帯電話と同様、ほかの会社に乗り換えても番号を変えずに済む「番号ポータビリティー」の仕組みも導入する。

 ネット回線移行後の固定電話料金について、NTTの鵜浦博夫社長は12月、朝日新聞の取材に「距離別の考え方はなくす」と述べ、長距離通話も現在の市内通話以下の料金にする考えを示している。(藤崎麻里)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485258020/


続きを読む

「中国に負けるな」 アパホテル書籍、ネットで反響広がる

1: 豆次郎 ★ 2017/01/19(木) 06:54:35.82 _USER9
ecc1701182329002-f1
 南京大虐殺を否定する書籍をホテルの客室に置いていることを中国外務省に非難されたアパグループに対して、インターネット上では、ニュースのコメント欄や短文投稿サイトのツイッターなどを通じて反響が広がっている。

 アパグループが書籍を客室から撤去する考えがないことを明言したことに対して、「ホテルに政治的主張は不要」などと否定的な意見も出る一方で、「嫌なら泊まらなければいい」と「言論の自由」を支持する声も多い。

 アパグループを支持する意見は「よく言った」「中国に負けるな」など。なかには「炎上しても商売に影響しない、という実例を作ってほしい」と斜に構えた見方も。一方で「アパホテルの主張を日本人の歴史認識と思われるのはさすがに嫌」「アパホテルで日本を語らないでほしい」という突き放した意見もあった。

 同グループには18日までに、1万件を超える意見が寄せられたという。その多くが「御社の判断を支持します」といった称賛や激励で、「批判的な内容はほとんどなかった」と説明している。また、「今回の件に関連して、中国人客の予約のキャンセルはほとんどない」と影響を否定した。

 書籍を客室に置いていることについては改めて、「誤った歴史教育やメディア報道によって誇りを失っている多くの人に、正しいと信じる日本の歴史を広めることを目的としています」と強調した。

産経新聞:http://www.sankei.com/life/news/170118/lif1701180043-n1.html

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484776475/


続きを読む

「2ちゃんねるはマジでオッサンしか利用してない」 匿名ダイアリーの投稿が話題に

1: ゆず湯 ★ 2017/01/15(日) 18:40:34.14 _USER9
2284871p
2000年代初頭から急激に利用者の増えてきた日本のインターネットは、今ではパソコンだけでなくスマホも普及したことで、ますます日々の生活に欠かせないものとなった。
しかし、こういう便利なツールの世界にも栄枯というものはあるようだ。
ネット掲示板のトップランカーとして君臨してきた2ちゃんねるだが、最近になって知名度が低くなってきたのではないかとする声があるのだ。

■高校生からは「ボカロとかもうオワコンです。ダサいです」という発言も?

はてな匿名ダイアリーに先日 「2ちゃんねるがマジで知名度なくなってきた」と題する投稿があった。
今の中高生から20代前半は「2ちゃんねる」という言葉を知らない人も多く、「知っている」という人も2ちゃんねるのまとめブログのことを指していたりする。
本家2ちゃんねるの画面を見せても使い方がわからず、

「2ちゃんねるは、マジでオッサンしか利用してないんだなというのを実感した」

と書いている。

また、高校3年生、自称アニメオタクの女子と話した際に「ニコニコ動画見てるの?」と聞いたら「なんですかそれ?」と返されたという。
初音ミクについても「ボカロとかもうオワコンです。ダサいです」と言われたといい、本当に時代が変わってしまったようだ。

この投稿は当の2ちゃんねるでも紹介されて、議論の対象となっている。
当然中には「はてな匿名ダイアリーに言われてもな」というような意見もあるんだけど、結構まともなコメントも少なくない。
一部をこちらでも紹介していきたい。

「今の2chまとめ自体もうTwitterまとめになってきてるしな」
「そうだとして、何か問題でも? 今や主流はTwitterやLINEだよ」
「知名度はなくなって、質の悪い部分だけがネットに広がってしまった感じ」

そもそも2ちゃんねるの最盛期は2000年代の前半、「電車男」が話題になったころだろう。
その後ツイッターなんかが出てきて若者はそっちに移動。
今も書き込みを続けているのは取り残された中年以上の世代が中心だろうし、若者の「2ちゃんねる離れ」は必然ともいえる。
いずれの書き込みも、2ちゃんねるそのものの知名度なんかさして問題にはしておらず、仕方がないというスタンスだ。

■そもそもリアル社会で「2ちゃんねる知ってる?」って聞いてくる人がめんどい

また書き込みの中には、

「実社会で『2ちゃんねる知ってる?』て聞かれたら(聞かれたことないけど)面倒臭いから知らないと答える」

という声もあったが、これは利用者のほとんどが納得する声じゃないだろうか。
そんなことを聞かれて「はい」と答えて、相手が水を得た魚のように自分のネット掲示板批評を繰り出してきたらと考えると、めんどくさくて仕方がない。
だったら「知らないっすね」と返しておくのが無難となる。

みなさんは年上から「○○って知ってるか?」と話を持ちかけられたとき、それがどんなテーマであろうと「めんどくせえな」と思うことはないだろうか。
やっぱり今回のはてな匿名ダイアリーの投稿者のように、2ちゃんねるのことを若者に聞いて、「知らない」と答えられると、いちいちサイトを見せたり、「まとめは2ちゃんねるじゃないんだよ」みたいな説明をしてくる年長者、嫌過ぎる。
若者としても、こういう面倒なおっさんが常駐している掲示板、寄り付きたくもないだろう。

大体、2ちゃんねるやニコニコ動画が下火になって、何が困るのだろうか。
若者に限らず人が「これは面白い!」と思うものであれば、黙っていても盛り上がるものだ。
流行は移り変わるもの。それが見えないということは、そういうことである。

http://blogos.com/article/205746/

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484473234/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ