SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


その他:大学関連

早稲田と日大、学費大幅値上げ--補助金削減に志願者減、有名大学でも試練の時代

1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/15(土) 10:38:25.88 ID:???
4月の消費税率の引き上げが間近に迫り、何かと値上げが話題を集めている
今春だが、学費に関しては有名大学の対応は二分している。

大幅な引き上げを決めたのが、国内を代表するマンモス校である日本大学と
早稲田大学だ。日大は学部平均で7%以上、同様に早稲田も3%以上の値上げに
踏み切る。このほか有力どころでは明治、上智、青山学院、慶応、関西なども
値上げを行うが、こちらは1〜3%未満の値上げにとどめている。

これに対して学費の据え置きを決めたのは、同志社、法政、立教、東洋、
東京理科、東海などの各校だ。学費は非課税扱いである一方、教材費、実験費
などは増税対象になるため、据え置きを決めた大学は増税に伴う負担増に対して
自腹を切ることを決めたわけで、学生の保護者からすればありがたいことだろう。

学費据え置きや微増程度に抑えた有力大学が目立つ中で、日大と早稲田の上げ幅の
大きさは目立つ。これも高い知名度と実績を背景にした強気の姿勢、との声も
聞かれるが、一方で両校にはいくつか気になる共通項もあるのだ。

ひとつは、いずれも補助金を大幅に減らされている点だ。2012年度の交付額で
日大は前年度比11億円削減されて交付額首位から3位になり、早稲田も同2位に
なったものの同じく8億円あまりを削減されている。交付額上位校の中でも両校の
削減率は極めて大きい。交付額を査定する日本私立学校振興・共済事業団は詳細に
ついては開示していないが、近年強まっている査定の厳格化に触れたことは確か
なのだろう。

■志願者数で不動の首位だった早稲田の苦戦

また両校は、人気のバロメーターである志願者数で、ライバルに後れをとっている
ことでも共通している。発表のあった今年の志願者数で。日大は4位と西の代表的な
マンモス私大である近畿(首位)に水をあけられ、かつては不動の首位だった早稲田
も3位と、併願者の多い明治(2位)にここ数年後塵を拝している。

さらに両校の売り物であるマンモス校ならではの多様な学部構成という優位性も、
この10年で加速した他の有名大学の学部新設ラッシュによって失われつつある。
例えば、文理医薬などすべての学部系統が揃った日大ならではの特色も、東海、近畿、
帝京といったスケールメリットを売りにする同系の大学は多く、差別化しづらくなった。
早稲田についても学部の改編こそ行ったものの、名門の共立薬科を統合して薬学部を
新設した慶応、同じく聖母大学を取り込んで看護学科を新設した上智と、M&A
(合併・買収)で人気の学部学科を掌中に入れたライバル校に比べると明らかに
動きは鈍い。

興味深いのは、学費値上げによる両校の増収額が、補助金の減少分に近いことだ。
日大は10億円、早稲田は数億以上の増収になると見られているが、減少分を
ほぼ相殺できる。これだけで安易な価格転嫁とは決めつけられないものの、本当に
合理化余地はないのか、授業料を納める側としては釈然としないものがあるだろう。

今春、志願者数で初めて首位に立った近畿は、ネット出願割引や紙の出願廃止など、
受験生の負担を配慮した入試システムの導入で知られる。もはや有名大学であっても、
ブランドにあぐらをかける時代ではない。
komatodai

http://news.livedoor.com/article/detail/8633753/

参照元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394847505/

続きを読む

東大「文I」の志願者が減少--「東大法学部は就職に強くない。受験努力に見合う就職状況とはいえない」(識者)

1 :ライトスタッフ◎φ ★ 2014/03/14(金) 17:51:53.02 ID:???
かつては政財界は言うに及ばず、芥川賞作家やプロの囲碁棋士ら多彩な人材を
世に送り出してきた東京大学法学部。しかし、同学部の“入り口”である文Iの
志願者は減少しており、学部の「就職力」を詳しくみると、日本一のエリート
学部が、意外に就職活動では強さを発揮できていない。

本誌2月21日号に掲載した、有名企業への大学別の就職状況をまとめた「著名400社
就職率ランキング」(大学通信調べ)でも、東大は18位だった。これは法学部だけの
順位ではないが、東大の「就職力」が決して高くないことがわかる。

大学通信の安田賢治・常務取締役が言う。

「意外に思われるかもしれませんが、東大法学部は就職に強くないのです。
法学部への入り口となる文Iが文系における日本最難関の入試なのは間違い
ありませんが、受験勉強で大変な負担を強いられる割に、その努力に見合う
就職状況とはいえないでしょう」

この「就職力」の弱さを「相当数の受験生や保護者が把握している」ことが、
志願者減につながったのではないかと安田氏は言う。

「以前なら文Iに挑戦していたはずの受験生でも、一部は地元の医学部や工学部を
目指すようになりました。文系で東大志望であっても、就職を考えて文II(主に
経済学部)に流れるケースもあります」

実際に民間就職に挑んだ学生はどうだったのだろうか。法学部から大学院に進み、
今春にメガバンクに就職する男子学生は「法学部は試験の負担が大きすぎます」と漏らす。

「授業は大教室で先生が一方的に話すことも多く、聞き取りにくいためICレコーダーに
録音して文字起こしします。リポート試験はゼロ。すべてテストなので本当に厳しい。
3年の後期試験は完全に就活時期と重なるので、就活が二の次になる。つまり、公務員
試験や司法試験を目指すカリキュラムのままで、民間への就活に対応できていないんです」
komatodai

◎週刊朝日  2014年3月21日号
http://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2014031200040.html

参照元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394787113/




続きを読む

竹中平蔵氏「東大は民営化して私立にすべき」

1 : 中年'sリフト(福岡県) 2013/12/30(月) 19:52:46.82 ID:jn77oTjh0 BE:1406361773-PLT(12000) ポイント特典
images114

・私は小泉政権下で4年半にわたって経済政策に携わってきましたが、成長戦略は一切打ち出しませんでした。
成長戦略が議論されるようになったのは、私が政界を退いた後のことです。
そして成長戦略が作られてから、日本の成長率は低下しました。成長戦略は“打ち出の小槌”ではないのです。
結局、規制緩和と減税によって、民間の力を強くしていくしか術はありません。

・たとえば、国から補助金をもらっている日本の大学が、グローバルに強くなるはずはありません。
だから、私は東大を民営化し、教育の強化を図るべきだと考えています。世界のトップ10に挙げられる大学に、
国立など存在しません。民営化したうえで、
補助金ではなく、競争を促すような方向で研究資金を助成すべきでしょう。

・もっとも、規制緩和や減税に関しては利害関係者の抵抗も根強く、ここまでのところ、
まったくビクともしていないのが実情です。いわば「岩盤規制」と化し、これをどうやって打ち砕いて
いくのかが安倍政権の課題です。その意味で、まだ第3の矢は実際に放つ前の準備段階にあると言えます。

・いずれにせよ、安倍政権の成長戦略が結実するには時間を要するので、性急に成否を議論すべきではありません。
一般の国民も、しっかりと現実を認識する必要がありそうです。先般、読売新聞が行なったアンケートでは、
「アベノミクスを評価しない」と答えながらも、「安倍政権のどこを支持するか?」
との問いに「経済政策」を挙げた人がいました。
http://diamond.jp/articles/-/46706?page=2
参照元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1388400766/




続きを読む

ホリエモンも驚いた“東大ブランド”のすごさ 「東大出身」というだけでほとんどの人が信用してくれる

1 : 垂直落下式DDT(愛知県) 2013/12/23(月) 23:18:10.90 ID:m9o3bTX30 BE:797760656-PLT(12000) ポイント特典

ホリエモンも驚いた“東大ブランド”のすごさ

4190-0


 「学歴なんか関係ない」とは言っても、やはり「東京大学」というブランドの価値は高い。
 例えば一緒に仕事をすることになった人が東大卒だったら、それだけで「この人は優秀なんだな」「頭が良いんだろうな」と思ってしまわないだろうか。
そして、その人を「東大出身だから」と、ある程度信頼してしまうだろう。

 元ライブドアの社長である堀江貴文氏も、すい星のように現れた2004年、2005年の頃に、東大中退という経歴が大きくクローズアップされた。
 そして、堀江氏自身も“東大”というブランドの威力が想像以上だったと、2009年に出版した『夢をかなえる「打ち出の小槌」』(青志社/刊)で書いている。

 堀江氏がまだ学生だった頃、ヒッチハイクをしながら旅行をしていた。当時、堀江氏は20歳そこそこ。たいていのドライバーはそんな若い男を車に乗せたら、
「何かされるんじゃないか」とリスクを考えるだろう。しかし、そこで堀江氏は「東大なんですよ」と学生証を見せた。
すると、ドライバーは安堵の表情を浮かべたそうだ。東大だから、そんなことをしないだろうと思い込んだのだ。
 「東大」というブランドを見せれば、ほとんどの人が多くを語らずとも信用してくれる。しかも、それは一度東大に入ってしまえば、ずっと使えることになる。
堀江氏も「『俺はとんでもないものを手に入れたんだな』と思ったものだ」と回想している。

 この「東大」というブランドこそ、堀江氏が言う「打ち出の小槌」の一つだ。そして、その「打ち出の小槌」が出してくれるのは「信用」である。
 堀江氏からすれば、お金は信用を数値化したものであり、生きていくために大事なのは「お金」ではなく「信用」なのだそうだ。
 普段の生活の中で、自分はどのくらい信用されているか、考える機会はそう多くはない。それは当たり前だ。「信用」には実体がないのだから。
「信用」とは周りがどう評価するかによって左右される。人間性やキャラクター、人脈、知識、経験など、その人に根ざした目に見えない価値が、
他人との関係性を通して「信用」が作られていくのだ。

(>>2以降に続く)
http://www.sinkan.jp/news/index_4190.html
参照元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1387808290/




続きを読む

天才IT灘高生のTehu君 「慶応SFCを選んだことを馬鹿にする2ちゃんねらーよ、これが反論だ」

1 : レッドインク(埼玉県) 2013/12/03(火) 12:22:28.29 ID:724KvyDqP BE:1038542562-PLT(12050) ポイント特典

Tehuたん@tehutehuapple
あと、大学新入生のFacebookグループで自己紹介をするときに、学科と好きなスポーツは書くのに、
その学科で何がしたいかとかを書かない人が推薦や指定校で受かっているのは、
入試制度の崩壊を意味しているように感じるけどどうなのかな。

言い方悪いけど、やる気のない人とわざわざ話したり付き合ったりしていられるほど人生時間残ってないからなぁ。
よろしくねとか今度遊ぼうとか言われてもな〜。

わかっていたことではあるが、僕がもともと志望していたT大に比べれば平均は圧倒的に低い。
それでも僕がこの学校を選んだ理由は、数%のぶっとんだ人間が、T大とは比べ物にならないからだ。
だから俺は、その数%の人間としかちゃんと付き合いはしません。

だって、くだらないんだもん。
ファッション感覚で起業しているのが丸見えな人たちが、慶応受かった直後からアプローチの嵐だぜ。
何が世界変えようだよ、ウェブサイト見たら事業計画ガタガタじゃねーか。
結局先輩後輩関係で俺の人脈と経験使いたいだけだろ。。。

世の中には半端ない人たちが実は山ほどいる。それは、数字では言い表せないような力や経験をお持ちの人たちだ。
そんな人達のうちのごく一部とこれまで関わってきて、得たものは無限といっていいほど大きい。
そういった経験を得るために、そして仲間を得るために、この大学を選びました。いい学校だよ。

以上、2ちゃんねるで「Tehuはバカだよなぁ、慶応なんか選んで」と言われていたことに対する反論と、
Facebookで見た慶応の新入生の発言に対する違和感の表明でした。。。エラソーですいません。

見下すこと、差を作ることを絶対悪として、みんなでわいわいやろうとしている奴に限って、なにもできない。
いろんな成功者とディスカッションをした結果それを知ったよ。そもそも、誰だって他人を見下すことはある。
それを表明すると顰蹙を買う。でも、八方美人で居る限り何もできないわなぁ。
e3db9434

http://twilog.org/tehutehuapple/date-131126/allasc
参照元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1386040948/




続きを読む

最も有利な投資は「学位」、大卒の収入は平均で高卒の1.5倍・・・経済協力開発機構(OECD)

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/09/23(月) 18:16:13.30 ID:???0
世界的な金融危機の影響で、学位の取得が高収入を得る条件として、かつてないほど重要になっている――。
そんな調査結果が経済協力開発機構(OECD)によって明らかにされた。
college-university-students

この調査結果を見ると、2008年から2011年にかけて学歴が高い人と低い人の収入差が拡大しているのが分かる。
また先進国を中心に29カ国で調査した結果、大卒の収入は平均で高卒の1.5倍であることが分かった。

「今の時代、教育ほど有利な投資先はないだろう。利回りは10〜15%にも及ぶ。
今、同様の利回りが期待できる投資先が他にあるだろうか」と語るのはOECD教育局のアンドレア・シュライヒャー氏だ。

例えば米国では、株式投資の利回りが約6%であるのに対し、大学教育への投資の利回りは男性の場合で12.3%に達する。
この利回りは、授業料や学生時代の無収入の期間、収入増に伴う税率の上昇などのコストに対し、
収入増や有利な社会保障などの恩恵がどの程度得られるかを比較して算出している。

しかし、この利回りは国によって大きく異なる。
利回りが最も高いのは米国で、男性が大学を卒業することによって一生に得られる追加的利益の総額は36万5000ドル(約3600万円)に上る。

一方、高い税率が利回りの低下を招いている国もある。例えば世界で税率が最も高い国の1つであるデンマークでは、
大卒の男性が一生に得られる追加的利益は7万3000ドル(約730万円)にすぎない。

日本や韓国などでは15万ドル(約1500万円)の追加的利益が期待できるが、それでも米国に比べるとかなり少ない。
これは企業が従業員に高額な報酬を支払う習慣がないため、とシュライヒャー氏は説明する。

それでも、このリポートを見る限り、学位取得の利回りは他の投資のそれを上回り、さらに金融危機の影響で得られる追加的利益も増加しているようだ。

また香港大学のエコノミスト、ジェームズ・ビア氏は、金融危機時に学位の価値が高まるもう1つの理由として、
企業が採用時に用いる求職者の選考方法を挙げる。ビア氏によると、金融危機時にはわずかな求人に多くの求職者が殺到するため、
企業は求職者をふるいにかける必要があるが、その際に真っ先に見るのが学位の有無だという。
http://www.cnn.co.jp/business/35035312.html
引用元: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1379927773/



続きを読む

【大学経営】「中高年教員の給与を抑え、その分を外国人研究者などに」「就職環境改善で留学生倍増」--産業競争力会議で議論

1:ライトスタッフ◎φ ★:2013/09/18(水) 23:56:42.92 ID:???
政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は18日、雇用・人材分科会で、
大学改革と留学の促進策を議論した。

民間議員は教授会による「根拠なき大学運営への関与の排除を検討すべきだ」とし、
学長主導の改革を訴えた。優秀な教員確保のために、中高年の教員の給与を抑え、
その分を若手や外国人研究者に回すことも訴えた。

日本人留学生を2020年までに現在の6万人から12万人に倍増する政府目標を達成する
ために、予算を十分確保することに加えて、帰国した学生と企業を引き合わせる場を
設けて、就職環境を改善することを求めた。日本に来る外国人留学生を増やすためには、
重点的に開拓する地域を決めて、具体策をまとめることを求める。
zu1222

その他の検討項目には転職の環境整備、裁量労働制、限定正社員の導入があがった。
解雇無効の判決を受けた人が職場復帰の代わりに金銭を受け取る金銭解決も盛り込まれた。
だが、これに対して民間議員は「諸外国の制度や改革の状況を十分に調査・分析し、
多様な働き方の個人の利益を踏まえつつ慎重に行うこととする」と導入ありきの議論を
けん制した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1802Z_Y3A910C1PP8000/





続きを読む

大前研一氏 「センター試験が7科目もあるというのはおかしい。大学は一つの科目で傑出した人間を入学させて、能力を伸ばせ」

1:影のたけし軍団ρ ★:2013/09/13(金) 16:16:54.92 ID:???0
record03_img01
今、日本中に内向き・下向き・後ろ向きの傾向が蔓延している。これを転換するにはどうすればよいのか? 
最新刊『稼ぐ力──「仕事がなくなる」時代の新しい働き方』が早くも話題になっている経営コンサルタントの大前研一氏は、
疲弊した日本の高等教育システムを根本から作り直すべきだと提言する。

文科省の学校基本調査によれば、いま日本には782校もの大学があるという(国公立176校、私立606校)。
私に言わせれば、そもそも国公立大学は日本全国にせいぜい10校もあれば十分で、
これほど多くの大学があるのはナンセンスだ。

国際競争力が強いスイスやシンガポールには、国公立大学がそれぞれ12校、4校しかない。
それで日本を上回る1人当たりGDPを稼ぎ出し、世界的な企業を生み出している。

さらに、その数多い日本の大学に来ている留学生は半分が中国人で、
しかも彼らのほうが日本人学生より優秀なケースが多いという皮肉な状況になっている。

実は中国から日本に来る留学生は中国の中では二流である。一流はみんなアメリカに留学する。
二流の中国人留学生にさえかなわないのが、日本の大学生の情けない実態なのだ。

欧米の大学には世界中から留学生が集まっている。たとえばフィンランドでは、小学校から英語教育が進んだ結果、
今や大学の授業は大半が英語に切り替わったため、ヨーロッパをはじめ他の国々から留学生が大量にやって来るようになった。
要は、大学がグローバル社会の縮図のようになっているわけだ。

その中で勝ち残っていくのはけっこう大変だが、内外の優秀な人たちと触れ合い、
競争しながら切磋琢磨していく環境を与えることが、傑出した人材を育てるためには極めて重要なのである。

したがって日本は大学の数を減らしてクラスも小さくし、世界中から優秀な留学生に来てもらえるよう、英語による講義をどんどん増やすべきである。





続きを読む

東大ですら世界ランク32位。日本の「大学」はダメなのか?

1: ファイヤーボールスプラッシュ(東日本):2013/09/12(木) 13:17:49.37 ID:ivTAQKsb0
9月10日、大学の世界ランキングを発表している英調査機関クアクアレリ・シモンズ(QS)が、
「QS World University Ranking」の2013/14年版を発表しました。世界ランキング1位は、
米マサチューセッツ工科大学(MIT)、2位は米ハーバード大学、3位が英ケンブリッジ大学となり、
上位10校は米英の大学に占められました。米英トップ大学の評価の高さが改めて浮き彫りになりました。
1 マサチューセッツ工科大学 米
2 ハーバード大学 米
3 ケンブリッジ大学 英
4 UCL(ユニバーシティー・カレッジ・ロンドン) 英
5 インペリアル・カレッジ・ロンドン 英
6 オックスフォード大学 英
7 スタンフォード大学 米
8 イェール大学 米
9 シカゴ大学 米
10 カリフォルニア工科大学 米
10 プリンストン大学 米
一方、日本の大学はどのように評価されたのでしょうか。残念ながら、厳しい結果といわざるを得ません。
日本には、800校近い大学がありますが、そのトップに君臨する東京大学ですら、世界ランキングは32位。
tokyo

32 東京大学
35 京都大学
55 大阪大学
66 東京工業大学
75 東北大学
99 名古屋大学
133 九州大学
144 北海道大学
193 慶應義塾大学
210 筑波大学
このQSランキングによれば、グローバル化が加速する中で、日本の大学の競争力は相対的に
低下してきているように見えます。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130909/253171/?ST=manage&rt=nocnt




続きを読む

日本の大学は非常勤講師を使い捨てる「ブラック大学」

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2013/07/31(水) 14:44:09.61 ID:???
ソースは
http://www.newsweekjapan.jp/column/ikeda/2013/07/post-710.php

[1/2]
早稲田大学が今春から非常勤講師に適用した就業規則について、早大の非常勤講師15人が6月、
早大総長や理事らを労働基準法違反で東京労働局に刑事告訴した。
原告の首都圏大学非常勤講師組合の松村委員長によると、非常勤講師は今年度から契約更新の上限を
5年とする、と大学から一方的に通告されたという。

大学側は労働基準法にもとづいて意見を聞いたとしているが、講師らは正当な手続きを経ていない
と主張し、「早大はわれわれを5年で使い捨てるブラック大学だ」と批判している。
大阪大学も今年度から非常勤講師の契約期間の上限を5年とする規定を設け、これに対しても
労働組合が告訴する動きがあり、これは一部の大学の問題ではない。

4月から改正された労働契約法では、非正規労働者が5年を超えて勤めると、本人が希望すれば
期間の定めのない「正社員」に転換しなければならないため、多くの企業で契約社員などを
5年で雇い止めする動きが広がっている。大学の場合は今まで事実上無期限に勤務してきた
非常勤講師が多く、早大の場合は教員の6割、4000人が非常勤だというから、雇い止めの影響は
大きい。

私もいくつかの大学で非常勤講師をやったが、賃金はだいたい一コマ(90分)で7000円ぐらい。
準備の時間や往復の交通費や試験などの事務にとられる時間を考えると、コンビニのアルバイトと
大して変わらない。
ところが専任講師や准教授になると実質的に終身雇用になり、教授になれば年収1000万円を
超えるので、常勤と非常勤の格差は非常に大きい。
ある非常勤講師の場合は、1週間に10コマ掛け持ちしても年収は300万円程度で、
ボーナスも昇給もないので、50過ぎても生活は苦しい。
カリキュラムは毎年変わるので、いつクビになるかわからないが、大学の教師というのは
つぶしがきかないので、本当にコンビニぐらいしか働き口がない。
imagesだ
参照元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1375249449/
-続きます-




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ