SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


その他:製造業

日本の半導体企業のシェア、ついに8%にまで落ち込む

1: 海江田三郎 ★ 2016/04/15(金) 10:35:05.26 ID:CAP_USER.net
http://bylines.news.yahoo.co.jp/tsudakenji/20160415-00056606/
no title


かつて、世界の半導体市場の50%以上を勝ち取った日本の半導体企業のシェアが2015年にはわずか8%にまで落ち込んでしまった
(図1)。これは調査会社のIC Insightsが発表したもの。この凋落ぶりは今更いうまでもないが、
つい2010年には14%に落ちたという報道があったばかりだが、わずか6年でその半分になったということだ。

半導体産業は、世界では依然として伸びているのに日本だけが沈んでいる、という特長がある。実はこの特長を国内電機大手の経営者が
理解していなかったことが最近の動きから見て取れる。シャープは言うまでもなく、パナソニックはリストラこそ推進して利益はわずかばかり生み出せる
ようになったものの売り上げは下降線をたどっている。実は日立もそうだ。東芝は言うまでもない。
企業経営戦略の重要なことは、世の中の動きと自社の強みをリンクさせることだが、これが全くなされていないのである。
唯一、三菱電機はパワーエレクトロニクスで強みを発揮し、かつ半導体のR&Dにも力を入れている企業だ。横並びの日本のライバルだけを見て進んできた日本の電機の弱さがここにある。
電機がリーマンショック以降、ダメなことがわかったのにもかかわらず、それを半導体事業が悪かったからという言い訳にしてきた。
だから本当の病巣を見つけられなかった。東芝は民生・家電が2014年も15年も大きな赤字を出したのにもかかわらず、
最近になるまでリストラに着手できなかった。シャープ、パナソニック、ソニーなどの民生家電メーカーも全く同様だ。

かつてのソニーは独自の面白い製品を続々開発し、パナソニックなどが2番手戦略で追いかけてきた。
トランジスタラジオ、ウォークマン、CD-ROM、MDディスク、プレイステーション、ハンディカメラなど世界的にも価値の高い商品や、
リチウムイオン電池、CCDイメージセンサ、高密度実装基板などの技術製品も生み出していた。1980年代は商品寿命が7~10年もあったから、
この戦略で成功した。しかし、商品寿命の短い今はかつてのこの戦略が使えない。そのソニーも独自製品を生み出せない体質に変わってしまった。

だからこそ今は社員・経営陣が揃って知恵を絞らなければならないのに、「前例がない」「実績がない」などの言い訳で新しい技術や
ビジネスを拒絶してきた中間管理職と、それをコントロールできなかった経営陣が最大の病巣だった。新しい技術やビジネス、市場に向かうのに、実績を求めるという、その問いかけ自身、変でしょう。
ソニーが成功してきた裏面照射型CMOSセンサは、上司が商品化は無理という理由を100も並べて開発を否定したのに対し、
当時の開発者は粘り強く説得を繰り返し、最後は開発を認めてもらったという。この熱意が今日の成功を築いた。
しかしこれはソニーの中の例外ストーリーだ。今のソニーの商品で、2000年以降の独自新開発品は、このCMOSセンサ以外一つもない。
過去の栄光を食いつぶしているだけ。外国人経営者もひどかった。ロンドンの自宅に住み、毎週ファーストクラスでニューヨーク、
東京と世界一周旅行を繰り返してきたと言われている(元ソニー社員)。東京に住んだことのなかったソニーの社長だった。
しかも、ソニーが赤字でも数億円という報酬を平気で毎年受け取ってきた。米国企業の経営者だとありえなかった。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1460684105/


続きを読む

【電機決算】日立・東芝・三菱電機が大きく伸びる… NECも黒字

1: coffeemilk ★ 転載ダメc2ch.net 2015/02/05(木) 11:32:52.89 ID:???* BE:287993214-2BP(1012)

読売新聞 

 電機大手8社の2014年4〜12月期連結決算が4日、出そろった。

 成長分野に注力して業績を伸ばした企業と、つまずいた企業とで明暗が分かれた。

 日立製作所、東芝、三菱電機の3社は円安効果もあり、税引き後利益を大きく伸ばした。日立は中国の昇降機事業などが好調だった。
東芝は半導体メモリーなどの主力事業が堅調で、営業利益は1648億円と、4〜12月期としては2年連続で最高益となった。 default

三菱電機も工場向けの機器や昇降機などの販売を伸ばし、売上高、営業利益、税引き後利益とも最高だった。

 NECは官公庁向けの情報技術(IT)サービスが伸び、税引き後利益が黒字転換。富士通は15年1〜3月期に官公庁や金融機関向けのITサービスの受注が増加すると見込んでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150204-00050114-yom-bus_all

引用元: http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423103572/



続きを読む

なぜ日本メーカーはルンバをつくれない?「ニーズの断捨離」で新しい常識と顧客を創造

1: 朝一くんφ ★ 2014/08/25(月) 06:49:45.40 ID:???.net
文=永井孝尚/オフィス永井代表
米アイロボットが開発・販売するお掃除ロボット「ルンバ」が人気だ。7月7日付日経ビジネスオンライン記事『日の丸掃除機、敗戦の日 国内新市場を席巻する海外メーカー』によると、
ロボット掃除機の2012年単年販売数は38万台、うちアイロボットの製品は73.6%のシェアだ。技術的には日本の家電メーカーも同等の製品がつくれるはずだが、
なぜルンバに対抗できるような日本製商品が生まれないのか。同記事では、次のようなある家電メーカー本部長の言葉を紹介している。

「すべてのお客様に満足のいくものを、と考えると先回りができず、いまだ商品化に至れていない」
「仏壇のローソクが倒れて火事になったら、誰が責任を持つのだ」といった議論が繰り返され、せっかく技術力を持っているのに、なかなか商品化が進まないのは残念なことだ。
「リスク回避体質が問題だ」と思う人もいるかもしれないが、筆者は別の問題があると考える。  日本の家電メーカーは、総じて「信頼性が高く、多機能な商品を、安く大量に」つくろうとする。
この源流にあるのは、松下電気器具製作所(現パナソニック)創業者の松下幸之助が述べた「水道哲学」の考え方だ。
「産業人の使命は貧乏の克服である。(略)産業人の使命も、水道の水の如く、物資を無尽蔵にたらしめ、無代に等しい価格で提供する事にある。それによって、人生に幸福を齎し、この世に極楽楽土を建設する事が出来るのである。
松下電器の真使命も亦その点に在る」
「経営の神様」といわれる松下幸之助は、貧困を克服し極楽浄土をつくるという使命を胸に、家電商品を安く大量に供給しようと考え、水道哲学を提唱した。
1932年5月5日、松下電気器具製作所第1回創業記念式の場でのこと。まさに卓見だった。それから82年がたち、日本は貧困を克服し、潤沢にモノがあふれる時代になった。
水道哲学で述べた使命は、すでに達成されたといっていい。  問題は、家電メーカーに限らず多くの日本企業で、「信頼性が高く多機能な商品を、安く大量に」という考え方から脱却できていない点なのだ。
●ニーズの断捨離
 実はルンバを開発・販売するアイロボットは、この考え方にこだわっていない。その代わりに「ニーズの断捨離」を行っている。「掃除は手間」という常識に挑戦し、
一度スイッチを押せば放っておいても掃除できる製品を提供している。ユーザーは「掃除に手間をかけたくない人」に絞っているので、「仏壇のローソクが倒れたらどうする」とは考えない。
「ニーズの断捨離」で新しい常識をつくり、新しい顧客を創造している。つまり、「すべての人へ、安く多機能を」と考えずに、「5%の人へ、高くても光るモノを」と考えている。
そして市場ではごく一部だった顧客のこだわりに応えて、急速に成長している。
 興味深い点は、商品の性能向上に伴って、いつの間にかそれが市場の5%にとどまらず、市場の過半数を押さえてしまうことだ(本文冒頭の図を参照)。
筆者作成
no title

http://biz-journal.jp/2014/08/post_5813.html
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1408916985/


続きを読む

電子製品分野で日本が“負け組”に、「失われた20年」で韓国とは雲泥の差--香港紙

default
1: ライトスタッフ◎φ ★ 2014/02/19(水) 17:35:44.09 ID:???
2月17日、香港・文匯報は、日本は“失われた20年”により国力と競争力を失い、
電子製品市場での日本の役割は“けん引役”から“伴走役”に変わったと報じた。
18日付で環球網が伝えている。

日本のDRAM(半導体メモリの1種)シェアは、1987年の76%から、2004年には
3%にまで減少。カーナビゲーションシステムのシェアは、2003年には100%を
誇っていたが、2007年には20%にまで落ち込んだ。太陽光パネルも2004年の
45%から2007年には21%に。また、2005年に生産された米アップル社のiPodの
部品は7割が日本の部品だったが、5年後に発売されたiPadでは2割程度しか
使われていない。

記事によると、日本と韓国はともに経済危機に見舞われたが、韓国は市場改革や
IT普及に努め、国際基準の取得や開発投資を積極的に支援したことにより、ICT
(情報通信技術)分野におけるシェア獲得を実現した。一方、日本は官僚体質から
政策が硬直化し、20年にもわたって経済政策の見直しを見過ごしたことで、
韓国との間に天と地ほどの差が開いたという。

また、「日本はイノベーションの面でも衰退が激しい。その背景には、企業が
社員の個人主義を奨励しないことで、時代遅れの製品に小さな改良を加えるだけに
なったことがある。このような“ガラパゴス化製品”は日本市場でしか受け入れられず、
アップルやサムスンに対抗できる競争力が失われた」と記事は伝えている。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83626

引用元: http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1392798944/


続きを読む

リストラが本業のパナソニックが「パワードスーツ」を発売へ。そんなもん売ってる余裕があったら(略)

1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/01/03(金) 11:01:03.50 ID:???0
 ■1着50万円/30キロ持ち上げ/時速8キロ
パナソニックが、筋力を機械的にサポートして重い物を持ち上げる「パワードスーツ」を、世界で初めて量産することが2日分かった。

 平成27年にも発売する。年間1千体を生産し、価格は1着50万円程度を想定している。災害救助や原子力発電所内などでの利用を見込んでいる。将来的には、宇宙や深海などの過酷な環境下でも使えるスーツも開発する方針だ。

 身体に装着し、人間の筋力を超える力を引き出すパワードスーツは、大学や民間企業などで研究開発が進んでいるが、量産化の例はまだない。 パナソニックは、子会社でロボット事業を展開するアクティブリンク(奈良市)が、試作機の製造に成功したことから、26年内に量産体制を整備する。

 試作機は大型化したリチウムイオン電池を搭載し、モーターで動く。100キロの重量物を持ち上げることができるほか、
人間の小走り程度の最大時速8キロで走行し、10度の勾配の坂をのぼれる。「つかむ」「離す」といったアーム(腕)の操作は、
使用者の手元にあるグリップで行う仕組みだ。

5fad4_368_e0732fafe886627b11fcee0a908294b0
 量産するのは、30キロ程度の重量物が持ち上げられる程度に機能を絞った普及版で、「パワーローダーライト」の名称で販売する。1回の電池充電で2、3時間動かせる。アームは交換することができ、つかむだけでなく、ハンマーでたたいたり、スコップで掘ったりするなどの作業も可能だ。

 さらにパナソニックは、宇宙服や潜水服の下に装着するスーツの開発も視野に入れる。いずれも自在に操作するには相当な力が必要となり、 米航空宇宙局(NASA)では、宇宙服の下にパワードスーツを装着する検討をしている。完成品は公的機関や研究施設に納入する考えだ。
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/8399346/

引用元:
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1388726623/
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388714463/



続きを読む

ソフトバンク2位に躍進 東証1部の時価総額 首位は12年連続トヨタ

1 :ウィンストンρφ ★ 2013/12/31(火) 16:23:03.88 ID:???
東京証券取引所が30日発表した平成25年末時点の東証1部の時価総額ランキングで、積極的な海外展開が評価されたソフトバンクが前年の9位から2位に躍進した。
円安進行や景気回復への期待を背景に自動車や大手銀行グループが上位に並んだ。

ソフトバンクは7月に米携帯電話大手のスプリント・ネクステルの買収を完了するなど成長が見込める海外企業の合併・買収(M&A)が好感された。
スマートフォンが好調だったKDDIも14位から7位に浮上。NTTドコモは6位だった。

首位は12年連続でトヨタ自動車。円安による輸出の採算改善で業績が回復し、時価総額は前年末に比べ約1.6倍の22兆1361億円となった。
自動車関連ではホンダが4位、デンソーが9位に入った。三菱UFJフィナンシャル・グループが3位、三井住友フィナンシャルグループが5位、
みずほフィナンシャルグループが8位と大手銀行グループも堅調だった。
index_pic_01

ソース MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131231/fnc13123115430007-n1.htm
参照元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1388474583/




続きを読む

「曲がるディスプレー」で有名な篠田プラズマ、事業停止 資金繰り悪化で再建スポンサー募集

cc4ab526e4ec6292f9247cab2960f8cc2
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/20(水) 15:13:24.89 ID:???0
★「曲がるディスプレー」で有名な篠田プラズマ、事業停止 資金繰り悪化で再建スポンサー募集
2013.11.1922:02[特許・商標・著作権]

フィルム基板を使った曲がるプラズマディスプレーを開発、製造する篠田プラズマ(神戸市中央区)は
19日、資金繰りの悪化から同日付で事業を停止したと発表した。直接雇用の社員30人は全員解雇し、
再建に向けスポンサー企業を募る。

代理人弁護士と東京商工リサーチによると、負債総額は10億6千万円。平成25年3月期決算は
売上高がピーク時の10分の1程度となる1700万円にとどまり、最終赤字2億8千万円を計上していた。

篠田プラズマは、神戸市にあった富士通の研究所フェローを務めていた篠田傳氏が平成17年、
同社が液晶、プラズマ事業からの撤退を決めたため、他の研究者7人とともに設立した。

曲がるディスプレーは日米中3カ国で特許を取るなど技術はあったが、黒字決算は一度もなく、
事業として成り立つ前に資金繰りに行き詰まったもようだ。代理人弁護士によると、複数社が
再建スポンサーに名乗りをあげている。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131119/wec13111922030014-n1.htm

引用元: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1384928004/


続きを読む

「巨大な3Dプリンタで一軒家を建てる」 という計画がマジで世界を変えそう

1: オリンピック予選スラム(岡山県) 2013/10/31(木) 15:21:58.34 ID:byYfkkJW0 BE:1743894454-PLT(12110) ポイント特典
巨大な3Dプリンタを使い一軒家を20時間で建ててしまう「Contour Crafting」

 作り方はこんな感じ。まず家の床が作られ、その回りにレイヤーが重ねられていくことによって壁が完成します。 

17


 作業はすべて自動で行われていきます。 

19


平均的な大きさの家なら大体20時間ほどで完成するとのこと。
20

 パーツの接合などもロボット技術によって自動で行われます。 

21

一軒家だけではなく……
29

マンションなどの集合住宅からオフィスビルまで、さまざまな建築物が作れるようになります。
30


詳しくはソースで
http://gigazine.net/news/20131030-contour-crafting/

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1383200518/続きを読む

日本のシステム開発、たった1行の改修に1ヶ月 わずか1行でも影響調査に1ヶ月、テストに数週間かかる

1: ドラゴンスープレックス(やわらか銀行) 2013/09/24(火) 22:43:10.25 ID:vEIJ3j4n0 BE:265920825-PLT(12070) ポイント特典
従来型開発の限界、たった1行の改修に1ヵ月

 従来型開発では稼働開始時点の品質が最も高く、以降は低下していく。業務や外部環境の変化に素早く対応できるように、
カットオーバーを通過点と捉える「カイゼン型開発」に改めよう。

 「改修がわずか1行でも、影響調査に1カ月、テストに数週間かかることが珍しくなかった―」。アマダが従来利用していた基幹システムは、
長年の保守でシステムがつぎはぎ状態になっていた。保守作業は属人化が進んで、担当したベンダーの特定のエンジニアでないと、
手を付けられない部分が散在。過去の改修内容がドキュメントから漏れていたことがテスト段階で判明し、設計からやり直したことも1度や2度ではない。

 システムがこの状態では、ビジネスも回らなくなる。グループ再編に伴う企業合併や業務改革などの動きにシステムの変更が追い付かず、
経営戦略を立てる上でも大きな制約になった。武尾清氏(執行役員 ICT部門長)は、「企業合併をする上で不可欠なシステム改修がいつ終わるのか、
経営層から何度も質問された」と打ち明ける。

■価値の高いシステムに成長する

 こうした苦い経験を踏まえ、アマダは基幹システムの再構築に際して、開発方法を従来型から大きく変えた(図1)。
「従来と同じ作り方をして、同じような保守をしたら、いずれまたシステムがつぎはぎ状態になることが避けられない」(武尾氏)からだ。

zu01

図1●システムの変更が追い付かなくなり開発方法を変えた
アマダの基幹システムは、長年にわたる場当たり的な保守によって構造がつぎはぎ状態になり、業務改革などの動きに追従できなくなっていた。
そこで、再構築を機に開発方法を変えた

 再構築したシステムではまず、6カ月の開発期間に収まる規模で、パイロットシステムを構築。それをベースに、6カ月単位で順次機能を追加していく。
従来の開発に比べると、一つひとつの開発規模は小さく、開発サイクルも短い。パイロットシステムは複数部門に共通する機能に絞り込んだもので、
機能追加のサイクルでは他部門向けの開発も並行して進められる。

(続きはこちら)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20130906/502931/

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1380030190/



続きを読む

国家競争力ランキング2013、日本9位、台湾12位、韓国25位―韓国から怒りの声

1: アルゼンチンバックブリーカー(愛知県):2013/09/08(日) 14:13:54.75 ID:MahWrFyy0
韓国の国家競争力が失墜25位…日本は9位に上昇―韓国報道

世界経済フォーラム(WEF)は2013年の韓国の国家競争力順位が148カ国中25位になったと4日明らかにした。
WEF3
これは昨年の19位から何と6ランクも下落し、2004年の29位以降、9年ぶりに最も低い水準だ。
国家競争力の1〜3位はそれぞれスイスとシンガポール、フィンランドが占めて昨年の順位をそのまま維持し、
ドイツと米国はそれぞれ2ランクずつ上昇して4位と5位を記録した。香港(7位)と日本(9位)も昨年より順位が上がった。

韓国中央日報 2013/9/4
http://japanese.joins.com/article/785/175785.html?servcode=300&sectcode=300

     総合  基礎  作業効率性  科学技術力/発明力  
ドイツ  3位   9位     8位      4位

米国  5位  36位     1位      6位

日本  9位  28位    10位      3位

英国  10位  24位     4位      10位

台湾  12位  16位    15位      9位

韓国  25位  20位    23位      20位

中国  29位  31位    31位      34位

世界経済フォーラム(WEF) The World Economic Forum
http://www.weforum.org/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ