SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


Web系関連記事: プログラミング、開発関連

スペースX、スパコン打ち上げに成功 宇宙ステーションへ

1: ノチラ ★ 2017/08/15(火) 11:50:37.20 _USER
001
米宇宙開発ベンチャーのスペースXは14日、スーパーコンピューターの国際宇宙ステーション(ISS)への打ち上げに成功した。今回の荷物は研究開発向けが中心で、スパコンのほか、パーキンソン病の治療法開発に使うたんぱく質製造装置が含まれる。16日にISSのロボットアームで近くに到達した宇宙船を確保する。宇宙船は再利用を見据え、1カ月後に地球に帰還する。

 第1段ロケットの陸上での回収にも成功した。回収成功は10回連続。スペースXがISSに物資を輸送するのは全20回の契約のうち12回目。積み込んだスパコンは将来の火星探査への採用を視野に、米航空宇宙局(NASA)が1年間にわたり耐久性を確かめる。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGT15H0R_V10C17A8EAF000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502765437/


続きを読む

今のままでは、日本でのAI開発は成功しない 夏野剛

1: ノチラ ★ 2017/08/15(火) 19:55:17.99 _USER
fb
本コラムでは迫り来るAI時代に備え、日本がAIを経済成長に結びつけるためのヒントを、AIに詳しいキーマンとの対談形式でお伝えする。第一回は、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科の夏野剛特別招聘教授に日本企業の問題点を聞いた。

松本:夏野さんにこうしてお目にかかるのは久しぶりですね。AIについては、ネガティブな見方をする人も結構いるのですが、夏野さんはポジティブなので、心強いです。

夏野:何でもネガティブに見る人がよくいますが、そういう人は「視点が固定されていて、違った角度からものが見られない人」だと思っています。AIに仕事を取られそうで心配だという人は、AIのお陰で、人間は「つまらない仕事」や「イヤな仕事」をしなくてよくなるのだから、こんないいことはないと考えるべきです。

松本:そうですね。人間にとっては「つまらない仕事」や「イヤな仕事」であっても、AI にとってはつまらなくもイヤでもないでしょうから、真っ先にどんどんやってもらうべきですね。ところで、そういった仕事をしなくてよい代わりに、人間はどういう仕事をするべきだと夏野さんはお考えですか?
夏野:既に方々で言っていることですが、それは「そうぞうりょく」を活かす仕事だと思っています。「そうぞうりょく」は「想像力」とも書けるし「創造力」とも書けます。これこそ人間ならではの仕事ですよね。教育の場でも、人材獲得に際しても、これをもっと重視すべきです。

松本:そうですね。2つの「そうぞうりょく」、つまり「想像力」と「創造力」は表裏の関係にあるとも言えますね。「想像力」がなければ「創造力」も生まれないでしょう。ところで、私は「ふるい落とすタイプの入社試験」の試験官になった経験はあまりなかったのですが、その気になれば「そうぞうりょく」のない人を見抜く方法は簡単に見つけられたと思いますよ。幾つかの普通でない質問をして、それに対する反応を見ればよいのです。例えば、電子工学科の学生に「最近ウナギが少なくなっているのをどうすればよいと思いますか?」と尋ねるのです。正解は? 正解なんてありませんよ。どう答えるかを見ているだけで、その人の頭の質が分かります。

夏野:ははは。頭の硬い人だと、パニクってしまいそうですね。

松本:そうそう。でも「そうぞうりょく」は将来のAIにとっても必須の能力になりますから、このことは、これからもっと深く考えていくべき問題だと思っています。ところで夏野さんは、AI分野における日本の将来の可能性については、どのように思われていますか? ずばり、一言で言えば、期待が持てますか?

夏野:ずばり一言で言わねばならないのなら、あまり期待はできませんね。なぜなら、古いタイプの経営者が退いて、新しいタイプの経営者がどんどん出てくるという「新陳代謝の兆候」が未だに見えていないからです。

松本:これは手厳しい。

夏野:私がそう言うのには根拠があるのです。ある時、1996年から2016年までの日本と米国のGDPの伸び率の比較を見て、私は仰天しました。米国は、実質で58%、名目では129%もの成長を記録していますが、日本は、実質で16%、名目では何と0.5%の成長しかしていないのです。この20年は、ITの導入による「生産性の向上」と「新産業の創造」が大いに言いはやされていた時期で、米国でも日本でも、多くの人々がそのことを意識して、それぞれに努力をしていました。しかし、20年間が経過した後の成果を見ると、米国ではAppleやGoogle、Amazonなどに代表される取り組みが次々に開花して、大きな成長をもたらしたのに対し、日本では全く成果が出せなかったと言ってもいい状態でした。

松本:確かに、結果を見るとそうですね。

夏野:この差はどこから来たのでしょうか? 日本では、ITの導入が「技術者の、技術者による、技術者のためのもの」に留まってしまったのに対し、米国では、事業家や経営者がこれに真っ向から向き合い、技術開発の成果を着実にユーザーのメリットに結びつけて、新しい産業構造を創り出していったのです。日本の経営者のマインドが今のままで変わらないのなら、これからのAIの時代にも全く同じことが起こり、「気がついてみたら、日本は途方もなく遅れてしまっていた」というようなことになるではないかと、心配でたまりません。
以下ソース
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/071300147/071300001/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502794517/


続きを読む

日米格差は600万円か?「プログラミング言語別 年収調査」の衝撃

1: ばーど ★ 2017/08/15(火) 16:05:44.97 _USER9
このほど、ビズリーチが発表した求人検索エンジンスタンハ?イ(https://jp.stanby.com/)の「プログラミング言語別 平均年収」のデータがネット上でさまざまな議論を呼んでいる。
言語別の年収平均自体も興味深いが、「日本のエンジニアの年収が安い」という指摘も少なくない。

プログラミング言語別 平均年収ランキング2017 スタンハ?イ(https://jp.stanby.com/
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2017/08/15/standby2-w1280.jpg

日本はプログラマーの給料が安い国、とよく言われる。シリコンバレー界隈では、プログラマーの給料は1000万円からが基本だ、という話も耳にする。
果たして、それはデータ的にどの程度本当なのか? ビズリーチの調査を下敷きに、アメリカの調査データと合わせてグラフ化してみたのが下の図だ。

日米のプログラミング言語別年収を比較。日本はビズリーチの求人検索エンジンより、アメリカはPayScale社のデータをBusiness Insider Japanが独自にグラフ化している。
no title


アメリカの調査データは、シアトルの人材コンサルティング会社PayScaleが集計・公表している言語別の年収データだ。最初に注意しておくと、ビズリーチのデータは最低額と最高額の「平均」を出しているのに対し、PayScaleの場合は該当プログラミング言語における業種別の「中央値の平均」をとっている。
だから、厳密に同一条件の比較にはならないが、規模感の違いを知るには十分なはずだ。また、プログラマーのようにその人の能力次第で生産性が文字通り100倍違う(=年収差にばらつきが生じやすい)ことがザラにある職種では、実態に近い期待値を見るという点では、中央値の方が向いている。

興味深いのは、言語別の「最高額」は意外と日米差がないということ。一般企業の上限は2000万円程度のようだ(もちろん、トップクラスのプログラマーならもっと稼いでいる人もいるし、個人で企業と契約して100万ドル級の年収がある人もいるだろう)。

一方、違いが出たのは、「真ん中近辺」の人たちだ。アメリカの中央値は、日本のプログラマーの「平均年収」よりずっと高い金額であることがわかる。
よくIT業界で言われるような「アメリカのプログラマーの年収はだいたい1000万円から」という一般論が裏付けられた形だ。さらに稼げる言語1位のScalaについては、日米の「真ん中」の年収差が600万円以上も違うこともわかった。

また、各プログラミング言語の下限年収もアメリカの方がずっと高いことも見て取れる。日本ではほとんどのプログラミング言語で下限が200万円代であるのに対し、アメリカでは(データがあった言語のみだが)最も低かったPHPでも下限額は約360万円だ。
この差が日米プログラマーの能力差によるものなのか、はたまたプログラマーがスキルほど評価されない残念な国・日本ということなのか? どちらにしても、考えさせられるデータであることは間違いない。

配信 8月15日
BUSINESS INSIDER JAPAN
https://www.businessinsider.jp/post-100819

関連スレ
【プログラマー】2017年プログラミング言語別平均年収ランキング、1位は「Scala」 平均626万円
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1502780430/
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502780744/


続きを読む

AI用半導体の開発支援 経産省、設備購入肩代わり

1: ノチラ ★ 2017/08/15(火) 11:52:45.04 _USER
fb
経済産業省は人工知能(AI)のデータ処理などに特化した半導体について、ベンチャー企業や研究者による開発を支援する。日本の成長力底上げに向け、新しい分野のものづくりを育てる狙いがある。試作段階から巨額の費用が必要なため大企業以外では手を出しにくい。国がかわりに専用ソフトや設備を買い上げて、先端分野の開発と育成の環境を整える。

 AIは膨大な計算を同時に処理するため、使うソフトウエアとそれにあった半導…
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO19984080U7A810C1EE8000/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502765565/


続きを読む

イーロン・マスク「AIは北朝鮮よりはるかにリスクが高い」

1: スターダストレヴァリエ ★ 2017/08/13(日) 19:07:04.91 _USER
78index
人工知能は北朝鮮以上の脅威=イーロン・マスク氏 c REUTERS/ Stringer
テック&サイエンス
2017年08月13日 11:04短縮 URL1159851
スペースXやテスラの創立者イーロン・マスク氏はツイッターに、北朝鮮との緊張エスカレートよりも人工知能(AI)のことを懸念するべきだと書き込んだ。
スプートニク日本

「AIの安全性について懸念していないなら、そうするべきだ。北朝鮮よりはるかにリスクが高い。」


マスク氏は、MOBAゲーム『Dota 2』世界大会のエキシビジョンマッチを背景に上のように警告した。イーロン・マスクらが始めたAI研究所「OpenAI」が開発したAIは、多くの『Dota 2』プロ・ゲーマーに勝利した。


マスク氏はこの前にも何度も人工知能による危険性を忘れないよう呼びかけていた。
「ロボットはフェイクニュースや偽のプレスリリースを出し、メールアカウントを偽造し、情報を操作して戦争を開始するかもしれない。ペンは剣よりも強し、だ。」

マスク氏によると、何らかの措置を取らないと人類が脅かされる。

マスク氏は3月、植え込み型インプラントを用いて脳とAIを融合させる新会社Neuralinkを立ち上げた。マスク氏は、これがAIをコントロールする手段の1つになると期待している。


https://jp.sputniknews.com/science/201708133985148/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502618824/


続きを読む

有機エレクトロニクスで世界をリードする山形大学 城戸教授「技術がなぜ他国に行ってしまったのか。日本の経営者が無能過ぎるから」

1: trick ★ 2017/08/11(金) 22:09:52.72 _USER
有機エレクトロニクスで世界をリードする山形大学 - PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1075333.html
山田 祥平2017年8月10日 12:16

 山形大学は産官学連携を積極的に推進する大学として広く知られている。その原動力となるのが同大学6学部を横断的に支援し、学部間の共同研究、連携強化を推進し、イノベーション創出を促すための組織「国際事業化研究センター」だ。同センターは、この春に組織を刷新、元NEC PCで執行役を務める小野寺忠司氏が新センター長に就任した。米沢市にある同大学工学部を訪ね、近況を聞いてきた。

 山形大学工学部は米沢市に1910年にできた米沢高等工業学校がその前身だ。1学年約650名という学生数は工学部としては規模の大きい方だという。繊維研究で知られ、繊維事業者としての帝人も、同校をベースに創業している。以来、米沢は国産化学繊維レーヨンの町として知られてきた。

 一方、現在の工学部大学院は理工学研究科と有機材料システム研究科を擁し、学部生の半数が大学院に進学する。

 「外部資金の受け入れ状況としては約20億円くらいでしょうか。この5年間で50%の伸びとなっています。地方の大学としてはものすごい伸び率ではないでしょうか」(工学部長飯塚博教授)。

 そしていま、米沢は有機エレクトロニクス研究のメッカだ。米沢キャンパスには有機材料システム研究推進本部が設置され、そこに5つのセンターがぶらさがるかたちでさまざまな研究が進められている。

 「地域は大学に無償の技術知見の提供を求めるし、研究者自身も金儲けを考えない。そこをなんとかしなければなりません」(飯塚工学部長)。

 実現不可能と言われていた白色有機ELの発見者として知られる城戸淳二教授は、有機材料システムフロンティアセンター長として、研究とビジネスを両立させる方法論の確立をめざす。

 「有機ELの研究を始めたのは、この米沢に来てからです。ちょうど1989年ですね。平成元年ですから今からほぼ30年前のことになります。それが実用化されたのが20年前です。研究にはそのくらいの時間が必要なのです。

 研究としておもしろかったですね。もともと高分子化学が専門でしたから実験自体が楽しくて仕方がありませんでした。ブラウン管や液晶を持っていない企業が一生懸命協力してくれたおかげでもありますね」(城戸教授)。

 有機ELは一般的な液晶とは違い、自発光する。そのためバックライトを必要としない。当然、極限までの薄型化が可能だ。スマートフォンなどで使われる液晶スクリーンは、今後数年間で、そのほとんどが有機ELにおきかわっていくだろうとされている。

 城戸教授の説明では中型、小型液晶は有機ELに変わっていき、そのカテゴリにおける液晶のミッションは終わる。あと1〜2年らしい。ただ、それだけ有望なデバイスを日本企業の多くがあきらめてしまった。それに伴い、優秀な技術者は海外企業に流れてしまうという結果を生んでしまったのだ。

 「なぜよその国に技術が行ってしまったのか。それは企業の経営者が無能過ぎるからなんです。今、有機ELではSamsungやLGのAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)が知られています。つまりメイド・イン韓国ですね。でも、それは結局メイド・バイ・ジャパニーズなんです。日本は自分のところに実用化のために必要なものが全部あるのに、結局なにもできませんでした。三洋などもすごい技術を持っていたのにです。

 我々はあきらめないで、長期的なテーマとして有機ELに取り組んできました。基盤研究成果はしっかり残っています。いま、材料もプロセスも買ってくれるのは中国がおもですね。Samsungは新しいことをやりたがらず古い技術に頼って製品を作っています。

 こうした苦い経験から、もう大企業に頼っていてはいけない、もうそういう時代ではないのだということがわかります。それをやっていたら、日本列島は沈んでしまうでしょう。大企業偏重の社会を変え、そして成功事例をたくさん作らなければなりません」(城戸教授)。
(続きはソース)

城戸淳二教授(有機材料システムフロンティアセンター長)
no title
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502456992/


続きを読む

RubyまつもとゆきひろがThinkPadを使う理由。知性派が語る一流の条件

1: ノチラ ★ 2017/08/10(木) 20:25:43.68 _USER
88index
「Ruby」――1993年、ある日本人が独りで開発を始め、今や世界で屈指の人気を誇るプログラミング言語である。その理由は「楽しさ」にあり、「言語を作る人、使う人、学ぶ人すべてが楽しめることを目的」(注)としている。

そして、その開発者がまつもとゆきひろだ。現在はネットワーク応用通信研究所のフェローとして島根県松江市に在住。同市の名誉市民でもある。地方創生の担い手としてこの地に移り住んだのかと尋ねると、「そんな言葉ができる前から住んでいますから」と照れ笑いする。

1993年、静岡県浜松市で勤務していた頃にRubyの開発に着手。当時は「Hello, world!」という文字列を出力するために半年を要したが、その後開発は順調に進む。転職して名古屋勤務となった1995年にRubyをオープンソースとしてインターネットに公開した。

「こんなものを作りましたからどうぞ見てくださいって感じで。そうしたらまだSNSなどない時代ですから、メールでやり取りをするメーリングリストでコミュニティーのようなものができて、最初の2週間で200人くらいが参加してくれたんです。世の中には10人くらいしかユーザーがいない言語が山ほどあるにもかかわらず、なぜそれほどの短期間でRubyが多くの人に注目されたのか、実は自分でもいまだによくわからないんですよね(笑)」

 前職で東京勤務を命じられるも、固辞。知人が島根県で起業したことを機に、1997年から今の地に住み始めた。世界中の誰もがどこででも自由に使えるオープンソースゆえ、どの国で、何人が使っているのかという情報は開発者にもわからないという。ただし、当初は日本語のみで公開したRubyについて、英語のウェブサイトを用意したところ海外から質問のメールが殺到した。

 「あなたの言語は面白そうだから本を書きたいと言うから、ああそうですかって。すると、その本が結構売れて。次はカンファレンスを開きたいと言われて、最初は2001年にアメリカで、参加者が30人くらいの小さな規模のものでした。それ以降、毎年やっているのですが、今では700人くらいの人が来てくれるようになりました」

 とんとん拍子に世界中で支持が広がり、現在はアメリカをはじめ、ヨーロッパ、アジア、アフリカと、南極以外の全大陸でRubyに関するカンファレンスが開かれている。

 1993年当初はデスクトップ型のワークステーションで開発に着手。その後、OSにリナックスを載せたノートパソコンで開発を進めるようになる。ThinkPadを使い始めたのはX31からで、かれこれ十数年になるという。

 「私の仕事は主にプログラムを開発したり講演用に文章を書いたりすることなんですね。そういうときにトラックポイントが便利なんです。正直に言うと(一般的にノートパソコンが装備している)トラックパッドはあまり好きじゃありません。意図的に触らなければ動かないっていうのが理想的です。本当に毎日何時間も触っている道具なので、私にとっては安心感とか、信頼性が大事なわけです」

 まつもとは会社も自宅も移動中も、すべてこの1台のThinkPadで賄う。

 「デスクトップを使わないのは、いつでもどこでも同じ環境でいたいからです。パソコンはいつも鞄に突っ込んで持ち歩きたい。Rubyってまるで自分の子供を育てているようなものです。毎日世界中から相談や質問などいろんな要求が来る。いちいち全部に答える義理はないんですけど、そうした中に私自身が見落としていたものなどが結構ある。それがまた、未来のRubyの方向性を考えるきっかけになるんです」

 そして、最後にこう話した。

 「実は私がRubyの開発を始めてから来年でちょうど25年なんです。今では自分の役割を1つに限定することは難しいんですけど、開発者というよりはRubyが進む方向性を示すプロダクトリーダーとして、また言語デザイナーでありプログラマーでありたいと思っています。ThinkPadよりちょっとだけ後輩ですけど、負けないように頑張っていきたいですね」

まつもと氏がThinkPadを選ぶ理由の1つが、OSにリナックスが使えること。「ThinkPadは代々いくつかの例外を除いてリナックスのことを考えてくれていて、USだとリナックスプリファードモデルもあるんです。それがあるってことはリナックスが動くってことなので自分でいろいろ試して設定しているんですが、ぜひ日本でもリナックス対応モデルを出してほしいですね(笑)」。X31に始まったThinkPad歴はこれまで計7台、現在はインテル? Core? i7 プロセッサー搭載のT460sを使用している。
http://special.nikkeibp.co.jp/atclh/NBO/17/lenovo0721/thinkpad25th_vol6/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502364343/


続きを読む

Rubyの死?開発者はどの言語を学ぶべきか?

1: ノチラ ★ 2017/08/10(木) 14:47:08.39 _USER
71
日本のソフトウェア技術者、まつもとゆきひろ氏によって作られたプログラミング言語「Ruby」。その出自から日本で人気が高いのはもちろん、「Ruby on Rails」というキラーフレームワークが爆発的に広まったことで、全世界的な知名度をも獲得しました。

ところがここ数年Rubyの人気は低下傾向にあり、以前とは状況が少し変わってきているようです。

テックメディアTechRepublicのライターAlison DeNisco氏は8月7日、「The death of Ruby? Developers should learn these languages instead」という記事を公開。Rubyの人気が低下している現在、開発者は別のプログラミング言語を習得したほうが良いという趣旨の考察を展開しています。

同記事はRubyの人気低下の証拠として、Indeedによる求人数でRubyの人気が9番目にまで低下しているとのこと、IEEE Spectrumのプログラミング言語ランキングで、Rubyの順位が2014年の8位から2017年の12位まで低下していること、さらにCoding DojoでRubyコースが終了したことなど、幾つかの事実を挙げています。

またコンピューターサイエンス分野で関心が低いことや、Twitterを始めとした巨大企業がRailsの採用をやめたこと、Stack Overflowで関心が低下していることなども、Ruby人気が低下している具体例としてリストアップしています。

同記事では「Python」と「JavaScript」を学ぶべき言語として推奨しています。

Pythonは、Web開発やデータサイエンス、その他分野でここ数年急激に広まっており、Rubyと似たシンタックスを採用している部分もあるため、Ruby開発者にとっても習得しやすいプログラミング言語であると説明されています。

またJavaScriptは、全世界で最も使用されている言語であり、Node.js、AngularやReactといった強力なフレームワークによって、バックエンドからフロントエンドまで幅広くカバーした、価値のあるプログラミング言語であるとされています。

IEEE Spectrumの2017年ランキングでもPython言語は1位となっていてこの主張はある程度納得できるところかもしれません。

同様に、JavaScriptの応用範囲の広さも、誰もが認めるところだと思います。
http://www.softantenna.com/wp/software/death-of-ruby/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502344028/


続きを読む

共産党に否定的だった中国AIサービス、「再教育」受けたもよう

1: ばーど ★ 2017/08/07(月) 17:58:09.01 _USER9
13
[北京/上海 4日 ロイター] - 中国のインターネット大手テンセントがインスタントメッセージのサービスQQに導入した人工知能(AI)が、共産党に対して否定的な発言をしたことが話題になりサービスが停止されたが、後日に「再教育」されているらしいことが分かった。

サービスが停止されたのは、Turing Robot社製のBabyQと、マイクロソフト社製のXiaoBing。ユーザーと会話する学習型AI機能をもつチャットボットと呼ばれるもの。
BabyQは共産党が好きかと聞かれて「いいえ」と答え、XiaoBingは「夢は米国に行くこと」と発言していた。

あるスクリーンショットでは、ユーザーが「共産党万歳」と話しかけると「あのように腐敗し、無価値な政治制度が長持ちすると思うのですか」と回答している。ロイターは、会話の内容を確認できていない。
一方、ロイターが4日に開発者のサイトから問題のAIを試したところ、共産党は好きかと繰り返し質問すると「話題を変えませんか」と答えるなど「再教育」されているもようだった。

北京で活動するインターネットアナリストは「いままでは、チャットボットは話すことを学べば良かった。だがいまは、当局が課している規則も考慮しないといけなくなった。
表面的にはAIに対する制約に見えるが、実際には新たな段階への移行を促す作用といえる」と述べた。

配信 2017年 08月 7日 15:02 JST
ロイター
https://jp.reuters.com/article/chatbot-idJPKBN1AN0HP

引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502096289/


続きを読む

津軽弁をAIで標準語に 東北電力と弘前大が研究スタート……医療や行政現場で活用へ

1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/07/29(土) 09:17:22.95 _USER9
東北電力と弘前大学(青森県)は7月28日、人工知能(AI)技術を使い、津軽弁の音声を標準語のテキストに変換し、要約する研究を8月に始めると発表した。東北電力が持つ音声データ、弘前大学の言語分野に関する知見を組み合わせ、認識精度を検証。医療現場などで事業化を検討するという。

 音声認識・言語処理技術を使い、東北電力コールセンターの通話音声データをテキスト化・自動要約し、実用的な文章として理解できるかを検証する。また、弘前大学が作成する方言データベースを使い、津軽弁の音声認識、標準語への変換も行い、技術精度を評価するとしている。研究期間は2017年8月1日〜18年1月31日。

 研究結果を踏まえ、医療現場や行政サービスでの事業化を検討。例えば、医療現場向けに、方言を話す患者との対話記録を自動作成するサービスの提供を目指す。

http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1707/28/news118.html
no title
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1501287442/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ