SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


Web系関連記事: プログラミング、開発関連

政府のキャッシュレス還元事業、地図アプリ公開--「近くの対象店舗」など検索しやすく

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/21(土) 17:00:01.69 _USER
えsv190920_meti00
10月1日から始まる消費増税にともない、経済産業省では需要平準化対策かつキャッシュレス決済普及を目指し、引き上げ後の9カ月間、対象店舗にてキャッシュレスで支払いすると最大5%を還元する「キャッシュレス・ポイント還元事業」をスタートする。それにあわせ同省は9月20日、ポイント還元が受けられる店舗を検索できるオンラインマップを公式サイト上で公開した。

マップでは、ウェブサイトのほかiOS/Androidアプリも展開。店舗名や業種(飲食店、衣料品、宿泊施設、電化製品、書籍・玩具、公共料金など)、利用したい決済手段、ポイント還元率(5%と2%)ごとに検索できるほか、現在地から近い対象店舗を探すことも可能だ。店舗ページでは、対応する各決済サービスが一覧で確認できる。なお、手元の端末で試してみたところ、iOSアプリの動作は確認できたものの、ウェブサイトはアクセスが集中してつながりにくかったほか、Androidアプリに関しては、現時点ではGoogle Playストアにアクセスできなかった。

加盟店は現在登録の最中だが、9月6日までの申請のうち、決済事業者からの提出書類に不備がなく、対象条件を満たす店舗については、10月1日からポイント還元を開始できるよう審査を進めているという。23日週の後半を目処に、開始時から参加する登録店舗数を公表するとしている。また、それ以降での申し込み、書類修正中の店舗に関しては、10月11日または21日に登録予定。2020年4月末まで、10日毎に追加するという。

 これまで、還元事業の対象店舗については、店舗名と市町村、還元率がリスト化された6000ページ超のPDFファイルをダウンロードする仕様となっていたが、情報の一覧性が著しく悪いなどの観点からSNSを中心に批判が高まっていた。今回のオンラインマップの公開により、還元対象店舗の検索性がはるかに改善されたと言える。なお、PDFファイルについては、公式サイトの「登録加盟店一覧はこちら」から現在もダウンロードできる。
https://japan.cnet.com/article/35142929/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1569052801/


続きを読む

5Gの製品製造に欠かせない標準必須特許、中国が首位!一方、日本は…

1: ボルネオヤマネコ(茸) [CZ] 2019/09/21(土) 00:54:24.22 ● BE:271912485-2BP(2000)
5G

「5G必要特許で世界首位」中国工業相が表明
2019年9月20日 19:02 [有料会員限定]

【北京=多部田俊輔】中国の苗●(つちへんに于)・工業情報化相は20日の記者会見で、次世代通信規格「5G」の製品製造に欠かせない標準必須特許(SEP)件数で中国が世界で最も多いと明らかにした。
4Gでは欧米がSEPを握っていたが、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)などの特許取得が多かったとみられる。ハイテクの覇権を巡る米中対立の行方にも影響を与えそうだ。

苗氏は世界の通信技術と中国の関係について「2Gは追随し、3Gではブレークスルーを実現し、4Gで並び、5Gでは世界をリードする」と表現し、
中国の通信技術の急速な成長をアピールした。人工知能(AI)など次世代産業のインフラとして、2020年に5Gの大規模な商用化を実現する考えも示した。

ドイツの特許調査会社によると、5G特許の出願数で中国は世界全体の34%を占めて1位だった。
苗氏は、より技術力の高さを示すとみられるSEPでも世界トップだと中国の優位性を強調し、ファーウェイの5G製品の不採用を同盟国に呼びかけるトランプ米政権をけん制した。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO50051300Q9A920C1FFE000?s=3
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1568994864/


続きを読む

「Wi-Fi 6」認証プログラム開始 「Galaxy S10」や「iPhone 11」がサポート

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2019/09/17(火) 13:19:22.34 _USER
 無線LAN標準化団体のWi-Fi Allianceは9月16日(現地時間)、Wi-Fi標準規格の最新バージョン「Wi-Fi 6」(「IEEE 802.11ax」の一般向け名称)の認証プログラムを開始したと発表した。

no title

Wi-Fi 6の認証バッジ

 米Appleが9月10日に発表した「iPhone 11」など、既にWi-Fi 6対応を謳う製品が先行しているが、このプログラムはそれらが標準に準拠していることを示すものだ。

 Wi-Fi Allianceは、最初に認定を受けるスマートフォンは韓国Samsung Electronicsの「Galaxy S10」だとしている。

no title

「Galaxy Note 10」もWi-Fi 6対応だ

 Wi-Fi 6の容量は、Wi-Fi 5(802.11ac)のほぼ4倍。「高速、低遅延、電力効率、大容量で、5Gサービスを提供するために、セルラーネットワークと拡張カバレッジをサポートする重要な接続を提供する」。

 一般的なユーザーのメリットとしては、単一チャンネル内で複数のクライアントに同時にサービス提供が可能になる点がある。

 既に認証を取得した製品は以下の通り。

BroadcomR BCM4375
BroadcomR BCM43698
BroadcomR BCM43684
Cypress CYW 89650 Auto-Grade Wi-Fi 6 Certified
IntelR Wi-Fi 6 (Gig+) AX200 (for PCs)
IntelR Home Wi-Fi Chipset WAV600 Series (for routers and gateways)
Marvell 88W9064 (4x4) Wi-Fi 6 Dual-Band STA
Marvell 88W9064 (4x4) + 88W9068 (8x8) Wi-Fi 6 Concurrent Dual-Band AP
QualcommR Networking Pro 1200 Platform
QualcommR FastConnect 6800 Wi-Fi 6 Mobile Connectivity Subsystem
Ruckus R750 Wi-Fi 6 Access Point
 Wi-Fi Allianceは昨年10月に、一般ユーザーがWi-Fi製品およびネットワークについて理解しやすくするために、Wi-Fiの名称を変更した。

関連ページ
「iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max」は何が変わった? XR/XS/XS Maxとの比較まとめ (1/2) - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1909/11/news074.html
「Galaxy Note10/Note10+」発表、極細ベゼルで5Gモデルも登場 写真で速攻チェック (1/2) - ITmedia Mobile
https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1908/08/news062.html
次世代Wi-Fi「IEEE 802.11ax」は「Wi-Fi 6」に、「n」は「4」、「ac」は「5」に──Wi-Fi Alliance - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/04/news055.html

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568693962/


続きを読む

寿命は年内限り、もはや「Python 2」は使ってはならない

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/13(金) 17:57:05.85 _USER
5255
プログラミング言語のPythonが大変な人気だ。Pythonでプログラミングを始めてみたいという初心者も多いだろう。

 そうした初心者が自分のパソコンにPythonをインストールしようとしたとき、最初に問題になるのが「Pythonのどのバージョンを選べばいいか」ということだ。Pythonには「Python 2」と「Python 3」の大きく2つのバージョンが存在する。初心者だと、どちらを選べばいいかが分からない。

 たいていの人は、最新バージョンであるPython 3を選択するだろう。しかし、中には「Python 2にはこれまでの実績があるから、そちらを選んだほうがいいのではないか」、あるいは「Python 2のほうが簡単で初心者向けなのではないか」と考える人がいるかもしれない。

 結論から言うと、今からPython 2を使い始めてはならない。Python 2はもう2019年内しかサポートされないことが決まっているからだ。

Python 2の廃止日が決定
 Pythonの開発や管理などを手がけている非営利団体のPythonソフトウエア財団が、「Sunsetting Python 2」というタイトルの記事を公開した。sunsetを動詞で使うときは「廃止する」との意味になるが、少し文学的に表現すると「Python 2のたそがれ」という感じだろうか。

 この記事では「We have decided that January 1, 2020, will be the day that we sunset Python 2.(私たちは2020年1月1日をPython 2の廃止日にすることを決定した)」と明言されている。2020年以降は、Python 2自体やPython 2で書かれたソフトウエアにたとえ致命的なセキュリティーの問題が見つかっても、基本的には修正されないという。

 Python 2とPython 3は、インデントでブロックを区別するというPythonの特徴や基本的な構文の書式は共通している。ただし、細かい部分がいろいろと変更されており、両者の間に互換性はない。ざっくりいえば、古い考え方が残っていたPython 2の仕様を、洗練された仕様に変更したものがPython 3だ。

 同財団は「Python 2を2015年に廃止する」と2008年にいったん発表していた。ところが、Python 3への移行が思うように進まなかったことから、2014年に廃止時期を2020年まで延期していた。

 Python 2の廃止が予定通り実行されることになったのは、Python 3への移行が十分に進んだと同財団が判断したからだと考えられる。

 以前はPython 2にしか対応していないライブラリーが多く、それがPython 3への移行の妨げになっていた。現在はほとんどのライブラリーがPython 3への対応を完了したということなのだろう。個人的にも、そのことを実感した出来事があった。

 最近、日経NETWORKでPythonを取り上げる記事を執筆し、その際に「Scapy(スケイピー)」というライブラリーを使った。ネットワークのパケットを簡単に組み立てたり送ったりできるライブラリーだ。

以下ソース
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00682/091100013/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1568365025/


続きを読む

プログラミングで求められる英語力を測る「プログラミング英語検定」開始

1: 田杉山脈 ★ 2019/09/08(日) 19:53:33.32 _USER
0906-gz
グローバリゼーションデザイン研究所は5日、プログラミングで求められる英語力を測定して認定する「プログラミング英語検定」のベータ版を提供開始すると発表した。

同検定は当面、無料で受験できるベータ版で提供し、2020年初めに正式版の公開を目指す。試験設計と作問は、「アプリケーションをつくる英語」や「ITエンジニアのための英語リーディング」など関連著書がある、同社代表の西野竜太郎氏が担当。

また、同検定開始と同時に、プログラミングで必須の英単語をまとめた「プログラミング必須英単語600+」を、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCBY-NC-SA4.0)で公開。誰でも無償で入手し、プログラミング英語の学習や知識確認に活用できる。

「プログラミング英語検定」概要
対象者:高校在学〜卒業以上程度の英語力があるプログラマーや志望者
試験レベル:「ベーシック」(高校在学程度の英語力)と「アドバンスト」(高校卒業程度以上の英語力)の2つ
受験方法:当面はウェブだけで、会場試験は検討中
問題カテゴリー:語彙、文法、読解、英作文の問題、リスニングやスピーキングは対象外
出題内容:出題元となるドキュメント・タイプは、.宗璽好魁璽鼻蔑磧Т愎名、コメント)、APIリファレンス(クラスやメソッドの説明)、マニュアル/ヘルプ(例:開発ツールの使用方法)、ぅ罅璽供次Εぅ鵐拭璽侫Дぅ后蔑磧Д椒織鵝▲┘蕁次Ε瓮奪察璽検砲4種類
https://ict-enews.net/2019/09/06progeigo/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1567940013/


続きを読む

GPSの衛星数 米国33基 中国39基 中国凄すぎワロタ!

1: デボンレックス(長野県) [CN] 2019/09/08(日) 20:14:28.56 BE:323057825-PLT(12000)
img1475404869

衛星測位応用の力強い発展には終始、宇宙技術の革新と飛躍的進歩が伴う。
北斗衛星測位システムは世界4大衛星測位サプライヤーの一つであり、軌道上を飛行中の衛星は現在39基に上る。新華社が伝えた。

中国衛星測位システム管理弁公室の楊軍(ヤン・ジュン)副主任は4日、上海市で開催された第8回宇宙技術革新国際会議において、北斗3号システムの構築は2017年末より超高密度打ち上げの段階に入ったと紹介した。
北斗システムは現在、世界にRNSSサービスを正式に提供しており、軌道上の衛星は39基に上る。
今年さらに5−7基、来年2−4基を打ち上げた後、北斗グローバルシステムの建設が全面的に完了する予定となっている。

楊氏によると、北斗システムは終始、革新型発展を原動力としている。
革新により技術発展を駆動し、衛星に搭載される原子時計の精度を3桁高め、衛星の測位精度が着実に向上している。
拡張機能を通じ、世界測位・時報性能及び地域ショートメール通信サービスの能力をさらに強化した上で、
世界ショートメール通信、国際捜索救助、衛星航法補強、特定エリア精密測位などのサービス能力を追加し、
世界の宇宙技術に「中国の知恵」で貢献している。

北斗システム、軌道上の衛星は39基に—中国
https://news.biglobe.ne.jp/international/0907/rec_190907_7796474541.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1567941268/


続きを読む

レジでのキャッシュレス決済は現金よりも16秒早く完了、JCB調査

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/31(土) 19:46:47.43 _USER
JCBは、現金、クレジットカード、非接触型決済、QRコード決済の4つの決済方法を対象に、決済速度に関する実証実験を行った。

 調査対象者は20代〜40代の男女100人。非接触型決済はQUICPay、クレジットカードはサインレス、QRコードは代表的なQRコード決済サービスより4種類を使用している。また、レジ担当者の金額口頭提示から商品・レシートが渡されるまでを1会計として計測している。

実証実験では、被験者100人を25人ずつ現金、クレジットカード、非接触型決済、QRコード決済の4つの決済方法で組分けし、商品購入までにかかる時間を計測。

 現金決済では決済完了までに28秒かかるのに対して、非接触型決済では8秒、クレジットカードでは12秒、QRコード決済では17秒という結果になった。

 キャッシュレス決済の平均速度は12秒で、現金よりも16秒早く、非接触型決済よりも20秒速く決済できることが分かった。

CBは実証実験の結果から、普段の買い物で決済方法を完全にキャッシュレスへ移行すると、自由に使える時間が年間約3時間増加すると試算した。

 また、会計担当者の労働量について試算したところ、1日のレジ業務において、消費者の半数がキャッシュレスで支払いをすると、従業員1人あたりの労働時間は約2時間減少し、消費者全てがキャッシュレスで支払いをすると、労働時間は約4時間減少することが判明した。これにより、キャッシュレス決済の導入で、従業員の労働量削減や人員不足の解消にもつながると見込まれる。

 日本では、消費者が現金払いを行うことで1日約22億円分、年間約8000億円分の時間をロスしているという。JCBは、決済手段を完全にキャッシュレスへ移行することで、時間が創出され労働に充てた場合は1人あたり年間約1万2000円相当の価値となる可能性があるという。
no title

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1203866.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1567248407/


続きを読む

「AIによって仕事は無意味になる」--イーロン・マスク氏

1: ムヒタ ★ 2019/08/30(金) 12:18:12.32 _USER
 rvれ01
Teslaの最高経営責任者(CEO)であるElon Musk氏は、テクノロジー業界で屈指の有名人かもしれないが、人工知能(AI)が仕事に与える影響に関する同氏の見解は、それほど楽観的ではない。

 Musk氏は現地時間8月29日、上海で開催されたWorld Artificial Intelligence Conferenceで次のように語った。「AIによって、仕事はやや無意味なものになるだろう。おそらく、最後に残る仕事はAIソフトウェアの開発で、いずれはAIが自らのソフトウェアを開発するようになるだろう」

 Musk氏は、工学や物理学、芸術、人々の交流に関わる仕事といったものを学ぶことを勧めた。

 「人間は基本的に、他の人々と交流することを楽しむ。だから、人が絡むことやエンジニアリングに取り組んでいるなら、それはおそらく良いアプローチだ」(Musk氏)

 AIが人間の仕事を奪うかどうかをめぐっては、大いに議論がされており、2019年に発表されたある報告書によると、米国では2030年までに仕事の4分の1でオートメーションが人に取って代わる可能性が高いという。さらに、この報告書では、「予測可能な物理的および認知的作業」をともなう仕事は最もオートメーションの影響を受けやすく、一方で、より創造的な仕事や、人と人との高度な社交スキルおよび高度な教育が必要な仕事は、影響を受けにくいとされている。
2019年08月30日 12時05分
https://japan.cnet.com/article/35141991/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1567135092/


続きを読む

韓国、日本依存「半導体素材」の国産化に成功…「レベルはさらに優秀」

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/29(木) 20:25:31.49 _USER
dvx20190829-00000041-cnippou-000-0-view
日本から全量輸入している半導体工程コーティング素材の国産化に政府出捐研究機関と中小企業が成功した。国家核融合研究所(核融合研)は微細粉末状態でも凝集しない溶射コーティング素材「酸化イットリウム(Y2O3)」を溶射コーティング専門会社セウォンハードフェイシングと共に最初に製造したと明らかにした。

酸化イットリウムは半導体工程の装備に必要な素材で、国内半導体企業は日本から輸入して使用している。

溶射コーティングは粉末状態の材料を半導体部品の表面に吹き付けて覆う技術。製品の耐熱・耐久性を高める過程だ。

韓国で製造した酸化イットリウムは核融合研のプラズマ技術を適用した。核融合研は国産酸化イットリウム製品のレベルは日本より優秀だと説明した。粉末同士が押し合う反発力が生じて凝集せず流れやすく、緻密で均一のコーティング膜を形成するのに粒子の大きさや流動度の側面で日本産を上回るということだ。

国家核融合研究所のホン・ヨンチョル博士は「プラズマ技術は半導体工程でなくとも幅広く素材産業に活用できる」とし「これを活用した素材技術国産化研究を続けていく計画」と述べた。
https://japanese.joins.com/article/093/257093.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1567077931/


続きを読む

シンギュラリティー「ノストラダムスと一緒」新井教授

1: 田杉山脈 ★ 2019/08/21(水) 20:15:25.03 _USER
sdvd04_l
進化する人工知能(AI)に雇用を奪われないように、子どもたちに読解力をつける取り組みを進めている国立情報学研究所の新井紀子教授(56)に「AI時代の教育」について尋ねた。

 ――AIにできること、できないことは?

シンギュラリティー:人工知能(AI)が人間を超えるまで技術が進むタイミング。技術的特異点と訳される。そこから派生して、社会が加速度的な変化を遂げるときにもこの言葉が使われ始めている。

「AIといってもしょせんはソフトウェアに過ぎません。しかも、コンピューターの原理を考案した英国の数学者、アラン・チューリングが20世紀初頭に論文で記した『計算可能な関数』の一部が実現できているだけ。『意味が何なのか』は数学では未解明な領域なので、まだチューリングの手のひらの上に私たちはいる。量子コンピューターができたとしても、総体としての人間をAIが超えることはないでしょう」

 ――AIが人の知能を超えるシンギュラリティーは来ないと?

 「シンギュラリティーを唱えている人たちは、『1999年に空から恐怖の大王がくる』と言っていたノストラダムスの大予言と一緒ですね。ノストラダムスは、ヒトラーの出現もケネディ米大統領の暗殺も公害も予言したことになっています。でも予言といっても、後から起きたことをあてはめてみれば何となく当たったことになる。そう唱える人たちは(シンギュラリティーが来るといわれる)2045年になるまで責任をとらなくていい。メディアも含め、なぜ踊らされているのだろう、と思います」

 ――将来、AIによる世界恐慌で失業者があふれる時代が来るとも予想されています。AIに奪われる職業、そして残る職業は何でしょう?

 「AIに限定せず、キャッシュ…
ソースに動画
https://www.asahi.com/articles/ASM7K3669M7KULZU001.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1566386125/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ