SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


Web系関連記事: プログラミング、開発関連

プログラミング、玩具で入門 小学校での必修化で市場拡大

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/18(火) 18:08:07.15 _USER
prm1812170001-p1
平成32年度から小学校で必修化される「プログラミング」。コンピューターにさまざまな仕事をさせるための指示を出す技術で、子供の論理的な思考力を養うためには欠かせない。難しそうな印象を抱かれがちだが、遊びながら学べる玩具が増えており、クリスマスの贈り物にもぴったりだ。

11月下旬、東京都品川区のビルのワンフロアでプログラミング教室が開かれた。玩具大手、セガトイズの主催で、孫を連れたシニアら11組が参加し、タブレット型の玩具を使ってプログラミングを楽しんだ。

教室で使われたのは、同社が11月に発売した「マジカル・ミー・パッド」(希望小売価格2万1600円・税込み)。搭載された迷路遊びなどのミニゲームを通じてプログラミングを学ぶことができる。インターネットに接続せずに使えるため安全性も高い。
以下ソース
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/18/news060.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545124087/


続きを読む

80〜90年代のDOSゲームがプレイできるミニゲーム機「PC Classic」--30本以上搭載

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/18(火) 15:37:56.15 _USER
 米国のゲーム開発会社Unit-e Technologiesは、テレビに接続して30本以上のMS-DOS用ゲームをプレイ可能な小型ゲーム機「PC Classic」を発表した。2019年春の終わりごろから初夏にかけて販売を始める計画。予定販売価格は99ドル(約1万1000円)。
https://unitetechno.com/dt_catalog/pc-classic/

no title

30本以上のMS-DOS用ゲームがプレイできる(出典:Unit-e Technologies)

 PC Classicは、昔懐かしいMS-DOS搭載PCのような形をした手のひらサイズのデバイス。HDMIまたはコンポジットビデオでテレビに接続するだけで、1980年代と1990年代のPC用ゲームがプレイできる。

no title

昔懐かしいMS-DOS搭載PCのような形(出典:Unit-e Technologies)
 操作は付属ゲームパッドのほか、PC用キーボードとマウスでも可能。PC Classic用にコンパクトなキーボードなども開発して販売したいという。

no title

デモプレイのようす(出典:Unit-e Technologies)

 2018年11月初めの発表時点では、量産やゲームライセンス獲得に必要な資金集め目的のクラウドファンディングを、11月終わりから12月初めのあいだに開始するとしていた。
https://www.facebook.com/UnitETechnologies/posts/1907896472633179
しかし、記事執筆時点(日本時間12月18日11時30分)で、公式サイトやFacebookページ、Twitterアカウント、ニュースレターで続報は伝えられていない。
https://www.facebook.com/UnitETechnologies
https://twitter.com/UniteTechno

https://youtu.be/2sjbrqR36w4


PC Classicの紹介ビデオ(出典:Unit-e Technologies/YouTube)

2018年12月18日 14時15分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35130294/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545115076/


続きを読む

ペイペイ不正利用「ダークウェブ」でカード情報入手か

1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2018/12/18(火) 14:11:11.26 _USER
スマートフォン(スマホ)を使った決済サービス「ペイペイ」で、クレジットカードが不正に利用される被害が相次いで発覚した。セキュリティーの専門家によると、匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」上では日本人のカード情報が大量に流出、流通しており、今回の不正利用との関連が疑われている。アプリにカード情報を登録する際の仕組みも悪用されており、不正対策の強化が求められている。
no title


■数十件の被害

ヤフーとソフトバンクが出資する決済会社のペイペイ(東京・千代田)は今年10月、スマホを使った決済サービスを始めた。スマホにペイペイのアプリをダウンロードし、スマホにQRコードを表示して店側が読み取ることでキャッシュレス決済ができる。

ペイペイは12月4〜13日まで総額100億円を還元する大規模なキャンペーンを実施。支払った額の2割を還元する内容で、このキャンペーン時に、他人のカード情報をアプリに入れて買い物をするなどの不正利用があったとみられる。被害は数十件に上るとみられ、既に警視庁にも複数の被害相談が寄せられている。

■闇サイトで入手か

匿名性の高い闇サイト群「ダークウェブ」は特殊なソフトがないと閲覧できず、発信元の特定が難しいサイトの総称で、違法薬物や銃器が取引され、犯罪収益の資金洗浄にも使われる。セキュリティーの専門家によると、ダークウェブ上には、クレジットカード番号や数字3桁のセキュリティーコードなど、カード決済に必要な情報が売買されている「闇市場」が複数存在する。日本人のカード情報も大量に流通しており、今回の不正に使われたカード情報との関連も疑われるという。

別の専門家によると、ダークウェブではクレジットカード情報が1件あたり数ドルで売買されている。日本人のカードは与信力が高いとされ、1件あたり10ドルを超え、さらに有効期限までが長いと100ドルほどになることもあるという。

■ロックかからず

ペイペイのアプリの利用にはカード番号やセキュリティーコードなどを登録する必要があるが、これまではセキュリティーコードなどを複数回、間違えてもロックがかからず繰り返し入力できたという。

インターネットサイトのログイン時や、ネット上のカード決済時にはパスワードやセキュリティーコードを複数回間違えて入力すると、ロックがかかる仕組みの場合が多い。しかし、ペイペイのアプリでは間違ったセキュリティーコードを入力してもロックがかからず、何度でも入力できるシステムだった。

セキュリティーに詳しい国際大学GLOCOMの楠正憲客員研究員は、クレジット番号やセキュリティーコードについて「数字の組み合わせを手当たり次第に試し、正しいコードを探り当てる『総当たり攻撃』が行われた可能性がある」と話す。ダークウェブ上の情報に加え、こうした手法で入手した情報が不正利用に使われたとみられる。ペイペイは入力回数に上限を設けるなどの改善策を既に取ったという。

■誰が補償するのか

今回、不正利用に遭った被害者への弁済はどうなるのか。ペイペイの広報担当によると「基本的には顧客の補償はクレジットカード会社が実施する。その上で、カード会社とペイペイで補償についてどちらが負担するかなどを協議する」としている。ペイペイは身に覚えのない請求が来た場合、カード会社に確認するよう呼びかけている。

一般社団法人、日本クレジット協会(東京・中央)によると、2017年のクレジットカードの不正利用被害額は236億円に上る。00年の308億円をピークに減少が続いていたが、12年の68億円から増加に転じ、被害は年々拡大している。

被害の大半は、カード情報を不正に使われる番号盗用被害だ。同協会の担当者は「インターネット上のカード決済が広がり、本体を偽造しなくても不正利用ができるようになったため」と分析している。

今回の不正利用について、警視庁は今後調べを進めるとみられるが、ダークウェブ上でカード情報を売買している場合、それぞれの身元を確認するのは難しいという。過去にダークウェブ上で他人のカード情報を入手したとして摘発されたケースがまれにあるが、実態の解明は難航するとみられる。

2018/12/18 11:47
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39071890Y8A211C1CC1000/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1545109871/


続きを読む

「メモ帳」に多数の改善、BOMなしUTF-8がデフォルト保存形式に 〜「Windows 10 19H1」

1: 田杉山脈 ★ 2018/12/11(火) 19:24:37.93 _USER
gdfgindex
米Microsoftは12月10日(現地時間)、「Windows 10 Insider Preview」Build 18298(19H1)を“Windows Insider Program”の“Fast”リングに参加するユーザーに対して公開した。本ビルドでは「メモ帳」で多くの機能強化と改善が施されている。

 まず注目したいのは、バイトオーダーマーク(BOM)のないUTF-8エンコーディングが標準になったことだろう。Build 18298の「メモ帳」は保存の際に、文字コードを“ANSI”、“UTF-16 LE”、“UTF-16 BE”、“UTF-8”、“UTF-8(BOM 付き)”の6種から選択可能で、初期設定はBOMのない“UTF-8”にセットされている。

BOMのないUTF-8(UTF-8N)はASCIIと下位互換性がある。また、BOMを扱えないソフトでも読み込むことが可能で、HTMLファイルの保存形式としても広く使われており、Webとの親和性が高い。従来の「メモ帳」は、UTF-8エンコードで保存すると必ずBOMを付けるため、Web制作の現場では忌避されてきたが、これからはそうしたことも減るだろう。

 ちなみに、現在開いているテキストファイルの文字コードは、ステータスバー右端で確認が可能。ステータスバーが表示されていない場合は、[表示]−[ステータスバー]オプションを有効化するとよい。

また、未保存のテキストを扱っている際、タイトルバーの先頭にインジケーター“*(アスタリスク)”が付記されるようになったのも本ビルドにおける変更だ。他のテキストエディターでは当然のように搭載されている機能で、「メモ帳」にそれがなかったことがむしろ驚きともいえるが、ないよりはあるほうがやはり好ましい。260文字(MAX_PATH)を超える長いパスを持つファイルを扱えるようになったのも、うれしい改善点だ。

 そのほかにも、キーボードショートカットがいくつか追加された。とくに「メモ帳」の新しいインスタンスを作成するショートカットキーは役立ちそうだ。

[Ctrl]+[Shift]+[N]キー:新しい「メモ帳」ウィンドウを開く
[Ctrl]+[Shift]+[S]キー:[名前を付けて保存]ダイアログを開く
[Ctrl]+[W]キー:現在の「メモ帳」ウィンドウを閉じる
 Microsoftは最近「メモ帳」の強化に注力している。不具合や改善要望があれば、新設の[ヘルプ]−[フィードバック]メニューから「フィードバック Hub」へアクセスし、フィードバックを送るとよいだろう。
https://forest.watch.impress.co.jp/docs/news/1157696.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544523877/


続きを読む

「AlphaZero」がチェス、将棋、囲碁の各世界最強AIを打ち負かす

1: ムヒタ ★ 2018/12/09(日) 10:34:18.81 _USER
わあindex
 米Alphabet傘下の英DeepMindは12月6日(現地時間)、「AlphaGo Zero」から進化させた強化学習採用のAI「AlphaZero」が、チェス、将棋、囲碁のそれぞれの世界最強AIを打ち負かしたと発表した。

 強化学習(reinforcement learning)は大まかに言うと、学習用のデータを使わずに、AIが選択した行動が正しければ報酬を与えることで、AIの状況判断能力を上げていく機械学習方式。AlphaZeroはまた、行動の選択に「モンテカルロ木探索(MCTS)」と呼ばれる検索アルゴリズムを使う。

 AlphaZeroはこの方法で、チェスを9時間学習した後チェスの世界チャンピオンAI「Stockfish」を、将棋を12時間学習した後世界コンピュータ将棋選手権の2017年の勝者「elmo」に、囲碁を13日間学習した後AlphaGo Zeroに勝利した。

 AlphaZeroはMCTSを使うことで、例えばチェスではチャンピオンのStockfishが1秒当たり約6000万のポジションを検索するのに対し、わずか6万しか検索せずに済むという。

 また、AlphaZeroは、系列である米Googleのオリジナルプロセッサ「TPU」を5000基使っている。ちなみに、TPUは1基だけで1日当たり1億点のGoogleフォトを処理する能力がある。

 DeepMindは、AlphaZeroの目的はチェスや将棋、囲碁に勝つことの先にあり、様々な実世界の問題を解決するシステムを構築することにあると語った。AlphaZeroは、単一のアルゴリズムが一連の設定で新しい知識を発見する方法を学べることを示しており、まだ初期段階ではあるが「複雑な問題に対する斬新な解決策を見いだす汎用的な学習システムを構築するというわれわれのミッションに自信を与えてくれた」という。
2018年12月09日 08時18分
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1812/09/news018.html
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1544319258/


続きを読む

プログラミングおじさん集合 「COBOL」がTwitterトレンド入り!

1: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [ニダ] 2018/12/02(日) 21:28:58.52 BE:447187251-2BP(1500)
dvxindex

プログラミング言語「COBOL」がTwitterトレンド入り AWS Lambdaのサポート言語に追加、技術者がざわつく
2018年11月30日

 米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は11月29日(現地時間)、AWSクラウド上でプログラムを実行できるサービス「AWS Lambda」に、任意のプログラミング言語が使える「Custom Runtimes」を追加した。
これを受けて日本のTwitterでは30日(日本時間)、サポート言語に含まれていた「COBOL」がトレンド入りした。

 AWS Lambdaはサーバレスでプログラムを実行できるクラウドサービス。サーバの準備や管理が不要で、アップロードしたプログラムの処理が実行された時間だけ料金が発生する仕組み。
例えば、海外のニュースメディアではWebサイトに表示する画像を異なるデバイスに合わせてリサイズするような処理で使われているという。

 Lambdaがこれまで対応していたプログラミング言語は「Node.js(JavaScript)」「Python」「Java」「C#」「Go」「PowerShell」で、新たに「Ruby」を追加した。
さらに、任意のプログラミング言語が使える新機能のCustom Runtimesでは、「Erlang」「Elixir」「COBOL」「N|Solid」「PHP」「C++」「Rust」をサポートする。

 この中にある「COBOL」(Common Business Oriented Language)は、1950年代、事務処理システム向けに開発されたプログラミング言語。構文が英語の自然言語に近い特徴を持つ。

photo
 より効率的な新言語が登場する中で、“レガシー(遺産)言語”とも冷やかされるが、現在も金融系のメインフレームなど大企業の基幹業務システムで多く使われている。
長年に渡り古いシステムを使い続けるのは、改修にかかる莫大なコストに対して見合うメリットが薄いためとされている。だが年々COBOLを習う技術者は減っており、将来は人手不足に陥るとの見方もある。

 Twitterでは、COBOLがトレンド入りしたことに対して「なぜ?」という疑問の声とともに、「平成の終わりにCOBOLがトレンド入りとは……」「久しぶりに名前を聞いた」「習ったことのない言語ですね」
「IT界の生きる化石」「今も普通にCOBOLで仕事してます」「技術者が足りません!」「まだ金融系で使われていますからね……」といったコメントが寄せられている。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1811/30/news102.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543753738/


続きを読む

もはやWi-FiはキャリアのLTE電波網よりも通信スピードが遅いことが浮き彫りに

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/26(月) 18:16:22.52 _USER
かつてスマートフォンでYouTubeなどを見る時には「Wi-Fiにつないだ方が通信が速くて安定する」などと言われることが多かったものですが、世界中の通信状況をまとめたレポートからはもはやWi-Fiは4G LTE通信網よりもスピードが遅くなっている状況が明らかになってきています。

Mobile networks are killing Wi-Fi for speed around the world ? The Register
https://www.theregister.co.uk/2018/11/23/mobile_v_wifi_speed_report/

このレポートは、携帯電話基地局やWi-Fiスポットの通信速度状況をユーザーがアプリで測定して共有するOpenSignalが発表したもの。33カ国・約780万台のデバイスから得られたデータをもとにまとめた内容からは、キャリアの通信網が劇的なスピードアップを果たしてWi-Fiに追いつき、追い越している状況が明らかになっています。

各国ごとの速度状況を示したのが以下の2つのグラフ。左のグラフではモバイル回線の速度(オレンジ)とWi-Fiの速度(青)が示されているのですが、なんと全ての国でオレンジ色のグラフが青色のグラフを上回っている状況。最もモバイル回線の速度が早いオーストラリアでは、34.6Mbpsという数値がたたき出されています。また、右のグラフはモバイル回線とWi-Fiの速度差を示しており、最大で13.0Mbps(オーストラリア)もの開きが存在していることがわかります。
no title


この調査は、特定のWi-FiスポットではなくOpenSignalアプリを使っているユーザーが自分で測定したデータをもとに実施されているもので、世界各地にある不特定多数のWi-Fiスポットとキャリア通信網のデータがベースになっています。対象となったのは、2018年8月5日から11月3日までの期間に計測された632億2315万678サンプルのデータとのこと。

この状況は、各国で4G通信が普及してモバイル通信網の速度が劇的に向上したことによるもの。LTE通信だけを取り出してWi-Fiとの速度差を比較すると、以下のようにレバノンでは25.0Mbpsもの速度差が生じていることがわかります。
no title


モバイル通信網の速度(縦軸)とWi-Fiの速度(横軸)をプロットしたグラフだとこんな感じ。このグラフでは下り速度(ダウンロード速度)だけが対象になっているのですが、モバイル通信速度とWi-Fi速度が拮抗する白いエリアを中心に各国が分布していることがわかります。
no title


まだモバイル回線が2G・3G規格の頃はWi-Fiが明確な優位性を示していたはずですが、LTE通信の台頭とともに各国でモバイル通信環境が劇的に改善。さらに今後、5G通信の普及が始まるとこの差はさらに拡大するものと見られています。
https://gigazine.net/news/20181126-mobile-network-faster-than-wi-fi/
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1543223782/


続きを読む

AI技術で「IQが低い生命」を選別、米企業が開発

1: 田杉山脈 ★ 2018/11/21(水) 23:41:39.90 _USER
gsdgindex
人工知能の倫理が何かと問題視されることが増えてきたが、最近、米国から「人工知能を使う人間の倫理」が問われそうなユースケースが報告された。

海外各メディアが報じたところによれば、米国の遺伝子検査企業Genomic Predictionが、人工知能など技術を用いて、生まれる前の赤ちゃんのIQを受精卵の段階で判定できる技術を開発。体外受精の施術過程で生まれてくる赤ちゃんの知能の予測する用意を、不妊治療専門の病院などとともに進めているという。

Genomic Predictionは、ミシガン州立大学のStephen Hsu教授らが2017年に立ち上げた企業だ。遺伝子検査に人工知能技術を取り入れることで、IQだけでなく、心臓病や糖尿病など身体的疾患、また精神的欠陥すらも、胚や受精卵の段階で選別できると主張している。

ここで言う、IQを調べる遺伝子検査のフローは以下の通りだ。まず、人工授精を行って5日経過した胚から細胞を抽出。そこからDNAを分離する。次いで、知能と関連した数百の遺伝子を同時に検査し、女性に着床させる胚を選別する。この最後の段階で、人工知能によるIQ予測値が90〜110の平均より25ポイント低い場合は、“廃棄”することができる。

ちなみに科学の世界では、昨今、遺伝子と知能に関連するとする研究が盛んに発表されはじめている。例えば、昨年3月には、英エディンバラ大学の研究チームが、英国人24万人の遺伝子検査をおこなった結果、知能と関連した遺伝子538種を発見したと発表している。

Genomic Prediction側は、IQを調べることについて、平均より著しく低く生まれつく“リスク”を遮断するためと説明。一方で、倫理的議論が高まることを懸念して、高いIQを持つと予測される受精卵の選別には手を出さないとしている。

とはいえ、このように人工知能など最新テクノロジーを使った妊娠・遺伝子選別技術は、新たな優生主義の出現や、「生命のカスタマイズ」をさらに促すものであることはまず間違いないだろう。男児を産み分けることが需要として肥大化してしている中国やインドの例のように、一部の人々がGenomic Prediction側が否定するような、高いIQを持つ胚、もしくは赤ちゃんだけを望み、それに応える形でサービスや技術が“進化”を遂げてしまうシナリオも大いにありえる。

IQによる産み分けは、倫理的側面からもさることながら、合理性という側面からも議論が必要となってくるはずだ。無駄やリスクを徹底的に排除する社会は、人々を忙しく、またある意味で生きづらくする。そのプロセスを生前にまで拡張することは、人間にとって果たして良いことなのだろうか。

合理性の果てに、胚や受精卵の状態とはいえ生命を奪うことになるだけに、慎重かつ深淵な議論が展開されていくことを願いたい。
https://forbesjapan.com/articles/detail/23992
引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1542811299/


続きを読む

なぜ“デスクトップLinux”は普及しなかったのか?

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [DE] 2018/11/20(火) 01:31:45.18 BE:306759112-BRZ(11000)
20181119-00000068-zdn_ep-000-1-view

 10月末に発表されたIBMがRed Hatを買収した件は話題になりました。この件でいろいろ調べていたら、こんな記事が目に止りました。

 この中にこんな一節があります。

LinuxがMicrosoftのデスクトップ支配に敢然と立ち向かうかのように見えた90年代半ばの熱狂とは異なっているものの

 確かに、昔はLinuxは“デスクトップWindows”に闘いを挑んでいたのですよね。
今でももちろん“デスクトップLinux”はありますが、主流はサーバ向けで、Red Hatの成功もそこから来ています。

 私は今の会社を立ち上げる直前、Red Hat Japanに在籍していました。12?3年前です。
当時はLinux(というかオープンソース)はMicrosoftと全面戦争状態にあり、
Red Hat社員のPCはほぼ全てデスクトップLinuxでした(経理など一部の部門にはWindowsもありましたが)。
そのとき、「やはりLinuxはデスクトップユーザーには使いづらい」ということを感じました。

 バリバリのOSSコミュニティーの人たちは、「かなりWindowsに近くなった」「少し我慢すれば全然大丈夫」などと言っていましたが、
ずっとMacintoshやWindowsを使ってきて、半ば強制的にデスクトップLinuxを使わされた身としては、「あれもできない、これも不満」という状況でした。

 つまり、作っている側は「かなり良い線いってる」と思っていたのが、ユーザーから見ると「全然駄目」だったわけで、
この辺のギャップにデスクトップLinux失敗の要因があったように思います。





なぜ“デスクトップLinux”は普及しなかったのか?
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1811/19/news029.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542645105/


続きを読む

「VR」ていつになったら始まるの?w

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/11/14(水) 14:11:30.31 BE:422186189-PLT(12015)
dvcindex

カジノを含む統合型リゾート=IRの誘致を目指す大阪府と大阪市は、VR、仮想現実を目玉の
一つにすることを検討している。

14日午前10時から行われた大阪府と市の会議では、夢洲に誘致を目指している統合型リゾート
=IRで、どのような事業を展開するか議論された。

IR施設には、日本の伝統文化や芸術などを発信する拠点となることも期待されていることから、
仮想現実=VRを活用し、全国の観光地などを疑似体験できる施設が取り上げられた。

http://www.news24.jp/nnn/news16222197.html
引用元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542172290/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ