SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


Web系関連記事: プログラミング、開発関連

早ければ2018年度から! なぜいまプログラミングなの?

1: ノチラ ★ 2017/04/27(木) 09:30:16.47 _USER
no title

 各教科の目標や学習内容を定めている学習指導要領の改定で、2020年度から、国内の小学校でプログラミング教育が必修になります。改定内容は各学校の判断で先取りが可能で、早ければ2018年度から、改定内容を踏まえたプログラミング教育が小学校ではじまります。

なぜ、小学校でプログラミング教育が必修になるのでしょうか。新しい学習指導要領では、プログラミング教育について、「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるため学習活動」と規定しています。

 これは、一見すると、プログラミングのテクニックを学ぶことのようにも思えますが、そうではありません。文部科学省では、学習指導要領の改訂に先立って、専門家による有識者会議を開き、プログラミング教育を小学校で導入することについて検討しました。有識者会議では、プログラミング教育の目的について、「将来どのような職業に就くとしても、時代を超えて普遍的に求めれる力としての『プログラミング的思考』などを育む」としています。つまり、小学校でプログラミングについて学ぶのは、論理的思考力など、これからの社会で必要な素養を子どもたちが身に付けるためなのです。

 小学校でのプログラミング教育は、どのような内容になるのでしょう。下の図に、小学校で始まるプログラミング教育の実施例を紹介しました。このようにプログラミングは、新しい特別な科目で学ぶわけではなく、理科や算数、音楽など、さまざまな科目の中で体験することになります。
no title

http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/041800112/042100004/
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493253016/


続きを読む

「CEOの仕事もAIに奪われる」--アリババのJ・マー会長、人工知能の危険性を警告

1: ノチラ ★ 2017/04/26(水) 13:01:56.07 _USER
index
企業の最高経営責任者(CEO)たちよ、気をつけろ。あなたたちの仕事は、30年後にはなくなっているかもしれない。そう話すのは、中国Eコマース大手Alibaba(アリババ)の共同創設者で会長のJack Ma氏だ。

 The Guardianの報道によると、Ma氏は中国の鄭州で開催のアントレプレナーシップカンファレンスで講演し、次のように述べた。人工知能(AI)は、人間よりも理性的に計算や判断ができるようになるだけでなく、人間と違って感情に影響されることもないという。

 さらに、AIに仕事を奪われることが原因で社会的な衝突が発生し、高齢の労働者が少なくなった仕事を求めて争うようになるので、「幸せよりも多くの苦しみ」が引き起こされるとMa氏は警告した。

 AIの危険性について、テクノロジ専門家が警告するのは、Ma氏が初めてではない。TeslaのElon Musk氏や著名な物理学者のStephen Hawking氏もAIの危険性を訴えている。Musk氏は、AI研究が暴走して人類を抹殺してしまうのを防ぐために、基金まで設立した。
https://japan.cnet.com/article/35100332/
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1493179316/


続きを読む

UBIソフト「社員募集します!プログラミング経験3年以上 TOEIC800以上…」

1: バーニングハンマー(徳島県)@\(^o^)/ [BR] 2017/04/13(木) 15:34:25.45 BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
index
「年収、280万!w」
応募資格
ゲームプランナー(Game Designer)
■必須条件:
3年以上のゲーム開発の企画経験をお持ちの方
英語力上級(目安として、TOEIC 800以上)

■歓迎条件:
・欧米の流行、大衆文化、及び各メディアに関する知識をお持ちの方
・PowerPointやExcel, Wordのスキルをお持ちの方
・PhotoshopやIllustratorなどのアプリケーションやエディタのスキルをお持ちの方
・プロジェクトのディレクション経験もしくはリード経験をお持ちの方

■必須条件:
3年以上の据え置き型ゲーム機のデザイン実務経験をお持ちの方
引用元: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492065265/


続きを読む

「店長らが休日出勤しなくて済むようになった」小売業界で発注のセミオート導入などAI活用の動き広がる

1: 曙光 ★ 2017/04/01(土) 20:23:56.32 _USER9
8index
 小売業界で人工知能(AI)を活用する動きが広がっている。コンビニエンスストア大手のローソンは、最適な数で弁当やおにぎりなどを発注するシステムを全店舗に導入。カジュアル衣料品店「ユニクロ」も商品開発や在庫管理にAIを導入し、深刻化する人手不足を乗り切ろうとしている。

 「これまで商品発注が1時間かかっていたが、20〜30分短縮できた」

東京都杉並区などのローソン店舗で指導員を務める平木しゅんすけストアコンサルタントはこう語る。
ローソンは平成27年に全店舗で「セミオート発注システム」を導入。過去の販売実績や、その日の天候などを踏まえ、AIが最適な商品数を算出し、ボタン一つで発注できる。
従来は、オーナーや店長が売れ行きに応じ、商品ごとに発注していたが、弁当など約400品の発注をセミオートに切り替えた。
セミオートの導入で、「店長らが休日出勤しなくて済むようになった」(平木氏)。操作が簡単なため、現在は発注業務をアルバイトに任せている。また、「(店長らが)空いた時間を売り場づくりに充てられるようになった」(平木氏)という。


ユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「将来的には店舗に顧客が来店した際、AIを使って、(過去の購入履歴などを踏まえた)お薦め商品をスマートフォンに示すサービスも始めたい」と語る。
総合スーパーのイオンリテールは、社員が業務で分からないことをスマホでAIに尋ねると、AIが回答するシステムを導入する。
国内では少子高齢化が進み、賃金の安い外食・小売業界は人材の確保が難しくなっている。AI活用は欠かせなくなるとみられるが、今後はAIを運用できる人材をどう育成し、業務をどう効率化するかが大きな課題となる。(黄金崎元)

http://www.sankei.com/economy/news/170401/ecn1704010025-n1.html
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491045836/


続きを読む

開発者に嫌われているプログラミング言語トップ25

1: 海江田三郎 ★ 2017/04/01(土) 15:35:15.94 _USER
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/30/133/
no title


fossBytesに3月28日(米国時間)に掲載された記事「Which Are The Most Loved and Most Hated Programming Languages|2017」が、
Stack Overflow Developer Survey 2017の調査結果を引き合いに出し、開発者に愛されているプログラミング言語と嫌われている
プログラミング言語のトップ25を伝えた。愛されているプログラミング言語1位はRustで、これにSmalltalkとTypescript、Swift、Goが続いている。

嫌われているプログラミング言語トップ25は次のとおり。

Visual Basic 6
VBA
CoffeeScript
VB.NET
Matlab
Objective-C
Assembly
Perl
Lua
Hack
Groovy
Common Lisp
Dart
Erland
PHP
C
Ruby
R
Java
Julia
C++
SQL
Haskell
F#
JavaScript

嫌われているリストは、開発者が利用中のプログラミング言語について、今後も使い続けたいと思うかどうかの
割合が低いもを上から並べたものとなっている。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1491028515/


続きを読む

セルフレジ増加で反対デモ フランスでは何が起こっているのか

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/26(日) 14:24:11.97 _USER
E1490023666430_2e3b_1
http://www.excite.co.jp/News/bit/E1490023666430.html

セルフレジは人々の未来をプラスに導くのか。
日本でも年々広がるレジの無人化。セルフレジには、従来のバーコードを1点ずつ読み取る方式のものから、
衣料品店「GU」が導入したICタグを用いて一気に精算する最新式のものまで、さまざまだ。

セルフレジが広がる背景には、店側のレジを機械化することで人件費を抑えられる利点と、
消費者側の品数が少ない場合のレジ時間の短縮や購入品のプライバシーを保てる点との合致がある。
もちろん高齢者にとっては、慣れない操作に不便を感じることはあるが、社会全体の傾向としてレジの無人化は確実に広がっている。
将来レジ係という職業が消滅する日も近いかもしれない。

これら機械による人の職業の代替は、人工知能の研究を行う英オックスフォード大学マイケル・A・オズボーン准教授が
2013年に、論文として発表し話題になった。同論文では、レジ係の他にタクシー運転手、保険契約の審査員など多岐にわたる職業が、
将来的になくなる可能性が高いと予想している。
機械化を便利に感じる一方で、機械および人工知能による代替は、私たちの将来にどのような変化をもたらすのか。
フランスではこの功罪について、議論が広がっている。

セルフレジが奪うフランスの雇用
2017年1月、仏大手スーパーマーケット「オーシャン」の労働組合CFDTは、仏北部リール近郊、同北西部シェルブール、
パリ北西部セルジー・ポントワーズの3旗艦店舗において、セルフレジの増加に反対するデモを行った。
同組合は「セルフレジの代替により、少なく見積もっても今後3年間で2000人以上のレジ係の雇用が失われる」と主張する。

日本と同様にフランスでも、セルフレジに限らず多くの分野で無人化が進む。パリ地下鉄では一部路線を自動運転となり、
2017年1月からはバスの自動運転の試験走行がパリとリヨンで始まった。空港では自動手荷物預け機が、チェックインだけでなく
乗客の荷物を流すところまでを無人化している。(ただ現状では、無人化してもメンテナンス不足など日本と比べヒューマンエラー
由来の不具合が多発するフランスにおいて、いつもシステムが問題なく自動で動くことは多くないが……)。

これらオートメーション化は反対意見ばかりではない。
フランス人からは「この国はストライキばかり起きるから、いっそのこと人間じゃなくロボットに代替させた方が、
文句も言わず交通機関も止まることもなく動くから良いのでは」といった皮肉も耳にする。
実際、機械による人間の職業の代替が、社会全体の雇用に対して及ぼす影響については、まだはっきりしていない。
「機会化が人間の職を奪う」とする説もある一方で「機械が代替したとしても新たな職種が創出される」とする説もある。
どちらにせよ、機械およびそれを制御する人工知能の発達は、今後の世界において間違いなく1つのキーワードになるだろう。

近年欧州でも、機械化と人工知能についてはしばしば議論が行われており、人間と同様にロボットにも課税すべきという意見が出てきている。
例えば2017年2月、欧州議会はロボットに関する法律的枠組みをEUとしてどう扱うかについて、
「ロボットへの課税は企業競争力と雇用に、とてもマイナスの影響を与える」と判断した。一方フランスでは、
今年4月に始まる大統領選で1つの方向性を示した候補者がいる。左派・社会党から出馬したアモン前教育相だ。
アモン氏は、工業ロボットに課税をし、これを財源とすることでベーシックインカムを段階的に導入する、と訴えている。
ベーシックインカムとは、全ての国民に政府が最低限の生活を送るのに必要な金額を支給するという考え方。
公約でアモン氏は、将来的に月750ユーロ(約9万円)の支給を実現したいという。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490505851/


続きを読む

2017年版人気の高いプログラミング言語トップ100

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/18(土) 12:21:03.53 _USER
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/15/098/
2364663p

fossBytesに3月11日(米国時間)に掲載された記事「100 Most Popular Programming Languages Of 2017」が、TIOBE Softwareが集計している
TIOBE Programming Community Indexのデータを基に、人気の高いプログラミング言語トップ100を紹介している。1位から100位までにランクインしているプログラミング言語は次のとおり。

Java
C
C++
C#
Python
Visual Basic .NET
PHP
JavaScript
Delphi/Object Pascal
Swift
Perl
Ruby
Assembly language
R
Visual Basic
Objective-C
Go
MATLAB
PL/SQL
Scratch
SAS
D
Dart
ABAP
COBOL
Ada
Fortran
Transact-SQL
Lua
Scala
Logo
F#
Lisp
LabVIEW
Prolog
Haskell
Scheme
Groovy
RPG (OS/400)
Apex
Erlang
MQL4
Rust
Bash
Ladder Logic
Q
Julia
Alice
VHDL
Awk
51位から100位までは値が小さいとして次のようにアルファベット順で紹介されている。
(Visual) FoxPro, ABC, ActionScript, APL, AutoLISP, bc, BlitzMax, Bourne shell, C shell, CFML, cg, CL (OS/400), Clipper, Clojure, Common Lisp, Crystal, Eiffel,
Elixir, Elm, Emacs Lisp, Forth, Hack, Icon, IDL, Inform, Io, J, Korn shell, Kotlin, Maple, ML, NATURAL, NXT-G, OCaml, OpenCL, OpenEdge ABL, Oz, PL/I, PowerShell, REXX, Ring, S, Smalltalk, SPARK, SPSS, Standard ML, Stata, Tcl, VBScript, Verilog
TIOBEのリリースでは、 Java、C、C++、C#、Python、Visual Basic .NET、PHPなど、定番のプログラミング言語については、2002年から2016年にかけて人気の推移を紹介している。
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489807263/


続きを読む

脳に知識を直接アップロードする実験に成功 勉強は不要に

1: 経理の智子 ★ 2017/03/14(火) 20:32:52.84 _USER9
近い将来、試験勉強が数秒で済むようになるかもしれない。そんな夢の技術が現在開発されているという驚きのニュースが舞い込んできた。なんと、知識を脳に直接植えつけることが可能になるというのだ!

■脳を刺激するだけで言語習得、試験勉強が一瞬で可能に

知識を脳にインストールするといえば、思い起こされるのが映画『マトリックス』の1シーンだろう。主人公のネオに直接カンフーの技術がインストールされ、瞬く間にカンフーの達人になる場面だ。こんなことが実際に起こるというのだろうか?

英紙「The Telegraph」(3月1日付)によると、米航空機製造会社「ヒューズ・エアクラフト」の研究機関「HRL Laboratories」のマシュー・フィリップス博士らは、学習機能を格段に向上させる技術の開発に取り組み、素晴らしい研究成果を得たという。その成果の一端がこの度、科学ジャーナル「Frontiers in Human Neuroscience」掲載の論文で明らかになった。

博士らは、熟練したパイロットが飛行機を操縦している時の脳内電気信号を研究。その電気信号を素人の脳に電極付きのヘッドキャップを通して送り込み、フライトシミュレーターで操縦技術を学習させたところ、電気刺激を受けなかった被験者よりも学習が早く、課題を33パーセント増でこなしたという。フィリップス博士が興奮気味に語っている。

「我々の開発した脳刺激システムは画期的です。まるでSF映画のようですが、このシステムには膨大な科学的な基礎があります」(フィリップス博士)
「何かを学ぶと脳が物理的に変化します。ニューロン結合が形成され強まるニューロン可塑性がそれです」

no title

no title

http://tocana.jp/2017/03/post_12610_entry.html

★1の立った日時:2017/03/14(火) 12:46:10.56
引用元: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1489491172/


続きを読む

Visual Basicの今後

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/14(火) 09:42:54.35 _USER
66index
https://www.infoq.com/jp/news/2017/03/vb-strategy

Microsoftは先週,Visual Basic言語の将来的な開発計画に関する方針変更について発表した。
この発表は多くのVisual Basic開発者を不安にさせたが,Visual Basic言語のデザイナである
MicrosoftのAnthony D. Green氏が今回,その新戦略について詳しく説明してくれた。

Green氏はまず,VB開発当時の基本となった4つの基本的な原則について紹介した。

共通のIDE,VBとC#によるプラットフォームビルディングブロックの共有。
“マルチパラダイム,オブジェクト指向,命令型,強い型付け”といった言語特性の共有。
言語間の強固な相互運用性の必要性,API境界における言語イノベーションの最もリッチな機会提供(ジェネリクス,LINQ,非同期など)。
言語ツール仕様に対するユーザのフィードバック。


現在のVBについてMicrosoftは,Windowsプラットフォームをすでにターゲットとしている開発者だけでなく,
プログラミングの初学者一般(少なくともプログラミングが専業ではない人たち)に適した言語のひとつとして考えている。

C#にあってVBにはないもうひとつの影響要因は,非Windowsプラットフォームの台頭だ。Green氏の見解によると,
VBは,ゲーム開発やMac OS Xを対象とする開発には適していない。このようなWindows以外のプラットフォームへの
適合性の欠如は,ひとつのジレンマを引き起こす ? VBと比較した場合,オープンソースにそのルーツを持つF#や,
オープンソースツールのサポートが拡大するC#には,開発者の関心を集めてそこに留まらせる上で,
言語としてのアドバンテージがあるのだ。C#が多くの開発者を集め,彼らが言語の進歩により多くの貢献をすることによって,
さらに多くの開発者を引き寄せるという,正のフィードバックループが構成されているのだ。
Green氏が最後に指摘しているのは,C#とVBの開発スケジュールと機能の整合性を維持する点において,
リソースの制限による無理が生じているという点だ。Microsoftには,広範なフォードバックを最も速く,
最も多く獲得できるC#に注力したい意思がある。このフィードバックを通じて事例が得られ,
その概念がVB開発者にも価値があると思われた時点で,MicrosoftはC#からの移植を検討するのである。

VB言語に投資する価値があるのかどうか知りたい開発者にとって,このことは何を意味するのだろうか?
前述した4つの原則は次の目標に置き換えられている ? すなわちツーリング,プラットフォーム,そして言語だ。

VBの品質ツールが今後も注目すべき点であることを述べた上で,Green氏は,Visual Studio 2017のライブユニットテストに
おけるVBのサポートについて説明した。プラットフォームに関しては,今後も.NET Coreの.NET標準をサポート可能な
メンテナンスが継続される。言語そのものに新機能やキーワードは加えられるものの,それはC#に追加されたという理由からではなく,
VBの目的に適した場合のみに限られる。VBに追加されないものとして,Green氏は,UTF-8文字列を例にあげている。

VB開発者からの反応は非常に好意的で,その多くがVBのマルチプラットフォームサポート ? HoloLensなどMicrosoftのテクノロジを含む ? に期待を寄せている。Reed Kimble氏は言う。
“まさにニワトリと卵の問題です。Microsoftが機能を提供しないのは要望がないからです。要望がないのはMicrosoftが機能を提供していないので,
諦めなくてはならないと思っているからなのです。”
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489452174/


続きを読む

どうする?オラクル - 怒りを通り越してあきれるOracleユーザー

1: 海江田三郎 ★ 2017/03/13(月) 13:39:00.30 _USER
77
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/030700069/030900001/

 「Oracle Database(DB)は信頼性や可用性が高く、当社のシステムには欠かせない。しかしここ数年、保守料が右肩上がり。
T予算に占めるOracle DBの保守料金の割合が増えて困っている」。
 製造業A社のシステム部長は悩んでいた。会計や販売管理、生産管理など社内の主要なシステムは全てOracle DBを利用している。
しかし開発時期はバラバラで、システム構築を依頼したITベンダーもシステムごとに異なっていた。
Oracle DBのライセンスはシステム構築に合わせて、その都度購入している。システムごとに同じOracle DBとはいえ、
バージョンは異なり、システム部門の保守作業も手間になっていた。
 「Oracle DBを使っているシステムの維持費用を削減したい」。こう考えたシステム部長は、安定稼働していて、
今後も大きな業務機能の変更もないと想定できるシステムのデータベースの保守契約を止めようと考えて、該当システムの保守を依頼しているパートナーに相談した。

 ところがパートナーからの返事は、「米Oracleのサポートポリシー上、社内で利用しているすべてのOracle DBの保守契約を止めるか、
継続するしかできません」というものだった。Oracle DBを利用しているシステムの中には、今後、大規模な変更の可能性があるシステムもある。
全てのOracle DBの保守契約を止めるのは難しかった。

AWSへの移行が難しく
 そこでシステム部長は、社内システムのTCO(総所有コスト)の削減やシステム部員の保守作業の負担軽減を目指して、
一部のシステムでパブリッククラウドの採用の検討を始めた。
 「Amazon Web Services(AWS)であればOracle DBの稼働実績があり、移行しやすいのではないか。まずは小規模なシステムから使ってみれば、リスクが少ないのではないか」。
 こう考えたシステム部長は、ITベンダーの営業担当者を呼び、社内では比較的小規模で、ハードウエアの保守期限がもうすぐ切れる
購買システムを、AWSに移行するプロジェクトを2017年の半ばくらいから始めようと動き出した。
 その打ち合わせをしようとしていた2017年2月、AWSへの移行プロジェクトを依頼していたITベンダーの営業担当者から「大きな問題が発生した」
との連絡が入った。その内容は、「米Oracleからライセンス体系の変更に関する通知があり、
AWSでOracle DBを利用する場合、ライセンス費用が2倍になる可能性がある」というものだった。

 「またか」。システム部長はこの知らせを聞いて、余り驚かなかった。同様の経験があったからだ。
 2016年度、新規に構築しようとしていた売掛金処理のサブシステムに、Oracle DBの中で企業向けの最も安いライセンスである
「Standard Edition One(SE1)」を使おうとしたところ、SE1の販売が終了し、新たに「Standard Edition 2(SE2)」に変わっていた。
SE2はSE1の上位版のStandard Edition(SE)の後継になるため、SE1よりも豊富な機能が利用できる一方でライセンス料金は3倍になる。
 この時は結局、SE2を購入して新規システムを構築したが、サブシステムにSE1を利用することが多かったA社にとっては、SE1がなくなったのは痛手だった。
 「そろそろOracle DBの利用を見直すタイミングではないか」。システム部長はこう考え始めていた。

(続きはサイトで)
引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1489379940/


続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ