SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


テレビ

テレビ買いに行く⇒4kが綺麗すぎて、2kを候補外⇒だけど4kは買えない⇒俺はテレビ購入を諦めた

image
1: オリンピック予選スラム(千葉県) 2013/12/30(月) 13:07:20.87 ID:Sgd8vdVi0 BE:180522825-PLT(12001) ポイント特典
4K時代到来? 市場が立ち上がった「4Kテレビ」のこれから

 2013年のテレビ市場で、大きな注目を集めたキーワードは、なんといっても「4K」だ。

これまで特別なREGZA Xシリーズとして4Kを展開していた東芝は主力シリーズといえる“Z”の上位機としてZ8Xシリーズを展開、ソニーは6月にBRAVIA X9200A、10月にX8500Aシリーズと2ライン展開。
シャープは、夏にAQUOSブランドのAQUOS UD1シリーズを投入するなど、50〜70型のテレビの主力シリーズの一部として4Kモデルがラインナップされた。これは今夏までの動きだ。

 そして、年末商戦に向けて、10月にはパナソニックがVIERA「TH-L65WT600」を発売、11月にはLGエレクトロニクスがLA9700シリーズを発売し、三菱電機を除く大手テレビメーカーが4Kテレビで出揃った格好だ。

 今夏から年末に向けて盛り上がりを見せた4Kテレビ。それだけが要因でないものの、地上デジタル完全移行のあとに大きく落ち込んだテレビ市場も回復の兆しを見せており、GfKの予測では来年2014年は前年比でプラスになるとしている。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20131227_629138.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1388376440/


続きを読む

テレビ事業再建に逡巡、パナソニックの窮地

1 :のーみそとろとろφ ★:2011/07/04(月) 23:12:26.32 ID:???

 パナソニックは6月20日、東日本大震災の影響で開示を見送っていた2012年3月期の業績予想を発表した。
売上高は前期比横ばいの8・7兆円、営業利益は約1割減の2700億円と3期ぶりの減益になる見通しだ。

 震災による営業利益のマイナスは900億円と大きい。
液晶パネル工場の一つが生産停止したほか、自動車の減産で車載機器が打撃を受けた。
それでも通期1割の減益にとどまるとしたのは、新興国での増販や復興需要である程度補えると踏んでいるからだ。
営業利益は下期だけで2600億円と急回復を見込む。

 多くのアナリストの事前予想は2割程度の減益。今回の発表は株式市場へのポジティブサプライズのはずだった。

テレビは今期も赤字
 だが、翌日の株価は前日より6円安い923円と下落した。パナソニック株は今年に入って低迷が続いている。
年初の1200円から下がり続け、震災直後は826円まで落ち込んだ。これは30年ぶりの低水準だ。
現在も08年のリーマンショック時の安値を下回るのは、大手電機メーカーでパナソニックだけ。
JPモルガン証券の和泉美治アナリストは「低株価の理由は、テレビ事業の黒字化の遅れに対し、
会社側が明確な解を持たないこと」と指摘する。

 テレビ事業は年間1兆円を売り上げる主力だが、3期連続で数百億円の赤字とみられる。
円高によって国内生産に集中する路線が裏目に出たためだ。
10年も総投資額4500億円に上る薄型テレビ用パネルの二つの巨大工場を稼働させたばかりだが、
計画を練った07年当時は1ドル=110円台で、80円台は想定外。
「振り返れば、為替の見通しが甘かったと言わざるをえない」(大坪文雄社長)。

 一方、サムスン電子などの韓国企業は、ウォン安を追い風に価格攻勢を強める。
テレビ市場が成熟化する中、国内生産はますます不利になっている。
ソニーは台湾企業へ生産委託を進め、シャープはテレビ用液晶パネル事業を縮小するなど再構築を図っているが、
パナソニックは「来年度の黒字化に向け、まだ詰めているところ」(上野山実常務)と動きが鈍い。

 成長分野と位置づけ、三洋電機の買収で強化を図る電池などのエナジー事業でも、
韓国勢の追い上げが著しい。事業の中核を成すリチウムイオン電池では10年、
三洋が守ってきた世界首位の座をサムスン系企業に明け渡した。

 「家電から環境エナジーに転換するコンセプトの理解は進んでいるが、
業績に占めるウエートはまだ低い」(上野山常務)。問われているのは経営のスピード。
早急に改革できなければ、このままジリ貧になりかねない。


http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/c432841bb4287f5bfcd9472f63c0a9bb/






続きを読む

3Dテレビ所有者の75%が不満を持っているらしい

1 :名無しさん@涙目です。(東京都): 2011/06/04(土) 18:35:17.24 ID:M14X90h80● ?2BP(125)

GFKジャパン調査 3Dテレビ 所有者の75%が不満

3Dテレビに厳しい評価
ジーエフケー・カスタムリサーチ・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)は、 3Dテレビ所有者から使用
実態、非所有者から今後の意向等を把握する調査を実施した。

調査対象は、20代、30代、40代の3Dテレビ所有者及び非所有者の男女、各300名弱。

3Dテレビ所有者の3D映像の視聴頻度は、「週1回以下」が、過半数の53.7%。この視聴頻度は購入当初
想定していたよりも「少ない」が53.4%で、3Dを購入したものの、思ったよりも3D映像をよく見ていない、とい
うのが実態。

また、購入した3Dテレビの満足度では、4人に3人(75.5%)が何らかの「不満がある」と回答。具体的には
「見られる3D対応のテレビ番組の本数」(57.4%)、「見られる3D対応映画の本数」(53.7%)、「追加で購入で
きる3Dメガネの価格」(52.0%)などが挙げられている。

*画像はGFKジャパンニュースリリースより
非所有者 乏しい購入意欲「購入したくない」が7割
一方、3Dテレビの非所有者は、現状では3Dテレビへの関心度は低く、「関心がない」64.9%、「購入したく
ない」が70.3%となっている。

調査は、総括として、
今回の調査の結果、3Dテレビは対応コンテンツの充実というソフト面の充実に加え、3Dメガネの軽量化
や低価格化、視聴姿勢の制約の緩和が所有者の満足度を高め、視聴頻度を上げるばかりか、非所有
者の購入意向を高めるのにも有用である、ということが明らかになりました。

http://www.excite.co.jp/News/it_biz/20110604/Dreaminnovation_vent_news_M77GYw42j.html




続きを読む

スーパーハイビジョン対応の液晶ディスプレー開発 NHKとシャープが世界初

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/19(木) 16:09:22.19

NHKとシャープは19日日、画素数が現行の16倍で高精細な映像が特徴の
「スーパーハイビジョン(SHV)」に対応する85V型液晶ディスプレー
(横約1.9メートル、縦1.05メートル)を共同開発したと発表した。
SHV対応の直視型ディスプレーは世界初となる。

SHVは、現在のハイビジョンを超える「超高精細映像システム」としてNHKが
1995年から研究開発を進めている。
2020年の試験放送を目指しており、画素数はハイビジョンの16倍に相当する
約3300万画素となる。

NHKの永井研二専務理事・技師長は「今後も、より臨場感あふれる映像を
家庭でも楽しんでいただけるよう開発を続ける」と表明。
シャープの水嶋繁光常務は「圧倒的な質感、空間表現力を見てテレビはまだまだ
進化するものだと感じた」と話した。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/110519/bsb1105191254002-n1.htm


スーパーハイビジョン対応の85V型液晶ディスプレー=19日午前、東京都世田谷区のNHK放送技術研究所





■シャープ http://www.sharp.co.jp/
 2011年5月19日 世界初 スーパーハイビジョン対応直視型85V型液晶ディスプレイの開発に成功
 http://www.sharp.co.jp/corporate/news/110519-a.html




続きを読む

3Dテレビ、なぜか大安売り…ソニーの最新40インチモデルでも9万円台



1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2011/05/04(水) 14:05:32.10

・パナソニックが昨年4月に国内初の3Dテレビ「3D VIERA」を発売してから
 1年が経過した現在、大幅な価格の下落は続き、メガネ別売りの「3D対応テレビ」に
 いたっては最新モデルであるにもかかわらず10万円を割り込んでいることが
 明らかになりました。

 3D対応テレビはメガネを買い足すことで3Dコンテンツに対応できるだけでなく、
 4倍速表示などに対応した高画質な2Dテレビとしても利用できるため、テレビを
 買い替える時の選択肢に入れておくのも悪くないかもしれません。

 大手価格情報サイト「価格.com」によると2011年5月2日19時現在、2010年7月発売の
 ソニーの3D対応テレビ「3D BRAVIA KDL-40HX800(40インチ)」が7万8000円で
 販売されているほか、2011年3月発売の「3D BRAVIA KDL-40EX720(40インチ)」および
 「3D BRAVIA KDL-32EX720(32インチ)」といったモデルも10万円を割り込む価格で
 販売されています。

 また、色鮮やかに表現できる4原色技術を前面に押し出したシャープの「AQUOS クアトロン
 3D LC-40Z5(40インチ)」は10万700円、東芝の「LED REGZA 42ZG1(42インチ)」は
 10万4979円で販売されており、安価で販売されているのはソニー製モデルだけでないことが
 分かります。

 ちなみに最も安価な3D対応テレビ「3D BRAVIA KDL-40HX800」の場合、3Dコンテンツを
 利用するのに必要な3Dシンクロトランスミッター「TMR-BR100」は直販価格5000円、そして
 3Dメガネ「TDG-BR100」は直販価格7980円で販売されており、3Dコンテンツを楽しむために
 必要なアイテムすべてを揃えても約1万3000円上乗せされるだけで済むため、トータルで
 10万円を割り込む価格で購入できることになります。
 http://gigazine.net/news/20110502_3dtv_price/




続きを読む

【家電】日立の液晶テレビ、NHK-BSの再編で特定モデルが操作不能に

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/04/01(金) 11:02:39.59

本日4月1日からNHK-BSが再編されて「BS2」が無くなりましたが、
この影響で日立の液晶テレビが操作不能の状態に陥ることが明らかになりました。


対処法なども告知されているため、該当するユーザーはチェックしておくといいかもしれません。

詳細は以下から。
HITACHI :日立液晶テレビL32-C05をご愛用のお客様へお詫びとお願い
http://av.hitachi.co.jp/link/tv/05/info_tv_1103_c05.html

日立のプレスリリースによると、2010年10月に発売した3波対応の液晶テレビ「L32-C05」において、
本日2011年4月1日から実施されるNHK-BSのプログラム再編成後、BSを視聴している状態で
リモコンの選局ボタン「2」を操作すると、その後操作ができなくなる場合がある
事が明らかになった
そうです。

すでに3月28日から5月8日にかけて、放送ダウンロード形式でのソフトウェアアップデートが
提供されており、BSデジタル放送では1日2回、地上デジタル放送ではNHK総合および
NHK教育において各1日1回、ダウンロードの提供が行われているとのこと。

該当するユーザーに対してはダウンロードが完了するまで、本体の電源ボタンで電源を切らずに
リモコンで電源を切り、スタンバイ状態で待機することや、BS視聴中にリモコンの選局ボタン「2」を
押さないことが呼びかけられているほか、もし操作ができなくなった場合は、電源プラグを
ACコンセントから抜き差しすれば操作ができるようになるとしています。

-以上です-
日立製作所 http://www.hitachi.co.jp/
株価 http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=6501

ソースはギガジン
http://gigazine.net/news/20110401_hitachi_tv/





2 :名刺は切らしておりまして:2011/04/01(金) 11:04:01.67 ID:kq/oQBKX

さいきんとことん付いてない日立だな




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ