SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ブラック

ブラック企業に入社しないようにするためには

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/06/11(木) 11:32:01

ブラック企業に入社したために人生を台無しにしてしまう場合があります。
そこでブラック企業に入社しないで優良企業に入るにはどうすればよいか
みなさんで話し合いましょう。

ブラック企業 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BC%81%E6%A5%AD


漫画 ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない




5 :就職戦線異状名無しさん:2009/06/11(木) 15:11:47


最低総計以上に進学し、リア充になって大手病をこじらせなければよし



続きを読む

学生「内定決まった!よっしゃあああ!」→社員「君はクズの中のクズだ」

1 : 釣り竿(アラバマ州):2010/03/11(木) 17:57:35.10 ID:MgZ9gp9c

それは内定者を「孤立させる」ことから始まります。

 私は内定を受けて入社する予定だった企業から大学卒業間際に呼び出され、内定を辞退するよう暗に迫られました。

 応接室で役員と二人きりになり、何時間も面談を受けました。そして、次のようなことを言われました。

「君はウチの会社には向いていない。どうせ鬱になって辞めるよ」
「同期の中で一番レベルが低い。総合職だけど電話番すら任せられるかどうか」
「会社にとって新人や内定者は価値を生み出さないからみんなクズみたいなものだけど、とりわけ君はクズの中のクズだ」

 これは脚色したり誇張したりしているのではありません。私は面談で言われたことを手帳にメモしていました。
本当にその役員から面談で言われたことなのです。

 役員からは、「内定を取り消す」とはっきり言われたわけではありません。
しかし、何時間も怒鳴られ、「辞めたほうが身のためだ」というようなこと言われ続けたため、これは内定辞退を強要されているのだ、と思いました。

 後になって、100人以上いた内定者のうち、数十人がこのような面談を受けていることがわかりました。
しかも、みんな同じように「君は同期で一番レベルが低い。うちには向いていないから、どうせ辞める。」と怒鳴られたのです。

 面談中は、怒鳴られることで、初めは悔しい、なんとか挽回したいといった感情がありました。
でもそれが何時間も続くと、感覚が麻痺したように、頭がぼうっとしてきます。次第に、早くこの面談を終わらせてこの部屋から出たい、と思うようになるのです。

 おそらく、それは個別に面談を受けたほかの内定者も同じだったのでしょう。多くの学生が面談の中で誘導されるように、内定を辞退してしまいました。

 耐えきれずに「内定を辞退します」と言ってしまった学生の目の前には、即座に「内定辞退書」が差し出されました。
学生が「今日はこの用紙を持って帰って、親や大学と相談したい」と言っても、
「自分の人生なんだから、今すぐここで決めろ。社会人になるんだろ」と聞く耳を持ってもらえなかったそうです。

全文はこちら
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100305/213175/




11 : バールのようなもの(関東・甲信越):2010/03/11(木) 18:00:55.04 ID:e9R4bNPq
これ恐喝罪とかに問われないん?



13 : マントルヒーター(広島県):2010/03/11(木) 18:01:42.62 ID:ACYGMU9E
取り消しじゃなくあくまで辞退させるんだな
汚いなあ


【関連スレ】

【調査】 "就職氷河期より酷く…" 大卒の就職内定率、過去最悪の80.0%…2月1日時点
【サービス】学生「就職のためなら金惜しめぬ」--模擬面接とエントリーシート添削で14万8千円の"就職活動支援会社"
【雇用】"新卒至上主義"が若年層と企業に悪影響も--2011年採用はさらにきびしい『新就職氷河期』か続きを読む

【雇用】"新卒至上主義"が若年層と企業に悪影響も--2011年採用はさらにきびしい『新就職氷河期』か

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/28(日) 14:30:44

売り手市場が終わり就職戦線は新就職氷河期に突入。2011年採用はさらにきびしい
状況が予想される。新卒至上主義の弊害が若年層と企業を襲う。

近年、新就職氷河期の訪れにより、就職活動に励む学生は、なかなか内定がもらえない
きびしい状況に置かれている。

楽天リサーチ株式会社が2月16日に公表した調査結果によれば、2011年新卒採用は
よりきびしい状況となりそうだ。採用人数を増やす企業は「微増」、減らす企業は
「大幅減」という傾向が見られるという。

内定者数については、人事担当者の30.3%が「例年より少なめ」と回答している。
また、2011年の就職戦線が「氷河期」ないしは「超氷河期」だと考えている人事担当者は、
合計で73.5%にものぼっている。とくに、「超氷河期」との回答が急増しており、
就職戦線へのきびしい見方が伝わってくる。

就職氷河期という言葉が登場したのは1994年新卒採用の時期だ。不況に際して、企業は
既存の正社員の雇用を維持しながら、採用人数を減らすことで人員調整を行ってきた。
以降、2004年新卒採用まで、戦後最悪の就職難が10年間続いた。

景気回復により、2005年新卒採用からは一転して「売り手市場」と言われ、就職率は
上昇していった。もっとも、採用人数が本格的に増加し、目に見えて就職状況が改善
されたのは2007年新卒採用からだ。

しかし、2008年新卒採用をピークに、再び就職率は減少する。リーマン・ショックの
影響もあり、2010年新卒採用からは本格的に新就職氷河期が訪れた。2011年新卒採用も、
きびしい状況が予想される。

就職難が1〜2年で終われば、「第2新卒」という形で再び就職活動をすることができる。
ところが5年、6年と長期化すると、それも難しい。過去の就職氷河期では、新卒至上
主義の壁に阻まれて、非正規雇用になる若年層が増えたとされる。

また、就職氷河期は人材育成にも悪影響を及ぼしている。就職氷河期に正社員になれた
新卒となれなかった新卒の間では、企業内教育や実務経験の面で、大きな「人材育成
機会格差」が存在したとの指摘がある。人材育成の遅れは、長期的に見て企業にとっても
マイナスになる。

2012年新卒採用以降の就職戦線がどうなるかは不明だが、新卒至上主義が続く限り、
就職氷河期の問題は繰り返されていく可能性がある。一方で、政府による非正規雇用の
規制強化が進められているため、これまで不況でも高い水準を維持していた非正規雇用の
採用人数が低迷している。新就職氷河期で正社員になれなかった新卒が、非正規雇用
にもなれずに、失業者となる事態が懸念される。

◎ソース
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_syushoku_saiyo__20100228_1/story/moneyzine_183378/




6 :名刺は切らしておりまして:2010/02/28(日) 14:39:16 ID:ALi5A5cF
でも就職できる人もいるんだから自己責任だよ、というレス↓



【関連スレ】
【社会】卒業目前…合同就職面接会に、就職が決まっていない4年生2400人が集まる(2010年02月17日)
【雇用】母親が「 無理をして就職することはない」と…未内定者4割も当たり前!厳冬就活戦線で八方塞がり(2010年02月12日)
【雇用】2011年春卒の就活戦線、「氷河期ほど採用減らず」(2010年01月12日)
【各種学校】大卒者の専門学校入りが急増--就活で就職浪人より「新卒が有利」で




続きを読む

【雇用】母親が「 無理をして就職することはない」と…未内定者4割も当たり前!厳冬就活戦線で八方塞がり(DIAMONDonline)

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/02/12(金) 11:22:41

大学新卒者の採用戦線に明るい兆しが見られない。1月14日に発表された内定率は73・1%(12月1日時点)。
つまり、未内定率が26・9%で約12万人が就職浪人やフリーターとなる瀬戸際に立たされている。
いまだに就職活動を続けている現4年生(今年3月卒業予定)が山ほどいるわけだ。

しかも、この内定率は大学発表の数字。就職率のアップダウンが新入生獲得に直結するだけに、大学側はともすれば“化粧”(内定率を実態より高く見せる)しがちだといわれている。

ある私立大学理事によれば、「未内定者は中堅の大手校で3割、それ以下だと4割を超えているようだ」というから深刻だ。

いまだに内定がもらえない4年生は、大学の就職部からも見放されつつある。すでに現3年生の就職活動がスタートしており、事務職員が総動員される入試もある。そこで大学側は、就職情報会社や派遣会社など人材系企業に4年生の就職指導をどんどん委託するようになっているのだとか。

「4年生を対象にした個別の就職指導、セミナー開催、職業紹介など、ありとあらゆる支援要請が来ている」(パソナ事業開発部)

もっとも、2010年卒の大卒求人倍率は1・62倍(リクルートワークス研究所調べ)で、仕事がないわけではない。
「今残っている求人の多くは、中堅・中小企業で募集1〜2人という案件。これらの企業は宣伝予算がない」
(就職情報会社)だけなのだ。つまり、就職先を選り好みせず、自ら探し出す意欲があるのなら、とっくの昔に就職は決まっているはずなのである。

では、なぜそうしないのか。
前出のパソナ関係者によれば、呆れたことに「母親の“無理をして就職することはない”という子どもかわいさのひと言が、未内定学生を増やす一因となっている」という。「親を教育してほしい」

そんな依頼が本当に人材系企業に舞い込んでくるというから笑えない話である。
(「週刊ダイヤモンド」編集部)

ソースは
http://diamond.jp/series/inside/10_02_13_005/

4 :名刺は切らしておりまして:2010/02/12(金) 11:25:19 ID:tJWkuWTf
ブラックに就職するなら確かに就職しない方がいい続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ