1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/01/26(火) 10:00:54

アップルが25日夕の大引け後に発表した2009年10〜12月期決算は、純利益が前年同期比50%増の33億7800万ドル、売上高が32%増の156億8300万ドルと大幅な増収増益となった。
純利益と売上高はともに過去最高。
パソコン「マッキントッシュ」や携帯電話「iphone(アイフォーン)」の好調さが寄与した。

マッキントッシュの販売台数は33%増の336万台、iphoneは約2倍の870万台だった。
粗利益率は40.9%と前年同期の37.9%から改善した。1株利益は3.67ドル。
併せて10年1〜3月期の売上高は110億〜114億ドルに
なるとの見通しを発表した。アップルは今回から新しい会計手法を採用した。

ただ、株価は時間外取引で伸び悩んだ。
通常取引を前週末比5.33ドル高の203.08ドルで終えた後、時間外取引で202ドル前後で推移している。
決算全体は予想以上と受け止められ買いが先行したが、決算期待から買われてきただけに次第に材料出尽くし感から売りが出ているもよう。

ソースは
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100126ATFL2601H26012010.html

続きを読む