SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


ワークライフバランス

日本の会社の悪しき習慣ランキング



1 :名無しさん@涙目です。(東日本): 2011/05/11(水) 19:54:41.23 ID:8LrylO0N0

日本の会社の悪しき習慣ランキング

1 サービス残業が当たり前
2 有給休暇が取りづらい
3 社員の育児休業取得に積極的ではない
4 忘年会や新年会は絶対参加
5 上司から飲みに誘われても断りづらい
6 上司より先に帰宅しづらい
7 社員旅行に強制参加
8 年功序列
9 暖房・冷房の極端な温度設定による作業効率の低下
10 お茶だし当番がある

日本企業のダメなところといえば?

 世界中に市場が拡大し、グローバルビジネスが一般的になった
この時代。海外企業と比較して日本企業の独特の習慣というものが
注目され話題になることも多いですよね。そんな中でも
「これってどうなの…?」と首をかしげたくなる
「日本の会社の悪しき習慣」といえばどんなものなのでしょうか。

 1位は《サービス残業が当たり前》。ランキングを見ると《年功序列》や
《上司より先に帰宅しづらい》という雰囲気は今なお多くの職場で見られる
もののよう。それゆえ不本意ながら会社に残ってサービス残業をしてしまう
人は多いのかもしれません。他の先進国と比較しても労働時間が長いといわ
れる日本企業。
「会社でやめてもいいと思うものランキング」でもサービス残業は1位となって
おり、多くの人が何とかしてほしいと思いつつも《サービス残業が当たり前》と
いう習慣はまだまだ根強いものといえそうです。(>>2以降に続く)

http://ranking.goo.ne.jp/column/article/goorank/17714/



続きを読む

"今の20代"に欠けているもの



1 :名無しさん@涙目です。(東京都): 2011/04/19(火) 19:02:18.03 ID:65xWxyqA0

“やりたいことが明確”だけど“失敗に弱い”20代の傾向
新刊JPニュース 4月18日(月)17時50分配信

 これまで「20代」をテーマとしたビジネス書を多数執筆し、若手ビジネスパーソンを叱咤激励してきた千田琢哉さん。
新刊となる『死ぬまで仕事に困らないために20代で出逢っておきたい100の言葉』(かんき出版/刊)も20代に向けた1冊となっています。
 これまで大学時代に1万冊もの本を読み、これまで1万人以上ものビジネスパーソンたちと対話(1対1の面談)してきたという千田さんですが、
その中で、膨大な数に上る気づきがあったとのこと。
 新刊JPニュースでは、インタビューを3回に分けて配信。今回は中編をお届けします。

中編:千田さんが考える「現在の20代が優れているところと欠けているところ」

―ここからは千田さんの20代の頃の話をうかがっていきたいのですが、まずはどのような20代を過ごされてきたのですか?

千田琢哉さん(以下、千田)「一言で言うと、何もできないなりに何でもやってきたという感じですね。
もう少しやれば何かできたんじゃないか、というような後悔はありません。
人間にはそれぞれ向き不向きがあると思いますが、自分はとりあえずやってみて向いているかどうかを
確認するということを、20代を通してずっとやってきたので、今の自分のすべきことに集中できるんです。
迷いがない状態というか…遠回りしてきましたからね(笑)」

―やはりそれは20代の間にたくさん本を読んだり、たくさんの社長に会って話したりという経験に裏打ちされたものでしょうか。

千田「それもあると思いますし、自分は将来こうなりたいというイメージがあったので、自然に導かれていったのかも知れませんね」

―千田さんが考える、今の若い世代の人たちが秀でている部分、欠けている部分を1つずつあげて頂けますか?

千田「まず秀でている部分ですね。これは私がコンサルタントとして付き合ってきた20代はかなり優秀な人材ばかりだと思うので、
それが前提になると思うのですが、皆さん、若いうちからやりたいことが決まっているんですよね。
自分の目標が明確になっている。これはすごい強みだと思います」
(略)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw53669



続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ