SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


中国

中国“パクリ新幹線” 世界はどう報じたのか

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/07/04(月) 11:01:40.18 ID:???


中国の北京と上海を結ぶ高速鉄道が6月30日正式開業した。
国内メディアは一大事業の完成を自画自賛する一方、韓国や米国は、経済効果や高速鉄道ビジネスをめぐる
国際競争の激化に警戒感を隠さない。ただ、日本などから提供された技術を「独自開発」と特許申請した
中国の傲慢ぶりに対し、表立って批判する論調は見当たらなかった。



▼東亜日報(韓国)
中国の技術力に警戒促す
中国の高速鉄道開通について韓国の各メディアは、報道陣が試乗した印象を写真付きで大きく伝え、
「旅客機のファーストクラスに乗ったようだ」などと好意的な報道が目立った。
一方で、中国の工業技術力が「日本と韓国をすぐそこまで追いかけている」として、中国の産業発展の
スピードを危機感をもって受け止める論調もあった。

中央日報は6月28日付で、
「朝食は北京で、昼食は上海でビジネスパートナーと、そして夕食は再び家族と一緒に」
と中国版新幹線のスピード感と利便性を強調する記事を掲載した。

北京−上海間1318キロを最短4時間48分で結ぶ新幹線が「中国東部の沿岸主要都市を一つの経済圏に
統合する大動脈となった」とし、中国の経済活性化に与える意味を解説した。

一方、同日付の東亜日報は、中国政府が多数の外国人記者を招いて開いた試乗会は「異例」だと指摘。
その狙いは「中国の技術水準に疑問を呈する記者側のあらゆる質問に対し、同乗した60人あまりの
専門技術者が回答、(新幹線の信頼性を)防御することだ」と分析している。

東亜日報はまた29日付で「中国の高速鉄道開通に(韓国の)政府と政治家は警戒心を持つべきだ」とする
社説を掲載。技術水準を過剰に自負してみせる大々的な対外宣伝を「海外の主要高速鉄道の入札で
優位を確保するための事前作業だ」と指摘した。
さらに、安全性に疑問を呈しながらも「中国の急成長を過小評価すべきではない」と、韓国政府に
中国の技術力への警戒を促している。

ただ、日本から供与された高速運行技術を「独自開発」として特許を申請してはばからない
中国の知的財産に関する“非常識”を指摘する見解は、韓国では見られなかった。(ソウル 加藤達也)






続きを読む

中国語ブーム到来!? キャリア女性5人に1人が「中国語の勉強経験あり」

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/06/04(土) 08:39:18.29

外国語の習得を目指したことはありますか? 今回、22〜29歳の有職者女性500人を対象に、
「語学に関する調査」を実施したところ、キャリア女性の5人に1人が「中国語の勉強経験
あり」と回答。長らく英会話ブームが続いていた日本だが、現在は、今後の需要が見込まれ
る“中国語の習得”に乗り出している人も少なくないようだ。

WEICは今年の5月、22〜29歳の有職者女性500人に対し、外国語習得への意識の高さや、興味
のある語学に関して調査を実施。「これまでに勉強したことがある語学は?」との質問には
、やはり61%と大多数の人が「英語」と回答したが、「今後、日本での需要が高くなると
思う外国語は?」という質問では、72%が「中国語」と答え、「英語」を上回る回答数と
なった。そこで、「これまでに中国語を勉強したことがあるか?」と聞いたところ、24%
と約5人に1人(!)が「ある」と回答。「機会があれば、中国語を勉強したい」と話す人も
全体の約半数に上り、中国語への関心の高さがうかがえる結果となった。

しかし、「中国語を勉強したことがある」と答えた女性たちに、「現在、中国語の勉強を
続けていますか?」と聞くと、「続けている」と回答したのは、わずか10%…。勉強が続か
なかった理由としては、「勉強する時間的な余裕がないから」(39%)、「中国語に触れる
機会が少ないから」(35%)、「習得が難しいから」(27%)、「(スクールなど)勉強する場が
少ないから」(11%)などが上位にあがった(複数回答)。

約8割と多数のキャリアウーマンが「語学力を高めることが、自身のキャリアにおいてアド
バンテージになる」と、学習意欲を見せていることが判明したが、実際には、「“時間”
や“身近さ”の面で語学の習得に“壁”を感じている」という彼女たちの本音も判明した
同調査。その壁を乗り越え、学習を継続することが“外国語ペラペラ”への近道なのかも!?
【東京ウォーカー】

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110601-00000013-tkwalk-ent




続きを読む

【IT】日中で「元請け・下請け」の関係が"逆転"する日--中国企業が日本のシステム開発会社に触手

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/05/10(火) 00:59:32.76

先日、当社の取引先の営業担当者から1本の電話があった。内容は、「中国の大手
システム開発会社が、日本のシステム開発会社(なるべく独立系)を買いたがっている。
複数社まとめて買収してもかまわない。ただし、技術者が必ず残るようにしてほしい」
と言うのである。当社も含めて検討してもらえないか、という話だった。

何と失礼なことかと思う反面、停滞化している日本のシステム開発業界には一筋の
光のようにも思えた。

念のため、私の属しているシステム開発関連の社長会に打診してみたところ、相当数の
反応があった。予想以上の会社の社長が、「もっと詳しく話を聞きたい」と言ってきた
のである。

どの社長も、日本でシステム開発会社を運営することの難しさをいやというほど知って
いる。今後の日本経済の復興を懸念して、中国企業による買収に興味を示したのだろうか。
なんとも複雑な気持ちになった。





続きを読む

【景況】中国首位 日本28年守った座から転落 工作機械生産額

900fb137.jpg1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/03/22(月) 08:09:55

2009年の日本の工作機械生産額は、前年比56.5%減の58億8890万ドル(約5300億円)と大幅に落ち込み、1982年以来続いていた生産額世界一から3位に転落した。首位は成長が著しい中国、ドイツは2位を維持した。

米調査会社ガードナーの調べをもとに日本工作機械工業会がまとめた。

中国は、主要国の生産額が世界同時不況で落ち込むなか、同8.9%増の
109億5千万ドルで、前年の3位から一気に首位になった。
ドイツは同35.2%減の78億2160万ドルだった。
日本は82年に米国を抜いて首位となり、世界のものづくりを支えてきた。

工作機械は、金属部品などを削って加工する機械で、その生産状況は設備投資の
先行指標とも言える。
中国は政府の景気対策効果も後押しし、不況からいち早く立ち直った。
一方の日本は内需の回復が遅れ、円高で輸出も厳しいままだ。
最近は生産が回復しているが、「中国の需要など輸出主導の回復で、国内の需要は
まだまだ少ない」(日本工作機械工業会)という。

ソースは
http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY201003210239.html



6 :名刺は切らしておりまして:2010/03/22(月) 08:13:30 ID:S3WpRMUR

蓮舫 「世界一になる理由は何があるんでしょうか?」「3位じゃダメなんでしょうか?」



続きを読む

【経営/IT】花王、経理業務の一部を日本IBMに委託、5年で18億円のコスト削減を目指す

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/17(水) 17:55:56

日本IBMは2010年2月17日、花王の経理業務の一部を受託すると発表した。
2014年までの5年間で18億円のコスト削減効果を目指す。契約金額は非公表だが、
コスト削減効果が受注額の1〜2割と推測すると、5年間で90億〜180億円程度になる。

IBMは、花王グループ社員の旅費精算のデータ照合や、銀行へのデータ送信といった
経理業務の一部を請け負う。今年3月から、売掛金の照合など一部の業務について
受託を始め、6月までに業務移管を完了する。受託する仕事量は、約200人分に
相当する。

花王は、IBMへの業務委託に先駆け、国内55カ所で個別に実施していた支払い業務
などを、「すみだ事業場」に集約。業務プロセスを標準化する。業務委託によって、
花王は経理業務の品質向上と効率化、グローバル対応、コスト削減を実現する。

IBMは、ITを活用して顧客の業務を効率化する「BTO(ビジネス・トランスフォー
メーション・アウトソーシング)」サービスを、花王に提供する。サービス提供に
あたっては、中国・大連の「グローバル・デリバリー・センター」の要員を活用する。

◎花王(4452)--経理業務のオフショア化を開始
http://www.kao.com/jp/corp_news/2010/20100217_002.html

◎日本IBM--花王から経理業務の一部を受託
http://www-06.ibm.com/jp/press/2010/02/1701.html

◎ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100217/344700/


2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/17(水) 18:02:40 ID:LiukGXKS
> 中国・大連の「グローバル・デリバリー・センター」の要員を活用する。

地方自治体の経理業務も、そのうち、中国とかインドで電算処理するようになるんだろうな。


続きを読む

【経営】NTTデータ、間接業務を中国に移管 給与管理コスト半減 @ビジネスnews+

5e565b57.jpg1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/06(水) 20:55:12

 NTTデータは2月から人事管理や経理などの間接業務で、データ入力などの作業を中国・無錫のグループ会社へ移管する。人件費やオフィス費用が安い中国に業務を移し販売管理費を抑制、利益率の向上を目指す。給与管理業務のコストは国内で処理するよりも最大5割削減できるという。米IBMやアクセンチュアなど海外勢に続き今後、国内システム会社でも間接業務の海外移管が進む可能性がある。

 NTTデータは本体を含むグループ会社の間接業務を、「シェアードサービス」と呼ぶ手法を活用し、一括請負する国内子会社に集約している。一段のコスト削減に向け2月に、システム開発を委託している中国のグループ会社「無錫華夏計算機技術公司」(無錫市)に、
グループの間接業務を請け負うセンターを設立する。

ソース:日経ネット
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20100106AT1D0509I05012010.html

続きを読む

NEC:上海の高級ホテルから大規模無線LAN受注…「ザ・ペニンシュラ上海」@ビジネスnews+

3f5734d5.jpg1 :明鏡止水φ ★:2009/05/01(金) 07:45:50
NECは30日、2009年秋に中国・上海で開業予定の高級ホテル「ザ・ペニンシュラ上海」から、大規模無線LANネットワークシステムを受注したと発表した。宿泊客にインターネット環境を提供するほか、従業員に配る無線IP(インターネットプロトコル)電話と連携することで、サービスの質を向上できるという。
 NECはホテルおよび隣接する高級マンションに、無線LANアクセスポイント2000台を設置。館内の99.9%を網羅する。従業員用の無線LAN対応の携帯型IP電話220台も配備する。客室やマンションの部屋にも固定型IP電話を設置した。これらの機器をNECの通信サーバーが一括管理する。

[2009年5月1日/日経産業新聞]

▽News Source IT+PLUS 2009年05月01日07時00分
http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?n=NN002Y323%2030042009
▽Press Release
ザ・ペニンシュラ上海から無線LANネットワークシステム受注
http://www.nec.co.jp/press/ja/0904/3001.html
続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ