SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


労働環境

【研修/IT】悩めるIT企業の休職社員、研修で復職へ道 支援ビジネス開始、鳥取ラシック

1 : ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/05/01(土) 18:32:37

農業体験/学生に資格取得指南 県や鳥取環境大などと連携

鳥取市のラシック(若山幸司社長)は、過密労働によるうつ病などによって休職するIT企業の
社員を対象に職場復帰に向けた研修を提供するビジネスを始めた。県や鳥取環境大などと連携を
確認する調印式が30日、知事公邸で行われた。

精神疾患による休職者が多いというIT業界の需要に着目。農業体験をしたり、同大でIT関連
の資格取得を目指す学生に教えたりしながら職場復帰につなげていくという。研修中は市内で
共同生活し、精神医療のサポートも受けられる。

研修期間は1〜6カ月。研修費は1カ月間の場合は30万円▽2〜6カ月間は月25万円。
食費と旅費は含まれていない。大都市圏から遠い鳥取にどれだけ研修生が集まるかは未知数だが、
同社は今年度に180人の受け入れを見込んでいる。

調印式には、利用を検討している東京のIT企業の役員も出席。「休職者を復職させる研修の
ノウハウがわが社にはないし、この研修を導入すれば精神面でのサポートもしている企業と
アピールできる」と話した。

ネックはコスト。6カ月の研修だと企業にとっては給与のほかに1人約150万円かかる。
この役員は「3カ月が限度」と話していた。

ソース
http://mainichi.jp/area/tottori/news/20100501ddlk31020683000c.html



2 :名刺は切らしておりまして:2010/05/01(土) 18:33:52 ID:HnwegCdn
そこまで金をかける価値のある社員が何人いるのだろうか



3 :名刺は切らしておりまして:2010/05/01(土) 18:36:42 ID:ca3eZVHo
いないんじゃない?



続きを読む

【労働環境】あなたの会社は大丈夫? 不況で急増する「ブラック企業」の見分け方

4a9201d1.jpg1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/02/26(金) 11:23:56

ソースは
http://diamond.jp/series/analysis/10154/
http://diamond.jp/series/analysis/10154/?page=2
http://diamond.jp/series/analysis/10154/?page=3

[1/3]
これも不況の影響なのか、社員に劣悪な労働条件を強いる企業が話題に上る頻度が増えている。
もともとはインターネット上で生まれた「ブラック企業」なるスラングが世に浸透し、ついには
本や映画の題材にまでなったのは、記憶に新しいところ。度を越した悪条件の企業に確たる“呼称”を
求める土壌が今日の日本社会に出現したという意味では、深刻な社会問題とも言える。
今後は、「気づくと自分の会社もブラック企業だった」などと驚愕するビジネスパーソンも、
増えていくだろう。
今回は、ブラック企業にありがちな「トンデモ職場」の実態を紐解きつつ、その傾向と社員が
警戒すべきポイントをレポートしたい。(取材・文/友清 哲)

■意外と身近から発せられているブラック企業社員の“悲鳴”
最近、巷で流行している「ブラック企業」という言葉をご存知だろうか?
誤解なきように言っておくと、これは決して反社会的勢力が関係する企業や、明白な犯罪に
手を染めている企業を指すわけではない。
 
労働法に抵触しかねない劣悪な労働条件で働かされる、賃金や福利厚生のレベルにとても見合わない
精神的、身体的苦痛を日常的に被る――。このような企業を指すスラングが、「ブラック企業」なのだ。
それらは、大不況の影響もあり、急激に増えていると言われる。

「ブラック企業」と呼ばれる問題企業の実態がこれほど話題に上る背景には、実はインターネットにおける
“つぶやき文化”の影響がある。

そもそもブラック企業という言葉自体、ネット掲示板「2ちゃんねる」のスレッドから生まれたものだ。
それは、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』という書籍や映画のベースにもなった。

今でも、「Twitter」や「mixiボイス」などで平日の日中に飛び交うつぶやきには、OLやビジネスマンが
発信する、職場や上司、労働環境への愚痴が圧倒的に多い。この現実に心当たりを持つユーザーは
少なくないだろう。

筆者の「被つぶやき体験」を紐解いても、「求人広告に掲げられていた給料の半額程度しか手取りがなかった」
「仕事中にケガを負っても病院へ行かせてくれなかった」など、気の毒な体験談は少なくない。

では、ブラック企業の社員は、いったいどんな「トンデモ職場」で働いているのだろうか?
生の声をご紹介しよう。

-続きます-続きを読む

【労働環境】“高学歴ワーキングプア”が急増中! 「官製資格ビジネス」に乗せられた博士たちの悲痛

74b55791.jpg1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/15(金) 22:51:22

 いよいよ大学入試センター試験が始まる。就職難が深刻化する時代、なんとしてもわが子を大学へ行かせたい、という親は多いはずだ。

だがもし、「博士課程に進みたいんだけど……」と子どもが言い出したとしたら、どうだろう。

“高学歴ワーキングプア”が急増中だ。最高学歴を獲得した人々が、生活保護受給者や無保険者になっていく――。この奇妙な逆転現象の発端は、20年前に国が始めた“官製資格ビジネス”構想にあった。

大学崩壊の実情を現場に聞いてみた。

■実験結果の捏造を断れば――

「じつは今、教授から不正を強要されているんです……」

それは、若手研究者が集まるある会合でのこと。博士研究員のひとりが打ち明けた話の内容は驚くべきものだった。

彼が加わっていた研究プロジェクトは暗礁に乗り上げようとしていた。予想を裏切り、思ったような実験結果が出てこないのだ。そこで上司である教授はこう指示したという。『君、データを少しいじってくれないか』。

「つまり、実験結果を捏造しろと。もちろん、研究者としてはそんなことをしたくない。でも、断れば仕事を失ってしまいます」

博士研究員、別称“ポスドク”。大学院博士課程を修了後、正規の就職先がないために、任期制で大学や研究機関に非正規雇用された研究者のことだ。いわばアカデミズムの世界に
おけるパートタイマーである。

立場の弱い彼らが教授の命令にそむけば、次のプロジェクトのポストは与えられないだろう。
とはいえ、一度捏造に手を染めてしまえば、いつか発覚されるのでは、と脅えながら研究生活を送らねばならない。

■“パート先生”の年収は15万円

 毎年約1万6000人ずつ輩出されるという博士課程修了者。2009年の就職者は約1万人と就職率はわずか64%だ。「博士課程修了者は専門性ばかり高く、フレキシビリティーに欠けている」と、敬遠する企業が少なくない。

それにしても、ポスドクの給与は低い。月に20万円ももらえればいい方だ。任期制のため、関わっているプロジェクトが終わればお払い箱になる。

しかも研究テーマを自分で選べるわけでもなく、次々に違うテーマを追うのでキャリアに結びつかないケースが多い。結果的に30代、40代になっても、低収入のままいろいろなプロジェクトを渡り歩くことになる。その姿は、あちこちの工場を転々とする製造業派遣社員とも重なる。

ソース:ダイヤモンドオンライン
http://diamond.jp/series/yuuai/10008/続きを読む
スポンサード リンク
Categories
blog parts
アクセスランキング アクセスランキング ブログパーツ
  • ライブドアブログ