SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


大前研一

【電力】私がわずか2年で日立を辞めた理由--大前研一

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/24(日) 11:40:59.36

かつて日立製作所で原子力発電の設計をしていた大前研一氏が、日本の原発設計の
盲点を指摘する。

 * * *

福島第一原子力発電所の事故で東京電力の対応が後手後手に回った原因の1つは、
同原発の原子炉を設計したのが日本企業ではなく、アメリカのGE(ゼネラル
・エレクトリック)だったことである。

1号機と2号機はGEが設計・製造から据え付け・組み立て・試運転指導・保証責任
まですべてを請け負い、キーを回しさえすれば設備が稼働する状態で引き渡した
「フルターンキー」、3号機と4号機は東芝と日立製作所がそれぞれGEの設計に
基づいて“国産化”した(GEからライセンス供与を受け、若干の修正を加えて製造
した)、いずれも「マーク機廚噺討个譴BWR(沸騰水型原子炉)だ。
 
福島第一原発に限らず、当初の日本の原子炉は、フランスやイギリス、カナダ、
ロシアのように独自の炉を開発するのではなく、アメリカのGEとWH(ウエスチング
ハウス)が開発した原子炉をそっくりそのまま導入するか、設計図をもらって
見よう見まねで造ったものなのである。

とくに東電は、GEを崇め奉っていた。私が日立製作所の原子炉エンジニアだった
当時、新しい分野だった高速増殖炉で独自に考えた設計図を持っていくと、それには
見向きもせずに、GEのお墨がない原子炉など要らない、と門前払いを食らった。

 
日立が技術提携しているGEの設計のままでなければ、東電は一顧だにしなかったのだ。
私がわずか2年で日立を辞めた理由の1つがそこにある。せっかく日本独自の原子炉を
造るために必死で勉強したのに、結局、GEの技術指導を強いられたのでは、原子炉を
設計している意味がないからだ。
 
要するに東電(そして当時の動力炉・核燃料開発事業団)は、自分たちで創意工夫
する原子炉の建設を放棄していたのである。

東電のオペレーターは、ひたすらGEのマニュアルを勉強して覚えるだけ。自分の頭で
考えることがない。だが、アメリカと日本は事情が違う。日本ではGEの設計者が経験
したことのない大地震、想定していない大津波が起きる。ここに「フルターンキー」
と「名ばかり国産化」の大きな盲点があった。

◎SAPIO2011年5月4・11日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110424_18282.html




続きを読む

優秀でない学生の就職のため税金使うべきでない--大前研一

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/10/06(水) 11:25:17

菅内閣が民主党代表選挙の最中に閣議決定した「新成長戦略実現に向けた3段構えの
経済対策」の中には、とんでもない政策が盛り込まれている。
指摘するのは、大前研一氏だ。

*****************************
 
とんでもない政策は、大学生や高校生の就職支援を目的とした
「新卒者雇用に関する緊急対策」だ。

具体的な支援策は

【1】卒業後3年以内の既卒者を「新卒」扱いで採用した企業に奨励金(1000万円)
   を支給する制度を創設する

【2】既卒者を試験的に雇用し、その後正規雇用に移行した企業を支援する
  「トライアル雇用」制度について、卒業後3年以内の既卒者を対象とした
   企業向け奨励金
を大幅に増額する(試験雇用期間中は月10万円を最長3か月、
   その後正社員として採用するとさらに50万円)

――といったものである。

要するに、大学や高校の卒業後3年以内は新卒とみなしてください、そうすれば
お金をあげますよ、というわけだ。これはもはや“国ぐるみの嘘”であり、
無駄遣いの域を超えている。

日本は就職氷河期といわれているが、今春の大学新卒者の就職率は91.3%。
これは世界最高水準である。中国は70%、韓国は50%、イギリスは30%でしかない。

まともに勉強もせず、コンパに明け暮れている日本の大学生が9割以上も就職できて
いるというのも驚きだが、就職できなかった残りの1割弱は20 社ぐらい受けている
はずであり、それだけ受けて落ちるような人間の就職支援のために、なぜ税金を使う
必要があるのか。

優秀でない人間を無理やり中小企業に雇わせるのは犯罪的な行為であり、そのために
税金を使うのは国民に対する冒涜だ。

◎週刊ポスト2010年10月15日号
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/postseven-20101006-2689/1.htm



11 :名刺は切らしておりまして:2010/10/06(水) 11:33:34 ID:Pf5yRM4i

この記事には同意せざるを得ない





続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ