SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


技術立国

【電力】私がわずか2年で日立を辞めた理由--大前研一

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/24(日) 11:40:59.36

かつて日立製作所で原子力発電の設計をしていた大前研一氏が、日本の原発設計の
盲点を指摘する。

 * * *

福島第一原子力発電所の事故で東京電力の対応が後手後手に回った原因の1つは、
同原発の原子炉を設計したのが日本企業ではなく、アメリカのGE(ゼネラル
・エレクトリック)だったことである。

1号機と2号機はGEが設計・製造から据え付け・組み立て・試運転指導・保証責任
まですべてを請け負い、キーを回しさえすれば設備が稼働する状態で引き渡した
「フルターンキー」、3号機と4号機は東芝と日立製作所がそれぞれGEの設計に
基づいて“国産化”した(GEからライセンス供与を受け、若干の修正を加えて製造
した)、いずれも「マーク機廚噺討个譴BWR(沸騰水型原子炉)だ。
 
福島第一原発に限らず、当初の日本の原子炉は、フランスやイギリス、カナダ、
ロシアのように独自の炉を開発するのではなく、アメリカのGEとWH(ウエスチング
ハウス)が開発した原子炉をそっくりそのまま導入するか、設計図をもらって
見よう見まねで造ったものなのである。

とくに東電は、GEを崇め奉っていた。私が日立製作所の原子炉エンジニアだった
当時、新しい分野だった高速増殖炉で独自に考えた設計図を持っていくと、それには
見向きもせずに、GEのお墨がない原子炉など要らない、と門前払いを食らった。

 
日立が技術提携しているGEの設計のままでなければ、東電は一顧だにしなかったのだ。
私がわずか2年で日立を辞めた理由の1つがそこにある。せっかく日本独自の原子炉を
造るために必死で勉強したのに、結局、GEの技術指導を強いられたのでは、原子炉を
設計している意味がないからだ。
 
要するに東電(そして当時の動力炉・核燃料開発事業団)は、自分たちで創意工夫
する原子炉の建設を放棄していたのである。

東電のオペレーターは、ひたすらGEのマニュアルを勉強して覚えるだけ。自分の頭で
考えることがない。だが、アメリカと日本は事情が違う。日本ではGEの設計者が経験
したことのない大地震、想定していない大津波が起きる。ここに「フルターンキー」
と「名ばかり国産化」の大きな盲点があった。

◎SAPIO2011年5月4・11日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110424_18282.html




続きを読む

"国産"ロボット、福島原発に投入へ--「ロボット王国・日本」の威信回復なるか

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/22(金) 15:30:52.74

東京電力福島第一原発の事故現場に、ようやく国産ロボットが投入される。
日本のロボットは「実戦経験がない」と信用されず、まず現場に入ったのは
米国製だった。「ロボット王国・日本」の威信回復なるか。

投入されるのは、千葉工業大未来ロボット技術研究センターの小柳栄次副所長や
東北大の田所諭教授らが開発した災害救助用ロボット「Quince(クインス)」。
長さ66センチ、幅48センチの車体に戦車のようなクローラー(無限軌道)が
大小五つ。カメラやセンサー、ドアノブを回すアームも備えている。

2009年のロボカップレスキュー世界大会では運動性能部門とアームの性能部門で
優勝した。米国の模擬災害現場で実験した際、がれきの走行や階段や坂を上る性能
などで米国製を圧倒したという。

今回の原発事故に対応するため、無線操作できる距離を2キロに延長、有線でも
使えるよう改造した。遠距離操作できるよう、強い電波の使用も特別に認められた。
日本原子力研究開発機構の研究所で放射線の耐久試験も。5時間かけて10万ミリ
シーベルトをあてても問題なかった。作業員の被曝(ひばく)線量の上限の400倍
に相当する。

東電などの作業員が操作の訓練を受けた上で事故現場に投入する予定。原子炉建屋
内部の様子、放射線量、温度などの調査を期待されている。操縦者は2キロ離れた
ところから無線で指示を出す作戦だ。

産業ロボットなどでは世界的なシェアと技術を誇る日本。事故以来、日本のロボット
研究者には国内外から「日本のロボットをなぜ原発に使わないのか」との声が相次いで
いるという。

「日本は実績がないから、東電は外国製を使いたがる」。東京工業大の広瀬茂男教授は
嘆く。欧米のロボットは戦場での経験があり、核戦争を前提にした試験も受けている
とされる。

実は、日本でも原発用ロボットの開発を計画したことが2度あった。

1度目は1979年の米スリーマイル島原発事故を受けて83年に始まった、建前は
「点検」用の極限作業ロボットプロジェクト。90年まで約200億円かけたが、
打ち切りに。2度目は99年の茨城県のJCO事故の後。今度は事故用で数十億円
使ったが、「原子炉では事故は起きない」と1年で終わった。

「事故用ロボットを開発すると『原発事故が起きると思っている』と受け取られると
考えたのでは」と広瀬教授は推測する。

●福島第一原発の事故現場に投入される国産ロボットQuince。
 右は千葉工大未来ロボット技術研究センターの小柳栄次副所長



●国産ロボットの作業計画


◎ttp://www.asahi.com/science/update/0422/OSK201104220027.html


続きを読む

韓国は技術立国しようと頑張ってるけど、日本は技術神話に縋ってるだけだよね



1 :名無しさん@涙目です。(千葉県): 2011/04/17(日) 18:42:49.78 ID:lZzKw7M50

【ソウル17日聯合ニュース】知識経済部は17日、ロボット分野の7大新研究開発支援課題を選定し、
ことしから5年間で800〜1000億ウォン(約61〜76億円)を支援する方針を明らかにした。

選定されたのは、手術ロボット、双腕ロボット、有・無人兼用技術、ロボットビジョンセンサー、
ネットワーク基盤のモーション制御モジュール、回転角センサー、遠隔操縦システムの7分野。

最優先支援課題には、手術ロボットの開発を挙げている。研究開発に、ことしから2016年まで年55億ウォンを投入する計画だ。
なかでも腹腔鏡手術ロボットは、大型病院に30台以上が普及され、昨年は5000回以上の手術が行われたが、すべて輸入品のため国産化が急がれる。
4〜6つの穴に内視鏡と手術器具が入る従来の方式に代わり、1つの通路で手術を行うシングルポート方式の技術開発を支援する予定だ。
そのほか、神経外科、耳鼻咽喉(いんこう)科向けの手術ロボット開発も支援する。

産業用の双腕ロボットは、片腕より多様で精密な作業が可能だ。高機能携帯電話(スマートフォン)など
先端製品は一つの作業台で複数の作業を行うセル生産方式が求められるため、
双腕ロボットの需要が急増しているとの説明だ。

有・無人兼用技術は、既存の油圧式掘削機の運転席に装着し、遠隔操縦を可能にする技術。

さらに、ロボット部品の国産化を進めるため、ビジョンセンサーや回転角センサー、モーション制御モジュールなど
部品研究開発を強化する。ロボット部品は現在、50%以上を輸入に依存する。

このほか、東日本大震災による福島第1原子力発電所事故を機に、無線操縦ロボットの必要性が高まっていることを受け、
遠距離で精密な作業ができる遠隔操縦の基盤技術も開発する計画だ。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/04/17/0200000000AJP20110417001200882.HTML




続きを読む

【震災】東北大、770億円被害--28棟・7千機器損壊、研究活動に大きな支障



1 :ライトスタッフ◎φ ★:2011/04/16(土) 10:04:14.40

東北大は15日までに、東日本大震災による被害状況をまとめた。学生2人、
入学予定者1人が津波で死亡、宮城県女川町の農学研究科付属施設など28棟が、
建て替えが必要な状態となった。実験機器約7000台も損壊。被害総額は
計770億円に及び、研究活動に大きな支障が出そうだ。


亡くなったのは発生当時、名取市内にいた農学部4年と経済学部1年の女子学生。
農学部に入学予定だった陸前高田市の女子高校生も死亡した。学生約500人が
家屋流失の被害に遭った。

研究施設など建物の被害額は約440億円。建て替えが必要な28棟のうち、
女川町の農学研究科付属複合生態フィールド教育研究センターなど16棟は
津波で全半壊した


仙台市青葉区の青葉山キャンパスの工学研究科人間・環境系実験研究棟、川内キャン
パスの東北アジア研究センターなど12棟は応急危険度判定で危険と判定され、
立ち入り禁止となった。ほかにも多くの施設で全面改修が必要になっている。

研究機材では、仙台市太白区の電子光理学研究センターで、高速の電子線を発生
させる粒子加速装置(約13億円相当)が損壊し使用不能となったほか、各研究科
の電子顕微鏡や、大学病院の診療機器なども破損し、計330億円の被害が出た。


調査を終えていない施設や7日の余震の被害が明らかになれば、被害額はさらに
膨らむ可能性がある。今後、文部科学省の調査を経た上で、4月中にも建て替えや
改修に着手する方針だが、復旧までには3年近くかかる見込み。

研究活動を継続できるよう、仮設の実験棟を早期に整備するほか、他大学の施設の
使用などに向けた調整を進めている。

講義は被害を免れた施設を活用し、4月下旬から順次再開する。遅れた分は夏休みを
短縮する形で対応する方針だ。

東北大は「早急に復興計画をまとめ、施設の再建を進めたい。被災した学生への
経済的支援や自宅を流された学生への寮のあっせんなどの対応も急ぎたい」としている。

◎東北大学 http://www.tohoku.ac.jp/japanese/

http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110416t13020.htm




続きを読む

「国民に深く陳謝」 原発"推進"学者、次々に懺悔…一方で「爆発による、広範で深刻な放射能汚染」懸念にも言及

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2011/04/16(土) 17:38:15.70

★原発推進学者が次々懺悔 「国民に深く陳謝する」

・東京電力の福島第1原子力発電所の深刻な事故を受け、政府の原子力安全委員会の
 歴代委員長を含む原発推進派学者の重鎮たちが原発の「安全神話」崩壊に懺悔を
 繰り返している。特に元原子力安全委員長の松浦祥次郎氏や前原子力委員会委員長代理の
 田中俊一氏ら原発推進の学者16人がこのほど、異例の緊急提言を行った

 「原子力の平和利用を先頭だって進めてきた者として、今回の事故を極めて遺憾に思うと
 同時に国民に深く陳謝する」との謝罪を前面に掲げた提言の内容は政府や東電の発表よりも
 今回の事故を深刻に受け止めており、緊迫感が伝わってくる。


 「私たちは事故の推移を固唾を飲んで見守ってきた。しかし、事態は次々と悪化し、事故を
 終息させる見通しが得られていない」「膨大な放射性物質は圧力容器や格納容器内に拡散・分布し、
 その一部は環境に放出され、現在も放出され続けている」 「特に懸念されることは溶融炉心が
 圧力容器を溶かし、格納容器に移り、大量の水素ガスの火災・爆発による格納容器の破壊などに
 よる広範で深刻な放射能汚染の可能性を排除できないことである」

 提言は、水素爆発などで格納容器が破壊され、放射性物質が長期にわたり国土を汚染する
 可能性を指摘している。日本を代表する学者たちが、チェルノブイリ原発事故級の最悪の事態を
 想定していることがわかる。

 16人は東京大学名誉教授、京都大学名誉教授、東京工業大学名誉教授など錚々たるメンバーで、
 原子力安全委員会や原子力委員会の歴代委員長や委員を務めるなどした日本を代表する原子力の
 専門家たちだけに、発言には重みがある。(>>2-10につづく)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000003-jct-soci




続きを読む

ワープロ仮名漢字変換技術の発明対価、東芝に約3億3000万円の支払いを求めた訴訟で、643万円の支払い命令 東京地裁



1 :おっおにぎりがほしいんだなφ ★: 2011/04/08(金) 15:41:55.36

東芝の元社員で、日本語ワープロで使われる仮名漢字変換技術などを
発明した天野真家・湘南工科大教授が、特許の対価が不十分だったとして
約3億3000万円の支払いを求めた訴訟の判決が8日、東京地裁であり、
大鷹一郎裁判長は、東芝に約643万円の支払いを命じた


ソース:時事通信社
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040800643




続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ