1 :就職戦線異状名無しさん:2008/05/23(金) 23:36:49

学生時代の話をうまく『捏造する力』
その嘘を、面接で相手に信じ込ませる『演技力』
あとは、バカな人事が短期間に学生を振り分けるには、大学名で判断する以外に方法がない

しかし、自分達は仮にも人事として学生を採用する責任ある立場なので、
「就活は人間性を見てます!とか言っていますが、実際に何人もの学生の人間性なんて判断できるわけないです。
私たち人事は、そんな時間も能力もありません。ある程度適当に選ぶしか方法がないことぐらい分かるでしょ?
学生間に差がないように、学生の皆さんと私達人事も能力的に差なんてあるわけないじゃん。人を見抜くプロなんて、そんな奴存在しねえのなんて分かるだろ?分かれよ!!」
などと正直には中々言えないかもしれないが、この際正直に適当に採用するしか採用方法がないという事実を公言すべき。
そうすれば、新卒の学生が、就活や入社後のギャップに苦しむことも減る。
企業も余計な嘘を貫くための神経や労力、覆面採用システムをしなくてすむので、企業としても効率的である。
続きを読む