SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


携帯電話

NTTドコモと出会い系でお馴染みモバゲーが業務提携。今後発売のスマフォにモバゲメニューがデフォで搭載



1 :名無しさん@涙目です。(チベット自治区): 2011/04/25(月) 17:22:06.38 ID:geT/QV680

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場 智子、以下DeNA)とNTTドコモ(以下ドコモ)は、
本日、国内および海外のソーシャルゲーム領域において、業務提携を行うことに合意しました。

ソーシャルゲーム市場は、2010年度より大幅な市場成長を遂げ、2011年度はこれまでのiモードケータイでの発展に加え、
スマートフォンの急速な浸透により新たな成長段階に入ると考えられます。DeNAとドコモは、
iモードケータイとスマートフォンの双方において横断的なサービス連携を2011年5月下旬以降、順次開始します。


DeNAは、iモードケータイおよびスマートフォンの利用者に対して、通常のMobage提供メニューに加え、
Mobage for ドコモとしてドコモ利用者限定の人気タイトルの先行配信やゲーム内でのドコモ利用者限定イベントなどの特典を提供いたします。
ドコモは、iメニューおよびドコモマーケット(スマートフォン版)において、
利用者導線の設置によるMobageへの誘導を図ります。
また、スマートフォン向け課金サービスであるspモード「コンテンツ決済サービス」の提供により、
利用者はこれまで以上に簡単・便利な決済が可能となります。
これに加えて、今後発売されるスマートフォンにMobageアプリケーションダウンローダーがプリインストールされます

また、両社は、ソーシャルゲームプラットフォームの欧州・アジア地域を中心とした国際事業展開においても、
海外通信会社および海外ゲームデベロッパーとの連携によるソーシャルゲームプラットフォーム事業の展開を推進すべく、
DeNAの海外グループ会社のプラットフォーム運営などに対して、
ドコモの海外グループ会社による機能補完などの取組みについて今後協議を進めて参ります。

両社は、より安心・安全なソーシャルゲーム分野の発展に努めるとともに、
5,000万人を超えるドコモのiモードケータイおよびスマートフォン利用者へ、
DeNAが有するゲーム開発・プラットフォーム運営のノウハウを最大限に活かした新たな価値の提供を行います。
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2011/04/25_00.html?ref=nr_rss




続きを読む

3月に一番売れた携帯は、「iPhone4」10.3% 2位:「Xperia arc」8.3% 3位:「MEDIAS」

1 :名無しさん@涙目です。(catv?): 2011/04/13(水) 23:06:40.00 ID:JEz0Zi8KP ?PLT(18000) ポイント特典

 3か月ぶりにトップが入れ替わり、1位から8位までスマートフォンが並んだ2011年3月の携帯電話ランキング。
前評判の高かった3月15日発売の「MEDIAS」と3月24日発売の「Xperia arc」、同じドコモのAndroid搭載スマート
フォン同士の対決の結果は、「Xperia arc」の圧勝。「GALAXY S」の連続1位記録にストップをかけ、1位に輝いた。


●上位はスマートフォンが独占 入れ替わりでトップ10圏外に消えた機種も

 量販店の実売データを集計した「BCNランキング」によると、SIMフリー端末を含む携帯電話全体の3月の販売台数1位は、
NTTドコモのソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia arc SO-01C」だった。
トップ交代は、
昨年11月以来、3か月ぶり。

 1位から8位まで、すべてスマートフォンが並び、従来型の携帯電話のトップは、auの「簡単ケータイ K005」だった。
2位は前月4位だった「iPhone 4」の16GBモデルで、3位には、初のNECカシオモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン
「MEDIAS N-04C」が入った。一方、昨年12月から3か月連続1位だった「GALAXY S SC-02B」は5位、前月2位だった
「REGZA Phone T-01C」は7位へと大きくダウン。「LYNX 3D」「IS03」は、ついにトップ10圏外に消えた。

 「Xperia arc SO-01C」は、2010年4月に発売のAndroid搭載スマートフォン「Xperia SO-01B」の後継機。今年1月に米ラスベ
ガスでソニー・エリクソンが発表し、日本では引き続きNTTドコモから発売されている。OSは、最新の Android 2.3を搭載し、
画面サイズは「Xperia」の4.0から4.2インチに大型化。デザイン面では、新たにスリムでエレガントなアークフォルムを採用し、
より洗練された印象だ。

 ただ、メモリ容量別にカウントしている「iPhone 4」の16GBモデルと32GBモデルの販売台数を合算すると、「Xperia arc」の8.3%に
対し、「iPhone 4」は10.3%となり、実質的には「iPhone 4」「Xperia arc」「MEDIAS」の順だった。


全文はソースで
http://www.asahi.com/digital/bcnnews/BCN201104130017.html




続きを読む

【IT】携帯電話端末、全社対応型に:総務省が「SIMロック」制限解除要請

1 :本多工務店φ ★:2010/03/28(日) 10:18:36

総務省は27日、携帯電話端末を、通信契約した携帯電話会社経由でしか使えないようにしている「SIMロック」について、
解除するよう携帯電話会社に求める方針を固めた。

2010年末から発売される次世代携帯電話の端末を対象とし、法制化による義務付けも検討する。
利用者が、端末と携帯電話会社を自由に組み合わせて選べるようになる見通しだ。

通常の携帯電話の端末には、電話番号や契約内容などが記録された「SIMカード」が差し込まれており、
海外ではSIMカードを取り外して差し替えれば、どこの会社の端末でも使えるのが一般的だ。

日本では、端末は特定の携帯電話会社向けに作られており、別の会社向けの端末を使うには通信契約も切り替えなければならない。
SIMカードを他社向けの端末では使えないようにするSIMロックがかけられているためだ。

総務省は、ロックが解除されれば利用者の選択の幅が広がり、
企業間の競争が激しくなって通話料の値下げや端末の性能向上などにもつながるとみている。
そのため、NTTドコモなどの携帯電話会社に、契約から一定期間がたった次世代携帯電話の端末について、
希望者にはSIMロックの解除に応じるよう求める。
現行の端末を使っている利用者は対象外とする。

日本の携帯電話業界では、携帯電話会社がメーカーからすべての端末を買い上げて販売している。
メーカーは端末を特定の携帯電話会社向けに開発するため、海外で販売することができず、
世界市場でのシェア(占有率)低迷の一因となっている。
その閉鎖的な開発・販売モデルは、特殊な生態系が残る太平洋の島々に例えて「ガラパゴス状態」とも呼ばれている。

ソース:YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100328-OYT1T00055.htm



2 :名刺は切らしておりまして:2010/03/28(日) 10:20:19 ID:ZQocHsOr
やっとか
続きを読む

【IT】速さは"光並み"--NTTドコモなど4社が携帯電話用チップを共同開発 @ビジネスnews+

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2009/10/04(日) 21:29:33
NTTドコモ、NEC、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、富士通の
4社は、高速通信が可能となる「次世代携帯電話」の心臓部となる部品「チップ
セット」を共同開発したと発表した。

光ファイバー並みの高速通信に対応できるという。

ドコモなどは、国内外の携帯電話機メーカー向けに販売することも検討している。

採用すれば、次世代携帯電話機の開発期間を短縮したり、開発コストを下げたり
できるという。

ドコモの次世代携帯電話は、2010年12月からデータ通信でのサービス開始を
予定している。

◎NTTドコモのリリース
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/091001_01.html

◎ソース
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20091004-OYT1T00561.htm

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ