SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


新卒

【コラム】思い切って「新卒カード」を捨ててみてはどうか

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/10/06(水) 12:15:58

先日、社会起業家の面々と交流する機会があって、色々な人と意見交換させていただいた。
「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」の代表や、途上国支援ビジネスなどグローバルに活躍する人たちが
メインに集まっていたのだが、次のような素朴な疑問を数人からぶつけられた。
「過去最大の就職氷河期というけれど、就職できないなら海外協力隊やNGOなどに参加して
キャリアを積むチャンスだ。なのに、なぜ企業はそういう動きを後押しせず、学生も大学などに
残ろうとするのか」

■社会貢献がキャリアとなる米国
彼らは最初から組織に属さずに活動するか、外資系企業を経て現在の活動を続ける人たちが中心だ。
いわゆる「日本型雇用」というものを外から眺めて、その中でがんじがらめになって苦しむ日本人が
不思議でならないらしい。

当然だろう。それが世界標準の感覚というものだ。

たとえば、Teach for Americaという米国NPOの話はとても興味深い(Teach for Japan準備会の
代表・松田氏と事務局長・深澤氏から教えていただいた)。
全米の大学生の就職人気ランクで上位につける教育NPO(2010年度は1位)で、参加者は
この組織を通じて、全米の教育困難地区を中心に2年間の教職に就くことになる。

教育免許の有無は問われないが、参加学生のレベルは高く、大企業からの寄付を受けて運営されていて、
2年後にはGEやグーグルといった一流企業へ就職する学生も多い。
学生も企業の側も、2年間の社会貢献が魅力的なキャリアになると知っているわけだ。

企業にとってはこれほどマネジメントの鍛えられるOJTは他にないだろうし、教育現場の側も
優秀な人材を期間限定とはいえ活用できるのだから悪い話ではない(しかも3割が引き続き教育現場に
残るという)。

一方、日本で同じことをやったとしたら、「既卒」というレッテルを張られて主要企業からは
村八分にされるのがオチだ。年齢で処遇を決める日本型雇用の場合、キャリアにブランクがあくのは
致命的だからだ。


だから(出産・育児等で穴のあく可能性の高い)女性は総合職として採用されにくいし、
新卒時に内定のないままフリーターになった人間も採用対象とはならない。

彼らが要求するのは正社員としての職歴なので、フリーターはもちろん、NGOやボランティアといった
現場活動もキャリアとは認められない。上記のようなユニークな経験も、年功序列で初任給から
積み上げる日本的キャリアとは、今のところは相いれないのだ。

これこそ、内定の取れなかった学生が、単位が揃っているにもかかわらず大学に残ることを選択する
理由である。そして、将来の有望市場となりうる新興国でリーダーシップやマネジメントのOJTを積む
貴重な機会が待っているにもかかわらず、それらには背を向けるのだ。

代わりにもう1年間、それも貴重な20代の1年間を、リクルートスーツを着込んで国内企業回りに
せっせと精を出すことになる。


ソースは
http://www.j-cast.com/kaisha/2010/10/05077426.html?p=all

続きを読む

【就職】卒業後3年は新卒扱いにすべき…大学生の就職で日本学術会議が提案

1 :きのこ記者φ ★:2010/03/29(月) 09:11:03

大学生の就職のあり方について議論している日本学術会議の分科会は、
新卒でなければ正社員になりにくい現状に「卒業後、最低3年間は(企業の)門戸が開かれるべきだ」
とする報告書案をまとめた。最終報告書は近く、文部科学省に提出される。

同会議は、今の就職活動が、学生の教育研究に影響しているとして、新しい採用方法の
提案などで大学教育の質についての検討にもつなげたい考えだ。

日本学術会議は、国内の人文社会・自然科学者の代表機関で、文科省の依頼を受けて話し合っている。
報告書をもとに同省は議論に入る。
今回、就職にかんする報告書案をつくったのは「大学と職業との接続検討分科会」で、
就職活動早期化で、大学4年間で学ぶ時間を確保できにくくなっている弊害などが出ていることから、
対策を考えてきた。

日本の企業は、大企業を中心に、新卒者を採用する傾向が強い。中途採用はあるものの枠は狭く、
希望の企業に採用されなかった学生が「新卒」の肩書を持つために、留年するケースもある。

報告書案では、「新卒一括採用方式」について、特定の世代に景気変動の影響が出やすい点を問題視。
卒業後すぐ採用されなければ正社員になるのが難しいことから、卒業後最低3年は在学生と同様に
就職あっせんの対象にすべきだとした。

企業側にも新卒要件の緩和を求め、経済団体の倫理指針や法律で規制するより、
既卒者を新卒者と同じ枠で採用対象とする企業を公表することを提案。
政府にも、卒業後も大学の就職支援を受けられるように法律を改正するなど速やかな対応を求めている。

また、就職活動で学生が学業に打ち込みにくくなっている現状についても、
規制のみで対応することには限界がある、と記述。大学が学生をできるだけ長く社会から隔離するのではなく、
インターンシップなどの機会を早くから整備することが重要とした。

大学が就職活動のスキルやノウハウを伝え、資格をとるよう促す動きについては大学教育全体で
職業的な能力を育て、成績評価を社会でも意味を持つよう改善することなどを求めた。

http://www.asahi.com/national/update/0329/TKY201003290001.html



3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 09:12:54 ID:3Ox9zjUq
それでも新卒採用は必要ってことなんだな。
新卒枠撤廃するっていった方がまだ説得力あると思ったけど無理か。



8 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 09:15:15 ID:BgrB0INd
改める点はそこじゃないだろバカw



9 :名刺は切らしておりまして:2010/03/29(月) 09:17:34 ID:2fK2IFqm
何の為にするのかさっぱり。雇用市場が更に混乱するだけじゃないのか


続きを読む

就職留年まで出した超氷河期は22年度入社組みだけか 大手電機メーカー23年度採用大幅増へ

1 : 三脚(長屋):2010/03/22(月) 13:10:42.71 ID:ZO4KuNIs BE:115842029-PLT(12076) ポイント特典

大手電機 新規採用持ち直しへ

 大手電機メーカー各社の平成23年春の新入社員の採用計画は、「NEC」がことし春の実績の3倍に増やすなど、業績の回復傾向に合わせて持ち直しの動きが出ています。

 このうち「NEC」は、平成23年春の新入社員の採用を、ことし春の実績の3倍に当たる300人に増やす計画です。
 「富士通」は、ことしと比べて22%多い540人、「ソニー」は、15%増加の270人にするなど、世界的な景気悪化で大幅に悪化した業績が回復傾向をたどっていることから、採用を増やす動きが広がっています。

 ただ、大手電機メーカー各社は、国際的な競争で生き残るため、コスト削減が大きな課題で、工場を海外に移したり、生産を外部に委託したりする動きも広がっており、今後、国内の雇用を大きく増やすかどうかは不透明な情勢となっています。
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013350491000.html



4 : 霧箱(コネチカット州):2010/03/22(月) 13:11:58.12 ID:FIun68pK
一年遅えよバーカ!

続きを読む

【就活支援】公認の"希望留年制度"を導入する大学が増加--"新卒"で就活に再チャレンジ

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/14(日) 20:39:48

就職が決まらなかった学生が、翌年度も就職に有利な「新卒」で就職活動ができる
ように、卒業要件を満たしても在学させる「希望留年制度」を設ける大学が増えている。
あえて単位を落として就職浪人するケースは以前からあったが、大学公認の留年制度の
広がりは厳しい就職戦線を映し出している。

青山学院大(東京都渋谷区)は先月末の理事会で、「卒業延期制度」を来年度から
導入すると決めた。卒業に必要な単位を取得した学生でも、希望すれば留年が可能で、
授業料は基本的に半額。青山学院広報室は「就職活動の継続などの明確な理由がある
場合は有用な準備期間としてもらう」と話している。学生を支援しつつ、授業料で
経済的負担が重くならないよう配慮した格好だ。東京工芸大(中野区)や湘南工科大
(神奈川県藤沢市)も同様の制度を導入する。

99年度から導入した立教大(豊島区)や、02年度からの成蹊大(東京都武蔵野市)の
ように以前から導入していた例や、一昨年のリーマン・ショックで内定取り消しが
相次ぎ、特例として実施した明治大(千代田区)や工学院大(新宿区)もある。
文部科学省大学振興課は事前相談があった国立大や私立大の数から類推して、導入した
大学は全国で数十校に及ぶとみている。同課は「大学設置基準で卒業要件の最低基準を
定めており、クリアした学生をどうするか最終的に大学が決めること。教授が学生を
恣意(しい)的に留年させるようなことがないよう規則を定めて実施するなら問題ない」
と話している。

大企業が、新卒を優先して採用している実態があり、学生側には「就職浪人」で身分が
不安定になるより大学に残った方が有利との思いがある。

厚生労働省若年者雇用対策室は「不況で学生は大企業志向になりがちだが、中小企業は
6割が通年採用しており新卒・既卒にこだわっていない」と説明する。ある大学の就職
相談担当者は「今の経済情勢では翌年に内定が出る保証はない。小さな企業でも就職して
スキルを身につけてから転職を考える方がよく、希望留年は勧めない。大学として苦渋の
判断です」と話した。


◎ソース
http://mainichi.jp/select/today/news/20100315k0000m040049000c.html



3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/14(日) 20:41:51 ID:SEvV4+Q8
永遠留年になるぞ。




6 :名刺は切らしておりまして:2010/03/14(日) 20:46:20 ID:XCyCcRBE
入学者が減ってくる時代に余計にお月謝取れるんだから大学は丸儲けだわな。



【関連スレ】

学生「内定決まった!よっしゃあああ!」→社員「君はクズの中のクズだ」
【調査】 "就職氷河期より酷く…" 大卒の就職内定率、過去最悪の80.0%…2月1日時点
【サービス】学生「就職のためなら金惜しめぬ」--模擬面接とエントリーシート添削で14万8千円の"就職活動支援会社"
【雇用】"新卒至上主義"が若年層と企業に悪影響も--2011年採用はさらにきびしい『新就職氷河期』か


【書籍】

パンチラ見せれば通るわよっ! - テレビ局就活の極意
内定取消! 終わりがない就職活動日記
<就活>廃止論

続きを読む

【雇用】富士通、来年の大卒採用2割増 技術系は4割増

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/03/04(木) 10:28:23

富士通は、平成23年4月入社の新卒(大学卒)採用数を540人と、
22年春の440人から約2割増やす計画を発表した。
事務系は22年度と同じ170人にとどまるが、技術系は約4割増の
370人。

22年春の採用は、不況による半導体やハードディスクドライブ(HDD)
事業のリストラなどで技術系を抑えた。
主力のシステム構築など情報サービス事業を進めるため、23年春は技術系の
採用数を21年春に近い水準に戻すという。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100303/biz1003031247009-n1.htm

■富士通 http://jp.fujitsu.com/
 2010年3月3日 2011年度採用計画
 http://pr.fujitsu.com/jp/news/2010/03/3.html



2 :名刺は切らしておりまして:2010/03/04(木) 10:37:51 ID:IdA/lo1o
技術系(笑)



【関連スレ】
【雇用】悲痛な声が寒空に響く--失職700人規模、富士通ML岩手工場の離職者説明会
富士通、SE400名を子会社に移管…製造分野の再編を実施

続きを読む

【雇用】"新卒至上主義"が若年層と企業に悪影響も--2011年採用はさらにきびしい『新就職氷河期』か

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/28(日) 14:30:44

売り手市場が終わり就職戦線は新就職氷河期に突入。2011年採用はさらにきびしい
状況が予想される。新卒至上主義の弊害が若年層と企業を襲う。

近年、新就職氷河期の訪れにより、就職活動に励む学生は、なかなか内定がもらえない
きびしい状況に置かれている。

楽天リサーチ株式会社が2月16日に公表した調査結果によれば、2011年新卒採用は
よりきびしい状況となりそうだ。採用人数を増やす企業は「微増」、減らす企業は
「大幅減」という傾向が見られるという。

内定者数については、人事担当者の30.3%が「例年より少なめ」と回答している。
また、2011年の就職戦線が「氷河期」ないしは「超氷河期」だと考えている人事担当者は、
合計で73.5%にものぼっている。とくに、「超氷河期」との回答が急増しており、
就職戦線へのきびしい見方が伝わってくる。

就職氷河期という言葉が登場したのは1994年新卒採用の時期だ。不況に際して、企業は
既存の正社員の雇用を維持しながら、採用人数を減らすことで人員調整を行ってきた。
以降、2004年新卒採用まで、戦後最悪の就職難が10年間続いた。

景気回復により、2005年新卒採用からは一転して「売り手市場」と言われ、就職率は
上昇していった。もっとも、採用人数が本格的に増加し、目に見えて就職状況が改善
されたのは2007年新卒採用からだ。

しかし、2008年新卒採用をピークに、再び就職率は減少する。リーマン・ショックの
影響もあり、2010年新卒採用からは本格的に新就職氷河期が訪れた。2011年新卒採用も、
きびしい状況が予想される。

就職難が1〜2年で終われば、「第2新卒」という形で再び就職活動をすることができる。
ところが5年、6年と長期化すると、それも難しい。過去の就職氷河期では、新卒至上
主義の壁に阻まれて、非正規雇用になる若年層が増えたとされる。

また、就職氷河期は人材育成にも悪影響を及ぼしている。就職氷河期に正社員になれた
新卒となれなかった新卒の間では、企業内教育や実務経験の面で、大きな「人材育成
機会格差」が存在したとの指摘がある。人材育成の遅れは、長期的に見て企業にとっても
マイナスになる。

2012年新卒採用以降の就職戦線がどうなるかは不明だが、新卒至上主義が続く限り、
就職氷河期の問題は繰り返されていく可能性がある。一方で、政府による非正規雇用の
規制強化が進められているため、これまで不況でも高い水準を維持していた非正規雇用の
採用人数が低迷している。新就職氷河期で正社員になれなかった新卒が、非正規雇用
にもなれずに、失業者となる事態が懸念される。

◎ソース
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/business/n_syushoku_saiyo__20100228_1/story/moneyzine_183378/




6 :名刺は切らしておりまして:2010/02/28(日) 14:39:16 ID:ALi5A5cF
でも就職できる人もいるんだから自己責任だよ、というレス↓



【関連スレ】
【社会】卒業目前…合同就職面接会に、就職が決まっていない4年生2400人が集まる(2010年02月17日)
【雇用】母親が「 無理をして就職することはない」と…未内定者4割も当たり前!厳冬就活戦線で八方塞がり(2010年02月12日)
【雇用】2011年春卒の就活戦線、「氷河期ほど採用減らず」(2010年01月12日)
【各種学校】大卒者の専門学校入りが急増--就活で就職浪人より「新卒が有利」で




続きを読む

【求人】新卒や無職の人も--千葉都市モノレールの"社長公募"、270人が応募

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/19(金) 13:37:24

千葉市が出資する第3セクター「千葉都市モノレール」の社長公募に270人の
応募があった。「社長に就職したい」という新卒予定者もいたという。
18日、同社が発表した。

新社長の任期は6月下旬から2年間で、年収は約900万円。3月下旬に熊谷俊人
市長らが委員の選考委員会で決定する。

募集期間は1月4日〜2月12日で、最年少は21歳の男性、最年長は88歳の男性。
平均年齢は53・3歳だった。千葉市民は74人、千葉県内他市町村在住者は79人。
県外からも117人が応募した。鉄道関係業種などからの転職希望者が177人だったが、
無職も目立ったという。

熊谷市長が掲げる「民間からの社長登用」に基づく公募で、同社はこれまで市や
県職員OBが社長を務めてきた。

◎千葉都市モノレール「社長公募を行います」
http://www.chiba-monorail.co.jp/koubo/koubo.html

◎千葉都市モノレール株式会社代表取締役社長公募要項(PDF形式)
http://www.chiba-monorail.co.jp/koubo/outline.pdf

◎ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100219-00000550-san-l12


3 :名刺は切らしておりまして:2010/02/19(金) 13:43:57 ID:YTaQvMCu
出来レース?

続きを読む

【各種学校】大卒者の専門学校入りが急増--就活で就職浪人より「新卒が有利」で

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/09(土) 00:53:58

不況で雇用情勢が悪化する中、就職が決まらない大学や短大の卒業生が専門学校に入学するケースが増えている。大手の中には、そのような入学者が3年前の1・5倍に増えた専門学校も出てきた。卒業後、自力で就職活動を続けたり、「就職浪人」で大学に残るより、専門学校できめ細やかな指導を受け、就職に直結させようという人が多いためとみられる。

少子化に伴う「大学全入時代」のあおりを受け、専門学校(専門課程)の入学者数は平成16年度以降、減少している。

文部科学省の調査によると、16年度の33万5102人が21年度は24万7823人と約9万人も減った。大学や短大を卒業後、専門学校に入学する学生数も17年度の2万4351人から減少していたが、21年度は前年度比1146人増の2万265人と、5年ぶりに増加に転じた。

専門学校の入学者のうち大学・短大の卒業者が占める割合も7%台で推移していたが、21年度は8%を超えた。

文科省は「大学生の就職状況が厳しい中、職業能力を身につけるために専門学校に入学しようという学生が増えているのではないか」と説明する。

実際、主要な専門学校に大学・短大の卒業者が入学するケースが増えている。

専門学校大手「大原学園」(東京都千代田区)では、首都圏19校の21年度の入学者のうち、大学、短大卒(中退を含む)の入学者数が3年前に比べ約1.5倍の1237人となった。

簿記など「資格取得」に力を入れていた同学園だが、約10年前から企業のニーズに合わせた人材育成も強化し、就職率を向上させている。同学園本部就職部の堤敦部長は「学生40人の担任制で、きめ細やかな教育が強み」と話す。

就職が決まらなかった私大4年の女子大生(22)も卒業後、大原学園への入学を決めた。指導を受けて再度、就活に備える。「就職浪人で大学に残るより、専門学校で学び、自信を付けたい」という。

日本電子専門学校(東京都新宿区)でも21年度の入学者のうち大卒者が前年度比で約1割増えた。22年度の出願者(昨年12月24日現在)も、大学・短大の既卒者(中退を含む)が2年前の同期に比べて38%増。中でも新卒は倍増した。寺脇保・理事兼広報部長は「厳しい今年の就活を避け、景気回復を待とうという学生も多い」とみている。

既卒者が専門学校を選ぶ背景について、就職情報会社「ディスコ」(東京都文京区)の前岡巧調査担当部長は「今の学生はバブル崩壊後の就職氷河期に就職できず、フリーターになった人たちが、なかなか定職に就けない実態を知っている」と分析する。

日本では新卒でなければ正社員になることは難しいとされる。前岡部長は「大学を卒業して『既卒』となるより、専門学校から『新卒』として就活する学生が増えても不思議はない」と話している。

◎ソース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100109/biz1001090019001-n1.htm

続きを読む

【雇用】メイテック、来春の新卒採用ゼロに 技術者派遣の需要低迷@ビジネスnews+

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2009/11/16(月) 21:37:55
 技術者派遣最大手のメイテックは2010年春入社の新卒採用を見送る。新卒採用を
ゼロにするのは1970年代後半に定期的な採用を開始して以来初めてという。景気低迷で
メーカーで設計や開発を担当する派遣技術者の需要が激減しており、改善の兆しが
見えていないため。

 メイテックは例年、数百人単位で派遣技術者を採用しており、今春も339人が入社した。

ソース:日経ネット
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091115AT1D1303W13112009.html

続きを読む

【調査】2010年卒就活生に「ゆとり世代を感じた」人事担当者→5割超 @ビジネスnews+

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2009/10/23(金) 19:15:36

楽天リサーチ株式会社と楽天株式会社が運営する「みんなの就職活動日記」は、
2011年度新卒採用に関するインターネット調査を実施した。

2010年度と比較した、2011年卒の新卒採用人数を尋ねると、「横ばい」がもっとも
多く43.6%、「増やす」はわずか9.5%、「減らす」「実施しない」はそれぞれ、
21.6%、7.4%にも上る。

2010年卒生は「ゆとり世代」。採用活動を通してそれを感じたか尋ねると、
「とても感じた」が15.9%、次いで「やや感じた」(35.8%)の合計が半数を超えた。

どのような点を「ゆとり世代」だと感じたか尋ねると、「欠勤の連絡を親がしてくる」
「『どこに就職したら良いのか教えてほしい』と言う人が多い」「義務は果たさなく
ても主張だけはする」などの回答があった。

人事担当者として人を見るときの注意点を尋ねると、「話し方」が39.5%でトップ、
次いで「立ち振る舞い」(25.3%)、「表情」(23.6%)という結果となった。

また、経済産業省が掲げる「社会人基礎力」の中で新卒新人に対して求めるものに
ついては、「主体性」(55.9%)、「柔軟性」(41.8%)、「実行力」(41.5%)と
いう結果となった。

調査元では総論として、「10年卒の就職活動は、当初売り手市場だったのが一転、
氷河期に突入した。11年卒は就活開始当初から厳しい就職戦線が予測されており、
昨年よりもう一段階冷え込むだろう。一方、企業は予算こそ縮小気味ではあるが、
欲しい人材を十分に取り込める余地がある『買い手』企業と、限られた採用枠を
少しでも早く手に入れたいと思う学生との間で意識の相違があるように見受けられた」
とコメントしている。

本調査は、全国の20〜69歳男女の人事担当者を対象に、2009年10月9日〜10月13日に
行った。回収サンプル数は800である。

◎みんなの就職活動日記 http://www.nikki.ne.jp/

◎ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4411741/

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ