SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


日立

日立製作所のHDD事業、お荷物卒業 黒字定着 世界のトップ追撃

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/04/23(金) 09:09:41

日立製作所は、赤字が続いていたHDD(ハードディスク駆動装置)事業で攻勢に転じる。

22日発表した同事業部門の2010年1〜3月期の営業利益は3四半期連続で黒字を確保。
08年以降は利益を計上し黒字体質が定着したことから、サーバー向け小型装置の強化や
新しい記憶装置なども投入し、世界市場で強みをみせるシーゲイトなど米国勢を追撃する構えだ。

「世界的な景気後退の中でも着実に利益を伸ばすことができた」。
日立のHDD製造子会社「日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)」の
スティーブ・ミリガン社長兼最高経営責任者(CEO)は同日の会見で胸を張った。

HGSTの1〜3月期の売上高は前年同期比42%増の14億6000万ドル(約1350億円)、
営業利益も前年同期の5700万ドルの赤字から大幅に回復し2億1700万ドル。
09年10〜12月期と比べても2倍近くの利益となった。09年通年の営業損益は約1億ドルの
黒字を確保した。

「今後も成長市場をとらえ事業の成長を加速させる」(ミリガン社長)と意気込むが、
HDD事業は数年前まで「赤字垂れ流し」(幹部)の部門だった。

日立は03年、米IBMのHDD事業を20億5000万ドルで買収。
しかし、統合作業の難航や、製品価格の大幅下落などで赤字が常態化。
07年まで5年連続で営業赤字を続けていた。

06年には赤字が3億7500万ドルに上り、07年には当時の古川一夫社長が撤退も検討するほど
だった。国内でもNECなど大手も撤退し、昨年には富士通がHDD部門を東芝に売却。
今では国内メーカーは日立、東芝のみだ。

日立のHDD事業を立て直したのが、今年4月までHGST会長だった現日立製作所社長の中西宏明氏らだ。
07年にHGSTに入社したミリガン社長が「中西さんの下でHDDに精通する人材採用を進めた」
と話すように、数年間で幹部の多数を入れ替えた。コスト低減のためメキシコ工場をマレーシアに
移管したり、部材共通化を進めて08年度に黒字化を達成した。

HDDはパソコン向けに加え、カーナビや家電向けなどの新規分野の需要も増加。
今後はネットワーク経由でソフトを提供するクラウド・コンピューティング向けのサーバーに、
日立が得意とする2.5インチ型などを強化。年内には米インテルと共同開発を進める次世代記憶装置
「SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)」も投入する。

日立が目指すのは主要部品を内製する「垂直統合型」で、米シーゲイトやウエスタン・デジタルなどの
ビジネスモデルだが、「本当の変革にはまだ少し時間がかかる」(ミリガン社長)。

グローバルな価格競争が激しい分野だけに、日立もさらなるコスト低下が求められる。


8 :名刺は切らしておりまして:2010/04/23(金) 09:20:20 ID:rzGKs4hq
日立とか技術的な蓄積すごいんだから、経営者がすごければあっという間に世界制覇しそうだけどな。



12 :名刺は切らしておりまして:2010/04/23(金) 09:27:41 ID:1rzzCkrO
なんかフラグっぽい記事だな

続きを読む

【電機】日立、3月期末の配当見送り--上場以来初の通期無配

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/18(木) 21:17:31

日立製作所は、2010年3月期の期末配当を見送る。

業績が厳しいため、中間配当も無配にしており、通期では1949年の
株式上場以来初の無配となる。

◎ソース
http://www.asahi.com/business/update/0318/TKY201003180341.html


6 :名刺は切らしておりまして:2010/03/18(木) 21:21:32 ID:+3nYPjsE
でも定期昇給は実施するんですね

続きを読む

人事だけど質問ある?

f5ccf3c2.jpg1 :就職戦線異状名無しさん:2009/09/22(火) 21:20:45
現在は大手電機メーカー人事。
辞めることにしたんで、聞きたいことあれば特定以外なんでも
続きを読む

任天堂・富士通・NEC・日立、転職ならどれ?

1 :仕様書無しさん:2009/05/19(火) 11:31:57
さて。お前らSEはその大半が「転職潜在層」「転職経験者」ということだろう。
いくらITドカタなんて罵倒しても強制労働じゃない、自分で選んだ道なのだから自分で考えよう。
もはや何年勤めようが何年実務経験があろうが、非正規雇用というのはあっさり切られる時代となった。

 ITエンジニアの転職意欲も相変わらず高い。実際のデータを見てみよう。
2008年5月から6月にかけて、@IT自分戦略研究所とJOB@ITが実施したアンケート
「ITエンジニアの転職意識レポート 2008年度版」では、全回答者(998人)中55.3%
が転職を経験している。うち半数以上が2度以上の転職経験者だ。今後の転職意向を尋ねると、
全体の14.8%が「転職顕在層」、64.2%が「転職潜在層」という結果になった。
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/special/noreg/01.html

http://science6.2ch.net/test/read.cgi/infosys/1242301148/l50
日本の輸出産業は、専ら任天堂テレビゲームです!

日本のIT業界は糞糞と罵倒されるが、任天堂のテレビゲームは海外では大いに売れた。
この傾向がいつまで続くかも不明だが、そっちに需要があるならそっちへ転職してみないか?
大手ITベンダーといえば富士通・NEC・日立・日本IBM・NTTあたりと思われるが、
近年はNEC元幹部の提唱で始まった京速計算機プロジェクトでNECが真っ先に撤退する一方、
富士通だけが残って新型CPU開発など進めており、一位の富士通と二位以下の差が開いてる様子。
そのへんの中小ベンダーはというとこれはもう私大文系と同じで、底抜けに落ちていることだろう。
それでも政府の財政出動を頼りに国内的なゼネコン方式で今のところは何とか食いつないでいるようだが、
こういうのは海外市場なんかでマトモに市場競争したら歯が立たない。
上で挙げた4社も実はブラックという可能性もあるが、それでも中小ベンダーよりはマシなはず。
続きを読む

感銘を受けたしたセミナー、説明会書いてけ!

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/10/15(木) 21:27:43
今のがんばろうという思いを忘れないためにもな!!!

NTT東日本・・・日本の未来を作るのはオレだ!!!

去年だけどなwwww


3 :就職戦線異状名無しさん:2009/10/15(木) 21:29:41
NTT東はちょっと感動したけどこれが洗脳というものかと恐怖も感じた

続きを読む

日立製作所63

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/07/27(月) 11:44:38
前スレ

日立製作所62
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1243333528/


3 :就職戦線異状名無しさん:2009/07/27(月) 12:07:23
カンパニー制はどうなったんだよw

HPT買うのにバブコックは無し?

続きを読む

日立製作所62

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/05/26(火) 19:25:28
前スレ

日立製作所61
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1240389378/
続きを読む

大手電機メーカーブラックランキングpart5

e8e78978.jpg1 :就職戦線異状名無しさん:2009/08/05(水) 22:28:07

【電機メーカー総合ブラック度ランク】

75 東芝
〜〜〜〜〜〜超えることの出来ない崇高な壁〜〜〜〜〜〜
70 パナ三洋 パイオニア  NEC 日立
65 シャープ ビクター
60 富士通
55 ソニー パナ
〜〜〜〜〜〜↓他社が派手に自滅した結果、まともにみえる企業〜〜〜〜〜〜
50 三菱 

前スレ
大手電機メーカーブラックランキングpart4
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/recruit/1239205738/


続きを読む

【電気機器】韓国勢に押される日本電機メーカー、復権へのカギは

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/01/14(木) 11:07:19

ソースは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/13/news069.html
2010年01月13日 17時06分 更新

[1/2]
「2〜3年前は、Samsungのブースを見ても安心と自信を感じていた」という日本メーカーの幹部だが、
今は危機感を口にしている。復活へのカギとなるのはコスト削減や大胆な再編だが――(ロイター)

日本の子供は劇やスポーツの試合の後によく「反省会」をやって、何が悪かったかを議論する。

先週ラスベガスで開かれたConsumer Electronics Show(CES)では、日本のIT企業幹部の間でそうした内省が多く行われていた。今年の同イベントでは、ソニーやパナソニックの優勢は韓国のSamsung ElectronicsやLG Electronicsに奪われ、過去のものになってしまったように見えた。

日本の電機メーカーは競争力を取り戻すために、M&A、コスト削減、国外でのシェア拡大の対策を検討するべきだと、政府関係者や投資家、銀行家は話している。
だが、ベテラン幹部は変化に抵抗する傾向がある。さらに日本の企業はコンセンサスに重きを置くため、大企業では派閥闘争により意思決定が遅れることが多い。

一部の投資家は、2010年の経済状況が明るくなることで改革的なM&Aが遅れること、日本企業が既存技術を守るための特許紛争に気を取られることを懸念している。

「何をしなければいけないのかは皆分かっている。だが電機業界では常に、その実行が問題となってきた」とさわかみ投信のファンドマネジャー、澤上篤人氏は東京で語る。
「固唾をのんで見てはいない。もっといい投資先はある」

世界最大の家電展示会であるCESで、日本企業の幹部はひそかに危機感を口にしていた。

わずか2〜3年前は、Samsungのブースを見ても安心と自信を感じていたと、東芝の関係者は言う。
「だが年を追うごとに、Samsungのブースは目立つようになり、製品のデザインはよくなっている。価格で対抗するのも大変だ」とこの関係者は匿名を条件に語った。

韓国の台頭に日本が押されていることは、ソニーが利益を出すのに苦労している一方で、Samsungがフラットパネルテレビのアグレッシブな販売目標を立てていることにも現れている。投資家は、Samsungの株価が2009年に77%上昇したことに注目している。これは39%という
ソニーの株価上昇率の2倍近くになる。

-続きます-続きを読む

【電機】日立製作所、最大4000億円の資金調達へ@ビジネスnews+

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2009/11/15(日) 10:02:56
日立製作所が公募増資などで最大4000億円の資金調達を実施する方針であることが15日、明らかになった。16日にも臨時取締役会で決議し、正式発表する。複数の関係筋がロイターに明らかにした。

同社の公募増資は1982年に米国で行なって以来27年ぶり。

関係筋によると、日立は普通株と転換社債型新株予約権付社債(CB)によって最大4000億円を調達する計画。内訳は普通株が3000億円、CBが1000億円となる見通し。最大3000億円分の普通株が新たに発行されると、日立の発行済み株式総数は30%程度増える。

日立は2009年3月期に国内製造業としては過去最大となる7873億円の最終赤字を計上。08年3月末時点で20.6%あった自己資本比率は11.2%に急落した。09年9月末には10.9%まで低下した。2010年3月期も2300億円の最終赤字見込みで、このままでは一段の財務基盤の悪化が避けられないため、そうした状況に歯止めをかける。

10年3月期の通期見通しを加えると日立の最終赤字は4年連続で、近年事業環境が厳しい電機業界の中でも同社の経営不振が目立つ。今年4月に就任した川村隆会長 兼社長は、同社のグループ戦略について従来の「総合電機路線」を修正し、電力や交通システム、情報通信など社会インフラ関連事業に経営資源を重点配分する方針を掲げ、グループ再編に取り組む姿勢を示した。7月には日立ソフトウェアエンジニアリング<9694.T>や日立マクセル<6810.T>など上場5社の完全子会社化を発表し、10月には株式公買い付け(TOB)を完了。TOBによる株式取得金額は合計で約2550億円に上った。

また、三菱電機<6503.T>と共同出資する半導体メーカーのルネサステクノロジが、NECエレクトロニクス<6723.T>と来年4月に経営統合するに当たり、日立は800億円強の増資支援を行なう予定だ。今回の資本増強は、今後のグループ再編や事業構造改革を進める上で必要となる資金を確保する狙いがあるとみられる。

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ