979f27aa.jpg1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/05/12(火) 16:16:26
[東京 12日 ロイター] NECは12日、2010年3月期の連結当期損益が100億円の黒字となる見通しだと発表した。
前年度比で固定費を2700億円削減し、09年3月期に2966億円に上った当期赤字からの脱却を図る。

100億円の当期利益見通しはトムソン・ロイター・エスティメーツによる過去90日における主要アナリスト8人の予測平均値、当期赤字670億円を上回った。
売上高は前年比11.5%減の3兆7300億円、営業利益は1000億(前年実績は62億円の赤字)をそれぞれ予想。
会見した小野隆男常務は「売上高の減少に見合った費用削減と、不採算事業の撲滅がカギになる」と述べた。

部門別の営業損益は、コンピューターシステムやIT(情報技術)サービスなどIT/ネットワークソリューション事業は前年とほぼ同額の1250億円の利益、携帯電話とパソコンによるモバイル/パーソナルソリューション事業は140億円の利益(前年実績は79億円の赤字)、半導体子会社NECエレクトロニクス6723を中心としたエレクトロンデバイス事業は50億円の赤字(同793億円の赤字)をそれぞれ見込む。

09年3月期の連結業績は売上高が08年3月期比8.7%減の4兆2156億円、
営業損益が62億円の赤字(08年3月期実績は1567億円の黒字)だった。
2966億円の当期赤字は過去2番目に悪い数値だった。

ソース
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37958020090512

続きを読む