SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


残業

新社会人、サービス残業「我慢」73%--法テラス調査

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/06/02(木) 11:26:53.21

「サービス残業は許せないが、しぶしぶ我慢」−。
日本司法支援センター(法テラス)が新社会人を対象に実施した意識調査で、
新生活への不安や職場での法的トラブルなどを我慢する傾向があることが
分かった。

調査は3月、新社会人500人を対象に実施した。
それによると、「新しい職場に不安があるか」との質問では、
81・4%が「ある」と回答。
半数以上が「上司とうまくコミュニケーションを取れるか」
「同僚とうまくやっていけるかどうか」など人間関係への不安を挙げた。
「サービス残業を強いられたらどうするか」の問いでは、
73・2%が「許せないが、しぶしぶ我慢する」と答え、
「新米のうちは逆らえない」「会社に雇ってもらえるだけマシ」など、
経験不足や不景気を背景にした理由が多かった。

また、法的トラブルに関するクイズ(10問)を出題したところ、
平均正答率は71%。
最も低かったのは、
「髪の毛をほんの少し茶色に染めたら、会社から服務規律違反だから
改めるよう指示された。従わなくてはならないか?」(14・6%)だった
(正答は「従わなくても良い」)。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/econome/news/110602/ecd1106020959001-n1.htm




続きを読む

IT業界の仕事を辞めたくなるとき--10の理由を紹介

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/12(木) 10:39:51.47

これまでに少なくとも何回か、もう少しで仕事を辞めそうになったことがある人は手を挙げて欲しい。
遠慮しなくていい。IT業界が、世の中でもっともストレスが高い業界の1つであることは、誰もが
知っている。そして残念ながら、大学では日々を切り抜ける術を教えてはくれない。
この記事では、愛するIT業界のキャリアを離れる決断をする理由になり得る要因について考えてみよう。

1.ストレス

IT業界の仕事など楽なものだなどと言う者がいたら、決して許してはならない。
IT分野では、ストレスのない職は珍しい。なにしろ、ITとは災害管理なのだ。
顧客やユーザーがわれわれに電話をかけてくるときには、ほぼ間違いなく直ちに対処する必要のある
緊急事態だ。そして、その作業に取り組むときには、間違いは許されない。
さもなければ、契約や自分のクビを失うことになりかねない。
さらに悪いことに、ストレスはほとんど途切れることがない。
われわれは常に、さらに頑張り続けなくてはならない。


-続きます-




続きを読む

【労働環境】あなたの会社は大丈夫? 不況で急増する「ブラック企業」の見分け方

4a9201d1.jpg1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/02/26(金) 11:23:56

ソースは
http://diamond.jp/series/analysis/10154/
http://diamond.jp/series/analysis/10154/?page=2
http://diamond.jp/series/analysis/10154/?page=3

[1/3]
これも不況の影響なのか、社員に劣悪な労働条件を強いる企業が話題に上る頻度が増えている。
もともとはインターネット上で生まれた「ブラック企業」なるスラングが世に浸透し、ついには
本や映画の題材にまでなったのは、記憶に新しいところ。度を越した悪条件の企業に確たる“呼称”を
求める土壌が今日の日本社会に出現したという意味では、深刻な社会問題とも言える。
今後は、「気づくと自分の会社もブラック企業だった」などと驚愕するビジネスパーソンも、
増えていくだろう。
今回は、ブラック企業にありがちな「トンデモ職場」の実態を紐解きつつ、その傾向と社員が
警戒すべきポイントをレポートしたい。(取材・文/友清 哲)

■意外と身近から発せられているブラック企業社員の“悲鳴”
最近、巷で流行している「ブラック企業」という言葉をご存知だろうか?
誤解なきように言っておくと、これは決して反社会的勢力が関係する企業や、明白な犯罪に
手を染めている企業を指すわけではない。
 
労働法に抵触しかねない劣悪な労働条件で働かされる、賃金や福利厚生のレベルにとても見合わない
精神的、身体的苦痛を日常的に被る――。このような企業を指すスラングが、「ブラック企業」なのだ。
それらは、大不況の影響もあり、急激に増えていると言われる。

「ブラック企業」と呼ばれる問題企業の実態がこれほど話題に上る背景には、実はインターネットにおける
“つぶやき文化”の影響がある。

そもそもブラック企業という言葉自体、ネット掲示板「2ちゃんねる」のスレッドから生まれたものだ。
それは、『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』という書籍や映画のベースにもなった。

今でも、「Twitter」や「mixiボイス」などで平日の日中に飛び交うつぶやきには、OLやビジネスマンが
発信する、職場や上司、労働環境への愚痴が圧倒的に多い。この現実に心当たりを持つユーザーは
少なくないだろう。

筆者の「被つぶやき体験」を紐解いても、「求人広告に掲げられていた給料の半額程度しか手取りがなかった」
「仕事中にケガを負っても病院へ行かせてくれなかった」など、気の毒な体験談は少なくない。

では、ブラック企業の社員は、いったいどんな「トンデモ職場」で働いているのだろうか?
生の声をご紹介しよう。

-続きます-続きを読む

【SE】IT業界総合ランキングvol.41【SIer】

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/02/22(日) 02:10:48

★★★★★★★★★★ 2010年SI業界企業ランキング ★★★★★★★★★★
━━━━━━━━━━━━━━ Sランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
70 野村総研(NRI) NTTデータ [Microsoft] [SAP] [accenture]
━━━━━━━━━━━━━━ Aランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
68 NTTコミュニケーションズ アビーム [Oracle] [hp] [BearingPoint] [Cisco]
66 日立製作所 大和総研 NEC 富士通 日本ユニシス [Sun]
━━━━━━━━━━━━━━ Bランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
65 日本総研 新日鉄ソリューションズ(NS-sol) みずほ情報総研
64 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC) 電通国際(ISID) 住商情報(SCS)
━━━━━━━━━━━━━━ Cランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
63 NTTコムウェア 大和総研ビジネスイノベーション フューチャーアーキテクト 東京海上日動システムズ
62 JR東日本情報システム(JEIS) 農中情報システム三井情報(MKI) 富士通FIP
━━━━━━━━━━━━━━ Dランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
61 JSOL ニッセイ情報テク(NIT) NYKシステム総研 Fsas ソニーグローバル 日立ソフト(HSK)
60 IBMビジネスコンサル(IBCS) NECソフト(NES) 沖電気 JRシステム 東京三菱IT NTT-AT
59 日立SAS 日立情報システムズ 富士通システムsol NECネクサ [NCR]
━━━━━━━━━━━━━━ Eランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
58 シンプレクス ITフロンティア ATS セゾン情報システムズ オージス総研 日立電子サービス(DENSA)
57 三菱UFJトラストシステム テプコシステムズ ワークスアプリ サイボウズ キャノンソフト テクノスJAPAN
56 ニコンシステムリコーソフトウエア NTTソフト ジーイー横川メディカルシステム TIS 富士通BSC
55 NTTデータシステム技術 都築電気 トヨタコミュニケーションシステム 東芝ソリューション
━━━━━━━━━━━━━━ Fランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
?? 日本IBM 富士ソフト TCS ジャステック アルファシステムズ 大塚商会 ソフトウエア興業

【学歴妥当ライン】
S=旧帝/東工/一橋/早慶上位
A=駅弁上位/電農名繊/早慶中位/上智/理科
B=駅弁中位/早慶下位/MARCH上位
C=駅弁下位/MARCH中位
D=MARCH下位/関関同立/芝工/武工
E=日東駒専
F=大東亜帝国


続きを読む

ユーザー系IT企業 part 65

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/11/30(月) 22:58:55
ユーザー系IT企業のSEを目指している人や内定者のためのスレです。
3年も4年も人事もアンチも社員も元社員も仲良く意見交換しましょう。

続きを読む

【コラム】若年労働者の労働時間は短いだけでいいのか…「修羅場」を乗り越える経験も大事(丸尾拓養) @ビジネスnews+

1 :きのこ記者φ ★:2009/09/27(日) 13:58:44
30歳代から40歳代前半にかけての一部の労働者に恒常的な長時間労働が見られます。
一方、若年労働者は時間外労働に関する労使協定である「36協定」(労働基準法第36条)や労働組合によって、長時間労働から保護されることがあります。

しかし、20歳代や30歳代の前半の時期に「時が経つのも忘れて仕事に没頭する」経験をできないことで若年労働者が逸するものもあるでしょう。

■キャリア形成の過程においては「一皮むける」瞬間がある
法律を遵守(じゅんしゅ)するという視点からは、36協定の枠内で時間外労働の延長を行い、休日労働を行わせることが、実労働時間に関する使用者の義務となります。これを超える労働は違法とされ、禁止されるべきであるとされます。

しかし、相当の勤続年数を経た従業員に対して「いつ一人前となったと思いますか」「いつこの会社でやっていけると思いましたか」と質問すると、「何日も徹夜してシステムを立ち上げたとき」「1人きりの海外出張が無事なんとか終わったとき」「難しいと思われた商談をまとめあげたとき」といった回答が返ってくることでしょう。そこでは、時間外労働に関する法的制約などは忘れられています。

若年労働者の育成にあたっては、「一皮むける」ことが重要であるとされています。小さな成功経験または小さな失敗経験が、その後の企業内でのキャリア形成において、自己の存在基盤となります。大小はあるものの「修羅場」をくぐったという経験が自信につながり、精神的安定をもたらします。

これまでの右肩上がりの経済成長の下では、企業は意識せずにも労働者にこの機会を付与し、労働者もこれを享受しました。経験を積んで、それなりに「一皮むけて」、中間管理職に、さらに上位管理職になっていきました。
サービス残業や「管理監督者」問題には、このような一面もあります。

(>>2以下に続きます)
http://bizplus.nikkei.co.jp/genre/jinji/rensai/maruo2.cfm?p=1

続きを読む

NTTデータ58@2ch就職板

cd7c62b5.jpgNTTデータ58(2008年11月上旬〜2009年1月下旬) 続きを読む

NEC37@2ch就職板

ce028ede.jpgNEC37(2008年12月上旬〜2009年1月中旬)
続きを読む

NTTデータ55@2ch就職板

NTTデータ hspace=NTTデータ55(2008年7月上旬〜8月上旬)
前スレ→NTTデータ54(2008年5月下旬〜7月上旬)続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ