SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


氷河期

【社会】卒業目前…合同就職面接会に、就職が決まっていない4年生2400人が集まる 東京

80d5ed7d.jpg1 :かなえφ ★:2010/02/16(火) 20:38:38

 大学生の就職内定率が過去最低となる中、東京都は16日、合同就職面接会を主催し、
就職が決まっていない4年生2400人が会場に集まった。卒業直前の就職説明会は、
民間でも前例がないという。

 採用側には抽選で選ばれた中小企業150社が参加し、大企業の採用が少ない今こそ
人材獲得のチャンスととらえ、多くの学生と面接を行った。

日テレNWEWS24  < 2010年2月16日 18:35 >
http://www.news24.jp/articles/2010/02/16/07153663.html

※ソースに動画あります。

7 :名無しさん@十周年:2010/02/16(火) 20:42:06 ID:IDRnkKk60
ええ?もう2月だじぇ
どーすんだコイツら・・・

続きを読む

【労働環境】35歳で年収300万以下 団塊ジュニアの苦難続き人生 「手取り20万で結婚していいのか」

d91248ac.jpg1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2010/01/24(日) 16:53:30

「35歳の年収は、10年前より200万円下がった」。2009年12月に発売された書籍『"35歳" を救え』(阪急コミュニケーションズ刊)が示した「現実」だ。低い年収で結婚をためらう男性、住宅ローンが支払えなくなり生活破綻する家庭。大学卒業時に直面した「就職氷河期」以来、団塊ジュニアは苦難の人生が続いている。

「年収210万 35歳 今は老後が不安でしかたない…」
「年240かな。もちろん嫁も子供も彼女も無し。来年35歳」
「社内SE 年収300万 独身 労働時間が長すぎて『生きる』時間がない」

インターネット掲示板「2ちゃんねる」には、「35歳・年収300万以下」のユーザーによる嘆きのコメントが並ぶ。「団塊ジュニア」と呼ばれる35歳の人口は、およそ200万人。

■「手取り20万で結婚していいのか」
『"35歳" を救え』にも掲載されている、総務省などの調査を基にした統計によると、30〜34歳男性の所得分布が平成9年では年収500〜699万円が最も高い割合を示していたが、平成19年ではピークが300〜399万円まで下がった。勤務先の業績不振で年収が100万円以上下がった男性、夫の会社の倒産で収入が激減し、子ども3人を育てながら週5日の深夜アルバイトに出る女性――。『"35歳" を救え』には、悲惨な事例が描かれている。

ネットの質問サイトにも、不安の声が寄せられている。「発言小町」には、35歳会社員の男性が、「結婚したい気はありますが、安月給で手取りが20〜25万。見合いするにも相手に申し訳ない気持ちになります」と打ち明け、「安月給でも結婚していいのか?」と疑問を投げかけた。出産を控えた29歳女性からは、33歳の夫が契約社員から正社員に昇格したものの、基本給が16万円程度に下がり、不安を募らせた。また、「夫が昇給しない」というトピックスでは、29歳妻は同じ年の夫について、「手取りは18万円、勤続7年で昇給は1度きり。
昇進した場合は残業代が出なくなるため、手取りとしては今より給料が減るそうです」と書き込んだ。

35歳前後の世代は就職氷河期に見舞われ、新卒でも非正規採用が続出した。何とか正社員になった人も、今度は長引く不況で会社の業績が不振に陥り、年収に影響が出てきた。特に最近顕著なのが、ボーナスなど一時金カットによる年収減だ。連合総合生活開発研究所(連合総研)・龍井葉二副所長は、「住宅ローンの返済に一時金を回す人が多い。ところが、一時金カットで支払いの当てがなくなり、何とか返済を続けようと高金利のお金に手を出した挙句に自己破産、というケースも出ています」と話す。

ソース:J-CASTニュース
http://www.j-cast.com/2010/01/23058330.html

続きを読む

【リクナビ】「この面接 ケータイ小説で見たのと同じだ!」


1 :就職戦線異状名無しさん:2010/01/18(月) 21:28:06

┌────────┐
│★リクナビ2011★|
└────────┘

明日1/19(火)から ケータイ小説始めます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
毎週火曜日に配信しているモバイルメーリングニュースでケータイ小説始めます!
登場人物を自分と重ね合わせ、就活について考えさせられる新しいスタイルの小説です。
もちろん恋愛ネタもちゃんとありますよ♪
気になる人はあらすじだけ立ち読みしてみて下さいね!

▼あらすじ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連続就活小説
┌─────────┐
いつまでもどこまでも
└─────────┘
【あらすじ】 都内の大学に通う古風な名前を持つ女の子が主人公。
湯島にある老舗和食店でバイト、フットサルのサークルに入っているフツーの女の子。
将来のことはあまり考えていなかったが、先輩の一言がきっかけである企業が主催する夏のインターンシップに参加。
そこで様々な出会いがあり、就活に突入していく。
主人公の成長と恋物語を縦軸に、就活の舞台裏を横軸に、リクナビらしからぬストーリーは、年が明け、就活も本番。
先輩訪問が終了したところから始まる。
★気になる本篇は★
★明日からスタート!★
★ 乞うご期待 ★

続きを読む

【雇用】2011年春卒の就活戦線、「氷河期ほど採用減らず」--リクルート・ワークス研究所

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/11(月) 19:31:32 ID:???
景気悪化を受けて就活学生は焦りを募らせているが、調査機関などの間では「11年春卒の採用は就職氷河期と呼ばれた00年代前半ほど悪くならない」との見方が多い。
採用活動そのものを止める企業が急増したバブル崩壊後に比べ、今回は企業が「採用人数は抑制するが、必要な人材は確保する」という姿勢を保っているからだ。

雇用関連の調査などを手がけるリクルートのワークス研究所によると、大卒求人倍率が最悪だったのは0.99倍と、1倍を割り込んだ00 年春卒。
「厳しい」といわれた10年春卒も求人倍率は1.62倍と過去20年間の平均的な水準。
11年春はこれを下回るが、00年春ほどには落ち込まない可能性が高い。

◎リクルート ワークス研究所
http://www.works-i.com/

◎ソース
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100111AT1D0801F08012010.html

続きを読む

【各種学校】大卒者の専門学校入りが急増--就活で就職浪人より「新卒が有利」で

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/09(土) 00:53:58

不況で雇用情勢が悪化する中、就職が決まらない大学や短大の卒業生が専門学校に入学するケースが増えている。大手の中には、そのような入学者が3年前の1・5倍に増えた専門学校も出てきた。卒業後、自力で就職活動を続けたり、「就職浪人」で大学に残るより、専門学校できめ細やかな指導を受け、就職に直結させようという人が多いためとみられる。

少子化に伴う「大学全入時代」のあおりを受け、専門学校(専門課程)の入学者数は平成16年度以降、減少している。

文部科学省の調査によると、16年度の33万5102人が21年度は24万7823人と約9万人も減った。大学や短大を卒業後、専門学校に入学する学生数も17年度の2万4351人から減少していたが、21年度は前年度比1146人増の2万265人と、5年ぶりに増加に転じた。

専門学校の入学者のうち大学・短大の卒業者が占める割合も7%台で推移していたが、21年度は8%を超えた。

文科省は「大学生の就職状況が厳しい中、職業能力を身につけるために専門学校に入学しようという学生が増えているのではないか」と説明する。

実際、主要な専門学校に大学・短大の卒業者が入学するケースが増えている。

専門学校大手「大原学園」(東京都千代田区)では、首都圏19校の21年度の入学者のうち、大学、短大卒(中退を含む)の入学者数が3年前に比べ約1.5倍の1237人となった。

簿記など「資格取得」に力を入れていた同学園だが、約10年前から企業のニーズに合わせた人材育成も強化し、就職率を向上させている。同学園本部就職部の堤敦部長は「学生40人の担任制で、きめ細やかな教育が強み」と話す。

就職が決まらなかった私大4年の女子大生(22)も卒業後、大原学園への入学を決めた。指導を受けて再度、就活に備える。「就職浪人で大学に残るより、専門学校で学び、自信を付けたい」という。

日本電子専門学校(東京都新宿区)でも21年度の入学者のうち大卒者が前年度比で約1割増えた。22年度の出願者(昨年12月24日現在)も、大学・短大の既卒者(中退を含む)が2年前の同期に比べて38%増。中でも新卒は倍増した。寺脇保・理事兼広報部長は「厳しい今年の就活を避け、景気回復を待とうという学生も多い」とみている。

既卒者が専門学校を選ぶ背景について、就職情報会社「ディスコ」(東京都文京区)の前岡巧調査担当部長は「今の学生はバブル崩壊後の就職氷河期に就職できず、フリーターになった人たちが、なかなか定職に就けない実態を知っている」と分析する。

日本では新卒でなければ正社員になることは難しいとされる。前岡部長は「大学を卒業して『既卒』となるより、専門学校から『新卒』として就活する学生が増えても不思議はない」と話している。

◎ソース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100109/biz1001090019001-n1.htm

続きを読む

【政策】生活費も出る職業訓練制度、新卒者も対象に 就職難受け@ビジネスnews+

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2009/12/02(水) 09:08:35

来春の新卒者の就職状況が厳しさを増していることから、政府の緊急雇用対策本部(本部長・
鳩山由紀夫首相)は、生活費も支給される職業訓練の新卒専用コースを来年4月に設け、職に就けない
新卒者を数千人規模で救済する方針を決めた。近くまとめる追加経済対策に盛り込む。

2009年度1次補正予算に計上された7千億円(のちに半分に削減)の基金で、雇用保険を
受給できない元非正社員らを対象にした生活保障付きの職業訓練制度が7月に始まったが、
これを新卒者が使いやすいように拡充する。新卒採用に漏れると、就職が難しくなりがちな
高卒者の利用を主に見込んでいる。

今後の採用動向を踏まえて訓練枠を決めるが、現段階では年間7千人程度を想定。
全都道府県に計300以上のコースを設け、就職難が深刻な地方に重点配分する。

訓練は専門学校などに委託し、事務やものづくりの基礎、社会人としての対話能力を身につけさせる。
期間は6カ月、訓練費は無料で、「世帯年収300万円以下」などの要件に合えば月10万円程度の
生活費も支給される。

新卒者訓練を終えた後は、情報技術や介護・福祉、医療などの通常の実践訓練にも移れるようにして、
翌年春までの就職につなげる。

来春卒業予定者の就職内定率は、高校が前年同期比13.4ポイント低下して37.6%(9月末時点)、
大学が同7.4ポイント低下して62.5%(10月1日時点)で、ともに過去最大の下落幅を記録。
特に高校は求職者が17万6千人いるが、内定者は6万6千人にとどまっている。

ソースは
http://www.asahi.com/national/update/1202/TKY200912020121.html 続きを読む

【雇用】メイテック、来春の新卒採用ゼロに 技術者派遣の需要低迷@ビジネスnews+

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2009/11/16(月) 21:37:55
 技術者派遣最大手のメイテックは2010年春入社の新卒採用を見送る。新卒採用を
ゼロにするのは1970年代後半に定期的な採用を開始して以来初めてという。景気低迷で
メーカーで設計や開発を担当する派遣技術者の需要が激減しており、改善の兆しが
見えていないため。

 メイテックは例年、数百人単位で派遣技術者を採用しており、今春も339人が入社した。

ソース:日経ネット
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091115AT1D1303W13112009.html

続きを読む

【調査】2010年卒就活生に「ゆとり世代を感じた」人事担当者→5割超 @ビジネスnews+

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2009/10/23(金) 19:15:36

楽天リサーチ株式会社と楽天株式会社が運営する「みんなの就職活動日記」は、
2011年度新卒採用に関するインターネット調査を実施した。

2010年度と比較した、2011年卒の新卒採用人数を尋ねると、「横ばい」がもっとも
多く43.6%、「増やす」はわずか9.5%、「減らす」「実施しない」はそれぞれ、
21.6%、7.4%にも上る。

2010年卒生は「ゆとり世代」。採用活動を通してそれを感じたか尋ねると、
「とても感じた」が15.9%、次いで「やや感じた」(35.8%)の合計が半数を超えた。

どのような点を「ゆとり世代」だと感じたか尋ねると、「欠勤の連絡を親がしてくる」
「『どこに就職したら良いのか教えてほしい』と言う人が多い」「義務は果たさなく
ても主張だけはする」などの回答があった。

人事担当者として人を見るときの注意点を尋ねると、「話し方」が39.5%でトップ、
次いで「立ち振る舞い」(25.3%)、「表情」(23.6%)という結果となった。

また、経済産業省が掲げる「社会人基礎力」の中で新卒新人に対して求めるものに
ついては、「主体性」(55.9%)、「柔軟性」(41.8%)、「実行力」(41.5%)と
いう結果となった。

調査元では総論として、「10年卒の就職活動は、当初売り手市場だったのが一転、
氷河期に突入した。11年卒は就活開始当初から厳しい就職戦線が予測されており、
昨年よりもう一段階冷え込むだろう。一方、企業は予算こそ縮小気味ではあるが、
欲しい人材を十分に取り込める余地がある『買い手』企業と、限られた採用枠を
少しでも早く手に入れたいと思う学生との間で意識の相違があるように見受けられた」
とコメントしている。

本調査は、全国の20〜69歳男女の人事担当者を対象に、2009年10月9日〜10月13日に
行った。回収サンプル数は800である。

◎みんなの就職活動日記 http://www.nikki.ne.jp/

◎ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4411741/

続きを読む

就職決まらず説明会に4年殺到 @2ch就職板

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/09/21(月) 16:49:56
大学生の就職戦線が異常事態だ。
不況を受け企業が採用を大幅に絞ったためで、秋を迎えても卒業後の進路が定まらない学生が企業説明会に殺到している。例年なら3年生の就職活動に移行する時期だが、大学や人材各社は4年生への対応にも追われている。
人材サービスの毎日コミュニケーションズが今月初旬、都内で開いた合同会社説明会。各企業のブースは4年生であふれ、立ち見で企業の説明を聞く姿も目立った。昨年の説明会は2日間にわたったが、参加企業が減った今年は1日のみ。一方、学生は1400人を超え、昨年より470人増えた。6月の日銀短観では、企業の来春の新卒採用計画は前年比23%減少。ここ数年、「団塊世代」の定年退職などを背景に積極採用が続いた「売り手市場」が、昨年からの不況で吹き飛んだ格好だ。このため、多くの4年生が近年にない長期戦に苦しむ。人材派遣大手のパソナグループは3年生を念頭に求人情報の提供や模擬面接などを行う「学職カフェ」を東京、大阪に設けたが、利用者の7割が4年生だ。リクルートの秋採用サイト登録者は前年の2.4倍。人材サービスのアクセスコーポレーションの説明会では企業が半減、 学生は満員の状態という。
今年の就職難は「これまで地元での就職先確保に困らなかった地方の国立大学にも影響が及んだ。地方経済が深刻な表れだ」と関係者 は話す。卒業時に就職先が決まらないと長期フリーターになる懸念がある。新政権の課題となりそうだ。 

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000036-jij-bus_all

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ