1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/14(日) 20:39:48

就職が決まらなかった学生が、翌年度も就職に有利な「新卒」で就職活動ができる
ように、卒業要件を満たしても在学させる「希望留年制度」を設ける大学が増えている。
あえて単位を落として就職浪人するケースは以前からあったが、大学公認の留年制度の
広がりは厳しい就職戦線を映し出している。

青山学院大(東京都渋谷区)は先月末の理事会で、「卒業延期制度」を来年度から
導入すると決めた。卒業に必要な単位を取得した学生でも、希望すれば留年が可能で、
授業料は基本的に半額。青山学院広報室は「就職活動の継続などの明確な理由がある
場合は有用な準備期間としてもらう」と話している。学生を支援しつつ、授業料で
経済的負担が重くならないよう配慮した格好だ。東京工芸大(中野区)や湘南工科大
(神奈川県藤沢市)も同様の制度を導入する。

99年度から導入した立教大(豊島区)や、02年度からの成蹊大(東京都武蔵野市)の
ように以前から導入していた例や、一昨年のリーマン・ショックで内定取り消しが
相次ぎ、特例として実施した明治大(千代田区)や工学院大(新宿区)もある。
文部科学省大学振興課は事前相談があった国立大や私立大の数から類推して、導入した
大学は全国で数十校に及ぶとみている。同課は「大学設置基準で卒業要件の最低基準を
定めており、クリアした学生をどうするか最終的に大学が決めること。教授が学生を
恣意(しい)的に留年させるようなことがないよう規則を定めて実施するなら問題ない」
と話している。

大企業が、新卒を優先して採用している実態があり、学生側には「就職浪人」で身分が
不安定になるより大学に残った方が有利との思いがある。

厚生労働省若年者雇用対策室は「不況で学生は大企業志向になりがちだが、中小企業は
6割が通年採用しており新卒・既卒にこだわっていない」と説明する。ある大学の就職
相談担当者は「今の経済情勢では翌年に内定が出る保証はない。小さな企業でも就職して
スキルを身につけてから転職を考える方がよく、希望留年は勧めない。大学として苦渋の
判断です」と話した。


◎ソース
http://mainichi.jp/select/today/news/20100315k0000m040049000c.html



3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/14(日) 20:41:51 ID:SEvV4+Q8
永遠留年になるぞ。




6 :名刺は切らしておりまして:2010/03/14(日) 20:46:20 ID:XCyCcRBE
入学者が減ってくる時代に余計にお月謝取れるんだから大学は丸儲けだわな。



【関連スレ】

学生「内定決まった!よっしゃあああ!」→社員「君はクズの中のクズだ」
【調査】 "就職氷河期より酷く…" 大卒の就職内定率、過去最悪の80.0%…2月1日時点
【サービス】学生「就職のためなら金惜しめぬ」--模擬面接とエントリーシート添削で14万8千円の"就職活動支援会社"
【雇用】"新卒至上主義"が若年層と企業に悪影響も--2011年採用はさらにきびしい『新就職氷河期』か


【書籍】

パンチラ見せれば通るわよっ! - テレビ局就活の極意
内定取消! 終わりがない就職活動日記
<就活>廃止論

続きを読む