SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


経団連

経団連会長「福島事故の東電の奮闘に頭が下がる。甘かったのは東電ではなく国だ」

1 :忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (兵庫県): 2011/04/11(月) 16:33:25.01 ID:R/qAdeT/0

日本経団連の米倉弘昌会長は11日、長引く福島第1原子力発電所の事故を巡り、
東京電力の対応について「東電には頭が下がる。
甘かったのは東電ではなく、国が設定した安全基準の方だ」
と述べた。
その上で、事故自体については「峠は越しつつある」との認識を示した。

 損害賠償などによって東電の経営不安説が流れていることに関しては
「(事故原因は)天災であり、国が支援するのは当然のこと」と語った。

国有化論については
「全然ありえない。一部の政治家が口にしたせいでどれだけ東電の株価が下落したか」
と非難した。


http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C9381949EE3E3E2EB9C8DE3E3E2E6E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2




続きを読む

経団連会長「東電は被災者。東電の賠償は国が負担し、皆で東電を支えるべき」



1 : 忍法帖【Lv=34,xxxPT】 (兵庫県):2011/04/07(木) 22:53:39.00 ID:isMbiIHS0

日本経済団体連合会の米倉弘昌会長は7日、毎日新聞のインタビューに応じ、
東京電力の福島第1原発事故に関する損害賠償問題に関して
「東日本大震災が関東大震災の数10倍の規模に上ることも考慮すれば、
東電だけに責任を負わせるべきではなく、国が(主導して)損害賠償に対応すべきだ」
と述べた。
原発事故の賠償を定めた原子力損害賠償法(原賠法)には原子力事業者である
電力会社の損害賠償を国が分担したり、肩代わりする規定がある。
福島第1原発の事故の被災者が周辺住民や農漁業者など多数にのぼり、
損害賠償額が数兆円にのぼる見通し。
米倉会長はこの事実も踏まえ、日本経済に不可欠な電力の安定供給体制を維持するため、
国による東電支援を求めた形だ。

 米倉会長は「原賠法の目的は被災者救済と原子力発電事業の発展だ。
東電は(大型の地震と津波による)被災者の側面もあり、政府が東電を
加害者扱いばかりするのはいかがか」
と指摘。
国は東電の賠償支払いを最大限支援するか、「異常に巨大な天災地変」の場合に
限られる免責規定を初適用するなどして、東電の経営を支えるべきだとの考えを強調した。

 原賠法では、国と事業者の補償契約に基づき、1発電所当たり最大1200億円分を国が
負担するが、それ以上は原則として事業者が負担し、国は事業者への補助金などで支援する。
ただ、福島第2原発などは大事故に発展しておらず、第1原発事故だけ免責規定を適用する
のは難しいとの見方が強い。
今回の事故で政府は当初、「一義的には東電が負担する」との立場を強調し、東電の賠償負担が
巨額に上るとの見方から株価や社債の取引価格が暴落するなどの影響が出ていた。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110408k0000m020123000c.html



7 :名無しさん@涙目です。(catv?):2011/04/07(木) 22:54:56.62 ID:CyiIUm2B0

断るっ!




続きを読む

【電気機器】キヤノン、09年12月期決算は営業利益6割減

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/27(水) 17:34:26

キヤノンが27日発表した2009年12月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前期比21・6%減の3兆2092億円、営業利益が56・2%減の減収減益となった。最終利益は57・4%減の1316億円だった。

デジタルカメラ事業が堅調に推移したものの、主力の事務機販売の低迷や円高が響いた。

10年12月期については、売上高が前期比7・5%増の3兆4500億円、営業利益52・0%増の3300億円、最終利益51・9%増の2000億円を見込む。
事務機器販売がゆるやかながら回復するとみており、3年ぶりの増収増益を予想する。

◎キヤノン [コード/7751] http://canon.jp/

◎ソース
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100127/bsc1001271521011-n1.htm

◎最近のキヤノン関連スレ
【電気機器】キヤノン、OEMプリンタ不振でHPとの関係見直し論が再浮上 [01/19]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1263898518/

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ