1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/17(水) 17:55:56

日本IBMは2010年2月17日、花王の経理業務の一部を受託すると発表した。
2014年までの5年間で18億円のコスト削減効果を目指す。契約金額は非公表だが、
コスト削減効果が受注額の1〜2割と推測すると、5年間で90億〜180億円程度になる。

IBMは、花王グループ社員の旅費精算のデータ照合や、銀行へのデータ送信といった
経理業務の一部を請け負う。今年3月から、売掛金の照合など一部の業務について
受託を始め、6月までに業務移管を完了する。受託する仕事量は、約200人分に
相当する。

花王は、IBMへの業務委託に先駆け、国内55カ所で個別に実施していた支払い業務
などを、「すみだ事業場」に集約。業務プロセスを標準化する。業務委託によって、
花王は経理業務の品質向上と効率化、グローバル対応、コスト削減を実現する。

IBMは、ITを活用して顧客の業務を効率化する「BTO(ビジネス・トランスフォー
メーション・アウトソーシング)」サービスを、花王に提供する。サービス提供に
あたっては、中国・大連の「グローバル・デリバリー・センター」の要員を活用する。

◎花王(4452)--経理業務のオフショア化を開始
http://www.kao.com/jp/corp_news/2010/20100217_002.html

◎日本IBM--花王から経理業務の一部を受託
http://www-06.ibm.com/jp/press/2010/02/1701.html

◎ソース
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20100217/344700/


2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/17(水) 18:02:40 ID:LiukGXKS
> 中国・大連の「グローバル・デリバリー・センター」の要員を活用する。

地方自治体の経理業務も、そのうち、中国とかインドで電算処理するようになるんだろうな。


続きを読む