SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


4Kテレビ

テレビ買いに行く⇒4kが綺麗すぎて、2kを候補外⇒だけど4kは買えない⇒俺はテレビ購入を諦めた

image
1: オリンピック予選スラム(千葉県) 2013/12/30(月) 13:07:20.87 ID:Sgd8vdVi0 BE:180522825-PLT(12001) ポイント特典
4K時代到来? 市場が立ち上がった「4Kテレビ」のこれから

 2013年のテレビ市場で、大きな注目を集めたキーワードは、なんといっても「4K」だ。

これまで特別なREGZA Xシリーズとして4Kを展開していた東芝は主力シリーズといえる“Z”の上位機としてZ8Xシリーズを展開、ソニーは6月にBRAVIA X9200A、10月にX8500Aシリーズと2ライン展開。
シャープは、夏にAQUOSブランドのAQUOS UD1シリーズを投入するなど、50〜70型のテレビの主力シリーズの一部として4Kモデルがラインナップされた。これは今夏までの動きだ。

 そして、年末商戦に向けて、10月にはパナソニックがVIERA「TH-L65WT600」を発売、11月にはLGエレクトロニクスがLA9700シリーズを発売し、三菱電機を除く大手テレビメーカーが4Kテレビで出揃った格好だ。

 今夏から年末に向けて盛り上がりを見せた4Kテレビ。それだけが要因でないものの、地上デジタル完全移行のあとに大きく落ち込んだテレビ市場も回復の兆しを見せており、GfKの予測では来年2014年は前年比でプラスになるとしている。

http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20131227_629138.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1388376440/


続きを読む

現行の4Kテレビ、将来の4Kメディアや配信動画の再生に非対応 アップデートでも解決できず

sony-ps4-4k-resolution-rumor-news-1
1: ハイキック(芋) 2013/11/23(土) 20:25:54.24 ID:JApJQbDC0 BE:2410905694-PLT(12000) ポイント特典
テレビでの4Kプレミアムコンテンツ再生にはHDCP 2.2対応が必須に

シリコンイメージのMHL 3.0/HDMI 2.0対応レシーバIC「SiI9679」
 MHL 3.0の仕様は8月20日にMHLコンソーシアムから発表済みで、4K/2160p30(30p)映像や、著作権保護の最新バージョンである
HDCP 2.2、ドルビーTrue HD/DTS-HDの7.1chサラウンド音声、最大10Wの給電などをサポートする。

 発表された新レシーバICは、テレビやAVアンプ、プロジェクタなどへの搭載が見込まれており、HDCP 2.2に対応。
さらに、HDMI 2.0でサポートしているフォーマットの一つである4K/60p映像にも対応し、
搭載機器でHDMIケーブル1本で伝送可能。MHL 1.0とMHL 2.0、HDMI 1.4、HDMI 2.0との互換性も持つ。

BDプレーヤーからの1080p映像を4Kにアップコンバート、HDCP 2.2の著作権保護を掛けて再生するデモを行なった
 HDCP 2.2の採用については、ハリウッドメジャー6社のSPE、パラマウント、ワーナー、20世紀FOX、
ディズニー、ユニバーサルで構成するMovieLabs(Motion Picture Laboratories)が、4K映像などの
「プレミアムコンテンツ」に対応するデジタル機器のプラットフォームとして、HDCP 2.2の採用が必須であると
9月中旬に要求したことに応えたもの。この要求により、今後の4K対応製品では、
HDCP 2.2をサポートしていなければ、将来の動画配信サービスやパッケージメディアで提供される
4Kプレミアムコンテンツが表示できなくなると見られる。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20131002_617776.html

引用元: http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1385205954/


続きを読む

業界も驚き! 放送開始前から「4Kテレビ」が売れているワケ--50型以上では19.4%が「4K」(金額ベース)

1:ライトスタッフ◎φ ★:2013/09/18(水) 10:56:02.98 ID:???
庶民感覚的にはまだまだ割高感がある4K対応テレビが業界の予想を上回る売れ行きを見せている。

全国の主要販売店のPOSデータを集計しているBCNの調べでは、販売比率が上昇している
50型以上の薄型テレビのうち、4K対応テレビの構成比は、2013年8月の実績で、販売台数
ベースでは7.2%、販売金額ベースでは19.4%となった。

4K放送がまだ開始されていないのにもかかわらず、これだけの販売構成比になったことは、
業界にとっても想定外。今後もこの構成比が拡大するというのが業界筋の予測だ。

ではなぜ4K対応テレビが売れているのだろうか。

■4K対応テレビの魅力は、テレビ放送だけではない

ひとつには、大画面化に注目が集まる中、「大画面になると画素が粗くなる」という課題を、
4Kの高精細パネルが解決できるということ。また、各社が搭載した超解像度技術によって、
フルHD映像でも、通常のフルHDテレビよりも高画質で楽しむことができるというメリットが
ある。

加えて、ネット上には4K対応のコンテンツが数多く公開されており、YouTubeでも4K画質の
映像を視聴することができる。これも4K対応テレビが購入される原動力のひとつだ。

つまり、4K放送が開始されていなくても、高画質が楽しめるということが、4K対応テレビ
販売の大きな弾みとなっているわけだ。

さらに、今年の夏商戦に入ってから、1インチ1万円を切る4K対応テレビが各社から登場。
ソニー、東芝、シャープといった主要メーカーが4K対応テレビをラインアップしており、
今後はパナソニックもこの市場に参入する。国内主要メーカーの製品がそろっているという
ことも、やはり大きな要因だろう。

そして、今後も4K対応テレビの売れ行きが期待される理由としては、パナソニックを含めた
主要各社の製品がそろううえに、HDMI 2.0の規格が決定したことも見逃せない。これにより、
将来、4K放送が開始された際にセットトップボックス(ケーブルテレビなどの受像装置)を
接続しても、最大限の画質で4K放送を視聴する環境が得られるようになったといえるからだ。

また、パナソニックの4K対応テレビに搭載されるDisplayPortがあれば、PCと接続して
4K/60pのゲームをプレーできるようになる点も見逃せない。パナソニックは10月中旬から
発売するパナソニック初の4K対応テレビ「TH-L65WT600」で、「4Kの可能性をテレビ
だけで終わらせるな」というメッセージを打ち出している。4K対応テレビの魅力は、テレビ
放送だけではない点を訴求する姿勢を強調する意欲的なメッセージだといえるだろう。

実は、パナソニックが打ち出した4K対応テレビのキャッチフレーズは、各社にも共通している。
なぜなら4K対応テレビは、4Kのテレビ放送が開始されていない現時点では、テレビ放送なしで
「4Kならではの特徴」を提案することになるからだ。 (※続く)

●パナソニックの4K対応スマートビエラ「TH-L65WT600」

01_px400





続きを読む

ソニー 4Kテレビ市場を主導=後れ取る韓国勢

1 :Biz+依頼スレ158@のーみそとろとろφ ★ 2013/09/02(月) 22:40:24.06 ID:???
【ソウル聯合ニュース】フルハイビジョンの約4倍の解像度をもつ「4K」対応テレビ市場を主導するのはソニーで、
韓国メーカーは後れを取っていることが27日、分かった。

 米調査会社ディスプレーサーチによると、上半期の4Kテレビの世界売上高は4億9000万ドル(約481億6000万円)と集計された。
このうち、ソニーのシェアが37.8%でトップ、次いでLG電子が14.2%だった。
ハイセンス(10.8%)、スカイワース(9.8%)、長虹(8.2%)、TCL(7.8%)と中国メーカーが続き、
サムスン電子は4.0%で7位にとどまった。

 ソニーは普及型モデルをいち早く発売したことが奏功したとみられる。4月に発売した66型は6999ドル、
55型は4999ドルと、価格設定も思い切って低くした。

 一方、LG電子は昨年8月、世界に先駆け84型を2599万ウォン(約230万円)、
サムスン電子は今年1月に85型を4000万ウォンで発売した。韓国メーカーが高価格・超大型の高級製品に集中する間に、
ソニーは普及拡大を通じ実利を得たと分析される。
かつてテレビ市場の王者だったソニーが、4Kテレビを巻き返しの足掛かりにするとの観測もある。

 これに対しサムスン電子とLG電子は、
今年5〜6月に発売した65型と55型の普及型モデルの追加値下げに踏み切ると予想されており、競争は激しさを増す見通しだ。

 ただ、予想以上の成長をみせているとはいえ、4Kテレビがテレビ市場全体に占める割合はまだ1%程度にすぎない。

 上半期の世界テレビ市場の売上高は440億ドルだった。
サムスン電子が27.1%でシェア首位を守り、LG電子が16.3%で2位。ソニーは6.7%にとどまった。
011

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2013/08/27/0500000000AJP20130827000700882.HTML
参照元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1378129224/




続きを読む

ソニー、次世代4Kテレビ市場で世界シェアNo.1に!! アベノミクス効き過ぎワロタw

1 : ストマッククロー(愛知県) 2013/08/27(火) 21:17:17.69 ID:i2QBWFfU0 BE:1840758539-PLT(12100) ポイント特典

ソニー 4Kテレビ市場を主導=後れ取る韓国勢―米調査会社

【ソウル聯合ニュース】フルハイビジョンの約4倍の解像度をもつ「4K」対応テレビ市場を主導するのはソニーで、
韓国メーカーは後れを取っていることが27日、分かった。
 米調査会社ディスプレーサーチによると、上半期の4Kテレビの世界売上高は4億9000万ドルと集計された。
このうち、ソニーのシェアが37.8%でトップ、次いでLG電子が14.2%だった。ハイセンス(10.8%)、スカイワース(9.8%)、長虹(8.2%)、
TCL(7.8%)と中国メーカーが続き、サムスン電子は4.0%で7位にとどまった。
thumb_400_01_px400

http://japanese.yonhapnews.co.kr/economy/2013/08/27/0500000000AJP20130827000700882.HTML
参照元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1377605837/




続きを読む

ソニー、4K対応液晶テレビ2機種発売 65V型・55V型

1 :やるっきゃ騎士φ ★ 2013/04/11(木) 12:18:34.44 ID:???
ソニーは4月11日、液晶テレビ「ブラビア」の新製品として、
4K(3840×2160ピクセル)対応の2機種を6月1日に発売すると発表した。
昨年発売した84V型に加え、設置しやすい65V型、55V型を追加することで
普及に弾みを付ける。

発売するのは「KD-X9200A」シリーズの2機種。
オープン価格で、実売予想価格は65V型「KD-65X9200A」が75万円前後、
55V型「KD-55X9200A」が50万円前後。
フルHDの4倍となる約829万画素のパネルと、独自の4K対応超解像エンジン
「4K X-Reality PRO」により、デジタル放送やBlu-ray DiscのフルHD映像など、
さまざまな解像度のコンテンツ4Kの高画質映像に変換して表示できる。
新開発の「トリルミナスディスプレイ」により、新単色LEDバックライトによる
液晶テレビでは表現できない領域まで色再現性を拡大しているという。

業界で初めてテレビに磁性流体スピーカーを搭載。ダンパーレスとすることで
スリム化した上で伝達ロスも提言し、中高域で伸びのある明瞭なサウンドを
実現するという。
ph02s

ソースは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1304/11/news044.html
 




続きを読む

ソニー、4K解像度の55・65インチLEDテレビを4月21日発売へ

1 : スミロドン(東京都) 2013/04/08(月) 08:51:55.53 ID:WZJqYMt60● BE:2283634875-PLT(12112) ポイント特典

LAS VEGAS, April 7, 2013? Sony Electronics is announcing prices and availability for its new 4K Ultra High Definition TV sets unveiled at CES in January.
The new XBR-55X900A (55-inch) and XBR-65X900A (65-inch) 4K Ultra HD LED TVs will cost $4,999 and $6,999
respectively and are available for order online and at retail beginning April 21, 2013.
https://blog.sony.com/press/sony-announces-price-and-availability-of-its-new-xbr-4k-ultra-hd-led-tvs-2/
5830871669387846017-5831168851891

55インチ XBR-55X900A 4,999ドル(48万8300円)
65インチ XBR-65X900A 6,999ドル(68万3600円)

4月21日発売




続きを読む

パナソニック、56型 ”4K”有機ELテレビを公開。あまりの高画質に会場では絶賛の声

1: ジャパニーズボブテイル(愛知県):2013/01/15(火) 00:09:26.33 ID:h8JYVD9A0●
パナソニックとソニー、世界最大の4K有機ELテレビ

米国で開催中の国際家電ショー「International CES」で、日本の家電メーカーは
フルハイビジョンより4倍高精細な「4K2K」の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)テレビを発表。

CES開幕日の1月8日。パナソニックの津賀一宏社長はオープニングスピーチの壇上で高らかに宣言した。
拍手と歓声のなか、漆黒の画面に浮かびあがった花束が弾ける。画面はもちろん平面で、3D映像でもない。
だが、舞い散る花びらは、手品で画面から飛び出してくるかのように見えた。

1_1
1_2
1_3
1_4

パナソニックが発表した56インチの4K有機ELディスプレイの大きさは縦69.3センチ、
横が123.3センチ。厚さは薄いところで8.9ミリしかなく、展示ブースでも横から薄さを撮影する人が後が絶たなかった。

http://diamond.jp/articles/-/30510


続きを読む

シャープ、4Kテレビは新ブランド「ピュリオス」で販売 60型で262万円

1 :BaaaaaaaaQφ ★:2012/12/13(木) 19:20:54.43 ID:???0

シャープは13日、フルハイビジョンの約4倍の解像度を持つ「4K」規格を採用した
新ブランドの液晶テレビ「ICC PURIOS(アイシーシー ピュリオス)」を来年2月2
0日に発売すると発表した。60型で希望小売価格は262万5千円。受注生産とする。

 国内メーカーでは東芝とソニーが「4Kテレビ」の商品化で先行。東京都内で記者
会見したシャープの戸祭正信液晶デジタルシステム第1事業部長は「4Kはフルハイ
ビジョン規格に取って代わると考えている」と市場拡大に期待を示した。



 シャープの液晶テレビでは最高価格の商品で、主力ブランド「アクオス」の上位ブラン
ドに位置付ける。フルハイビジョン画質を4K画質に変換する機能を持ち、本格的なホ
ームシアター向けに売り込む。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121213/biz12121319010027-n1.htm






続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ