SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


IT

【IT】理化学研究所、“次々世代スパコン”開発へ--神戸市、誘致活動に乗り出す方針

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/02/07(日) 13:54:15

理化学研究所は6日、神戸・ポートアイランド2期で建設中の次世代スーパーコンピューターの約100倍の演算処理能力を持つ“次々世代スパコン”の開発に向け、研究を始める計画を明らかにした。建設が決まれば、神戸市が誘致活動に乗り出す方針。

理研の平尾公彦特任顧問が、同市内で行った講演で述べた。同特任顧問によると、研究は次世代スパコンを使い、2010年度からスタートさせる。19年度ごろにも稼働させる方針。最終的には約100人の研究者が携わるという。

建設中の次世代スパコンは10年度末に一部稼働。大地震の被害予測の精度向上などに貢献すると期待されている。昨年、行政刷新会議の事業仕分けで事実上「凍結」の判定を受けたが、政府は事業継続を決めた。総事業費は1120億円。

“次々世代スパコン”研究は、理研が設置するスパコンの運営主体・計算科学研究機構が担う。最大演算速度は1秒当たり100京(1兆の100万倍)回を目指す。

建設を国が認めるかどうかは不透明だが、神戸市は誘致に乗り出す方針で、スパコン建設地の近くに施設拡張用として確保している約2ヘクタールを転用するという。

平尾特任顧問は「世界に誇れる計算科学の拠点をつくり、基礎科学の進歩や産業の発展に貢献したい」と話している。

◎独立行政法人 理化学研究所 http://www.riken.go.jp/

◎ソース
http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/0002694450.shtml

2 :名刺は切らしておりまして:2010/02/07(日) 13:55:11 ID:/dA33oAZ
まさかポーアイが学研都市になるとは思わなかったな(笑)

続きを読む

2010年度SI(IT系)企業総合ランキング

1 :非決定性名無しさん:2009/03/11(水) 21:20:24
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 2010年SI業界企業ランキング ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━ Sランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
70 野村総研(NRI) [Microsoft] [SAP] [Oracle]
━━━━━━━━━━━━━━ Aランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
68 NTTデータ [accenture] [BearingPoint] [Cisco]
66 日立製作所 NEC 富士通 アビーム [hp] [Sun]
━━━━━━━━━━━━━━ Bランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
65 新日鉄ソリューションズ(NS-sol) 大和総研 みずほ情報総研 日本ユニシス
64 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC) 電通国際(ISID) 住商情報(SCS) 日本総研
━━━━━━━━━━━━━━ Cランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
63 NTTコムウェア 大和総研ビジネスイノベーション フューチャーアーキテクト 東京海上日動システムズ
62 JR東日本情報システム(JEIS) 農中情報システム三井情報(MKI) 富士通FIP
━━━━━━━━━━━━━━ Dランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
61 JSOL ニッセイ情報テク(NIT) NYKシステム総研 Fsas ソニーグローバル 日立ソフト(HSK)
60 IBMビジネスコンサル(IBCS) NECソフト(NES) 沖電気 JRシステム 東京三菱IT NTT-AT
59 日立SAS 日立情報システムズ 富士通システムsol NECネクサ [NCR]
━━━━━━━━━━━━━━ Eランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
58 シンプレクス ITフロンティア ATS セゾン情報システムズ オージス総研 日立電子サービス(DENSA)
57 三菱UFJトラストシステム テプコシステムズ ワークスアプリ サイボウズ キャノンソフト テクノスJAPAN
56 ニコンシステムリコーソフトウエア NTTソフト ジーイー横川メディカルシステム TIS 富士通BSC
55 NTTデータシステム技術 都築電気 トヨタコミュニケーションシステム 東芝ソリューション
━━━━━━━━━━━━━━ Fランク ━━━━━━━━━━━━━━━━━
36 日本IBM 富士ソフト TCS ジャステック アルファシステムズ 大塚商会 ソフトウエア興業

【学歴妥当ライン】
S=旧帝/東工/一橋/早慶上位
A=駅弁上位/電農名繊/早慶中位/上智/理科
B=駅弁中位/早慶下位/MARCH上位
C=駅弁下位/MARCH中位
D=MARCH下位/関関同立/芝工/武工
E=日東駒専
F=大東亜帝国



▼就活生にお勧めの記事

http://sier.2chblog.jp/archives/1297063.html


続きを読む

IT,SE会社の採用HPにありがちなこと

1 :就職戦線異状名無しさん:2009/05/31(日) 22:20:35
「実際に自分の作った物が実際に使われているのを見ると魅力を感じますね」
「SEと聞いて最初は一日中PCの前で仕事をするのかと思ったけど、実際は
お客様や仲間との折衝が多いですね」
「求められる資質ですか?・・・ そうですね、コミュニケーション能力と言いますか
お客様から案件を引き出すことですかね」
「残業はありますが、まあ波があっていそがしいとき忙しいですが、それ以外は定時で
帰れますし、終わった後は同僚とよく飲みに行ったり、ショッピングに行きます」
「私文系出身でプログラミングのプの字もわからなかったのですが
研修では先輩が丁寧に教えてくださり、また研究内容も充実していたので文系の皆さんも
心配いらないですよ」
続きを読む

【IT】深刻な情報処理技術者の不足、社会基盤を支える人材の育成を急げ--東洋経済

1ff20e57.jpg1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/14(木) 17:43:19

賛否両論の渦巻いた事業仕分けの中でもとりわけ注目を集めたのが次世代スーパーコンピュータだろう。学界、産業界からの強い反発を受けて、鳩山首相から「凍結見直し」が示唆されたが、現政権の国家戦略・百年の計のなさをはしなくも露呈する結果となった。

民主党のマニフェストにも「科学技術の育成」はうたわれている。しかしターゲットが不明なうえ、育成のために何をすべきかすらもまったく見えない。政策の骨格が見えず、予算削減という目先の目的一つで政策自体がぐらつく。この政権に対する産業界の不信は根深い。

開発が中断し、ロードマップが途切れると、その遅れは二度と取り戻せない。単にその期間分の遅れにとどまらない。産官学の共同研究は、いったん解体されると二度と同じメンバーを集められない。

さらに、スーパーコンピュータ開発の遅れは、他分野の研究にも多大な影響を及ぼす。
医療、宇宙、気象など、さまざまな分野での解析・シミュレーションに不可欠なインフラだからだ。インフラが脆弱では、世界のトップをうんぬんする以前の話で、国際競争の中で生き残ることすら難しい。

資源の乏しいわが国にとって、唯一の資源は人材であり、中でも「ものづくり」を中核とした科学技術の力は、最も期待の大きい分野といっても過言ではない。しかし科学・技術開発のタイムスパンは長い。ハイビジョンテレビという民生技術でさえ、技術方式が考案されてから一般に普及するまで30年の歳月を要した。量子コンピュータの開発ロードマップも30年計画だ。長期にわたる技術開発だけに、現在の科学者、技術者だけで終わる話ではない。研究開発の継続性を念頭に置いた、教育による人材の育成もまた、計画の中に織り込まれねばならない重要な要素だ。国家単位での長期的視点からの下支えがなければ、企業努力だけではどうにもならない。

■人材確保に苦しむ情報産業

国の財政支援によって育成すべきは、スーパーコンピュータのような最先端技術だけではない。表面的には見えにくいが、今や情報産業は経済社会のインフラというべき重要な存在だ。資金、生産・販売、コスト、労務人事、決済に至る企業活動のすべてが情報化され管理されている。鉄道、航空など輸送の運行制御、高速道路のETCシステム、銀行のオンラインシステム、お財布携帯など電子マネー、自動車や家電製品の電子システムなど機器の組み込みソフトに至るまで、情報産業のバックグラウンドなしに経済も社会も生活も成立しえない。

IT産業のうちシステムやソフトウェア開発等サービス関連の市場規模は5兆円(IDC調べ)。
自動車産業の十分の一にすぎないが、重要性において他産業に決して劣るものではない。
にもかかわらず、人材の確保が非常に厳しい環境にある。

情報処理技術者試験を管轄している独法の情報処理推進機構(IPA)の集計によれば、情報系大学出身者の半数以上が情報産業以外に職を求めている。卒業生数自体、年間わずか2万1000人にすぎないのに、である。一方で情報系学生の新卒求人は情報産業と一般企業を合わせると、毎年7000人の供給不足だ。

※続く

◎ソース 週刊東洋経済
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100114-00000000-toyo-bus_all

続きを読む

【IT/家電】サムスン電子、09年の売上高10兆8千億円 世界最大のIT・家電メーカーに--朝鮮日報

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/10(日) 01:10:23 ID:???
サムスン電子が昨年の暫定売上基準で事実上、世界最大のIT(情報技術)・家電メーカーとなった。

サムスン電子の2009年の業績速報値によると、昨年末の為替レート(1ドル=1164.5ウォン)で計算した場合の売上高が1168億ドル(約10兆8000億円)を記録。その結果同社は、米国フォーチュン誌が毎年の売上高を基準に算定し、発表する「世界の500大企業ランキング」で、電子・電気機器部門だけでなく、 コンピュータ、事務機器部門やネットワーク・通信機器部門など全部門を合わせて1位となった。

◎ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4540296/ 続きを読む

【事業仕分け】「IT軽視 成長を阻害」 仕分け「廃止」「縮減」相次ぎ懸念

1 :依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2009/11/23(月) 20:44:09
 2010年度予算の概算要求の無駄を公開で洗い出す行政刷新会議の「事業仕分け」
で、IT(情報技術)関連事業が軒並み廃止や縮小などと判定された。IT関連産業は
実質GDP(国内総生産)の成長率に大きく貢献しており、今後外需に頼らない経済
成長を目指すうえで重要産業と、政府と産業界で位置づけられてきた。それだけに
IT業界では、新政権の経済成長戦略が不明確なことが今回の判定につながったと、
批判の声が上がっている。

 仕分けの対象となったのは、ベンチャー企業や人材育成支援、研究開発支援など
既存事業のほか、地方のIT化を支援する「i−City推進事業」など新規事業の
計8件。このうち、「廃止」と「縮減」がそれぞれ3件、2件が「見送り」と判定
された。「民間企業の自助努力で進めるべきだ」「緊急性が低い」などが主な理由だ。

 これに対し「今回の判断には長期的な視点が欠けている」との指摘が相次いでいる。
第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストは「IT産業は他の産業と比べて
生産性が高く、既存産業の伸びが見込めない日本にとり重要。今回の結果は経済全体に
とりマイナスだ」とみる。情報通信総合研究所の野口正人主席研究員は「インター
ネットも、元は米国の軍事技術だった。基礎研究における国の役割は大きい」と指摘する。

 仕分け人から出た「民間による投資を拡大するべきだ」との指摘に対して永浜氏は
「研究開発に対する減税措置などの促進策とセットで提示するべきだ」などと成長
戦略との一体提案が望ましいとする。

 総務省の調査によると、IT関連産業の実質GDP成長率への寄与度は過去5年間で
平均約34%に上る。原口一博総務相も「一体どうやって経済成長を達成するつもりか」
と怒りをあらわにする。

 政権公約(マニフェスト)実現のために必要不可欠となった事業仕分け。短期的な
目標達成ばかりに目が向き、長期の視点が欠落すれば日本経済にとってマイナスとなる。
(黒川信雄)

ソース:FujiSankei Business i.
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200911230025a.nwc

続きを読む

【雇用】大学生8割が「外資系企業に魅力を感じない」 IT系が人気職種に @ビジネスnews+

1 :依頼752@ロボ-7c7c(初代biz+ 支局長)φφφφ★ :2009/09/11(金) 11:36:02

大学生8割が「外資系企業に魅力を感じない」
「IT・インターネット」が人気職種に【ビズリーチ調べ】

ビズリーチは、現役大学生を対象に就職観についてアンケートを実施した。8割が日系
企業への就職を希望し、もっとも魅力がある業種として「IT・インターネット」が選ばれた。

■外資系企業、不人気に
日系企業と外資系企業、どちらで働きたいかを問うと、日系が8割を占めた。外資系
企業の魅力についても、「魅力を感じない」(「まったく感じない」+「あまり感じない」の
合計)が8割を超えた。調査元では、リーマンショックの影響によるのではと分析している。

Q:日系企業と外資系企業、どちらで働きたいですか?
日系企業    84%
外資系企業    2%
どちらでもない 14%

Q:外資系企業についてどう思いますか?
まったく魅力を感じない 21%
あまり魅力を感じない  62%
多少魅力を感じる     14%
とても魅力を感じる     2%

■大企業志望者が9割、ネット企業人気に
就職したい会社の規模を問うと、ほぼ9割が「大企業」と回答した。業種別では、
IT・インターネットが3割を超え、第1位となった。

Q.大企業と中小ベンチャー企業、どちらに就職したいですか?
大企業 89%
中小ベンチャー企業 11%

Q.もっとも魅力を感じる業種は何ですか?
IT・インターネット 32%
メーカー 25%
商社 14%
コンサルティング 12%
公務員 9%
金融・保険 5%

本調査は、2009年8月1日〜9月5日、現役大学生304名(東京大学、大阪大学、慶應
義塾大学、早稲田大学の学生)を対象に行った。

CAREERzine編集部 [著] 公開:2009/09/08 15:30
http://careerzine.jp/article/detail/779

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ