SIerブログ

ニュース、2chの拾い読み。IT/SI系がメイン。


  


google

Groupon(グルーポン)はグーグルのデビュー時の売上高を圧倒

1 :@@@ハリケーン@@@φ ★:2011/06/04(土) 22:59:32.70

GrouponがIPOに向けて上場申請書類を提出しました。

今回のディールがなぜバケモノなのかは実際に90年代のドットコム・バブル当時を経験
していない人たちには想像つきにくいかもしれません。

そこでウォールストリート・ジャーナル・ブログに載っていたデータを参考にグラフを作
ってみました。




それぞれの企業が創業してフルに12ヶ月間営業した最初の年を「初年度」売上高とし、
青で示しました。その次の年を「2年目」売上高とし、赤で示しました。

グルーポンの場合、サービス開始は2008年の10月であり、2008年はほとんど終わ
りかかっていたので除外しました。従って「初年度」とは2009年を意味し、「2年目」
は2010年を指します。「初年度」から「2年目」にかけての売上成長率は2241%です。

グーグルの「初年度」は2000年、IPOはずっと遅れて2004年です。「初年度」
から「2年目」にかけての成長率は352%でした。

アマゾン・ドットコムの場合は「初年度」が1996年で、IPOは1997年です。「
初年度」から「2年目」にかけての売上高成長率は838%でした。

セールスフォース・ドットコムの場合は「初年度」は2002年になります。IPOは20
04年でした。「初年度」から「2年目」にかけての成長率は128%です。

イーベイの場合、「初年度」は1997年で、IPOは1998年でした。「初年度」から
「2年目」にかけての売上成長率は724%です。

なお、単純に各社の売上高を比較してはいけない面もあると思います。

なぜならアマゾン・ドットコムの場合、書籍などの小売をしているわけですから、商品の
仕入れ原価があります。もともと他社が製造した商品を売っているのでその分、マージンは
低いし、売上高は見かけ上、多く見えます。

グルーポンの場合、実際には売上高はプロモーションを実施する商店街の店主(=グルーポ
ンの顧客)と折半(=この右から左へ払い出す部分をグルーポンはCost of revenueと呼ん
でいる)するわけですから、実際のグルーポンに入る分はその58%ということになります
。だからその分、割り引いて考える必要があるでしょう。

ソース
http://f.blogos.livedoor.com/opinion/article/5607092/




続きを読む

アップル(Apple)、グーグル(Google)抜き世界で最も価値あるブランドに

1 :やるっきゃ騎士φ ★:2011/05/09(月) 12:42:56.21

[ロンドン 9日 ロイター] マーケティング会社ミルウォード・ブラウンの調査によると、
アップルがグーグルを抜いて、世界で最も価値あるブランドとなった。

アップルのブランド価値は1530億ドルと評価され、株式市場における同社の時価総額の
半分近くに達した。

アップルは昨年、マイクロソフトを抜いてテクノロジー企業として最も価値あるブランドに
なったばかりで、今年は全業種の中でトップの座を奪った。

ブランド価値の上位10社のうち6社がテクノロジーおよび通信関連企業で、グーグルが2位、
IBMが3位、マイクロソフトが5位、AT&Tが7位、中国移動が9位にランクされた。

それ以外の業種では、マクドナルドが4位(前年は6位)、コカ・コーラが6位(前年は5位)、
マルボロが8位(前年は7位)、ゼネラル・エレクトリックが10位となった。

ミルウォード・ブラウンのディレクター、ピーター・ウォルシュ氏は、アップルの躍進について、
「iPhone(アイフォーン)」や「iPad(アイパッド)」など同社の製品が細部まで
行き届いていることや、企業向けにもプレゼンスが拡大していると説明。

ファーストフード企業のブランドが高く評価されていることに関しては、中国でファーストフードが
普及していることが大きな要因だと指摘した。

ブランド上位100社のうち新興国の企業は19社で、前年の13社から増加した。

注目を集めている企業では、フェイスブックのブランド価値が191億ドルで35位となり、
上位100社に入った。
中国の百度公司も前年の46位から29位に順位を上げた。

トヨタ自動車は昨年、リコール問題で順位を下げていたが、今年は自動車業界でトップブランドの座を
奪回した。ただ、調査は日本の大震災以前に実施されている。

ブランドランキングは以下の通り。
順位 ブランド 価値(10億ドル) ブランド価値の変動率
1 Apple 153 +84 percent
2 Google 111 -2 percent
3 IBM 101 +17 percent
4 McDonald's 81 +23 percent
5 Microsoft 78.2 +2 percent
6 Coca-Cola 73.8 +8 percent
7 AT&T 69.9 unchanged
8 Marlboro 67.5 +18 percent
9 China Mobile 57.3 +9 percent
10 General Electric 50.3 +12 percent

-以上です-
■Millward Brown http://www.millwardbrown.com/Home.aspx
 BRANDZ 2011
 http://www.millwardbrown.com/BrandZ/Default.aspx
  Top 100
  http://www.millwardbrown.com/Libraries/Optimor_BrandZ_Files/2011_BrandZ_Top100_Chart.sflb.ashx


ソースは
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20975720110509
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20975720110509?pageNumber=2&virtualBrandChannel=0
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20975720110509?pageNumber=3&virtualBrandChannel=0




続きを読む

アップル「iPhoneにGoogleの広告は表示させません。よろしく」きたないなジョブズ、さすがきたない

1 : アマゴ(アラバマ州):2010/06/10(木) 14:14:10.78 ID:MvPpfGpY

 アップルがとつぜん規約を変更し、開発者に新しい制限が課された問題......といっても思い
あたるふしが複数あるかもしれませんが、とりあえずそのうちのひとつが緩和されました。
変更されたのは、iPhone OSあらためiOS SDKの開発者規約3.3.9節。開発者がユーザの
許可を得ずにアプリから収集したデータを利用する場合、利用用途をアプリ機能と直接
関係あるものに制限するという内容で、機能と直接関係するとはいえない広告配信目的
にはアプリから収集したデータを活用できなくなると話題になっていたものです。

 タイミング的にも、この制限の追加が4月の iPhone OS 4 と iAd 発表直後だったため、
iPhoneのアプリ内広告を実質的にiAdに限定する気ではとか、ライバルであるGoogle
傘下となったモバイル広告企業 AdMobを締め出すつもりだとか言われていましたが、
ジョブズは一転して先日のD8インタビューで広告目的のデータ収集を認めると発言
(質疑応答の部分)、このたび利用規約もそのとおりに緩和されました。めでたしめでたし。

 と、素直に終わらないのがアップルです。規約を読むと、広告目的でアプリ情報を
収集・利用・公表できるのは「モバイル広告を主要ビジネスとする、独立系の広告
サービスプロパイダ」であると書かれており、誰でもokというわけではないと読みとれます。

 そうすると独立系の広告サービスプロパイダってなんだという話になりますが、
文面はそのあと、

  たとえば、モバイル端末やモバイルOS、開発環境の開発または提供企業が、
  所有ないしは提携する広告サービスプロパイダは、アップルをのぞき、独立系
  とは見なされないでしょう。

 と続きます。この規準に沿えば、モバイルOS(Android)を開発するGoogle 所有の広告
サービスプロパイダ AdMob はまさに非独立系。ここまで狙いうちをするくらいなら
「※ただしGoogleはのぞく」とか「すべての行為はジョブズが許す限りにおいて許される」
とか書いてくれたほうがマシのような気もしますが、この仁義のなさはモバイル広告市場が
これからの主戦場になるという期待の裏返しでしょうか。

http://japanese.engadget.com/2010/06/09/iphone-admob/



2 : チンアナゴ(長屋):2010/06/10(木) 14:15:22.24 ID:FKPbarVM

調子に乗った独裁クソリンゴ厨もまとめて死滅しろ



4 : アユカケ(長屋):2010/06/10(木) 14:15:29.37 ID:iFAHPTrU

最低だな禿

続きを読む

GoogleモバイルOS Android 2.2発表、Flashやテザリングをサポート

1 : ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/05/21(金) 16:23:52

米Googleは5月21日、モバイルOSの新バージョン「Android 2.2」を発表した。Flashや
テザリングに対応し、間もなくリリースの予定だという。

同OSは新しいコンパイラ「Dalvik JIT」を採用し、バージョン2.1よりも2〜5倍高速という。
またブラウザにはV8 JavaScriptエンジンを搭載して高速化を図っている。

Flashに対応するほか、Android端末をWi-Fiアクセスポイントにするテザリング機能、
アカウントオートディスカバリ、カレンダー同期などの新機能を備え、リモートからの
データ消去などのセキュリティ機能を活用できるデバイスポリシーAPIも提供する。

Androidデバイスは数週間以内にバージョン2.2にアップデートできるようになる。開発者は
Android 2.2 SDKをAndroid向け開発者サイトからダウンロードできる。


ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100521-00000015-zdn_n-sci



5 :名刺は切らしておりまして:2010/05/21(金) 16:28:15 ID:/3tS3rcV

iPhoneもってるけどFlashはうらやましくないが、テザリングはうらやましいな。

続きを読む

【通信】グーグル(Google)、太平洋横断海底光ケーブルの完成を近く発表か

165b481e.jpg1 :やるっきゃ騎士φ ★:2010/03/19(金) 11:05:05

Googleと通信事業分野の複数の企業による、太平洋を横断して日米を結ぶ広帯域の
海底光ケーブルの完成が近づいているようだ。
これにより太平洋を横断するケーブルの容量は約20%増え、Googleはアジアに
接続する独自の帯域幅を確保することになる。

事業を推進する「Unity」コンソーシアムには、Google、Bharti Airtel、Global Transit、
KDDI、Pacnet、SingTelが参加しており、3億ドル規模の同プロジェクトのテストがほぼ完了した。
アジアのインターネットユーザーは今後数カ月のうちに、新しい海底光ケーブルによる高速の
インターネット接続を体験できるようになる。
新ケーブルは太平洋間で7.68Tbps(テラビット/秒)の通信を実現する可能性を秘めている。

同プロジェクトの参加企業によると、Googleが投資した金額は明らかにされていないが、
その見返りとして全容量の20%を振り分けられるという。
Googleは、最大でないとしても地球上で帯域幅を最も多く必要とする組織の1つには違いなく、
インターネットトラフィックに重要な役割を果たす経路の1つが需要を十分満たせるよう、
2008年に同プロジェクトに投資した。

「情報への必要性を満たすことは世界的な課題となっている。アジア各国の経済が成長を続ける中で、
データトラフィックおよびインターネット利用は拡大している。Googleはグローバル企業であり、
地理的位置に関わりなく最高品質のユーザー体験を提供することに取り組んでいる」と、
同社は米国時間3月18日付けの声明に記している。

Googleは同プロジェクトの完成を来週正式に発表すると見られる。

ソースは
http://japan.cnet.com/news/com/story/0,2000056021,20410690,00.htm



2 :名刺は切らしておりまして:2010/03/19(金) 11:06:28 ID:Vn4QZ0rk
海底ストリートビュー ご期待ください。



5 :名刺は切らしておりまして:2010/03/19(金) 11:08:27 ID:Uit6G+IT
>>2 偉大なるムー大陸を絶対みつけてやる。


続きを読む

【IT】「デスクトップPCは3年以内に衰退する」--Googleが見るITトレンド

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/03/07(日) 14:08:36

アイルランドで開催された『Digital Landscapes』会議において、米Google社の
グローバル広告営業担当副社長であるJohn Herlihy氏は、デスクトップ
・コンピューターは3年以内に「的外れな」ものになると述べた。その代わりに
人々は、携帯機器でインターネットを利用するようになる、というのだ。

Herlihy氏は「日本ではすでに、ほとんどの検索はパソコンでなくスマートフォンで
行なわれている」と指摘した。

これは良いポイントだ。デスクトップ・コンピューターは今後も仕事に使われるだろう
(たとえばビデオ制作などに)が、それらがエンターテインメント・デバイスであり続ける
ことは考えにくい。

おそらく次には、ノートパソコンが仕事のために使われるようになり、次第にエンター
テインメント専用デバイス(iPadのような機器や、そして Herlihy氏の言うような
スマートフォン)に置き換えられて行くだろう。

iPadには欠けている機能が多いと言う人は多いし、これから登場するであろう非デスク
トップのOS機器に対しても、機能が少ないという文句は多く聞かれることだろう。
しかしこういった批判の声は本質を外していると私は思う。iPadはコンピューターとして
作られたのではない。それはエンターテインメント用のアプライアンスなのだ。

Apple社はこの事態を理解しているし、Google社もそうだ。だからこそGoogle社は
Androidを強力に推進しているし、 Chrome OSも作ったのだ。

(Google社のEric Schmidt CEOは、最近開催された『GSM Association Mobile World
Congress』において、同社が今後追求するコンピューティングは、モバイル機器経由、
クラウド中心のものになると講演し、「モバイルウェブの利用は、10年前にパソコン
ベースのウェブ利用が開始されたときに比べて8倍の速さで行なわれている」と述べた)

◎ソース
http://wiredvision.jp/news/201003/2010030522.html



3 :名刺は切らしておりまして:2010/03/07(日) 14:10:28 ID:n8glEWfN
ネトゲ廃人がいる限り衰退はしないだろ。
ノートでゲームとか熱がやばすぎ



【関連スレ】
【OS】スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 マイクロソフト
【IT】ビル・ゲイツ氏、「iPhoneは凄かった。でもiPadには何も感じない」
【新製品】 アップル、タブレット端末iPadを発表。499ドルから iBooksで電子ブック市場に参入も発表
続きを読む

【IT】富士通子会社、社員向けのメールや社内ウェブをGoogleのクラウドサービスに切り替え

4f50e81e.jpg1 :ライトスタッフ◎φ ★:2010/01/10(日) 12:30:43
富士通子会社の富士通ラーニングメディア(東京・港)は約600人の従業員が利用する電子メールや社内ウェブサイトを米グーグルのサービスに切り替える。

従来は富士通グループの情報システムを利用してきた。主力のIT(情報技術)分野の人材研修事業でグーグル関連の講座を設ける計画で、実際に自社で導入して経験を積むとともに、コストも削減する。

導入するのは「グーグル・アップス」と呼ぶサービス。ネットワーク経由でソフトウエアや情報サービスを利用する「クラウドコンピューティング」の代表的なサービスで、メールのほか日程管理、文書作成などの機能がある。

◎富士通ラーニングメディア
http://jp.fujitsu.com/group/flm/

◎ソース
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20100110AT1D080AX09012010.html

続きを読む
スポンサード リンク
Categories
  • ライブドアブログ